牛乳パンは長野県のご当地グルメ!ヤマザキとパスコならどちらがおすすめ?

牛乳パンは長野県のご当地グルメ!ヤマザキとパスコならどちらがおすすめ?

長野県民のソウルフード「牛乳パン」は、全国的にも有名で、「ヤマザキ」「パスコ」からも販売されています。本場長野の牛乳パンは、圧倒的ボリュームと「レトロ可愛い」パッケージ、懐かしの味で人気があります。1口食べれば子供の頃に戻れる、牛乳パンをご紹介します!

記事の目次

  1. 1.長野県で愛される牛乳パンってどんなの?
  2. 2.長野の絶品牛乳パンが食べれる老舗の人気店
  3. 3.長野にある牛乳パンが美味しいおすすめのお店
  4. 4.大手のパンメーカーも牛乳パンを販売している!
  5. 5.絶品牛乳パンは東京でも購入可能!
  6. 6.牛乳パンのバタークリームが長野県内スーパーで買える
  7. 7.長野のご当地グルメ・牛乳パンを食べに行こう!

長野県で愛される牛乳パンってどんなの?

「牛乳パン」は長野県で誕生した「ご当地パン」です。現在では大手パンメーカーである「ヤマザキ」「パスコ」の2社からも販売されており、全国的に人気の菓子パンとなっています。しっかりした甘さとボリューム感は、成長期の子供のおやつにおすすめです。

ふわふわ軽やかなカステラ風パンに、たっぷりサンドされたコクのある「ミルククリーム」を、懐かしく感じる人も多いでしょう。昔から長野県で食べられている、もはや長野県民にとってはソウルフードとも言えるご当地パン、牛乳パンですが、昨今メディアで取り上げられています。

フリー写真素材ぱくたそ

迫力満点のヴィジュアル、濃厚なミルククリームのあり得ないほどの量、レトロ可愛いパッケージと、長野県のご当地パンだけにとどまらない魅力が牛乳パンには宿っています。SNS上でも話題になっている牛乳パンの、知られざる人気の秘密に迫っていきましょう。

牛乳パンの魅力とは?

牛乳パンは長野県で生まれたご当地パンなので、当然長野県の人はその魅力をあますところなく知っています。大手パンメーカー、「ヤマザキ」「パスコ」も独自の牛乳パンを販売しているので、子供の頃に食べた記憶がある人もいるでしょう。

牛乳パンは何と言ってもその迫力が素敵です。牛乳パンはふわふわのカステラ状の甘い長方形のパンに、たっぷりの「ミルククリーム」がサンドされています。柔らかなパンはぶ厚く、サンドされているクリームもボリューミーなので、とにかく重量級のパンなのです。

お腹が空いた時、牛乳パンだけでも充分腹ごしらえができるサイズ感は、成長期の子供のおやつにおすすめです。柔らかいパンはふかふかで、気づけばあっという間に半分以上は1人で平らげるレベルの勢いです。たっぷりの甘めミルククリームが、控えめなパンと好相性です。

長野県のご当地パンとして誕生した牛乳パンは、そのクセのない甘さで、あっという間に全国に広まりました。厚みのある見るからにふかふかのパンに、たっぷりこぼれんばかりにサンドされたクリーム、そのヴィジュアルに惚れた人は数知れません。

ふわふわのパンと極柔らかいクリームの組み合わせのパンなので、慎重にちぎって食べなければあわやクリームがこぼれてしまう、そんな贅沢な作りなのも人気の秘密でしょう。パンからはみ出したクリームを受け止めつつ、ふわふわパンをかじるのが子供に戻ったようで楽しいです。

重量クラスのパンであっても、パンもクリームもどちらかと言えばエアリー、甘さの組み合わせも絶妙なので、綿菓子のように食べられるのも爆発的人気を帯びた秘密でしょう。空気を含んでいるような柔らかい食感のパンに、しっとりしたクリームの質感は、食べ飽きない美味しさです。

味の決め手のクリームは、おしゃれよりは、「懐かしい味」と言われています。パンも控えめな甘さが残る味で、パン屋さんによって牛乳パンの味は異なりますが、総合して子供の頃に食べたような懐かしい味と表されています。四角い角が丸いフォルムもころんとしており可愛いです。

レトロで可愛いパッケージにも注目!

長野のご当地パンから人気に火が付いた牛乳パンは、パッケージが「レトロで可愛い」と、SNS上で騒がれています。白いパッケージにレトロな文体で「牛乳パン」とシンプルに印刷されただけの、丸みを帯びた姿に、多くの女性が虜になっています。

牛乳パンを販売しているおすすめのパン屋さんは、長野県にはたくさんあります。お店によってパッケージは大なり小なり異なりますが、白いパッケージに牛乳パンを包むのはどこも同じようです。

パッケージに印刷されるイラストが「男の子」や「女の子」だったり「牛」だったりと、昭和感あふれるレトロさがたまらなくキュートなのです。パッケージを開ける前から牛乳パンの柔らかさを想像して、頬が緩んでしまいます。おすすめのパッケージを見つけても楽しいでしょう。

SNS上で話題になっている牛乳パンは、その美味しさとともに、パッケージの愛らしさもお披露目されています。女性が好む昭和レトロ漂うパッケージは、多くの人に公開したいくらいにキュートです。ボリュームたっぷりの牛乳パンとともに、懐かしいパッケージが人気です。

長野の絶品牛乳パンが食べれる老舗の人気店

長野県ご当地パン、牛乳パンを大正11年から代々受け継いで作り続けている、長野県民に愛されている老舗パン屋さんをご紹介します。長野県で知らない人はいないとされる、メディアにも取り上げられるおすすめのパン屋さんです。

小松パン店の牛乳パンの魅力とは?

大正11年長野県創業の「小松パン店」は、今でも長野県松本市で牛乳パンを作り続けている老舗パン屋さんです。小松パン店の牛乳パンは早朝9時から10時には焼き上がり、午後1番には完売するほどの人気ぶりです。

小松パン店の牛乳パンの人気の秘密は、圧倒的ボリュームです。ふわふわのスポンジともカステラとも言えるパン生地には、牛乳が練り込まれています。長野県老舗のパン屋さんの牛乳パンは断面を測ると、その厚みはなんと9センチほどもあります。

Photo by zenjiro

パンの質感に比例するように、サンドされているクリームもたっぷり量です。圧倒的なサイズ感ですが、ふかふかのパンは甘さが控えめでぺろっと食べられます。その柔らかな味を求めて、全国から小松パン店には来店客があります。もちろん地元の人々も昔から大好きなベーカリーです。

優しいパンの甘み、クリームのまろやかさ、ボリューム感、どれをとっても長野県内で圧倒的人気の老舗パン屋さんです。

長野にある牛乳パンが美味しいおすすめのお店

長野県のご当地パン・牛乳パンは、老舗パン屋さん小松パン店のみで販売されているわけではありません。長野県内ではパン屋さんによって、それぞれオリジナルのパン、クリームを使った牛乳パンが販売されています。

各々のお店独自の牛乳パンを味わえるのは、ご当地ならではの特権と言えるでしょう。ご当地だからこそ体験できる、さまざまな牛乳パンを手にしてみましょう!

かねまるパン店

昭和27年創業の「かねまるパン店」は、牛乳パンをご当地パンとして支えてきた老舗ベーカリーの1つです。かねまるパン店は「レトロ可愛い」と評判の、牛乳パンのパッケージの「元祖」と言われているパン屋さんです。白い背景に手書き風の「牛乳パン」の文字は懐かしさを匂わせます。

描かれている男の子は小学生の息子をモデルにしたものだそうです。牛乳パンのベースのパンはふんわり軽く、たっぷり入ったクリームは想像以上に美味しいと、地元でも根強いファンが大勢います。濃白色のクリームはこっくりしてそうですが意外に甘さは控えめです。

甘いパンが得意でない人でも、甘すぎないクリームとふんわりしたパンの軽やかさで、軽く食べられるおすすめのご当地牛乳パンです。かねまるパン店の牛乳パンは、仲間として「コーヒー牛乳パン」もあります。

たっぷりのコーヒークリームが少し大人の味わいです。名物の牛乳パンとともに、一緒に持って帰りたい牛乳パンです。

住所 長野県木曽郡木曽町福島八沢5354-1
電話番号 0264-22-2437

小布施岩崎

「小布施岩崎」は小布施にお店を構える、ぱっと見一軒家の外観のパン屋さんです。ご当地パン、牛乳パンの他にも多種類のパンのラインナップがあり、中には絵本の題材になったと言う名高いパンも揃っている人気ベーカリーです。

お目当て牛乳パンのパッケージは、「男の子」や「牛」などのイラストが描かれており、牛乳パンを食べる前から、昭和にタイムスリップしたかのような、懐かしい気持ちになります。牛乳パンのメインのパンは「ふかふか」の表現がここまで当てはまるパンはないだろう軽やかさです。

Photo by myasxfc

空気が練り込まれているかのようなふかふかのパンは、牛乳パンの大きさを感じさせないテスクチャです。小布施岩崎特製のクリームには贅沢に牛乳が使われており、ミルキー感が強いクリームに仕上がっています。エアリーなパンとこっくりしたクリームが相性抜群です。

数多く販売されているご当地パン、牛乳パンの中でも、よりクリームを楽しめる、クリーム好きにはたまらないのが、小布施岩崎の牛乳パンです。

住所 長野県上高井郡小布施町中町620-1
電話番号 026-247-2200

清水ベーカリー

コック姿の男のが描かれているパッケージの牛乳パンは、「清水ベーカリー」の牛乳パンです。長野のご当地名物である牛乳パンは、王道を地で行く牛乳パンのテイストで、甘め系パンにこっくり甘いクリームが特徴です。

牛乳パンのパンはふんわりしつつ、しっとり感がある質感です。たっぷりサンドされたクリームは欲張りすぎない主張なので、パンと上手くハーモニーを奏でています。ボリューム感はさすがで、リーズナブルなのにずっしり重量級なのも嬉しいところでしょう。

Photo by yoshing_BT

しっとり生地にたっぷりクリーム、清水ベーカリーの牛乳パンはまるでカステラケーキのように食べることができます。おやつタイムにミルクと一緒に食べたい牛乳パンでしょう。

清水ベーカリーでは、他にもさまざまなラインナップのパンが揃っています。菓子パンや、本格的なハード系パンも棚に並んでおり、地元の人々や観光客の胃袋を満足させている、人気パン屋さんです。

住所 長野県上高井郡高山村堀之内568-3
電話番号 026-245-2932

ブーランジェリーナカムラ

「ブーランジェリー」と看板名につくだけのことはある、おしゃれなパンが勢ぞろいする人気ベーカリー「ブーランジェリーナカムラ」です。店内には豊富な種類のパンが揃っており、選ぶ段階から胸が弾むパン屋さんです。

ブーランジェリーナカムラのおすすめパンは「デニッシュ」系のパンです。バターを贅沢に使ったデニッシュ系のパンは、どれもこんがりときつね色に輝いて、表面のサクパリ感がトングで触れる前から伝わってきます。評判のベーカリーでも、牛乳パンはやはり人気です。

観光客や地元の人々であふれるブーランジェリーナカムラの牛乳パンは、クリームを支える土台のパンがしっとり質感なのが特徴です。ふかふかと軽いパンが多い牛乳パンですが、こちらはしっとりパンの味が楽しめる牛乳パンに仕上がっています。

しっとり弾力も感じられるパンには、砂糖の「粒」をあえて残したクリームがサンドされています。牛乳パンのしっとり感とクリームの時折シャリっと感じる砂糖の食感の違いが面白い、こだわりの牛乳パンです。

またブーランジェリーナカムラには「イートインスペース」が設けられています。牛乳パンを購入したら、おしゃれベーカリー内でそのまま食べることもできます。「レトロ可愛い」が基本の牛乳パンのパッケージには、「女の子」「牛」などが描かれています。

愛らしいパッケージの中から現れる、本格派の牛乳パンを、おしゃれベーカリーの中でいただきましょう!

住所 長野県塩尻市大門七番町8-3
電話番号 0263-52-3145

大手のパンメーカーも牛乳パンを販売している!

長野名物牛乳パンは、やはり長野の老舗ベーカリーで手に入れたほうがどこよりも絶品だ、と思う人も多いでしょう。しかし遠方に住んでいる人は、そう簡単に長野県に出向くことはできません。そんな時に心強いのが、日本の大手パンメーカーです。

パンメーカー大手2社、「ヤマザキ」「パスコ」も牛乳パンを販売しています。ヤマザキやパスコは「食パン」「総菜パン」「菓子パン」など豊富なパンを、全国のスーパーなどに卸している大手パンメーカーです。知らない人はいないでしょう。

Photo by jetalone

長野の牛乳パンを味わったことがなくても、牛乳パンの存在を知っている人は、子供の頃に、ヤマザキもしくはパスコ、どちらかの牛乳パンを食べていることでしょう。

パン好きな人にとって、「ヤマザキ派」「パスコ派」と意見がわかれるところですが、どちらの牛乳パンがより魅力的なのか比較してみましょう!

ヤマザキの牛乳パンの魅力

パンの有名メーカー「ヤマザキ」から販売されているのは「牛乳入りパン」です。ネーミングが「牛乳パン」でないところから、牛乳パンと違うパンなのかと思う人もいるかもしれません。これはヤマザキのオリジナル牛乳パンのネーミングなので、パン自体の作りはほぼ同じです。

最大の特徴は牛乳パンには欠かせない、サンドされているクリームです。「八ヶ岳高原」のミルクを使っており、こっくりまろやかなテスクチャと濃厚な味わいのクリームが贅沢な牛乳パンです。さらにパン生地は「湯ごね」製法になっており、もっちりしています。

Photo by iyoupapa

ヤマザキの牛乳パンのパンとクリームの割合は、ご当地の牛乳パンと比較するとクリームは若干控えめです。パンが占める割合が大きく、パンの味を楽しむ牛乳パンです。ヤマザキの特製クリームは量こそ控えめですが、こっくりしておりパンとのバランスは抜群です。

サイズ感も申し分なくボリューミーで、お腹が空いた時にしっかり食べる分には文句のない牛乳パンになります。子供のおやつなど、エネルギー補給におすすめです。ヤマザキらしく、パン生地にこだわった「美味しいパン」が食べたい人におすすめの牛乳パンです。

ヤマザキ特製のこっくりクリームが控えめなので、重量感があってもサラリと食べれます。ヤマザキ製品に目がない、パンの質感が好きと言う人にはたまらない牛乳パンです。なおヤマザキの牛乳パンは、ミルク味の他にコーヒー味も販売されています。

パスコの牛乳パンの魅力

スーパーの菓子パンや総菜パンでお馴染みのパスコからも「信州発牛乳パン」として、パスコからオリジナル牛乳パンが出ています。パスコの牛乳パンも、長野ご当地牛乳パンと比較すると、パン層が厚めでクリームが控えめな作りなのが特徴です。

パスコ牛乳パンの最大の魅力は、パンのふわふわ具合です。縦長のパスコの牛乳パンは、優しく扱わないと危うく折れてしまいそうなほどに柔らかです。小さな子供でも簡単に食べられる雲のような柔らかいパンが素敵です。ふわっふわのパンには、上品にクリームがサンドされています。

量としては多くはありませんが、パンが軽いのでクリームの量も絶妙にマッチしています。パスコのミルク感がしっかりあるクリームは、ふわふわのパンと相性抜群で、どんな年齢層にもおすすめです。パスコ牛乳パンは、実は全国販売と言うわけではないようです。

販売地域は限られており、「東日本」「中部」のエリアで販売されています。パスコ牛乳パンは通常のミルク味とともに少し大人なコーヒー味、いちご味にあんず味も新発売されています。パスコの牛乳パンでは、変わり種の味が見つかるのでおすすめでしょう。

Photo by cotton00

ヤマザキとパスコ、大手2社のパンメーカーの牛乳パンは、どちらも本場長野牛乳パンと比較すると、クリームが控えめな特徴があります。それでいてしっかりミルク感があるので、上手くパンとマッチしており食べやすい牛乳パンとしておすすめです。

濃厚クリームは薄くサンドされているので、実際に食べる時にもクリームがこぼれません。食べこぼしの多い小さな子供や洋服を汚したくない女性などには、特におすすめでしょう。

ヤマザキもパスコも人気商品が目白押しのパンメーカーです。大手2社の牛乳パンも、長野の牛乳パンに負けないくらいに人気があり、誰が食べても美味しいと感じる牛乳パンと言えるでしょう。

絶品牛乳パンは東京でも購入可能!

フリー写真素材ぱくたそ

東京都内で本場長野の牛乳パンを、長野のベーカリーを訪れたかのように購入できるアンテナショップがあります。そこでは長野のご当地パンだけでなく、長野の名産品や工芸品なども取り扱っています。東京の一等地「銀座」で長野を体験してきましょう!

銀座NAGANO

「銀座」にある長野県の名産品、伝統工芸品などを扱うアンテナショップ「銀座NAGANO」の1階には、長野県のご当地グルメが豊富に揃います。名物の牛乳パンもこちらで見つけることができます。

地元ベーカリーのご当地パンの特徴は、何と言っても迫力満点なヴィジュアルと、食べ応えです。全国展開している大手パンメーカーの牛乳パンも良いけれど、パン通として1度は本場のご当地パンを食べたいところでしょう。銀座NAGANOでは、定期的に8店舗の牛乳パンが揃います。

フリー写真素材ぱくたそ

長野から本場の牛乳パンを通販したいと考える人もいますが、サンドされているフレッシュなクリームは、大変柔らかく、扱いが難しいクリームです。今のところ通販されていないようです。本場の味を楽しみたい人は、銀座へ繰り出して、長野パン体験をしましょう!

牛乳パンのバタークリームが長野県内スーパーで買える

Photo byrodeopix

長野県民のソウルフードとも言える牛乳パンは、実は長野に住んでいるなら自宅でオリジナルを作ることもできます。なぜなら長野のあらゆるスーパーでは、牛乳パンにサンドされている「クリーム」が販売されているからです。

お気に入りのパンにクリームをたっぷりサンドすれば、自家製牛乳パンのできあがりです。日常的に食べるほど、長野の人々は牛乳パンが大好きで、食べなれ親しんでいる存在なのです。

Photo bysilviarita

もし長野に出向くことがあるのなら、人気ベーカリーをたずねるのはもちろん、スーパーにかけこんで、サンドするだけでどんなパンもご当地パンに変えてしまう絶品クリームを手に入れるのがおすすめでしょう!

長野のご当地グルメ・牛乳パンを食べに行こう!

サイズ感もクリームもたっぷり、本場で食べる牛乳パンの迫力と懐かしい味は素晴らしいです。パン好きなら1度は本場で食べておきたいご当地グルメです。人気ベーカリーをチェックするとともに、オリジナル牛乳パンが作れるクリームも、長野へ行ったら手に入れておきましょう!

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住、ドトール姉さんと地元で呼ばれている、そこそこライター歴もある食いしん坊Vv グルメ系記事が得意★読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じてやまない夢みる淑女。

関連記事

人気記事ランキング