石狩・道の駅「あいろーど厚田」に行こう!おすすめの見どころをご紹介

石狩・道の駅「あいろーど厚田」に行こう!おすすめの見どころをご紹介

2018年4月に北海道石狩市厚田に、道の駅「あいろーど厚田」がオープンしました。オーシャンビューが広がり、景色がとても良い場所です。石狩市の新たな街のシンボルとしておすすめスポットです。それでは、道の駅「あいろーど厚田」の見どころを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.あいろーど厚田は日本海を一望できるおすすめ道の駅
  2. 2.石狩の道の駅「あいろーど厚田」の特徴
  3. 3.石狩の道の駅「あいろーど厚田」の各フロア紹介
  4. 4.石狩の道の駅「あいろーど厚田」おすすめの食べ物
  5. 5.石狩の道の駅「あいろーど厚田」戸田城聖生家
  6. 6.石狩の道の駅「あいろーど厚田」へのアクセス方法
  7. 7.石狩の道の駅「あいろーど厚田」は見どころ豊富!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

あいろーど厚田は日本海を一望できるおすすめ道の駅

フリー写真素材ぱくたそ

道の駅「あいろーど厚田」は、札幌市の隣町にある石狩市厚田区にあります。日本海を一望でき、夕日が綺麗に見える場所として絶景ルートになっています。国道231号沿いは、「あい風」が吹く道路として有名です。「厚田に幸せな風を運ぶ風」として付けられました。

石狩の道の駅「あいろーど厚田」の特徴

Photo by Kentaro Ohno

石狩にある「あいろーど厚田」は、全国的にも珍しい3階建ての施設が特徴です。充実した物産展が有名で、厚田の歴史も学べます。そして、この土地で作られた物を使った飲食店が多数入っています。屋上には展望台スペースがあり、石狩湾を望むことができます。

日本海が広がり気持ちの良い景色を見ることができ、地元の方のみならず観光客の方にも見どころがたくさんあり、おすすめの場所です。そして、道の駅ならではの便利な設備が整っています。それでは、詳しく紹介していきます。

日本海を望む厚田公園の中にある

Photo byMabelAmber

「あいろーど厚田」は、夕日が綺麗に日本海に沈んでいく様子が見られるとして有名な厚田公園の中にあります。厚田公園にはキャンプ場があり、公園内には川が流れ、魚がたくさん泳いでいます。自然と触れ合える場所がたくさんあります。

厚田公園からは、海水浴場や漁港朝一がとても近いです。このため、漁港朝一で海鮮を買えばバーベキューの材料としても最適です。海水浴場は、漁港朝一のすぐ横にあります。厚田公園だけで様々な遊びができ、存分に楽しむことができます。

Photo byAlexas_Fotos

公園内には、「恋人の聖地」と呼ばれる場所があります。公園内の丘の上に展望台があり、そこから夕日がとても綺麗に見えます。ロマンティックな場所として、全国からプロポーズに相応しい場所として選ばれました。

そして、フェンスに二人で南京錠をかけることでより一層、愛が深まっていきます。南京錠は、道の駅で購入することができます。他にも、ハートのモニュメントが飾られていて、誓いの鐘があります。恋人達が更に仲を深める為の、おすすめの場所です。

24時間利用できるトイレや休憩スペースがある

Photo byAlexas_Fotos

「あいろーど厚田」では、様々な設備が完備されています。24時間利用できるトイレがあり、障害者の方専用のトイレも別に設置されています。ウォシュレットが付いている場所も別にあります。

全国的にも珍しいのは、「オストメイト」の方が利用する為の設備があることです。オストメイトとは、人工肛門や人工膀胱を体につけている方のことを言います。この他、無料の休憩所や喫茶店など休憩ができる場所があります。

特産品販売所や郷土資料館もある

Photo byJillWellington

特産店では、石狩の味覚と地域情報のフロアがあります。石狩市内から地場産品が集結し、販売されています。老舗のお菓子や厚田産の名産品である「そば」や「しそ」を扱った商品が並べられています。他には、道の駅限定の厚田まんじゅうも、おすすめです。

道の駅では珍しく、石狩市厚田の歴史について展示されている郷土資料館があります。館内には、石狩にまつわる人々や著名人の功績が記載された物が展示されています。この資料館は大変見どころですので、おすすめです。

石狩の道の駅「あいろーど厚田」の各フロア紹介

Photo by Dick Thomas Johnson

道の駅「あいろーど厚田」の施設は3階建てになっておりますので、見どころが満載です。お土産を買ったり、ドライブのお供のお菓子を買ったりできるフロアがあります。そして、1階にあるお蕎麦屋がとても人気です。

2階には季節限定のフードコートがあり、訪れた際は是非寄っていただきたい、おすすめの場所です。他には、石狩の歴史などが展示されているコーナーもあり、2階だけでも楽しめるフロアになっています。そして、最上階は展望台があり景色を見ることができます。

1階:地場産品販売コーナー

Photo byMichaelGaida

1階の入口を入ってすぐの所に、地場産品販売コーナーがあります。地元の素材を活かした商品が多数並べられています。厚田・浜益・石狩の名物と共に、道の駅の運営会社や地元の企業が新たに開発した商品まで様々販売されています。

石狩名物の商品で「石狩厚田そばの実クッキー」があります。こちらは、厚田産のそば粉を使ったクッキーです。そして、「厚田饅頭」は厚田産のかぼちゃを使っています。地元の食材をふんだんに使った食べ物が並んでいます。

Photo bydaeron

他には、石狩市浜益を代表する「ふじみや」の中華まんじゅうがあります。新たに商品開発をして、通常の大きさである20cmのまんじゅうを30cmに変更し、道の駅限定として商品を販売しています。そして、浜益の名物どら焼きも11cmから18cmに大きさを変えています。

厚田産のそば粉を使ったお店「一純」では、地元の味を堪能できます。麺は十割そばで、そばの風味が強く満足感があります。出汁も美味しく、イチオシです。特に、厚田で獲れたにしんの甘露煮を使った、にしんそばがおすすめです。お値段は900円(税込)です。

2階:自然・歴史コーナーやこども広場

Photo by xo_kuo

2階では展示コーナーがあり、歴史・自然・文学がテーマとして扱われています。厚田・浜益は山岳地帯で独特の風土が育まれたこと、厚田という地名はアイヌ語が由来ということなどが説明されています。

そして、昔の石狩市には油田があったそうです。油田があるとは、地元の方も知らない情報かもしれません。北前船の歴史について、可愛らしいジオラマで紹介されています。

フリー写真素材ぱくたそ

2階には、展示コーナーだけではなくこども広場があります。こども広場は屋外にあり、道の駅の2階から行くことができます。他にも建物のそばにある、石積みされている階段からもアクセスできます。広場には、大人気のふわふわドームが設置されています。

海を眺めながら遊べる場所で、とても開放感があります。ふわふわドームはペットは禁止となり、土足厳禁です。対象年齢が3歳~12歳になっています。ふわふわドームの周りにはベンチがあり、お子様を見守っている大人も安心して見ていられます。

3階:展望ラウンジ

Photo byscholty1970

3階には展望台のスペースがあります。ここでは更に屋外に出ることができ、建物の裏にある丘につながっています。開放感あふれるスポットから日本海が一望でき、絶景を見ることができます。展望スペースは見どころ満載です。

展望台の上では、かなり遠くまで見渡すことができますので、天気の良い日は絶景を望めます。そして、夕暮れ時には夕日がとても綺麗に見えるため、おすすめの場所です。3階には展望室があり、お子様が遊べるスペースも用意されています。

石狩の道の駅「あいろーど厚田」おすすめの食べ物

Photo byFree-Photos

2階にはフードコートがあり、地元の名産品を使った限定の食べ物が並びます。そして、海が近くにあるので、海鮮を使ったお店が人気です。店舗の他にイートインコーナーがあります。窓が大きいため、日本海が一面に広がる景色を見ながら食べることができます。

フードコートは3店舗ありますが、春から秋の季節限定営業になっています。グルメとスイーツを堪能できる場所として、見どころがたくさんあります。営業時間は、10:30~16:00までになります。それでは、「あいろーど厚田」のおすすめの食べ物を紹介していきます。

札幌の海鮮寿司居酒屋姉妹店「石狩二三一」

Photo by jetalone

「石狩二三一」は札幌市にほど近い場所に居酒屋を持つ有名店の姉妹店で、地域の素材にこだわった海鮮料理を出しているお店です。二三一(ふみいち)の名前の由来は、日本海沿いを走る国道231号線からきているそうです。「石狩」愛に溢れた名前がつけられています。

「石狩二三一」は限定営業ではありますが、旬の食べ物を使った料理が人気を呼んでいます。地元の伝統の魚を使った料理は絶品です。お米は北海道産を使うなどお店のこだわりがあり、どの料理も地元の食べ物を知り尽くしているからこそ、出せる味わいです。

二三一バッテラ

Photo by NV89119

「石狩二三一」では、鯖ではなく、地元で獲れた「にしん」を使ったバッテラが、石狩二三一のこだわりです。にしんと数の子の親子押し寿司がお店の人気商品です。脂ののった新鮮なにしんを使いますので、旨みが活きてきます。

そして、お店独自の製法で味付けされた数の子を使います。食感がパリパリしていて美味しいです。更にお米にもこだわりがあり、北海道産のななつぼしを使います。お酢が味を引き立て美味しさ抜群です。お値段は1000円(1本6切入)です。なくなり次第終了になります。

ねぎとろ丼

Photo by wiennat

ねぎとろ丼は、まぐろがたっぷりのっていて、赤い発色がとても綺麗です。海鮮が美味しい北海道の見どころでもあります。ご飯とネギトロの相性が抜群です。丼が少し小さめですので、女性の方やお子様でも一人前食べきれるサイズです。お値段は800円です。

住所 北海道石狩市厚田区厚田98番2 道の駅2F
電話番号 0133-78-2300

ジェラートの「Lico Lico」

Photo by cobacco

「Lico Lico」は北海道内に数店舗ある人気のジェラート屋です。ここでは、厚田限定の商品がたくさん揃っていますので見どころ満載です。スイーツ好きの方は必見です。シングル390円、ダブル470円、トリプル550円です。メニューが書いてるある所が、とてもオシャレです。

種類は全部で10種類あります。ミルク・チョコレート・エスプレッソ・黒千石きな粉餅・ホワイトチョコミント・はまなすソルベ・マンゴーソルベ・厚田ブルー・イチゴミルク・リンゴソルベです。地元の食べ物をふんだんに使ったジェラートがおすすめです。

黒千石きな粉餅

Photo by kaoruokumura

おすすめの看板メニューは、「自家製黒千石きなこ餅」です。新篠津産の黒千石大豆から挽くきな粉を使っています。自家製きな粉を毎日店舗で手作りするこだわりようです。素材の持つ甘味ときな粉の出来たての強い風味が口の中で広がります。

そして、沖縄県産の黒糖を使い炊き上げていくと黒蜜が出来上がります。黒蜜のコクと練りこまれたお餅のふわふわ食感を楽しむことができます。地元の食べ物を使ったスイーツを是非、味わってみてください。

住所 北海道石狩市厚田区厚田98番2 道の駅2F
電話番号 0133-78-2300

焼き立てパンとピザのお店「HOME」

フリー写真素材ぱくたそ

「Bakrey&Pizza HOME」は注文を受けてから、ピザを焼き上げるという本格的なお店です。お値段もリーズナブルで、毎回行列ができています。午後には完売している場合がありますので、早めの時間に行くことをおすすめします。

そして、ピザやパンと一緒にドリンクも選べます。「ヨーガスッコ・ディ・ペーラ(洋梨)」と「ヨーガスッコ・ディ・ペスカ(ピーチ)」はイタリアのフルーティーな味が特徴です。各280円ですが、ピザやパンと一緒に購入すると230円になります。

望来豚ソーセージと厚田産しいたけのミックスピザ

Photo by_Alicja_

Bakrey&Pizza HOMEの「望来豚(もうらいとん)ソーセージと厚田産しいたけのミックスピザ」は地元の食べ物を使った限定グルメです。お店のおすすめメニューですので訪れた際は是非、堪能してみてください。

望来豚の特徴は、柔らかい肉質と甘みのある脂身で絶品です。「望来豚ソーセージと厚田産しいたけのミックスピザ」のお値段は1100円(税込)です。

住所 北海道石狩市厚田区厚田98番2 道の駅2F
電話番号 0133-78-2300

石狩の道の駅「あいろーど厚田」戸田城聖生家

Photo by misijp

創価学会の二代目会長を務めた人物、戸田城聖の生家が道の駅の建物の裏の丘にあり、家の中を見学できます。そして、道の駅2階の展示コーナーでも詳しく解説がされています。生まれは石川県ですが、幼少期に厚田で過ごしたことがあるそうです。

「戸田城聖生家」では、当時生活していたままの状態が、今尚大事に保存されています。そして、当時の生活の様子を鮮明に見ることができます。施設は高台にあるので、日本海が目の前に広がりとても景色がいい場所です。石狩「あいろーど厚田」でしか、見られない施設です。

石狩の道の駅「あいろーど厚田」へのアクセス方法

Photo byJayMantri

最後に、石狩の道の駅「あいろーど厚田」へのアクセス方法をご紹介します。車で行く方法とバスを利用する方法とがあります。

車を利用する場合は、札幌駅から創成川沿いの石狩街道を通り約30分で茨戸分岐点に着きます。そこから道路標識に従って進み、厚田・浜益・留萌方面の国道231号線に沿って走ります。日本海沿岸を北上すると約40分で「あいろーど厚田」に到着します。約70分かかります。

バスを利用する場合は、北海道中央バスの札幌バスターミナルから「道の駅あいろーど厚田」行きに乗車します。乗車時間は約1時間40分かかり、運賃は1330円です。時刻表など詳しい情報は、事前に調べておくと便利です。

あいろーど厚田の駐車場情報

フリー写真素材ぱくたそ

「あいろーど厚田」の駐車場は、約200台が収容できる場所が完備されています。駐車場は第3まであります。第1駐車場は24時間利用が可能で、約50台完備されています。普通車42台、大型4台、身障者の方のスペースが3台あります。

住所 北海道石狩市厚田区厚田98番2
電話番号 0133-78-2300

石狩の道の駅「あいろーど厚田」は見どころ豊富!

Photo by laitueb

「あいろーど厚田」の見どころは、日本海の景色を楽しみながら美味しい食べ物を堪能できる所です。そして、地元の歴史や文化に触れて他にはない道の駅を楽しむことができます。地元の特産品コーナーでは、地域の方がアイデアを持ち寄り、石狩市愛が感じられます。

日本海が近く、海鮮はもちろんのこと食べ物が美味しく、満足感が得られます。フードコートでは、いつも行列ができるというお店が並び、ここでしか味わえない食べ物があります。見どころがたくさんあり、一日楽める「あいろーど厚田」に是非、お越し下さい。

こまり
ライター

こまり

大阪で暮らしております。遠出よりも近所におでかけすることが多いですが、色々な情報を発信していきます。気に入っていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

人気記事ランキング

記事はありません。