徳島・鳴門の渦潮は迫力満点!ベストな時間や場所に周辺観光スポットは?

徳島・鳴門の渦潮は迫力満点!ベストな時間や場所に周辺観光スポットは?

徳島といえば「鳴門の渦潮」が全国的に有名ですが、本記事では鳴門の渦潮のベストな楽しみ方から徳島の名産品やお土産屋さん、美味しいレストランをまとめてご紹介いたします。こちらを読んで、鳴門の渦潮観光へ行く準備を完了させてしまいましょう!

    記事の目次

    1. 1.徳島に行ったらぜひ見たい!「鳴門の渦潮」
    2. 2.徳島の「鳴門の渦潮」を見るのにベストな時間帯は?
    3. 3.徳島側から「鳴門の渦潮」を見る方法は主に2通り!
    4. 4.うずしお観光船で間近でが見るのがおすすめ!
    5. 5.徳島の土産やグルメが楽しめる場所は近くにある?
    6. 6.徳島で大迫力の渦潮を体感してみよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    徳島に行ったらぜひ見たい!「鳴門の渦潮」

    Photo by wongwt

    徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある訳1300メートルの狭い海峡で起きる「鳴門の渦潮」、一度はその名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?大きく渦を巻く潮の様子は、徳島県外で発行される教科書にもその写真が載るほどの、有名な自然現象です。

    海峡の狭さ、海底の複雑な地形、潮の満ち引きなどの複雑な要因が重なって起こる渦潮は、国内に限らず世界的にもその名が知られており、日常で目にすることのないダイナミックな自然現象を体験するためにこの場所を訪れる旅行者数は、毎年増え続けています。

    徳島の「鳴門の渦潮」は世界三大潮流!

    Photo by variationblogr

    鳴門の渦潮は、その場所の地形や潮の満ち引きなどの様々な要因と、それによって引き起こされる潮流の速さの違いによって大きさを変えていきます。毎年、春と秋の大潮の時期に最大サイズを誇り、最大サイズは直径20メートルにも上ると言われています。

    また、その巨大さからイタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモア海峡に並ぶ世界三大潮流の一つとして数えられています。大潮の最大サイズ時には、潮を巻き込む速さは時速20キロメートル以上であるとされており、これは日本国内で一番の速さでもあります。

    徳島の「鳴門の渦潮」を見るのにベストな時間帯は?

    Photo by Stephen Wheeler

    国内外に名を馳せる有名な鳴門の渦潮ですが、自然現象であるため、1日中常に発生しているわけではありません。特に日中は渦潮が起きてない時間帯もあるため、訪れる際にはどの時間帯に渦潮を見ることができるのか、確認してから向かう必要があります。

    渦潮は時間帯を合わせることで目にすることができますが、年間を通して最も大きくなるのは秋であるとされています。秋は1年のうち海水の温度が最も温かくなる時期で、同時に気圧が最も低くなることから潮流がより激しいものとなり、結果大きな渦潮が発生します。

    この時期の渦潮は「秋の大潮」と呼ばれています。通常時より壮大な渦潮をを見て体の芯から感動するような体験をするには最適な時期となっています。

    渦潮を見るなら干潮か満潮を狙え!

    Photo by variationblogr

    渦潮は渦潮の発生する場所の狭さや海底の地形などの要因が重なって引き起こされるものですが、月と太陽の自転の関係により引き起こされる潮の満ち引きも大きく関係しています。満潮時には緩やかで雄大な渦潮、干潮時には激しく豪快な渦潮を観察することができます。

    鳴門海峡の満潮、干潮の時間帯は公式サイトより確認することができます。見ごろの時間帯は日によって変わるため、鳴門の渦潮を見に行かれる際には専用Webサイトより事前に時間帯を確認してから、迫力満点の渦潮をお楽しみください。

    次のページ

    徳島側から「鳴門の渦潮」を見る方法は主に2通り!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング