三重の牡蠣料理店おすすめ13選!食べ放題や絶品料理の人気店はどこ?

三重の牡蠣料理店おすすめ13選!食べ放題や絶品料理の人気店はどこ?

牡蠣はあたるから食べるのを敬遠している、そんな方がいるのなら勿体ない話です。海のミルクと言われる牡蠣は生でも加熱調理でも美味しく食べられます。近畿圏で言えば三重県が牡蠣の宝庫です。ここでは全国第6位の生産量を誇る三重県の牡蠣について特集します。

記事の目次

  1. 1.三重で美味しい牡蠣が食べられるおすすめ時期は?
  2. 2.三重で牡蠣!地元でも評判の人気店3選
  3. 3.三重で牡蠣!食べ放題でおすすめのお店3選
  4. 4.三重で牡蠣!絶品の牡蠣料理があるお店2選
  5. 5.三重で牡蠣!自分で牡蠣が焼けるお店3選
  6. 6.三重で牡蠣!意外?穴場のおすすめ店2選
  7. 7.三重の名産!牡蠣を食べ尽くそう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

三重で美味しい牡蠣が食べられるおすすめ時期は?

フリー写真素材ぱくたそ

三重県伊勢島、と言えば多くの方が、海女さんが素潜りで、「岩牡蠣」を獲る姿をイメージするのではないでしょうか。三重県は実は全国でも牡蠣の漁獲量が6位という「牡蠣王国」です。海女さんが海に素潜りして漁ができる時期は決まっています。

それは初夏から秋にかけて、6月から9月の間です。この間が三重県の牡蠣の旬と言えるでしょう。しかしこれは岩牡蠣に限っての話で、「真牡蠣」という牡蠣については、海水温度によって身の状態が変化するため、食べごろは12月から4月頃です。

Photo by _temaki_

あくまで海水温度によって身がやせ細り、またぷっくりしてくる時期が異なるため、12月から4月は目安です。三重県の牡蠣の旬は岩牡蠣、真牡蠣2種類考えてみると初夏から秋、冬から春と非常にふり幅が広いことがわかります。

さらに三重県で牡蠣と言えば伊勢志摩が有名ですが、岩牡蠣は南伊勢や的矢産の名産でもあります。岩牡蠣は真牡蠣より2倍ほどの価格がしますが、身が大ぶりで磯の香りが強く、その濃厚な味は1度食べると病みつきになるほどです。

Photo by inazakira

海のミルクと言われるに価する、クリーミーで濃厚な牡蠣を今回は特集します。全国6位の生産量を誇る三重県で絶品の牡蠣料理が食べられるお店から、夢の食べ放題のお店、自分で牡蠣を焼ける貴重なお店など、一挙大公開です。

三重で牡蠣!地元でも評判の人気店3選

Photo by macbsd

三重は海に面しているため、新鮮な魚介が名産です。その中でも特に牡蠣は名産品として知られています。まずは地元でも表場になっている牡蠣の絶品料理が食べられるお店を厳選して3軒ご紹介しましょう!

与吉屋

Photo by lilyfan

地元で人気の焼き牡蠣食べ放題ができるお店が「与吉屋」です。牡蠣シーズンになれば県外からも与吉屋の牡蠣を目指してやってくるファンがたくさんいます。焼き牡蠣の食べ放題は60分になりますが、落ち着いて食べたい方のために単品の定食もあります。

人気なのが「焼きかき定食」で、カラリと揚げた牡蠣、生牡蠣、炊き込みご飯にお味噌汁、漬物などがつきます。生牡蠣と同時にフライの牡蠣を食べられる幸せは贅沢そのものでしょう。

Photo byshyukar

調理された牡蠣は旨味が凝縮され、さらに密度の濃い味に、生牡蠣は磯の香りがみずみずしく鼻に抜けて海を感じさせます。ぷりぷりの身は箸でつかもうと思っても逃げるほど新鮮です。与吉屋はその他の海鮮も美味しいので、海鮮丼などもおすすめです。

住所 三重県鳥羽市浦村町1414-15
電話番号 0599-32-5520

浜英水産

Photo by ftomiz

続いてのおすすめは「浜英水産」です。浜英水産も牡蠣食べ放題を行なっている、夢のような時間を過ごせるお店です。浜英水産の牡蠣食べ放題は特におすすめで、ほかのところと若干違っています。それは牡蠣をさまざまな料理で食べ放題にしてくれることです。

浜英水産の牡蠣食べ放題は90分ですが、その間に焼き牡蠣をはじめ、牡蠣の天ぷらの揚げびたし、牡蠣グラタンに牡蠣フライ、牡蠣ご飯、11月から12月は酢牡蠣が出されます。焼き牡蠣、もしくは蒸し牡蠣が食べ放題で、テーブルいっぱいの牡蠣料理にテンションもアップします。

Photo by nikunoki

食べているうちになくなりかければ、店員さんからおかわりは「焼き」か「蒸し」かを尋ねられ、またお皿いっぱいの過熱調理した牡蠣の絶品料理が運ばれてくる、これが90分間続くのですから、牡蠣好きにはたまりません。また調味料は持ち込みです。

「焼き」「蒸し」ともにぷりっと大ぶりの牡蠣を熱々の磯の香りとともに頬張れば、濃厚でまろやかな牡蠣のエキスが口中に広がります。お口直しにグラタン、ご飯、フライや揚げびたしを食べても、どれも牡蠣の旨味が染み出て幸せを味わえることでしょう。

住所 三重県鳥羽市浦村町1212-6
電話番号 090-5617-1817

あじ蔵 カロカロ

Photo byjarmoluk

地元で人気の絶品牡蠣料理を楽しませてくれるお店、最後にご紹介するのは「あじ蔵 カロカロ」という「オイスターバー」です。少し大人向けのお店、お宿となりますから、中学生未満のお子様を連れての来店はできないことになっています。

あじ蔵 カロカロでは「ワインとともに絶品牡蠣料理を楽しむ」ことができます。内装もしゃれており、7つの客室はそれぞれに個性がある仕様で、地元浦村牡蠣の創作料理を大切な人と、スタイリッシュに味わうことができます。デートや接待、記念日などにおすすめです。

Photo by is_kyoto_jp

客室には露天風呂もついていて、少しリッチな気分で牡蠣料理をいただくことができます。料理はコース料理となっており、定番の焼き牡蠣もしくは蒸し牡蠣、生牡蠣からまずは選ぶことができます。

その他「ソテー」「フライ」「牡蠣ご飯」とコースは牡蠣三昧で、どれも上質な牡蠣を使っているからか1つ1つの身が大きくぷりっぷりで弾ける美味しさです。美味しい源泉されたワインや地ビールなどと一緒にいただくことができます。

Photo byFotoshopTofs

どこかモダンな和カジュアルベースの客室料金もコスパを考えると非常にリーズナブル、三重へ旅行へ行った際にはレストランとしても使え、お宿としても使えるあじ蔵 カロカロはおすすめです。

住所 三重県鳥羽市浦村町今浦222
電話番号 0599-32-1515

三重で牡蠣!食べ放題でおすすめのお店3選

Photo by is_kyoto_jp

住んでいる土地の名産品が牡蠣でない限り、「牡蠣食べ放題」とは、ほぼ無縁の食生活を送っていることでしょう。しかし三重県では「牡蠣小屋」というものがあり、牡蠣シーズンになれば海女さんなどが獲れたてをその場で食べることがあります。

三重の牡蠣食べ放題を行なっているお店では、牡蠣シーズンに入るずっと前から、食べ放題の予約を承っています。食べ放題のお店は三重県内にたくさんありますが、その中でも絶品牡蠣を出してくれるお店の情報を3軒だけピックアップしてお届けします。

Photo by omoon

近畿圏内で絶品牡蠣が食べられる三重で、上質な牡蠣の食べ放題を行なっているおすすめのお店とはどこなのでしょうか?牡蠣好きなら人生1度はチャレンジしたい、1度チャレンジするとリピーターになってしまう絶品牡蠣食べ放題のお店をご紹介します!

マルナカ水産 マルマ本店

Photo by ivva

三重県鳥羽の浦村町にある「マルナカ水産 マルマ本店」では、獲れたての浦村牡蠣の「焼き」「蒸し」の食べ放題を楽しむことができます。漁であがったばかりの牡蠣は、殻付きのまま火力の強い薪で焼かれ、香ばしくぱっくり口を開きます。

出てくるのはつやっつやに光るミルク色の牡蠣で、ぷくぷくジュージューと周りにエキスが煮立っています。それを見るだけで大勢の「焼き待ち」の人々は口の中に入れる瞬間を想像してしまいます。さすがブランド牡蠣だけあって身がしまり、加熱してもぷっくらしています。

Photo by senov

「焼き待ち」していた方は、焼きあがった牡蠣を、持っているトレイにざっと入れてもらうシステムです。焼き上がりを待っている間は、蒸し牡蠣をいただくことができます。甘みたっぷりで磯の香りも豊かな海の宝石を思う存分堪能できます。

また食べ放題ではありませんが、「牡蠣ご飯」「牡蠣グラタン」「牡蠣のアヒージョ」など、単品メニューもありますので、気になる方は単品で頼んでもおすすめです。

住所 三重県鳥羽市浦村町310-17
電話番号 0599-32-5914

久保田水産

Photo by nakanishiakihito

三重の名産、浦村牡蠣の食べ放題を行なっている「久保田水産」もおすすめです。久保田水産は完全入れ替え60分制の食べ放題で、食べ放題メニューは「焼き」「蒸し」牡蠣食べ放題に牡蠣ご飯と牡蠣の味噌汁はおかわり自由、牡蠣フライが5個つきます。

名産品である浦村牡蠣の「焼き」「蒸し」に加え、ご飯と味噌汁までおかわり自由、さらに絶品フライが味わえるのはリッチと言えるでしょう。食べ方は店内にある大皿を持ち、外の「焼き場」まで行って店員さんが焼いている、あるいは蒸している牡蠣を取ってくるスタイルです。

Photo by is_kyoto_jp

半分に切断されたドラム缶の上で、煙をあげながら次々焼かれ、蒸されていく牡蠣のワイルドさが見ていても楽しい光景です。焼き牡蠣は香ばしく絶品、蒸し牡蠣は旨味がギュッと濃縮されクリーミー、どちらもおすすめです。名産である牡蠣をここぞとばかりにいただけます。

箸休めにサックリ・中ジューシーなフライや、お米1粒1粒に牡蠣の旨味が浸透した牡蠣ご飯を食べれば、また焼き・蒸し牡蠣への挑戦を開始することができ、おすすめでしょう。ソースとポン酢はありますが、その他お好みの調味料は持ち込みです。

Photo by clipmomo

名産である焼き牡蠣、蒸し牡蠣やその他の料理、フライやご飯、味噌汁などのお持ち帰りはできませんので、しっかりその場で味わって帰るようにしましょう。

住所 三重県鳥羽市浦村町1751-18
電話番号 0599-32-5839

BBQセンターモンキー

フリー写真素材ぱくたそ

三重の名産・牡蠣食べ放題のおすすめ店、最後にご紹介するのは「BBQセンターモンキー」です。BBQセンターモンキーでもぷるぷる・ジューシーな絶品牡蠣を心行くまでお腹いっぱい堪能することができます。季節限定の食べ放題で三重の名産を食べつくしましょう!

BBQセンターモンキーでは「焼き」「蒸し」牡蠣食べ放題、それに牡蠣ご飯と牡蠣のお味噌汁、お漬物がつくコースとなります。焼き牡蠣はぷりぷり感を損なわず、しかし炭火の香ばしい香りとともにエキスが弾けます。蒸しはつやつやで磯の香りが閉じ込められ、絶品です。

Photo by klipsch_soundman

牡蠣ご飯と牡蠣のお味噌汁、お漬物はおかわりはできませんが、どれも海の深い旨味が凝縮された深い味わいで絶品、言葉がありません。BBQセンターモンキーでは食べ放題に2つのコースがあり、お店のスタッフが牡蠣を焼くコースとお客さん自身が焼くコースがあります。

お客さんが牡蠣を自ら焼くコースは、「ガンガン焼き」と言い、生牡蠣を缶に入れてそのまま火にかけ、焼きあがるのを待ちます。特別難しいことはないので、自分で焼いた牡蠣を食べたいという方にはおすすめでしょう。いずれの食べ放題も90分制となっています。

Photo by eiko_eiko

栄養満点・海のミルクと言われる牡蠣をお腹いっぱい食べられる、贅沢なひと時は、三重の牡蠣食べ放題で叶えることができます。絶品料理とともに三重の名産を楽しみましょう。

住所 三重県鳥羽市浦村町1431
電話番号 0599-32-5912

三重で牡蠣!絶品の牡蠣料理があるお店2選

Photo bytakedahrs

牡蠣料理と聞けば、何を想像するでしょうか。牡蠣フライなどは多くの方に親しまれていますから、イメージしやすいでしょう。しかし牡蠣の本場・三重に行けば、実にさまざまな美味しい牡蠣の食べ方がされています。

牡蠣の食べ方は数多くありますが、その中でもこだわりの絶品牡蠣料理が楽しめる三重のお店を、厳選して2軒ご紹介します。今すぐに真似したくなるメニューもお届けしましょう。

かき小屋 さとや

Photo by regvn

「かき小屋 さとや」は多くの牡蠣小屋とは異なり、お座敷にて獲れたて牡蠣料理を楽しめるお店です。臭みのない柔らかな牡蠣を、さまざまな料理で楽しませてくれます。生牡蠣はもちろん、磯と牡蠣の風味が広がる釜めしや、ふっくらジューシーなフライなど多種多様です。

かき小屋 さとやは知る人ぞ知る穴場のお店なので、しっとり落ち着いて三重名産の牡蠣を味わいたいと思っている方におすすめです。

秘伝の味噌を使った「カキの味噌鍋」

Photo by bvalium

かき小屋 さとやで食べておきたいのが「カキの秘伝味噌鍋」でしょう。コクのある赤みそと素朴な田舎みそがベースとなった、野菜・果物を入れたさとやオリジナルの、甘め味噌で仕立てた牡蠣味噌鍋です。つやつやぷりっとした牡蠣のクリーミーな味が味噌とよく合います。

住所 鳥羽市浦村町1212−8
電話番号 0599-32-5770

モトかき養殖場

Photo by sunoochi

牡蠣食べ放題で人気の「モトかき養殖場」は、牡蠣食べ放題激戦区でも有名なお店です。モトかき養殖場でも三重の名産、牡蠣を使った絶品料理をいただくことができます。

食べ放題は「焼き」「蒸し」のみですが、その他、炊き込みご飯がこれほど旨いとはと思わせる牡蠣ご飯や、美味しさ弾けるフライに旨味が凝縮された牡蠣の佃煮、ほっとする味噌汁や牡蠣をシンプルに味わえるあっさりしたお吸い物が楽しめます。

Photo by Spiegel

その中でも三重の郷土料理として地元の人々に愛されている「牡蠣の煮味噌」が、舌を虜にして離さないと、県外から声があがっています。

郷土料理「カキの煮味噌」

Photo by mah_japan

「牡蠣の煮味噌」は三重県の郷土料理の1つです。こってりした味噌で牡蠣を煮込みますが、新鮮な牡蠣はぷっくらしており、より一層甘みが際立ちます。辛みと甘みの反発具合が舌の上で絶妙な、牡蠣をより甘く感じられる食べ方と言えるでしょう。

モトかき養殖場では牡蠣食べ放題90分の際に、牡蠣の煮味噌も一緒に楽しむことができます。「焼き」「蒸し」牡蠣の殻を開けるのに疲れたら、煮味噌やその他の牡蠣料理を食べて一服して、再び食べ放題へ舞い戻りましょう。

住所 三重県鳥羽市浦村町三ノ浦1538-2
電話番号 0599-32-5776

三重で牡蠣!自分で牡蠣が焼けるお店3選

Photo bykaleido-dp

三重県で美味しい牡蠣を食べられるお店には、お店で牡蠣を焼いてくれるところもあれば、自分で牡蠣を好みの焼き加減に焼いて食べられるところもあります。自分で焼いて熱々を食べるのは、また違った楽しさがあります。

ここからはそんな「自分で牡蠣を焼いて食べ放題ができるお店」を3店、ご紹介します。

MARUZEN OYSTER FARM 丸善水産

Photo by hirotomo

海上、船上で牡蠣食べ放題を楽しめるお店、それが「MARUZEN OYSTER FARM 丸善水産」です。MARUZEN OYSTER FARM 丸善水産では船上で牡蠣を自分の好みに焼き食べられ、絶景を楽しみながらの食べ放題を楽しめます。

焼き牡蠣がメインで、目の前のコンロの上の網で牡蠣を焼きます。食べ放題にはその他ご飯、みそ汁や牡蠣フライ丼がつきます。牡蠣フライ丼はパリッと揚がったフライのジューシーさと千切りキャベツの甘みが絶妙な丼で、大変おすすめです。

Photo by ketou-daisuki

自分で牡蠣を焼けるということで、好みの焼き加減にできるのも嬉しいところでしょう。グツグツとエキスが煮立つほどが牡蠣もぷりっと身が引き締まり、おすすめです。

住所 三重県鳥羽市浦村町1229-67
電話番号 0599-32-5808

山安水産

Photo by is_kyoto_jp

「山安水産」の牡蠣食べ放題がなぜ人気であるかは、時間無制限という大盤振る舞いだからです。食べ放題以外にも山安水産では牡蠣詰め放題なども行っている、子供も大人も楽しめる牡蠣食べ放題のお店です。調味料やドリンクを持ち込み可なのは多店も同じです。

それに加え、山安水産では食材も持ち込みOKなので、肉やソーセージ、野菜を持ち込み、牡蠣と一緒に焼いてバーベキューを楽しむことができます。家族の思い出に、友人との思い出にぴったりの牡蠣食べ放題を行えます。

フリー写真素材ぱくたそ

肝心の牡蠣は殻がしっかりしており、ナイフでこじ開けるとエキスがどっとあふれてくるジューシーで身がふっくらしたものです。噛みしめるたび牡蠣の味の濃さを堪能できます。

住所 三重県鳥羽市浦村町1530-1
電話番号 0599-32-5500

かき太郎

Photo by sabamiso

海と船が見える綺麗なお座敷で、目の前で自分スタイルで牡蠣を焼いて食べ放題ができるお店、それが「かき丸」です。焼き牡蠣食べ放題は90分、牡蠣フライと牡蠣ご飯、牡蠣のお味噌汁と香の物がつきます。牡蠣ご飯は1回おかわり無料ででき、飽きずに牡蠣を食べられます。

単品注文も可能で、生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライなどが揃います。中でも「牡蠣のしぐれ煮」はかき丸の隠れた人気メニューです。

住所 鳥羽市浦村町1559‐1
電話番号 0599-32-5885

三重で牡蠣!意外?穴場のおすすめ店2選

Photo by id:takefumi

三重で牡蠣を食べようと意気込んでも、どこも予約で埋まっているということが多々あるはずです。どうしてもシーズン中に牡蠣を食べたいときはどうすれば良いでしょうか。記事の最後をまとめるのは牡蠣の穴場情報です。急いで予約を済ませて、牡蠣を食べに行きましょう!

鳥羽シーサイドテラス&ホテル S.mare エスマーレ

Photo byOlichel

全10室の、鳥羽浦村にある新鮮な海鮮と牡蠣を思う存分楽しめる、リゾートビジネスホテル、それが「鳥羽シーサイドテラス&ホテル S.mare エスマーレ」です。こちらのホテルでは「蒸し牡蠣食べ放題つき宿泊プラン」が人気を呼んでいます。

牡蠣ご飯と蒸し牡蠣は食べ放題、チゲ鍋と焼き牡蠣、漬物という豪華な夕食です。牡蠣小屋の食べ放題には1人で参戦できないという方も、エスマーレなら気兼ねなく牡蠣を楽しむことができます。コスパの良い穴場として知る人ぞ知るホテルです。

住所 三重県鳥羽市浦村町100-7
電話番号 0599-20-0092

お食事処 ポセイドン

Photo by omoon

「お食事処 ポセイドン 」は獲れたて新鮮な、三重名産の焼き牡蠣食べ放題の牡蠣小屋です。渡し舟もしており、釣り具もあります。実はポセイドンの女将は現役の海女さんです。女将がドラム缶で名産の牡蠣をダイナミックに焼き、焼きあがった牡蠣は次々お客さんへ配られます。

ポセイドンもコアな人が知っているお店で、全国区ではありません。しかし扱っている牡蠣は大ぶりの身がしっかりしたもので、焼きあがった牡蠣の殻を開ければ、湯気とともにジュワァと滴る海のエキスとぷりぷりの身がお目見えします。

Photo by keyaki

冬場は焼き牡蠣食べ放題を行なっていますが、春夏は岩牡蠣定食が登場します。1年を通して美味しい牡蠣が食べられる穴場のお店です。

住所 三重県鳥羽市石鏡町1850-14
電話番号 0599-32-5177

三重の名産!牡蠣を食べ尽くそう!

Photo byFree-Photos

海の神秘がぎっしり詰まった牡蠣、身近で手に入れると割高ですが、本場へ行けばかなりコスパが良いことがわかります。お腹いっぱい牡蠣を食べたいと思いませんか?ご予約は牡蠣シーズンに入る前に済ませておくことがポイントです。

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住。地元でドトール娘・姉さんと呼ばれるドトール通。食いしん坊・料理好きが活きて(?)グルメ系記事が得意。読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じるものかき。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング