【秋の果物】おすすめランキングTOP7!おいしい食べ方もご紹介

【秋の果物】おすすめランキングTOP7!おいしい食べ方もご紹介

過ごしやすい秋は食べ物が美味しくなる時期といわれ、秋に旬を迎える魚や作物の種類も多いです。今回はおすすめの秋の果物をランキングにして7つご紹介します。また、定番の秋の果物を使用したおいしい食べ方も合わせてチェックしましょう。

記事の目次

  1. 1.秋の果物はおいしいものがたくさん!
  2. 2.秋の果物のおすすめランキングTOP7~TOP2
  3. 3.秋の果物のおすすめランキングTOP1
  4. 4.秋の果物(ぶどう)のおすすめの食べ方を紹介
  5. 5.おいしい秋の果物を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

秋の果物はおいしいものがたくさん!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

日本にはそれぞれ気温・気候の異なる4つの季節が存在し、春夏秋冬で食べ頃を迎えるおいしい野菜や果物、魚などがあります。そもそも四季は地球の地軸が公転面に垂直な方向から23.4度傾いているため、地球から見た太陽の高さが季節によって変わり、気温が上がったり、下がったりします。

四季は日本のみならず世界にも存在しますが、日本ほど明瞭な四季がある国はあまりないようです。春夏秋冬がはっきりしていない国は赤道直下の年中高温多湿な熱帯雨林地域や年中乾燥の砂漠地域などで、日本とは違った気候を特徴としています。

秋に人気の果物を紹介!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

本記事では収穫の秋や実りの秋と呼ばれている秋の味覚にフォーカスし、おすすめのおいしい秋の果物をご紹介します。秋の果物には有名な「ぶどう」や「柿」はもちろんのこと、知らない人もいるであろう意外なフルーツも入っています。今回は人気の秋の果物を調査しました。

秋は厳しい暑さが続く夏が終わり、涼しくなって過ごしやすくなる気候が特徴です。秋には読書やスポーツ、芸術などおすすめの趣味がたくさんありますが、食欲の秋を思い浮かべる人も多いでしょう。秋は田んぼや畑も収穫の最盛期を迎え、旨味をふんだんに蓄えているといわれています。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

10月から11月は山々が紅葉で色付き、おいしい秋の果物もたくさん出揃う時期のため、行楽シーズンでもあります。全国各地で秋の果物を収穫できるフルーツ狩りや野菜の収穫体験を開催している場所もあり、子連れやカップルのお出掛けスポットとしても人気です。

秋は果物以外にもおいしい物が多い

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

秋の果物の他にもおいしい食べ物がたくさんありますが、スーパーに並ぶ高級品の一つは「松茸」です。松茸は日本人に馴染み深い山の幸であり、弥生時代の遺跡から松茸を模った土人形が出土しており、平安時代には貴族が松茸狩りを楽しみ、江戸時代では大衆も食していたようです。

国産松茸の最盛期は9月から10月で、収穫量の約半数が岩手県であり、長野県や岡山県、和歌山県でも採取されています。独特の香りが最大の特徴である松茸には様々な食べ方がありますが、大人だけで楽しみたい時は「ホイル焼き」がおすすめで、家族で食べる時は「松茸ごはん」も人気です。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

秋の果物以外のおすすめ食材には「秋鮭」があります。鮭は紅鮭や銀鮭など様々な種類に分けることができ、主に北海道から東北地方の川に遡上するのは白鮭だけといわれています。白鮭のうち、秋に獲れるものを秋鮭と呼び、春から初夏に獲れる若いものは時鮭などと呼びます。

秋の果物に負けず劣らず人気の秋鮭は脂身が少なく、オスは白子を持ち、メスは卵を持つのが特徴です。脂の少ない秋鮭の食べ方にはバターを使ったムニエルやホイル焼きがあり、食後にジューシーな秋の果物を頂きましょう。

秋の果物のおすすめランキングTOP7~TOP2

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

日本にはおいしいと評判の秋の果物が豊富に揃い、食後のデザートや小腹が空いた時のおやつにもぴったりです。それでは秋の果物のおすすめランキングをご覧ください。

TOP7:キウイフルーツ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「キウイフルーツ」は輸入物も多いため、通年出回っているイメージですが、国産ものは主に10~12月に収穫される秋の果物です。キウイフルーツの国内における主な生産地は愛媛県や福岡県、和歌山県です。キウイフルーツの果肉には赤色や黄色、緑色の種類があります。

TOP6:ラ・フランス

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

滑らかな舌触りが特徴的な秋の果物「ラ・フランス」は10月から収穫され、11~12月に食べ頃を迎えます。ラ・フランスは追熟が必要な秋の果物のため、収穫後に低温で1週間~2週間貯蔵し、約1週間の追熟期間を経た後に美味しく頂けます。

秋の果物のラ・フランスは食べ頃を迎えると芳醇な香りを発するため、時期を見逃さずに食べ切りましょう。また、完熟して柔らくなったラ・フランスは冷凍するとシャーベット状になるようです。

TOP5:イチジク

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「イチジク」は初夏から夏、秋、初夏と秋の両方に実がなる種類があり、秋の果物に数えられるのは8月~10月に出回っているものでしょう。秋の果物でもあるイチジクの主な産地は愛知県や和歌山県、兵庫県ですが、福岡限定生産の高糖度ブランド「とよみつひめ」も人気の秋の果物です。

TOP4:柿

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ご年配の方にも人気の秋の果物は「柿」です。柿の原産は中国や日本などで、世界には1000種近くの品種があるといわれています。秋の果物の柿が豊富に出回る時期は10~11月ですが、品種によっては12月にも食べ頃を迎えるものがあり、秋から冬に掛けておいしく味わえるでしょう。

秋の果物の柿の最も多く作られている品種は「富有柿(ふゆうがき)」です。富有柿は果肉の食感が良く、糖度が高い秋の果物ののため、「甘柿の王様」と呼ばれています。富有柿の収穫時期は11月上旬~12月上旬ですが、食べ頃は11月下旬です。

TOP3:りんご

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

子供のおやつにも人気の秋の果物「りんご」は主に青森県で生産されており、次に長野県が続きます。りんごの旬は品種によるものの、大体は秋から冬に掛けて美味しくなります。収穫時期は1~2か月ですが、冷蔵で3か月前後貯蔵できるため、市場に出回る時期に幅があるようです。

秋の果物または冬の果物のりんごは日本の場合、約半数が「ふじ」と呼ばれる品種で占めており、「つがる」や「王林」、「ジョナゴールド」などもあります。秋の果物にも選ばれている品種のふじは豊富な果汁で、甘味と香りがしっかりしており、蜜が入りやすい点も特徴でしょう。

TOP2:梨

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「梨」は涼しくなり始めた頃にスーパーでも見掛ける秋の果物であり、原産は中国で、弥生時代に日本に入ってきたといわれています。秋の果物の梨は和梨・中国梨・洋ナシの3種類に分けられ、国内で主に生産されているものは和梨です。梨は沖縄県を除いた日本各地で栽培されています。

梨は皮の色によって赤梨と青梨に大別でき、赤梨系には「幸水」や「新高梨」などがあり、青梨系には「二十世紀梨」や「菊水」などがあります。秋の果物の日本梨の食べ頃は8~10月ですが、「新興梨」や「新雪」などは11月から旬を迎えるようです。

秋に食べたい【旬のスイーツ】おすすめ7選!季節のフルーツを使った絶品ものイメージ
秋に食べたい【旬のスイーツ】おすすめ7選!季節のフルーツを使った絶品も
秋に食べたい「旬のスイーツ」をまとめました。秋が旬のフルーツを贅沢に使用したケーキや、秋の素材を活かした美味しいスイーツが登場します。贈り物にもぴったりな秋スイーツをたくさん紹介しているので、美味しい秋スイーツを探している人は必見です。

秋の果物のおすすめランキングTOP1

Photo bycocoparisienne

秋の果物おすすめランキング第1位に選ばれたのは、秋になるとスーパーにも登場するお馴染みのフルーツです。

TOP1:ぶどう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

秋の果物を代表する「ぶどう」は子供から大人まで美味しく食べられるフルーツの一つで、たくさんの種類があります。秋の果物のぶどうにはスーパーで見掛けることも多い「巨峰」をはじめ、高級な秋の果物に数えられる「シャインマスカット」や「ピオーネ」などが登場しています。

ぶどうは秋の果物ですが、種類の豊富さ故に収穫の時期は品種や産地で微妙にずれているようです。一般的にぶどうの出盛りシーズンは8月から10月初旬とされ、早いものは4月5月から出回っています。秋の果物のぶどうの主な産地は山梨県や長野県で、山形県や岡山県に続きます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シャインマスカットよりも甘い秋の果物の一つは「パープルダイヤモンド」です。パープルダイヤモンドはワインに使用される「マスカットベリーA」と巨峰を掛け合わせた特別品種で、平均糖度は20度を超えるといわれています。また、限られた農家でしか栽培していない希少な秋の果物です。

秋の果物(ぶどう)のおすすめの食べ方を紹介

Photo byStockSnap

ぶどうは秋の果物らしいフレッシュ感のある食べ方もおすすめで、簡単に作れておいしいカプレーゼやサラダも良いでしょう。ぶどうは皮まで食べられる品種を選び、ベビーリーフやクセの少ないモッツァレラチーズ、彩りのトマト、好みの野菜などを盛り付けます。

ドレッシングは秋の果物の良さを活かす味付けが良く、オリーブオイルや酢、塩・胡椒、ハチミツを混ぜ合わせてください。ぶどうやチーズに味を染み込ませた食べ方が好みならボウルにドレッシングを入れ、具材を投入して冷蔵庫で5分程冷やします。葉物は後から盛り付けましょう。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

秋の果物のぶどうはデリケートなため、購入後は洗わずに冷蔵庫で保管する方法が良いでしょう。表面に付いている白い粉は「ブルーム」と呼ばれるもので、鮮度を保つ働きがあり、洗い流さない方が良いといわれています。ぶどうは新聞紙やポリ袋などで包み、乾燥から守ってください。

大粒の場合は枝を2~3mm残してハサミで1粒ずつ切り分け、保存容器にペーパータオルを敷いて隙間なく並べ、ペーパータオルを被せて蓋を閉めてから、冷蔵庫で保管してください。秋の味覚のぶどうは冷蔵庫に入れた場合、約1週間で食べ切りましょう。

【ぶどう】のおいしい食べ方はコレ!皮のむき方のコツもご紹介のイメージ
【ぶどう】のおいしい食べ方はコレ!皮のむき方のコツもご紹介
ぶどうは身近な果物として昔から親しまれていますが、ぶどうの正しい食べ方とはどんな方法があるのでしょうか。皮の正しいむき方にコツはあるのでしょうか。ぶどうの正しくおすすめの食べ方を紹介します。普段皮むきなどが面倒だと感じている方に大変参考になります。
【ぶどう】がおいしい旬の時期をご紹介!産地・品種ごとのベストなタイミングは?のイメージ
【ぶどう】がおいしい旬の時期をご紹介!産地・品種ごとのベストなタイミングは?
全国各地域で栽培されているぶどうは、旬の時期に食べるのがおすすめです。ぶどうの旬は品種だけでなく地域によっても違うため、おいしいぶどうを手に入れるには品種・地域ごとの旬をチェックする必要があります。そこでおすすめぶどう品種のおいしい旬の時期をご紹介しましょう。

おいしい秋の果物を堪能しよう!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

暑さが和らいで昼間でも過ごしやすくなった秋にはジューシーで美味しい秋の果物が数多く出回ります。スーパーには外国産のフルーツも並びますが、国産の秋の果物も手に取ってみてください。フレッシュな秋の果物はそのまま食べても、サラダにアレンジした食べ方でも美味しいでしょう。

anemone4
ライター

anemone4

生まれも育ちも福岡のanemone4です。ホッキョクグマと犬が好き。うちのわんこチワワにいつも癒されています。あるアーティストのLIVEに行くのが生き甲斐でカラオケが大好きです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング