東京ソラマチの魅力を徹底紹介!デートから家族連れまで楽しめる!

東京ソラマチの魅力を徹底紹介!デートから家族連れまで楽しめる!

東京スカイツリーに直結する東京ソラマチは、グルメやショッピング、水族館など、多彩なジャンルで人気のある大型商業施設です。デートから家族連れまで、観光はもちろん、観光以外でも楽しめます。シーンに合わせた東京ソラマチでの楽しみ方を、詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「東京ソラマチ」は幅広い年代におすすめのスポット
  2. 2.東京ソラマチのテーマは「新しい下町」
  3. 3. 東京ソラマチにある日本一高い「東京スカイツリー」
  4. 4.東京ソラマチの「すみだ水族館」は珍しい展示法で人気
  5. 5.東京ソラマチは「プラネタリウム」など子供も遊べる
  6. 6.東京ソラマチは「ご当地グルメ」揃い!ランチも人気
  7. 7.東京ソラマチは「アパレルショップ」も充実
  8. 8.東京ソラマチの「お土産」は日本らしさがあって大人気
  9. 9.東京ソラマチでバラエティに富んだ店を巡ろう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

「東京ソラマチ」は幅広い年代におすすめのスポット

東京ソラマチには312の店舗があり、ファッション雑貨、お土産、日用品などのショッピングを楽しめるほか、カフェやスイーツ、フードコート、ご当地グルメが味わえるレストランなどのグルメも充実しています。また、水族館やプラネタリウムなどの体験型の施設があり、子供から大人まで楽しみ方はさまざまで幅広い世代に親しまれています。

東京スカイツリーだけで終わるのはもったいない、と思わせてくれる東京ソラマチはここだけでしか味わえない魅力がいっぱいです。今回は、デートでもよし!家族連れでもよし!ランチからディナーまで東京ソラマチの中でもおすすめの店舗や見どころを厳選してご紹介します。

「東京ソラマチ」の基本情報

Photo by OiMax

東京ソラマチは、東京都墨田区押上に東京スカイツリーとともに2012年5月にオープンしました。東京スカイツリーの人気は衰え知らずで、土日だけでなく平日も全国から人々が集まります。その足元にあり、東京スカイツリーに直結している東京ソラマチは、日本全国の人気店、話題のお店などが300店以上ズラリと揃っており、連日多くの人で賑わっています。

東京ソラマチの営業時間は10:00~21:00で、6・7F、30・31Fのレストランフロアは11:00~23:00まで営業しています。夜の営業時間が長いので、昼間の観光やランチ、ショッピングだけでなく、1日を通して観光、グルメ、ショッピングを楽しめます。

Photo bydongpung

駐車場は約1000台あり、東京ソラマチに直結しているため、ベビーカーでも安心、雨でも濡れず快適に楽しめます。電車でのアクセスは、東京スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅すぐ、東武スカイツリーライン・メトロ半蔵門線・都営浅草線・京成線の押上駅徒歩1分ほどです。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号

「東京ソラマチ」がある押上はこんな町

Photo by Zengame

東京ソラマチのある押上は、「東京の下町」を代表する街の一つです。東京ソラマチから少し歩くと川や木などの自然、こじんまりした商店や工場などが随所に見られ、下町の風情を感じられます。観光で人気の浅草へも歩いて行くことができ、東京スカイツリーのオープン以降、街全体が観光スポットになっています。

Photo by hans-johnson

東京スカイツリーは近くで写真を撮ると全体を写すのがとても難しく、タワーの先端が切れてしまったり、人物とタワーがカメラに収まらなかったりしてしまいがちです。東京スカイツリー全体をしっかり写真に収めたいなら、東京ソラマチから少し歩いて、押上を散策しながら、ベストスポットを探すのがおすすめです。

押上は、とうきょうスカイツリーライン、東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成線が通っており、羽田空港や成田空港からのアクセスも良く観光しやすい街です。東京スカイツリーを訪れた時には押上も歩き、下町の風情を感じてみてはいかがでしょうか。

東京ソラマチのテーマは「新しい下町」

Photo by 373bousou yoshino

東京ソラマチは、東京スカイツリーとともに都心と東武沿線、日本と世界を結ぶゲートシティを目指した商業施設です。「新・下町流」の開発ビジョンのもと、人、街、商いを育てることで新しい下町を世界に発信し、東京を代表する観光スポットになっています。

グルメ、ショッピング、観光など300店舗以上がズラリと揃い、日本の伝統と新しい日本の両方を演出している東京ソラマチは、一度訪れただけでは味わい尽くせない、「新しい下町」が広がっています。

東京ソラマチの興味深い「各エリア」

Photo by Dick Thomas Johnson

東京ソラマチはウエストヤード、タワーヤード、イーストヤードに分かれており、エリアごとにテーマが分かれています。グルメやショッピングに観光まで多彩な東京ソラマチですが、その中でも特徴的なソラマチ商店街、ジャパンエクスペリエンスゾーン、フードマルシェをご紹介します。

Photo by xiquinhosilva

イーストヤード1Fのソラマチ商店街は、古き良き下町の風情と和風モダンが融合し、バラエティ豊かな店舗が30店舗以上集まります。各店舗入口横にある行灯が印象的で、歩くだけでどこか懐かしい雰囲気と賑わいを感じられます。主に雑貨や食品などのお土産とカフェやスイーツなどのグルメが楽しめます。

イーストヤード5Fのジャパンエクスペリエンスゾーンは墨田区の文化や伝統などの情報や新しい日本文化を発信するスペースです。下町の魅力をアピールする墨田区のアンテナショップショップには、職人技が光る革や江戸切子の工芸品や地元で人気の和菓子が並び、併設の茶屋でいただくこともできます。他にも映像体験施設などがあり新しい日本文化を体験できます。

Photo byTeroVesalainen

ウエストヤード、タワーヤード2Fのフードマルシェには地域の台所のコンセプトのもと、生鮮食品やお惣菜、製菓材料専門店などの店舗が並びます。大型商業施設とは思えないほど品揃えが豊富で、新鮮な野菜やお魚、お肉を買うことができるため地元の人で賑わいます。下町をモチーフにしたスイーツなどの限定スイーツや手土産アイテムが揃います。

東京ソラマチのバラエティに富んだ「各店舗」

Photo byPexels

東京ソラマチには、ここでしか買えない限定グッズが沢山あります。ウエストヤード3Fのリラックマストアには、幅広い世代に人気のキャラクター、リラックマやすみっコぐらしの公式「ライセンスグッズ」が購入できます。東京スカイツリーとの限定コラボグッズはお土産にもおすすめです。

Photo by95839

ウエストヤード4Fのツリービレッジには、民放テレビ5局のバラエティやドラマ、映画などのテレビ局公式グッズや、ここでしか買えないアニメやキャラクター、人気のアーティストグッズなど幅広い品揃えがあります。テレビ好きの人へのお土産は、ツリービレッジの限定グッズが喜ばれるかもしれません。

さらに、ツリービレッジに併設するカフェではさまざまなタイトルとコラボレーションした「コンセプトカフェ」を毎月展開しており、見た目にも楽しいやフードやドリンクは必見です。

東京ソラマチにある日本一高い「東京スカイツリー」

フリー写真素材ぱくたそ

東京スカイツリーは高さ634m、世界一の高さを誇る自立式電波塔として建設されました。今ではすっかり東京の新ランドマークとして定着した東京スカイツリーの人気は衰え知らずです。人々を楽しませるため細部にまでこだわった東京スカイツリーの見どころをいくつか紹介します。

Photo by Kentaro Ohno

4Fの出発ロビーの天井やチケットカウンター、天望デッキまで約50秒で運ぶ「天望シャトル」は、江戸切子の伝統的な模様をかたどったモチーフで作られています。天空への旅の前にもあちこちにほどこされた光や伝統を生かした演出にも注目です。

Photo by MiNe (sfmine79)

地上350mの天望デッキからは関東平野を一望でき、天気の良い日には富士山を望むことができます。塔の真下を見下ろせるガラス床が3カ所あり、目がくらむような強烈なスリルを味わえます。また、最上の眺めを堪能するレストランやカフェはランチからディナーまで楽しめます。

天望デッキにある東京スカイツリーのオフィシャルショップ「THE SKYTREE SHOP」には有名ブランドとコラボしたお菓子や雑貨などお土産好適品が充実しています。地上階の店舗では買えない天望デッキ限定グッズはお土産におすすめです。

Photo by Zengame

スタッフにより撮影をしてもらえるフォトサービスは、ガラス床に乗って足元に広がる鉄骨や景色とともに記念撮影ができ、東京スカイツリーオリジナルのフレームに撮った写真を入れてもらえます。自分のカメラでも撮影をしてもらえるため天望デッキでの思い出を残すのにおすすめです。

Photo by hiroooooki

天望デッキよりさらに100m高い地上450mの天望回廊は、ガラス張りの回廊が塔をぐるりぐるりと昇って約110m続き、最高到達点にたどり着きます。丸く迫り出したガラス窓からの見える大空や東京の町並み、神奈川や千葉の海、埼玉の山並みはまさに絶景です。

最高到達点の451.2mにある「ソラカラポイント」は、床面のライトと鏡が作用して、まるで体が浮いているような不思議な感覚になります。

Photo by hans-johnson

東京スカイツリーの営業時間は8:00~22:00で、最終入場は21:00までです。天望デッキ、天望回廊への料金が2019年4月1日より値下げされたので、ぜひ一度日本一の高さからの絶景をお楽しみください。

スカイツリーを見上げられる「スカイアリーナ」も

Photo by TAK.

押上駅を降りてすぐのソラミ坂広場からエスカレーターで4Fへ昇ると、東京スカイツリーを間近に見上げる広場のスカイアリーナが広がっています。ここから見上げる東京スカイツリーは圧巻で、ランチやショッピングの合間の休憩にもおすすめの広場です。

スカイアリーナでは季節ごとにプロジェクションマッピングやスケートなど、さまざまなイベントを行っています。東京スカイツリーのふもとでここでしか味わえない貴重な時間を過ごせます。

フリー写真素材ぱくたそ

東京スカイツリーは19:00~24:00までライトアップを行っています。19:00~20:00は白色のシンプルな演出ですが、20:00~24:00は日替わりで橙色の「幟」・青色の「粋」・江戸紫の「雅」と、テーマごとのライトアップが行われています。日が沈み一艘ロマンチックに輝く東京スカイツリーをスカイアリーナから眺めると、より幻想的な世界を楽しめます。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号 0570-55-0634

東京ソラマチの「すみだ水族館」は珍しい展示法で人気

Photo by masayukig

東京スカイツリー出口からすぐ、ウエストヤード5Fにすみだ水族館があります。すみだ水族館は他の水族館とは違い、お客さん、いきもの、スタッフがより近い距離で接することのできる珍しい展示方法で人気の水族館です。大きなプールで自由に泳ぐペンギンの水しぶきが当たったりオットセイの息づかいを感じられたり、いきものとの近さに驚くほどです。

すみだ水族館には小笠原諸島の青く澄んだ海を再現した巨大水槽があり、ウミガメやエイなど80種4000点ものいきものたちが青く輝く水の中を泳いでいます。水槽の目の前にはベンチがあるので、多様ないきものたちを見ながらゆったりとした時間を過ごせます。

Photo by june29

すみだ水族館では、1日数回、ペンギンやチンアナゴの餌やりを行っています。約50羽のペンギンにはそれぞれ名前があり、飼育スタッフが1頭ずつ名前を呼びながらエサを与えます。栄養管理のためすべてのペンギンたちにエサを与えようと奮闘する飼育スタッフたちの姿に魅了されます。

ペンギンのプールの横にはカフェがあり、ペンギンをコンセプトにしたドリンクやホットドックなどが楽しめます。水族館でランチをしながら優雅に泳ぐペンギンを眺められ、心和む空間を演出しています。

Photo by Zengame

また運が良ければオットセイの散歩に遭遇することがあります。オットセイたちが水族館内を歩き回るので、その近さに圧倒されます。他にもいきものについて学べるワークショップも毎日開催されており、すみだ水族館は連日多くの子供たちで賑わっています。水族館出口にはお土産コーナーがあり、すみだ水族館にいるいきものたちのグッズが所狭しと並んでいます。

すみだ水族館の営業時間は9:00~21:00で、最終入場は20:00です。年間パスポートはすみだ水族館の入場料2回分で購入でき、東京ソラマチ内のグルメやショッピングの各店舗でサービスが受けられるので、とてもお得です。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号 03-5619-1821

東京ソラマチは「プラネタリウム」など子供も遊べる

Photo by kamosawa

イーストヤードの7Fにある、プラネタリウム「天空」は子供から大人まで楽しめる場所としておすすめです。「天空」の名が示す通り、館内は巨大なドーム型のスクリーンにすっぽり覆われ、一気に宇宙空間へ旅立てる雰囲気です。最先端の光学技術が生み出す、感動の映像体験をぜひ一度体験してみてください。

「天空」のプラネタリウムは、毎日時間ごとに3種類ほどのプログラムを上映しています。人気アーティストとのコラボプラネタリウムやリフレッシュしたい方へのヒーリングプラネタリウムなど、それぞれテーマが違うので、気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

プラネタリウム「天空」の営業時間は11:00の回~21:00の回で、土日祝日は10:00の回~21:00の回となっています。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号 03-5610-3043

東京ソラマチは「ご当地グルメ」揃い!ランチも人気

Photo byK2-Kaji

東京ソラマチではグルメも外せません。イーストヤード6・7Fのソラマチダイニングには日本全国の人気グルメが揃い、特にランチタイムには多くの人で賑っています。和食や洋食の名店から、行列の絶えない人気店など30店舗ほどが並んでいます。お得なランチメニューのある店舗も多いので、ぐるっと各店舗を回って比較してみるのもおすすめです。

牛タン・ひつまぶし・もんじゃ等の名店

Photo by machu.

イーストヤード6F「牛タン炭焼 利久」は仙台に本店を構える牛タン専門店です。手造りにこだわり、熟練の職人の手作業で1枚ずつ丁寧に仕込んだ牛タンを炭火で一気に焼き上げます。肉厚の牛タンや付け合わせのお新香にごはんが進みます。

お土産用のお弁当もあるので、テイクアウトしてスカイアリーナで東京スカイツリーを見上げながらランチをいただくのもまた格別です。

Photo by zenjiro

イーストヤード6Fの「ひつまぶし名古屋 備長」では備長炭でじっくりと焼き上げた上質な鰻を堪能できます。おすすめは名古屋名物ひつまぶしで、グルメの街名古屋を本店とする本場の味を、3通りの美味しさで楽しめます。

サイドメニューの「う巻き」は鰻を芯にして巻いた卵焼きで、ひつまぶしと並ぶ人気メニューです。鰻専門店ならではの香ばしい鰻と卵のハーモニーをぜひ1度試してみてください。

Photo by t-mizo

イーストヤード7Fには東京月島のもんじゃストリートに本店のある名店「だるま」があります。東京月島名物のもんじゃ焼きは90種類以上あり、明太子やもち、チーズなどトッピングも自由に選べます。味よし、コスパ良しのもんじゃ焼きは家族で気軽に立ち寄りたいランチにおすすめなグルメです。

ここではもんじゃ焼きを自分で焼いて出来上がる過程を楽しむのがおすすめです。焼くのに自信がないという方は、スタッフに焼いてもらうこともできます。

Photo by omoon

イーストヤード7Fの「江戸東京 寿し常」では職人が握る本格江戸前寿司が食べられます。店内の水槽で泳いでいる新鮮な魚を職人が目の前でさばき、握るお寿司はグルメな江戸っ子もうならせます。立ち食いコーナーも併設しており、伝統の江戸前寿司が手軽に楽しめます。ランチを短時間で軽くに食べたいという方にもおすすめです。

ここでいただけるのはお寿司だけではありません。1日限定20食のツリー丼は、海老や野菜の天ぷらが東京スカイツリーのように高くそびえ立ち、その高さが30cmほどあります。その見た目とボリュームは驚くこと間違いなし!写真映えするので若者から、グルメな人まで注目の一品です。

「寄席」が楽しめる和食も

Photo by Masahiro Ihara

日本らしさ、江戸らしさを味わいたいなら、イーストヤード7Fの「江戸味楽茶屋 そらまち亭」はいかがでしょうか。ここでは、江戸甘味噌を使用したオリジナルメニューを味わえるほか、夜には落語や色物などの寄席を楽しむことができます。

海鮮から揚げ物、麺類までランチメニューも充実しており、演芸ホールを思わせる内装は江戸の居酒屋の雰囲気を楽しむことができます。座敷、小上がり、カウンター席があるので子連れやお年寄りとランチや、夕食の利用もゆっくりくつろげるのでおすすめです。

30Fから「スカイツリーを望められる」フレンチも

フリー写真素材ぱくたそ

イーストヤード30Fには、目の前にそびえ立つ東京スカイツリーを眺めながら極上フレンチがいただける「ブラッスリーオザミ」があります。フランスから届く旬の食材や、厳選された150種類以上のワインリストが魅力で、グルメな人々が集まっています。

ランチ、カフェ、ディナー、バータイムに分かれており、それぞれメニューが異なるため、訪れる時間によって多彩なシーンで楽しめます。ランチタイムにはフレンチのコースが格安で食べられ限定メニューもあります。夜は東京スカイツリーがライトアップされ、素敵な夜景とともに食事を楽しめるためデートや記念日におすすめです。

東京ソラマチは「アパレルショップ」も充実

Photo by70154

東京ソラマチはレディース、メンズともにアパレルショップが充実しており、有名ブランドの店舗が並んでいます。イーストヤード2・3Fにはデイリーからフォーマルまで、幅広いジャンルの洋服を取り扱っており、観光やグルメのついでに探せます。

また東京ソラマチは店舗や通路が広く作られているため品揃えが多く、ベビーカーでもゆっくり見ることができるので、子連れでのショッピングにおすすめです。

東京ソラマチの「お土産」は日本らしさがあって大人気

フリー写真素材ぱくたそ

東京ソラマチで外せないのが、日本らしくユニークなものが揃うお土産選びです。イーストヤード4Fのジャパンスーベニアのエリアには、包丁や手ぬぐい、お箸、駄菓子などの専門店が並び、個性派の店舗の中からお土産はもちろん、自分へのご褒美にお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

日本の良さを再発見「ジャパンスーベニア」

Photo byworkshop_weddings

ジャパンスーベニアのエリアの中の「日本市」という店舗では、「日本のお土産」をコンセプトにした全国の特産品が揃っています。中でもおすすめは人気NO1のふきんです。丈夫で吸水性が良く、乾きも早いことから近年注目が高まっており、東京スカイツリーや飛行機、熱気球など柄のバリエーションが豊富でお土産に最適です。

Photo by ume-y

イーストヤード5Fの「すみだまち処」という墨田区のアンテナショップには伝統工芸の江戸切子を扱うコーナーがあります。繊細なカットで職人が丁寧に作り上げる色とりどりのグラスの美しさに目を奪われます。江戸時代から受け継がれてきた色鮮やか江戸切子は特別な人への贈り物やお土産に、喜ばれること間違いなしです。

大人も夢中になる「食品サンプルの専門店 TOKYO」

Photo by sayo-ts

イーストヤード4Fにある食品サンプル専門店「元祖サンプル屋TOKYO」では、天ぷらや寿司など本格的な食品サンプルを買うことができます。近年、国内外問わず注目されている食品サンプルは本物と見間違うほど精巧に作られており、つい足を止めてしまいます。

カレーやトーストなど、実物大に作られた食品サンプルの他にも、キーホルダーやマグネットなどの小ぶりな食品サンプルの品揃えが豊富なため、お土産として買い求める人で賑わっています。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号 03-5809-7089

東京ソラマチでバラエティに富んだ店を巡ろう

Photo bysteven_yu

今回は東京ソラマチでデートから子連れまで楽しめる、グルメや観光、おすすめの店舗などさまざまな楽しみ方をご紹介しました。デートでどこに行けば良いの?子連れでゆっくり遊べるの?と疑問に思っていた方も、水族館にプラネタリウム、ユニークなお土産まで東京ソラマチの魅力を知っていただけたのではないでしょうか。

東京ソラマチの楽しみ方は無限大です。ランチからディナーまで雨でもゆっくり楽しめる東京ソラマチで大切な人と素敵な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

tunchan
ライター

tunchan

関連記事

人気記事ランキング