日本一の茨城メロンを食べに行こう!おすすめのスイーツもご紹介♡

日本一の茨城メロンを食べに行こう!おすすめのスイーツもご紹介♡

茨城県はメロンの生産量日本一を誇る県です。甘くてジューシーなメロンが堪能できるメロン狩りや、茨城メロンを使った美味しいスイーツなど、メロンが好きな方にはたまらない観光地となっています。今回は、そんな茨城メロンについて詳しくご紹介いたします。

    記事の目次

    1. 1.茨城県のジューシーなメロンを堪能しよう
    2. 2.茨城メロンの代表産地は鉾田市
    3. 3.茨城メロンの品種
    4. 4.美味しいメロンの見分け方は?
    5. 5.茨城でメロン狩りのできるスポット
    6. 6.茨城メロンのスイーツが味わえるスポット
    7. 7.茨城観光に行ったらぜひメロンを味わって

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    茨城県のジューシーなメロンを堪能しよう

    Photo byAuciferz

    メロンは日本全国で収穫されている大人も子供も大好きな美味しい果物です。メロンの収穫量日本一を誇るのが茨城県で、茨城県にはメロンにまつわるお出かけスポットや茨城メロンと呼ばれている美味しいメロンがたくさんあります。

    茨城県は全国シェア約25%の日本一のメロン県

    Photo byDennis

    収穫量日本一の茨城県産のメロンは1年に約39000トンものメロンが収穫されています。さらに収穫量だけでなく、メロンの出荷量でも日本一を誇っており、日本に出荷されているメロンの約25%が茨城県産のメロンとなっています。

    全国的に多く食べられているメロンが茨城メロンで、日本人に最も馴染みのあるメロンと言えます。

    スーパーマーケットや八百屋で売られているメロンも茨城県産のものが多いのではないでしょうか。お買い物でメロンを見つけた際はぜひ産地を確認してみてください。

    茨城メロンの代表産地は鉾田市

    Photo byJulianza

    そんな茨城メロンを代表して多く作られているのが茨城県鉾田市です。茨城県鉾田市はアールスメロン、アンデスメロン、オトメメロンなど数種類のメロンを生産しています。

    また、鉾田市には「フォレストパーク メロンの森」などのメロンがメインの観光スポットが複数あり、メロンで溢れた素敵な場所です。

    昼夜の温度差があり火山灰土でメロン作りに適した土地

    Photo byZonc_Photos

    美味しいメロンを生産するにあたりとても重要になるのが土地と気候です。水はけの良い土地と昼夜の気温差が大きい気候の場所で育つメロンは甘くてジューシーでとても美味しいです。

    茨城県鉾田市で生産されているメロンは火山灰土で水はけがいい畑で作られています。ビニールハウスの中でメロンに適した環境の中で育てられ、より自然に近い方法でメロンの栽培がされています。

    その為茨城県鉾田市で作られているメロンは、日本一と言われるほどよく育ち、たくさんのメロンが出荷できています。

    市内の会社が「メロンカレー」を販売

    Photo by Yuya Tamai

    茨城県鉾田市にある会社「株式会社磯山商事」では、生産量日本一である茨城県鉾田市産の「メロン」と茨城県の銘柄豚「ローズポーク」を合わせた茨城ご当地のメロンカレーというものが販売されています。

    メロンカレーは茨城県水戸市の「酒趣(しゅしゅ)」というお店で生まれたカレーです。

    こちらのお店の「メロン丸ごとクリームソーダ」という人気メニューでメロンを器に使う為に果肉をくり抜くのですが、その際に余った果肉が勿体無いということでカレーに入れたのが始まりと言われています。

    Photo by ttanabe

    メロンとカレーという意外な組み合わせですが、スパイスの効いたカレーに適度に熟された美味しいメロンの甘みと香りが加わってカレーのコクが増した絶品のカレーです。

    「酒趣」で食べたメロンカレーが美味しいと話題になり、茨城県水戸市のご当地グルメになるほど有名なカレーです。茨城観光に来た際は食べに行くことをおすすめします。

    家が遠く食べに来られない人の為に通販で販売したいと「株式会社磯山商事」がレトルトのメロンカレーを販売しています。気になった方はお店に食べに行けない方もぜひ通販で探して購入してみてください。

    茨城メロンの品種

    フリー写真素材ぱくたそ

    メロンには数多くの品種が存在します。茨城メロンにもさまざまな品種のものがあります。品種によって見た目や濃度などが異なり、同じメロンでも全く別物に感じます。

    ここからは茨城メロンの品種についてひとつひとつ詳しく見ていきましょう。茨城観光に来た際は茨城メロンの食べ比べをしてお気に入りのメロンを探してみてください。

    「イバラキング」

    Photo byfloriana_t

    「イバラキング」メロンは茨城県が開発したオリジナルの品種のメロンです。青肉のネット系メロンで2010年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種のメロンです。

    「メロンの王様(キング)として茨城の顔になってほしい」と願いを込めて「イバラキング」の名称が付けられています。4月下旬から5月にかけて出荷がされており、5月中旬以降で出荷されている主力品種より1割以上も果実が大きいことが特徴です。

    さらに主力品種と同じ糖度を持ち、上品な甘さと滑らかな肉質で日持ちもいいので十分に熟された状態で食べるのがおすすめです。

    「プレミアムメロン」

    Photo by georgetan_chapter1

    「プレミアムメロン」はメロン全体の収穫量の1%しかとれない幻のメロンです。青果物管理センターでネット形状や色など入念な目視検査にクリアしたメロンをさらに光センサーにかけ、糖度が18度以上のメロンのみが「プレミアムメロン」として出荷されます。

    市場にほとんど出回ることがない幻のメロンの為、「プレミアムメロン」の販売がある、JA茨城旭村特産物直売所 「サングリーン旭」には茨城県民だけでなく県外からもたくさんの人が「プレミアムメロン」を買いに来ています。

    茨城観光に来た際はぜひプレミアムメロンを購入してみてください。糖度が18度以上のものしかないので当たり外れがなく、甘くて美味しいメロンを楽しむことができます。

    「愛ちゃんメロン」

    Photo by akikoyanagawa

    「愛ちゃんメロン」は茨城県茨城町の涸沼周辺のメロンで、茨城町の「こだわりメロン研究部会」が作る特別なメロンです。

    「愛ちゃんメロン」は「アンデス1号」という品種のメロンです。昔はとても多く作られていた「アンデス1号」ですが、病気にかかりやすく栽培には手間がかかる為、あまり作られなくなった品種のメロンです。しかし味に関しては1号と言われるほどとても美味しいメロンです。

    「愛ちゃんメロン」の生産者は全員エコファーマーの認証を持っており、農薬の使用も通常の半分以下に抑えた特別栽培で作られています。糖度が15度以上のメロンのみが出荷されており、甘くて愛情たっぷりの美味しいメロンが食べられます。

    「オトメ」

    Photo by yoppy

    「オトメ」メロンは果肉が緑肉のネット系メロンです。1995年(平成7年)に誕生したメロンで、メロン生産日本一を誇る茨城県にある鉾田市の大島種苗店とタキイ種苗のオリジナルメロンです。

    「Oshima Takii OriginaL Melon」の頭文字を取り「OTOME(オトメ)」と名付けられています。

    「オトメ」メロンは収穫後5日から7日頃のものが食べ頃です。ずっしりと重みがあり、きれいな丸みのある形のものが美味しいメロンとしておすすめです。

    「アンデス」

    Photo by Archivos de Planeta Agronómico

    「アンデス」メロンは1977年にサカタのタネが開発した品種のメロンです。

    病気に強いメロンで栽培がしやすいことから、「作って安心」「売って安心」「買って安心」より栽培当初は「安心ですメロン」と呼ばれていましたが、最終的には「安心ですメロン」を略して「アンデスメロン」と名付けられています。

    茨城県鉾田市で作られる「アンデス」メロンはとても美味しく、アサヒ「チューハイ」や山崎製パン「ランチパック」などさまざまな大手メーカーから茨城県産のアンデスメロンを使用した商品が販売されています。

    「クインシー」

    Photo by1195798

    「クインシー」メロンは赤肉のネット系メロンです。赤肉ということで女王を表す「 Queen(クイーン ) 」と、カロテンが豊富なことから健康を表す「 Healthy(ヘルシー ) 」を組み合わせて「クインシー」メロンと名付けられています。

    「クインシー」メロンはサーモンピンク色の美しい果肉で、甘みが強く、果汁がたっぷり含まれているジューシーなメロンです。収穫から4日から7日置くことでさらに甘みが増し食べ頃になります。

    スーパーや青果店に並んでいる赤肉系のネットメロンは「クインシー」メロンであることがほとんどで、手ごろに購入できるメロンとしても人気です。

    「タカミ」

    Photo by deamentiaemundi

    「タカミ」メロンは果肉が緑肉のネット系ハウスメロンです。円形からやや楕円形の形をしており、皮を覆う網目は盛り上がりが浅くて細めのメロンです。

    「タカミ」メロンは6月から7月の高温多湿の時期に出荷されます。「タカミ」メロンの旬は5月頃から8月頃までとなっています。果肉が赤色の「タカミレッド」という品種のメロンも存在します。

    「タカミ」メロンは果肉は少し固めですが、その分日持ちがよく、果汁が多く糖度が高いことからとても人気の品種のメロンです。

    「アールス」

    Photo by Gilgongo

    「アールス」メロンは網メロン代表品種、果物の王様と言われるメロンです。果肉は柔らかく、とろけるような滑らかな食感で、甘い香りとジューシーな果汁を持つメロンで全ての要素のレベルが高くバランスの良いメロンです。

    「アールス」メロンは「マスクメロン」とも呼ばれています。「アールス」メロンは静岡県の生産が一番多いですが第2位が茨城県となっています。メロン生産日本一を誇る茨城県にある鉾田市のJA茨城旭村では「アールス」メロンが30年以上も前から栽培されています。

    美味しいメロンの見分け方は?

    Photo bypasja1000

    メロンも他の野菜や果物と同じで、甘いものや甘くないもの、柔らかいものやまだ少し硬いものなど、ひとつひとつ違いがあります。

    美味しいメロンの見分け方を知らないと、せっかくの美味しいメロンを最大限に美味しく食べることが出来ずに残念な思いをしてしまうこともあります。

    ここからは、美味しいメロンを見分ける為の大切なポイントを詳しくご説明いたします。メロンを購入する際は参考にして一番美味しいメロンを見極めてみてください。

    表面の網目が盛り上がって均一に張っているもの

    フリー写真素材ぱくたそ

    美味しいメロンのを見分ける一つ目のポイントは、網目のあるメロンは「表面の網目が盛り上がって均一に張っているもの」を選ぶことです。網目がひとつひとつくっきりとしたメロンは肉厚であるとされ、高値で取引されることが多いです。

    わざわざ網目が盛り上がるように細かい傷をつける農家の方もいるほど、美味しいメロンは見た目にも手間をかけて育てられています。

    均整の取れた球形でやや縦型のもの

    フリー写真素材ぱくたそ

    美味しいメロンのを見分ける二つ目のポイントは、「均整の取れた球形でやや縦型のもの」を選ぶことです。そして痛んでいる箇所が無く、ネットや表面に変色や斑紋、筋などが入っていないものが新鮮で美味しいメロンの証です。

    大玉のものがおすすめ

    Photo by Clive G'

    美味しいメロンのを見分ける二つ目のポイントは、「大玉」のメロンを選ぶことです。大きさが小さいメロンでも重さのあるずっしりとしたメロンを選びましょう。

    ずっしり重みのあるメロンは中身が充実し中の果実が凝縮されています。重量のあるメロンは栄養や甘みも凝縮されており果肉も肉厚で美味しいメロンといえます。

    Photo by Michele Dorsey Walfred

    美味しいメロンを購入したら、一番美味しく食べられる食べ頃を見分けることも重要になります。メロンの実を叩いてボンボンとこもる音がするもの、メロンのお尻の部分を押して実が少しへこんだものが実が柔らかく食べ頃といえます。

    カンカンと固い音がしたり、押したときに実がへこまないものはまだ実が固く食べ頃ではありません。せっかく購入した美味しいメロンなので、早く食べたい気持ちを我慢して、食べ頃になるまでは追熟をして待つことをおすすめします。

    茨城でメロン狩りのできるスポット

    Photo by alberth2

    メロン日本一の出荷量を誇る茨城県にはメロン狩りができるスポットもたくさんあります。大好きなメロンを自分の手で収穫して、採れたてのメロンをその場でいただくのはメロン好きにはたまらない至福のひと時です。

    ここからは、茨城観光へお越しの際にぜひ行っていただきたいおすすめのメロン狩りスポットをいくつかご紹介いたします。

    「フォレストパーク メロンの森」

    Photo byJillWellington

    「フォレストパーク メロンの森」は茨城県鉾田市にある、バーベキューやメロン狩りを楽しめるスポットです。茨城県が誇る極上霜降り肉である常陸牛や茨城ブランドまごころ豚が食べられるバーベキューや栽培ハウスへ入ってメロン狩りを楽しむことができます。

    メロン狩り以外にも売店があり、売店でも茨城の美味しいメロンを食べることができます。完熟メロンやメロンの漬物、メロンのソフトクロームやメロンジュースやスイーツなど日本一の生産を誇る茨城メロン尽くしの売店はとても人気でおすすめです。

    お持ち帰り用の冷凍メロンの販売もしていますので、観光で来た際はお土産として購入してみてはいかがでしょうか。

    住所 茨城県鉾田市安房1971-1
    電話番号 0291-33-2858

    「深作農園」

    Photo by 丹波写眞 Tamba photo

    「深作農園」は茨城県鉾田市にある、環境にも人にも優しいEM自然農法でイチゴ・メロンなどを栽培している農園です。1月中旬~5月上旬はいちご狩り、5月下旬~7月下旬はメロン狩りをすることができるスポットです。

    メロン狩りは2500円でメロン1つをお持ち帰りすることができます。その他にもバームクーヘンやメロンパンなど「深作農園」オリジナルのスイーツの販売もしておりとても人気です。

    住所 茨城県鉾田市台濁沢361
    電話番号 0291-39-8560

    「みなみ果樹園芸」

    Photo byHans

    「みなみ果樹園芸」はメロンの生産日本一を誇る茨城県鉾田市の中で、メロンを自家栽培している農園です。全国で一番最初にメロン狩りを始めた場所として知られている有名なメロン狩りスポットです。

    自家栽培なだけあってとても新鮮なメロンが食べられます。「みなみ果樹園芸」のメロンは完熟状態で収穫がされるため、糖度が非常に高く、美味しいメロンとしておすすめです。

    メロン狩りの入園料は試食代を含み650円です。メロン食べ放題のコースもあり、時間制の1620円で美味しい茨城メロンをたくさん楽しむことができます。

    住所 茨城県鉾田市上釜365
    電話番号 0291-37-1049

    「ファーマーズマーケットなだろう」

    Photo by Carlos_Citalan

    「ファーマーズマーケットなだろう」は茨城県鉾田市にある茨城メロンの直営店で生産量日本一の茨城メロンを楽しむことができるお店です。メロン狩りは1700円から楽しむことができます。

    「ファーマーズマーケットなだろう」は茨城県の農家で作られた新鮮な野菜や果物を販売する直営所として人気の場所です。

    メロンが旬な時期には日本一の茨城メロンを鮮度抜群な状態で購入することができるので全国のメロン好きな方におすすめの場所です。観光で茨城に遊びに来た方にも新鮮なメロンや野菜、果物を買いにぜひ訪れていただきたい直営店です。

    住所 茨城県鉾田市飯名537-1
    電話番号 0291-34-8888

    茨城メロンのスイーツが味わえるスポット

    Photo byla-fontaine

    メロンをそのまま食べるのはもちろん美味しいですが、それだけではなくメロン日本一を誇る茨城県にはアイスクリームやケーキなど茨城メロンをふんだんに使用したスイーツもたくさん存在します。

    ここからは、その中でも厳選しておすすめする茨城観光に来た際にぜひ訪れていただきたい茨城メロンを使用したスイーツが食べられるお店を5選ご紹介いたします。

    半玉のメロンにソフトクリーム「サングリーン旭」

    Photo by alberth2

    「サングリーン旭」は茨城県鉾田市にあるJA茨城旭村の直売所です。メロンの時期には店内にさまざまな農家から直送された新鮮な茨城メロンがたくさん販売されています。「サングリーン旭」ではメロンの販売だけでなく、メロンのスイーツも販売されています。

    「サングリーン旭」の名物となっているのが、半玉のメロンにソフトクリームが入ったスイーツです。メロン出荷時期限定のアイスクリームでメロンを半玉丸ごと楽しむことができるスイーツです。

    こちらのスイーツに使われるメロンは日によって様々なので訪れるたびに違う種類のメロンを使ったスイーツが食べられます。その為何度も食べたくなるスイーツとしておすすめです。

    住所 茨城県鉾田市樅山602-6
    電話番号 0291-37-4147

    メロンのケーキやバームクーヘン「ル・フカサク」

    Photo by yto

    「ル・フカサク」は深作農園の中に併設されている美味しい飲み物と洋菓子が楽しめるカフェです。夏限定のメニューとしてたくさんのメロンのスイーツが食べられます。

    完熟メロンやメロンパフェ、メロンのフルーツポンチなどさまざまなメロンスイーツがあります。その中でも人気でおすすめなのがメロンのケーキとバームクーヘンです。

    メロンバームは「茨城おみやげコンクール」第1回目で最優秀賞を受賞している絶品のスイーツです。メロン好きの観光客も、そうでない観光客にもぜひ食べていただきたいスイーツです。通販での販売もしているので茨城まで来られない他県の方も購入可能です。

    住所 茨城県鉾田市台濁沢157
    電話番号 0291-32-8732

    期間限定のメロン大福「菓子処とびた」

    Photo by 2benny

    「菓子処とびた」は創業100年あまりの老舗の和菓子店です。メロンのスイーツというとケーキやパフェなど洋菓子のイメージが強いですが、こちらのお店では和菓子でメロンを楽しむことができます。

    その中でも地元の方や観光客などたくさんの方に人気商品でおすすめなのが「メロン大福」です。メロンの色をした皮と餡で、食べた瞬間メロンの甘い香りと味が広がります。

    食感は大福そのものなのにメロンの味がする新感覚のスイーツです。大福の中には贅沢にメロンの果肉も入っていおり、大福のもちもちした食感とシャキシャキのメロンの相性が抜群で一度食べたらやみつきになること間違いなしの絶品和菓子です。

    住所 茨城県鉾田市樅山6-3
    電話番号 0291-37-1067

    まるごとメロンケーキ「いちかわ」

    Photo bypasja1000

    「いちかわ」は茨城県日立市にある老舗の洋菓子店です。大人気でおすすめなのが「フルーツまるごとケーキ」のシリーズです。メロンだけでなく、桃やスイカ、パイナップルまで様々な果物がまるごとケーキになっている商品です。

    「フルーツまるごとケーキ」のメロンは青肉と赤肉の2種類があります。メロンの皮で作られた器の中にケーキがあります。カスタードクリームやごまクッキーが入っており、その上にはクリームが見えないほどたっぷりのメロンがトッピングされています。

    メロンのジューシーな果汁を含んだスポンジとメロンの果肉がたっぷりと楽しめるケーキです。茨城観光のお土産やフルーツが大好きな方への誕生日ケーキとしてもおすすめです。

    住所 茨城県日立市日高町3丁目12-1
    電話番号 0294-42-2038

    メロンピューレを使ったババロア「グリュイエール」

    Photo by naotakem

    「グリュイエール」は茨城県笠間市のJR笠間駅前にある洋菓子店です。人気の商品が「真夏の貴婦人」と呼ばれるメロンピューレを使用したババロアです。

    「真夏の貴婦人」は2014年に開催された茨城スイーツフェスタで行われた茨城スイーツ総選挙でグランプリを受賞したスイーツです。

    果肉をくり抜いたメロンの皮の器にメロンピューレを使ったババロアが敷き詰められ、その上に爽やかなミントゼリーがのっています。さらにそれを覆うようにメロンの果肉が贅沢に飾られており、貴婦人のような上品な味わいのスイーツとなっています。

    住所 茨城県笠間市下市毛285
    電話番号 0120-726-557

    茨城観光に行ったらぜひメロンを味わって

    Photo bystevepb

    生産量日本一の茨城メロンについてご紹介いたしました。茨城メロンにはたくさんの品種があり、茨城メロンを使用した美味しいスイーツもたくさんあります。

    メロンを持ち帰るのは少し大きくて大変ではありますが、果物の中でも高級品のイメージが強いため、お土産として購入するのも喜ばれるのでおすすめです。

    茨城県に観光に来た際はメロン狩りを楽しんだり、美味しいスイーツを食べたり、茨城メロンを堪能してみてください。茨城観光で一日楽しんだ後は、美味しいメロンを食べて疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

    kahorin61r
    ライター

    kahorin61r

    愛知県で活動しています。地元や近県の観光スポットやグルメに関する情報を発信していきたいです。よろしくお願いいたします。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング