両国おすすめグルメ!老舗に定番・穴場店まで美味しいスポットがいっぱい!

両国おすすめグルメ!老舗に定番・穴場店まで美味しいスポットがいっぱい!

両国国技館や江戸東京博物館など、様々な見どころのある両国は東京のおすすめ観光スポットです。そんな両国には、ちゃんこ鍋をはじめおすすめグルメがたくさんあります。定番から老舗、穴場のお店まで美味しい両国のグルメをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.両国のグルメスポットはちゃんこ鍋以外にも豊富にある
  2. 2.両国で外せない定番の人気グルメ3選
  3. 3.両国のひとりで入りやすいグルメ店4選
  4. 4.両国で食べたい絶品ランチグルメ2選
  5. 5.両国の穴場の美味しいランチグルメ2選
  6. 6.安い!美味しい!が揃った両国の老舗グルメ2選
  7. 7.両国のおすすめグルメを食べてパワーアップ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

両国のグルメスポットはちゃんこ鍋以外にも豊富にある

Photo by imgdive

両国国技館の相撲や江戸東京博物館など、たくさんのおすすめスポットがある両国は、国内のみならず海外からも観光客が訪れる東京の人気観光スポットです。

さらに近年では、国内のみならず海外からも高い評価を得ている江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎にスポットをあてた「すみだ北斎美術館」が開館するなど、たくさんの見どころのあるスポットがあります。

そんな両国には、ちゃんこ鍋はもちろん、それ以外にも様々な美味しいおすすめグルメがあります。両国での、定番から老舗、さらに穴場までおすすめグルメスポットをご紹介します。両国観光にぜひ立ち寄りたいお店ばかりです。

和洋中はもちろん鍋にドジョウにジビエまで!

Photo by typester

両国国技館がある両国には、たくさんのちゃんこ鍋のお店があり、両国のおすすめグルメの一つです。相撲部屋直伝のちゃんこ鍋など、たくさんの種類のちゃんこ鍋が食べられるまさに両国ならでのグルメともいえます。

しかし両国のグルメには、ちゃんこ鍋以外にもたくさんの美味しいグルメのお店があります。定番のちゃんこ鍋はもちろん、和食から洋食、中華とたくさんの美味しいお店があります。さらに、ドジョウやジビエ料理が食べられるお店もあり、東京でもおすすめのグルメスポットが両国です。

両国で外せない定番の人気グルメ3選

Photo by Siegfy

美味しいおすすめグルメがたくさん味わえる両国で、これだけは外せない両国の定番の人気グルメをご紹介します。両国を訪れたら絶対に食べたいおすすめグルメ店です。

ちゃんこ巴潟

Photo by Koji Horaguchi

両国でここだけは外せない定番の人気グルメ一つ目が「ちゃんこ巴潟」です。昭和10年代に激しい「あたり」と「ハズ押し」で弾丸と謳われた伝説の名力士の名前を店名につけた「ちゃんこ巴潟」は、相撲部屋の本格ちゃんこ鍋が味わえるスポットです。

「ちゃんこ巴潟」のちゃんこ鍋の特色が、自由に選べる4大ちゃんこです。いずれも「ちゃんこ巴潟」の秘伝の味を食べられる4大ちゃんこは、食べ比べてみたくなる美味しいちゃんこ鍋ばかりです。

Photo by h931037722

絶妙な甘さを持つ絶品醤油味のちゃんこ「太刀山ちゃんこ 醤油味」(3000円~)は、霜降りのお肉をメインにしたちゃんこ鍋です。

鶏ガラベースに塩で整えたスープに、旬の魚貝やとり肉、野菜などを入れた塩味ちゃんこ「国見山ちゃんこ 塩味」(3000円)は、隠し味をほどこした秘伝のいわしつみれが絶品です。

Photo by is_kyoto_jp

「矢筈山ちゃんこ 水炊き」は、「ちゃんこ巴潟」の名物いわしつみれと人気の特製あじつみれや魚貝類と板前が造った特製ポン酢の織りなす組み合わせがたまらないちゃんこ鍋です。

4種類の味噌をブレンドしたスープに魚介類の入った寄せ鍋風の「巴潟ちゃんこ 味噌味」(3000円)は、40年来のお店こだわりの秘伝みそちゃんこです。

お得なランチメニューから大勢で楽しめる宴会コースもある「ちゃんこ巴潟」は、両国では外せない定番のおすすめ人気ちゃんこ鍋店です。

住所 東京都墨田区両国2-17-6
電話番号 03-3632-5600

ちゃんこ鍋・安美 両国総本店 

Photo by naotakem

両国でここだけは外せない定番の人気グルメ二つ目が「ちゃんこ鍋・安美 両国総本店」です。「ちゃんこ鍋・安美 両国総本店」は、伊勢ケ濱部屋直伝のヘルシーでボリューム満点のちゃんこ鍋が味わえます。

野菜がたっぷり入ったヘルシーなちゃんこ鍋や焼ちゃんこ(要予約)、さらに青唐辛子をたっぷり使用した「ちゃんこ鍋・安美 両国総本店」オリジナルのちゃんこ鍋「青い悪魔」など、「ちゃんこ鍋・安美」ならではのちゃんこ鍋が食べられます。

Photo by Dakiny

さらに「ちゃんこ鍋・安美 両国総本店」では、「活あじ一尾にぎり」(650円)や「鮭はらす巻いくらこぼれ」(950円)などの創作寿司や天ぷら、豆腐料理など、ちゃんこ鍋以外にも美味しい一品料理が豊富なグルメ店です。

住所 東京都墨田区両国3-26-6 伸和ビル2F
電話番号 03-5669-1570

和食・ちゃんこ霧島 両国 江戸NOREN店 

Photo by june29

両国でここだけは外せない定番の人気グルメ三つ目が「和食・ちゃんこ霧島 両国 江戸NOREN店」です。「和食・ちゃんこ霧島 両国 江戸NOREN店」は、テレビなどのメディアでも度々紹介されている、両国のちゃんこ鍋でも人気のおすすめスポットです。

「和食・ちゃんこ霧島 両国 江戸NOREN店」では、お得なランチメニューや大勢で楽しめる宴会コースなどから選ぶことができます。

Photo by casek

「和食・ちゃんこ霧島 両国 江戸NOREN店」のちゃんこ鍋は、陸奥部屋直伝の味噌と醤油を合わせたスープ「霧島味」と塩や味噌など季節ごとに味が変わる「季節味」の2種類から選べます。

特におすすめのメニューが、ランチメニューの「霧島昼御膳」(3300円)は、霧島名物のちゃんこ鍋に人気の手羽先のから揚げがついたお得なセットメニューです。

通常メニュ-も提供

Photo by naotakem

ちゃんこ鍋以外にも、サラダや刺身、一品料理などの通常メニューも食べることができます。ちゃんこ鍋はもちろん通常メニューも美味しい、おすすめグルメスポットです。

住所 東京都墨田区横網1-3-20
電話番号 03-3621-0075

両国でちゃんこ鍋を堪能しよう!ランチにもおひとりさまでも楽しめるお店は?のイメージ
両国でちゃんこ鍋を堪能しよう!ランチにもおひとりさまでも楽しめるお店は?
東京の両国は、相撲になじみのある下町です。美味しいちゃんこ鍋の名店が建ち並んでおり、本格的なちゃんこ鍋をランチでも味わうことができます。両国で、ランチでもちゃんこ鍋を食べられるお店や、おひとりさまでも気軽に入る事のできるちゃんこ鍋のお店を紹介していきます。

両国のひとりで入りやすいグルメ店4選

Photo by Richard, enjoy my life!

定番のちゃんこ鍋以外にも美味しいおすすめのお店があるグルメスポット両国で、ひとりでも入りやすいおすすめグルメ店をご紹介します。

そばうどん 文殊 両国駅前店

Photo by regvn

両国でひとりでも入りやすいおすすめグルメ一つ目が「そばうどん 文殊 両国駅前店」です。立ち食いそば屋でもある「そばうどん 文殊 両国駅前店」は、JR両国駅から徒歩1分とアクセスもしやすい、おすすめスポットです。

1995年に両国にオープンした「そばうどん 文殊」は、現在でも店舗を増やしている人気チェーン店です。現在では定番の生麺を注文後にゆでるスタイルを確立した「そばうどん 文殊」では、絶品そばが味わえます。

Photo by macbsd

鰹枯れ節の一番出汁を使ったこだわりのツユも人気の秘密です。「たぬき」、「なす天」、「かき揚げ」、「春菊」、「きつね」、「とろろ」などメニューも豊富で値段もリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

「えび天」(200円)、「イカ天」(150円)、「コロッケ」(120円)、「ちくわ」(100円)、「温泉たまご」(80円)など単品メニューも取り揃えてあります。

住所 東京都墨田区両国3-25-4 鷲山ビル1F
電話番号 03-3635-6552

亀戸ぎょうざ 両国支店

Photo by nakashi

両国でひとりでも入りやすいおすすめグルメ二つ目が「亀戸ぎょうざ 両国支店」です。1955年に亀戸に本店が創業した「亀戸ぎょうざ」は、行列ができるほどの人気餃子店です。

名物の「ぎょうざ」は、1皿5個で270円という大変リーズナブルな値段なのも嬉しいポイントです。ぎょうざ10個にライスのついたセットメニュー(740円)もおすすめです。

Photo by nakashi

カリッと焼いた皮にシンプルな味付けは、何個でもいける美味しさです。自家製のラー油をつけて食べるのもおすすめです。

亀戸の本店では、食事のメニューがぎょうざのみですが、両国支店ではぎょうざ以外にもラーメンや野菜炒め、チャーハンなどのメニューもあります。

住所 東京都墨田区両国4-34-10
電話番号 03-3631-3740

カフェテリア ニューストン

Photo by salchuiwt

両国でひとりでも入りやすいおすすめグルメ三つ目が「カフェテリア ニューストン」です。両国の老舗喫茶店でもある「カフェテリア ニューストン」は、女性一人でも入りやすい昔ながらの喫茶店です。

コーヒーで一杯お茶しながら休憩に立ち寄るのもおすすめですが、「カフェテリア ニューストン」では美味しい食事も楽しめます。

Photo by Gaku@STUDIO-Freesia

「カフェテリア ニューストン」のおすすめ食事メニューが「ポークしょうが焼き」(870円)です。お皿に溢れそうなほどの大きくカットされたポークの下には、たっぷりの野菜が敷き詰められたボリューム満点の一品です。

あっさりとした味付けなので、このボリュームでもペロっと食べられます。食後のデザートのバナナが添えられた、「カフェテリア ニューストン」の人気メニューです。

「カフェテリア ニューストン」では、この他にも「オムライス」(790円)や「そばめし」(690円)、「ハヤシライス」(720円)、「ジャンボハンバーグステーキ」(850円)、「チキンソテー」(840円)などいずれもボリューム満点の食事メニューが豊富にあります。

住所 東京都墨田区両国3-26-11
電話番号 03-3634-8566

らーめん まる玉 両国本店 

Photo by bethom33

両国でひとりでも入りやすいおすすめグルメ四つ目が「らーめん まる玉 両国本店」です。2001年にオープンした「らーめん まる玉 両国本店」は、国内のみならず海外にも出店している人気ラーメン店です。

鶏白湯のパイオニアである「らーめん まる玉」は、世界に通用するラーメンをという思いから作られた鶏のみの旨味を抽出した濃厚な白湯スープが絶品のラーメン店です。

Photo by veroyama

時間をかけて作られたスープの他に、鶏白湯スープとの絡み具合が絶妙な特注細ちぢれ麺、相性抜群の三重外港、伊勢湾産あおさのりなど、こだわりのつまったラーメンが味わえます。

「らーめん まる玉」では、鶏白湯の塩味ひとつのみで、ラーメンの上にのせるトッピングを選ぶことができます。自分の好きな一杯を作れるのも「らーめん まる玉」の楽しみの一つです。

定番の「まる玉らーめん」(700円)やタイ産の青唐辛子を塩ダレに練り込んだ生からし入りの「生からし入り」(800円)、「あおさ入り」(1000円)など色々な味が楽しめます。

サイドメニュー

Photo by Kanko*

「らーめん まる玉 両国本店」では、ラーメンと一緒に頼みたいサイドメニューもあります。ラーメンと一緒に食べる定番の餃子(6個、320円)や「おにぎり」(100円)、さらに味を変えるのにおすすめの「れもん」(100円)も注文できます。

住所 東京都墨田区両国2-11-1
電話番号 070-5201-5690

両国で食べたい絶品ランチグルメ2選

Photo by ivva

定番のちゃんこ鍋以外にも美味しいおすすめのお店があるグルメスポット両国で、絶対に食べたい美味しい絶品ランチグルメが食べられるお店をご紹介します。

イタリアン・両国吉良亭 

Photo by yto

両国で絶対に食べたい美味しい絶品ランチグルメが食べられるお店一つ目が「イタリアン・両国吉良亭」です。「イタリアン・両国吉良亭」では、墨田区で唯一の極上ランクに認定された富士幻豚を食べられるお店です。

また、普通の生パスタとは一味違う「モチモチ麺浅草開化楼パスタフレスカ」など、産地から直接仕入れる厳選食材をふんだんに使ったイタリアンが味わえます。

JR両国駅から徒歩2分とアクセスもしやすい「イタリアン・両国吉良亭」は、美味しくて値段もリーズナブルなことから両国駅近くの人気イタリアンのお店です。

フリー写真素材ぱくたそ

「イタリアン・両国吉良亭」のランチメニューでは、モッツァレラチーズとルッコラのトマトソースの「本日のパスタランチ」(1000円)や自家製鶏ハムとブロッコリーのクリームソースの「本日のパスタフレスカランチ」(1000円)があります。

またお店自慢の富士幻豚を使用したボロネーゼ「本日のオススメパスタフレスカランチ」(1500円)や牡蠣と生のりのリゾットの「本日のスペシャルランチ」(1500円)などもおすすめメニューです。

「イタリアン・両国吉良亭」では、ランチ以外にもリーズナブルに楽しめるパーティプランも人気です。ランチにも夜にも様々なシーンで利用できる、両国のおすすめグルメスポットです。

住所 東京都墨田区両国3-23-8
電話番号 -

海鮮丼・目利きの銀次 両国駅前店

Photo by bizmac

両国で絶対に食べたい美味しい絶品ランチグルメが食べられるお店二つ目が「海鮮丼・目利きの銀次 両国駅前店」です。「海鮮丼・目利きの銀次 両国駅前店」は、ランチにリーズナブルなお値段で海鮮丼が味わえる居酒屋チェーン店です。

「海鮮丼・目利きの銀次 両国駅前店」のランチでは、10種類の海鮮丼を食べることができます。マグロの赤身とマグロのたたきが盛り付けられた「まぐろ&まぐろたたき丼」(620円)やサーモンの切り身と焼き身、いくらがのった「サーモン親子二段重」などがあります。

Photo by *tomoth

海鮮丼以外にも、お刺身がたっぷり味わえる「本日の刺身定食」やエビフライや魚のフライが食べられる「ミックスフライ定食」、サバや赤魚などの焼き魚の「本日の焼魚定食」など、豊富なランチメニューがあります。

住所 東京都墨田区両国3-26-5 両国ビルディング2F
電話番号 03-3631-2988

両国の穴場の美味しいランチグルメ2選

Photo by Richard, enjoy my life!

定番のちゃんこ鍋以外にも美味しいおすすめのお店があるグルメスポット両国で、両国の穴場の美味しいランチグルメのお店をご紹介します。両国の穴場ならではの絶品グルメです。

ドジョウ料理・桔梗家 

Photo by y.ganden

両国の穴場の美味しいランチグルメのお店一つ目が「ドジョウ料理・桔梗家」です。こちらの両国の穴場のお店「ドジョウ料理・桔梗家」は、昭和8年に開業した老舗の川魚料理専門店です。

新聞にも取り上げられたことのある両国の穴場のお店「ドジョウ料理・桔梗家」は、どじょう料理をはじめ鯰や鯉料理など、他では味わえない料理が楽しめます。

両国の穴場のお店「ドジョウ料理・桔梗家」のランチで食べられるメニューが、「うなぎ丼」(1400円)や「柳川丼(丸)」(1200円)、「柳川丼(骨抜き)」(1200円)などがあります。いずれも、味噌汁、お新香、小鉢がついたセットメニューです。

住所 東京都墨田区両国1-13-15
電話番号 03-3631-1091

ネパール料理・DIPIKA

Photo by amika_san

両国の穴場の美味しいランチグルメのお店二つ目が「ネパール料理・DIPIKA」です。こちらの両国の穴場のお店「ネパール料理・DIPIKA」は、JR両国駅から徒歩5分のところにある本格インドカレーを味わえる穴場のお店です。

両国の穴場のお店「ネパール料理・DIPIKA」のランチメニューは、好きなカレーが選べてライス、サラダ、ドリンクのついたランチセット(800円~)のメニューです。

両国の穴場のお店「ネパール料理・DIPIKA」のセットのカレーは、チキンカレー、キーマカレー、豆カレー、野菜カレー、サグチキンカレー、日替わりカレー、マトンカレーの7種類から選べます。

Photo by pika1935

両国の穴場のお店「ネパール料理・DIPIKA」では、ランチだけでなくディナーでも楽しめるディナーセットメニューやサラダや揚げ物、タンドリーチキンなどサイドメニューも豊富です。

住所 東京都墨田区両国2-16-5 1F
電話番号 03-5669-6868

両国のおすすめランチ21選!子連れやおひとりさまでも大満足のお店は?のイメージ
両国のおすすめランチ21選!子連れやおひとりさまでも大満足のお店は?
両国には、ランチの美味しいお店がたくさんあります。子供連れやおひとりさまでも大満足できるおすすめランチを選んでみました。相撲観戦や、観光で両国に立ち寄った際にランチを楽しんでみてください。今回は、両国のおすすめランチが食べられるお店を紹介します。

安い!美味しい!が揃った両国の老舗グルメ2選

Photo by sekido

定番のちゃんこ鍋以外にも美味しいおすすめのお店があるグルメスポット両国で、安くて美味しい両国の老舗グルメをご紹介します。両国の老舗ならではの絶品グルメです。

元禄二八そば 玉屋

Photo by shibainu

安くて美味しい両国の老舗グルメのお店一つ目が「元禄二八そば 玉屋」です。両国の老舗のお店「元禄二八そば 玉屋」は、大正8年に創業した老舗のおそば屋さんです。

両国の老舗のお店「元禄二八そば 玉屋」は、石臼挽きの特選そば粉を使い、そば粉8割、割粉2割で練り上げた「元禄二八そば」のお店です。

両国の老舗のお店「元禄二八そば 玉屋」のメニューは、お店の近くにある名所・吉良邸跡や相撲、隅田川の花火などにちなんで名付けた「討ち入りそば」(1100円)や「横綱定食」(1700円)、「冷やし花火」(970円)などのメニュー名が楽しい老舗のお店です。

Photo by Yuya Tamai

赤穂浪士の討ち入りまでの「辛酸」を「つゆ」の味で表現した「義士御膳」(1100円)は、そばに天丼、お新香などがついたセットメニューです。

この他にも、天ぷらとたぬきそばセットの「そば定食」(1000円)、ごまだれそばと天丼セットの「胡麻定食」(1100円)、天丼とざるそばセットの「玉屋定食」(1000円)などボリューム満点でリーズナブルなそば定食が味わえます。

住所 東京都墨田区両国3-21-16
電話番号 03-3631-3844

しし鍋・もゝんじや

Photo by r-lab

安くて美味しい両国の老舗グルメの二つ目が「しし鍋・もゝんじや」です。両国の老舗のお店「しし鍋・もゝんじや」は、享保3年に創業し9代続いているしし鍋が味わえるお店です。

両国の老舗のお店「しし鍋・もゝんじや」では、一番美味しい脂の多いバラ肉の部位を使用した「猪鍋」(4200円)が食べられます。

Photo by TAKA@P.P.R.S

またこの他にも、脂身がなくキメの細かいのが特徴の「鹿鍋」(4200円)や、やや黒味を帯びた赤身にたっぷりと霜降りののった熊肉を使った「熊鍋」(5250円)なども味わうことができます。

「鹿刺身」(1680円)や「猪ヒレ肉網焼」(1680円)、「鹿生姜焼」(1365円)、「熊ソース焼」(2625円)など、江戸時代から続く老舗のジビエ料理が味わえるメニューがあります。

住所 東京都墨田区両国1-10-2
電話番号 050-3469-3543

両国のおすすめグルメを食べてパワーアップ!

Photo by Richard, enjoy my life!

両国国技館や江戸東京博物館など、様々なおすすめ観光スポットがある両国は、ちゃんこ鍋をはじめ美味しいグルメが食べられるスポットです。

両国の定番グルメちゃんこ鍋から、絶品のランチグルメ、穴場から老舗のお店までご紹介しました。両国を訪れたら、おすすめのグルメを食べてパワーアップしましょう。

sonoko
ライター

sonoko

日本全国の観光スポットやグルメを中心にご紹介しています。趣味は読書と美術鑑賞。週末には一人旅を楽しんでいます!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング