青森のキャンプ場おすすめ17選!無料の場所や人気のコテージ・温泉も

青森のキャンプ場おすすめ17選!無料の場所や人気のコテージ・温泉も

青森県は八甲田の山々や十和田湖、奥入瀬渓流など、豊かな自然に囲まれています。そんな魅力たっぷりの青森には、自然を満喫できるキャンプ場がたくさんあります。そこで人気スポットやコテージ、温泉に入れるスポットや無料の場所など、青森のおすすめキャンプ場を紹介します。

記事の目次

  1. 1.青森のキャンプ場は今すぐ行きたくなる魅力スポット!
  2. 2.青森の子供が喜ぶスポットや温泉のあるキャンプ場3選
  3. 3.青森のコテージやバンガローのあるキャンプ場2選
  4. 4.青森の無料で泊まれる人気キャンプ場4選
  5. 5.青森の海が一望できるおすすめキャンプ場2選
  6. 6.青森の湖畔にある人気キャンプ場3選
  7. 7.青森のレンタルも行う人気キャンプ場3選
  8. 8.青森の自然を満喫できるキャンプ場へ行こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

青森のキャンプ場は今すぐ行きたくなる魅力スポット!

フリー写真素材ぱくたそ

本州北部に位置する青森県は、八甲田山や十和田湖、奥入瀬渓流など雄大な景色を楽しむことができるスポットがたくさんあります。

また青森県は火山帯に囲まれているため、全国的にも有名な温泉地が点在しています。そんな青森県には、自然を満喫できるキャンプ場がたくさんあります。

青森の子供が喜ぶスポットや温泉のあるキャンプ場3選

フリー写真素材ぱくたそ

自然に触れ合う時間を過ごすのがキャンプの醍醐味なのですが、そこに温泉や遊具施設があると、年齢を問わず家族みんなでキャンプを楽しむことができます。

酸ヶ湯キャンプ場

Photo byjmjbihoja

青森県青森市にある酸ヶ湯キャンプ場は、青森の名山・八甲田山を一望することができる人気のキャンプ場です。酸ヶ湯キャンプ場はブナ林に囲まれた標高900mの場所にあるため、夏でも涼しく過ごせます。

キャンプ場エリアはバリアフリーのオートサイトと固定サイトに分かれており、広い芝生サイトに炊事場が設置されています。周囲は木々に囲まれていますが、キャンプ場内は見通しがよく家族連れにもおすすめです。

Photo by prelude2000

また酸ヶ湯キャンプ場は、青森で人気の温泉・酸ヶ湯温泉にも近いです。中でも全国的に有名なひば千人風呂は、青森の名物温泉の1つです。

なお酸ヶ湯キャンプ場では日帰りキャンプも可能なので、青森の大自然の中で思いっきり体を動かした後、帰りに酸ヶ湯温泉名物のひば千人風呂に入るという楽しみ方もできます。

ちなみに酸ヶ湯温泉・ひば千人風呂は混浴風呂で、7時~21時まで利用ができます。混浴が苦手な人には、男女別となっている玉の湯がおすすめです。

住所 青森県青森市荒川南荒川山地内
電話番号 017-738-6566

小川原湖畔キャンプ場

Photo by12019

小川原湖を見ながらキャンプが楽しめる小川原湖畔キャンプ場は、キャンプ場エリア内に遊具施設やシャワー室があるため、子供と一緒にキャンプを楽しみたい人に人気があります。

キャンプ場がある小川原湖は青森の自然がぎっしりと詰まっている場所で、小川原湖を中心に多種多様な動植物が生息しています。そのため小川原湖は「日本の重要湿地500」にも指定されています。

さらに小川原湖沼の一部には、子供に人気のマリモが生息しています。汽水湖である小川原湖では、気水性マリモの仲間「ウィットロキエラ・サリナ」の生息が国内で初めて見つかった場所でもあります。

Photo byFree-Photos

そんな青森の豊かな自然を満喫できる小川原湖畔キャンプ場は、小川原湖に面した場所にキャンプ場サイトがあります。サイトの指定はできませんが、どの場所からでも小川原湖が見えます。

またキャンプ場サイトのすぐ近くには、日帰り温泉がある「やすらぎ荘」があります。やすらぎ荘は公営施設・市民の森公園の敷地内にあるため、キャンプ場宿泊客も1人160円で温泉に入れます。

遊具の広場

Photo by yutaka-f

小川原湖畔キャンプ場のキャンプサイト横には、子供たちに人気の「遊具の広場」があります。見通しの良い場所にあるので、安心して子供を遊ばせることができます。

ちなみに小川原湖畔キャンプ場がある小川原湖には、夏になると遊泳エリアが設置されます。遊泳エリア内は遠浅になっているので、小さな子供でも湖畔で水遊びができます。

住所 青森県三沢市大字三沢淋代平116-2949
電話番号 0176-59-2830

アクアグリーンビレッジ ANOM

アクアグリーンビレッジ ANOMがある西目屋村は、青森の世界自然遺産・白神山地の入口にあります。村の総面積の93%を占める林野のうち89%は国有林なので、青森の大自然が満喫できるキャンプ場として人気です。

手つかずの自然が残る白神山地には、珍しい動植物を観察することもできます。例えば紫色のかわいい花を咲かせるシラガミクワガタは、白神山地以外では見ることができない貴重な植物です。

森の中には国の天然記念物に指定されているクマゲラや、ブナの葉を食べる美しい蝶・フジミドリシジミの姿も見ることができます。そんなアクアグリーンビレッジ ANOMは、青森の自然を満喫できるおすすめのキャンプ場です。

暗門の湯

フリー写真素材ぱくたそ

アクアグリーンビレッジ ANOMは、キャンプ場だけでなく宿泊施設、レストラン、白神山地観光案内所などが敷地内にあります。これらの施設は、総合案内所であるセンターハウスを中心に点在しています。

「暗門の湯」もセンターハウス周辺にあり、アクアグリーンビレッジ ANOMキャンプ場宿泊者も利用ができる温泉施設です。大きくとられた窓からは白神山地の豊かな自然が見えるため、開放的な気分で温泉を楽しめます。

わんぱく砦

Photo by Kazutaka NAKANO

アクアグリーンビレッジ ANOMでは、山の斜面を利用した巨大なアスレチック施設「わんぱく砦」が子供たちに人気です。木のぬくもりが感じられる遊具にはすべり台や迷路などの仕掛けもあるため、子供たちは夢中になって遊びます。

またわんぱく砦の近くには釣り堀もあり、子供でも体験ができます。釣り堀では清流釣りの定番であるニジマスやイワナなどが釣れますし、釣った魚は炭火焼きで食べることもできるので子供に大人気です。

住所 青森県中津軽部西目屋村大字川原平大川添417
電話番号 0172-85-3021

青森のコテージやバンガローのあるキャンプ場2選

Photo byArtTower

好きな場所にテントを張って活動拠点を作るのもキャンプの醍醐味なのですが、トイレやキッチンなどが近くにないという不便さもあります。

特に小さなお子さんがいる場合、「トイレが暗いと怖がる」「調理場に連れていけない」などの不安もあります。そんな時のキャンプには、設備が整っているコテージやバンガローがおすすめです。

脇元海辺ふれあいゾーン バンガロー

Photo by kaidouminato

脇本海辺ふれあいゾーンバンガローがある地域は、かつてニシン漁が盛んだった漁村でした。ニシンの漁場が青森から北海道へと北上したことで衰退してしまいましたが、自然に恵まれた環境を生かした観光スポットとして生まれ変わりました。

脇本海辺ふれあいゾーンバンガローもこうして誕生した観光スポットの1つで、青森の自然を満喫できる人気のキャンプ場となっています。そんな人気キャンプ場の目玉が、ログハウス風のバンガローです。

脇本海辺ふれあいゾーンのコテージ・バンガローは、青森特産のヒバを贅沢に使用しています。そのため室内に入ると、ヒバの心地良い香りに一瞬で癒されます。

Photo by june29

また設備も充実しています。建物にはトイレがありますし、ミニキッチンや小型冷蔵庫も完備されています。そのため脇本海辺ふれあいゾーンのコテージ・バンガローの設備は、一般的なコテージとほぼ同じです。

ところが料金は1棟8000円とバンガロー並みに安いです。コテージ・バンガローの定員は4名ですが、4名以上の場合は追加料金で最大6名まで宿泊ができます。またコテージ・バンガローの日帰り利用も可能です。

このようにリーズナブルな料金でコテージのような贅沢な時間を過ごすことができるため、地元客の利用も多いです。

住所 青森県五所川原市脇本野脇
電話番号 0173-62-2775

鯵ヶ沢キャンピングパーク

Photo by_Alicja_

鰺ヶ沢キャンピングパークは、東京ドーム8個分の広さを誇る青森の人気キャンプ場です。キャンプ場は岩城山麓に囲まれた標高260m地点にあり、長平高原の大自然の中でアウトドアを楽しむことができます。

キャンプ場の宿泊施設には、テントサイト・バンガロー・ログハウスがあります。テントサイトは5月~10月の営業ですが、バンガローとログハウスは通年営業しています。

なお広大な敷地を誇る鰺ヶ沢キャンプパークでは、朝から夕方まで利用ができるドッグランもあるため、ペットと一緒にキャンプができる青森のキャンプ場としても人気です。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

バンガローはキャンプ場エリア内に40棟あります。木造のバンガローで、最大10名まで宿泊ができます。コテージではないのでトイレやキッチンはありませんが、近くに炊事場とトイレがあります。

またキャンプ場内にコインランドリー・コインシャワー・トイレがあるサニタリー棟が設置されており、24時間利用可能です。

Photo by alberth2

コテージのような快適さが希望ならば、ログハウスがおすすめです。木造2階建てのログハウスには、コテージと同じくトイレやお風呂、キッチン、冷蔵庫が完備されています。

もちろん炊飯器や調理器具もありますし、定員6名分の食器もそろっています。冬は暖房費として1棟1800円の追加料金がかかりますが、自然の中で非日常の時間を過ごす贅沢な体験ができます。

体験メニューもある

Photo bySalvatoreMonetti

鰺ヶ沢キャンピングパークには、5つの体験メニューがあります。キャンプの醍醐味であるアウトドア料理にチャレンジしたい人には、ダッチオーブンで作るパン作り体験や石窯で焼くピザ作り体験がおすすめです。

「キャンプの記念に何か手作りしたい」という人には、竹材を削って作る橋作り体験があります。あらかじめ準備されている竹材を削って作るだけなので、初心者でも1時間ほどで完成します。

なお大自然にあるキャンプ場でしかできないダイナミックな体験が希望であれば、木曳のこぎりを使った丸太切り体験や丸太コンロでのたき火体験がおすすめです。

住所 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字長平町甲音羽山65
電話番号 0173-72-1571

青森の無料で泊まれる人気キャンプ場4選

Photo by nidate

シーズンになると全国から多くのキャンパーがやってくる青森には、無料で利用ができる人気のキャンプ場がたくさんあります。ここでは特におすすめの無料キャンプ場を4ヶ所紹介します。

下湯ダム公園キャンプ場

Photo byBrahmsee

下湯ダム公園キャンプ場は、青森県内で無料で利用ができる人気のキャンプ場です。山の中にあるキャンプ場なので、雪が降っている間は利用ができませんが、それ以外はいつでも無料で利用ができます。

無料のキャンプ場ですが、炊事場やトイレはあります。炊事場は屋根付きとなっているので、突然の雨でも問題ありません。またトイレは水洗トイレなので、小さいお子さんでも利用できます。

Photo by neverbutterfly

残念ながらコインシャワーや入浴施設はありませんが、キャンプ場がある下湯ダムはかつて人気の温泉地だったため、ダムの周辺には今でも温泉があります。

なお下湯ダム公園キャンプ場の近くには、無料で入浴ができるタヌキの湯があります。温泉にたどり着くまでの道のりは少々大変ですが、苦労してたどり着いた温泉のお湯は格別です。

住所 青森県青森市大字荒川字横倉
電話番号 017-739-3811

遊仙公園キャンプ場

Photo by Hiroyuki Tsuruno

遊仙公園キャンプ場は、小泊ダムの下流にある無料のキャンプ場です。青森のキャンプ場の中では小規模なキャンプ場に分類されますが、「きれいで使いやすい無料キャンプ場」と地元・青森で人気です。

きれいに掃除がされているトイレは水洗式で、室内は自然光を取り入れているため明るいです。また無料で利用ができる炊事場も、屋根がついています。

なお青森・遊仙公園キャンプ場は、キャンプ場エリアに車は入れません。近くに公園駐車場があるので、キャンプ場利用の場合は公園駐車場に車を停めて徒歩で移動となります。

住所 青森県北津軽郡中泊町大字小泊
電話番号

月見野森林公園

Photo byStockSnap

月見野森林公園は、無料でキャンプが楽しめるおすすめスポットです。5350平方メートルの敷地を誇る月見野森林公園は青森市内からアクセスしやすい場所にあるため、青森市内からの利用者も多いキャンプ場です。

公園内には6つの林間歩道があり、青森の自然を身近に感じることができます。また広い林間広場ではバーベキューもできるため、日帰りキャンプ場としてもおすすめです。

なお月見野森林公園では、テントの無料貸し出しもあります。ただし予約制となっているので、無料テントを利用したい場合は公園管理事務所にお問い合わせください。

住所 青森県青森市大字駒込深沢
電話番号 017-743-5226

清水目ダム オートキャンプ場

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

清水目ダム公園にある清水目ダムオートキャンプ場は、山菜採りやきのこ狩り、釣り、トレッキングなどが楽しみたい人におすすめの無料キャンプ場です。

キャンプ場エリアはフリーサイトとオートサイトに分かれており、どちらも無料で利用することができます。サイト内は手入れされた芝生がひろがっているため、テント設営も楽にできます。

Photo byktphotography

キャンプ場内には管理等のほかに炊事場・水洗トイレ・駐車場があり、いずれの施設もきれいに整備されています。

コインシャワーや入浴施設はありませんが、七戸町役場の近くに「ふくろうの湯」があります。ふくろうの湯は大人310円で利用できるだけでなく、サウナ・家族風呂・子供風呂などもあるおすすめの温泉です。

住所 青森県上北郡東北蝶字塞ノ神1-15
電話番号 0176-56-4148

青森の海が一望できるおすすめキャンプ場2選

Photo byStevebidmead

日本海に面している青森県は、海を一望することができるキャンプ場もあります。そんな海が見えるキャンプ場では、緑に囲まれた山のキャンプ場では味わえない絶景が楽しめます。

高野崎キャンプ場

Photo byYHBae

青森を代表する景勝地・高野崎にある高野崎キャンプ場は、絶景を眺めながらアウトドアを楽しむことができるおすすめのキャンプ場です。

高野崎は青森の観光スポットでもあるので、キャンプ場エリアの近くには青森名物の焼きイカや青森の特産品の販売店、レストラン、展望台などがあります。

Photo byYassine_Noamani

キャンプ場は4月下旬~9月30日までの営業ですが、予約なしの無料で利用できます。さらに6月~9月は、キャンプ場内にある温水コインシャワーの利用が可能です。

なおキャンプ場サイトは海岸沿いにあるため、イカ漁のシーズンにはキャンプ場から幻想的なイカ漁の漁火を眺めることができます。

住所 青森県東津軽郡今別町大字袰月
電話番号 0174-35-3005

行合崎キャンプ場

Photo byAldebaranTM

日本海が目の前に広がる行合崎キャンプ場は、青森の海を満喫できるおすすめのキャンプ場です。海岸沿いにテントサイトがあるため、どの場所からでも絶景の日本海が見えます。

また岬の周辺には271種の植物が生息しており、中でも6月に開花時期を迎えるニッコウキスゲの大群落は圧巻の美しさです。そのため行合崎キャンプ場は、デートやレジャーにも人気があります。

行合崎キャンプ場は通年営業で、7月中旬~8月の有料期間以外は無料で利用ができます。なお有料期間中も、駐車場の利用は無料です。

住所 青森県西津軽郡深浦町大字広戸家野上
電話番号 0173-75-2811

青森の湖畔にある人気キャンプ場3選

Photo byKanenori

青森県には、景勝地としても有名な十和田湖をはじめ美しい湖がたくさんあります。そんな湖畔のそばにも、青森の自然を満喫できるキャンプ場があります。

わかさぎ公園浜台キャンプ場

Photo by12019

わかさぎ公園浜台キャンプ場は、小川原湖の湖畔にあるキャンプ場です。キャンプ場エリアには、オートキャンプサイトや多目的広場、炊事場、トイレがあります。

またキャンプ場には湖水浴場もあります。監視員がいる湖水浴場なので、小さな子供でも安心して水遊びさせることができます。

なおキャンプ場があるわかさぎ公園では、小川原湖でのカヌーやヨットなどの体験メニューも人気があります。

住所 青森県上北郡東北町沼添左ノ平1-22
電話番号 0175-62-2581

十和田市営宇樽部キャンプ場

Photo by Katsujiro Maekawa

十和田市営宇樽部キャンプ場は、十和田市にある東湖湖畔にあるキャンプ場です。東湖は御倉半島の付け根に位置しており、晴れた日には青森の霊峰・八甲田の山並みを眺めることができます。

キャンプ場エリアにはフリーキャンプサイト・オートキャンプサイト・コテージがあり、車だけでなくバイクの入場も可能です。

Photo bybhossfeld

キャンプ場を利用する際には、キャンプサイト使用料とは別に入場料(1人310円)がかかります。なお利用するキャンプサイトの区分によって使用料はかわりますが、フリーキャンプサイトであればテント1張り210円です。

そのため十和田市営宇樽部キャンプ場は、長期滞在でゆっくり青森の自然を楽しみたい人やリーズナブルにキャンプを楽しみたい人に人気があります。

フリー写真素材ぱくたそ

なお十和田市営宇樽部キャンプ場は、青森の人気観光地・奥入瀬渓流に最も近いキャンプ場となっているため、奥入瀬渓流と青森の自然を満喫できるコテージも人気です。

ちなみにコテージの宿泊料はコテージ1棟あたり1万4140円ですので、家族やグループで利用すれば青森県内のリゾートホテルよりもリーズナブルに宿泊できます。

住所 青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔字樽部
電話番号 0176-75-2477

十和田湖生生出キャンプ場(とわだこおいで)

Photo by khf_fjs

青森を代表する景勝地・十和田湖の湖畔にあるのが、十和田湖生出(おいで)キャンプ場です。十和田湖生出キャンプ場には、青森にある一般的なキャンプ場としては珍しい電源付きのオートキャンプサイトがあります。

十和田湖の美しい景色を楽しみたい人におすすめなのが、国道103号側にある固定サイトです。固定サイトは十和田湖の湖畔に沿って広がっているため、テントから移り変わる十和田湖の景色を眺めることができます。

Photo by hildgrim

十和田生出キャンプ場には穴場スポットがあります。それが「芝生サイト」です。芝生サイトは駐車場の脇にもありますが、おすすめは十和田湖から最も離れた場所にある芝生サイトです。

この場所は、十和田湖からは遠いのですが、すぐ横にキャンプファイヤーサイトがあります。そのため研修旅行やサークル仲間など、大人数でキャンプをするときにおすすめです。

住所 青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
電話番号 0176-75-2368

青森のレンタルも行う人気キャンプ場3選

Photo by imgdive

キャンプをするにはキャンプ用品の準備が必要なのですが、すべて買いそろえるとなると大変な出費になります。そんな時におすすめなのが、レンタル用品が充実しているキャンプ場です。

三沢オートキャンプ場

Photo byJillWellington

青森のキャンプ場でレンタル用品が充実していると人気なのが、青森県三沢市にある三沢オートキャンプ場です。オートキャンプ専門のキャンプ場なので、電源付きのテントサイトもあります。

気になるレンタル用品には定番のテントから自転車、ガスコンロなどはもちろん、寝袋(大・小あり)、エアーマット、スクリーンタープ、リフトチェアーなどキャンプ用品のほぼすべてがそろっています。

しかも三沢オートキャンプ場では、お得な「お好みキャンプ用品」というメニューがあります。テントのような定番用品を除く計17品目から好きな5品目を選ぶメニューで、レンタル料金は1泊5000円です。

Photo by ajari

例えばスクリーンタープ(4000円)、三つ折りテーブル(2000円)、リフトチェア2脚セット(500円)、寝袋大(1500円)、寝袋小(1000円)を単品でレンタルすると、合計9000円になります。

同じ内容を「お好みキャンプ用品」でレンタルすると料金は5000円ですから、単品レンタルよりも4000円お得になります。そのため三沢オートキャンプ場は、キャンプ用品を安くレンタルしたい人におすすめです。

住所 青森県三沢市大字三沢字早稲田261-4
電話番号 0176-59-3311

夜越山オートキャンプ場

Photo bypixel2013

青森県平内町にある夜越山オートキャンプ場は、夜越山森林公園の中にあるキャンプ場です。広大なキャンプ場エリアには全部で80サイトあり、1サイトあたり100平方メートルもあります。

キャンプサイトの種別はキャンピングカーサイト・電源サイト・標準サイト(電源なし)の3種類あり、いずれも日帰りOKです。

レンタル用品はセンターハウスで受け付けており、テントやバーベキューコンロなどの定番用品からマウンテンバイクなどのレジャー用品まであります。

住所 青森県東津軽郡平内町大字浜子字掘替36-1
電話番号 017-755-5812

名川チェリリン村オートキャンプ場 

Photo byjackmac34

青森県南部町にある名川チェリリン村オートキャンプ場は、三角屋根が人気のツリーハウスが人気のオートキャンプ場です。定員4名のツリーハウスは4320円でレンタルすることができるため、女性や子供に人気です。

もちろん一般的なテントのレンタルも行っています。名川チェリリン村のレンタルテントは定員6名タイプとなっており、1泊1080円とかなりリーズナブルです。

またコンロも大・小サイズがあり、大コンロは1080円、小コンロは540円でレンタルできます。ほかにも鉄板や網もそれぞれ大・小サイズが準備されているため、新品を購入するよりもお得です。

スポーツ施設もある

Photo by12019

名川チェリリン村オートキャンプ場は、テニスコート・グランドゴルフ場・野球場などのスポーツ施設がある名川チェリリン村の中にあります。そのためキャンプ場滞在中は、村内のスポーツ施設で汗を流すこともできます。

なおテニスラケットやグランドゴルフクラブは、名川チェリリン村総合案内所でレンタル(有料)することができます。

住所 青森県南部町大字上名久井字大渋民山地内
電話番号 0178-76-2471

青森の自然を満喫できるキャンプ場へ行こう!

Photo byBen_Frieden

山や海に囲まれた青森のキャンプ場は、時間を忘れて自然に触れ合うことができるおすすめスポットがたくさんあります。

そんな青森のキャンプ場は、施設によって営業期間が違うのが特徴です。そのため夏季限定営業のキャンプ場もあれば通年営業しているキャンプ場もあるので、目的や用途に合わせてキャンプ場を選ぶことができます。

また青森には天然温泉やスポーツ施設、絶景スポットがあるキャンプ場もあります。そんな魅力たっぷりのキャンプ場で、青森の自然を満喫してみませんか?

akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング