名古屋駅周辺の味噌カツが美味しい店ランキング!有名店から穴場まで

名古屋駅周辺の味噌カツが美味しい店ランキング!有名店から穴場まで

名古屋駅周辺には「名古屋めし」である味噌カツを味わうことができるお店がいくつもあります。名古屋駅周辺には味噌カツで有名なお店や穴場のお店までたくさんあるため、不慣れな人は迷ってしまいます。そんなときは、今回紹介している名古屋駅周辺のお店を参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.名古屋の名物グルメ味噌カツとは
  2. 2.味噌カツといえば「矢場とん 名古屋駅名鉄店」
  3. 3.名古屋駅直結の老舗の味「双葉 名駅エスカ地下街店」
  4. 4.地元民から支持が絶大「広小路キッチンマツヤ」
  5. 5.ヘルシー女子にも人気「とんかつオゼキ 本店」
  6. 6.名古屋駅でご当地名物を「キッチンなごや」
  7. 7.味噌カツ人気ランキング常連「味処 叶」
  8. 8.名古屋駅でヘルシーな味噌カツを「とんかつの桜亭」
  9. 9.名古屋駅で降りたら味噌カツも食べていってください!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

名古屋の名物グルメ味噌カツとは

Photo by kawanet

名古屋には名物グルメがたくさん存在し、それらを総称して「名古屋めし」と呼ばれており、名古屋駅周辺には有名店から穴場のお店までたくさん所在します。

今回は、その数ある名古屋めしの中でも特に人気のあるグルメランキングにも常にランクインする名古屋駅周辺の美味しい「味噌カツ」のお店を紹介していきます。有名店でも穴場のお店でも重要なのは味噌カツのソースに使われている味噌です。

名古屋の食文化の中心ともいえる味噌は赤味噌です。その中でも八丁味噌は赤味噌の代表といえ、始まりは徳川家康生誕の岡崎城から西へ八丁離れた「八丁村」で味噌を仕込み始めたのが始まりといわれています。

フリー写真素材ぱくたそ

八丁村は東海道と矢作川が交わるところにあり、大豆や塩が手に入りやすい土地でした。地質にも恵まれ地下から良質な天然水が湧き出ており、味噌作りにも好条件な土地だったため、味噌作りが発展していきました。

八丁味噌は、大豆・塩・水で作られ、風味が落ちにくく長期間保存が可能なため重宝されてきました。赤味噌が名古屋や三河地方の代表的な名古屋グルメの味噌料理の原点となっています。

名古屋駅周辺に所在する味噌カツグルメランキングにランクインする有名店や穴場のお店は、八丁味噌を使ったオリジナルソースがランキングの上位に入る人気の秘密となっています。

味噌カツといえば「矢場とん 名古屋駅名鉄店」

Photo by bryan...

名古屋の味といえば赤味噌、赤味噌といえば味噌カツ、味噌カツといえば矢場とんといわれるほど、名古屋で有名な美味しい味噌カツ屋でランキングの常連です。

美味しいと評判の矢場とんは名古屋を中心に店舗展開をしていますが、名古屋駅周辺にもいくつか店舗がありますが、今回紹介するのは「矢場とん 名古屋駅名鉄店」です。

矢場とん 名古屋駅名鉄店は、名古屋駅にある名鉄百貨店本館9Fにある店舗です。名鉄名古屋駅からは35mというアクセスの良さで、定休日は元旦のみということもあり、ランチやディナーの時間帯は大変混み合います。

Photo by yagi-s

特に休日は長蛇の列ができるほどの人気となっています。穴場のお店ではないので、並んで待つのを覚悟の上、有名店の味に期待しましょう。

矢場とんは味噌カツを「ただのとんかつに味噌ダレをかければ良い」というように解釈されることを嫌がります。そもそも「とんかつ」も「みそ」も本来くどい食べ物と食材なので、単純に掛け合わせただけだと味が濃いだけの食べ物になってしまいます。

そうしたことから矢場とんでは、みんなに愛される美味しい味噌カツを作るには、「厳選された食材」と「とんかつの揚げかた」と「味噌ダレ」をバランスよくマッチさせなければならないと考えています。

名古屋駅周辺で味噌カツと言ったらここが有名です

名古屋駅周辺で味噌カツを食べるなら、矢場とん 名古屋駅名鉄店が美味しいと有名です。初めて名古屋駅周辺で味噌カツを食べるなら、穴場の名店を探すのは難しいので、矢場とん名古屋駅名鉄店がおすすめになります。

矢場とんは厳選された食材・調理方法・バランスが受け継がれた1953年に設立された会社です。矢場とんの味噌カツといえば「鉄板とんかつ」と「わらじとんかつ」が人気で有名です。矢場とんのお食事ランキングでも1位と2位のメニューとなっています。

Photo by _temaki_

矢場とんでは味噌カツのいろいろな食べ方も案内しています。まずは「そのまま食べる」、そのあとは「さっぱりがお好みの場合はからしを付けて食べる」や「すりゴマをかけて食べる」や「唐辛子をかけて食べる」という食べ方です。

Photo bySponchia

鉄板とんかつとは、焼いた鉄板の上にキャベツを敷きつめ、その上に揚げたてのロースとんかつを乗せて味噌ダレをたっぷりかけたメニューです。ジュージューという音とともにキャベツとみそが焼ける香ばしいにおいが食欲をそそると人気メニューです。

わらじとんかつは、その名の通りとんかつの大きさがわらじほどあるのが特徴で食べ応え十分な味噌カツとなっています。わらじとんかつは、オール味噌ダレの物と味噌ダレとソースがが半々にかかったものから選ぶことができます。

Photo by an-k

矢場とんの味噌カツはお肉の柔らかさが特徴です。とんかつは細かいパン粉で揚げられていて味噌ダレがよく馴染んでいるとんかつです。一見すると濃厚そうな味噌ダレですが以外にもあっさりしていて豚肉の脂のコクと程よくマッチして以外にもさらりと食べられる美味しいと人気の一品です。

名古屋観光で味噌カツを食べるなら、矢場とん名古屋駅名鉄店を選んでおけば間違いなしです。名古屋駅のすぐ近くに店舗があるので迷う心配もいりません。営業時間は11:00~23:00(ラストオーダーは22:00)となっているので、混み合う時間帯を避けての食事も可能となっています。

そもそも味噌カツって?

Photo by misooden

味噌カツとは、「名古屋めし」を代表する食べ物であり、主に中京圏のとんかつ屋で提供されていることが多いご当地グルメです。簡単に言うと味噌カツはとんかつに味噌をかけた料理ですが、かける味噌には様々な調味料が調合されています。

味噌には砂糖、食塩、鰹節エキス、酢などが調合されていて、甘辛く味付けられています。味噌ダレは名古屋駅周辺ではもちろんのこと、中京圏のスーパー等でも一般的に販売されていて、家庭でとんかつを食べるときも味噌ダレをかけて食べることが多いです。

味噌カツの起源としては諸説ありますが名古屋では戦後間もない頃、屋台で食事をしていた客が串カツを赤味噌で煮込んだどて煮に付けて食べたことから、味噌カツが誕生したという説があります。

Photo by miso oden

三重県の津市でも味噌カツの発祥とされている説がありますが、名古屋と三重では、かかっている味噌ダレが違うということから同名の違う食べ物であるという文献もあります。

なお、三重の味噌ダレはかつおなどが効いたゆるめのタレに対し、名古屋の味噌ダレは赤味噌の色を濃く残したこってりとしたタレとなっています。

住所 名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本館9階
電話番号 052-563-7373

名古屋駅直結の老舗の味「双葉 名駅エスカ地下街店」

名古屋駅といえば地下街が有名ですが、地下街にある名古屋駅直結の「双葉 名駅エスカ地下街店」は、味噌カツやエビフライ等の名古屋名物の揚げ物が充実している和食のお店で、ランキングにも常に上位にランクインする有名なお店です。

双葉の味噌カツは美味しいと有名で、人気の秘密は丁寧な下ごしらえにあります。豚肉のスジを丁寧に取りのぞき、包丁で豚肉を叩いて肉質を柔らかくしています。

Photo byestefania17

丁寧な下ごしらえがカツの仕上がりを変えると言います。コクはあるけがくどくはない特性味噌ダレで美味しくいただけ、ランキング上位も納得の美味しさです。

矢場とんで並ぶのに抵抗がある方は、比較的スムーズに入店ができる双葉が穴場のお店としておすすめになります。ただ、双葉も有名店なので時間帯によっては多少の待ち時間を覚悟してください。

40年以上守り続けている特製味噌ダレで作った味噌カツ

Photo by k14

双葉の特製味噌ダレは、創業当時から40年以上守り続けられている伝統の味となっています。そんな伝統の味噌ダレを使った美味しい「味噌カツ定食」は、数あるメニューの中でも一番の人気を誇っています。

住所 愛知県名古屋市中村区椿町6-9名駅エスカ地下街
電話番号 052-452-0666

地元民から支持が絶大「広小路キッチンマツヤ」

「広小路キッチンマツヤ」は、名古屋駅から地下鉄で一駅の伏見駅から徒歩で2分ほどの場所にある地元民からの支持が絶大な老舗の洋食店です。

名古屋駅周辺では、地元民や伏見周辺で働く人なら知らない人はいないというほど有名なお店で、名古屋駅周辺の味噌カツ屋ランキングでは常連のお店となっています。

定番の洋食メニューや味噌カツをはじめとした名古屋めしが食べられるということで、地元の人だけでなく観光客からも人気があります。広小路キッチンマツヤのキャッチフレーズは「広小路に生まれた名古屋の味」で、昭和37年から伏見で営業している老舗の洋食レストランです。

キッチンマツヤの味噌カツは、厚切りのロースに甘辛い濃厚な味噌ダレがしっかりと染み付いていて、味噌カツランキング上位の味を存分に味わうことができます。

年末年始以外は無休で営業しており、なおかつランチタイムは11:00〜17:00までと長い時間やっているのでランチの時間が不規則になりがちな観光客にとっても便利な洋食店となっています。

味噌カツだけでなく多くの名古屋めしを扱っています!

Photo byallybally4b

味噌カツが美味しいことで有名なキッチンマツヤですが、洋食メニューも豊富に取り扱っており、多くの名古屋めしを楽しむことができます。また、夜は居酒屋としての顔もあり、取り扱っているお酒も他の居酒屋に負けないくらいの種類があります。

キッチンマツヤといえば味噌カツと並んで有名なメニューが「とんテキ」です。とんテキとは、分厚い豚肉のステーキのことで、切り分けて提供されるとんテキには、マツヤのオリジナルソースがかけられています。

Photo byaxalant

ソースは、ウスターソースにワインビネガーやバルサミコ酢を調合したもので、豚肉の甘味とソースの酸味が見事にマッチしているメニューです。定食にはごはんに赤だし、大盛りのキャベツサラダが付いてきます。

また、特選・特上メニューには、ブランド豚肉の「皇帝豚」が使用されています。皇帝豚とは、飼料にパンやバウムクーヘンを使用し、徹底した品質管理のもと飼育されたブランド豚です。肉の甘みが強くオリジナルソースとの相性も抜群です。

Photo by potaufeu

また、マツヤには一般的な豚の味噌カツのほかに「若鶏の味噌カツ」というメニューもあります。チキンカツなので豚肉よりもあっさりしており、食べやすく女性に人気の高いメニューとなっています。

若鶏の味噌カツは、もともとは週に一回の日替わりメニューだったのですが、お客さんからのアンケートランキングでレギュラーメニューに加えられたものです。

フリー写真素材ぱくたそ

そのほかの名古屋めしといえば、エビフライも忘れてはいけません。マツヤのエビフライは洋食店らしく少しスパイシーな味付けとなっています。ご飯にもよく合いますが、お酒のおつまみにもぴったりなメニューです。

営業時間は、平日11:00~15:00、17:00~23:00で、土曜日は11:00~23:00、日・祝は11:00~22:00となっています。3連休以上の最終日のみディナータイムは休業となります。また、定休日は特に設けられておらず、年末年始は休業となっています。

住所 名古屋市中区錦1-20-25 広小路YMDビル2階
電話番号 052-201-2082

ヘルシー女子にも人気「とんかつオゼキ 本店」

「とんかつオゼキ 本店」のカツは、他の味噌カツとは調理方法が少し違っています。一般的なとんかつは油で揚げるのに対しとんかつオゼキのとんかつは鉄板の上で焼く「焼きとんかつ」となっており、特徴的な調理方法がランキングに名を連ねる理由のひとつです。

名古屋駅周辺で焼きとんかつが有名なとんかつオゼキは素材にもこだわっていて、豚肉は知多半島で麦を中心とした飼料で育てられた麦豚を使用しています。麦豚とは、動物性飼料を排除し、穀物に麦類を多く含む飼料を用いて生産されている豚肉のことです。

麦豚は、豚肉独特の臭みが抑えられており、赤身がきめ細かくなめらかな食感で柔らかく、くせのないあっさりとした風味が特徴となっています。

Photo by misooden

とんかつオゼキの味噌カツで使われているとんかつは、上質なラードを使用した鉄板の上で焼かれており、きつね色にこんがりと焼かれたとんかつに秘伝の濃厚な味噌ダレがかけられています。秘伝の味噌ダレは鉄板焼きだからこそできる薄い衣と相性が良く、とても美味しいと評判の高い一品です。

とんかつオゼキ本店は、名古屋駅から地下鉄桜通線「中村区役所駅」で下車し、一番出口より徒歩で8分ほどの場所にあります。座席数は24席で、完全禁煙となっています。

営業時間は、11:30~14:30、16:30~21:00となっており、定休日は水曜日です。ただし、祝日の場合は営業しています。穴場ではなく有名店ですから、コアタイムを少しずらしたほうが入店しやすくなっています。

味噌カツだけでなくヘルシーなやきとんも人気!

とんかつオゼキでは、味噌カツだけでなくヘルシーなやきとんも人気となっています。油で揚げず焼いているので、衣の表面にほんのと焦げがあり衣はサクサクでお肉は柔らかく食感も抜群です。とんかつソースは酸味や甘味辛味のバランスが絶妙で、とんかつとの相性も見事にマッチしています。

住所 愛知県名古屋市中村区名楽町1-6
電話番号 052-471-7474

名古屋駅でご当地名物を「キッチンなごや」

「キッチンなごや」は、名古屋駅の構内で名古屋めしの味噌カツが食べられる穴場のお店です。名古屋駅構内・うまいもん通りの一角にお店があり、細い通路を進んでいくとたどり着くことができるお店で穴場となっています。

キッチンなごやでは、長時間に渡り煮込まれた、こだわりの自家製味噌ダレが使用されています。豚肉にもこだわっていて、キッチンなごやで使用されている豚肉は愛知県産の「おいんく豚」です。

豚肉にこだわりサクサクの衣に包まれた味噌カツは、ぜひとも味わいたいと言う意見の多い名古屋めしです。

フリー写真素材ぱくたそ

キッチンなごやのおすすめメニューは、3種類の名古屋めしを一度に味わうことができる「名古屋ぜいたく定食」です。ごはんと味噌汁に味噌カツ、手羽先、どて煮がセットになった定食です。たっぷりのキャベツや漬物も付いており、ごはんや味噌汁キャベツはおかわり自由となっています。

おすすめメニューは他にもあります。味噌カツとエビフライがセットのなった「金しゃち定食」や定番の「味噌ロースカツ定食」、カツの上にどて煮がトッピングされ半熟卵が添えられた「でら旨味噌カツ丼」、帰りの一杯におすすめな「生ビールと名古屋名物のセット」などです。

席数は47席あり全席禁煙となっています。営業時間は10:30~22:30となっており、定休日は特に設けられていません。クレジット決済にも対応しているので名古屋駅構内で食事をする際にはおすすめのお店となっています。

名古屋駅構内にあるので穴場です

キッチンなごやは、名古屋駅の構内にあるので穴場のお店となっています。名古屋駅構内で味噌カツが食べたくなったらキッチンなごやがおすすめです。また、お土産としてどて煮や手羽煮などが販売されていて有名な名古屋めしを持ち帰ることもできます。

住所 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-14
電話番号 052-561-6669

味噌カツ人気ランキング常連「味処 叶」

名古屋駅周辺の味噌カツ人気ランキングの常連である「味処 叶(あじどころかのう)」は創業昭和24年で味噌カツ発祥のお店として有名です。名古屋駅の近く、栄駅から3分ほどの立地にあるアクセスしやすいお店です。

名古屋名物の味噌カツは味処 叶の先代が考案し、その味を長らく守り続けています。先代の「欲は出さず、地道にいいものだけを作り続ければいい」という教えを守り続けており、現在も店舗は創業当時の一店舗だけとなっています。お店を訪れなければ味わうことのできない伝統の味です。

グルメランキングでも上位にランクインする「叶」の営業時間は11:00~14:30、17:00~20:30となっていて、定休日は月曜日となっています。

創業60年以上の老舗の味です

創業60年以上の味処叶は、本場名古屋でしか味わうことのできない老舗の味を提供しています。かなり穴場的なお店で、創業から変わらない元祖・味噌カツは一度は味わいたい名古屋めしです。

叶は創業当時は割烹料理をメインにしていて、お昼のランチ限定として味噌カツ丼が考案されました。考案当初はメニューになく口頭での注文でした。考案した先代本人も味噌カツ丼の名称を考えておらず、毎回注文を聞くときに「お味噌のカツ丼でよろしいですか?」と尋ねていました。

Photo by Yuya Tamai

味噌カツ丼という名称が誕生したのはお客様からで、いつものように店主が注文を尋ねたときにお客が「味噌カツ丼」と略して注文したことから、味噌カツ丼の名前が誕生しました。

味噌カツ丼は、天丼をヒントに考案されました。当時浅草で蕎麦屋を経営していた先代が終戦と同時に名古屋に帰郷します。蕎麦屋で提供していた天丼のたれをヒントに「醤油でたれが作れるのなら、味噌でも作れるはず」と名古屋の食材である八丁味噌を使って考案されました。

住所 愛知県名古屋市中区栄3丁目4-110
電話番号 052-241-3471

名古屋駅でヘルシーな味噌カツを「とんかつの桜亭」

Photo by Kanesue

名古屋駅周辺でヘルシーな味噌カツを提供しているのが「とんかつの桜亭」です。揚げ物を美味しく揚げる「Dr.Fry」を使用している穴場のお店で、ヘルシーで美味しいとんかつをはじめとした各種揚げ物を楽しむことができる名古屋駅周辺のグルメランキング上位の常連店です。

桜亭は「味噌カツ」「有頭エビフライ」「手羽先」が一度に楽しめる人気の「名古屋めし定食」など、ご当地グルメ好きにはたまらないメニューが揃っています。食材にもこだわっていて、使用している豚肉は三重県産の「さくらポーク」です。

Photo byRitaE

養老山麓の湧き水で育てられた三重県産の「さくらポーク」は、豚肉本来の甘味と旨味を味わうことができる三重県のブランド豚です。また、豆と塩だけで醸造した本物の八丁味噌を使用した、こだわりの味噌ダレも人気の秘密です。

桜亭の営業時間は、11:00~21:00となっていて、そのうちランチタイムは11:00~15:00となっています。ランチタイムでは、穴場のお店ではないので、ある程度待ち時間が発生することがあります。休業日は特に設けられていません。

調理器具にもこだわっていますので美味しいです

Photo byCouleur

とんかつの桜亭で使用している「Dr.Fry(ドクターフライ)」は、フライヤーの油槽の電極パネルを貼り付けて、食材や油内の水分子をコントロールすることによって、さまざまなメリットを生む調理器具です。

ドクターフライは、電極パネルから1秒間に5万回という速さで発生する電波振動で、食材中の水分子を連珠構造にして安定化させます。食材中の水分が油中に溶け出るのを防ぐことによって突沸を減少させることができ、その結果食材のみずみずしさを保つことができる調理器具です。

Photo bychangupn

ドクターフライで調理されたとんかつなどの揚げ物は、食材の水分が流出しないためジューシーに揚がっており、美味しい状態がキープされています。衣はサクサクで中身はジューシーな桜亭のとんかつは美味しいと有名です。

住所 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-25
名駅地下街サンロード520号
電話番号 052-551-2377

名古屋駅で降りたら味噌カツも食べていってください!

Photo by Sharon Hahn Darlin

名古屋駅周辺には、名古屋めしの代表格である味噌カツを提供しているお店がたくさん所在しています。八丁味噌とブレンドされたお店独自のソースはとんかつとの相性もばっちりです。

本記事で紹介したお店は、各々味噌へのこだわりと工夫がされており、名古屋駅周辺でも有名なお店ばかりです。名古屋を訪れた際には、名古屋駅周辺の味噌カツ屋ランキングでも上位に名を連ねる美味しい味噌カツ店の味をぜひ味わってください。

丹羽
ライター

丹羽

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング