【人気】丸亀製麺は親子丼も美味しい!販売店舗や持ち帰り可能かも調査しました

【人気】丸亀製麺は親子丼も美味しい!販売店舗や持ち帰り可能かも調査しました

丸亀製麺は全国的に有名な讃岐うどん専門のチェーン店ですが、実は親子丼も大変美味しいと話題になっています。そこで、丸亀製麺が作る親子丼の魅力を調査しました!販売店舗や値段・カロリーに加え、親子丼をさらに楽しむ裏技もご紹介します。

記事の目次

  1. 1.実は丸亀製麺には親子丼があるんです
  2. 2.丸亀製麺ってどんなお店?
  3. 3.丸亀製麺・親子丼は一部店舗のみ販売の限定メニュー
  4. 4.丸亀製麺・親子丼が食べられる店舗は?
  5. 5.丸亀製麺・親子丼をもっと楽しめる裏技
  6. 6.丸亀製麺・親子丼のお持ち帰りは出来るの?
  7. 7.丸亀製麺で出来立ての美味しい親子丼を食べよう!

実は丸亀製麺には親子丼があるんです

丸亀製麺は、今や知らない人はいない讃岐うどんの専門店で、「うまい、安い、早い」が3拍子揃う超人気店です。そんな丸亀製麺には、実は親子丼が存在しているということをご存じでしょうか?

親子丼は全ての店舗で販売しているわけではなく、一部の店舗限定メニューだけに大きな話題となっています。人気テレビ番組でも紹介された、丸亀製麺自慢の絶品親子丼の魅力をのぞいてみましょう!

丸亀製麺ってどんなお店?

全国的に知名度のある丸亀製麺とは、どのようなお店なのでしょうか?店名の由来や国内外を合わせた店舗数、また丸亀製麺が絶対に譲れない、うどんへの強いこだわりをご紹介します。

セルフサービスのうどんチェーン店

丸亀製麺はセルフサービスのうどんチェーン店で、株式会社トリドールホールディングスが運営しています。各店舗で製造や調理、提供を行う直営多店舗展開を行っていて、釜揚げうどんを中心にリーズナブルな値段設定ながら本格的な味わいが人気です。

「讃岐丸亀製麺」と聞くと発祥は香川県丸亀市と思われがちですが、丸亀製麺の第1号店は兵庫県加古川市でオープンしました。

「丸亀」はうどんの聖地としてのイメージが強いこと、またトリドール創業者の実父が丸亀市のお隣にある坂出市出身で、丸亀と縁が深かったことから「丸亀製麺」という店名が誕生したのです。

国内外合わせて1000店舗以上を展開

丸亀製麺は2000年11月に第1号店をオープンさせ、その後積極的に規模を拡大しながら出店数を増やしてきました。

2011年4月、ハワイにオープンさせた海外1号店「MARUKAME UDON Waikiki Shop」は、現在でも行列が絶えない人気店として現地に根付いています。以来、タイ・ロシア・韓国と次々に出店し、2020年現在、海外の13の国と地域に242店舗を構えています。

さらに翌月の2011年5月には全都道府県への出店を実現し、続いて同年8月には国内500店舗を達成しました。

店舗はショッピングモールのフードコート、あるいは郊外型としてロードサイドに設けることが多く、20周年を迎える2020年現在、国内外合わせて1000店舗以上を展開しています。

1000店舗でも驚きを隠せませんが、トリドールホールディングスの社長は外食のガリバー企業を目指していて、さらなる店舗数の拡大を目標に掲げているのです。丸亀製麺は、今後ますます注目度が高まる目が離せないお店といえるでしょう。

また丸亀製麺の看板や公式サイトには、その店舗の特徴をキャッチコピーとして店舗名に併記しているので、店舗選びの目安にしてもいいでしょう。例えば「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」「セルフ釜揚げうどん 丸亀製麺」といった違いが見られます。

店内で自家製麺を打っているのが特徴

丸亀製麺最大の特徴は、各店舗の店内で自家製麺を打っていることです。丸亀製麺がオープンした2000年当時、景気低迷を理由に簡便化を優先する外食チェーンが目立つようになり、外食に対して不満を持つ人が増えていました。

そこで丸亀製麺では、大量の調理を一手に引き受けるセントラルキッチンを設けず、各店舗で粉から製麺する製造法を打ち出したのです。お店で手作りし、出来たてが安い値段で食べられるという価値は、外食に期待をしていなかった多くの人たちの心を見事に掴みました。

さらに嬉しいのは、目の前に並んだ天ぷらを自分で選べる点です。天ぷらは日本で昔から広く親しまれてきた庶民的な料理ですが、近年は自宅で揚げると後片付けが面倒という声がよく聞かれます。

特に共働き世帯や単独世帯は、調理に手間や時間をかけたくないというのが多くの本音と言えるでしょう。そんな悩みを一気に解決してくれるのが丸亀製麺です。

店舗数が多く、いつでも気軽に利用できる丸亀製麺へ行けば、お店で揚げたばかりの天ぷらを自由にチョイスできます。値段は110円~160円(税込)程度とリーズナブルでありながら、1個当たりのサイズがとても大きく食べ応えがあるものばかりです。

他には薬味や調味料といったトッピングも充実していますから、一人一人の嗜好の違いという問題をクリアするのと同時に、自家製讃岐うどんの満足度を高めているのでしょう。

丸亀製麺では生きたうどんならではの「丸亀食感」を実現し、本当に美味しい生きたうどんを多くの方に知ってもらうため、5つのこだわりを持っています。

1つ目のこだわりは厳選した国産小麦です。香り豊かな国産小麦を独自の方法で挽いて製粉することにより、口へ入れた瞬間に小麦の風味がふわっと広がります。

2つ目のこだわりは「打ち立て」と「生」です。丸亀製麺では新鮮な美味しいうどんを届けることがモットーですから、工場で大量生産をすることも、長時間の作り置きをすることもありません。

3つ目のこだわりは確かな腕前です。丸亀製麺の各店舗にはただひとり、「麺匠」と呼ばれる達人がいます。うどんはシンプルなだけに確かな腕前が求められるため、麺の打ち方や茹で方、また麺の鮮度確認に至るまで、日々腕に磨きをかけているのです。

4つ目のこだわりは美味しいだしです。だしは讃岐うどんの命と言えるほど重要な存在で、麺の美味しさをさらに引き出す力があります。だしは新鮮なほど香り豊かで美味しいため、各店舗では毎日手間ひまをかけてだしを引いているのです。

5つ目のこだわりは茹でたてです。茹でた直後の麺は角ばっていて四方がくびれています。くびれはいいうどんの証で、だしがよく絡むため口中に旨みが広がるのです。またいいうどんはほんのり芯が残り、弾力のあるコシを生み出します。

茹で置きの場合20分以上経ったものは出さない

丸亀製麺では基本的に茹でたてを提供しますが、お客さんを待たせないといった理由から一時的に茹で置きをする場合があります。ただし鮮度を保つため、20分以上経ったうどんは商品として出しません。

噛むたびにもちもちっと食い込み、切れたら口いっぱいに踊り出す「丸亀食感」は、「打ち立て」と鮮度のいい「生」にしか出せない本物の噛み心地です。

単に美味しくて値段が安いだけではなく、丸亀製麺の「手作り出来たて」というこだわりが、多くの人にとって「食べたい、行きたい」と考える大きな動機につながっているのでしょう。

丸亀製麺・親子丼は一部店舗のみ販売の限定メニュー

丸亀製麺の親子丼は一部の店舗のみが販売する限定メニューですが、注目度はますます高まっています。そこで丸亀製麺が販売する親子丼の特徴や味、値段やカロリーに加え、お得な親子丼定食について詳しくご紹介しましょう。

出来立てアツアツを提供

丸亀製麺が販売する親子丼を注文した時、ファンが何より嬉しいのは出来たて、アツアツを食べられることです。会計を済ませると1人分の親子丼専用鍋が登場し、目の前で調理が始まります。

生の鶏もも肉と、甘辛く煮込んである玉ねぎ入りのかえしを煮立て、溶いた卵を回しかけて適度に固まれば完成です。調理時間はわずか1分という短い時間ですが、グツグツ煮込まれる光景や音、またかえしの香りによって食欲が想像以上にかき立てられることでしょう。

親子丼を短時間で仕上げられる秘密は鶏肉を薄くカットしていること、また玉ねぎは前もって煮込んだものを使用していることの2点です。丸亀製麺では下ごしらえに時間をかけることで、お客さんを待たせない短時間調理を可能にしています。

ふわふわ、とろとろでなめらかな口当たりの卵、ぷりぷりでもっちり食感の鶏肉、味がよく染み込んだクタクタの玉ねぎはやや硬めのごはんと相性抜群で、丸亀製麺自慢のだしが全てを1つにまとめてくれています。

また鶏肉は薄くカットされているだけあって数が多く、どこを食べても鶏肉が口の中に入ってくる贅沢な親子丼です。甘すぎず、濃いめに味付けされたかえしは具材やごはんの美味しさを一層引き立て、あっという間に完食してしまうでしょう。

親子丼の値段は?

丸亀製麺の親子丼には2種類のサイズ「並」と「ミニ」があります。値段は並が490円(税込)、ミニが390円(税込)です。

注文を受けてから1人分ずつ手作りする丸亀製麺の親子丼は、リーズナブルな値段ながら短時間で出来上がる上に専門店レベルのクオリティですから、コスパの良さが光るメニューと言えるでしょう。

ただし丸亀製麺では、親子丼ではなく「鶏親子丼」や「名古屋コーチン親子丼」という商品名で販売している店舗があり、値段も異なるケースがあります。不安な場合は丸亀製麺のスタッフに確認すると安心です。

カロリーは?

丸亀製麺の親子丼はどのくらいのカロリーなのでしょうか?ミニと並、それぞれの栄養成分を見ていきましょう。

親子丼ミニはカロリー460kcal、たんぱく質20g、脂質13g、炭水化物64g、食塩2.5gです。親子丼並はカロリー647kcal、たんぱく質24g、脂質14g、炭水化物103g、食塩3.2gです。

他社の親子丼並のカロリーは650kcal~760kcalほどが目安なので、外食で親子丼を食べるなら丸亀製麺は低めのカロリーと言えるでしょう。

「親子丼定食」がお得

丸亀製麺で親子丼を食べるなら、単品よりもうどんがセットになった親子丼定食がおすすめです。親子丼定食は「親子丼ミニ」+「かけうどん並・ぶっかけうどん並・釜揚げうどん並の中から1品」のセットで、値段は680円(税込)、カロリーはいずれも790kcalほどとなります。

かけうどん並とぶっかけうどん並の値段は300円(税込)なので、親子丼ミニを単品で注文した場合は合計690円です。一方釜揚げうどん並の値段は290円(税込)なので、親子丼ミニを単品で注文した場合は合計680円です。

つまり、丸亀製麺の親子丼定食を食べるならかけうどん、またはぶっかけうどんを選ぶと親子丼をお得に食べられるということになります。中でもおすすめは、汁物の代わりにもなるかけうどんです。

親子丼には汁物がつきものなので、食べ合わせを考えるならかけうどんを選ぶといいでしょう。薬味には定番のネギや生姜はもちろん、わさびもよく合うのでぜひ試してみてください!

基本の親子丼定食ではボリュームが足りないという方は、プラス100円で親子丼を並盛りに、あるいはプラス100円でうどんを大盛りに変更できます。

丸亀製麺・親子丼が食べられる店舗は?

丸亀製麺の親子丼は新宿文化クイントビル店で初めて登場して以来評判が高く、関東・関西・中部エリアにおいて約2ヶ月間の期間限定で販売されました。

そして人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されたことをきっかけに大きな話題となり、2020年現在は一部の店舗で継続的に親子丼が販売されています。そこで、丸亀製麺の親子丼が食べられる店舗の確認方法をご紹介しましょう。

店舗の前に親子丼の看板を掲示

Photo bycongerdesign

丸亀製麺の親子丼を取り扱っている店舗は店先に親子丼の看板を掲示しているため、看板が掲示されていない店舗は親子丼を販売していない確率が高いと言えます。まずは最寄り店舗の看板を確認してみるといいでしょう。

近くの店舗に問い合わせてみよう

Photo byPexels

店舗前の看板を確認するのが難しい場合は、直接店舗に問い合わせてみてもいいでしょう。また親子丼の看板を掲示している店舗であっても、一時的に販売を行っていないケースが3つあります。

1つ目は終日の販売を行っていないケースです。丸亀製麺の親子丼は手間がかかるため、「平日ランチ限定」のように提供する曜日や時間帯を制限している場合があります。

2つ目は勤務スタッフの人数によって実施できないケースです。色々な理由で勤務スタッフの人数が足りなくなった場合、予告なく販売を中止することがあります。

Photo by6689062

3つ目は諸事情によって取り扱い店舗が変更になったり、取り扱いが中止になったりするケースです。店内改装や天災といった状況下では、営業自体をお休みする場合があります。

そのため「どうしても親子丼が食べたい」という方は、行く前に直接店舗へ問い合わせをしておいた方がいいでしょう。

丸亀製麺・親子丼をもっと楽しめる裏技

丸亀製麺の親子丼はそのまま食べても美味しいですが、アレンジを加えるとまた違った美味しさを味わえます。そこで、丸亀製麺が作る親子丼もっと楽しめる裏技2選をご紹介しましょう。

「かけだし」

丸亀製麺の美味しい親子丼をもっと楽しむ裏技と言えば、かけだしです。かけだしとはかけうどんにかけるだしを指し、セルフサーバーに入った状態で店内に置いてあります。そのため、かけうどんを注文しない方でも利用可能です。

サーバー近くにある器にかけだしを注げば汁物代わりになり、親子丼の満足感がアップするでしょう。ただし、一部の店舗ではかけだしサーバーを置いていません。その場合は注文口で「うどんだしもお願いします」と伝えればOKです。

ネギや天かす・ごまなどをトッピング

丸亀製麺の親子丼をかけだしで楽しむなら、丸亀製麺の無料トッピングもプラスしましょう。無料トッピングはネギ・生姜・すりごま・天かす・わさびの5種類です。親子丼に直接トッピングしてもいいですが、かけだしに加えれば立派なお吸い物になります。

最初は親子丼をそのまま味わい、途中で薬味の入ったかけだしを丼に注げば美味しい「親子丼・ひつまぶし風」の完成です。

丸亀製麺特性のだしを合わせた親子丼は風味が増し、濃いめのかえしが染み込んだごはんを優しい味わいに変えてくれます。あっさりサラサラ食べられて、1杯で2種類の「美味しい」を味わえる親子丼になるでしょう。

「親子うどん」

丸亀製麺が作る美味しい親子丼のかけだしアレンジに慣れてきた方は、上級者向けの裏技「親子うどん」にチャレンジしてみましょう。あまり多くの人には知られていませんが、丸亀製麺の親子丼をうどんとして楽しむ、変化球でつう好みのテクです。

そして親子うどんは実は、丸亀製麺の公式ツイッターアカウントを運営する「中の人」が実際に食べ、とても美味しいと認めています。中の人が絶賛し、今まで試さなかったことを後悔するほどの裏技ですから、丸亀製麺ファンとしては食べずにはいられないでしょう。

親子丼とぶっかけ(冷)を注文

丸亀製麺で親子うどんを作る場合は親子丼定食を注文しますが、その際うどんはぶっかけ(冷)にすることがポイントです。そして親子丼の具の部分だけを、ぶっかけ(冷)に乗せれば親子うどんが完成します。

初めて見る方は驚くかもしれませんが、親子丼もぶっかけうどんもベースは丸亀製麺特性のだしですから、合わないわけがありません。ぶっかけうどんのだしによって親子丼の濃いめのかえしが中和され、マイルドで実に美味しいのです。

またアツアツの親子丼の具と冷たいぶっかけうどんとの組み合わせは「ヒヤアツ」に近いものがあり、熱くて冷たい相反する感覚もたまりません。香川県民はうどんとだしの温度にもこだわりがあり、温度の違いをわかりやすく注文するために「アツ」と「ヒヤ」で表現します。

例えば熱いうどんに熱いだしをかけることを「アツアツ」、熱いうどんに冷たいだしをかけることを「アツヒヤ」、冷たいうどんに熱いだしをかけることを「ヒヤアツ」、冷たいうどんに冷たいだしをかけることを「ヒヤヒヤ」と呼ぶことがあるのです。

本場讃岐うどんの名店でも「アツアツ」や「ヒヤアツ」をメニュー表に記載しているところもありますから、1杯で温度の違いを楽しめる親子うどんはやはり美味しいと言えるでしょう。

丸亀製麺でヒヤアツを体験するためには、親子丼定食を受け取ったら速やかに席に座り、手早く親子うどんを完成させることが鉄則になります。

ここで気になるのが、丼に残ったごはんの存在です。どうやって食べたらいいのか心配になる方も多いことでしょう。ごはんには親子丼の具を煮た旨みたっぷりのかえしが染み込んでいるため、そのままでも美味しく頂けます。

物足りない場合は、かけだしをかけて薬味をトッピングしても絶品です。だしの利いたお茶漬けのようで、ペロリと食べきってしまうでしょう。

1つだけ気をつけたいのは、卓上に置いてある「天ぷら用だしソース」です。残ったごはんに天かすをトッピングし、天ぷら用だしソースをかければ即席天丼が味わえそうと期待が高まるところですが、残念な結果になるのであまりおすすめはできません。

親子丼のかえしとソースを組み合わせるとそれぞれの良さが消えてしまいますから、丸亀製麺の親子丼は、ぜひかけだしをプラスして楽しみましょう。

丸亀製麺・親子丼のお持ち帰りは出来るの?

丸亀製麺の親子丼はお持ち帰り出来るのでしょうか?丸亀製麺の親子丼は持ち帰りできるため、自宅でくつろぎながら食べることもできます。ただし、全ての店舗が持ち帰りに対応しているわけではありません。

そこで、持ち帰りが可能な店舗や持ち帰り用に販売している親子丼の値段、また持ち帰りができる時間帯の目安をご紹介します。

可能な店舗もある

丸亀製麺の親子丼は、持ち帰りができる店舗もあります。持ち帰りが可能な親子丼のサイズは並のみで、ミニは対応していません。持ち帰りの親子丼の値段は店内飲食と同じ490円ですが、店内で提供されるものよりも量が多めで、一般的に男性でも満足できるボリュームとされています。

また持ち帰りを実施している時間帯はランチタイム(11:00~13:00)としている店舗が多く、親子丼以外にもカツ丼と天丼の3種類の丼を持ち帰りメニューとして販売している場合もあります。

フードコートなどは不可な店舗が多い

丸亀製麺の親子丼の持ち帰りは、ショッピングモールを中心としたフードコートの店舗では不可としている傾向があります。一方、ロードサイドにある多くの店舗は持ち帰りOKです。

ただし中にはフードコート店でも持ち帰りが可能だったり、ロードサイド店でも持ち帰りが不可というケースもありますから、直接店舗に確認することをおすすめします。

丸亀製麺で出来立ての美味しい親子丼を食べよう!

丸亀製麺の親子丼は注文を受けてから調理を開始し、わずか1分ほどで完成します。そのため待ち時間はほぼなく、出来たてアツアツが食べられるところが大きな魅力です。

お店で丁寧に引いただしをベースに作る親子丼は、お手頃な値段とは思えないほど本当に美味しいですから、ぜひ味わってみましょう!

佐藤綾
ライター

佐藤綾

関連記事

人気記事ランキング