高知の北川村にあるモネの庭は芸術を体感できる庭園!青い睡蓮が見頃な時期は?

高知の北川村にあるモネの庭は芸術を体感できる庭園!青い睡蓮が見頃な時期は?

有名な画家クロード・モネが描いた絵画そっくりな庭園があるのをご存知ですか?日本の高知にあるその庭園は青い睡蓮が咲き乱れ、モネの庭と呼ばれています。ここでは、モネと高知にあるモネの庭の関連や、高知のモネの庭で青い睡蓮が見頃な時期について述べます。

記事の目次

  1. 1.クロード・モネとは
  2. 2.高知の北川村にあるモネの庭 マルモッタン
  3. 3.高知のモネの庭の庭園
  4. 4.高知のモネの庭で見れる青い睡蓮
  5. 5.高知のモネの庭のその他の見どころ
  6. 6.高知のモネの庭でモネの世界を体感しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

フリー写真素材ぱくたそ

モネはフランス・ジヴェルニーの庭をこれ以上ないくらい愛しました。彼は、車窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに魅了され、移り住むことにしました。そして、この場所に、自分の理想の家と庭を作りあげました。

モネのジヴェルニーの庭園は、彼の創造力の源泉となり、多くの名作絵画を生み出す場所となりました。連作「睡蓮」もここで生み出されたのです。

Photo byNadrog

ジヴェルニーの庭の景色はモネの創造力をかき立てました。モネの庭はパレットの中のように色とりどりで、鮮やかな世界でした。それというのもモネは自分のキャンバスに絵を描くように、自ら自由に植物の種類を選んで、庭のそれぞれに見合った場所に植えていたからです。

多くの名作絵画の元となったこの庭こそ、モネの最大偉業かもしれません。モネはジヴェルニーの庭園に温室を建て、複数の庭師を雇い、そして世界中から珍しい植物を集めました。彼はこの庭園に心血を注いで造りあげました。

高知の北川村にあるモネの庭 マルモッタン

Photo by kagawa_ymg

マルモッタンの「モネの庭」は、ジヴェルニーの庭と地中海の風景を、北川村の自然の中で再現した「花の庭」「水の庭」「光の庭」の3つの庭で構成されています。

また、三つの庭にある「カフェモネの家」や「手作りパン工房」、「ギャラリーショップ」「フラワーハウス」「遊びの森・遊歩道」「フローラルホール」など盛りだくさんで楽しめることうけあいです。

水の庭を挟んで両側に花の庭と光の庭が広がっています。他の二つの庭は自然がテーマですが、施設が充実している花の庭には車椅子駐車場やスロープ散策路があり、障害者への配慮もなされています。

世界で唯一「モネの庭」を名のれる場所

Photo by kagawa_ymg

北川村にある「モネの庭」マルモッタンは、ジヴェルニーのモネの家と庭園を参考に、クロード・モネ財団の指導のもと、再現した場所です。「モネの庭」を名乗れる世界で唯一の庭園といっても過言ではないでしょう。

2000年に北川村の「モネの庭」マルモッタンは、フランス・ジヴェルニーにある「モネの庭」を日本に再現した庭として開園しました。ジルベール・ヴァエ氏というジヴェルニーのモネの庭の庭園管理責任者のアドバイスを受けて現在の姿になりました。

高知で絵画の世界をお散歩

Photo bymitchkoff

高知の北川村に再現された「モネの庭」のマルモッタンの庭園を歩いてみましょう。モネの描いた絵画の風景がそこかしこに広がっています。様々な植物が植えられているので、いつも何かしらの景色が見頃です。

高知のモネの庭の庭園

Photo bySeparatus

高知のモネの庭の庭園には、モネが咲かせたいと思っていた青い睡蓮の花が咲いていることで有名です。三つの庭園はそれぞれの見頃と持ち味を持ち、訪れる人を魅了します。

花の庭

花の庭は、画家のパレットのなかのような色彩豊かな庭です。庭一面を季節の花で彩り、構築したバラのアーチやノルマン囲いの造形美が楽しめます。花壇ごとに花色を変えたり、混植にして取り合わせを楽しめるようになっています。いつでも見頃です。

Photo by T.Kiya

季節がいつも同じではないように気候により変化する植物たちの取り合わせで工夫して造られています。私達に見るたび新しい風景で感動を与えてくれます。いつでも何かしらの景色が見頃です。

次のページ

高知のモネの庭で見れる青い睡蓮

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング