大分マリーンパレス水族館「うみたまご」は観光の定番!料金やアクセス・見所は?

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」は観光の定番!料金やアクセス・見所は?

大分のみならず、九州で有名な水族館といえば「うみたまご」です。地元の方はもちろん、旅行客の観光の定番ともなっている、大分水族館「うみたまご」へのアクセス方法、入場料金や各種ショーの見所、お子様連れに安心のサービスまでたっぷりとご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.大分で定番の水族館といえば「うみたまご」!
  2. 2.大分マリーンパレス水族館の4つの見所
  3. 3.大分マリーンパレス水族館のその他のおすすめポイント
  4. 4.大分マリーンパレス水族館のショップ・レストラン
  5. 5.大分マリーンパレス水族館の料金・アクセス
  6. 6.大分観光なら人気の水族館「うみたまご」は外せない!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大分で定番の水族館といえば「うみたまご」!

Photo by yuki5287

大分で水族館といえば、誰もが「うみたまご」と答えるほど定番で大人気だそうです。面白い海の生物たちが見られると、観光の定番人気スポットにもなっています。そんな「うみたまご」の魅力についてたっぷりご紹介いたします。

まるで海と繋がっているような水族館

Photo by kawanet

どの水族館も海の近くにありますが、うみたまごには別府湾が隣接しており、その造りが話題となっています。海の生き物と触れ合える「大タッチプール」は、まるで海と繋がっているかと錯覚するような近さで、九州大分ならではの壮大な自然を感じることができます。

カメラの写し方によっては、まるで海の上で自然の生き物たちと触れ合っているかのような写真が撮れると、若い観光客からは人気のフォトスポットとなっているようです。また、ロマンティックな水族館なので定番のデートスポットともなっています。

大分マリーンパレス水族館の4つの見所

Photo by toshifukuoka

では、大分マリーンパレス水族館うみたまごの見所についてご紹介いたします。九州ならではの大自然の中だからこそ感じられる、生き生きした海の生き物は必見です。

水中に潜り込んだような「大回遊水槽」

Photo by s891082212001

水量が約1250トンある大回遊水槽は、うみたまごの中心部であり、魅力的な見所です。中には、90種類1500尾の魚が暮らしているというので驚きです。しかし、どの魚も生き生きしており、まるで自然界で生活しているような魅力が満載です。

水槽には、魚たちがより自然を感じながら暮らせる工夫が施されているそうです。水槽の中心部に、岩に似せた擬岩が置かれており、その周りを海水がぐるぐる回りながら流れるように設計されています。

Photo byImageDragon

近年ではどの水族館でも定番となったこの構造は、うみたまごが約50年前に初めて生み出したそうです。擬岩があるおかげで自然により近く、多くの魚が共存でき、たった1つの水槽で、これだけの種類の魚達を見ることができます。

また、大回遊水槽は「うみたまホール」や「実験ホール」などからも違う角度で見ることができ、それぞれ違った魚達の生体を楽しむことができます。

土日祝日には、2階にある「マーメイドホール」で、魚達に餌付けをしながら解説を行ってくれるショーが開催されており、毎回大人気となっています。

海の生き物のショー

Photo by yuki5287

観光客からも人気の高い、大分水族館うみたまご最大の魅力といえば、間近で見られる海の生きもの達のショーです。それぞれのショーの見所をご紹介いたします。

イルカのショー

Photo by toshifukuoka

都心の水族館や大型水族館では、ここまで近くで見ることが出来ないイルカショーですが、うみたまごでは、至近距離でイルカショーの迫力を感じることができます。定番のショーでありながら、ここでしか感じられない迫力があります。

夏はイルカたちがバンバン水をかけてくれるイベントもあり、トレーナーさんも観客の方たちも、みんなでずぶ濡れになって笑顔で楽しむ姿が見られます。

また、九州は美男美女が多いことで有名ですが、このイルカショーに参加するトレーナーの男性がイケメンすぎると話題になっているようです。そんなところに注目して楽しめるのも、間近に見れるイルカショーの1つの見所です。

セイウチのパフォーマンス

Photo by yuki5287

うみたまごの様々な見所のなかでも、1番の人気を誇るのがセイウチのパフォーマンスです。このショーは全国でも開催している水族館が限られています。大きな迫力あるボディーとは裏腹に、愛嬌のある可愛らしい仕草をするセイウチの魅力を存分に楽しむことができます。

驚きあり、感動あり、そして笑いの絶えない面白いショーになっているようです。また、ショーの終了後には、セイウチの体に触れる体験ができるそうで、観光客やお子様たちも大満足の内容となっています。

海の生き物をより間近に感じられ、実際に触れることができる、アットホームなショーがうみたまごの人気の秘訣であり、大きな特徴で見所です。

魚の面白い習性を知る「サイエンスゾーン」

Photo byannca

面白い習性を持つ魚を展示、紹介してくれているのは館内1階にあるサイエンスゾーンです。魚の習性を上手に表現した水槽の作りが面白く、子どもたちも度々釘付けになっています。

また、おさかなプロダクションと呼ばれるショーも開催しています。イシダイやハリセンボン、デンキウナギなど面白い特性を持つ魚達が見所満載のパフォーマンスを見せてくれます。

サイエンスゾーンという名前の通り、まるで科学の実験を行っているかのようなワクワクドキドキ感が感じられるエリアです。特に小学生くらいの男の子たちは興味津々に楽しんでいます。

海の生き物と触れ合える「あそびーち」

Photo byPexels

2015年にオープンしたうみたまごの新しい施設「あそびーち」が大人気となっています。ガラスがない水族館と言われるその施設はとにかく開放的で、自然のままの動物の姿が見られると観光客にも大人気です。

また、サンゴをモチーフにした迷路や、貝をモチーフにした洞窟、イワシの群れを連想させる滑り台など、お子様が喜ぶ工夫もたくさんあり、どの世代の方からも満足度の高い施設だそうです。

Photo by12019

名前の通り、地面は砂浜となっており、完成度の高さからまるで海に来たような感覚になり、お子様たちものびのびと過ごすことができます。さらに、夏休みなどには特別イベントとして、イルカにタッチしたり、トレーナーさんがパフォーマンスをしてくれたりするようです。

環境や動物愛護について学習できたり、裸足でイルカプールに入って動物との共存を身近に感じさせてくれるため、夏休みの自由研究や思い出作りにも最適です。

実際に膝くらいまで水に浸かることができるので、動きやすい服装で訪れるのをおすすめいたします。動物たちも自然と錯覚しているようで、お客様の機嫌をとることもなくのびのびとしている様子が見られるそうです。夏場は特に人気のエリアになります。

2階タッチングエリアもおすすめ

Photo byGellinger

最初にもお伝えした通り、タッチングエリアでは、海と水族館がまるで一体化したような感覚を感じられます。イルカと触れ合えるイルカプール、海の生き物やウミガメたちを実際に触れる別府湾プール、小さなお子様にもおすすめのタッチプールがあります。

タッチプールでは、ヒトデやナマコ、貝など動きの少ない生き物が多いので、魚を触るのが怖いお子様も楽しんで触れ合うことができ、記念撮影にもぴったりのスポットです。

実際に触れ合うことから魚達に興味をもち、その後の館内巡りがより楽しくなったとの声も聞かれました。水族館が初めてのお子様や、魚にまだあまり興味がない小さなお子様におすすめのエリアです。

大分マリーンパレス水族館のその他のおすすめポイント

フリー写真素材ぱくたそ

まだまだこんなもんじゃないと言わんばかりのサービスやイベントがあるのがうみたまごです。続いては、普段は見られない水族館の姿や、退屈してご機嫌を損ねたお子様にぴったりのエリアをご紹介いたします。

バックヤードツアー

フリー写真素材ぱくたそ

その名の通り、水族館の裏側をまるごと体験できるツアーです。水槽に展示されている魚たちが、どんな風に過ごしてきたのか、病気になってしまった海の生き物の管理やお世話はどうしているのかなど、普段は聞けない見れない部分を知ることができます。

大水槽の魚たちに、観客からは見えない部分から餌やり体験ができたり、凍らせて保存しているホホジロザメの鮫肌を実際に触ったりすることもできるそうです。

Photo by klipsch_soundman

見所満載のバックヤードツアー開催日は、通常土日祝日のみですが、夏休みなどの長期連休は毎日開催されることもあるそうです。小学生以上から参加可能で、所要時間は約45分です。

参加料金は年齢により異なり、中学生以上の料金が1000円、小学生の料金は500円となっています。1日2回開催されており、各回20名が定員となります。入場チケット売り場にて先着順の受付となりますので、参加したい方は早めに申し込まれることをおすすめいたします。

注意事項として、バックヤードの床は滑りやすいため、歩きやすい靴、動きやすい服装で参加するようにとのことです。また、申し込みをしていても開始時間に遅れると参加することが出来ません。手荷物の持ち込みも不可となっております。

キッズコーナー

Photo byqimono

館内1階にあるキッズコーナーでは、お子様が思いっきり遊べるよう海の生き物をモチーフにした遊具がたくさん設置されているそうです。ベビーカーで退屈しているよちよち歩きのお子様や、動きたい盛りの活発なお子様の発散にぴったりです。

遊び疲れて眠ってしまったお子様には、ベビーカーの貸し出しサービスや、お腹が空いたお子様には、授乳室やオムツ替えスペースも数か所用意されています。多目的トイレも館内に7箇所設置されているため小さなお子様連れでも安心です。

また、バリアフリーにも力を注がれており、館内ではスロープが設置されていたり、車椅子優先鑑賞エリアもあります。ベビーカーでの移動も安心です。

大分マリーンパレス水族館のショップ・レストラン

Photo bynile

お土産や思い出の品を購入できるショップ、ランチや休憩におすすめのレストランやカフェも併設されていますのでご紹介いたします。

オープンショップ

Photo byHans

館内1階と2階には、それぞれオープンショップという総合お土産売り場があります。1階では定番のお菓子やボールペンなどのほかに、大分県の特産品も取り扱っているそうです。こちらへはうみたまごに入館しなくても入ることができます。

2階では、うみたまごオリジナルグッズやぬいぐるみ、お菓子や衣類なども販売されています。キッズTシャツはお求めやすい料金となっているので、汚れてしまったときのお着替えにもぴったりです。

Photo byOldiefan

定番のぬいぐるみはもちろん、最近では実用性のある海の生きものをモチーフにしたハンディ扇風機の人気が上昇中とのことです。さらに、キャンディーやラスクなどのお菓子もお土産品として定番人気となっています。

フードコート

Photo byFree-Photos

館内1階には、お子様連れでも気軽に楽しめる、フードコート仕様のレストランが併設されています。テーブル席は132席、小さなお子様にも安心な小上がり席も18席用意されています。

メニューは大分ならではの郷土料理から、お子様に人気のカレーライスやフライドポテトまで豊富なラインナップとなっています。取り分けでも食べやすいうどんやラーメンもあります。定番で1番人気のメニューは大分名物とり天定食だそうです。

ソフトクリームやアイスクリームの販売もあります。営業時間は9:00から18:00までとなっており、夜間営業がある場合のみ9:00から21:00までの営業となります。

カフェテリア A-ZOO

Photo byPhotoMIX-Company

館内2階には、開放的で眺めの良いカフェが併設されています。水族館とは思えない本格的スイーツが好評です。専属のパティシエが腕をふるった焼き菓子やプリンなどがコーヒーや紅茶とともに頂けます。

お子様でも飲みやすいオレンジジュースやアップルジュース、さらに世界のビールやノンアルコールビールまでドリンクも幅広く揃っています。

店内の座席は45席のゆったり広々した空間になっております。営業時間は11:00から16:00までとのことです。

電話番号 097-514-3434

大分マリーンパレス水族館の料金・アクセス

Photo byJamesDeMers

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」への入場料金は、大人(高校生以上)2200円、小人(小中学生)1100円、幼児(4才以上)700円となっております。公式ホームページから購入できるwebチケットなら、大人2100円、小人1050円、幼児650円の割引料金になります。

バースデー料金割引サービスがあり、4才以上の方で生年月日の証明が出来れば、大人1900円、小人900円、幼児600円のお得な料金で入場可能です。また、70才以上の方はシニア割引の1800円で入場できます。

Photo byFree-Photos

お車でのアクセス方法は、福岡北九州方面からは九州自動車道より大分自動車道へ乗り換え「別府IC」で降り、県道52号線→国道10号線と進みます。宮崎方面からのアクセスは、東九州自動車道で大分IC→県道21号線→国道10号線へと進みます。

熊本方面からのアクセスは、鳥栖JCTより大分自動車道へ「別府IC」で降り、県道52号線→国道10号線と進みます。一般道経由のアクセスは、国道57号線より大分県へ、犬飼方面に進み国道10号線で大分市内へ、国道210号線経由で国道10号線へ戻ります。

大分で人気の観光地、温泉街からもアクセスが良く、行きや帰りの道中に立ち寄られる観光客も多いようです。

フリー写真素材ぱくたそ

各交通機関からのアクセスは、別府駅からバスで約15分、別府北浜バス停より約10分、大分駅よりバスで約25分、別府国際観光港よりバスで約15分、西大分港よりバスで約20分、大分空港よりバスを乗り継ぎ約50分です。バスを利用するとスムーズなアクセスでおすすめです。

駐車場は800台あり、普通自動車1回410円、バス1回1030円、二輪車は無料で利用可能です。利用時間は3月から10月が8:30から18:30まで、11月から2月までは8:30から17:30までとなっています。営業時間延長時のみ7:30から19:30までとなります。

Photo byMariamichelle

駐車料金もリーズナブルで各方面からのアクセスが良いのも、大分マリーンパレス水族館うみたまごの人気の理由です。

住所 大分県大分市大字神崎字3078番地22
電話番号 097-534-1010

大分観光なら人気の水族館「うみたまご」は外せない!

Photo bynightowl

全国にたくさんある水族館ですが、大分「うみたまご」はここでしか体験出来ない見所満載の魅力あふれる水族館です。観光地からもアクセスが良いので、ぜひ大分観光の際は立ち寄られることをおすすめいたします。

海と一体化したような大自然が感じられ、まるで自然界に暮らしているような、のびのびした動物に旅行疲れも一気に癒やされることと思います。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング