三重のおすすめグルメスポットランキング!地元で人気のご当地名物は?

三重のおすすめグルメスポットランキング!地元で人気のご当地名物は?

伊勢神宮で有名な三重県には、「松阪牛」や「伊勢うどん」の他にも美味しいグルメがたくさんあります。三重観光をする際には、是非名物グルメやご当地グルメを味わってみて下さい。まだ知られざるグルメや、地元でも人気のグルメ、お土産にもおすすめのグルメを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.観光しながら三重グルメを満喫しよう!
  2. 2.三重県の特徴
  3. 3.おすすめ三重グルメランキング・TOP10~TOP6
  4. 4.おすすめ三重グルメランキング・TOP5~TOP1
  5. 5.三重グルメが味わえる人気のお店・5選
  6. 6.ランチで三重グルメが楽しめるお店・6選
  7. 7.三重県のお土産におすすめなご当地グルメ・5選
  8. 8.三重グルメはハズレなし!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

観光しながら三重グルメを満喫しよう!

Photo by Tranpan23

三重県といえば、三重県伊勢市にある伊勢神宮が有名です。観光名所となり、ご利益を求めて全国からたくさんの観光客の方が訪れています。伊勢神宮の内宮には、縁結びで有名な「佐瑠女神社(さるめじんじゃ)」もあることから、女子旅でも人気急上昇中です。

三重県を観光するにあたって、三重県のグルメにも触れる機会が多くなります。やはり一番有名なのは松坂牛です。松坂牛は日本3大和牛の内の1つであり、霜降りが特徴的な牛肉です。けれど、三重県のおすすめのグルメは松坂牛だけではありません。

三重県には、松坂牛以外にも、たくさんの名物グルメがあります。三重県を観光しながら、美味しいご当地グルメを満喫しましょう。

三重には名物グルメがたくさんあるのをご存じですか?

Photo by misooden

三重は、やはり松坂牛のイメージが強いですが、他にも名物グルメやご当地グルメがたくさんああります。三重県を観光するにあたって、有名どころの名物グルメだけ味わうのは勿体無いと言われているほどです。

三重観光をするにあたって、名物グルメや、ご当地グルメを事前に知っておくことはとてもおすすめです。グルメを知って、三重観光をより楽しくし、思い出に残るものにしましょう。

メジャーなグルメからまだ知られざるグルメまで

Photo by veroyama

「松坂牛」や、「伊勢うどん」などは三重県のメジャーな名物グルメです。「さんま寿司」や、「てこね寿司」などのまだ全国的に知られていないグルメなどもあり、三重県には美味しい名物グルメやご当地グルメが溢れています。

三重県の特徴

Photo by reikow101277

三重県は、近畿地方にあり、隣には奈良県があります。三重県の北西側にある伊賀市は、京都府とも隣合っています。県庁所在地は津市ですが、伊勢市や四日市市など、県庁所在地以外にも広く知られている都市がある県です。

高級食材としても知られる伊勢海老が、県の魚介類として認定されています。全国の40%の伊勢海老が、三重県にて獲られた伊勢海老です。40%というのは、千葉県と同率1位の水揚げ量です。また、伊勢志摩サミットが開催されたことで、より三重県の認知度が上がりました。

Photo by Kentaro Ohno

伊勢神宮を始め、三重県にはたくさんの観光地もあります。「ナガシマリゾート」内にある「なばなの里」では、冬には国内最大級のイルミネーションイベントが開催され、恋人での観光も増えています。

F1にて使用されるレーシングコースがある「鈴鹿サーキット」があるのも三重県です。「鈴鹿サーキット」内には実は遊園地があり、擬似レースを行うことができるアトラクションもあります。どこか旅行へ行きたいと考えている方には、三重県はとてもおすすめです。

全国の中でも特に製造業が盛ん

Photo by Naki1900

三重県は、製造業が盛んな県です。四日市市には、数え切れないほどの工場が建ち並んでいます。味の素やコスモ石油などの有名企業の工場があり、三重県の方は工場で働いていることが多く、工場で働いている方の多さは全国3位となっています。

工場がたくさんあり、工場で働く方も多いことから、工場生産額は全国で1位です。また、工場で安定して収入を得られることから、ブラジル人など国外からの方が多く住んでいます。工場の多い四日市市は、三重県の中で1番人口の多い都市です。

県民所得は全国9位

Photo by Naki1900

三重県の方は、工場で働く方が多く、安定した収入を得られるということからも、県民所得は全国9位となっています。工場数も多く、仕事がないということがほとんどないため、所得が高くなっています。

三重県の方は堅実な方が多い傾向にあり、物事をしっかり考えています。真面目な方が多いという県民性も相まって、所得が高くなっています。堅実にきちんと職に就き、家庭がある方は家族の為に働いています。生計を立てることが不自由なくできているというのはとても素晴らしいことです。

1世帯当たりの純資産は全国2位

Photo by kushii

堅実で真面目に働くという三重県の県民性から、1世帯辺りの純資産は全国で2位という素晴らしい傾向にあります。負債比率も全国44位と、いかに三重県の方がきちんと働いて生計を立てているかが分かります。

無駄遣いをしないのも三重県の方の特徴であり、自分の家庭のためのものを多く購入する傾向にあります。また、家庭の電動ミシンの普及率も高いです。必要なものを買うのではなく作ったり、直したりすることの多さも純資産の多さは関係しています。

松尾芭蕉や本居宣長などの偉人を輩出

フリー写真素材ぱくたそ

教科書にも登場する江戸時代の俳人である松尾芭蕉も三重県出身の方です。現在の伊賀市出身だと言われています。また、古事記の研究に真面目に取り組んでいた本居宣長も、三重県出身の偉人です。偉人からも堅実である県民性が強く感じられます。

おすすめ三重グルメランキング・TOP10~TOP6

フリー写真素材ぱくたそ

三重県には、名物グルメやご当地グルメがたくさんあります。世間に幅広く知られているものから、まだ認知度が低いものまで様々です。三重県のグルメは全てとても美味しいため、観光に行った際にグルメに触れるのはとてもおすすめです。

都内などでも三重県グルメを扱っているお店は多いです。三重県の名物グルメやご当地グルメを知って、気になったグルメを扱っている近隣のお店に足を運んでみるのもおすすめです。三重県のおすすめグルメTOP10~TOP6までを紹介していきます。

第10位:「餅」

Photo by norio_nomura

三重県のおすすめグルメランキングTOP10は「餅」です。お土産にもよく選ばれる「赤福」は、三重県の歴史ある和菓子です。三重県伊勢市にある赤福というお店で売られている和菓子であり、現在は三重県の駅などでも売られています。「赤福」はあんころ餅の1種です。

「餅」はとても柔らかく、「餅」を包んでいるこしあんは、特徴的なデザインをしています。こしあんのデザインは、伊勢市を流れる五十鈴川(いすずがわ)の川の流れを表しています。

「赤福」といえば地元で放映されているCMも三重県の方にはお馴染みです。オリジナルの赤太郎という侍のキャラクターがCMに登場しており、CMソングと共に馴染みの深いキャラクターとなりました。

フリー写真素材ぱくたそ

三重県の桑名から伊勢までの参宮街道は、「餅街道」と呼ばれています。かなりの名物餅が三重県には存在しています。「赤福」以外にも、通常のものとよもぎの2種類がある志摩市の「さわ餅」や、平たく伸ばしたあんこ入りの「餅」を焼き上げた四日市市の「なが餅」などがあります。

昔から三重県と「餅」の関係性は深く、現在も「餅」は県民にも観光客にも親しまれています。お店で味わうことができる「餅」や、お土産として購入できる「餅」もありますので、是非三重県に行かれた際には様々な「餅」を味わってみて下さい。

第9位:「亀山みそ焼きうどん」

Photo by Kanesue

三重県おすすめグルメランキングTOP9は、三重県亀山市のご当地グルメである「亀山みそ焼きうどん」です。赤味噌ベースの味噌だれのしっかりとした味わいと、コシのあるうどんが絡み合うがっつり系のグルメです。起源はトラックの運転手達が深く関わっています。

亀山市は、東西の交通において大事な場所であり、トラックなどが多く通ります。大通りには、トラックの運転手さんたちが飲食できるお店が多く建ち並んでいました。お店の方達が集い、トラックの運転手の方達の為に考案されたのが「亀山みそ焼きうどん」に使われている赤味噌だれです。

Photo by naotakem

元々はホルモンの臭みを消すために考案した赤味噌だれですが、「亀山みそ焼きうどん」の起源と言われています。「亀山みそ焼きうどん」は地元の方にも大人気のご当地グルメです。

「亀山みそ焼きうどん」は、コクのある赤味噌だれが、野菜と肉、うどんと絡み合います。とても美味しい亀山の名物グルメです。赤味噌だれの味付けは各お店ごとに違います。「亀山みそ焼きうどん」を食べればスタミナがつきますのでとてもおすすめです。

第8位:「さんま寿司」

Photo bytakedahrs

三重県おすすめグルメランキングTOP8は、「さんま寿司」です。三重県の志摩半島にてよく食べられていたお寿司です。さんまと言えば焼いて食べるのが一般的ですが、三重県では「さんま寿司」はポピュラーな食べ物です。以前から、お祝いごとなどの際に食べられていました。

さんまを塩漬けし、みかんの酢につけてから酢飯の上に載せるお寿司です。塩漬けにしているため、さんま自体に味もついており、程よい柑橘の香りが鼻を通ります。「さんま寿司」には脂肪分が少量のさんまをよく使いますので、とてもあっさりしています。

フリー写真素材ぱくたそ

「さんま寿司」は、お店や家庭により作り方は様々であり、さんまの表面を炙った「さんま寿司」もあります。現在はお店でも味わうことができ、お土産としての「さんま寿司」も販売されています。お土産でも人気のあるおすすめのご当地グルメです。

第7位:「僧兵鍋」

Photo by yto

三重県おすすめグルメランキングTOP7は、三重県の湯の山温泉にて昔から食べられている「僧兵鍋」です。湯の山温泉の中心にある三岳寺は、僧侶が侵略と戦った寺で有名です。戦う僧侶のために食べられていたのが「僧兵鍋」です。鍋は栄養バランスも良く、効率よく力をつけることができます。

「僧兵鍋」は、以前は鹿や猪などの肉がメインの山の食材が使われていましたが、現在は、豚肉や鶏肉、野菜が使われています。猪の肉は現在でも使われています。食材を、豚骨の味が染みこんだダシと味噌と共に煮込んだものが現在の「僧兵鍋」です。

Photo by 雷太

「僧兵鍋」は、猪肉も入っているため、野生の味を感じることができます。湯の山温泉各地で味わうことのできるご当地グルメです。冬にはやはり暖かい鍋料理が食べたくなります。冬に三重観光に行かれた際には特におすすめのご当地グルメです。

第6位:「松阪鶏焼き肉」

Photo by sekido

三重県おすすめグルメランキングTOP6は、「松阪鶏焼き肉」です。三重県の松阪市では「松阪牛」の他にも、「松阪鶏焼き肉」も有名です。「松阪牛」のイメージが強くある松阪市ですが、やはり高級食材ですので、頻繁に食べることはできません。

松阪市では、以前から鶏を飼っている農家が多く居ました。農家の方が、鶏肉に味噌だれをつけて網の上で焼き食べていたことが「松阪鶏焼き肉」の起源と言われています。一般的に広まっていき、現在の松阪市のご当地グルメである「松阪鶏焼き肉」ができました。

フリー写真素材ぱくたそ

現在はお店などでも食べることができる「松阪鶏焼き肉」ですが、味付けは当時のまま味噌だれを使用しています。松阪鶏と味噌だれが絡み合い、絶品です。現在は松阪市以外でも三重県全域で「松阪鶏焼き肉」を味わうことができます。

是非ご当地グルメである「松阪鶏焼き鳥」を味わってみてください。観光客にはもちろん、地元の方にも人気のグルメで、病み付きになる美味しさです。

おすすめ三重グルメランキング・TOP5~TOP1

Photo by Kanesue

三重県おすすめグルメランキングTOP10~6を紹介しましたが、全て絶品であり、地元の方にも人気があり、愛されています。まだまだ三重県にはご当地グルメや名物グルメがたくさんあります。三重県おすすめグルメランキングTOP5~1はメジャーなグルメも多いです。

三重県おすすめグルメランキングTOP5~1を紹介していきます。地元の方にも人気を博しており、一度三重観光に来られた方も、もう一度食べたいと大絶賛のグルメです。

第5位:「てこね寿司」

Photo by Tranpan23

三重県おすすめグルメランキングTOP5は、三重県の伊勢志摩にて食べられていた「手こね寿司」です。カツオやマグロなどを醤油だれにつけこんだものを、酢飯の上に乗せて食べる名物グルメです。元々は、漁師の方々が、手軽に食べられると好んで食べられていた料理でした。

「手こね寿司」は、お店によって使われている魚が異なりますが、昔から使われているカツオやマグロは定番です。醤油だれに漬け込んでいますので、魚たちに味が染み込んでおり、とても美味です。

「手こね寿司」は、地元の方達にも人気の名物グルメであり、「手こね寿司」の有名店は、観光客以外にも地元の方も押し寄せます。観光で有名なお店に食べに行かれる際には、予約可能なお店であれば事前に予約されるのをおすすめします。

第4位:「津ぎょうざ」

Photo by yto

三重県おすすめグルメランキングTOP4は、三重県津市の「津ぎょうざ」です。「津ぎょうざ」は、日本5大餃子の内の1つであり、三重県外でも広く知られている名物グルメです。「津ぎょうざ」には決まりがあり、直径15cmの皮をつかい、揚げたものであることが規定として定められています。

元々は、子供たちのための給食にて出されていた「津ぎょうざ」ですが、子供たちからも人気が高く、もう少し大きくしようという考えから、現在の「津ぎょうざ」が誕生しました。栄養バランスも考えられており、大きいと餡が包みやすく作りやすいということから、現在の大きさとなりました。

Photo byHans

三重県内の「津ぎょうざ」の有名店では長蛇の列ができるほどの人気ぶりです。お店によって、餡の具材も違いますので、色んな「津ぎょうざ」のお店に足を運んでみるのをおすすめします。元々は給食にて出されていた「津ぎょうざ」ですが、ビールとの相性もばっちりです。

居酒屋でも「津ぎょうざ」を提供しているお店が三重県内にはたくさんありますので、是非「津ぎょうざ」を味わってみて下さい。迫力のある「津ぎょうざ」に魅了されること間違いなしです。

第3位:「とんてき」

Photo by yoco**

三重県おすすめグルメランキングTOP3は、三重県四日市市の「とんてき」です。「とんてき」は、「松阪牛」や「伊勢うどん」と同じぐらいに三重県外に広く知られている三重県の名物グルメです。がっつり三重県グルメを味わいたいという方にはおすすめのグルメです。

三重県内にて「とんてき」が食べられるお店はたくさんありますが、ランチの時間帯になると有名店には長蛇の列ができます。地元の方も愛してやまない「とんてき」は、2013年に行われた「B-1グランプリ」にて10位を獲得しています。

Photo by klipsch_soundman

豚肉に食欲をそそる濃いソースが染み込んでおり、一度食べると忘れられない名物グルメです。ご飯も進み、何杯でも食べることができます。三重県に来られたら、是非「とんてき」を味わってみて下さい。

第2位:「伊勢うどん」

Photo by norio_nomura

三重県おすすめグルメランキングTOP2は、三重県の伊勢地方にて多く食べられていた「伊勢うどん」です。「とんてき」や「津ぎょうざ」と同じく、三重県外の方にも広く知られているご当地グルメです。「伊勢うどん」は、江戸時代から食べられていたグルメです。

江戸時代から、伊勢参りをされた方が、伊勢参り後に食べる食べ物として親しまれていました。長い旅を終えた方のために、うどんも柔らかく、優しい味わいが特徴です。うどんの上から色の濃い醤油だれをかけて食べる「伊勢うどん」ですが、醤油だれは甘さも感じる優しい味です。

Photo by Tranpan23

夏には「冷やし伊勢うどん」も登場します。地元の方にも人気の「伊勢うどん」は、三重県内にもたくさんお店がありますので、是非三重観光に行かれた際には名物グルメの「伊勢うどん」を味わってみて下さい。

第1位:「松坂牛」

Photo by bryan...

三重県おすすめグルメランキングTOP1は、三重県松阪市の「松阪牛」です。やはり「松阪牛」は、日本3大和牛の1つであることから大人気の名物グルメです。霜降りが最大の特徴である「松阪牛」ですが、三重県内では様々な「松阪牛」を使用した料理が食べられます。

「松阪牛」は高級食材のイメージがありますが、手ごろな価格で「松阪牛」を食べることのできるお店も、三重県内にはたくさんあります。料理は様々で、すき焼きであったり定番の焼肉であったり、和食以外でも使われたりと、全て絶品です。

Photo by Phil~

手ごろな価格で「松阪牛」を味わうのも良いですが、奮発して「松阪牛」の有名店で「松阪牛」を味わうのもおすすめです。有名店などは予約していないと入れないほどに人気なお店もありますので、予約可能なお店であれば、事前の予約をおすすめしています。

三重グルメが味わえる人気のお店・5選

Photo by imgdive

三重県内に名物グルメやご当地グルメを味わえるお店はたくさんありますが、長蛇の列ができるほどの人気名有名店は、やはり格別です。より三重県のグルメを美味しく味わうために、三重県グルメが食べられる有名店を紹介していきます。

「湯の山温泉」

Photo by woinary

三重県の「湯の山温泉」では、三重おすすめグルメランキングTOP7にランクインしている「僧兵鍋」を味わうことができます。「湯の山温泉」では、「僧兵鍋」が名物ですので、「湯の山温泉」の宿泊施設や近隣のお店では多くの場所で提供されています。

冬の寒い季節には、おすすめの「僧兵鍋」です。猪肉を食べたことがない方にもおすすめです。猪肉のササミを提供している宿もありますので、「湯の山温泉」の温泉にて旅の疲れを癒した後、「僧兵鍋」にて力をつけ、次の日も三重観光を元気に楽しみましょう。

住所 三重県三重郡菰野町大字菰野8522
電話番号 059-392-2115

「前島食堂」

Photo by Spiegel

三重県の松阪市の「前島食堂」では、「松阪鶏焼き肉」を味わうことができます。「松阪鶏焼き肉」を味わうことのできる有名店ですので、午前中には「松阪鶏」が売り切れになってしまうこともあるほどの人気ぶりです。

「前島食堂」で提供されている「松阪鶏焼き肉」は、若どり、めす、きもの3種類です。各450円です。めすは、卵を産まなくなった雌鶏のことです。肉に歯ごたえがあり、噛んだ瞬間に口の中にうまみが広がります。

Photo bykakyusei

若どりは、「松阪鶏」の胸肉ともも肉の盛り合わせです。「松阪鶏焼き肉」といえば、味噌だれですが、「前島食堂」の味噌だれはまた絶品です。程よい味の濃さにコクもあり、ご飯が何杯も進んでしまう美味しさです。

「松阪鶏焼き肉」を味わうのであれば、是非「前島食堂」に足を運んでみて下さい。人気店のため、午前中に「松阪鶏」が売り切れてしまうこともあります。早めに向かうか、電話で事前に確認するのもおすすめです。

住所 三重県松阪市大河内町612-1
電話番号 0589-36-0057

「和田金」

Photo by Dick Thomas Johnson

三重県松阪市にある「和田金」は、三重おすすめグルメランキングTOP1でもある「松阪牛」のすき焼きを味わうことができます。「和田金」は、「松阪牛」のすき焼きが看板メニューであり、「松阪牛」のすき焼きと牛肉料理のコースが味わえる「寿き焼コース」があります。

「寿き焼コース」は、松竹梅と3コースあり、12900円~18200円で、絶品の「松阪牛」のすき焼きを味わうことができます。「和田金」では他にも、「松阪牛」のあみ焼きや、ステーキなどが食べられます。

Photo by 雷太

三重観光に来られたら是非「和田金」に足を運んでみて下さい。「和田金」の「松阪牛」には強いこだわりがあり、初代店主の熱い心意気を引き継ぎ、最高品質の「松阪牛」を提供しています。

住所 三重県松阪市中町1878
電話番号 0598-21-1188

「日本料理「鯛」

フリー写真素材ぱくたそ

三重県志摩市にある「日本料理「鯛」」では、「伊勢海老」を味わうことができます。三重県の魚介類として認定されている「伊勢海老」ですが、「日本料理「鯛」」では、「伊勢海老の造り」や、「伊勢海老サラダ」が食べられます。

「海の幸(松)伊勢海老造り付き」(11000円税別)は、新鮮な伊勢海老の造りと、美味しい魚料理、鯛茶漬けや、伊勢海老サラダを味わうことのできる料理です。「日本料理「鯛」」は、「伊勢海老」以外の魚料理ももちろんとても美味しいので、是非三重の海の幸を味わってみて下さい。

フリー写真素材ぱくたそ

三重県に来たら「伊勢海老」は是非食べてほしい名物グルメの内の1つです。身がはじけそうなほどの本場の伊勢海老を食べて、心身ともに満足感を得ることができます。「日本料理「鯛」」に足を運んで、美味しい「伊勢海老」を味わってみて下さい。

住所 三重県志摩市阿仁町鵜方2037-1
電話番号 0599-43-4572

「日の出」

フリー写真素材ぱくたそ

三重県の魚介類は、「伊勢海老」以外にも「ハマグリ」が有名です。三重県の桑名市にある「日の出」は、桑名の「ハマグリ」を食べることができる人気店です。

「日の出」の人気メニューである「ハマグリ鍋」(8000円税抜)は、「ハマグリ」のダシが染み込んだ鍋を味わうことができます。「ハマグリ」は食べ応えもあり、潮の香りが程よく香り、食が進みます。「ハマグリ会席」(8500円税抜)では、「ハマグリのバター焼き」も味わえます。

「日の出」はとても人気店ですので、行かれる際には事前の予約をおすすめしています。「日の出」の「ハマグリ鍋」で体を暖めながら、美味しい「ハマグリ」を味わいましょう。

住所 三重県桑名市川口町19
電話番号 0594-22-0657

ランチで三重グルメが楽しめるお店・6選

Photo by adelie33_Asako

三重県の名物グルメやご当地グルメは、がっつりしたものからあっさりしたものまで様々です。三重グルメはたくさんあるので、自分の気分に合わせて食べる三重グルメが選べるのも嬉しい所です。ランチにも食べることができる様々な三重グルメを紹介していきます。

「来来憲」

Photo by misooden

三重県の四日市市にある「未来憲」は、三重グルメランキングTOP3でもある「とんてき」発祥のお店です。「未来憲」では「大とんてき」が看板メニューであり、「大とんてき」と言えば「未来憲」と言われているほどです。

「大とんてき」(税込1540円)は、250グラムの豚肩ロースを使ったその名の通り大きな「とんてき」です。「未来憲」の開店当初から伝わる秘伝のソースと、にんにくが合わさり、食欲を掻き立てられます。スタミナ満点の四日市市の名物グルメです。

がっつり食べたい方には「未来憲」の「大とんてき」はとてもおすすめです。地元の方にも大人気な名物グルメ「とんてき」を食べてパワーをつけることができます。

住所 三重県四日市市松本2-7-24
電話番号 059-353-0748

「亀八食堂」

Photo by yt_siden

三重県の亀山市にある「亀八食堂」は、亀山のご当地グルメである「亀山みそ焼きうどん」が食べられる人気店です。「亀八食堂」は焼き肉屋さんであり、「亀山みそ焼きうどん」は自分で網の上で焼いて作ります。

お好みのお肉やうどん玉などを注文します。お店の方が網の上に野菜を敷き、その上に注文したお肉と、「亀八食堂」の特製の味噌を乗せてくれます。トングで均一に味噌がからまるように混ぜ、少しお肉や野菜を食した後、メインであるうどんを網の上に乗せます。

Photo bytakedahrs

うどんを味噌や肉、野菜と絡めながら焼き、「亀山みそ焼きうどん」の完成です。「亀八食堂」の特製の味噌がうどんと絡まり、絶品です。

「亀八食堂」は、焼き肉屋さんですので、焼き肉を楽しむのもおすすめです。特製の味噌に病みつきになってしまいます。三重観光に来られたら、是非「亀八食堂」に足を運んでみて下さい。

住所 三重県亀山市布気町1799
電話番号 0595-82-0828

「すし久」

Photo by keiyac

三重県伊勢市にある「すし久」では、伊勢のご当地グルメである「手こね寿司」が食べられるお店です。「すし久」は、「手こね寿司」の他にも、ひつまぶしが有名なお店です。

「すし久」の「手こね寿司」は松竹梅と3種類あり、税込み1310円~2430円で「手こね寿司」を味わうことができます。定番のマグロが乗った「手こね寿司」は、絶品です。また、季節によってアレンジを加えた「手こね寿司」も提供しています。

「手こね寿司」を味わいたいのであれば、是非「すし久」に足を運んでみて下さい。お米にもこだわっているため、美味しいお米も食べることができます。

「いたろう」

Photo by yoppy

三重県の県庁所在地である津市にある「いたろう」では、三重グルメランキングTOP4にランクインしている「津ぎょうざ」を味わう事ができます。「いたろう」はラーメン屋さんであり、自家製の麺は、36時間以上寝かせたものです。コシがあり、のど越しのいい麺です。

「いたろう」にて提供されている「津ぎょうざ」は、1個300円です。定番の「津ぎょうざ」であり、大きい「津ぎょうざ」の中には具がぎっしりと詰まっており、食べ応えがあります。「いたろう」自慢の自家製麺のラーメンと一緒に「津ぎょうざ」を味わってみて下さい。

住所 三重県津市丸之内4-20
電話番号 059-223-1600

「与太呂寿司」

Photo bylockerswatanabe

三重県北牟婁郡(きたむろぐん)にある「与太呂寿司」では、さんま寿司を味わうことができます。他のメニューも新鮮な魚介類を使っていて、とても絶品です。賑わう店内は、地元の方の寛ぎの場となっています。

「さんま寿司」は、600円で食べることができ、新鮮でとても美味しいです。さんま自体にしっかり味がついているため、お醤油をつけずとも食べることができます。あっさりしていて何個でも食べれてしまうので、ついつい止まらなくなってしまいます。

地元の方にも、観光客にも人気のお店です。美味しい「さんま寿司」を味わいたい方は、是非「与太呂寿司」に足を運んでみて下さい。お店の雰囲気も良く、寛ぐ事もできます。

住所 三重県北牟婁郡紀北町東長島415-9
電話番号 0597-47-0850

「いそべや食堂」

Photo by kusakui

三重県伊勢市にある「いそべや食堂」は、「伊勢うどん」が食べられる人気なお店です。食券を先に購入するシステムになっています。「伊勢うどんセット」(950円)は、お惣菜と「伊勢うどん」がセットになったものです。

追加料金で様々なトッピングをすることができます。「伊勢うどん」を混ぜそばの要領で混ぜていくと、汁がうどんに染みこんでいきます。もちもちしていて弾力性のあるうどんと汁が絡み合い、絶品です。

Photo by _temaki_

三重観光に来られたら、是非「伊勢うどん」は食べてほしい三重グルメの内の1つです。「いそべや食堂」以外にも、三重県伊勢市にはたくさんの「伊勢うどん」のお店がありますので、是非足を運んでみて下さい。

住所 三重県伊勢市本町19-17
電話番号 0596-24-0434

三重県のお土産におすすめなご当地グルメ・5選

Photo by Kentaro Ohno

三重県には、お土産にもおすすめな名物グルメがたくさんあります。定番のものから、隠れた名物グルメまで、様々です。お土産で渡すと喜ばれること間違いなしのおすすめの三重グルメを紹介していきます。

赤福 本店「赤福」

Photo by bryan...

やはり、三重のお土産にて有名なのは「赤福」です。お餅が有名な三重県で、1番広く知られているお餅のグルメです。三重県伊勢市に「赤福」のお店があり、店内では「赤福」はもちろん、「赤福ぜんざい」を味わうことができます。

「赤福」のお店では、「赤福」以外の和菓子やお餅もたくさんの種類が売ってありますので、是非「赤福」のお店に足を運ぶのをおすすめします。「赤福」は、駅のお土産コーナーなどでも購入することができます。

へんばや商店「へんば餅」

Photo by ume-y

三重県伊勢市のへんばや商店の「へんば餅」は、創業から変わらない味を守り続けている焼き餅です。ほどよく表面が焼かれ、中のこしあんは甘すぎず、甘くなさ過ぎず、ちょうど良い塩梅です。一口食べるとお餅の柔らかさとこしあんの甘みに魅了されます。

へんばや商店は、伊勢市内に4店舗あり、全てイートインコーナーもあります。自分で「へんば餅」を味わうのも良いですし、お土産として、お世話になっている方に渡すのもおすすめの三重グルメです。

永餅屋老舗「安永餅」

フリー写真素材ぱくたそ

「安永餅」は、三重県桑名市の名物グルメです。平たく伸ばしたお餅を焼いたものが「安永餅」であり、中には程よい甘さのつぶあんが入っています。焼いた部分の香ばしさが、つぶあんの甘さをより引き立てます。

お土産にも「安永餅」はおすすめですが、ブライダル用の「紅白安永餅」も販売しています。御進物用に紅白に色づけされた「安永餅」です。紅白がめでたさを表していて、縁起の良い「安永餅」になっています。

伊賀菓庵 山本「かたやき」

フリー写真素材ぱくたそ

伊賀の忍者の携帯食であったと言われている「かたやき」は、忍菓と呼ばれています。日持ちするため、戦場では好んで食べられていた歴史ある煎餅菓子です。名前の通り非常に硬く、食べ応えがあります。

「かたやき」は、親しみを込めて「日本一硬い煎餅」とも称されているほどです。添加物は一切使用しておらず、素材の甘さを感じることのできる煎餅です。伊賀市の歴史あるご当地グルメですので、お土産にもおすすめです。

播田屋「絲印煎餅」

Photo by t-mizo

三重県伊勢市の播田屋の「絲印煎餅」は、明治38年に天皇陛下が伊勢神宮にご参拝に来られた際に、天皇陛下に献上するために作成された煎餅菓子です。明治~平成にかけて天皇皇后陛下や、皇族殿下に献上しています。

皇室御用達の煎餅と言っても過言ではない「絲印煎餅」は、添加物は一切使用しておらず、優しい甘さが特徴の煎餅です。表面には絲印の刻印が押されており、上品さも感じる伊勢市の名物グルメです。お土産にも、とてもおすすめの煎餅です。

三重グルメはハズレなし!

Photo by Koji Horaguchi

三重県には、有名な「松阪牛」や「伊勢うどん」から、まだ広く知られていない「亀山みそ焼きうどん」、「松阪鶏焼き肉」まで幅広いたくさんの美味しい名物グルメやご当地グルメが溢れています。

女子旅や、恋人での観光も増えている三重県ですが、名物グルメから、今後も目が離せません。三重観光をする際には、三重のグルメをたくさん味わい、心身ともに癒されましょう。

inoco
ライター

inoco

東京都在住のinocoです。一人旅が好きで、時間が空いた際には旅行に出かけています。全国の素敵な観光地や美味しいグルメを皆様に知ってもらいたく記事を執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング