岡山県の日本酒おすすめランキングTOP17!人気の「燦然」や「嘉美心」も

岡山県の日本酒おすすめランキングTOP17!人気の「燦然」や「嘉美心」も

今回は岡山でおすすめの日本酒をランキング方式でご紹介していきます。岡山だけでなく全国的にも人気の「燦然」や「嘉美心」も登場します。他にも、酒蔵見学ができる岡山の酒蔵や、女性や日本酒初心者の人におすすめの岡山の日本酒もご紹介します。

記事の目次

  1. 1.岡山は自然豊かで美味しいグルメが豊富!
  2. 2.岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第17位~第11位
  3. 3.岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第10位~第6位
  4. 4.岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第5位~第1位
  5. 5.女性や日本酒初心者にもおすすめな岡山産の日本酒!
  6. 6.岡山の日本酒をより楽しむために酒蔵見学をしよう!
  7. 7.岡山ならではの美味しい日本酒を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岡山は自然豊かで美味しいグルメが豊富!

フリー写真素材ぱくたそ

南に瀬戸内海、北に中国山地を抱える岡山は自然豊かで、海の幸にも山の幸にも恵まれています。また、野菜や果物などの農作物の栽培も盛んで、中国地方でも屈指のグルメな県です。

美味しいグルメがあるところに美味しい日本酒あり!

Photo byKanenori

美味しいものがあるところには、必ず美味しい日本酒があります。岡山も例外ではなく、瀬戸内海の魚に合う爽やかな日本酒から、肉料理に合うしっかりとした味わいの日本酒まで、個性豊かな日本酒が目白押しです。

岡山は日本酒の原料になる酒米「雄町」のふるさと

Photo by kayakaya

岡山県は代表的な酒造好適米の一つである「雄町」発祥の地でもあります。「雄町」は、「山田錦」や「五百万石」などの人気の酒米の親としても知られており、一時は生産量が減り山田錦に取って代わられましたが、後に岡山の酒造メーカーの手により復活を遂げています。

現在、「雄町」は全国で栽培されていますが、生産量の9割を岡山県産が占めていて、岡山県産の「雄町」は特に「備前雄町」と呼ばれています。

「雄町」を使用した日本酒は近年増え続けていて、「山田錦」にはない独自の香りや味わいがあるため、日本酒好きの間で人気を集めています。

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第17位~第11位

Photo by june29

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第17位~第11位をご紹介します。丸本酒造の看板銘柄「かもみどり」、ピンク色の珍しいにごり酒「岡山白桃酵母使用 純米桃にごり」、宮下酒造の看板銘柄「極聖」、海外の評価も高い「室町時代」、完全予約生産の「冬の月」があります。

また、売切れ続出の限定品「多賀治」、個性が強い玄人好みの「萬年雪 荒走り」いずれのお酒も、地元はもちろん全国の日本酒好きから評価される日本酒ばかりです。

第17位:かもみどり

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第17位は、岡山県浅口市鴨方町の丸本酒造が醸す「かもみどり」です。丸本酒造は慶応3年(1867年)創業の老舗で、看板銘柄の「かもみどり」の他、限定流通の高級酒「竹林」や微炭酸の「泡々酒」なども人気の日本酒です。

「かもみどり」には純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、普通酒と様々なグレード、タイプの日本酒が揃っています。

特におすすめなのが、「かもみどり 純米大吟醸 清水屋」(720ml:4000円)です。「清水屋」は丸本酒造の創業時の屋号で、蔵元の集大成とも言うべきお酒です。全量自家栽培の山田錦を使用(精米歩合35%)していて、高級感のある味わいが特徴の日本酒となっています。

住所 岡山県浅口市鴨方町本庄2485
電話番号 0865-44-3155

第16位:岡山白桃酵母使用 純米桃にごり

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第16位は、岡山県岡山市中区の宮下酒造が醸す「岡山白桃酵母使用 純米桃にごり」です。宮下酒造の創業は大正4年(1915年)で、日本酒はもちろん、地ビール、焼酎など様々な酒類を製造しています。

「岡山白桃酵母使用 純米桃にごり」(300ml:825円)は、赤色清酒酵母と岡山白桃酵母を使用している為、ほんのりピンク色のにごっているのが特徴の日本酒です。珍しいお酒ですので、お土産などにしても喜ばれます。

味わいはほどよい酸味と甘味があり、のどごしは爽やかです。アルコール度数は12度と低めですので飲みやすい日本酒です、飲み方は冷酒で食前酒として飲むのがおすすめです。

住所 岡山県岡山市中区西川原184
電話番号 086-272-5594

第15位:極聖(きわみひじり)

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第15位は、第16位の「岡山白桃酵母使用 純米桃にごり」でもご紹介した宮下酒造の醸す「極聖(きわみひじり)」です。

「極聖」は宮下酒造の代表的な日本酒で、特別限定品の「天下至聖」や、珍しい純米大吟醸の「にごり酒」、全国新酒鑑評会9年連続金賞を受賞した「昔搾り」など、様々なバリエーションの日本酒があります。

特におすすめ日本酒は、じっくりと低温で熟成させて仕上げた「大吟醸極聖 昔搾り斗瓶どり」(1800ml:11000円)です。香りと味のバランスが絶妙で、さわやかさとまろやかさを併せ持つ美味しい日本酒です。飲み方は、常温または冷やして飲むのがおすすめです。

第14位:室町時代

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第14位は、岡山県赤磐市西中の室町酒造が醸す「室町時代」です。室町酒造の設立は昭和26年(1951年)となっていますが、創業家の花房家は江戸時代前期の元禄年間から酒造りを行っています。

「室町時代」は室町酒造が極大吟醸と称する最高級品で、IWSC(国際ワイン&酒類競技会)やロンドン酒チャレンジなどの海外のコンテストでも優秀な成績を残しています。

中でもおすすめの日本酒なのは、「極大吟醸 原酒 室町時代」(1800ml:11000円)です。酒米には備前雄町を、仕込み水には日本百名水の「雄町の冷泉」を使用していて、白ワインのようなフルーティで豊かな香りと深い旨みが特徴の日本酒です。

住所 岡山県赤磐市西中1342-1
電話番号 086-955-0029

第13位:冬の月

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第13位は、岡山県浅口市寄島町の嘉美心酒造が醸す「冬の月」です。嘉美心酒造は安易な大量生産をよしとせず、品質にこだわった日本酒造りを貫く酒蔵で、岡山でも屈指の人気を誇る日本酒「嘉美心」も造っています。

「冬の月」(1800ml:3100円、720ml:1500円※箱入りの場合は追加料金有)は、完全予約生産の限定品で、純米吟醸で無濾過生原酒となっています。柔らかな旨みと新鮮な香りが楽しめる日本酒です。

なお、「冬の月」は酒販店を通じて予約をしないと手に入れることはできません。発送は予約順で、例年11月下旬から順次行われます。

住所 岡山県浅口市寄島町7500-2
電話番号 0865-54-3101

第12位:多賀治

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第12位は、岡山県倉敷市児島の十八盛酒造が醸す「多賀治(たかじ)」です。十八盛酒造は創業が天明五年(1785年)230年以上の老舗です。酒蔵の名前を冠する「十八盛」などの銘柄も人気です。

「多賀治」は、酒蔵の五代当主で、十八盛の命名者でもある石合多賀治氏に由来する特別なブランドで、原料や製法、生酒、火入れなど様々なバリエーションがありますが、全て原酒の日本酒好きにはたまらないシリーズとなっています。

特におすすめは、「多賀治 純米大吟醸朝日 無濾過生原酒」です。フレッシュな香りと豊かな味わいで、食中酒にぴったりのお酒です。海外での評価も高く売切れ続出の日本酒です。

住所 岡山県倉敷市児島田の口5-6-14
電話番号 086-477-7125

第11位:萬年雪 荒走り

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第11位は、岡山県倉敷市本町の森田酒造が醸す「萬年雪 荒走り(まんねんゆき あらばしり)」です。森田酒造は明治41年(1908年)創業で、100年以上の歴史を持つ、倉敷美観地区で唯一の酒蔵です。

「萬年雪 荒走り」は季節限定の日本酒で、ラインナップとしては「萬年雪 荒走り 本醸造未搾り原酒」(1800ml:4306円、500ml:1438円)やワンランク上の「萬年雪 純米荒走り 純米未搾り原酒」(1800ml:4759円、500ml:1577円)などがあります。

「萬年雪 荒走り 本醸造未搾り原酒」も「萬年雪 純米荒走り 純米未搾り原酒」も非常に強い香りと豊かな味わいの日本酒です。よく冷やして飲むのがおすすめです。

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第10位~第6位

Photo by EL. Photography

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第10位~第6位をご紹介します。室町酒造の看板銘柄「櫻室町」、少量生産のレアもの「三光正宗」。

丸本酒造の限定流通品「竹林」、地元のものにこだわった「大典白菊」、十八盛酒造の看板銘柄「十八盛」、どのお酒も岡山を代表する銘酒です。

第10位:櫻室町

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第10位は、第14位の「室町時代」でもご紹介した室町酒造が醸す、「櫻室町(さくらむろまち)」です。

「櫻室町」は室町酒造の代表的な日本酒で、先ほどご紹介した「室町時代」も「櫻室町」の銘柄の一つです。「室町時代」の他にも大吟醸や純米吟醸の「備前幻」や、純米大吟醸の「ゴールド雄町米の里」など、様々な日本酒がラインナップされています。

中でもおすすめの日本酒は「佐近レアル」(720ml:2400円)です。元々は海外輸出用の日本酒として開発されたお酒で、白ワインのような味わいが特徴の日本酒で、酒蔵からしか購入できないレアなお酒です。

第9位:三光正宗

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第9位は、岡山県新見市哲西町の三光正宗が醸す「三光正宗(さんこうまさむね)」です。三光正宗は大正2年(1913年)創業で、地元の高梁川の水と哲西町産の酒米にこだわり、少量生産の高品質な日本酒を造る酒蔵です。

「三光正宗」には、大吟醸や吟醸、純米酒、古酒、熟成酒など豊富なラインナップがあり、使用される酒米も、地元産の山田錦や雄町など様々な種類のお米が使用されています。

「三光正宗」で特におすすめなのは、1973年に造られた希少な一本「三光正宗純米大古酒 秋稲供春醸」(720ml:22000円)です。タンクで長期間じっくりと熟成させた甘口で、黄金色のエレガントな見た目が特徴の日本酒です。冷酒または常温、ぬる燗で飲むのがおすすめです。

住所 岡山県新見市哲西町上神代951
電話番号 0867-94-3131

第8位:竹林

Photo by chris_harber

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第8位は、第17位の「かもみどり」でもご紹介した丸本酒造が醸す、限定流通の日本酒「竹林」です。

「竹林」という日本酒のコンセプトは「米の味を活かす」です。そのため、酒造好適米の最高峰である山田錦のみにこだわって、純米酒のみを造っています。

「竹林」のバリエーションは純米大吟醸の「竹林 たおやか」、同じく純米大吟醸の「竹林 かろやか」、純米酒の「竹林 ふかまり」、純米吟醸の「オーガニック竹林」があります。

フルーティな味わいの「竹林 たおやか」は軽く冷やして食前酒として飲むのがおすすめです。華やかな香りの「竹林 かろやか」も軽く冷やして飲むのがおすすめで、牡蠣や魚介のマリネなど魚介料理に合わせましょう。

ローストビーフなどの肉料理やチーズに合わせるのなら、しっかりとした味わいで辛口の「竹林 ふかまり」がおすすめです。こちらは冷やさずに常温か燗酒で頂きましょう。「オーガニック竹林」は軽く冷やして飲むのが美味しい飲み方です。

第7位:大典白菊

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第7位は、岡山県高梁市成羽町の白菊酒造が醸す「大典白菊(たいてんしらぎく)」です。白菊酒造は岡山県産の酒米と高梁川の支流成羽川の水、そして備中杜氏の技、地元のものにこだわった日本酒造りを行っています。

「大典白菊」は、白菊酒造の代表的な日本酒で、全国新酒鑑評会やIWC(インターナショナルワインチャレンジ)でも優秀な成績を残しています。

特におすすめなのは、全国新酒鑑評会で4年連続金賞に輝いた「大典白菊 大吟醸斗瓶採りしずく酒」(720ml:5500円)です。繊細なお酒なので冷蔵保存が必須で、飲み方も冷やして飲むのがおすすめです。

住所 岡山県高梁市成羽町下日名163-1
電話番号 0866-42-3132

第6位:十八盛

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第6位は、第12位の「多賀治」でもご紹介した十八盛酒造が醸す、同蔵の代表的な日本酒「十八盛(じゅうはちざかり)」です。

「十八盛」は吟醸(純米吟醸、純米大吟醸)、純米(山廃純米、特別純米)、レギュラー(上撰、金紋)と3つのカテゴリーに分かれていて、それぞれ2~3つの銘柄が販売されています。

中でもおすすめなのは、「十八盛 朝日純米大吟醸備前50」(1800ml:2747円、720ml:1435円)です。フルーティで飲みやすい日本酒です。普段あまり日本酒を飲まない方は冷やして、日本酒好きの方は常温で飲むのがおすすめです。

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第5位~第1位

Photo by Jouko Karvonen

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第5位~第1位をご紹介します。第5位の「GOZENSHU 9」は新進気鋭の若手蔵人が創り上げた新しい日本酒です。第4位の「燦然」は今注目度ナンバー1の日本酒です。

第3位の「大正の鶴」は高級品から普段飲み用までバリエーション豊かです。第2位の「酒一筋」は本物の地酒にこだわった個性的な日本酒です。第1位の「嘉美心」は最高の素材と技術で作られた超一級品の日本酒です。

第5位:GOZENSHU 9(ナイン)

Photo by Yuki Yaginuma

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第5位は、岡山県真庭市勝山の御前酒蔵元辻本店が醸す「GOZENSHU 9」です。御前酒蔵元辻本店は江戸時代の文化元年(1804)年創業の老舗酒蔵です。

「GOZENSHU 9」は、新進気鋭の若手蔵人9人が造る純米酒のブランドで、通年商品の「レギュラーボトル」の他に季節限定の商品も充実していて、冬季限定の「ホワイトラベル」、夏季限定の「ブルーボトル」、秋季限定の「ブラックボトル」などがあります。

「レギュラーボトル」(1800ml:2860円、500ml:990円)は、日本最古の製法である「菩提もと」造りで醸造された日本酒で、特徴的な酸味とすっきりした旨みが特徴です。鰻やハードタイプのチーズ(ミモレットなど)とよく合います。

住所 岡山県真庭市勝山116
電話番号 0867-44-3155

第4位:燦然

Photo by Spiegel

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第4位は、岡山県倉敷市玉島阿賀崎の菊池酒造が醸す「燦然」です。菊池酒造は明治11年(1878年)創業の老舗酒蔵で、「燦然」の他にも「木村式奇跡のお酒」や「倉敷小町」などの日本酒を造っています。

「燦然」は菊池酒造の代表的な日本酒で、数多くのお酒の中で一段と輝くお酒となるようにという願いを込めて「燦然」と名づけられました。その願いはかない現在では岡山の日本酒の中でも、燦然と輝く人気の日本酒となっています。

「燦然」には様々な銘柄があり、「燦然 斗瓶どりしずく大吟醸」、「燦然 大吟醸原酒 35磨」、「燦然 純米吟醸 山田錦」、「燦然 純米吟醸 朝日」、「燦然 特別純米 雄町」、「燦然 本醸造」などが代表的な銘柄です。

特におすすめなのが、「燦然 斗瓶どりしずく大吟醸」(1800ml:10000円、720ml:5000円)です。山田錦を35%まで磨き上げ、酒蔵の技術の粋を凝らした最高級品です。上品な吟醸香と繊細な味わいの日本酒です。常温か冷酒で飲むのがおすすめです。

第3位:大正の鶴

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第3位は、岡山県真庭市下呰部の落酒造場が醸す「大正の鶴」です。落酒造場は明治26年(1893年)創業で、仕込み水には蔵の敷地内から汲み上げる、ミネラルたっぷりの中硬水を、酒米には地元産の朝日米を使用しています。

「大正の鶴」は落酒造場の代表的な日本酒で、大吟醸や古酒、秘蔵酒などの限定流通の日本酒と上撰、金印といった一般流通の日本酒があります。

特におすすめなのは、限定流通の「大正の鶴 純米大吟醸 中取り無ろ過原酒」です。豊かなでありながら繊細で爽やかな味わいが楽しめる日本酒です。よく冷やして飲むのがおすすめです。

住所 岡山県真庭市下呰部664-4
電話番号 0866-52-2311

第2位:酒一筋

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第2位は、岡山県赤磐市西軽部の利守酒造が醸す「酒一筋」です。利守酒造は慶応4年(1968年)創業で、本物の地酒にこだわり続ける酒蔵です。看板銘柄の「酒一筋」の他にも、「かたつむり」や「天下人」といった銘柄も造っています。

「酒一筋」は利守酒造の代表的な日本酒で、大吟醸から本醸造、季節限定品や数量限定品、長期熟成酒まで、バラエティ豊かな銘柄がラインナップされています。

特におすすめなのは、冬季限定商品の「新酒・純米吟醸しぼりたて」です。いわゆる無濾過生酒なのでフレッシュで力強い味わいが楽しめる日本酒です。

住所 岡山県赤磐市西軽部762-1
電話番号 086-957-3117

第1位:嘉美心

Photo by Mokeneco

岡山でおすすめの人気日本酒ランキング第1位は、第13位でもご紹介した嘉美心酒造が醸す、同蔵の代表銘柄である「嘉美心」です。

「嘉美心」には35銘柄もの日本酒がラインナップされていて、純米大吟醸、大吟醸から純米吟醸、吟醸、特別純米、純米、特別本醸造、本醸造、普通酒、発泡性清酒にいたるまで、ありとあらゆるバリエーションがもうらされています。

その中でも特に人気なのはミニ斗瓶に入った「祝酒」(1800ml:5500円)と「嘉美心 純米大吟醸」(1800ml:3575円)です。

「祝酒」は珍しい形の瓶に入っていますので、年末年始の集まりなどでは大変喜ばれます。中身は端麗旨口タイプの純米吟醸酒で味の方も一級品でです。スイスイと飲めてしまいますので、飲み過ぎには注意しましょう。飲み方は常温から熱燗がおすすめです。

「嘉美心 純米大吟醸」は、原料や製法、貯蔵法にこだわって造られた、酒蔵の決意が込められた自慢の一品です。リンゴのようなフレッシュな香りと米の旨みが感じられる美味しい日本酒です。よく冷やして飲むのがおすすめです。

女性や日本酒初心者にもおすすめな岡山産の日本酒!

Photo by omoon

女性や日本酒初心者でも美味しく飲める日本酒をご紹介します。いずれのお酒もフルーティな香りや爽やかな酸味と柔らかい甘味が特徴で、甘口のワインのようなとても飲みやすい日本酒です。

才 sai 純米大吟醸雄町 生原酒

女性や日本酒初心者にもおすすめな岡山産の日本酒、1つ目は岡山百貨店が企画、販売し、平喜酒造の杜氏が製造する「才 sai 純米大吟醸雄町 生原酒」です。岡山百貨店は厳選された岡山の食品を取り扱うオンラインショップです。

「才 sai 純米大吟醸雄町 生原酒」(1800ml:10000円、720ml:5000円)は、青リンゴや梨のようなフルーティな香りが特徴で、女性や日本酒になじみのない人にも飲みやすい日本酒です。冷やしてワイングラスでお飲むのがおすすめです。

住所 岡山県岡山市中区国富3-3-33
電話番号 086-201-5003

神心 純米吟醸 瓶囲い熟成原酒

女性や日本酒初心者にもおすすめな岡山産の日本酒、2つ目はランキングにも登場した嘉美心酒造の限定流通品「神心 純米吟醸 瓶囲い熟成原酒」です。酒蔵が100年を機に、それまで畏れ多いと使用を避けてきた、「神心」の二文字を初めて使用した特別な日本酒です。

「神心 純米吟醸 瓶囲い熟成原酒」(1800ml:2900円、720ml:1400円)は、爽やかでフルーティな香りと穏やかな酸味が調和した、柔らかな口当たりが特徴の日本酒で、女性や日本酒初心者の人からも絶大な人気を得ています。

ことのわ

女性や日本酒初心者にもおすすめな岡山産の日本酒、3つ目はランキングにも登場した十八盛酒造の「ことのわ」です。ラベルがジーンズの生地になっていて、外見もおしゃれで珍しいお酒です。

「特別純米 ことのわ」(1800ml:2400円、720ml:1200円、300ml:524円)は、爽やかな香りの甘口のお酒なので、日本酒になじみのない人にも飲みやすいお酒です。

季節限定の「ことのわ 特別純米 無濾過生原酒 限定直汲み」は、メロンやマスカットを思わせるフルーティな香りと爽やかな味わいが特徴で、わずかに発泡しています。よく冷やして飲むのがおすすめです。

岡山の日本酒をより楽しむために酒蔵見学をしよう!

Photo by zunsanzunsan

酒蔵見学ができる岡山の酒蔵をご紹介します。それぞれ特色のある酒造りを見学でき、試飲や即売も行っています。日本酒の製造工程を見学したり、蔵人の説明を聞いて、日本酒をより楽しみましょう!

赤磐酒造 株式会社

岡山で見学できる酒蔵、1軒目は岡山県赤磐市河本の「赤磐酒造」です。「赤磐酒造」は代表的な銘柄の「桃の里」をはじめ、「両宮山(りょうぐうざん)」、「ふり向けばゆり」、「凛と咲け花」などの日本酒を製造しています。

酒蔵見学では伝統的な和釜甑(わがまこしき)を使用した、蒸し米造りが見学できます。また、日本酒の試飲と即売も行っていて、季節に応じて「旬のお酒」を試しながら購入することができます。

見学と試飲は無料ですが、予約が必要になります。予約はホームページから行えますが、電話での予約も可能です。駐車場は普通車が8台、バス3台分のスペースが確保されています。

住所 岡山県赤磐市河本1113
電話番号 086-955-0130

森田酒造 株式会社

岡山で見学できる酒蔵、2軒目は「萬年雪 荒走り」がランキングにも登場した、岡山県倉敷市本町の「森田酒造」です。

酒蔵見学では、今では珍しくなった昔ながらの完全開放醗酵方式での製造工程や蔵内も見学できます。製造工程のお話を聞きながら試飲もできます。

見学は予約制で、お一人様:500円(お土産付き)で、午前が10:00~12:00、午後は13:00~17:00、定休日は土曜、日曜、祝日となっています(11月~3月は見学不可)。予約はホームページから行えます。駐車場は普通車2台分のスペースが確保されています。

住所 岡山県倉敷市本町8-8
電話番号 086-422-0252

菊池酒造 株式会社

岡山で見学できる酒蔵、3軒目は「燦然」がランキングにも登場した、岡山県倉敷市玉島阿賀崎の「菊池酒造」です。

酒蔵見学では、日本酒造りの様子を紹介するビデオの視聴と、試飲が行えます。酒蔵で日本酒の販売も行っていますので、気に入ったお酒があればその場で購入もできます。

酒蔵見学と試飲は無料ですが、3日前までに電話にて連絡が必要です。見学可能日は平日と土曜(冬季のみ)です。日曜、祝日の見学は基本的にはできません。駐車場は普通車が2台のスペースが確保されています。

住所 岡山県倉敷市玉島阿賀崎1212
電話番号 086-522-5145

岡山ならではの美味しい日本酒を堪能しよう!

Photo by Japanexperterna.se

ここまで岡山で飲める美味しい日本酒をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?岡山はかつての備前、備中、備後(一部)、美作にまたがる県で、それぞれの地域によってお酒の味も異なりますので、ぜひいろいろな酒蔵のお酒を飲み比べてみてください!

速水喜彦
ライター

速水喜彦

歴史と酒と食べることが好きです。神社仏閣、歴史関連、日本酒、飲食店の記事を中心に執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング