角島大橋周辺の人気海水浴場まとめ!絶景ビーチでキャンプや海の幸バーべキューも

角島大橋周辺の人気海水浴場まとめ!絶景ビーチでキャンプや海の幸バーべキューも

角島大橋周辺の人気海水浴場をまとめてみました。角島の絶景は、CMや映画などのロケ地として一躍山口の人気観光地になりました。角島の海水浴場は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が魅力です。絶景ビーチでキャンプや海の幸バーべキューの情報も紹介します。

記事の目次

  1. 1.角島の絶景の中で海水浴を楽しもう!
  2. 2.角島ってどんな島なの?
  3. 3.角島の海水浴場「角島大浜海水浴場」
  4. 4.「角島大浜海水浴場」に併設される「角島大浜キャンプ場」
  5. 5.角島の海水浴場「しおかぜコバルトブルービーチ」
  6. 6.角島の海水浴場を利用する時に注意する事
  7. 7.角島の海水浴場はバーべキューも楽しめる!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

角島の絶景の中で海水浴を楽しもう!

Photo by ftomiz

角島は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの国内外の観光客が訪れるようになりました。角島は、ドライブや島の観光だけでなく、夏の海水浴やキャンプ、海の幸のバーべキューも人気がありおすすめです。

コバルトブルービーチや大浜海水浴場、島戸海水浴場など水が綺麗で透明度抜群のビーチがたくさんあります。また海の幸(サザエ、イカ、ウニなど)も美味しく、まだ訪れていない方には、絶対おすすめの人気観光スポットです。

Photo by veroyama

エメラルドブルーの海は果てしなく美しい絶景で、まるで海外のモルディブにいるかのような錯覚にとらわれます。角島大橋の絶景は、雑誌やネット、テレビ、ドラマ、映画などで取り上げられ、ますますその知名度は上がっています。

CMや映画などのロケ地になり一躍山口の人気観光地に

Photo by inazakira

角島は、コバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)を跨ぐ橋で、真っすぐに伸びた後、鳩島を過ぎたところでコーナーを描いて行きます。

景観を崩さないよう島を迂回させるための工夫でしたが、これによってより美しい橋との評判を呼びました。自動車のテレビCMのロケ地や、映画などの撮影スポットとして使用されたことが話題になり、今や橋自体が一大観光地となっています。

最近では、インスタグラム効果から海外からの観光も増えている状況です。角島へ行くには、美祢ICで高速道路を降りて、そこから日本海側へ向かう国道435号線を1時間くらい走ると絶景ビーチが見えはじめます。

最近では海外からの観光客も急増中

フリー写真素材ぱくたそ

角島は2015年には、世界最大級の旅行口コミサイトが選んだ「日本の橋ランキング」で、山口県下関市の角島大橋が第1位に輝き、「一生に一度は見ておきたい美しすぎる角島大橋」として、今も尚多くの人々を魅了しています。

また、同年にアメリカのテレビ局CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」のひとつに、角島近郊の123基の鳥居がずらりと並ぶ「元乃隅神社」が選出されています。このように世界的に話題を集めたこともあり、角島を一目見に、最近では海外からの観光客も急増しています。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

角島がある山口県では、観光客数が2年連続で過去最高を更新したほか、外国人観光客数は前年比12.1%増の45万人と過去最高となっています。キャンプ場での、海の幸・バーべキューも外国人観光客に人気があるようです。

角島ってどんな島なの?

Photo by Kyle McDonald

角島は、山口県の北西端に位置し、山口県下関市豊北町大字角島の日本海上にある、つつみの形をした人口900人あまりの島です。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が印象的な、山口県で最近ホットな観光スポットとして人気があります。

角島大橋完成にともない、先述したさまざまな映画やテレビ番組やコマーシャルのロケ地効果もあり、一気に山口県を代表する人気観光スポットになりました。

最近では、キャンプ場施設が海水浴場に併設されるスポットが増え、角島の新鮮な海の幸で楽しむバーべキューが、キャンパーたちにも人気を集めています。

白い砂浜とエメラルドグリーンの海が魅力

フリー写真素材ぱくたそ

角島の魅力は、なんといっても白い砂浜とエメラルドグリーンの海で、日本海とは思えない、南国の海と錯覚してしまいそうな絶景・光景が広がります。

全国でも指折りの透明度の海と、さらさらの白い砂浜で毎年たくさんの海水浴客を魅了しています。二つの海水浴場、角島大浜海水浴場・キャンプ場としおかぜコバルトブルービーチ、水平線に沈む夕日の美しさなど、角島は見どころ満載の島です。

角島大橋は、通行料金無料の離島架橋としては、日本第二位の長さを誇ります。また、角島灯台は、明治9年に初点灯後、130年以上経った現在でも、現役で毎日点灯している総御影石造りの洋式灯台です。

北長門海岸国定公園に指定される

Photo by monkist

角島を含めた山口県北部の海岸線は、北長門海岸国定公園として指定されています。雄大で美しい海岸線とダイナミックな角島大橋を目的に、毎年たくさんの観光客が集います。

北長門海岸国定公園は、日本海に面した約90kmにも及ぶ豪壮な海岸美を有しています。隆起や沈降と噴出などによって、複雑化した海岸線と海食崖の複雑な地形が続き、海景と岩石の色調は美しく彩やかです。

1955年11月1日に国定公園の指定を受けました。 かつては長門市西部と下関市豊北町の区域は、西長門海岸県立自然公園でしたが、1997年9月に「北長門海岸国定公園」に編入されています。

「角島大橋」は「一生に一度は行きたい光景」

Photo by alberth2

先述した「一生に一度は見ておきたい美しすぎる角島大橋」として、今も尚多くの人々を魅了している角島大橋は、目に飛び込む風景すべてに感動を与える「一生に一度は行きたい光景」としても人気があります。

海へと橋が伸びていく光景はまさに圧倒的な美しさ、山口県の絶景を語る上で一番に紹介すべきは、やはり下関市豊北(ほうほく)町の「角島大橋」です。

角島大橋付近に点在する、人気のビュースポットから橋を望みカメラを構えれば、旅雑誌や旅行サイトなどで見た憧れの景色・構図そのままに何度もシャッターを切ることが可能です。

山口県・角島大橋の魅力を紹介!絶景のドライブや周辺の温泉・観光・グルメ情報ものイメージ
山口県・角島大橋の魅力を紹介!絶景のドライブや周辺の温泉・観光・グルメ情報も
山口県・角島大橋は一度見てみたい方も多い絶景スポットです。橋の向こうの角島では、地元でとれた海産物が絶景を臨みながら、楽しむことができます。様々な観光スポットがあり、とても人気の観光地です。そんな魅力満点の山口県・角島大橋に足を運んでみてはいかがでしょうか。

角島の海水浴場「角島大浜海水浴場」

Photo by izunavi

角島の海水浴場として有名な「角島大浜海水浴場」は、つのしま自然館に隣接する、とても本州の海とは思えないほど美しい海水浴場で、南国のようなコバルトブルーの海は、全国でも指折りの透明度です。

また、ここから見える日本海の夕日は、思わず言葉を失うほどの美しさです。海水浴場内には、バンガローやテントサイト、休憩所、シャワー施設、炊飯塔を完備しているので、海の幸・バーべキューが楽しめるキャンプスポットとしても人気があります。

角島大浜海水浴場・キャンプ場の入り口は少しかりづらいので、つのしま自然館の看板を目指していけば確実です。キャンプ場内には、映画「四日間の奇蹟」ロケセットもあります。

全国でも指折りの透明度の海

Photo byKanenori

角島を代表する海水浴場「角島大浜海水浴場」は、遠浅の海がコバルトブルーにきらめく、全国でも指折りの透明度の海を誇ります。角島をロケ地として撮影された映画「四日間の奇蹟」でも話題になりました。

日本海の美しい景色と、きれいな砂浜が広がる「角島大浜海水浴場」では、海水浴シーズンには県内外から多くの海水浴客で賑わいます。また、日本海特有の波が押し寄せるスポットとして、サーファーに人気のある海岸でもあります。

フリー写真素材ぱくたそ

あざやかな、エメラルドグリーンの海は驚くほどの透明度で、よく見ると小さな箱ふぐのような魚まで泳いでいます。細やかな砂浜で裸足でも痛くなく、遠浅なので子供でも安全に遊ぶことができます。

砂浜は小さな貝殻で構成されていて白くてさらさら

Photo byWalkerssk

「角島大浜海水浴場」の砂浜は、小さな貝殻で構成されているため、真っ白でさらさらです。透明度の高いエメラルドグリーンの海と、砂浜のバランスが絶妙であわせて大浜の美しさを作り出しています。その美しさに、毎年近県各地からたくさんの人が海水浴にやってきます。

角島大橋からの景色も、絶景でテンションがあがる美しさです。ビーチへ訪れる人はかなり多いため、早めに海水浴場へ行くことをおすすめしますが、無事に入場さえできれば、絶対に満足できる海水浴場です。

「角島大浜海水浴場」を利用するには

フリー写真素材ぱくたそ

「角島大浜海水浴場」を利用するための注意点やポイントなどをチェックしてみました。開設期間や利用料金、アクセスなどを詳しく紹介します。角島大浜海水浴場は、駐車場やシャワー、トイレ、売店、休憩施設、炊事棟、キャンプ場などが併設され利用できます。

開設期間

フリー写真素材ぱくたそ

「角島大浜海水浴場」の開設期間は、7月上旬~9月上旬です。※キャンプ場の予約、ビーチなど詳細の確認等については、直接、キャンプ場まで問い合わせください。営業時間は、8:00~18:00(遊泳時間)、休業日は期間中無休になります。

利用料金

Photo byMarina19891989

「角島大浜海水浴場」の利用料金は、海浜清掃等協力金として大人500円、小学生200円となっています。※問い合わせは角島地区振興協議会(下記に記載)になります。

アクセス

Photo byJindawoon

「角島大浜海水浴場」までのアクセスは、JR下関駅から列車で90分、JR特牛駅下車からはバスで約25分、「大浜海水浴場」バス停下車から徒歩で1分に位置します。車では、下関ICから約80分、美祢ICからは約70分で、入り口はつのしま自然館のそばになります。駐車場スペースは約200台(無料)です。

住所 山口県下関市豊北町大字角島893番地1
電話番号 083-786-0477

「角島大浜海水浴場」に併設される「角島大浜キャンプ場」

Photo by 上島町

「角島大浜海水浴場」に併設される「角島大浜キャンプ場」は、観光地としても有名な角島にあるキャンプ場です。角島大浜キャンプ場は、本州の北西に位置する離島「角島」にある島内唯一のキャンプ場として知られ人気があります。

まるで沖縄のようなコバルトブルーの海に浮かぶ島「角島」は、観光地としても有名ですが、眼前に広がるコバルトブルーの海と広い空、そんな絶景を思う存分満喫できるキャンプ場の魅力を紹介します。

芝生サイト・砂浜サイト・バンガローの3種類

Photo byMariamichelle

角島大浜キャンプ場の、宿泊プランは少し高台になっている「芝生サイト」と海に近い「砂浜サイト」、それに「バンガロー」の3種類があります。

目の前に広がる美しい砂浜や芝生は、とてもきれいに整備されています。一般的なスタンダードな雰囲気で、自然の美しさを思う存分感じられる楽しいキャンプ場です。

角島大浜キャンプ場の予約はすべて電話で受け付けており、営業期間中の土日はかなり早い段階で埋まってしまいます。GW明けからの予約になるので、早めに連絡を入れることをおすすめします。

利用料金

Photo byPublicDomainPictures

角島大浜キャンプ場の利用料金は「持ち込みテント」が2000円、「常設テント」では3500円、「バンガロー」は12000円〜です。キャンプ施設は、テント30張に売店1、トイレ、休憩所1、炊事棟1、避難所1、シャワー1、バンガロー、駐車場になります。

営業期間

Photo byPexels

角島大浜キャンプ場の営業期間は、7月上旬〜9月上旬です。アクセスは、JR特牛駅からバスで30分(大浜海水浴場下車)、車では下関ICから約70分、美祢ICから車で70分、チェックイン・チェックアウトは12:00~10:00です。

日帰り利用も可

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

角島大浜キャンプ場の利用は日帰りも可能です。このキャンプ場では、リーズナブルに宿泊したい絶好のスポットとしてバイク乗りや大学生にも人気がありますが、バーべキューセットもレンタルでき日帰り利用でも楽しめます。

住所 山口県下関市豊北町大字角島1413-1
電話番号 083-786-0477

絶景を見ながら海の幸を味わえる

フリー写真素材ぱくたそ

角島大浜キャンプ場では、絶景を見ながら海の幸を味わえます。南国リゾートのようなきれいな白い砂浜と、コバルトブルーの海は必見で、絶景のロケーションが望めます。水平線を遮るものが何もないので、青い海と空がどこまでも広がり至福の時間が過ごせます。

また、辺りでは明かりを発する余分な光源などもないので、星空観察にも最高のロケーションです。こんなに素晴らしい景色を見ながらキャンプができるスポットは、角島大浜キャンプ場をおいてほかには中々ありません。

Photo byFree-Photos

角島大浜キャンプ場では、あらかじめ道の駅などで取り揃えた、地元角島の新鮮な魚貝類や食材をバーベキューで楽しめ人気があります。絶景を見ながら海の幸を味わえ、ビーチで最高のひとときを満喫することができます。

バーべキューセットのレンタル可

フリー写真素材ぱくたそ

角島大浜キャンプ場では、バーべキューセット(コンロ、網、トング、炭:1200円)や貸しテントのレンタルもできますので、食材や食器などを持参するだけで手軽に、海の幸などバーべキュー料理がビーチで楽しめます(※予約可能、ペット同伴は不可)。

住所 山口県下関市豊北町大字角島1413-1
電話番号 083-786-0477

山口県の美しい橋の観光スポット!定番角島大橋の絶景や穴場の見どころも紹介のイメージ
山口県の美しい橋の観光スポット!定番角島大橋の絶景や穴場の見どころも紹介
山口県の観光と言えば萩の城下町など歴史情緒あふれる場所巡りなどを挙げられますが実は山口は「橋」という隠された観光スポットがあります。山口県は小島が多いため橋が生活のため必要でした。今回は山口の橋を取り上げて見所や穴場を紹介します。

角島の海水浴場「しおかぜコバルトブルービーチ」

Photo byskeeze

角島の海水浴場「しおかぜコバルトブルービーチ」は、夏休みの土日ともなれば渋滞が発生することも少なくない、県内屈指の人気を誇る海水浴場です。角島の休憩スポット「しおかぜの里角島」の前に広がる海水浴場で、マリンブルーの海を思う存分満喫できます。

日本海の雰囲気とはまた違う、穏やかで明るく澄んだ、コバルトブルーの海空が広がる「しおかぜコバルトブルービーチ」の砂浜は天然で白く、サラサラしています。

利用料金や開設期間、アクセスなど、白い砂浜とエメラルドグリーンの魅力満載の海「しおかぜコバルトブルービーチ」の利用方法を紹介します。

県内屈指の人気を誇る海水浴場

Photo byJulius_Silver

角島の海水浴場「しおかぜコバルトブルービーチ」は、県内屈指の人気を誇る海水浴場として知られています。映画やテレビのロケ地として有名な山口県では、その景観の美しさから注目の観光スポットの一つでもあります。

夏は海水浴、その他の季節はマリンスポーツでかなり賑わっており、特に海水浴シーズンは県内のみならず、九州、広島、島根などからも海水浴客がたくさん訪れます。

夏休みの土日ともなれば渋滞が発生することも

フリー写真素材ぱくたそ

角島の海水浴場「しおかぜコバルトブルービーチ」は、人気の観光地に所在することもあり、夏休みの土日ともなれば渋滞が発生することも少なくありません。海水浴に訪れる場合には、駐車場がすぐに満杯なってしまうため、なるべく朝の早い時間に来るのがおすすめです。

「しおかぜコバルトブルービーチ」を利用するには

Photo by Kentaro Ohno

「しおかぜコバルトブルービーチ」を利用するには、渋滞を避けるため、なるべく夏休みの土日以外の平日や朝の早い時間に海水浴場に到着することをおすすめします。

最近では、県内屈指の人気を誇る海水浴場の人気から、シーズンオフでも美しい海を堪能するために、角島に立ち寄る人も多くなっています。

シャワー室は「しおかぜの里角島」のそばにあり、駐車場は「しおかぜの里角島」と共用になります。海開きの一週間前くらいのビーチは人も少なく、夏に海が見たいときには、この頃がベストかもしれません。

利用料金

Photo byMustangJoe

「しおかぜコバルトブルービーチ」の利用料金は、場内整理料(海浜清掃等協力金)として大人700円、小学生400円で、シャワーの利用は無料となっています。

開設期間

Photo byStevebidmead

「しおかぜコバルトブルービーチ」の開設期間は、7月上旬~8月下旬です。海の家、シャワー、トイレなどが完備されジェットスキーは禁止となっています。

アクセス

フリー写真素材ぱくたそ

アクセスは、下関駅から列車で90分、特牛(こっとい)駅からバスで30分、「学校横」バス停下車から徒歩で1分、下関ICから車で80分、美祢ICからは車で70分に位置します。

住所 山口県下関市豊北町大字角島
電話番号 083-786-2311

角島の海水浴場を利用する時に注意する事

フリー写真素材ぱくたそ

角島の海水浴場は、県外からも多くの海水浴客が訪れる人気の海水浴スポットです。海水浴場は、近くに隣接していても施設・設備・海の家などの管理者が異なる場合が良くあります。

管理者が違うと、それぞれの施設などの使用条件も変わってきますので、料金などのトラブルにならないためにも注意が必要です。角島の海水浴スポットでは、角島大浜海水浴場・キャンプ場やコバルトブルービーチ、ホテル西長門リゾート、角島大橋付近などがあります。

角島の海水浴場を利用する時に注意すべきポイント、シャワーの場所を把握しておくこと、シャワー料金、開設期間の確認、悪天候時の代替えプランなどについて紹介します。

シャワーの場所を把握しておく

Photo by spinster cardigan

角島の海水浴場を利用する時に注意する事、1つ目は「シャワーの場所を把握しておく」ことです。角島大浜海水浴場においては、キャンプ場も併設されているので、全体的にかなり広いです。駐車場からビーチまでの坂道になっている距離もけっこうあります。

シャワーが利用できる場所は、海の家だけとは限らず簡易のものを含めて、ビーチそれぞれ数か所に設置している場合もあります。駐車場に寄ってから帰宅する場合や、バス停経由の場合、家族連れで団体行動のパターンを想定し、事前にシャワーの場所を把握しておきましょう。

シャワー料金

Photo by spinster cardigan

角島の海水浴場を利用する時に注意する事、2つ目は「シャワー料金」です。シャワーの場所を把握した時に、料金も確認しておきましょう。角島の海水浴場はどこも人気があるため、海の家や、シャワー施設はとても混みあいます。

角島の海水浴場はどこでも、2~300円の料金がかかり、小銭しか使えません。独立したシャワー施設などの場合、両替機などの設置はありませんので、事前に小銭を用意しておく必要があります。特に、家族連れなど人数が多い時にはあらかじめたくさんの小銭を用意しておきましょう。

開設期間を調べておく

Photo by Kentaro Ohno

角島の海水浴場へ行く場合は、あらかじめ開設期間を調べておきましょう。おおむね、7月上旬~9月上旬となっている開設期間ですが、正確な海開きの日付などを確認しておく必要があります。駐車場や各施設は、開設期間外は利用できない措置が取られます。

せっかく楽しみに行ったのに、角島の海水浴場の駐車場も施設も利用できず、海だけ見て帰った、なんてことが無いように開設期間は事前に必ず確認しておきましょう。

悪天候時のプランも考えておく

Photo byRobert_LA

楽しみにしていた角島の海水浴場も、時には悪天候により海水浴が楽しめない場合もあります。そんなときの為にも、悪天候時の代替えプランも事前に考えておきましょう。

角島には、おすすめの自然景観や絶景の観光スポットがたくさんあります。角島大橋を渡り、角島を1周してきて橋ふもとの名物お土産店や、すぐそばの道の駅に立寄るのも楽しいプランです。

角島大浜海水浴場から約290m(徒歩約4分)に位置する「おおはま食事処」では、地元の新鮮な海の幸やバーべキュー料理が満喫できます。ほかにも、角島近辺には、海の幸やバーべキュー料理が楽しめるおすすめの食事処がたくさんあります。

Photo by kagawa_ymg

少し足を延ばして、角島から海岸線の絶景を楽しみながら下関方面へ向かい、川棚、温泉に立寄りながら名物の「瓦そば」を食べるのもおすすめの代替えプランです。

角島の海水浴場はバーべキューも楽しめる!

Photo by veroyama

角島大橋周辺の、人気海水浴場やキャンプ、海の幸、バーべキューなどを紹介してきました。角島の絶景の中で、海水浴やキャンプをしながら、新鮮な海の幸でバーべキューを楽しむのは格別なひとときが過ごせます。

夏場シーズン中は大変込み合いますので、開設期間や営業時間を確認しながら事前にプランを検討しましょう。角島地元の新鮮な海の幸を現地調達し、角島の海水浴場でバーべキューは最高です。

ki-no1229r
ライター

ki-no1229r

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング