香川にある日本のウユニ塩湖「父母ヶ浜」!絶景がみれるおすすめの時期や時間は?

香川にある日本のウユニ塩湖「父母ヶ浜」!絶景がみれるおすすめの時期や時間は?

香川で最も熱い観光スポットとして、日本のウユニ塩湖と呼ばれる「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」があります。南米のボリビアにあるウユニ塩湖は世界的に有名ですが、香川でも美しい鏡張りの絶景を見ることができます。絶景を見るためのおすすめの時期や時間など紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.香川・まるでウユニ塩湖と呼ばれる父母ヶ浜とは?
  2. 2.香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」で見られる絶景とは?
  3. 3.香川のウユニ塩湖と呼ばれるようになったきっかけ
  4. 4.香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」が鏡のようになる理由
  5. 5.香川のウユニ塩湖で絶景が見れるベストな時期・時間
  6. 6.香川のウユニ塩湖に行くときに気を付けたいポイント
  7. 7.香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」絶景フォトの撮り方
  8. 8.香川のウユニ塩湖は日本でも有数の絶景ポイント!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

香川・まるでウユニ塩湖と呼ばれる父母ヶ浜とは?

Photo by cyesuta

香川にはウユニ塩湖に非常に似た景色を持つ父母ヶ浜という場所があります。南米のボリビアにあるウユニ塩湖は、生きているうちに一度は見ておきたい世界的に有名な観光スポットです。しかし、地球の裏側にあるのでとても遠くて簡単に行けるような場所ではありません。

日本からは直行便は運行しておらず、アメリカなどを経由してからラパスという都市まで30時間以上かかります。その後は、飛行機で1時間、バスで8時間かかってようやくウユニ塩湖に到着します。膨大な費用と時間をかけないと見ることができません。

フリー写真素材ぱくたそ

南米のボリビアのウユニ塩湖に行きたいと思っていてもなかなか行けない人は、香川県にある父母ヶ浜に行きましょう。まるで本当にボリビアのウユニ塩湖のような幻想的な鏡張りの景色が見られると、SNSでも話題を呼んでいます。

もともとは素朴な海水浴場であまり知られていない場所だったのですが、SNSの拡散によって一気に人気の観光スポットになりました。現在では県外からの観光客も増えて、日本各地からツアーを組まれるほどの人気ぶりです。

特に夕暮れ時には、一層美しい光景が広がるので是非カメラを持って訪問してほしい観光スポットです。それでは、次に父母ヶ浜のある場所について詳しく説明していきます。

香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」のある場所は?

Photo by alberth2

香川のウユニ塩湖である父母ヶ浜は、香川県三豊市に位置している海水浴場です。この海水浴場は約1キロメートルのロングビーチを誇っている美しい海岸で、夏にはたくさんの海水浴客も訪れます。ビーチの周りには、海岸を望むカフェも点在しています。

公共交通機関を使っていく場合は、最寄り駅はJR詫間駅となります。JR高松駅からはJR予讃線の特急か快速で、40分ほどでJR詫間駅にアクセスできます。

Photo by cyesuta

JR詫間駅からは、祝日を除く月曜日から土曜日までは三豊市のコミュニティバスがあります。仁尾線に乗り、父母ヶ浜バス停で降りましょう。ただしバスで行く場合は、運行本数は少ないので時刻表は必ずチェックしてください。

日曜日と祝日(振替休日)と年末年始の12月31日から1月3日までは、コミュニティバスは運休しています。この日に訪問する場合はJR詫間駅からタクシーで行くこともできます。

車で行く場合は、高松自動車道のさぬき豊中ICもしくは三豊鳥坂ICから約20分ほどとなります。到着後は無料の駐車場が父母ヶ浜の近くにあるので、利用してください。

そもそもウユニ塩湖ってどんな湖?

Photo bysteta

ウユニ塩湖は空が地面に反射してすごく幻想的ですが、そもそもどのような湖なのでしょうか。ウユニ塩湖は塩の大地のことで、地面が全部塩でできています。

南北約10キロメートルで東西は約250キロメートル、面積は10582平方キロメートルにもわたる塩のかたまりです。

ウユニ塩湖は標高3700mのアンデス山脈の中にあって、世界で一番大きい塩湖と言われています。ただし塩湖と言っても、塩の大地がずっと続いていて、地面は全て真っ白な塩です。

Photo bywhitfieldink

またこの場所は、世界で一番平らな場所であるとも言われています。平らな場所なので、雨期の時期に雨によって冠水するとその水が波が立たないほどに薄く広がります。そして、水が蒸発するまでの間に天空の鏡と言われる巨大な鏡が出現します。

不思議な鏡張りの景色がみられるのは雨期のみですが、雨期の時期でも水は薄く張る程度しかありません。それが鏡のように空を映して、幻想的な光景が広がるのです。

香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」で見られる絶景とは?

Photo by cyesuta

それでは香川のウユニ塩湖である父母ヶ浜で見られる絶景について説明します。父母ヶ浜では夕暮れ時に特に美しい絶景を見ることができます。父母ヶ浜の夕陽は、「日本の夕陽百選」にも選定されています。

そして最近では、ウユニ塩湖で見られるような鏡張りのような写真を撮影できることで話題になっています。薄暮の美しい空が、水面に映り、更に鏡張りの写真も撮れるのでまるで絵画のような美しい光景が広がります。

香川のウユニ塩湖と呼ばれるようになったきっかけ

Photo byTravelCoffeeBook

次に香川のウユニ塩湖、そして日本のウユニ塩湖とまで呼ばれるようになったきっかけについて説明します。普通の地方のビーチが一躍有名になったのは、夕暮れ時の美しい幻想的な写真が引き金となりました。

旧三豊市の観光協会主催の写真コンテストで、父母ヶ浜の夕陽の写真が傑作に選出されたのが最初の注目を浴びるきっかけでした。その後徐々にSNSを中心に話題を呼ぶようになりました。

フリー写真素材ぱくたそ

更に日本中で注目を集めるようになったきっかけが、2017年にSNSで投稿された地元在住の写真家の写真です。この写真は父母ヶ浜で14人が手を繋いで、みんなで一斉にジャンプした瞬間を撮ったものです。

迫力満点の写真で、特に上下対称に映った鏡張りのような光景がボリビアのウユニ塩湖に酷似していると評判を呼ぶようになりました。そしていつしか、香川のウユニ塩湖、日本のウユニ塩湖とまで言われるようになったのです。

香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」が鏡のようになる理由

Photo byotsuka88

父母ヶ浜が天空の鏡のようになるのは3つの条件が重なったときです。一つ目は干潮と日の入りの時間が重なるときで、重なった瞬間に見る父母ヶ浜の絶景は想像以上に美しいです。光り輝くような透き通った水面はまるでウユニ塩湖の天空の鏡を想起させます。

二つ目の条件は風がなくて、水面が波立たない時です。三つ目の条件は日の入り前後の約1時間です。マジックアワータイムと言って、日没前後に数十分間体験できる薄明の時間帯は一日の中で最も美しい自然を映り出すと言われています。

フリー写真素材ぱくたそ

これらの3つの条件を満たせば、父母ヶ浜で美しい天空の鏡のような絶景を見られるでしょう。空の表情は夕暮れの時間帯が一段とロマンチックになります。そして海をバックにすると、夕日は逆行となり、人物が写し絵のようにフォトジェニックな黒い影になります。

干潮と日の入りの時刻が重なるのは月に2回ほどあり、期間は1週間続くと言われています。もし満潮の時間帯に行っても、ウユニ塩湖で見られるような海岸は現れないので、ホームページで干潮の時間を是非チェックしてから行ってみてください。

香川のウユニ塩湖で絶景が見れるベストな時期・時間

フリー写真素材ぱくたそ

父母ヶ浜には絶景がみられるベストな時期や時間があります。ボリビアのウユニ塩湖と同じように時期や天候などの条件が揃わないと絶景を見ることはできません。「奇跡の絶景」と呼ばれるぐらいなので何度でもチャレンジしないと見られない絶景です。

奇跡の絶景を見るための一番重要なポイントは、風がない干潮時となります。理由は、干潮時にできた潮溜まりが天空の鏡のような絶景を生み出してくれるからです。また風があれば、せっかくの潮溜まりの水面が揺れてしまい、綺麗な鏡になりにくくなります。

更に先ほども説明したように、夕日の時間帯に行くのがおすすめです。父母ヶ浜の夕日は夕日百選にも選ばれるほどの美しい絶景です。

Photo by9187092

夕日の時間帯と干潮の時刻が一致したうえで風のない日に、父母ヶ浜に行けば想像を超えるような絶景を見られるでしょう。父母ヶ浜の海岸では、日の入り前後の1時間にマジックアワーと呼ばれている奇跡の時間があります。

同じマジックアワーの時間帯でも時期によって美しさに差異があります。夏の時期は湿度が高くて雲が霞んで見えてしまうことが多く、冬の時期は日差しが弱くなります。

特に美しい夕日を見られるベストな時期は、春と秋だと言われています。特に春の時期は、湿度が高くなり始めるので特に赤い夕日を見ることができます。そのうえで、日没後の30分間がベストな時間帯となります。

香川のウユニ塩湖に行くときに気を付けたいポイント

フリー写真素材ぱくたそ

香川のウユニ塩湖に行くときには注意したいポイントがいくつかあります。まず、荷物はできる限り最小限で行きましょう。絶景のフォトスポットに行くので、荷物が多いと邪魔になってしまいます。宿を取っている方はホテルや車に荷物を置いてから行きましょう。

また父母ヶ浜では、スマートフォンを落としても問題のないように防水対策をしておくと便利です。ジッパーのついているポリ袋や防水ケースなどを用意しておきましょう。

足元は汚れるので、できるだけ防水性のある靴か長靴を履く方が良いです。もしくは無料で足を洗える場所もあるので、サンダルなどで行くのもおすすめです。裸足になる場合は足を拭くタオルもあると良いでしょう。

Photo bywoonsa57

またマナー違反により立ち入り禁止といった事態にならないように、ルールは守って訪問しましょう。例えば路上駐車は禁止なので、近くの無料駐車場を利用してください。地元の方や他に来ている観光客の迷惑とならないように配慮しましょう。

他の注意事項は人を撮影してSNSに載せる場合などは、肖像権にも配慮してください。そして父母ヶ浜は20年以上にわたる地域の方々のボランティアのおかげで、綺麗に保たれています。ゴミは捨てずに持ち帰るようにしてください。

以上が父母ヶ浜に行く際に気を付けたいポイントとなります。観光客全員がより快適な旅をできるようにマナーもしっかり守って、楽しく撮影しましょう。

香川のウユニ塩湖「父母ヶ浜」絶景フォトの撮り方

フリー写真素材ぱくたそ

父母ヶ浜では美しい絶景を見ることができますが、写真撮影をするにはいくつかポイントがあります。カメラがなくても、お手持ちのスマートフォンでも十分に綺麗な写真を撮ることができます。

しかし絶景が見られるといっても、毎回毎回見られるわけではありません。三豊市観光交流局のホームページでは絶景の見頃カレンダーで、絶景が見れる予想の期間も掲載されています。少しでも良い写真を撮るために必ずチェックしてから行きましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

見頃の時期に行けば、上下対称に綺麗に映るので、非常に幻想的な天空の鏡を体験できます。仲間と協力をし合ってポーズを決めたり、ジャンプをしたりと想い出に残る写真を撮れること間違いなしです。

それでは、ここからは絶景フォトを撮るための5つのポイントを順番に詳しく説明していきます。日本のウユニ塩湖で是非、奇跡のような絶景を写真に収めましょう。

まずはズームをしないで撮影してみる

Photo byTravelCoffeeBook

まずはズームをせずに撮影することがポイントです。ズームしすぎて撮ってしまうと、人の姿が中途半端な感じに映ってしまいます。広々とした景色の中に、人がぽつんと立ち止まっている方がスケール感が出るので、ズームをせずに撮影しましょう。

ズームを控えめにすることで、人の立っている位置が潮溜まりから離れていき、水面に全身が映り込まないように撮影されます。

姿が水面に映るように水際ギリギリまで近づく

Photo byotsuka88

ズームのままでは水面に全身が映り込まないので、次は姿が水面に映るように水際ギリギリまで近づきましょう。そうすることで、今度は全身がしっかりと映り、だいぶ雰囲気が出てきます。

できる限りローアングルから撮影する

フリー写真素材ぱくたそ

次に重要なポイントは、できる限りローアングルに構えて撮影することです。そうしないと、人の下半身が地面と被ってしまい、分かりにくく映ってしまいます。

撮影者は地面ぎりぎりに構えて撮るのがベストです。低ければ低いほど幻想的な鏡張りの写真を撮ることができます。もし三脚を使用する場合には、一番低く設置しましょう。

写真を撮ってもらう人は潮溜まりの近くの砂浜に立ちましょう。ポーズをしたり、大人数でジャンプしたり、小物のカラフルな傘を使ったりなど工夫次第でいろいろな写真を撮ることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

特にスマートフォンで絶景の写真を撮るためのポイントは、浜辺に現れる大きな潮溜まりを活用することです。そうすることでまるでウユニ塩湖に行っているようなインスタ映えする写真を撮ることができます。

最初はローアングルから撮影するのは思った以上に難しく感じるかもしれません。水平線が斜めになってしまうこともあるので、慣れるまではスマートフォンでグリッド線を表示させるように設定してください。

カメラを水面に対し水平に保つ

Photo by Travel-Picture

グリッド線の機能は便利で、画面に縦横3分割の線が現れます。そしてスマートフォンを水面ぎりぎりまで下げてから撮ってみてください。何度かシャッターボタンを押していると慣れてきて、水平線が真っ直ぐに撮れるようになってきます。

水面を入れる割合は半分から1/3くらいがベスト

Photo by Travel-Picture

最後のポイントとして、水面を入れる場合は人の好みにもよりますが、半分から1/3ぐらいがベストです。水面の割合が多くなると、少しバランスが悪くなってしまうからです。少し空の割合を多めに撮ってみると、バランスの良い落ち着いた広がりを感じる写真となります。

香川のウユニ塩湖は日本でも有数の絶景ポイント!

Photo by Travel-Picture

香川のウユニ塩湖は今では、日本でも有数の絶景ポイントになりました。こんな場所が香川県にあったことを驚く人も多いです。

地球の裏側にあるボリビアのウユニ塩湖まで行かなくても、日本で似たような景色を見られるので是非行ってみませんか。国内なので気軽に足を運びやすいですし、美味しいうどんも食べられます。絶景を見るための条件はあるので、チェックしてから行ってみてください。

ハッシー
ライター

ハッシー

とにかく旅が好き。ワーキングホリデーで海外に滞在経験あり。海外を中心に情報発信していこうと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング