三重のラーメンおすすめ21選!いつも行列ができる人気の名店はどこ?

三重のラーメンおすすめ21選!いつも行列ができる人気の名店はどこ?

三重県は観光スポットとして人気があり、観光客で賑わっています。三重にラーメンという印象はあまりありませんが、美味しいラーメン屋が多いです。海が近い事もあり、三重県のラーメンには魚介を活かしたものも期待できます。そんな三重の美味しいラーメン店を紹介して行きます。

記事の目次

  1. 1.三重県の絶品ラーメンを堪能しよう!
  2. 2.三重県のご当地ラーメン「亀山ラーメン」
  3. 3.「三重県・ラーメン」行列のできる名店・5選
  4. 4.「三重県・ラーメン」こってり系のおすすめ店・4選
  5. 5.「三重県・ラーメン」あっさり系のおすすめ店・4選
  6. 6.「三重県・ラーメン」人気のつけ麺店・4選
  7. 7.「三重県・ラーメン」おすすめ亀山ラーメン店・4選
  8. 8.人生に一度は食べて欲しい三重県のラーメン

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

三重県の絶品ラーメンを堪能しよう!

Photo bykentoshima1984

三重には楽しめるスポットが多くあります。例えば有名な神社や御在所岳などの自然が楽しめる観光スポットはもちろんのこと、志摩スペイン村などのテーマパークや鳥羽水族館などがあり、家族や友人、恋人と楽しめる場所です。

そんな三重は観光やレジャーだけでなく、グルメも楽しめます。三重グルメと言えば津ぎょうざ、とんてき、伊勢うどん、松坂牛やはまぐり料理、赤福など数えきれないぐらい挙げられます。まさにグルメの聖地と言える場所です。

グルメ県三重はラーメンだって美味しい

Photo byp750010

そんなレジャーや観光、グルメと楽しみが盛りだくさんな三重ですが、今回は三重グルメの中でもラーメンにスポットを当てて紹介して行きます。ラーメンは今や国民食と呼ばれる程に皆大好きな料理です。シンプルながら色々な種類があって食べ飽きません。

シンプルな料理ですが、店ごとのオリジナリティを出しやすい料理でもあり、日々進化を続けるラーメンですが、三重のラーメンには三重のラーメンの良さや特徴があります。

フリー写真素材ぱくたそ

例えば三重では美味しい魚介類が有名です。魚介だしを利かせた三重ならではのラーメンもあり、土地ごとの色を感じられます。

それでは、三重にあるおすすめの人気ラーメン店を紹介して行きます。どのお店も行列が出来るような名店ですし、作り手の人生を賭けた一杯を楽しめます。それでは早速ご当地ラーメンから紹介して行きましょう。

三重県のご当地ラーメン「亀山ラーメン」

Photo by ume-y

三重の亀山市には、亀山ラーメンというご当地ラーメンが存在しています。歴史はまだ新しく、亀山市の商工会議所と三重県が企画を起こし、市内の亀山ラーメン会が開発に協力したものです。

地元の方から観光客やラーメン好きにまで人気のあるご当地ラーメンですが、亀山市内で作れば亀山ラーメンを名乗れるわけではありません。亀山ラーメンと名乗るにはいくつかの条件を満たさなければいけません。

牛骨エキスに赤・味噌・麦の3種の味噌スープ

フリー写真素材ぱくたそ

まず牛骨スープをベースに、赤味噌、豆味噌、麦味噌の3種類の味噌を合わせたものを加えた、「牛骨味噌スープ」である事が条件のひとつです。旨みの中に味噌の濃厚さがプラスされた特徴のあるスープになります。

麺は三重県産小麦「ニシノカオリ」

フリー写真素材ぱくたそ

麺は三重県産の小麦を使います。「伊勢うどん」で知られている三重のうどん文化を支えて来た良質な小麦「ニシノカオリ」を使った太麺である事がもう一つの条件です。太麺が濃厚なスープに良く絡み、食べ応えがあります。

ヒラタケ・ハタケシメジ・ハナビラタケ

Photo byevita-ochel

三重県では様々な農産物がありますが、その中でもきのこの生産が盛んです。その中でもちょっと珍しい「ヒラタケ」、「ハタケノシメジ」、「ハナビラタケ」を具材として使用するのが最後の条件です。

三重県の名産を使いつつ、全てがバランスよく絡み合うように工夫されたラーメンこそ、三重自慢のご当地ラーメン「亀山ラーメン」です。三重でラーメンを食べるなら、まずは「亀山ラーメン」を味わうのがおすすめです。

「ご当地ラーメングランプリ2013」でグランプリに

Photo byQuinceMedia

亀山商工会議所が中心となり、ラーメン屋や道の駅、食堂、ゴルフクラブなど、ラーメンを提供している様々なお店によって結成された「世界を目指せ!亀山ラーメン会」は、「ご当地ラーメングランプリ2013」をきっかけに誕生しました。

三重県亀山市には有名なご当地グルメ「亀山みそ焼きうどん」がありますが、これまで三重全体を見てもまだ「ご当地ラーメン」と呼べるものは存在していませんでしが、三重の新しい名物にしようと沢山のサポーターから指示を集めました。

Photo byTerriAnneAllen

その熱意が実り、見事「ご当地ラーメングランプリ2013」で優勝を果たします。当時の三重県の知事も喜びと三重のご当地ラーメンの誕生を喜ぶコメントを寄せました。

また「世界を目指せ!亀山ラーメン会」の面々も、「亀山ラーメン」はまだ生まれたばかりであり、これからの更なる進化を目指したいと、これからの意気込みを語りました。

様々な努力と、関わった人たちの人生を賭けたご当地ラーメンとも言えます。これからの成長が楽しみなラーメンです。

「三重県・ラーメン」行列のできる名店・5選

Photo by yoppy

それでは、三重県にある行列の出来るラーメン屋を紹介して行きます。行列のできる名店はたくさんありますが、中でもおすすめのラーメン店を5軒ピックアップしました。どのお店も人生で一度は訪れたいお店ばかりなので、是非訪れてみて下さい。

「熊猫飯店」

Photo by ayumew

四日市市にある「熊猫飯店」は、担々麺が看板メニューの人気店です。横浜中華街にある四川料理店などで修業を積んだ店主が自慢の腕を振るいます。

辛さも選べるので、辛い物が苦手な方でも安心して楽しめます。15時までに入店すればご飯付きでおかわりも無料という嬉しいサービスがあります。

夕方以降にはギョーザやエビチリなどの中華料理の逸品メニューの他、日替わりメニューも用意されているので、何度でも訪れたくなりますし飽きの来ない名店です。

フリー写真素材ぱくたそ

営業時間は月曜日から金曜日の11時30から15時まで、夜は18時から22時までです。土日祝の営業時間は11時30分から15時まで、夜は17時から22時までの営業です。

ちなみに日曜日はランチタイムの営業はしていないので注意して下さい。定休日は水曜日と日曜日の昼ですが、変更ありなので、訪れる際には電話で問い合わせるのをおすすめします。

住所 三重県四日市市芝田1-5-8芝田コーポラス北1
電話 059-356-5053

「一蘭」

Photo by KeroroTW

「一蘭」は、四日市市にあるとんこつラーメン専門店です。チェーン展開しており、日本国内に留まらずアメリカ、香港、台湾と世界にも進出している人気店です。

様々なこだわりがラーメンに込められていますが、最たるものがその温度管理の徹底です。例えば冷えたチャーシューを入れない、ネギのトッピングは最後にするなどの気遣いがなされています。

またカウンター席には仕切りがあり、隣の人を気にせず目の前のラーメンに没頭出来るようにしてあるので、一人で行きたいけど周りや隣に座った人が気になる方にはおすすめです。

Photo byannca

定休日は無いので、いつでも立ち寄れるのが嬉しいポイントです。営業時間は日曜日から木曜日と祝日は10時から24時まで、金曜日と土曜日と祝前日は10時から翌2時までの営業です。

住所 三重県四日市市三ツ谷町5-30
電話 059-332-1105

「麵や 青雲志」

フリー写真素材ぱくたそ

JR名松線 権現前駅から程近い立地にある「麺や 青雲志」は、三重県のラーメン店の中でも屈指の人気を誇る名店です。開店前に訪れても既に行列が出来ている事も珍しくないお店です。一時間待ちはザラなので、早めに訪れるのがおすすめです。

特に人気のある一杯は「特製海老潮らぁ麺」(900円)で、甲殻類の風味が薫る上品な一杯です。旨みが絡み合いつつも臭みやくどさは全くなく、年齢や性別を選ばない味わいです。

麺はツルツルな食感が楽しい中細のストレート麺で、自慢のスープと良く絡み、クセになってしまいます。名店の名に恥じない素晴らしいラーメンです。

Photo bynile

営業時間は11時から13時という短い時間で、しかも売り切れ次第終了してしまいます。早めの来店がおすすめです。

定休日は火、水、金、日曜日です。権現前駅から527m程の位置にありますので、徒歩なら権現前駅からのアクセスが便利です。

住所 三重県松阪市嬉野権現前町神北405-14
電話 非公開

「らーめん工房 にこにこ屋」

Photo byPexels

ラーメンも美味しいですが、まずは店内の綺麗さに目を引かれます。狭いカウンターだけの店内を想像する店構えですが、中に入ると意外と広々としており、テーブル席もあるので家族連れでも気軽に入れます。

ラーメンが国民食になるにつれ、味にこだわった結果一杯あたりの価格が上がっている昨今ですが、こちらでは美味しいラーメンをリーズナブルに楽しめます。

一番安価な中華そばは550円で、1000円を超えるラーメンはありません。他にも醤油、味噌、塩、五目そばなど一通り揃っており、どれも美味しいと評判の名店です。

Photo bygeralt

営業時間は11時から14時と、17時から20時です。定休日は水曜日で、土日も営業しているのはありがたいです。

JR高茶屋駅から471mほどなので、車が無い場合や観光で訪れるなら電車でのアクセスがおすすめです。

住所 三重県津市雲出本郷町1662-1
電話 059-235-4141

「らぁめん登里勝」

フリー写真素材ぱくたそ

黒い看板が目立つ古風な作りが目印の「らぁめん登里勝(とりかつ)」は、一歩店内に足を踏み入れると、まるでお寿司屋さんの様な内装が目に飛び込んで来ます。それもそのはず、「らぁめん登里勝」は元々お寿司屋さんだったのです。

店主は三代続く寿司職人で、元は地元の人達に愛されたお寿司屋さんを営業していました。しかし、あるラーメン屋さんで食べたラーメンに衝撃を受け、とっつきにくい寿司に比べ、誰でも受け入れてくれるラーメンという文化に感銘を受けます。

フリー写真素材ぱくたそ

一杯のどんぶりで世界観を表現するラーメン作りにハマり、昼は寿司、夜はラーメンという形態で営業していましたが、遂には頭の中がラーメンでいっぱいになってしまい、ラーメン屋へと切り替える事になりました。

店主の人生が詰まった一杯と、もちろん自慢のいなり寿司などもメニューに並びます。上品な味のラーメンからこってり背油系までカバーしており、上品な煮干しの旨みが駆け抜けます。

Photo byMonoar

月、木、金、土、日曜日は11時30分から14時まで、夜は18時から21時まで営業しています。火曜日はお昼のみの営業です。スープが切れ次第終了なので、早めの来店がおすすめです。

住所 三重県桑名市京町39
電話 0594-22-1101

「三重県・ラーメン」こってり系のおすすめ店・4選

Photo by ryumu

こってり味のラーメンはどうしてもクセになってしまいます。ですが、満足感が高いので、男性を中心に最近では女性にも人気があります。人生で一度は食べたい名店を4軒ピックアップしました。

「御麺 麦 一等兵 津駅前店」

Photo byPublicDomainPictures

赤を基調にした外観が目印の「御麺 麦 一等兵(おんめん ばく いっといへい)津駅前店」は、夜遅くまで営業している事から、シメのラーメンを求めて行列が出来る人気の名店です。

11時から翌1時30分まで、休憩なしで営業しており、ふらっと立ち寄れる事も人気の理由の一つです。鶏がらスープとかえし醤油の独特な風味が効いた一杯はするすると食べやすいです。

「御麺 麦 一等兵」では、ラーメンだけでなくサイドメニューも美味しいと人気があります。チャーシューの煮汁を使った黒チャーハンも訪れたなら是非食べたい一品です。

Photo byHans

また元は給食のメニューから始まり、いろいろな人の努力を経て今やご当地メニューとして名高い「津ぎょうざ」も楽しめます。揚げ餃子の中にはジューシーな具がたっぷり入っており、ビールに合うおつまみです。

「すみれ」

Photo bycongerdesign

国道23号線沿いにある「有機栽培野菜のらーめん すみれ 津本店」は、店名の通り有機栽培にこだわった野菜を使用したラーメンを提供している人気店です。なんと野菜だけではなく、お米も自家栽培しています。

1番人気があるメニューは、「新・味噌Ⅱ」というラーメンです。白味噌と赤味噌を絶妙にブレンドした豚骨ベースに、唐辛子と粉チーズが何とも言えないアクセントになっており、味噌とチーズのコクを感じられます。

Photo by amika_san

「しょう油ラーメン」のチャーシュー全部のせも人気で、チャーシューで中身が見えなくなってしまう程です。ですが薄切りチャーシューなのでさらっと食べられます。もちろん厚切りチャーシューもあるのでそちらをトッピングするのもおすすめです。

定休日は月曜日です。JR高茶屋駅から徒歩18分と、駅からはちょっと遠めなので、地元の方ならば自転車や車でのアクセスが便利です。

住所 三重県津市雲出本郷町556-1
電話 059-234-7886

「ラーメン 天風」

フリー写真素材ぱくたそ

「ラーメン 天風」は、「天理スタミナラーメン」が食べられるお店です。紹介する長島店以外にもいくつかチェーン店があります。お昼時には行列も出来る程人気があります。

おすすめはもちろん「スタミナラーメン」です。ニンニクと唐辛子がガツンと効いていながら、入っている白菜の甘みが溶け出し、辛いながらも旨みと甘みを感じる一杯です。

近頃ラーメン一杯の価格が高くなっている昨今ですが、「中華そば」なら480円から食べられるリーズナブルさも人気の理由の一つです。

Photo byannca

11時から24時まで間の休みなく営業しています。年中無休なのも嬉しいポイントです。遅くまで営業している事と年中無休なのはチェーン店ならではの強みと言えます。

住所 三重県桑名市長島町又木240-2
電話 0594-42-1590

「おいらのらーめん ピノキオ」

Photo byjackmac34

何とも手作り感溢れるのれんが目印の「おいらのらーめん ピノキオ」は、京都にある超有名店「俺のラーメン あっぱれ屋」で修業を積んだ店主が自慢の腕を振るう人気店です。お昼時には行列も出来る程です。

おすすめは限定20食のドリームつけ麺です。人気店の看板メニューなので早めに来店するのをおすすめします。麺の量も3玉までなら同じお値段ですし、一番小さいサイズでめんまなどのトッピングがサービスされます。

塩とんこつ魚介ラーメン専門とあって、味は間違いありません。こってりとしながら塩のあっさり、魚介の旨みが見え隠れする味わい深い一杯に、店主のこれまでの修行人生が見えるようです。

Photo byBru-nO

最寄り駅は東松阪駅で、お店までは755m程度です。水曜日と第1・第3木曜日は定休日になっています。

営業時間は11時から14時と少々短めです。毎日昼のみの営業なので、食べたい方は是非早めに来店して下さい。

住所 三重県松坂市垣鼻町
電話 非公開

「三重県・ラーメン」あっさり系のおすすめ店・4選

Photo by rhosoi

ラーメンは好きだけど、最近脂っこいものが応えるようになった方や、元々こってりラーメンは苦手な方も居ると思います。そんな方にもおすすめ出来る名店を4軒ピックアップしました。

あっさりだからこそ、スープの中の旨みがはっきりと感じられます。ラーメン巡りに疲れた時には人生で一度は食べたいあっさり系ラーメンで一息入れましょう。

「鉢ノ葦葉」

フリー写真素材ぱくたそ

「鉢ノ葦葉(はちのあしは)」は、国産小麦を使った自家製麺とあっさり和風スープが自慢の名店です。雑誌やTVに取り上げられる事も多い人気店なので、訪れる時は行列を覚悟した方がいいです。

普段からあるレギュラーメニューだけではなく、期間限定メニューや数量限定メニュー等も揃っているので、何度訪れても飽きないように工夫されています。

自らも「ラーメンに人生を賭けている」と語る店主が作るラーメンはどれも美味しいですが、特に塩味がおすすめです。あっさりとした魚介だしが感じられ、具材とのバランスが絶妙な一杯です。

Photo byYummymoon

定休日は月曜日ですが、月曜日が祝日の場合は営業しています。その代わり翌日が休みになるので注意して下さい。

近鉄四日市駅の西口から徒歩10分程で到着します。ちなみにあすなろう四日市駅からも596m程なので、どちらの駅からでもアクセスはしやすいです。

店名 三重県四日市市城北町1-12 ル・グラン 1F
電話 059-351-5227

「麺屋aurum」

フリー写真素材ぱくたそ

「麺屋aurum(おーらむ)」は、ラーメン屋には見えない外観のおしゃれな名店です。モノトーンでまとめられた外装と内装は知らなければ通り過ぎてしまいそうになるので注意して下さい。

時には行列も出来る人気店なのですが、駐車場が5台のみなので近くなら歩きの方がおすすめです。そしてラーメンには店主の人生と人柄が感じられます。

Photo byderneuemann

メニューは塩と醤油のみで、お腹一杯食べたいのなら全部乗せや麺の大盛りも可能で、チャーシューは蕩けるような柔らかさ、スープには魚介の風味が溶け込んでおり、とろみを感じます。女性にもおすすめな名店です。

定休日は水曜日で、アクセスは西日野駅からが便利です。夜も21時30分まで営業しているので助かります。

住所 三重県四日市市西日野町606-7
電話 非公開

「いたろう」

Photo bycegoh

「いたろう」では、津ぎょうざが有名ですが、もちろんラーメンも人気があります。麺にも人生をかけていると言わんばかりに、36時間寝かせた麺しか使わないというこだわりっぷりです。

ラーメンは醤油の深いコクと香りの中に背油の風味が加わって、あっさりしているけども物足りなさは感じません。自慢の熟成麺はツルツルと食べやすいですが、噛めばコシをしっかりと感じます。

ユニークなイラストが描かれたオレンジの看板が目印で、ラーメンや名物の津ぎょうざを求めて行列を作るので、早めに来店した方が良いです。

Photo byJESHOOTS-com

定休日は月・日曜日ですが、臨時休業もあるので事前に電話で確認するのもおすすめです。アクセスは津新町駅からがおすすめで、徒歩7分程の位置にあります。

住所 三重県津市丸之内4-20
電話 059-223-1600

「北庄」

Photo by [puamelia]

「北庄(ほくしょう)」では、新鮮な海鮮料理と家庭的なラーメンを楽しめるお店です。元々は宿屋だった過去があり、今は地元で人気のお食事処として、ご飯時には行列も出来る程です。

新鮮なお刺身が美味しいお店ですが、ラーメンも塩・醤油・カレーと揃っており、特に塩ラーメンがおすすめです。トッピングはシンプルで、塩の旨みについついスープを飲み干してしまいます。

「北庄」にはお刺身好きはもちろんですが、ラーメン好きなら一度は訪れるお店です。ラーメン人生を謳歌するなら「北庄」は外せないお店です。

Photo byFelixMittermeier

大泊駅の出口から徒歩2分という好立地が嬉しいです。営業時間は11時から13時30分まで、夜は17時から21時までです。定休日は月・火曜日です。

住所 三重県熊野市大泊町80
電話 0597-89-5018

「三重県・ラーメン」人気のつけ麺店・4選

フリー写真素材ぱくたそ

つけ麺は、麺とスープが別々になっており、そうめんやざるそばの様なスタイルで食べるラーメンの新しい形で、日々進化を続けています。

麺へのこだわりや、店主のラーメンにかける人生が垣間見れるスープ、各店の創意工夫が問われるラーメンです。そんなつけ麺の名店を4軒ピックアップしました。

「ヒャクブンノイチ」

Photo byRobert-Owen-Wahl

大きく1/100と書かれた看板が目印の「ヒャクブンノイチ」さんは、普通のラーメンも売っていますが、おすすめはもちろんつけ麺です。

一番人気のメニューは「濃厚魚介つけ麺」で、濃厚なスープには魚介の風味が溶け込んでおり、そのスープがよく絡むように工夫された自慢の麺との相性は抜群です。

Photo byStockSnap

定休日は火曜日で、お昼は11時から15時まで、夜は18時から23時まで営業しています。鼓ケ浦駅から徒歩5分という好立地なので、徒歩での来店でも安心です。

住所 三重県鈴鹿市寺家町1536-1
電話 080-5824-7439

「麺屋 そにどり」

Photo by12019

「そにどり」とは、カワセミの昔の呼び方です。翡翠色からいつか深みのある緑になっていけるようにという店主の願いが込められています。店主のラーメンにかけた人生が垣間見れる店名です。

普通のラーメンもおすすめ出来る名店ですが、中でもつけ麺はクセになる味わいが特徴です。魚介系出汁を使うお店ですが、つけ麺のつゆは昔懐かしい少し酸っぱいタイプで、箸が止まりません。

お洒落で和風な外観が特徴のお店で、食事時には行列が出来る事もあるので、早めの来店をおすすめします。

フリー写真素材ぱくたそ

営業時間は11時から15時、夜は18時から21時まで営業しています。ただし月曜日は昼のみの営業なので注意して下さい。

河原町駅より徒歩10分程の立地にあるので、観光で三重に訪れたnならば電車でのアクセスがおすすめです。

住所 三重県四日市市堀木2-10-20
電話 059-336-6347

「若葉」

Photo byGLady

「若葉」は、「煮干しそば」、「白湯そば」、「つけそば」の3種類のみを売り出しているシンプルなお店です。店主は大阪の名店で修業した過去があり、いつも行列を作っています。

どのラーメンも美味しいですが、「つけそば」が特に人気があります。盛り付けが素晴らしく、何とも食欲をそそります。綺麗に並べられたチャーシューも5枚程あり、太っ腹です。

甘みと旨みを感じる濃厚なつけ汁に、弾力のある麺がよく絡みます。麺は極太のストレート麺で、女性ならこれだけでかなりお腹一杯になります。

Photo byFree-Photos

アクセスは上野市駅から189m程ですので、迷う事は無さそうです。火曜・祝日は定休日なので注意して下さい。

平日は11時から14時まで、夜は19時から21時までの営業しており、土・日曜は11時から14時30分までのランチ営業のみです。

住所 三重県伊賀市上野丸之内126-1
電話 非公開

「也」

Photo byRoyBuri

「也」では、豚骨醤油とみそ、つけ麺が楽しめるお店です。豚骨ベースのスープは臭みも無く、するすると飲める美味しさです。食事時には行列覚悟で訪れて下さい。

そしてイチオシのつけ麺ですが、匂いから美味しさが伝わる白いスープと、見た目にツルモチ感が伝わる麺が魅力です。奥深いコクのあるスープにモチっとした麺がクセになります。

間違いのない名店なので、何度も訪れて他のメニューも制覇したくなります。人生で一度は味わいたいラーメンです。

Photo byJESHOOTS-com

アクセスはちょっと不便で、最寄り駅の川合高岡駅から2.4㎞程ありますので、徒歩で行けない事はありませんが、車か自転車で訪れるのがおすすめです。

営業時間は月曜日から金曜日の11時から17時で、土曜・日曜・祝日はお休みなので、休みを利用して三重に訪れる人は注意して下さい。

住所 三重県津市庄田町2424
電話 059-256-4855

「三重県・ラーメン」おすすめ亀山ラーメン店・4選

Photo by NanakoT

最後は美味しい「亀山ラーメン」の名店を紹介して行きます。ラーメン人生で一度は食べておきたい三重のご当地ラーメンが美味しいお店を4軒ピックアップしました。

「白熊ラーメン 亀山本店」

Photo by "KIUKO"

「白熊ラーメン 亀山本店」では、様々な種類のラーメンが食べられます。行列が出来る名店で、四日市市にも店舗がある程です。

メニューを眺めるとユニークなメニュー名に目がとまります。特製煮干しスープのラーメンを「バトル」と称したり、カレースープのラーメンを「雪ん子ラーメン」と称したりとちょっと変わっています。

名物かつ人気があるのが「白熊ラーメン」で、上品な白味噌の味が口の中に広がり、甘みのあるまろやかさが鼻を抜けて行きます。

「うえだ食堂」

Photo by Zanpei

「うえだ食堂」は、昔から愛されている定食屋です。地元の人も多く訪れ行列を作っています。亀山市発のB級グルメ「味噌焼きうどん」も楽しめます。

ですがもちろん「亀山ラーメン」がおすすめです。見た目からして鮮やかな赤が目につきます。一口スープを飲むと濃厚な味噌の味わいが口の中を駆け抜けて行きます。

味噌ラーメンには中太麺を合わせる事が多いのですが、「うえだ食堂」では細めの麺を採用しています。少し硬めに茹でられた麺のコシが食欲をそそります。

フリー写真素材ぱくたそ

営業時間は11時から14時、夜は17時から20時までの営業です。定休日は日曜日のみなので、比較的訪れやすいお店です。とはいえ売り切れや臨時休業もありえますので、不安ならば電話での確認がおすすめです。

住所 三重県亀山市北鹿島町2-5
電話 0595-82-6007

「川森食堂」

Photo byleeyoping0

「川森食堂」では、スタンダードな「亀山ラーメン」を頂けます。B級グルメの「味噌焼きうどん」の名店でもあり、地元のみならず観光客にも愛されています。

大人気番組「嵐にしやがれ!」でも紹介された事から、お昼時には行列が出来る事もあります。人生に一度は食べに訪れたいお店です。

気になるお味ですが、角が無いどこまでもまろやかな味わいでありながら、味噌の濃厚な旨みを感じられる逸品です。このラーメンスープでご飯を食べる猛者も居る程なので、是非試してみて下さい。

アクセスは、関駅から742mです。営業時間は、10:00~22:00となっています。定休日は、日曜日です。

住所 三重県亀山市関町古厩66-3
電話 0595-96-1376

「肉の水炊き むかい」

Photo by 雷太

こちらは亀山名物の「肉の水炊き」を楽しめるお店で、食事時には行列も出来る人気店です。肉の水炊きとは牛肉を昆布だしにさっとくぐらせ、醤油ベースのタレで頂く料理です。

「肉の水炊き」も是非味わいたいですが、お肉にこだわるお店だからこそ、「亀山ラーメン」もこの店独自のカラーが出ています。

何と松阪牛のスジと牛肉が入っているという豪華っぷりです。味はもちろんの事、とろりと柔らかい牛スジと味噌味のスープが素晴らしくマッチします。人生で一度は訪れたい名店です。

フリー写真素材ぱくたそ

営業時間は11時30分から13時30分まで、夜は16時30分から22時までです。第1、第3日曜日は定休日なので、休みを利用して訪れる場合は注意して下さい。

住所 三重県亀山市東町1-5-12
電話 0595-82-3344

人生に一度は食べて欲しい三重県のラーメン

Photo byhoyas

三重のラーメン店の魅力と、ご当地ラーメン「亀山ラーメン」の魅力は伝わったと思います。三重ならではのラーメンもありましたし、様々な人の人生が交差した「亀山ラーメン」も素晴らしい一杯です。

三重自体も遊びに観光にと素晴らしいスポットなので、訪れた際にはラーメンの事も思い出してみて下さい。きっと人生で一番と言える一杯に出会えます。

白雪
ライター

白雪

動物・グルメ大好きなライターです。 様々な情報をわかりやすく伝えられたらと思っています。 大阪在住なので、大阪のディープな情報はお任せ下さい!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング