淡路島名産の玉ねぎを徹底紹介!直売所情報や人気のドレッシングもおすすめ

淡路島名産の玉ねぎを徹底紹介!直売所情報や人気のドレッシングもおすすめ

淡路島名産の玉ねぎを食べたことはありますか?淡路島産の玉ねぎはフルーツのように甘く瑞々しいのが特徴です。今回は直売所情報や玉ねぎのドレッシングなどおすすめの食べ方をご紹介します。きっと淡路島の玉ねぎを食べてみたくなることでしょう。

記事の目次

  1. 1.淡路島の玉ねぎは甘い!
  2. 2.淡路島の玉ねぎの種類は3つ!
  3. 3.淡路島の玉ねぎが買えるおすすめの直売店
  4. 4.淡路島には玉ねぎフォトスポットの宝庫がある!
  5. 5.淡路島で人気の玉ねぎのお土産
  6. 6.淡路島の名産甘い玉ねぎをぜひ食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

淡路島の玉ねぎは甘い!

Photo bymanfredrichter

淡路島の玉ねぎは「甘い・柔らかい・瑞々しい」のが特徴です。その甘みは一般的な玉ねぎと比べると1.4倍程度甘いとされています。また水分が豊富なため柔らかく辛みが少ないのが特徴です。

淡路島の玉ねぎは一般的な玉ねぎより柔らかく甘みが強いため、火を通さなくても食べやすいのも特徴です。そのためサラダなど生食でも美味しく食べることができます。

淡路島の玉ねぎはなぜ甘い?特徴は?

Photo byCouleur

淡路島産の玉ねぎはなぜそれほど甘みが強いのでしょうか。糖度は、特に甘いいちごすら超える甘さだと言われています。

淡路島の玉ねぎが甘い理由として淡路島の環境が関係しています。淡路島は日照時間が長いので玉ねぎ作りに適しているといわれています。また風通しの良さを活用した貯蔵方法やミネラル成分を多く含んだ土壌が辛みを少なくし甘みを増すのです。

Photo bymatthiasboeckel

淡路島の玉ねぎの甘みはその育成期間と熟成が大きく関係しています。通常の玉ねぎは約4か月で収穫しますが、淡路島の玉ねぎは6~7か月の期間をかけ丁寧に育てられます。収穫後も風通しの良いところで熟成させるので糖度がより増します。

また淡路島の玉ねぎの甘みが強く感じられる理由として、辛み成分が少ないことも挙げられるでしょう。玉ねぎの辛み成分である「ピルビン酸」が少ないためより一層甘みを感じることができるのです。

淡路島の玉ねぎの種類は3つ!

Photo byfotoincucina

淡路島の玉ねぎは基本的に年間通して収穫することができます。種類によって旬の時期があり最も美味しい時期が異なります。淡路島産の玉ねぎは大きく分けて3種類あります。

早生

Photo byJillWellington

淡路島産の玉ねぎの「早生(わせ)種」は3月から5月にかけて収穫される品種です。一般的な新玉ねぎのと同じく皮は薄く白っぽい緑色をしています。

玉ねぎ自体とても柔らかく甘みが強いので生食に向いています。水分が多く瑞々しいため長期保存には向かないとされています。

中生

Photo byHans

淡路島名産の玉ねぎの「中生(なかて)」と言われる品種は、5月から7月にかけて収穫される品種です。「早生」と同じく新玉ねぎに分類されます。水分が多く甘みも強いのですが、早生に比べると保存しやすいのが特徴です。

辛みが少ないのも早生と同じですが保存できる期間が少し長いので使いやすい品種です。サラダなどの生食に適しています。

晩生

Photo byPublicDomainPictures

淡路島名産の玉ねぎの中でも「晩生(おくて)」と言われる品種は最も遅い時期に収穫される品種です。収穫期間は6月末辺りから翌3月までと最も長く、流通しやすい玉ねぎです。

この「晩生」は一般的な玉ねぎと同じく茶色い皮の玉ねぎです。収穫後に自然の風にさらして乾燥させます。新玉ねぎと比べると辛みは強いですが加熱すると甘みが強くなるのが特徴です。

淡路島の玉ねぎが買えるおすすめの直売店

Photo by jinkemoole

淡路島名産の玉ねぎは保存期間が短く年中通して広く流通していません。特に新玉ねぎは短い期間だけ食べられるものですので、直売所などで購入すると良いでしょう。淡路島の玉ねぎを買うことができるおすすめの直売所をご紹介します。

やま高

Photo by takasumir

「やま高」は道の駅東浦ターミナルパークの中にある直売所です。自給率150%を誇る淡路島名産品が揃っています。淡路島名産の玉ねぎはもちろんタコ姿焼や海産物、鳴門金時など地元の名産品を味わえます。

全国に宅配してもらえるので、インターネットや電話で注文することができます。5000円以上は送料無料となっています。直売所に行くことはできないとしても、淡路島の名産品の数々を味わってみてはいかがでしょうか。

直売所「やま高」では淡路島を代表する農家が育てた最高級の玉ねぎを販売しています。5キロ入りが1500円、10キロ入りが2900円です。

直売所フローラルアイランド

Photo bylenapetersson0

直売所「フローラルアイランド」は玉ねぎの他新鮮な野菜を数多く販売している直売所です。玉ねぎは年間通して販売されています。毎朝農家の方が持ち込む新鮮な野菜がたくさん並び、淡路島の名産品はほとんど何でもそろってしまう直売所です。

フローラルアイランドで販売されている玉ねぎはカツラギ農園の玉ねぎです。七宝という品種です。色が白く辛みが少ないことで人気の品種です。できるだけ農薬を使わず栽培されているので安心して生食できます。

道の駅東浦ターミナルパーク

Photo by yoco**

道の駅「東浦ターミナルパーク」は各方面に向けて発着するバスターミナルを中心に東浦地区の文化拠点と言ってもよい場所にあります。

道の駅「東浦ターミナルパーク」には、「やま高」や「フローラルアイランド」など東浦物産館があります。定休日はありませんが、営業時間は各店舗により異なりますので確認してから行きましょう。道の駅内には陶芸体験館や美術館があります。

住所 兵庫県淡路市浦6577株式会社高田屋「やま高」
電話番号 0799-74-2707

住所 兵庫県淡路市浦642-1(株)フローラルアイランド
電話番号 0799-75-2387

淡路島には玉ねぎフォトスポットの宝庫がある!

Photo by naitokz

淡路島と言えば玉ねぎというくらい有名ですが、玉ねぎを活用したフォトスポットがあるのはご存じでしょうか。瀬戸内海の渦潮の雄大な景色を楽しむことができるおすすめのスポットです。

ぜひ玉ねぎを活用したフォトジェニックな場所で素敵な写真を撮ってください。淡路島の玉ねぎが美味しいばかりでなくもっと身近なものになることでしょう。

うずの丘 大鳴門橋記念館

Photo by Mike B in Colorado

「うずの丘大鳴門記念館」は淡路島南部の南あわじ市にあります。淡路島のご当地グルメが味わえるレストランやうず潮について学べる科学館があります。

また淡路島の人気のお土産を買うことができるショップもあり、観光スポットとして人気があります。SNSにアップしたくなるようなフォトスポットがありますので楽しく過ごすことができる場所です。

大きな玉ねぎや玉ねぎカツラ貸し出しコーナーなど!

Photo byShutterbug75

まず屋上からの素晴らしい眺望を楽しんでください。目の前には鳴門海峡が広がり大鳴門橋をはっきりと見ることができます。とても雄大で穏やかな景色に心打たれることでしょう。

そこからすぐ下に目を向けると、その名も「おっ玉葱」という巨大なオブジェが目に飛び込んできます。高さ2.8m・直径2.5m・重さ250kgという巨大な玉ねぎです。

オブジェの前には「#おっ玉葱」というハッシュタグまでつけられていますので、SNSに上げやすくなっています。さらに館内にはとても興味深いグッズがあります。

Photo byBuntysmum

館内に入るとすぐに目に入るのは、大きな玉ねぎカツラです。この玉ねぎカツラは貸出されており、先程の「おっ玉葱」オブジェの前で写真を撮ることができます。きっと玉ねぎづくしの楽しい写真が出来上がることでしょう。

その他「うずの丘大鳴門橋記念館」には淡路島の書家の作品である大きなパネルもあります。力強い「玉ねぎ」の文字と、小さく書かれた「#玉ねぎになりたい」という文字が目を引きます。他にも「たまねぎキャッチャー」など楽しいスポットがあります。

「うずの丘」大鳴門橋記念館」の休業日は火曜日です。祝日や繁忙期は状況により臨時営業していますので確認してから行くことをおすすめします。無料駐車場が完備されています。

住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話番号 0799-52-2888

淡路島で人気の玉ねぎのお土産

Photo by yoco**

淡路島は海に囲まれ豊かな自然に恵まれているので、お土産にしたいおすすめの名産品がたくさんあります。その中でもやはり人気があるのは淡路島名産の玉ねぎを使ったものでしょう。

淡路島で人気の玉ねぎのお土産をいくつかご紹介します。玉ねぎが苦手な方でも美味しく食べられるおすすめのものばかりです。自分なりの料理や調理法を見つけて淡路島の玉ねぎを堪能しましょう。

玉ねぎドレッシング

Photo bymrpizzamandc

淡路島の玉ねぎを使ったドレッシングはたくさんの種類があります。好みや使われている玉ねぎの種類によって選ぶことができます。インターネットや電話でも購入できるものが多くあります。

まず初めにご紹介するのは、淡路島玉ねぎドレッシングの元祖とも呼ばれている「元祖玉葱和風ドレッシング」です。甘い・柔らかい・瑞々しいの3拍子が特徴の淡路島名産の玉ねぎと丸大豆醤油を使ったあっさりした和風ドレッシングです。

Photo by ume-y

道の駅「うずしお」の中にあるショップ「うずのくに」で販売されています。甘みの強い淡路島の玉ねぎと丸大豆醤油のコクとまろやかさが絶妙に配合されたドレッシングです。道の駅で売られているドレッシングの中でNo.1の売り上げを誇ります。

通常サイズ(250ミリリットル)が税込540円、お徳用サイズ(1リットル)が税込1620円です。生野菜や温野菜はもちろん冷奴やお肉にかけても美味しいということで人気があります。姉妹ドレッシングとして「玉ねぎわさびドレッシング」も販売されています。

Photo byRitaE

もう一つご紹介するのは「淡路玉ねぎドレッシング」です。このドレッシングも人気商品の一つでおすすめです。ノンオイルタイプのドレッシングです。「淡路ハイウェイオアシス」でも購入することができます。

ローストした淡路島の玉ねぎをたっぷり使ったドレッシングです。鰹節と昆布のダシとりんご果汁を合わせることにより香り豊かでまろやかな酸味のドレッシングに仕上がっています。

その他にも甘みが強くまろやかな淡路島の玉ねぎをふんだんに使ったドレッシングがたくさんあります。玉ねぎの食感が残っているものやオリーブオイルを使用したドレッシングもありますので、お好みの玉ねぎドレッシングを見つけてみてはいかがでしょうか。

玉ねぎポン酢レモン

Photo by naotakem

淡路島で人気の玉ねぎのお土産で人気があるのは「玉ねぎポン酢レモン」です。甘い淡路島の玉ねぎをたっぷり使用したまろやかなレモンポン酢で淡路島お土産におすすめです。

淡路島の玉ねぎをじっくりソテーして甘みをさらに引き出しています。チキンエキスとガーリックペーストで旨味をプラスし淡路島産レモンピューレとコクのある米酢を使った爽やかなポン酢です。

玉ねぎの甘みと酸味の絶妙なバランスが人気の秘密です。酢の物や焼き魚はもちろん豆腐や鉄板焼きにも合うと評判です。ぜひ試してみてください。1本680円(税込)です。

フライドオニオン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

次にご紹介するのは、「淡路島産フライドオニオン」です。カットした玉ねぎに小麦粉をまぶしてなたね油で揚げただけのとてもシンプルな商品です。甘みの強い淡路島の玉ねぎだからこそできる美味しさを味わうことができます。

玉ねぎの甘くて香ばしい風味にカリカリとした食感が食欲をそそると人気です。サラダやパスタなどどんな料理にも合うので玉ねぎの苦手な方でも美味しく食べることができます。

カレーやラーメンのトッピングにもできます。またチャーハンやスープに入れても美味しいのでおすすめです。淡路島の中の直売所でも販売されていますが、インターネットでも購入することができます。

淡路島のオニオンスープ

Photo by Yuichiro Haga

淡路島の玉ねぎを使ったオニオンスープは、いろいろな会社が販売しており種類が豊富です。その中で「淡路ごちそう館御食国」オリジナルのオニオンスープをご紹介します。淡路島産の玉ねぎを100%使ったオニオンスープです。まさにオニオンスープの元祖とも言えます。

玉ねぎのコクと旨味が最大限に引き出された万能スープです。便利な顆粒タイプも販売されているのでとても便利です。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「島と暮らす」というお店のオリジナル商品「淡路たまねぎスープ」もおすすめです。玉ねぎの甘みと旨味がコンソメの塩加減と相まって絶妙なコクと深みを出しています。

先程紹介したフライドオニオンを加えるとさらに香ばしく美味しいスープが出来上がります。顆粒状になっているのでお湯に溶かすだけで淡路島の玉ねぎの自然の旨味をまるごと味わうことができます。

淡路たまねぎスープは10食セットで540円(税込)です。フライドオニオンも付いてくるのでとても便利です。直売所でも購入できますが電話やインターネットで取り寄せることができます。

Photo by yto

淡路ハイウェイオアシスでは「淡路たまねぎスープ」が蛇口から出てきて試飲ができるという嬉しいサービスもあります。他にも人気のオニオンスープはたくさんありますので、ぜひお気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょうか。

住所 兵庫県淡路市大磯6番地
電話番号 0120-732-081

淡路島でおすすめお土産ランキングTOP25!人気のお菓子からおしゃれ雑貨までのイメージ
淡路島でおすすめお土産ランキングTOP25!人気のお菓子からおしゃれ雑貨まで
淡路島には、魅力的なお土産が数多くあります。おすすめしたい淡路島のお土産をランキング形式で紹介していくので、参考にしてみて下さい。美味しいお菓子や個性的な雑貨など、旅の思い出になる商品も数多くあります。淡路島の思い出と共に大切な人に贈ってみましょう。
淡路島で行きたいインスタ映えスポット25選!おしゃれカフェや観光名所ものイメージ
淡路島で行きたいインスタ映えスポット25選!おしゃれカフェや観光名所も
関西を代表するリゾート地・淡路島はインスタ映えスポットの宝庫です!絶景が眺められる観光名所やおしゃれなカフェなど、思わず写真におさめたくなる淡路島のインスタ映えスポット25選をご紹介します。淡路島で素敵な写真を撮りましょう!

淡路島の名産甘い玉ねぎをぜひ食べよう!

Photo byShutterbug75

淡路島の玉ねぎ特集はいかがでしたでしょうか。日常の必需品ともいえる玉ねぎですが、淡路島の玉ねぎは特別です。ぜひフルーツのような甘みや柔らかさ、瑞々しさを味わってください。短い期間だけ味わうことができる甘い玉ねぎは忘れられない特別なものになることでしょう。

friend
ライター

friend

お菓子を作ったり、手縫いの小物を作るのが趣味です。カフェ好き。誰かにプレゼントしたり素敵なものを探し歩く時間を大切にしています。誰かに喜んでもらえると自分も幸せになります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング