室戸岬のむろと廃校水族館のサメが泳ぐプールが話題!自由な発想の展示が面白い

室戸岬のむろと廃校水族館のサメが泳ぐプールが話題!自由な発想の展示が面白い

室戸岬にある、むろと廃校水族館は、廃校を水族館として再利用するといった企業形態やプールにサメを泳がせて展示するなど、今までにない斬新な水族館として話題になっています。この記事では、室戸岬の歴史や文化に触れながら、むろと廃校水族館をご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.室戸岬とは
  2. 2.室戸岬にある「むろと廃校水族館」
  3. 3.室戸岬の水族館には地元の生き物が集まっている
  4. 4.むろと廃校水族館で買えるグッズ
  5. 5.室戸岬周辺でイルカを見ることができる施設
  6. 6.室戸岬周辺の観光地にも足を伸ばしてみよう
  7. 7.室戸岬のむろと廃校水族館は魅力がいっぱい

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

室戸岬とは

Photo by honobon

室戸岬は、高知県室戸市にある、室戸阿南海岸国定公園に指定され、太平洋に面する岬です。岬には実効光度と光達距離で日本一になっている灯台が立ち、「日本の灯台50選」にも選ばれています。黒潮や地形による波の強さから、波乗りの名所としても有名です。

従来は、交通の不憫さで、あまり脚光を浴びることはありませんでしたが、最近では、混雑や騒がしさとは縁のないのどかな観光スポットの穴場として注目されています。むろと廃校水族館等の人気が、さらに室戸岬を盛り上げ、各地のグッズも豊富だそうです。

所在地は高知県

Photo by cotaro70s

室戸岬の所在地は土佐犬や土佐日記で知られる高知県です。四国の南に位置する都道府県で、最近では、二ホンカワウソをモチーフにした、ゆるキャラのしんじょう君が有名です。

世界ジオパークに認定

Photo byTravelCoffeeBook

世界ジオパークとは、ユネスコが認定した、世界的に歴史のある地形や自然の事です。室戸岬の奇岩であるタービダイトの珍しさやその個性的な地形が注目され、国内では5件目に世界ジオパークに認定されました。

弘法大師と深い縁のある地

Photo by Hyougushi

室戸岬は、平安時代に、弘法大師が悟りを開くために訪れた修行の地として言い伝えられています。実際に、弘法大師が修行を積んだ洞窟等のパワースポットを目当てに訪れる観光客も多いようです。

アクセス

フリー写真素材ぱくたそ

室戸岬へは飛行機・バス・車・電車を使ってアクセスできます。飛行機を使ってアクセスする場合、羽田・伊丹・名古屋・福岡の各空港から高知竜馬空港までの直通便があります。

羽田空港から高知竜馬空港までは約2時間、高知竜馬空港からはレンタカーを利用するか、空港連絡バスまたはタクシーで移動した後、鉄道、路線バスを使っての移動になります。

空港からJR高知駅に到着後、JR土讃線土佐くろしお鉄道ごめんなはり線で奈半利駅まで約1時間半です。奈半利駅からは、路線バスで室戸ジオパークセンターを目指し約60分で室戸岬に到着です。

室戸岬にある「むろと廃校水族館」

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館は、室戸市が廃校を活用した地域活性化を目標に、5億円もの資金を投じて設備化された商業施設です。2001年より日本ウミガメ協会が、室戸市で行っている生態系の調査目的と小学校の廃校を惜しむ気持ちから運営をすることになりました。

「廃校」という名は、廃校を惜しむというこだわりから付けたそうで、2018年開館当初から動物がいなかったにもかかわらず、様々な工夫を凝らした展示物やグッズが話題を呼び、3万人の来場者を迎えました。

Photo byFree-Photos

今では、サメやウミガメを間近で眺められる人気スポットとして10万人以上の人が訪れており、さらに注目を集めています。水族館の内容や営業時間、入場料金を踏まえてご紹介します。

廃校の小学校を再利用して水族館に改修

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館は、上で述べたように、廃校になった校舎を再利用した水族館です。昔の校舎の姿をできるだけ壊さず、あえて「学校」というイメージを残しているので、他にはない唯一無二の水族館を楽しむことができます。

子供だけでなく、昔を懐かしむノスタルジックな心情にしてくれることが大人の方に人気です。それに加え、入場料金の安さやこの水族館ならではのグッズも話題だそうです。

1Fから3Fまで校舎をフル活用

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館は、1Fから3Fまでの教室には水槽を設置したり、手洗い場を水槽として利用したりと、校舎にある、ありとあらゆるものをフル活用しています。管理している人のユニークさを感じ取れ、生物を観察する事以外にも楽しませてくれる要素満載です。

屋外にある巨大水槽が水族館の目玉

Photo byFree-Photos

そんな中でも、むろと廃校水族館の目玉コンテンツは、校舎の野外にある25mプールを利用した巨大水槽です。プールの中ではサメやウミガメ、その他様々な魚を観察することができます。学校のプールを珍しい魚が泳いでいるだけで気持ちが高揚します。

展示物の自由度が高くて楽しい

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館は、プール等で海洋生物を観察する以外にも、自由度の高いたくさんの展示物があります。校舎3Fには、ミンククジラ等の標本が展示されていて、「理科教室」と表示された教室の中にはホルマリン漬けされたものがあります。

その他に、教室の壁にはイカ墨の書初めや黒板に書かれた文字等、水族館側の遊び心があふれています。学校には必ずあった身体測定器などもあり、こういった展示物が懐かしさを感じさせ、子供だけでなく大人の方からも人気を集めているようです。

営業時間と料金

Photo byobpia30

むろと廃校水族館の営業時間は、4月から9月までは午前9時半~午後6時、10月から3月までは午前9時~午後5時までで、定休日はなく年中無休です。入館料金は大人(高校生以上)600円、子供(小・中学生)300円です。

アクセス

むろと廃校水族館へのアクセスは、ごめんなはり線奈半利駅から高知東部交通バスにのり「むろと廃校水族館前」で下車すると、徒歩1分で到着です。

住所 高知県室戸市室戸岬町533-2
電話番号 0887-22-0815

室戸岬の水族館には地元の生き物が集まっている

Photo by kagawa_ymg

むろと廃校水族館で展示されている生き物のほとんどは、地元の漁師や職員によって釣り上げられているそうです。定期的に定置網漁で引き揚げた珍しい魚を提供してくれるおかげで、水槽の中には常に新しい魚を観察することができ、来館者を飽きさせません。

展示されている生き物の中で、代表的なものや話題になったものをご紹介します。

サメ

Photo bygoranmx

むろと廃校水族館の目玉の巨大水槽で見られるサメは「シュモクザメ」がほとんどです。別名「ハンマーヘッドシャーク」ともよばれ、金槌のような形をした頭が特徴のサメです。

最近では、「世界で最も美しいとされるサメ」のヨシキリザメも観察することができるようです。むろと廃校水族館では、こういった珍しいサメを真上からじっくりと眺められます。

ウミガメ

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館の目玉の生き物としてサメをあげましたが、もう一つはなんといってもウミガメです。水族館では、アオウミガメやアカウミガメ等、数種類のウミガメを飼育しています。

プールでサメと一緒に泳ぐ姿も見られますし、室内の円柱水槽では、宙を舞うように泳いでいるウミガメも見られます。中には、一生懸命に泳いでいる赤ちゃんガメも観察できるようです。

金魚

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館の図書室の付近で、金魚をたくさん見られ、室戸市民が大切に育てたものや市内の防火水槽のメンテナンス時に見つかったものを提供して頂いたそうです。防火水槽にあやかり、消火用バケツにて飼育されているものも観察できます。

ツバメ

Photo byPlukje

むろと廃校水族館では、ツバメもかんさつすることができます。これは、水族館が意図的に保護したわけではないそうで、ツバメが天敵から身を守るために人気の多い場所に巣を作ったそうです。

水族館側も、校舎のイメージに合うと、ツバメを大歓迎し、館長は巣を見守るように眺めていたそうです。この心温まるエピソードは、ニュースでも話題になりました。

むろと廃校水族館で買えるグッズ

Photo bymanfredrichter

むろと廃校水族館は自由度の高い展示物や珍しい展示の仕方が注目されていますが、館内で販売されているグッズもユニークなものがあり話題になりました。その中で人気のグッズをいくつかご紹介します。

お魚サンダル

Photo bynutraveller

お魚サンダルは、名前だけ聞くと、魚をモチーフにした簡単なものを想像しますが、むろと廃校水族館のグッズは私たちの想像を超えています。なんとこのサンダル、水に濡らして道路等を歩くと残った足跡が魚拓になります。

料金は1200円と高額ではなく、商品を購入した人たちからは、魚拓サンダルと騒がれているグッズだそうです。室戸岬を訪れた思い出をいつまでも残し続けてくれ、見た目以上に価値のあるお土産になるのではないでしょうか?

ぶりくじ

Photo byAlexas_Fotos

ぶりくじは、むろと廃校水族館にしかないくじで、4等から特等まであり、その等級によっていろんなサイズのぶりのグッズやぬいぐるみがもらえます。

現在までに1万5000回も引かれている大人気のくじだそうです。ぜひお子さんのプレゼントにくじを引いてみてはいかがでしょうか?料金は一回1000円です。

室戸岬周辺でイルカを見ることができる施設

Photo bymikakaptur

室戸岬が注目される秘密には、むろと廃校水族館のサメやウミガメの他に、イルカと触れ合えるスポットがある事もあげられ、お子さんや大人の方から人気を集めていますので、施設の営業時間や料金を含めてご紹介します。

室戸ドルフィンセンター

Photo bywebidrole

室戸ドルフィンセンターは、「人とイルカがふれあい、コミュニケーションを取りながら一緒に楽しめる」ことを目指している施設で、運営はNPO法人ドルフィンプロジェクトが行っています。

現在は、4頭のイルカと触れ合え、施設内にレストランもありますので、一日中イルカと遊ぶことが可能です。営業時間は、通常午前10時から午後4時まで、夏季は期間限定で、午前9時半から午後17時半になる事があります。

体験プログラムも充実

Photo by15299

主に室戸ドルフィンセンターには、現在5つのふれあい体験を選ぶことができます。

イルカを見学する「ハロードルフィン」・実際にイルカに触れる「ドルフィンタッチ」・イルカにサインを出す「トレーナー体験」・ウェットスーツを着てイルカと泳ぐ「ドルフィンスイム」・腰まで水につかってイルカと触れ合う「ふれあい体験」です。

料金は、一番安い「ハロードルフィン」であれば、大人435円・子供325円で、一番高い「ドルフィンスイム」は大人8640円・子供5400円です。ぜひ一夏の思い出作りにイルカと触れ合ってみてはいかがでしょうか?

アクセス

アクセスは、電車を利用する場合、ごめんなはり線奈半利駅から高知東部交通バスに乗り約50分かけ室戸営業所で下車し、徒歩5分で到着です。

住所 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810-162
電話番号 0887-22-1245

室戸岬周辺の観光地にも足を伸ばしてみよう

Photo by honobon

室戸岬には、海の生き物や話題になったグッズ以外にも、いろんな観光スポットが目白押しです。その中でも大人気のスポットを4つご紹介します。

御厨人窟(みくろど)

Photo byPexels

御厨人窟は、弘法大師が悟りを開くため修行をしたと言い伝えられている洞窟で、パワースポットとして有名です。弘法大師は、この洞窟から見える空と海の風景から、後の「空海」の法名を名付けたそうです。

空と海の絶景に負けず劣らず、洞窟の中で聞こえる波の音は、環境省から「日本の音風景100選」に選ばれています。猛々しく鳴り響いている音色は、聞くものを虜にするそうです。入場料金も無料なので、ぜひ一度行って聞いてみる価値があります。
 

アクセス

御厨人窟へは、電車を利用する場合、ごめんなはり線奈半利駅から高知東部交通バスから室戸ジオパークセンターで甲浦行きに乗り換え、約50分かけ「三崎ホテル前」で下車してから徒歩5分で到着です。

住所 高知県室戸市室戸岬町
電話番号(室戸市商工観光深層水課) 0887-22-5134

一木神社

Photo by km058

一木神社は、四国八十八か所めぐりの第25番札所「津照寺」の左側に構える神社です。はるか昔に室津港回収工事を担当した一木政利が、悪天候により難航した工事を文字通り体を張って祈願し、人柱になったことにより、神として祀られたそうです。

一木政利への感謝の心は、今も変わらず受け継がれていて、毎年5月に漁業殉職者慰霊祭とともに盛大な大祭が行われています。この時期に室戸岬を訪れるのであれば、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

アクセス

一木神社へは、電車を利用する場合、ごめんなはり線奈半利駅から高知東部交通バス甲浦行きに乗り、約40分かけ「室戸」で下車し、徒歩4分で到着です。車をご利用の際は、高知道に南国ICから約1時間40分かかります。

住所 高知県室戸市室津2652-3
電話番号(室戸市教育委員会生涯学習課) 0887-225142

夫婦岩

Photo by ume-y

日本には、各地に夫婦岩が存在しますが、室戸岬にもあります。室戸岬町と佐喜浜町の間にある鹿岡鼻に存在し、海の中から直線的にそびえ立ち、縄で結ばれた二つの大きな岩が夫婦岩です。

他の夫婦岩にはない、室戸岬独特の模様が非常に美しく、夫婦やカップルの恋愛成就を祈願して訪れる方が多いです。料金などの心配はいりませんが、現在は危険防止のため、付近への立ち入りは禁止されているようです。

アクセス

夫婦岩へは、電車を利用する場合、ごめんなはり線奈半利駅から高知東部交通バスにのり約34㎞かけ「夫婦岩」で下車し徒歩4分で到着です。車を利用する場合、高知東部自動車道芸西西ICから約1時間20分かかります。

住所 高知県室戸市佐喜浜町
電話番号(室戸市商工観光深層水課) 0887-22-5134

室戸スカイライン展望台津呂山

フリー写真素材ぱくたそ

室戸スカイライン展望台津呂山は、室戸岬屈指のドライブコースである室戸スカイラインの、一番標高の高い場所にある展望台施設です。スカイラインの通行料金や展望台の入場料も無料のため、室戸岬のドライブコースにはうってつけのスポットです。

展望台からの見晴らしは、室戸岬からみえる海岸と太平洋を一望できるほど素晴らしく、ぜひ車でお越しになった方であれば来る価値のある人気スポットです。展望台でしか販売していないお土産やグッズもあるのでおすすめです。

アクセス

アクセスは、電車を利用する場合、ごめんなはり線奈半利駅で降り、高知東部交通バス・甲浦行に乗り約50かけ「スカイライン上り口」で下車し徒歩30分です。車を利用する場合は、高知自動車道南国ICから約2時間かかります。

住所 高知県室戸市室戸岬山頂
電話番号(室戸市商工観光深層水課) 0887-22-5134

室戸岬のむろと廃校水族館は魅力がいっぱい

Photo by jinkemoole

今回、むろと廃校水族館を中心に、室戸ドルフィンセンター等の、他の水族館にはない創意工夫や個性豊かなグッズが充実している事を、営業時間、料金などを踏まえてご紹介しました。

室戸岬が、多くの海洋生物と触れ合える魅力たっぷりの場所である事がわかります。その他、弘法大師ゆかりの地や人気のドライブコース等の情報もお伝えしたので、旅行などを検討する際にはぜひ参考にしていただきたいです。

kaiser 114514
ライター

kaiser 114514

埼玉県出身。アウトドアに興味があります。ソロキャンプデビューするべく準備中!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング