東海地方で絶大な人気を誇る「どんどん庵」をご紹介!激安絶品うどんを召し上がれ

東海地方で絶大な人気を誇る「どんどん庵」をご紹介!激安絶品うどんを召し上がれ

東海地方で人気のどんどん庵は、激安のうどんをはじめ、きしめんやそばも味わうことができるセルフ方式のチェーン店です。どんどん庵では、うどんなどの麺類のほかに、名古屋めしなどを取り扱っています。本記事では、どんどん庵で人気のメニューを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.どんどん庵ってどんな店?
  2. 2.どんどん庵・人気の激安絶品うどんメニューを紹介
  3. 3.どんどん庵・うどん以外のおすすめメニューを紹介
  4. 4.どんどん庵ではお持ち帰りも可能
  5. 5.どんどん庵で美味しいうどんを食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

どんどん庵ってどんな店?

「どんどん庵」は、激安なうどんが看板商品のうどんチェーン店です。どんどん庵の大きな特徴は、麺をうどん、そば、きしめんの3種類の中から、そして温・冷を選ぶことができ、幅広いニーズに対応していることです。

東海地方に店舗を展開中のセルフうどんチェーン店

どんどん庵は、東海地方の愛知県、岐阜県、三重県に店舗展開をしているセルフサービス方式の激安うどんチェーン店です。東海地方の人なら知らない人はいないというくらい有名な激安のうどん屋さんです。

どんどん庵はセルフサービス方式となっていて、お客自身が茹で機で麺を湯がくシステムとなっています。どんどん庵にあるすべての麺のメニューを自分で湯がくというわけではなく、冷たいざるうどんやざるそば、味噌うどん、カレーうどんなどはどんどん庵の厨房で調理してくれます。

どんどん庵での基本的な注文方法は、まずはカウンターで好きな麺を選びます。次に、茹で釜で麺を茹でます。茹で時間は、うどんが15~20秒、きしめんは10~15秒、そばは5~10秒が目安となります。

どんどん庵のうどんなどの麺類をおいしく食べるポイントは、しっかりと湯切りをすることと、麺を茹でているときに茹で釜から出ているお湯で丼を温めておくことです。うどんを茹でたら次はどんどん庵自慢のトッピングを選びます。天ぷらやフライの中から自分の好みに合わせて選べます。

どんどん庵では、天ぷらは常時8種類ほど、フライは4種類ほど用意されています。トッピングを選んだあとは、サイドメニューを選んでいきます。サイドメニューは、おにぎりやいなり寿司、冷奴やサラダにデザートなど豊富に取り揃えています。サイドメニューを選んだら支払を済ませます。

Photo byMichaelWuensch

お会計後に、うどんなどの麺につゆを注いでいきます。どんどん庵のつゆは2種類あり、自分の好みで選ぶことができます。名古屋味と書かれた「赤」のつゆは、たまり醤油を使用した名古屋では定番の味で、どんどん庵でも定番のつゆとなっています。

どんどん庵のもう1種類のつゆは「しろ」で、あっさり味と書かれています。あっさり味の白つゆは白醤油を使用しており、そこに昆布も加えられていて関西風に仕上げられています。つゆのベースとなる出汁には名古屋のうどん店でよく使われる「ムロアジ」がメインとなっています。

どんどん庵の赤つゆと白つゆは、どちらも朝と夕方に各店舗ごとに出汁をとって仕込まれています。どんどん庵では、名古屋で慣れ親しまれた赤つゆが人気となっていますが、讃岐うどんチェーン店に対抗すべく開発された白つゆも後味がすっきりしてるためおすすめとなっています。

うどんだけでなく名古屋のご当地メニューも

どんどん庵はうどんだけでなく、名古屋のご当地メニューも味わうことができます。名古屋のご当地グルメである手羽先や味噌串カツなど人気のメニューが多数あります。

どんどん庵・人気の激安絶品うどんメニューを紹介

どんどん庵の魅力は、豊富なうどんのメニューにあります。スタンダードな激安のうどんはもちろんのこと、様々な具材がトッピングされたメニューまで、どれにするか迷ってしまうほどです。

うどん

どんどん庵といえば「うどん」が看板メニューとなっています。うどんには、好みの天ぷらをトッピングして食べるのが人気となっています。シンプルながらも、どんどん庵自慢のつゆで食べるおいしいうどんは激安で、どんどん庵のメニューの中でもトップクラスの人気を誇っています。

どんどん庵のうどんは、サイズも「小」「並」「大」の3種類を取り揃えており、自分の好みのサイズを選ぶことができます。小は200円、並は260円、大は360円となっています。

カレーうどん

どんどん庵のカレーうどんはセルフ方式ではなく、店員さんに直接注文をして調理をしてもらうメニューです。どんどん庵のカレーうどんは名古屋流のカレーうどんで、小麦粉を使ってとろみを出してるのが特徴となっており、どんどん庵の名物のひとつとなっています。

どんどん庵のカレーうどんのサイズは、「小」「並」「大」の3種類となっており、小が400円、並が460円、大が560円で好みのサイズを注文することができます。

ピリ辛豚みそうどん

どんどん庵には「ピリ辛豚みそうどん」というメニューのうどんもあります。どんどん庵のピリ辛豚みそうどんは、味噌ベースのだし汁にゴマの風味が豊かなピリッと辛いうどんです。具材は、豚肉がメインで乗っており、かまぼこに油揚げ、薬味のねぎがトッピングされています。

どんどん庵のピリ辛豚味噌うどんのサイズは、「並」「大」の2種類が用意されており、並は460円、大は560円となっています。

牛肉うどん

どんどん庵では「牛肉うどん」も人気の高いメニューとなっています。牛肉うどんは、基本のうどんにやわらかい牛肉がたっぷり乗ったガツンと胃袋を満たしてくれるうどんです。さらに牛肉の量が2倍になった「ダブル牛肉うどん」もあります。

牛肉うどんには2種類のサイズがあり「並」「大」のどちらかを選ぶことができます。牛肉うどんの並が550円で、大が650円となっています。ダブル牛肉うどんも2種類のサイズ展開で、並が650円、大が750円となっています。

どんどん庵・うどん以外のおすすめメニューを紹介

どんどん庵には、うどん以外にもおすすめのメニューがあります。どんどん庵では、うどんなどの麺類はもちろんのこと、丼や定食なども高い人気を誇っています。どんどん庵の麺類以外で人気の絶品メニューを紹介していきます。

かつ丼

どんどん庵のメニューには、かつ丼もあります。どんどん庵のかつ丼は、丼メニューの中でも一番の人気を誇っているメニューでどんどん庵が自信を持っておすすめする自慢の味となっています。

ボリューム満点のカツに、うどん屋らしい出汁が効いた卵とじは絶品メニューとなっています。そんなどんどん庵のかつ丼の値段は、490円で、ご飯を大盛りに変更すると550円になります。

みそカツ丼

どんどん庵には、東海地方の名古屋名物である「みそカツ丼」もあります。名古屋めしとして有名な味噌カツは、とんかつに八丁味噌などの豆味噌をベースに出汁や砂糖を加えて作られた味噌ダレがかけられた食べ物です。

味噌ダレは東海地方を中心に広まっており、味噌カツだけではなくおでんなどにも利用されている東海地方ではメジャーなタレです。味噌ダレは、マヨネーズやケチャップと同様に常備している家庭も多くあり、東海地方では気軽に味わうことができます。

東海地方の絶品料理の一つであるみそカツ丼はどんどん庵でも人気のメニューで、単品で510円となっています。ご飯の大盛りはかつ丼と同様にプラス60円となっており、それだけでは物足りない人には小サイズのうどんをプラスするのがどんどん庵おすすめの注文方法となっています。

とんテキ定食

東海地方で有名な「とんテキ」は絶品料理の一つで、「とんテキ定食」はどんどん庵でも人気のメニューとなっています。とんテキの発祥は、東海地方の三重県四日市市にある中華料理店で絶品グルメとして東海地方を中心に広まりました。

とんテキは、デミグラスソースやケチャップなどをかけて食べるポークソテーとは違い、ニンニクの効いた独自のタレでソテーした豚肉にキャベツが添えられています。ビタミン豊富なとんテキは、スタミナ料理として東海地方を中心に人気の絶品グルメとなっています。

どんどん庵の「とんテキ定食」は、17:00以降の夜限定メニューとなっています。とんテキ定食はロース140gで740円となっており、大とんテキ定食はロースが220gで920円となっています。

どんどん庵ではお持ち帰りも可能

Photo by ume-y

どんどん庵は、一部の激安でおいしい料理がお持ち帰りも可能となっています。どんどん庵の店員の人にお持ち帰りと伝えると、どんどん庵のお店の人が調理してお持ち帰りのメニューを用意してくれます。

持ち帰り時の注意点

Photo by haru__q

お持ち帰りの注意点としては、うどんはお持ち帰りメニューの対象ですが、そばやきしめんはお持ち帰りができません。また、賞味期限はどのメニューにもかかわらず製造後3時間となっています。

どんどん庵で美味しいうどんを食べよう!

東海地方で有名などんどん庵は、愛知を中心に岐阜県、三重県に出店しています。どんどん庵には、激安でコストパフォーマンスが高いメニューが豊富にあり、名古屋名物も楽しめます。そんな東海地方で人気のどんどん庵で、おいしいうどんや絶品メニューをぜひ味わってみてください。

丹羽
ライター

丹羽

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング