「大洗キャンプ場」は自然の遊び場が魅力的!「サンビーチキャンプ場」もご紹介

「大洗キャンプ場」は自然の遊び場が魅力的!「サンビーチキャンプ場」もご紹介

茨城県の大洗町にある「大洗キャンプ場」は、松林などの木々に囲まれたキャンプ場です。キャンプ場の近辺には子供が楽しめる遊び場や、グルメが味わえる場所がたくさんあります。「サンビーチキャンプ場」も併せて自然に囲まれた「大洗キャンプ場」の魅力を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.「大洗キャンプ場」は自然あふれる魅力的なキャンプ場
  2. 2.大洗キャンプ場の「おすすめポイント4つ」
  3. 3.子供も喜ぶ!大洗キャンプ場は「自然の遊び場」が充実
  4. 4.大洗キャンプ場は「初心者やバイカー」に優しい!
  5. 5.大洗キャンプ場周辺は「魅力的な観光名所」がたくさん
  6. 6.大洗では「サンビーチキャンプ場」もおすすめ
  7. 7.大洗キャンプ場で自然とグルメを満喫しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

「大洗キャンプ場」は自然あふれる魅力的なキャンプ場

Photo byBrahmsee

茨城県大洗町の大洗港のすぐ近くにある「大洗キャンプ場」は、緑豊かであるのが魅力のキャンプ場です。松林や植物に囲まれた「大洗キャンプ場」は、近辺には子供たちの遊び場もたくさんあります。子供を連れて家族で行くのも、友人と行くのもおすすめのキャンプ場です。

「大洗キャンプ場」は、「森林浴の森日本100選」にも選ばれた松林が有名です。「森林浴の森日本100選」は、健康のために日本に昔から存在している森林を活用することを考えている複数の団体が、自然保護の為や、国民の健康の為に役立てている森林を選定しています。

Photo byBergadder

大洗は、有名なアニメである「ガールズ&パンツァー」の舞台となった場所です。「大洗キャンプ場」も作中に登場しており、「大洗キャンプ場」の公式サイトにも載っています。また、併設されている幕末と明治の博物館では「ガールズ&パンツァー」のグッズも貰えます。

松林が「森林浴の森日本100選」に選ばれたことや、アニメの舞台になったことも魅力の1つとなり、「大洗キャンプ場」に足を運ぶお客さんも増えています。松林に囲まれながら森林浴を楽しみ、いつもの街の喧騒を忘れてゆっくり過ごすことができるおすすめのキャンプ場です。

大洗キャンプ場の基本情報

Photo bynzzang

「大洗キャンプ場」は、茨城県東茨城郡大洗町にあるキャンプ場です。大洗港のすぐ近くにあるので、潮風を感じることができるのも「大洗キャンプ場」の魅力です。また、キャンプ場内の施設も充実しており、清潔感のあるキャンプ場です。

「大洗キャンプ場」は自然と触れ合える遊び場もあるので、子供を連れて家族でキャンプに行くのにもおすすめのキャンプ場です。きちんと整備されていますので、子供を連れて行っても安心してキャンプを楽しむ事ができます。

Photo by kikmoyoo

フリーテントサイトの利用料は、1人につき1泊大人1300円、中高生850円、小学生以下が600円です。テントを張る場所も、テントを設置する数も自由となっていますので、空いている自分の気に入った場所にテントを設置することができます。

住所 茨城県東茨城郡大洗町磯兵町8231-4
電話番号 029-267-2276

大洗キャンプ場へのアクセス

Photo by taka_jp

「大洗キャンプ場」へのアクセスは、東京から車で向かう場合、およそ1時間30分ほどで到着します。北関東自動車道・東水戸道路「水戸大洗IC」から10分ほどです。駐車料金は大型車1500円、普通車800円、オートバイで200円です。最大200台停めることができます。

電車で「大洗キャンプ場」に向かう場合、JR上野駅~水戸駅間で特急を使っておよそ1時間10分ほどです。水戸駅に到着したら、水戸駅~大洗鹿島線「大洗駅」まで向かいます。およそ16分ほどで大洗駅に到着です。

Photo by Mayuki

大洗駅に着いたあと、タクシーかバスを利用して「大洗キャンプ場」へ向かうことができます。タクシーを使うと5分で到着です。また、循環バス海遊号でおよそ6分ほどで到着です。「幕末と明治の森博物館入り口」で下車してください。

行く前にチェックしておくこと

Photo by Kelra555

「大洗キャンプ場」に向かう前に、キャンプ場を利用する日の天気や気温は確認しておきましょう。天気や気温を確認することによって、必要な物が変わってきます。もし雨や曇りなどの天気が怪しい場合はテント以外でも雨風を凌げるカッパや傘が必要です。

雨が降っている時には、低い場所ではなく、高い場所にテントを設営するのがおすすめです。雨の日は、なるべく盛り上がっていて平らな場所にテントを設営しましょう。大型連休以外の雨の日は比較的空いていることが多いので、各施設に近い場所に設営することができます。

Photo bynotaclueadventures

「大洗キャンプ場」の混雑情報を事前に調べておくこともおすすめです。「大洗キャンプ場」は、予約なしのキャンプ場です。基本的にGWやお盆などの連休以外では入ることができますが、不安であれば当日や前日の混雑情報などをキャンプ場に確認するのもおすすめです。

大洗キャンプ場の「おすすめポイント4つ」

Photo by Robert Thomson

「大洗キャンプ場」は非常に利用しやすいキャンプ場になっています。初めてキャンプに行かれる方も気軽に行けるのが魅力の1つでもあるキャンプ場です。「大洗キャンプ場」には内部に様々な設備があり、近隣にも食材が揃うお店があります。

予約不要!テントスペースも自由!

Photo by Robert Thomson

「大洗キャンプ場」は予約不要のキャンプ場です。テントスペースは、空いている場所であればどこにでも設置可能になっています。なるべく各施設に近い場所に設営するのがおすすすめです。

「大洗キャンプ場」の魅力の1つである松林や、自然をより感じられる場所にテントを設営するのもおすすめです。森林浴をしながら綺麗な空気をめいっぱい吸い込むことができます。木々が多い場所の空気はとても綺麗です。心も体も癒す事ができます。

大洗キャンプ場は手ぶらBBQができる!

フリー写真素材ぱくたそ

「大洗キャンプ場」は、バーベキューコーナーや自分が設営したテントスペースにてバーベキューをすることができます。バーベキューに必要な機材などをレンタルすることができ、事前に用意して持っていく手間を省く事ができるのも魅力の1つです。

バーベキューに必要な食材だけ自分で用意し、バーベキューを楽しむことができます。レンタル料金は、バーベキューコンロ大(10名用)で1500円、中(7~8名用)で1000円、小(5名用)で500円です。バーベキューコンロには網や鉄板、トングも着いています。

フリー写真素材ぱくたそ

バーベキューコンロには数に限りがありますので、レンタルされる場合は事前予約が必要です。また、炭や薪も販売しています。炭1箱450円、薪1束で500円です。

バーベキューで汗をかいたり、煙の匂いが体に染み付くのが嫌な方は、温水コインシャワーがキャンプ場にありますので、是非ご利用ください。12室あり、1分30秒ごとに100円となっています。

トイレやコインランドリーなどの施設が充実!

Photo by Kentaro Ohno

「大洗キャンプ場」では、トイレやコインランドリーの施設も充実しています。水洗トイレ棟が新たに設営され、トイレにはウォシュレットもついています。また、バリアフリートイレもあります。洗面所には窓が設置されており、木漏れ日が差し込む綺麗なトイレとなっています。

混雑時は、仮設トイレも設置されます。コインランドリーも内部にあり、洗濯機1台、乾燥機1台が設置されています。コイン式洗濯機、乾燥機共に1回100円です。利用時間が10時~18時となっていますので時間内に利用しましょう。混雑している時は21時まで利用できます。

「大洗キャンプ場」から車で5分ほどの場所に大型コインランドリーもありますので、内部のコインランドリーが混雑していたら最寄の大型コインランドリーを利用するのもおすすめです。

車で数分行けばスーパーやコンビニあり!

Photo bystevepb

「大洗キャンプ場」から車で数分の場所にスーパーやコンビにがあるのも魅力の1つです。スーパーは「大洗キャンプ場」のすぐ隣にありますので、徒歩でも向かうことができます。徒歩1分です。出発前に食材や飲み物を買う手間を省く事ができます。

バーベキュー中に食材や飲み物が足りなくなってもすぐに買いに行くことができます。日用品ももちろん販売しています。また、都市の方よりも値段が安いのがスーパーの魅力で、キャンプ帰りに買い物をして行く方も居ます。お財布にも優しいスーパーです。

Photo by INABA Tomoaki

「那珂湊のおさかな市場」や、「大洗海鮮市場」も「大洗キャンプ場」の近辺にあります。お肉以外にも新鮮な魚介類を調達することができます。「大洗キャンプ場」から食材を買うことのできる場所が近くにたくさんあるのは「大洗キャンプ場」の魅力の1つです。

子供も喜ぶ!大洗キャンプ場は「自然の遊び場」が充実

Photo byFree-Photos

「大洗キャンプ場」の近くには、子供も楽しめる遊び場があります。自然の中でのびのびと遊ぶことができる遊び場です。最近はゲーム機が普及し、子供たちが自然の中で遊ぶ機会も減ってきています。遊び場で自然と触れ合うことができるのも「大洗キャンプ場」の魅力です。

子供たちと遊び場で自然と触れ合いながら、家族の絆を深めることができます。友人や恋人と利用するのももちろんおすすめです。遊び場にてキャンプ場以外でもたくさんの思い出を作りましょう。

釣り・海水浴

Photo bysarahbernier3140

「大洗キャンプ場」から徒歩10分ほどの場所にある子供たちの遊び場で、「大洗海水浴場」があります。夏場は大洗海水浴場で海水浴を子供たちと楽しむことができます。また、近くに釣具屋があり、決められた場所にて気軽に釣りをすることもできます。

「大洗キャンプ場」の眼下には、涸沼川(ひぬまがわ)も流れています。涸沼川も遊び場の1つで、川釣りを楽しむのもおすすめです。大貫橋や、涸沼橋付近が釣りスポットで賑わっています。季節によっては、ニシンやサケも釣ることができ、ハゼやボラなども釣ることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

子供たちに自然と触れ合う楽しさを教えることが出来る遊び場が近くにあるのも、「大洗キャンプ場」の魅力です。「大洗キャンプ場」に来られた際には、是非子供たちと海水浴場や釣りを楽しんでみてください。

大洗キャンプ場は「初心者やバイカー」に優しい!

Photo by nidate

「大洗キャンプ場」は、キャンプが初めての方や、キャンプ初心者に優しいキャンプ場です。キャンプ場内には、ウッドキャビンがあり、2段ベッドや冷暖房が完備されています。全10棟あり、1棟の定員数は5人までです。2ヶ月前から予約することができます。

利用料は、1泊2名6000円、3名8000円、4名10000円、5名で12000円です。5名以上の場合は1人につき1000円ずつ加算されていきます。各1棟につきすぐ横に1台車が停められる駐車スペースも用意されています。

Photo by Koji Horaguchi

デッキやピクニックテーブルも完備されています。マットは用意されていますが、シーツや枕は用意されていませんので、ご利用の際は必要であればシーツや枕を持っていきましょう。毛布は250円で管理棟にて貸し出しをしています。

バイカーに優しいのも「大洗キャンプ場」の魅力です。バイクでの乗り入れができますので、バイカーの皆さんも安心して利用することができます。テントなども2000円でレンタルすることができます。キャンプグッズが借りられるのはバイカーにとっては有難いことです。

大洗キャンプ場周辺は「魅力的な観光名所」がたくさん

Photo bypaulbr75

「大洗キャンプ場」は近辺に遊び場や観光地が多いのも魅力の1つです。家族でキャンプ場に来ているのであれば、子供たちをつれて近くの観光名所に足を運ぶのもおすすめです。友人や恋人と行ってももちろん楽しむことができます。

「大洗キャンプ場」以外でも大洗の観光名所に足を運ぶことによって、より大洗の町に触れることができます。アニメ「ガールズ&パンツァー」のファンの方は観光地以外にも、作中に登場した場所の聖地巡礼などをして大洗をより楽しんでいます。

大洗の海を再現「アクアワールド茨城県大洗水族館」

Photo bypieonane

大洗の美しく広大な海を再現している「アクアワールド茨城県大洗水族館」は、「大洗キャンプ場」から車で5分の場所にあります。2階から6階まである大きな水族館です。シンボルであるサメの飼育に力を入れている水族館です。水族館に居る魚の数も多く、とても楽しめます。

イルカやアシカのショーを楽しむことができます。グッズ売り場ではオリジナルグッズも販売しており、お土産を買うのにもおすすめです。子供たちが盛り上がり、楽しむことができる観光地です。

住所 茨城県東茨城郡大洗町磯兵町8252-3
電話番号 029-267-5151

新鮮な海鮮グルメを味わえる「大洗海鮮市場」

Photo by Richard, enjoy my life!

「大洗キャンプ場」の近くには、「大洗海鮮市場」もあります。大洗の海で獲れた新鮮な魚達を購入することができます。自家製の干物も並んでいます。また、スーパーで取り扱っていない魚もいくつかあり、迷った場合はお店の方に聞くとおすすめを教えてくれます。

「大洗海鮮市場」にある「海鮮どんぶり亭」にて、新鮮な魚介類を使った料理を味わうことができます。スペシャル海鮮丼(1600円)が「海鮮どんぶり亭」の人気メニューであり、新鮮な海鮮が多く盛られています。10月~3月の間にはあんこう鍋(1人前1980円)も食べられます。

Photo by amenohi

「大洗海鮮市場」では浜焼きを味わうこともできます。ほたて(350円)や、ハマグリ(800円)を磯の香りや、自然の風味のまま味わえます。大洗に来たら是非浜焼きを食べるのがおすすめです。本場の浜焼きは、都心の浜焼き屋さんで味わう浜焼きとは格別です。

住所 茨城県東茨城郡大洗町磯兵町8253-56
電話番号 029-267-0121

日帰り温泉に入れる「オーシャンビュー大洗」

フリー写真素材ぱくたそ

「大洗キャンプ場」の近辺には、「オーシャンビュー大洗」という温泉施設があります。日帰り入浴も可能で、最上階には展望大浴場があります。ガラス張りの大浴場であり、大洗の海を眺めながら湯船につかり、至福の時間を過ごすことができます。

岩盤浴もあり、景色を楽しみながら汗を流すことができます。入浴料は、中学生以上が大人料金の750円、3歳~小学生の方は370円です。日~木の11時30分~20時までが入浴時間です。金~土は元気回復の日となっており、11時30分~15時までの入浴時間となっています。

住所 茨城県東茨城郡大洗町東光台8234-1
電話番号 029-267-0488

こちらもおすすめ「ゆっくら健康館」

Photo by amika_san

「大洗キャンプ場」から車で3分で「ゆっくら健康館」に到着します。町営の温泉施設であり、温泉の他に温水プールなども完備されています。温水プールは子供たちの遊び場にもなります。

「ゆっくら健康館」の中にはレストラン「ゆっくら亭」があります。地元で獲れた魚介を使った丼物や定食、魚介類の天ぷらや、煮物、お刺身の盛り合わせを味わうことができます。大洗の魚介類はとても美味しいので温泉で癒された後、「ゆっくら亭」に足を運んでみてください。

住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央26-1
電話番号 029-267-1126

大洗では「サンビーチキャンプ場」もおすすめ

Photo byJonnyBelvedere

大洗のキャンプ場では、「大洗キャンプ場」の他にも「サンビーチキャンプ場」もおすすめです。「大洗サンビーチ海水浴場」に隣接されているキャンプ場で、すぐ目の前が子供たちの遊び場にもなる海水浴場となっています。気軽に海水浴を楽しむことができます。

大洗の海をめいっぱい感じたいという方には「サンビーチキャンプ場」はおすすめのキャンプ場です。日の出鑑賞を楽しむことができ、毎年年末年始には、年越し初日の出キャンプも行っています。海と共に日の出を見ることができるのは一生の思い出となること間違いなしです。

Photo bykordi_vahle

「サンビーチキャンプ場」の利用料金は、入場料が5歳~中学生の方が子供料金の200円、高校生以上が大人料金の300円です。テントサイトは電源つき1区画で1泊4500円、電源なしが1区画で1泊2500円です。1泊と日帰りは同じ料金になってしまいますのでご注意ください。

「サンビーチキャンプ場」へのアクセスは、車で来られる方は「大洗キャンプ場」と同じく、常磐自動車道友部JCから北関東自動車道「水戸大洗IC」にて「サンビーチキャンプ場」に到着します。

東京から電車で来られる方は、「大洗キャンプ場」と同じく、上野駅~水戸駅の特急に乗り、水戸駅~大洗駅で大洗駅に到着します。水戸駅からバスで来られる方は、茨城交通「大洗廻り港行き」か「大洗水族館行き」で「サンビーチキャンプ場」に向かう事ができます。

住所 茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212-57
電話番号 029-267-2234

サンビーチキャンプ場は目の前が海!

Photo byPublicDomainPictures

「サンビーチキャンプ場」は「大洗サンビーチ海水浴場」のすぐ隣にありますので、目の前には広大な海が広がっています。「大洗キャンプ場」と同じく自然を感じることのできるキャンプ場です。子供たちにとっての遊び場が目の前にありますので、家族で行くのもおすすめです。

「大洗キャンプ場」が松林などの木々や緑の自然を感じることのできるキャンプ場であるとするならば、「サンビーチキャンプ場」は自然の海の青さや美しさ、潮の香りを楽しむことのできるキャンプ場です。

サンビーチキャンプ場は施設や設備が充実!

Photo by izunavi

「サンビーチキャンプ場」は、「大洗キャンプ場」と同じく、施設や設備が充実しているキャンプ場です。手ぶらで来れるキャンプ場と公式サイトにて書いてあり、バーベキューの為の道具も一式貸し出しをしています。

「サンビーチキャンプ場」には、バーベキュー用具の貸し出しプランもあり、用具一式だけではなく食材も用意してもらえるプランとなっています。プランによって値段は変わりますが、1人あたり1800円~3500円の間でバーベキュープランを楽しめます。

Photo byBen_Frieden

「サンビーチキャンプ場」内に「はまかぜグランピング」が新たに登場しました。テントサイト一式や、焚き火セット、シャンプーや歯ブラシなどの日用品、温泉施設の割引券がセットになったプランです。手ぶらでキャンプを楽しむことができます。

入場料は、「サンビーチキャンプ場」と変わりませんが、1棟(最大5名まで)1泊13800円となっています。大洗の観光を楽しめるオプショナルツアーも用意されています。キャンプが初めてであったり、初心者の方にはおすすめです。

大洗キャンプ場で自然とグルメを満喫しよう

Photo bymarkusspiske

「大洗キャンプ場」は、有名な松林に囲まれており、自然に触れることのできるキャンプ場です。遊び場も「大洗キャンプ場」の近辺にたくさんあり、子供をつれて家族で行くのも、友人や恋人と行くのもおすすめです。

「大洗キャンプ場」は、キャンプ初心者も気軽に利用することができます。自然の木々たちや、大洗の海のグルメを味わいたい方は、是非「大洗キャンプ場」に足を運んでみてください。

inoco
ライター

inoco

東京都在住のinocoです。一人旅が好きで、時間が空いた際には旅行に出かけています。全国の素敵な観光地や美味しいグルメを皆様に知ってもらいたく記事を執筆しています。

関連記事

人気記事ランキング