丸亀製麺は電子マネーが使えるか徹底調査!クレジットカードやQRコード決済は?

丸亀製麺は電子マネーが使えるか徹底調査!クレジットカードやQRコード決済は?

丸亀製麺は、低価格で本格的な讃岐うどんが食べられる人気店です。そんな丸亀製麺で気になるのは、「支払いに電子マネーが使えるか」です。そこで丸亀製麺で電子マネーの他、クレジットカードやQRコード決済が使えるかも含め徹底調査しました。

    記事の目次

    1. 1.丸亀製麺は電子マネーで支払いはできる?
    2. 2.丸亀製麺で使える電子マネーは?
    3. 3.丸亀製麺で電子マネーが使える店舗は?
    4. 4.丸亀製麺 電子マネーの他に使えるキャッシュレス決済は?
    5. 5.丸亀製麺は電子マネーに順次対応中

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    丸亀製麺は電子マネーで支払いはできる?

    丸亀製麺 ぶっかけうどん
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺といえば、店舗で粉から作る打ちたてうどんや季節ごとに登場する期間限定メニューが人気です。麺も冷やし系と温かい系が選べ、一年中美味しいうどんが食べられます。お手頃な値段も丸亀製麺の人気の理由です。

    丸亀製麺自慢の本場・讃岐うどんスタイル「ぶっかけうどん」は、2022年7月現在並盛りで340円(税込)で食べられます。しかも丸亀製麺では、ネギや天かすなどの無料トッピングでアレンジするのも人気です。

    そのため無料サービスを使ってアレンジすれば、340円(税込)のシンプルなぶっかけうどんも、食べ応え満点の丸亀製麺アレンジメニューに変身します。

    支払い方法
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺のようにメニュー単価が安い店は、給料日前や家族で利用するのに便利な存在です。ただ値段が安いと、支払いの際に小銭が必要になります。最近ではキャッシュレス決済の利用者増加に伴い、さまざまな店舗キャッシュレス決済が可能となっています。

    飲食チェーン店での支払いも、電子マネーやQRコード決済など、さまざまなキャッシュレス決済に対応する店が増えています。お手頃価格のうどんが人気の丸亀製麺の支払いでも、キャッシュレス決済が利用できます。

    丸亀製麺で使える電子マネーは?

    電子マネー
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    キャッシュレスで便利なのは、コンビニやスーパーでの普及が進む電子マネーです。公共交通機関を日常的に利用する場合は、交通系の電子マネーを持っている人が多いです。

    日用品や衣類の買い物などに使えポイントもつくiDや楽天Edy、nanacoなどの電子マネーは、主婦や学生に人気の電子マネーです。丸亀製麺でも、これらの主要電子マネーを利用できます。

    丸亀製麺で対応している電子マネーには、「丸亀製麺カード」という丸亀製麺オリジナル電子マネーがあります。丸亀製麺電子マネーカードは、プリペイド式の電子マネーです。丸亀製麺電子マネーカードでの支払うと、ポイントが付きます。

    丸亀製麺 うどん&天ぷら
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    さらにチャージしたときの還元率が最大6%です。そのため丸亀製麺電子マネーカードに3000円をチャージすると150円(合計3150円)、1万円の場合は500円(合計1万500円)が現金ポイントとして付加されます。これは飲食店のオリジナル電子マネーとしては破格です。

    ところが丸亀製麺電子マネーカードは、丸亀製麺全店舗で利用できるわけではありません。都内の丸亀製麺店舗ではほぼ対応しています。ただしそれ以外の地域の丸亀製麺では、丸亀製麺電子マネーカードに対応していないだけでなく、チャージも不可です。

    丸亀製麺電子マネーカードは、利用できればお得です。とはいえ利用店舗数が少ないのが現状であり、丸亀製麺電子マネーカードのデメリットといわれています。
    ※このサービスは終了しました。

    一部店舗で利用可能

    丸亀製麺 店舗
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺オリジナルの電子マネーカードが全店舗で利用できるようになれば、お得を体験できる人も増えます。ただし現時点では丸亀製麺電子マネーカードの普及率は低く、全店舗対応になるまでには、もう少し時間がかかるようです。

    その代わり丸亀製麺の店舗によっては、主要な電子マネーに対応している店舗もあります。iD、楽天Edy、nanacoなどの電子マネーだけでなく、交通系電子マネーでのキャッシュレス決済も可能です。

    丸亀製麺 ぶっかけうどん
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    ですが一部の丸亀製麺の店舗では、原則「現金払い」で電子マネーが利用できない店舗もあります。また電子マネーに対応している店舗も、利用可能な電子マネーの種類は店舗ごとに異なります。

    電子マネーでの支払いにこだわるのであれば、あらかじめ利用予定の丸亀製麺店舗のキャッシュレス決済について確認する必要があります。

    丸亀製麺で電子マネーが使える店舗は?

    丸亀製麺 店舗
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺のほとんどの店舗では、主要な電子マネーが利用できます。特に電子マネーに対応している店舗についてご紹介します。

    イト―ヨーカドーやイオンのテナント店舗に多い

    イオン
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺で、基本的に電子マネーに対応している店舗には、ある共通点があります。それは「商業施設にテナントとして入居している店舗」ということです。

    フードコートやフードエリアがある施設の場合、入居するテナントに対して、施設側から電子マネー対応を要望されることがあります。こうした要望が施設側からあるため、商業施設内の丸亀製麺は電子マネーでのキャッシュレス決済に対応していることが多いです。

    丸亀製麺 店舗
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    特に全国展開している流通大手のイトーヨーカドーやイオンにテナントとして入居している店舗では、電子マネー対応していることが多いです。イトーヨーカドーはセブン&アイ・ホールディングス系列なので、セブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネー「nanaco」が利用できます。

    イオンはイオンリテールが発行するWAONがあるので、イオングループ系の施設にある丸亀製麺店舗では、WAONに対応している店が多いです。

    丸亀製麺 電子マネーの他に使えるキャッシュレス決済は?

    支払い方法
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺は、テナント店だけでなく路面店も多いです。店舗によって電子マネー対応は異なりますが、セブン&アイ・ホールディングス系列やイオングループの施設内にある丸亀製麺では、それぞれが発行する電子マネーでのキャッシュレス決済がほぼ可能です。

    また路面店でも、主要電子マネーを基本的に使用できます。電子マネーには、プリペイドタイプの電子マネーや交通系電子マネーのほかにも、クレジットカードと連動した電子マネーがあります。

    クレジットカードと連動した電子マネーは後払い方式となっているため、事前に現金をチャージする必要がありません。

    そのため電子マネーに対応していない店舗でも、クレジットカード系の電子マネーを導入するケースは増えています。

    一部店舗でQRコード決済が利用可能

    丸亀製麺 天ぷら
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    電子マネー以外のキャッシュレス決済には、スマホを利用したQRコード決済があります。QRコード決済も電子マネー同様、さまざまな飲食店で導入されており、利用者も多いです。そのため丸亀製麺でも、一部店舗でQRコード決済に対応しています。

    ただしQRコード決済対応の店舗でも、利用できる種類が限られます。ですがPayPay、d払い、メルペイ、楽天Payなどの主要なQRコード決済は利用ができます。

    丸亀製麺 うどん弁当
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    またその他にもauPay、LINEPay、銀行PayなどのQRコード決済サービスも利用できます。さまざまなQRコード決済から選べるので、現金が手元にない時でも気軽に丸亀製麺で食事ができます。

    以前には丸亀製麺全店舗でQRコード決済の導入を実現に向けた、システム改修などもあり、PayPayのみ利用可能な時もありました。2022年7月現在では多くのQRコード決済が利用できるため、対応店舗であればスマホのみで食事に出かけることができます。

    クレジットカードも利用可能

    クレジットカード
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    キャッシュレス決済には、クレジットカードで支払う方法もあります。クレジットカードは、キャッシュレス化を誘引してきたこともあり、近年ではスーパーなど日用品の買い物にもクレジットカード払いにする人が多いです。

    電子マネーやQRコード決済も利用できる丸亀製麺では、クレジットカード払いも基本的に対応しています。

    対応店が増えている

    丸亀製麺 店舗
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    クレジットカード払いも、特に対応店が多いのは、セブン&ホールディングス系列とイオングループ施設に入居しているテナント店です。

    これらの店舗はショッピングモールのフードコート・フードエリアに入居しているため、利用客の多くは施設の買い物客です。そのため日常的にクレジットカード払いを利用している客も多く、施設からの要望をうけて丸亀製麺側が対応しています。

    クレジットカードは、JCB、VISA、マスターカードなど、主要なカード会社はほとんど利用できます。ただし一部店舗では対応していない場合があるため、日常的にクレジットカードを利用している人は、事前に支払い方法を確認しましょう。

    丸亀製麺の魅力を総まとめ!おすすめメニューからお得な情報まで満載のイメージ
    丸亀製麺の魅力を総まとめ!おすすめメニューからお得な情報まで満載
    丸亀製麺は、全国どこにいても本場の讃岐うどんが楽しめる人気のチェーン店です。チェーン店とはいえそのこだわりは徹底しており、うどんの命といわれる製麺と出汁へのこだわりは名店にも負けません。そんな丸亀製麺では王道のメニューをアレンジして自分好みにするのも魅力です。

    丸亀製麺は電子マネーに順次対応中

    丸亀製麺 店舗
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    丸亀製麺の支払いは、電子マネー、QRコード決済、クレジットカードなど、さまざまな支払い方法から選択できます。自分の使いやすい支払い方法で、丸亀製麺の人気メニューを堪能しましょう。

    ※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

    akemi
    ライター

    akemi

    小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング