山形の泊まってみたい旅館9選!人気の老舗からおすすめの高級宿までご紹介

山形の泊まってみたい旅館9選!人気の老舗からおすすめの高級宿までご紹介

食材や自然の宝庫と言われる山形ですが、実は全国有数の温泉の宝庫でもあります。全市町村で温泉の湧くため、魅力的な旅館もとても多く、一度は泊まってみたい高級旅館や老舗旅館が数多くあります。山形の魅力を紹介しながら、山形の泊まってみたいおすすめ旅館をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.山形ってどんなところ?
  2. 2.山形の泊まってみたい旅館①「岩清水料理の宿季の里」
  3. 3.山形の泊まってみたい旅館②「蔵王温泉深山荘高見屋」
  4. 4.山形の泊まってみたい旅館③「おおみや旅館」
  5. 5.山形の泊まってみたい旅館④「時の宿すみれ」
  6. 6.山形の泊まってみたい旅館⑤「肘折温泉丸屋」
  7. 7.山形の泊まってみたい旅館⑥「小野川温泉鈴の宿登府屋旅館」
  8. 8.山形の泊まってみたい旅館⑦「最上高湯善七乃湯」
  9. 9.山形の泊まってみたい旅館⑧「松伯亭あづま荘」
  10. 10.山形の泊まってみたい旅館⑨「山形座瀧波」
  11. 11.山形の憧れの旅館で至福のひとときを過ごそう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

山形ってどんなところ?

フリー写真素材ぱくたそ

みなさん山形県と聞いたときに何を思い浮かべますか。もしかすると、あまり思い浮かばないという方もいるかもしれません。実は、山形は自然の宝庫と言われるほど自然豊かで、また農業が盛んなため、食材の宝庫と言われる魅力的な地なのです。

例えば、さくらんぼや米沢牛、米やそばなど有名な様々な美味しい食材があります。また、山形は様々な温泉を楽しめる地としても有名です。

フリー写真素材ぱくたそ

なんと山形は、全市町村で温泉が湧いている地で「温泉王国」とも呼ばれており、温泉の数は16か所もあります。例えば、山などの自然に囲まれた温泉や海沿いの温泉、また近代的な街並みの中の温泉など様々な温泉が楽しむことが山形の特徴の一つです。

自然豊かで見所満載な観光スポット

Photo by yari3180m

食材や温泉でも有名な山形県は、県の70%以上が森林を占めるほど自然溢れる「自然の宝庫」ともいわれる土地です。だからこそ、春夏秋冬楽しめる自然があるのが特徴の一つでもあります。

春の季節は特に桜が魅力的で、桜の名所も非常に多く、ライトアップされた桜並木やさくらの名所100選に選ばれた地など様々楽しむことが出来ます。夏には、きれいな花が咲き誇り、ひまわり畑やバラ園など数多くの花を楽しむことが出来ます。

秋は、紅葉が非常に美しく人気があります。国内の中でも特に寒くなる冬では、世界でも珍しい樹氷などを楽しめます。また雪が多く降る地域でもあるので、スキーなども楽しむことが出来ます。

Photo by tyoro

また、山形には数多くの温泉旅館があり、国内でも有数の人気温泉地のエリアです。全市町村で温泉の湧くと言われる山形県では、なんと16か所も温泉地があります。

有名な温泉地だと、ノスタルジックな街並みの中に佇む銀山温泉・大自然の中に囲まれた蔵王温泉・将棋の町で有名な天童市にある天童温泉など魅力的な温泉が数多くあります。

そんな温泉の宝庫ともいわれるほどの魅力を持った山形県の、「泊まってみたい」人気旅館や老舗旅館、高級旅館などの厳選した旅館を9か所をご紹介していきます。

山形の泊まってみたい旅館①「岩清水料理の宿季の里」

まず一つ目に紹介する山形の泊まってみたい旅館は、蔵王温泉にある「石清水料理の宿季の里」です。「石清水料理の宿季の里」は、蔵王温泉街に隣接する閑静な場所に佇んでいる人気旅館です。周辺は蔵王山麓や鴫の谷地沼などの自然に溢れており、四季折々の蔵王の自然を楽しめる旅館です。

客室は、古風な落ち着いたお部屋になっており山並みを眺めながらのんびり過ごせる客室です。また、蔵王の山々を眺めながらのんびりできる足湯などもありゆったり過ごすことが出来ます。

特に、温かいおもてなしの接客が口コミでも高評価で、普段の生活に疲れてしまった、都会の喧騒から離れてゆったり過ごしたい方にはピッタリの旅館です。

ボリュームのある料理が人気

何といっても一番の魅力は、食材の王国との言われる山形の地元の食材をボリューム満点で提供してくれる食事です。食べきれない量の食事を提供してくれると口コミでいただくほど、ボリュームのある食事を提供していただくことが出来ます。

ボリュームだけでなく料理も格別です。「石清水料理の宿季の里」では、地元の食材を使用することにこだわっており、名物の蔵王牛や四季折々の旬な食材などを思う存分満喫することが出来ます。

季節ごとに料理の内容も異なり、春夏秋冬コースの料理内容が異なるので、四季折々旬の様々な食事を味わうことが出来る旅館です。料理を堪能したい方には、特におすすめの旅館です。

フリー写真素材ぱくたそ

電車の場合は、JR山形駅から山形交通バスで40分で蔵王温泉バスターミナルまで行き、そこから無料送迎バスで5分で到着します。またお車の場合は、山形自動車道の山形蔵王ICを降りて20分ほどで到着します。

住所 山形県山形市蔵王温泉1271-1
電話番号 023-694-2288

山形の泊まってみたい旅館②「蔵王温泉深山荘高見屋」

Photo by zama_zama

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、蔵王温泉にある高級老舗旅館「蔵王温泉深山荘高見屋」です。こちらも蔵王温泉にある旅館で、なんと創業300年を迎えた、蔵王が誇る老舗旅館の一つです。

全18室のこじんまりとした旅館で、すべて趣の異なる客室が高級感漂わせています。お食事は、山形の新鮮な食材を使用した和会席を楽しむことが出来ます。

憧れの高級旅館といえばここ

「蔵王温泉深山荘高見屋」は、一度は泊まってみたいと声の上がる高級老舗旅館です。その魅力は、自家源泉の温泉と客室です。すべて自家源泉の「蔵王温泉深山荘高見屋」では、創業した300年前から湧き続けています。

かけ流しの温泉はなんと9種類もあり、気分によって贅沢な温泉を堪能出来ます。そんな中でも人気なのは、「長寿の湯」です。昔から変わらめ風情で、多くの旅人が訪れ癒された温泉です。胃腸病や傷を癒す効能がある温泉ですが、また美肌の効能もあるので、女性にもぴったりの温泉です。

また、「蔵王温泉深山荘高見屋」の魅力は自家源泉の温泉だけでなく客室も非常に魅力的です。蔵王温泉でここだけにしかない、客室に源泉かけ流しの露天風呂を構えている客室や、有名なデザイナーが手掛けた客室など高級感のある客室が様々あります。

また上記でもあげたように、どのお部屋に泊まっても趣が異なるので、毎回違った雰囲気で楽しむことが出来るます。また、客室数も多くないので、落ち着いて過ごすことが出来る旅館です。来る度に、新鮮さを体感できるからこそ多くの人に愛されている高級老舗旅館です。

フリー写真素材ぱくたそ

アクセスは、電車の場合はJR山形駅から路線バスで50分で蔵王温泉バスターミナルまで行き、そこから無料送迎バスで10分で到着します。また、お車の場合は山形自動車道山形蔵王ICから30分、東北中央自動車道の南陽ICから40分ほどで到着します。

こちらの旅館は高台にあるためお車では温泉近くまで行くことが出来ないため、蔵王温泉バスターミナルまで到着したら一度宿に連絡していただくようにしてください。

住所 山形県山形市蔵王温泉54
電話番号 023-694-9333

山形の泊まってみたい旅館③「おおみや旅館」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、蔵王温泉にある老舗旅館「おおみや旅館」です。「おおみや旅館」は、蔵王温泉随一ともいわれる老舗旅館です。

館内は、大正ロマンが残るノスタルジックな雰囲気で、レトロな感じがまたおしゃれさも感じさせてくれる旅館です。

また、旅館ではリラックスできるようにすべて畳敷きになっているのも特徴の一つです。なんと階段までもが畳敷きになっており、お客様の落ち着ける空間を徹底的に追求されたつくりになっているのが人気の理由の一つです。

創業1000年以上の老舗のお宿

フリー写真素材ぱくたそ

「おおみや旅館」の一番の魅力は、何といっても創業1000年を迎えた蔵王温泉随一の老舗旅館だということです。1000年という数字はあまりに歴史が長く想像がつきません。

温泉も創業から湧き続けている、源泉かけ流しの温泉です。温泉の種類は5種類です。蔵王温泉の泉質は強い酸性の硫黄泉なので、特に自家源泉の「おおみや旅館」の温泉では、より美肌等の効果も期待できます。

女性におすすめなのが、若返りと美肌に効果的と言われる「源泉風呂」と「泡風呂」です。1000年前から湧き続ける温泉はとても珍しく、温泉が好きな方はぜひ一度味わっていただくことをおすすめします。

電車でのアクセスは、JR山形駅から40分で蔵王温泉バスターミナルまで行き、そこから徒歩5分で到着します。他にも、3日前までに予約すれば山形駅から無料送迎バスを利用することも可能です。

また、お車の場合は、山形自動車道の山形蔵王ICから30分ほどで到着します。ほかの方法もいくつかあるので、詳しくはホームページをチェックしてみてください。

住所 山形県山形市蔵王温泉46
電話番号 023-694-2112

山形の泊まってみたい旅館④「時の宿すみれ」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、湯の沢温泉にある高級旅館「時の宿すみれ」です。「時の宿すみれ」は、自然の中に佇む全10室の一軒宿で、客室にテレビもないため、上質な大人な時間が流れる高級旅館です。

こちらの宿の特徴は、おふたりでの宿泊限定ということです。大切な人との旅行の際など、せっかく落ち着いて過ごしたかったのに周りが騒々しくて落ち着いて過ごすことが出来なかった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの宿ではおふたりでの宿泊と限定しているため、そのようなこともありません。大切な人とのんびり時間を忘れて大切に過ごしたい、そんな方におすすめの旅館です。

夫婦やカップルで訪れるのがおすすめ

Photo byNetpotent

ふたりの大切な時間を過ごすことのできる旅館のため、ご夫婦やカップルでの宿泊で特に人気があります。客室は落ち着いた高級感のある客室で大人な時間が流れています。客室には、テレビや時計がおいてなく心おきなく、お切な時間を過ごすことが出来る空間になっています。

普段の生活だとテレビや時計から離れて生活することはないですが、「時の宿すみれ」では、ふたりだけの大切な時間を過ごしてもらうために、このようなおもてなしを行っています。

また、食事処の雰囲気も非常に落ち着いており、大人の時間が流れています。料理にもこだわりがあり最高級米沢牛の懐石料理を提供していただけます。メイン料理は、「ステーキ」「すき焼」「しゃぶしゃぶ」から選ぶことが出来、最高級のお肉を満喫できます。

ご夫婦やカップルで一度訪れてみてはいかがでしょうか。1泊だけでなく、連泊でのんびり過ごしてみることもおすすめです。

電車でのアクセスは、JR米沢駅から15分で到着します。無料送迎で旅館まで送ってもらえます。また、車での場合は東北中央道 米沢八幡原ICより10分で到着します。

住所 山形県米沢市関根12703-4
電話番号 0238-35-2234

山形の泊まってみたい旅館⑤「肘折温泉丸屋」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、肘折温泉にある老舗高級旅館「肘折温泉丸屋」です。「肘折温泉丸屋」は、150年の歴史を持つ老舗旅館で大人の隠れ家のような旅館です。客室数は7室のみで、全客室違う趣をもつ客室です。

7室のみのこじんまりとした旅館のため、周りが気にならない静かな時間を過ごすことが出来ます。また、料理も専用個室で楽しむことが出来るためプライベートな空間でお食事を楽しむことが出来ます。

都会の喧騒を忘れたい、普段の忙しい生活から離れてのんびり過ごしたい方に特におすすめの老舗旅館です。

レトロモダンな雰囲気が素敵

「肘折温泉丸屋」は、レトロモダンな雰囲気で人気があることが特徴です。古いものと新しいのもを調和した館内は、落ち着いたおしゃれな空間でもあります。のんびり過ごしたい方には、ぴったりな落ち着ける空間です。

山形県内が舞台となった本やDVDなどが置いてある「肘折文庫GenStudy」や「談話室」など、「肘折温泉丸屋」ならではのレトロモダンが楽しめる場所もあるのでおすすめです。

電車でのアクセスでは、新庄駅から無料送迎バスがあります。ただ、満席の場合受付できないのでお早めのご予約がおすすめです。また、お車の場合は、山形北IC・古川ICから国道で舟形まで行き、そこから40分ほどで到着します。

住所 山形県最上郡大蔵村大字南山519
電話番号 0223-76-2021

山形の泊まってみたい旅館⑥「小野川温泉鈴の宿登府屋旅館」

Photo bystevepb

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、小野川温泉にある旅館「小野川温泉鈴の宿 登府屋旅館」です。「小野川温泉鈴の宿 登府屋旅館」は、お年寄りやお体の悪い方でも安心して泊まれる旅館として人気です。

また、お子様連れでの宿泊もおすすめで「小野川温泉鈴の宿 登府屋旅館」でしか出来ない体験も楽しめます。例えば、武者姿での記念撮影や鈴の絵付け体験などがあり、お子様も楽しめそうな体験が出来ます。

バリアフリーで選ぶならここ!

Photo bycongerdesign

「小野川温泉鈴の宿登府屋旅館」の一番の特徴は、高齢者や車椅子の人での宿泊でも安心できるようにバリアフリーに強化していることです。

今まで、高齢者との旅行やお身体が悪い方と旅行したくても設備の心配などで諦めていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方でも安心出来るように、最初から最後まで安心して宿泊できます。

Photo bystux

お車や温泉、お部屋全てにバリアフリーへのこだわりがあります。例えば、客室では車椅子のからそのまま横になれるはポケットコイル式のベッドを用意しています。細かい部分までバリアフリーに徹底的にこだわり、3世代旅行やお身体が悪く旅行を諦めていた方におすすめです。

電車でのアクセスは、米沢駅から路線バスで20分ほどで到着します。車椅子の方は、ホームページに車椅子専用のタクシーの連絡先を記載してるのでお身体が悪い方も安心です。お車の場合は、東北自動車道福島飯坂ICより米沢へ降り暫くして到着します。

住所 山形県米沢市小野川町2493
電話番号 0238-32-2611

山形の泊まってみたい旅館⑦「最上高湯善七乃湯」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、蔵王温泉にある旅館「最上高湯善七乃湯」です。「最上高湯善七乃湯」は、なんと1900年前から吹き出る100%源泉かけ流しの温泉が人気の旅館です。最高な源泉を楽しめるよう、非常にこだわっている旅館です。

本物の温泉を堪能したい方におすすめ

フリー写真素材ぱくたそ

「最上高湯善七乃湯」は、温泉にこだわりのある方にはとっておきの旅館です。「最上高湯善七乃湯」では、ここでしか楽しめない源泉の7つのこだわりがあります。このこだわりによって、最高な源泉を楽しむことが出来ます。

また、種類も豊富で今リニューアル中のものを含めると11つもの源泉風呂を楽しめます。貸切風呂がリニューアル中含め合計で7つと種類が多く、開放的な自然を眺めながら楽しむことが出来ます。本物の温泉を体感したい方におすすめです。

電車でのアクセスは、山形駅から蔵王温泉バスターミナルまで行き、そこから徒歩15分ほどです。無料送迎バスもございます。またお車の場合は、蔵王ICから30分ほどで到着します。

住所 山形県山形市蔵王温泉825
電話番号 023-694-9422

山形の泊まってみたい旅館⑧「松伯亭あづま荘」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、天童温泉にある老舗旅館「松伯亭あづま荘」です。天童温泉の開湯が約100年前になり、「松伯亭あづま荘」は開湯とともにオープンした老舗旅館です。

館内は自然が豊富で、日本庭園もあります。また、3つの趣の異なる客室からは山形の自然溢れる景色や、日本庭園の景色など様々な風景を見ることが出来ます。

松伯亭あづま荘」では、まいちゃんという大人気の看板猫がいます。全国の看板猫ランキングで1位になったこともあります。ねこ女将に癒されること間違いないの人気旅館です。

日本の風景を楽しみたい方は是非

「松伯亭あづま荘」の一番のおすすめは、四季折々の風景を楽しむことが出来るということです。初代から長年続いていると言われる日本庭園では、春夏秋冬の様々な風景を楽しむことが出来ます。

「松伯亭あづま荘」では、男女共々色浴衣を選ぶことが出来るので、浴衣に着替えてのんびり日本庭園を散歩するのもおすすめの過ごし方です。

電車でのアクセスは、天童駅から徒歩15分ほどで到着します。また、無料の送迎バスもあり、連絡したら迎えに来てくれます。お車でのアクセスは、山形北ICから15分ほどで到着します。

住所 山形県天童市鎌田2-2-1
電話番号 023-654-4141

山形の泊まってみたい旅館⑨「山形座瀧波」

続いてご紹介する山形の泊まってみたい旅館は、赤湯温泉にある老舗人気旅館「山形座瀧波」です。「山形座瀧波」は創業100年以上、築350年の庄屋屋敷の旅館でしたが、2017年8月に新しくリニューアルオープンしました。

古きよきものを感じつつ、リニューアルにより現代的に生まれ変わったもののバランスが非常によく、とても居心地の良い旅館で今人気を集めています。

3タイプ19室の部屋があり、どの客室も洗練されていておしゃれです。蔵をモダンにリノベーションした「KURA」や春にはお部屋から桜を見ることが出来るモダンで洗練された空間の「SAKURA」、開放的な空間に山形の工芸品などを組み込んだ「YAMAGATA」の3タイプです。

山形尽くしのこだわりの宿

Photo by 玉心

「山形座瀧波」はとにかく細部までこだわっており、山形を最大限満喫できる旅館です。まずは客室「YAMAGATA」では、家具まで山形へのこだわりをもっており、天童木工という山形の人気名作家具を使用しています。

モダンで洗練された空間に溶け込む天童木工を使用した客室は、凛とした空気の流れる落ち着いた空間です。

勿論、客室以外も山形へのこだわりが詰まっています。料理では、春には料理長自ら地元山形の山菜を取りに行き調理してくれたり、ダイニングでは旬地元の食材を満喫できます。温泉では、山形の蔵王石をくり抜いた大岩風呂があります。

全室かけ流しの露天風呂完備!

なんと「山形座瀧波」では、全室源泉かけ流しの露天風呂付となっています。蔵王石風呂かヒノキ風呂がついています。客室で、上質な源泉かけ流しが味わえるのは大変贅沢です。滑らかな泉質につかり、癒しのひと時を過ごせる素敵な旅館です。

電車でのアクセスは、赤湯駅からタクシーで8分ほどで到着します。また、車の場合は、山形蔵王ICから約40分で到着します。

住所 山形県南陽市赤湯温泉3005
電話番号 0238-43-6111

山形の憧れの旅館で至福のひとときを過ごそう

Photo by neverbutterfly

ここまで山形の魅力的な旅館をご紹介しましたが、いかがでしたか。全市町村で温泉の湧く山形では、旅館も数多く、人気の老舗旅館や高級旅館など、こだわりを持った魅力的な旅館が数多くあります。

普段の疲れを癒しに、自然溢れる山形を堪能しながら、ご志向にあった旅館に宿泊してみてはいかがでしょうか。

らーさん
ライター

らーさん

埼玉出身のらーさんです。情緒溢れる街並みや自然が溢れる地域が好きで、一人旅に行くのが趣味です。あとは、埼玉出身ということもあり年に4回秩父へ行くほど大の秩父好きです。情緒溢れる街並みや自然が溢れる地域、秩父やまた島旅行も好きなので、これに関する記事をお届けしたいと思います!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング