岡山の桃狩りでおすすめの農園7選!美味しい時期や人気の食べ放題情報も

岡山の桃狩りでおすすめの農園7選!美味しい時期や人気の食べ放題情報も

おとぎ話「桃太郎」で有名な岡山は実は桃の産地としても有名です。今回は岡山の桃狩りでおすすめの農園を選りすぐって7つご紹介します。「桃狩りはいつできるのか?」「食べ放題はどこでやっている?」などの情報もご紹介するので、見逃せません。

記事の目次

  1. 1.甘くて芳醇な岡山の桃を桃狩りでたくさんゲット!
  2. 2.岡山県は白桃生産量が日本一
  3. 3.岡山県の桃狩りはいつ頃行くのがおすすめ?
  4. 4.桃狩りをする際の注意点は?
  5. 5.岡山県で桃狩りができる人気の農園
  6. 6.フルーツ王国岡山県で桃狩りを楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

甘くて芳醇な岡山の桃を桃狩りでたくさんゲット!

Photo by NanakoT

おとぎ話「桃太郎」で有名な岡山は、実は桃の産地としても有名です。その人気は桃狩りのバスツアーが組まれるほどです。というのも、桃狩りで食べられる桃はスーパーなどの店頭で買う桃とは全く違う美味しさをもっているからです。

一般的に流通している桃は、店頭に並ぶまでの時間を考慮して、完熟前に収穫されてしまいます。しかし桃狩りの桃は、収穫する直前まで太陽の光をたくさん浴びて、木になったまま完熟期を迎える桃です。その違いは食べると歴然としています。岡山の桃を桃狩りでたくさんゲットしてみませんか?人気の食べ放題情報もご紹介するので、おすすめです。

日本の桃のルーツは岡山

Photo byflockine

桃は中国で誕生し、シルクロードを経て西域へ出て、ペルシャから世界へ伝わっていったといわれています。古事記や日本書紀によると、日本に伝わったのは弥生時代で、平安時代にはすでに水菓子として食べられていたそうです。しかし、当時の桃はそれほど甘くなかったため、観賞用や薬用として使うことの方が多かったという説があるようです。

江戸時代になって、日本でも桃が栽培されるようになったそうです。明治時代に入って、強い甘さが特徴の水蜜桃が輸入されるようになり、多くの人が食べるようになりました。では、どのように岡山の桃が広がっていったのかを見ていきましょう。

大久保重五郎が明治32年に新品種「白桃」を完成

Photo byTeroVesalainen

現在100品種を超える国内の桃の大半は、岡山県で生まれた白桃がルーツとなっています。明治時代に中国から輸入された上海水蜜、天津水蜜などから、明治32年に岡山県瀬戸町生まれの大久保重五郎が発見したのが白桃です。大久保重五郎はその後も桃の交配を研究し、昭和2年には新品種「大久保白桃」を作り出しました。

「大久保白桃」は、県立農事試験場を介して普及が奨励され、これにより、岡山県は桃の産地として名声を得ていきました。「大久保白桃」は他の白桃と比べても早く熟し、たくさんの実をつけます。さらにとても甘く、ジューシーな品種でもあります。「大久保白桃」が日本の白桃の歴史を大きく発展させたと言っても過言ではありません。

岡山県は白桃生産量が日本一

Photo bymongsang2014

「はなよめ」「白鳳」「白麗」等、色々な種類が存在する白桃ですが、その生産量は岡山県が日本一です!白桃の本場岡山で桃狩りをして、甘くてジューシーな桃を思う存分味わってみてはいかがでしょうか。人気の桃狩りは本当におすすめです。

温暖な気候により桃を育てる環境が整っている

フリー写真素材ぱくたそ

岡山が、桃を育てる環境が整っている理由は、その恵まれた気候にあります。降水量が少なく、温暖な気候が桃づくりに適しているからです。「晴れの国」と言われる岡山は、降水量1mm未満の日が日本一多いことで知られています。桃は日があたるほど甘くなり、雨で甘さが拡散するとされています。雨が少ない地域性が桃の栽培にとても適しているのです。

岡山は気候も温暖です。1年の平均気温は南部の岡山市で約16度、北部の津山市で約14度となっており、温暖な南部では積雪はほとんどないほどです。北部は昼夜の寒暖差もあります。台風などの災害も少ないことも桃にはよい条件です。

袋掛け栽培で直射日光を浴びさせない

Photo bymakamuki0

白桃は、実がまだ青い、ピンポン玉ぐらいの大きさの時に、1玉1玉丁寧に手作業で袋掛けをしていきます。袋掛け栽培をすることで太陽の光を浴びず、赤く色づかない、きれいな乳白色の桃に育ちます。また、日光を遮断するだけではなく、桃を傷つける風や雨、虫などからも桃の果肉を守るため、より美しい桃に育てることができます。

岡山県の桃狩りはいつ頃行くのがおすすめ?

フリー写真素材ぱくたそ

日本の桃のルーツは岡山県にあり、岡山県は白桃の生産量が日本一で、とても桃の栽培に適した気候であることがわかりました。岡山の桃狩りは人気でおすすめです。ここでは、岡山県に桃狩りに行くのにおすすめの時期をご紹介します。

桃の旬の時期は種類ごとに違う

Photo bycongerdesign

桃の旬の時期は夏のイメージがありますが、実は桃の種類によってその旬の時期は違います。ここでは、どの種類がどの時期に旬を迎えるのかについてご説明します。それぞれの品種の特徴もあわせてご説明するので、どの品種が食べたいかを考えながらご覧ください。

「日川白鳳」は6月下旬から7月上旬

Photo bypunch_ra

「日川白鳳」は果実の大きさは200~250gで、美しい丸い形をしており、全体的に赤く色付きやすく、熟すとやや黒ずんだ色になる桃です。果肉は非常にジューシーで、酸味はほぼないため、糖度は11~13度ではあるものの甘みを感じられる品種です。旬の時期は6月下旬から7月上旬となります。

「加納岩白桃」は7月上旬から7月中旬頃

Photo byu11116

「加納岩白桃」は果実が約240gで、果皮の地色は緑黄色をしていてぼかし状に着色します。切った直後の果肉の色は白色で、種の周囲にも着色しません。糖度は12~14度でやや多く、酸味、渋味はありません。

大きさは流通する桃の中で中の大くらいですが、繊維が少なめで大玉になりやすく、大玉になると糖度が17度前後まであがるものもあります。旬の時期は7月上旬から7月中旬頃です。

「白鳳」は7月中旬から7月下旬頃

Photo byAgzam

「白鳳」は日本を代表する定番人気品種です。果実の大きさは250g~350gほどで、果皮は鮮やかな紅色になり美しいです。肉質はち密で繊維が少なく、ジューシーな桃です。甘みが強く、酸味はあまりありません。食べた時に果汁がぼたぼたと滴る品種といえばこの「白鳳」と言っていいほどジューシーで甘い桃です。旬の時期は7月中旬から7月下旬頃です。

「清水白桃」は7月下旬から8月中旬

フリー写真素材ぱくたそ

「清水白桃」は岡山県で生まれた品種で、「桃の女王」とも称される高級品種です。贈答用にもおすすめです。果実の大きさは250~300gで、美しい丸形をしています。表皮は完熟しても一部しか色づかない乳白色で、上品な桃です。果肉も白く、ち密で柔らかく、ジューシーです。酸味が少ないため、糖度9~13度でも甘く感じます。旬の時期は7月下旬から8月中旬です。

「黄金桃」は9月初旬から9月中旬頃

Photo bystevepb

「黄金桃」は、果肉が黄色い黄桃の仲間です。主に缶詰などの加工用に適したものが多かった果肉が固い従来の黄桃とは違い、生食向けに適した品種です。果皮の色は袋掛けされたものは黄金色をしています。そうでないものは部分的もしくは全体的に赤色に染まっています。果肉もきれいな黄金色をしており、マンゴーを思わせます。

肉質は白桃に近い感じでややしっかりとしていますが、とてもジューシーで甘味も強く適度な酸味もあり、全体として濃厚な美味しさが楽しめます。旬の時期は9月初旬から9月中旬頃です。

桃狩りをする際の注意点は?

Photo by NanakoT

各品種の特徴と旬の時期をご説明しましたが、食べたい品種は見つかったでしょうか?ここでは、桃狩りをする際の注意点をご説明していきます。まず、美味しい桃は木の高い位置になっていることを知っておきましょう。桃は、日当たりのいいところから熟すので、木の高い位置にできた、太陽を浴びた桃が美味しいです。ここでは収穫する際の注意点をご説明します。

桃はとても柔らかいので桃狩りをする際は優しく

Photo byStockSnap

木の高い位置にある桃の方が甘くて美味しいので、勇気を出して脚立に登って桃狩りをしてみましょう。収穫の際は、まず片手で枝をつかみ、もう片方の手で桃をクルっとひねって、真下にひけばとれます。この時の注意点は桃はとても柔らかいので、優しく持ってひねることです。実をつぶさないように気をつけましょう。

狩った桃は、ナイフで皮をむいて食べるのもいいですが、かぶりつくのがおすすめです。もぎたての桃は皮に渋みがないので、桃狩りならではの味が楽しめます。なお、農園によっては桃狩りの桃は持ち帰り専用の場合もあるので事前に確認しておきましょう。

桃を持ち帰る場合はクーラーボックスなどを準備

Photo byleozc

桃は他の果物に比べて傷みやすく、特に桃狩りは夏場に行われるので、桃狩りでとった桃を持ち帰る際は、なるべく早く冷やすのがおすすめです。そのため、クーラーボックスに保冷剤を入れて持って行っておきましょう。保冷剤は農園で買える場合もあります。

その他、ジューシーな桃を食べた後に手をふくウェットティッシュや水分補給のための飲み物、日焼け止め・帽子や雨具、虫よけスプレーなどがあるといいでしょう。桃の果汁は服に付くとなかなか落ちません。できるだけ汚れてもいい服装で行きましょう。また、収穫の際に脚立にあがるので、女性はスカートやヒールは避けた方がベターです。

岡山県で桃狩りができる人気の農園

Photo by NanakoT

ここでは、岡山県で桃狩りができる人気の農園をご紹介します。団体客が来ない穴場の農園から人気の食べ放題ができる農園まで、お好みの農園を見つけて是非桃狩りに出かけてみてください。桃狩りならではの楽しさにきっと心が弾むはずです。

完全予約制の穴場「桃遊ランド」

Photo byjackmac34

「桃遊ランド」は岡山駅から北東に車で約40分ほどのところにある農園です。「桃遊ランド」は、弱冠26歳のオーナーによる個人経営の農園です。桃狩りは完全予約制となっており、団体客が来ない穴場の農園です。桃狩りの時期は7月~9月頃となりますが、出荷作業との兼ね合いで桃狩りができない場合があるので、事前に電話で確認してから出かけましょう。

住所 岡山県赤磐市鴨前286-5
電話番号 086-955-2568

冷えた桃が食べられる「桃茂実苑」

Photo byPublicDomainPictures

「桃茂実苑」は岡山駅から北東に車で約40分ほどのところにある農園です。園内には岡山白桃の桃の木が数万個もの実をつけており、食べごろの実を摘み取ることができます。摘み取った実はお土産用となっており、その他適度に冷やした桃をあわせて食べられるプランがあります。

白桃狩り1個+試食1個のプラン(所要時間60分)の予約価格は1200円です。当日価格は1400円となっており、予約の方が得なので事前に公式ホームページから予約して行きましょう。2019年は6月23日~8月15日まで楽しめます。

住所 岡山県赤磐市尾谷843
電話番号 086-958-5444

時間制限なしで食べ放題「大原観光果樹園」

Photo by NanakoT

「大原観光果樹園」は岡山駅から北西に車で約1時間半ほど行ったところにある農園です。標高500mほどの小高い丘にあり、昼夜の寒暖差を利用して桃を作っています。品種は日川白鳳、橋場白鳳、千曲白鳳、浅間白桃などがあります。2019年は桃狩りは7月下旬~お盆まですることができます。

入園料は大人1500円ですが、この値段で桃の食べ放題を楽しむことができます。個人で行く場合は予約不要ですが、団体客と重なるとせっかくの食べ放題も満喫できないので、事前に問い合わせるのがおすすめです。お土産用の桃はないので、食べ放題で存分に味わいましょう。

住所 岡山県新見市草間1204
電話番号 0867-74-3202

90分間食べ放題「藤原園芸」

Photo by_Alicja_

「藤原園芸」は岡山駅から北東に車で約40分の農園です。高級フルーツが収穫できることで人気の「藤原園芸」は、桃の他シャインマスカットやピオーネ、新高梨のなし狩りなどもできます。桃狩りの中で人気なのは黄金桃です。果物狩りは90分食べ放題です。テーブルに置かれた旬の果物を食べられるフルーツバイキングもあり、こちらも90分間食べ放題となります。

2019年は木の植え替えの都合により、桃狩りはありませんのでご注意ください。また、2019年より、果物狩り、フルーツバイキングは完全予約制になっています。

住所 岡山県赤磐市沼田1235-6
電話番号 086-955-6836

完全予約制で料金は時価「フルーツパーク びぜん」

Photo byBlackRiv

「フルーツパーク びぜん」は岡山駅から東に車で約50分のところにある農園です。土壌づくり、減農薬にこだわって大切に育てている桃、ぶどう、みかんを狩ることができます。桃狩りは7月上旬~8月上旬までで、完全予約制です。料金は時価で、お土産用はありません。品種は加納岩白桃・紅清水白桃・清水白桃・なつおとめ・おかやま夢白桃・川中島白桃などです。

住所 岡山県備前市佐山5549
電話番号 0869-65-2225

30分間食べ放題「吉井農園」

Photo byjackmac34

「吉井農園」は岡山駅から北東に車で約1時間のところにある農園です。主に桃狩りの他、いちご狩りも楽しむことができます。桃は白桃系品種を中心として、約80本もの桃の木を育てており、早生から晩生まで13種類あるので、7月初旬~9月上旬まで比較的長期間桃狩りや食べ放題を楽しむことができます。

住所 岡山県赤磐市仁堀東1077
電話番号 086-958-2553

7月末~8月上旬まで「まほらファーム」

Photo byAlexas_Fotos

「まほらファーム」は岡山駅から北に車で約1時間半のところにある農園です。「まほらファーム」は担い手の育成や地産地消、食育などに取り組んでおり、農業に興味がある人に積極的に農業指導も行っています。桃狩りの他にぶどう狩りやいちご狩りもしており、果物やスイーツの直送もしています。

「まほらファーム」の桃狩りの期間は7月末~8月上旬までとなりますが、2019年は桃狩りはやっていませんのでご注意ください。

住所 岡山県津山市野村891-2
電話番号 080-6335-6540

フルーツ王国岡山県で桃狩りを楽しもう!

Photo bylbokel

今回は、日本の桃のルーツは岡山にあること、人気の白桃は岡山が生産量日本一であること、桃の種類とそれぞれのおすすめの収穫時期、桃狩りの際の注意点、岡山で桃狩りができる農園についてご紹介しました。日頃のご褒美にちょっと贅沢をして、岡山まで桃狩りに行ってはいかがでしょうか。

Bird
ライター

Bird

関西生まれ、旅行と美術館巡りが趣味のBirdです。食べることも大好きです。皆様に世界の魅力的なスポット、素敵なものをご紹介していきます!記事に旬な情報や面白いエピソードを盛り込み、楽しんで読んでいただけるよう、心がけています。よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング