岡山の人気スイーツ特集!バイキングのお店や工場直営アウトレットも見逃せない♡

岡山の人気スイーツ特集!バイキングのお店や工場直営アウトレットも見逃せない♡

岡山のご当地スイーツとして有名な「きびだんご」「桃」は、お土産としても定番です。「美観地区」など観光名所がある岡山には、全国レベルの人気スイーツ店が密集しています。おすすめフルーツパフェやお得なアウトレットスイーツなど厳選してご覧いただきます。

記事の目次

  1. 1.岡山は美味しい「スイーツ」を食べられる店が多い
  2. 2.美味しいと評判!岡山でおすすめのスイーツ6選
  3. 3.バイキングが人気!岡山のスイーツ4選
  4. 4.岡山でおすすめのアウトレット・スイーツならココ!
  5. 5.岡山で「スイーツとランチ」を両方楽しむならココ!
  6. 6.岡山のフルーツをスイーツで!人気喫茶店・カフェ4選
  7. 7.雰囲気が自慢!岡山で人気のスイーツ3選
  8. 8.岡山のおすすめスイーツを食べつくそう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岡山は美味しい「スイーツ」を食べられる店が多い

Photo byla-fontaine

全国のスイーツラバーの皆さん、お待たせしました!観光で名高い「岡山」にて、ここでしか食べられない、甘党にはたまらないスイーツ情報を特集いたします。もし近い未来に岡山への観光旅行や出張を計画している人がいるのなら、必見の内容です。

岡山の「フルーツ」を使ったスイーツも

フリー写真素材ぱくたそ

岡山スイーツの特徴と言えば、やはり「岡山フルーツ」が贅沢に使われたスイーツでしょう。岡山名産の果物の代表的存在は「シャインマスカット」「ピオーネ」などがあります。また全国的に有名なフルーツとして「白桃」は岡山土産としても重宝されるとろける甘さが魅力です。

「メロン」や「なし」などその他岡山には名産のフルーツがたっぷりあり、季節によって旬を迎える果物をたっぷり使ったスイーツが岡山には目白押しです。果物がお目当ての人にも大満足のいくスイーツが、岡山では待っていることでしょう。

岡山へのアクセス

Photo byMasahiro_Yoshizawa

日本の首都「東京」から「岡山」までのアクセスの仕方はいくつかあります。中でも最もスピーディにアクセス可能なのが「飛行機」です。「羽田空港」から「岡山」まではおよそ1時間20分で到着し、子連れでもそれほど負担なく移動することができるでしょう。

次に便利なのが「新幹線」です。「東京駅」から「岡山」まではおよそ3時間ほどかかりますが、こちらも多く使われているアクセス方法です。またパーキングで休憩を取りながらの「高速道路」でのマイカーでのアクセスや「高速バス」での移動手段があります。

美味しいと評判!岡山でおすすめのスイーツ6選

Photo by dreamcat115

まずは美味しさに定評がある岡山スイーツをお披露目していきます。スイーツでなくとも岡山はバラエティ豊かな食材に恵まれた食いしん坊の街です。グルメな岡山っ子でも舌を巻くスイーツには何があるのでしょう。岡山で鉄板と言われるスイーツはこちらです!

「パティスリーオクサリス」

Photo byDaria-Yakovleva

「パティスリーオクサリス」は岡山の倉敷「美観地区」にある、岡山で人気のパティスリーです。ガラスケースの中のケーキはまるで宝石のよう、とはまさにこのことでしょう。思わず見惚れてしまうほどの美しいケーキがずらりと並び、来店客を魅了しています。

わずか6席しかありませんがイートインも可能で、こちらのお店で激戦のイートイン予約ができたのなら、おすすめは「アセットデセール」でしょう。シェフが目の前でスイーツを仕上げてくれるメニューで、美しいスイーツができあがっていくのを見ているだけで夢の中に引きずり込まれます。

フリー写真素材ぱくたそ

なおアセットデセールは毎月2回内容が変更します。岡山スイーツを極めるのなら、1度は体験したいスイーツでしょう。こちらのスイーツ店で人気があるのは定番の「モンブラン」や「オペラ」「チーズスフレ」などです。もちろん他のどのケーキたちも美味しく全身に衝撃が走ります。

モンブランは高知産の「和栗」が贅沢に使われ、お土産にすれば「どこで買ったのか」と聞かれるほどです。

Photo by tnk_gn

漆黒に輝くオペラは大人スイートな甘さで「抹茶バタークリーム」「グレープフルーツガナッシュ」の異種ミックスが楽しめます。岡山でスイーツと言えば、こちらのお店のスイーツは絶対に外せないと言えるでしょう。

住所 岡山県倉敷市中央1-15-14
電話番号 086-441-1837

「おまち堂&フルータス」

Photo by kouyuzu

「問屋町」と呼ばれる、ヴィンテージ感あふれる個性的な街が岡山には存在します。カフェの多い通りですが、その一角にあるのが「おまち堂&フルータス」です。こちらは「ゴーラー」いわゆる「かき氷通」「カキゴーラー」が全国からやってくるお店です。

お目当ては名物の「かき氷」です。バラエティ豊かなかき氷は季節によってフレーバーがさまざま変わるため、いつ訪れても冷たい和スイーツを楽しむことができます。岡山名産の美味しい「フルーツ」をたっぷり使ったかき氷はいつの時代も人気があります。

フリー写真素材ぱくたそ

贅沢に「シャインマスカット」を使った氷は、ふわふわ軽くエアリーでミルク味です。サクサクいただけるため、最後溶けて器の底にたまることはないでしょう。特に夏に食べたくなる岡山の和スイーツの代表選手です。

住所 岡山県岡山市北区問屋町12-101 AROW&DEPARTMENT104
電話番号 086-246-3686

「スーリィ・ラ・セーヌ」

Photo by Keiichiro Shikano

岡山を代表するフランス菓子のお店「スーリィ・ラ・セーヌ」のご紹介です。こちらのお店では「生ケーキ」はもちろん「焼き菓子」「クロワッサン」などもかなり美味しいと岡山で定評があります。「いちごタルト」の姿は女子のテンションをあげる美しさで、想像以上の美味しさです。

しっとりざくざくのタルト生地に、こっくり甘いカスタードクリーム、酸味あるいちごの存在感がたまりません。代表作「シャンプノワーズ」は「シャンパン」を使った大人のケーキです。中は「ラズベリー」と「ピーチ」が織りなす甘酸っぱいハーモニーでチョココーティングで包まれています。

フリー写真素材ぱくたそ

ふわふわのスポンジもシャンパンがふわっと香る大人なテイストも、どれもが絶妙なバランスで配合された岡山スイーツの力作と言えるでしょう。「クロワッサン」も層がきめ細やかでパリパリ、みっちりしており専門ベーカリーと見まごうほどの美味しさです。

1粒単位で購入できる「マカロン」や「ショコラ」などもある、お値段以上の価値があるパティスリーです。

住所 岡山県岡山市北区内山下1-2-15 安原ビル1F
電話番号 086-224-3876

「廣榮堂 藤原店」

Photo by BONGURI

元祖「きびだんご」のお店が岡山の「廣榮堂 藤原店」です。岡山銘菓きびだんごがテイクアウトできる他、カフェも併設されているのでイートインもできる古民家風のお店です。廣榮堂 藤原店を代表する和スイーツはやはり「きびだんご」で、イートインでは何個でもお代わりができます。

そのままでもほんのり優しい甘さのきびだんごは、香ばしい「きな粉」まったりした甘さの「あんこ」をつけていただきます。きびだんごをころっと包み込んだボリューミーな「きび大福」や、柔らかい「求肥」をクレープ状の生地で包んだ「調布」もできたてがいただけ、おすすめです。

Photo by jetalone

岡山の代表和スイーツをお土産に買っていくにも、岡山スイーツ巡りの一旦として、古民家カフェ内でいただくのも人気のスイーツ店です。

住所 岡山県岡山市中区藤原60
電話番号 086-271-0101

「ぶんぶんファクトリー」

Photo by penpenpen

「ぶんぶんファクトリー」とは珍しいネーミングですが、こちらはメディアでもお馴染みの「山田養蜂場」の直営店で、「はつみつ」を使ったスイーツが提供されています。「ハチ」だから「ぶんぶん」と言う看板名になったようです。

1番人気は山田養蜂場が誇る逸品はちみつを使った「ソフトクリーム」「ジェラート」です。そのままでも充分ミルクのコクとまろやかなハニーの甘みを感じられますが、プラス50円でさらにはちみつをトッピングすることもでき、甘党さんにはうってつけでしょう。

Photo by Kentaro Ohno

カフェも併設されており、「はちみつバナナケーキ」や「はちみつどら焼き」、その他ドリンクをいただくこともできます。その他「クリームパン」で有名な「八天堂」とのコラボスイーツもあり、ハニーカスタードがたっぷり挟まったクリームパンは岡山ご当地スイーツとしておすすめでしょう。

住所 岡山県苫田郡鏡野町円宗寺51
電話番号 0868-54-3855

「洋菓子 Hashimoto」

Photo by t-mizo

「洋菓子 Hashimoto」は果物屋さんが経営するケーキ屋さんです。果物屋さんのスイーツ店だけあり、おすすめは季節のフルーツがふんだんに使われたケーキのかずかずでしょう。全国的に人気のある「ロールケーキ」もたっぷりの果物が使われたお土産にもおすすめのスイーツです。

定番の「ショートケーキ」も、いちごがこれでもかと挟み込まれています。甘さ控えめのホイップとの相性も抜群で、1カットたやすく食べることができるでしょう。「メロン」をまるごと1個使い、器に見立てたケーキも迫力満点で、ゴージャスなケーキです。

フリー写真素材ぱくたそ

肉厚メロンの果汁とカスタード、ふんわりスポンジの3層のコラボは、まさに夢のケーキと言えるでしょう。果物屋さん発のスイーツだからこそできるコストパフォーマンスとクオリティです。

住所 岡山県岡山市南区西市233-23
電話番号 086-244-0132

バイキングが人気!岡山のスイーツ4選

Photo byNadineDoerle

美味しいフルーツが多いことでも有名な岡山ですが、そんなフルーツを贅沢に使い、そしてそのスイーツも何度お代わりしてもOKの豪華バイキングを特集いたします。バイキングクオリティをはるかに超えた、ダイナミックな夢のひと時をご堪能下さい。

「菓子工房る・ぷらんたん野田店」

Photo by ysakaki

「菓子工房る・ぷらんたん野田店」では毎週火曜日10時から17時半受付終了で、「火曜日の贈り物」と題されたスイーツ・バイキングが催されています。岡山で大変人気のスイーツ・バイキングは大人1人1890円、90分制となっています。

スイーツはケーキのウィンドウの前でオーダー制で、初めは2つ2回目以降は1品ずつ注文するシステムです。こちらのお店のスイーツはどれも1つ1つが大ぶりで食べ応えがあり、バイキングのスイーツの種類も豊富なので飽きることなくあっという間に90分が過ぎてしまうでしょう。

Photo byHugo_ob

「ババロア」も滑らかで優しい舌触り、「モンブラン」も中の「キャラメルクリーム」とたっぷりマロンを使ったクリームが秀逸のバイキングで食べておきたいおすすめスイーツです。「抹茶ほうじ茶」のケーキもあり、しっかり作り込んだ和スイーツも味わえる岡山人気のバイキングです。

住所 岡山県岡山市北区野田3-7-9
電話番号 0120-64-5215

「フリュティエ 大元店」

Photo by odysseygate

スイーツ・バイキングのみだと1200円、それでも「前菜」「スープ」などが一緒に楽しめる、満足度の高い岡山のバイキングが「フリュティエ 大元店」で行われています。スープも温かいスープ、冷たいスープなど選べ、前菜もホットミール「から揚げ」「ポテト」などが揃っています。

選ぶコースによって「時間無制限」「90分制」などにわかれています。スイーツ・バイキングのコーナーではさまざまな「生ケーキ」の他に「ドーナツ」「マカロン」など焼き菓子も多く、こっくり系スイーツを最初に攻めて、お腹に余裕があれば焼き菓子にもチャレンジしましょう。

住所 岡山県岡山市北区大元上町3-1
電話番号 086-805-8770

「ラ・セゾン・ド・フランセ」

Photo by Koji Horaguchi

岡山老舗パティスリー「ラ・セゾン・ド・フランセ」は、「生ケーキ」はもちろん「焼き菓子」「ギフト」などバラエティ豊かなスイーツを取り扱うお店です。お店の右手にカフェスペースがあり、こちらで絶品スイーツ・バイキングを楽しむことができます。

ショーケースの前で注文するシステムで、お皿の交換はなしと言うことです。ラ・セゾン・ド・フランセのスイーツ・バイキングは、岡山フルーツをたっぷり使った「パフェ」などもバイキングメニューに入っている豪華なバイキングとなっています。

Photo by klipsch_soundman

老舗のパティスリーなので、1つ1つの生ケーキたちも大変なの知れたものばかり。「アゼリア」は「ヘーゼルナッツチョコムース」の中に「パッション・オレンジ」クリームがぎっしり詰まったヘヴィーな大人の味です。

若干焦がし気味ではと思わせるバリバリな表面が香ばしい「クレームブリュレ」は、食べてみて納得、焦げた部分のほろ苦さが中のとろける甘いクリームにアクセントをきかせています。岡山で契約している農家さんから届きたてフレッシュピーチを使った「ショートケーキ」も人気です。

フリー写真素材ぱくたそ

その他岡山フルーツを使ったスイーツが盛りだくさんのバイキングは1日2組限定ですから、岡山で確実に仕留めるなら予約必須でしょう。

住所 岡山県岡山市北区奉還町2-16-16
電話番号 086-253-7130

「カフェレストラン オリビエ」

Photo byHans

岡山のホテルとして有名な「ホテルグランディア岡山」の2階にある「カフェレストラン オリビエ」では、季節によって限定「スイーツ・バイキング」が限定開催されています。時期によって扱うメインの「フルーツ」は異なります。特に「いちご」のバイキングは女子にも男性にも人気があります。

ホテルのスイーツらしく、「ケーキ」たちはどれも上品な甘さです。クリームがたっぷりの「ショートケーキ」から「ババロア」「シフォンケーキ」「プリン」「クグロフ」など豊富なバリエーションも、飽きずに食べられて嬉しいでしょう。

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

カフェレストラン オリビエのスイーツ・バイキングは「ライブキッチン」があり、目の前でシェフが「アイスクリーム」にトッピングをして仕上げてくれます。特に使われる「フルーツソース」が絶品とのことで、岡山フルーツの凄さを物語っています。

住所 岡山県岡山市北区駅元町1-5 ホテルグランヴィア岡山2F
電話番号 086-233-3138

岡山でおすすめのアウトレット・スイーツならココ!

Photo by akira yamada

「アウトレット」の言葉が馴染の人も多いのではないでしょうか。洋服、カバンなんでもお買い得価格で手に入るアウトレットが大好きな女子、男性も多いかと思います。実はスイーツにも、そんなお買い得価格の「アウトレット」があります。

有名な工場メーカーに併設されたアウトレットでは、毎日1個50円の「プリン」や袋にたっぷり入った「ロールケーキの切れ端」が100円で売られているなど、「毎日おやつ」に食べたいスイーツが山のように揃っています。そんな夢のような場所へお連れします!

「ドンレミーアウトレット岡山店」

Photo by taken_spc

岡山に2013年登場した「ドンレミーアウトレット岡山店」は、コンビニスイーツ、スーパーに並んでいるスイーツ「ドンレミー」のアウトレット店です。工場が隣にあることから、常時アウトレット・スイーツが補填され、フレッシュなスイーツを低価格でGETすることができます。

アウトレット・スイーツと言っても、「スイーツの出来損ない」ではありません。味・品質ともに販売できるクオリティのスイーツたちですが、「切れ端」だったり「プリンの泡立ちあり」など店頭に並ばないアウトレット商品が低価格でドンレミーアウトレット岡山店で販売されます。

Photo by Dai44

そのお値段は聞いて驚くプリン1個50円、1番人気の「ミルクレープの切れ端」は袋にパンパンに詰まって1袋250円と大変リーズナブルです。その名も「9層のミルクレープ」は、アウトレットながらも柔らかくクリームたっぷりで、アウトレットならデイリーおやつに充分のクオリティです。

こちらのアウトレット店は、工場併設と言いつつも店内はラグジュアリーで高級スイーツ店を思わせるのも、岡山っ子だけでなく観光客も多く訪れる理由の1つでしょう。アウトレット店内には「その場で食べたい」人のためにイートイン・コーナーも設けられています。

Photo by akira yamada

ドンレミーアウトレット岡山店ではアウトレット商品だけでなく、店頭に並ぶ「ドンレミー」のスイーツも販売されています。卸値価格でいつでも通常定価のいつでも3割引きなので、こちらもアウトレット店だからこそと言えるでしょう。

住所 岡山県岡山市南区藤田566-276
電話番号 086-296-2871

岡山で「スイーツとランチ」を両方楽しむならココ!

Photo byunclepastaaz

美味しいランチとスイーツをセットでいただきたいのなら、おしゃれな西洋風建物で女子会ママ会を開くのもおすすめです。あまりに愛らしいメルヘンな雰囲気と記念写真を撮りたくなる盛り付けのイタリアン・ランチ、写真映えする「ドルチェ」をこちらのレストランでどうぞ!

「キャナリィ・ロウ 倉敷店」

Photo by ColdSleeper

「キャナリィ・ロウ 倉敷店」は倉敷の「中庄」にあるイタリアン・レストランです。西洋風の外観の建物の店内ではビュッフェ形式のランチ、そしてプラス300円でドルチェをいただくことができます。ランチのメインは選択式で選択したメインによりランチの価格も異なります。

女子会でもママ会でも引っ張りだこなメインは「ピザ」「生パスタ」です。ピザはかなりのボリュームがあり、女子で多めレベルなので男性でもちょうど良いお腹具合でしょう。生パスタももっちりしており、ソースも専門店らしく種類が豊富で選ぶ楽しさもあります。

Photo by TAKA@P.P.R.S

本格的イタリアンをランチに堪能した後は、お待ちかねのドルチェの登場です。ドルチェはワゴンに乗ってテーブルまで運ばれ、テーブル席で選ぶとスタッフがお皿にサーブしてくれます。キャナリィ・ロウでは異世界空間の中で贅沢ランチとスイーツを同時に楽しめるでしょう。

住所 岡山県倉敷市中庄字床田46-1
電話番号 086-423-2526

岡山のフルーツをスイーツで!人気喫茶店・カフェ4選

Photo byPexels

岡山の名産品の1つに「フルーツ」があります。観光巡りに疲れた体に、おしゃれカフェでフルーツが贅沢使いされたスイーツでのひと時はおすすめです。完熟度100%と完成度120%の岡山果物のスイーツとおしゃれさ満点のカフェで、体も心も癒しましょう。

「喫茶 ほんまち」

Photo byPexels

「喫茶 ほんまち」は「岡山駅」の目の前の雑居ビルの2階にある、女子率99%の喫茶店です。喫茶 ほんまちでは岡山フルーツをたっぷり使ったボリューミーでインスタ映えなパフェが、看板メニューとなっています。

素材のミックス感が素晴らしく、旬のフルーツと合わせるクリームの合わせ技が絶妙です。「いちごとチーズケーキ」「いちごといちじく」などフレッシュなフルーツとまったりクリーム使い、フルーツとフルーツの足し算が絶品です。

Photo bydbreen

チーズクリームの混じったソフトは濃厚かつさっぱりした後味で、ホイップとの相性も良いです。いちごの酸味がまたチーズの濃厚さを引き立てる良い脇役になっています。ボリュームのあるパフェには「スフレチーズケーキ」などもトッピングされ、男性でも満足いく仕上がりでしょう。

住所 岡山県岡山市北区本町2-22 錦ビル2F
電話番号 086-224-8650

「エスタシオン岡山」

Photo by jetalone

「エスタシオン岡山」には名物の「フルーツパフェ」を求めて、全国から人が集まります。岡山名物「きびだんご」を使ったご当地パフェもあり、「いちごときびだんご」620円や、限定パフェ「どんぶらこ」1200円などがこちらのカフェでオーダーするならおすすめでしょう。

岡山フルーツが盛りだくさんのパフェは、どれも食べ応えがあり、かつフォトジェニックなのは言うまでもありません。酸味があるフルーツと、若干甘めのクリームが絶妙なハーモニーで、粘度低めのフルーツソースは良くアイスに溶け、ボリュームあるパフェを飽きずに食べさせてくれます。

Photo bymegspl

場所も「岡山駅」構内ですから、大変利便性に富んでおり、岡山到着後すぐに「ご当地スイーツが食べたい」と思い立ったら、すぐに迎えるおすすめのカフェです。

住所 岡山県岡山市北区駅元町1-1 サンフェスタ岡山1F
電話番号 0868-01-0029

「パーラー 果物小町」

Photo byFree-Photos

「大正ロマン」を彷彿とさせる店員さんに、モダンな店内へ招かれるのは、倉敷の「美観地区」にある「岡山フルーツ」が有名なお店「パーラー 果物小町」です。岡山が誇る果物を使ったスイーツの数々を、こちらではいただくことができます。

果物の糖度を疑ってしまうほど甘い「フルーツパフェ」や、ボリューミーでSNS映えする「フルーツプレート」など、フルーツデザートのラインナップは数知れず。果物好きなら1度は足を踏み入れたいカフェでしょう。

Photo by vaboo.com

美観地区らしく「竹林」のある美しい庭園もあり、天気の良い日にはテラス席でスイーツを楽しむことも可能です。お喋り好きなグループなら、テラスでの女子会なら隣席を気にすることもないでしょう。岡山名産の「桃」を使った「ソフトクリーム」も秀逸デザートです。

イートインで映える1皿を堪能するも良し、岡山の恵みがぎっしりのソフトクリーム片手に美観地区を刊行するのもおすすめな、大変人気のカフェと言えます。

住所 岡山県倉敷市中央1-4-22
電話番号 086-425-7733

「フレッシュタルトのお店 STYLE」

Photo by TAKA@P.P.R.S

サクサクの土台にぎっしりの濃厚クリーム、そしてみずみずしいフルーツが美しい「タルト」、その専門店が「フレッシュタルトのお店 STYLE」です。通常は「プチタルト」として愛らしい姿のタルトたちを販売していますが、大きなタルトになると、「オーダーメイド」も可能です。

オーダーメイドタルトの場合は「号数」「クリーム」「果物」を選ぶことができ、オリジナルタルトを30分ほどで仕上げてくれます。使われるフルーツはとてもジューシーで、ホイップもチョコクリームもこっくり、サクサクの土台と見事にマッチし、おすすめです。

Photo byEinladung_zum_Essen

プチタルトは1つ150円からとお手頃なお値段なので、タルト好きは必ず食べておきたいおすすめのスイーツ店でしょう。店内で絶品タルトをいただけるコーナーもあるため、食いしん坊の人はその場でお気に入りタルトを楽しむこともできます。

住所 岡山県岡山市北区岡町6-9
電話番号 086-221-5177

雰囲気が自慢!岡山で人気のスイーツ3選

Photo bycocoparisienne

美味しいスイーツをさらに美味しく味わうために多くの人が求めるのは、その雰囲気、空気感です。おしゃれカフェでスイーツを食べれば、いつものケーキもより美味しく感じられるのは嘘ではないでしょう。味にも雰囲気にも酔ってしまう岡山大人気のスイーツ店を3つ選りすぐりました。

色とりどりのスイーツに魅せられて、その空気に酔いしれて、岡山スイーツを堪能してください!

「三宅商店」

Photo by Kanesue

岡山有数の観光名所である倉敷の「美観地区」にある「三宅商店」は、「町家」の面影をそのまま残した町家カフェです。テーブル席は2席、他はすべてお座敷席となっており、子連れファミリーにも嬉しい造りになっています。「カレー」と「パフェ」がメインメニューです。

パフェは岡山フルーツを盛りだくさんに使っており、季節によって使われるフルーツもさまざまです。大人女子が好む「抹茶」フレーバーも人気で、その他スイーツには「かき氷」のラインナップも豊富です。

Photo by Kentaro Ohno

お座敷がゆったり座れることから風情あふれる観光旅行のグループにもおすすめのカフェでしょう。

住所 岡山県倉敷市本町3-11
電話番号 086-426-4600

「くらしき桃子 倉敷本店」

Photo by ume-y

「くらしき桃子 倉敷本店」も岡山「美観地区」にある人気のスイーツ店です。美観地区に3店舗を構えた岡山っ子と観光客に大変人気があるお店で、取り扱っている看板スイーツ「パフェ」のクオリティが高いことでも有名です。

おすすめのパフェの他には「ケーキ」や要予約の「アフターヌーンティーセット」なども揃っており、岡山スイーツ巡りではぜひ押さえておきたいお店でしょう。くらしき桃子 倉敷本店の外観は趣ある古風な建物ですが、店内には「エミール・ガレ」の花瓶が飾られており、芸術的です。

Photo by Richard, enjoy my life!

カウンター席もありおひとり様でも気軽に入れるのが嬉しい点でしょう。岡山フルーツを盛りだくさんに使った看板スイーツのパフェは食べる価値ありの1品です。季節によって使われるフルーツは違うため、訪れる時期によって違うパフェを楽しむことができるでしょう。

くらしき桃子 倉敷本店のパフェスイーツの特徴は何といっても「豪華絢爛」であることです。見た目が華やかなパフェは食べる前から老若男女問わずテンションがあがります。ボリュームのあるフォトジェニックなパフェは、女子会やママ会での話題の中心になるでしょう。

Photo by zenjiro

こちら大人気のスイーツ店は、カフェスペースだけでなく取り扱うギフト、お土産の種類も多いのが嬉しいです。岡山名物「調布」や「むらすずめ」なども多数揃います。またくらしき桃子のお土産として女子に高い支持を得ている「マスキングテープ」もさまざまな種類があり楽しませてくれます。

住所 岡山県倉敷市中央1-3-18
電話番号 086-454-6611

「ANAクラウンプラザホテル岡山 カジュアルダイニング ウルバーノ」

Photo byTapisRouge

「ANAクラウンプラザホテル岡山 カジュアルダイニング ウルバーノ」では1日限定5食の「アフターヌーンティーセット」をぜひ予約していただくことをおすすめします。一流ホテル内のクラシカルなレストランでの優雅なカフェタイムを過ごすことができるでしょう。

アフターヌーンティーセットは「ケーキ」「スコーン」「サンドイッチ」がセットになった豪華なスイーツメニューです。こちらのお店のティーセットは通常よりもボリュームがあるため、お腹に余裕を持って挑むようにしましょう。

Photo by klipsch_soundman

「スパークリング」から始まり、「海老」などを乗せた「オープンサンド」、「いちごジャム」「クロテッドクリーム」「メープルシロップ」と3種のソースがセットになった「スコーン」、そしてメインの「ケーキ」たちのラインナップは確かにゴージャスです。

それでいて「ホテルのアフターヌーンティーセット」で3000円のお値段は、コストパフォーマンスが高すぎると言っても良いでしょう。

住所 岡山県岡山市北区駅元町15-1 リットシティビルANAクラウンプラザホテル岡山1F
電話番号

岡山のおすすめスイーツを食べつくそう

Photo byla-fontaine

全国的に有名な岡山フルーツがふんだんに使われたスイーツや、岡山限定のスイーツなど、観光巡りの合間に食べておきたい甘味をたっぷりご紹介してきました。岡山への旅の準備は、ここでしか食べられないスイーツにもしっかり目星をつけて整えましょう!

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住、ドトール姉さんと地元で呼ばれている、そこそこライター歴もある食いしん坊Vv グルメ系記事が得意★読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じてやまない夢みる乙女。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング