茨城でおすすめの道の駅!ドライブの休憩に人気グルメもご紹介

茨城でおすすめの道の駅!ドライブの休憩に人気グルメもご紹介

茨城県の道の駅は、地元の方や観光客に大人気のスポットです。新しくオープンした北関東最大級のハイブリッド道の駅(筑西市)を含め、茨城県には14の道の駅があります。今回は、ドライブ休憩に立ち寄りたい茨城県の個性豊かな道の駅をご当地グルメ情報と共にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.茨城の道の駅は地元民や観光客に大人気!
  2. 2.グルメが自慢!茨城でおすすめの道の駅!
  3. 3.ドライブ中に休憩できる!茨城でおすすめの道の駅
  4. 4.自然の恵みを満喫できる!茨城でおすすめの道の駅
  5. 5.お土産や野菜が買える!茨城でおすすめの道の駅
  6. 6.観光拠点の核となりそうな茨城の道の駅はココ!
  7. 7.茨城の道の駅へ遊びに行こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

茨城の道の駅は地元民や観光客に大人気!

Photo bypixel2013

茨城県の道の駅は、地元の方や観光客に大人気のドライブスポットです。茨城県の道の駅には、どんな魅力があるのでしょうか。本記事では、茨城県の道の駅の魅力に迫っていきます。

現在茨城県には、2019年7月にオープンした筑西市の道の駅「グランテラス筑西」を含め、14の道の駅が点在します。

地域と共につくる道の駅は、個性豊かな憩いの場として全国に広がっています。道路を利用する人が気持ちよく利用できる道の駅は、いつでも自由に休憩することができます。道の駅は、24時間利用できる駐車場や清潔なトイレ、交通情報等の案内サービスを提供しています。

Photo byFree-Photos

地域の文化や名所、観光地、特産品などを活用し、多様なサービスを提供することが望まれる道の駅は、地域同士の連携が生まれます。地域の活性化を促進する機能も持っているのです。私たちにとっては、地域の方達と交流できる貴重な場でもあります。

茨城県でも、それぞれの道の駅には地域の工夫がなされています。地元民だけでなく、観光客にも親しみやすい憩いの場となっているのです。

茨城の道の駅は個性豊か

フリー写真素材ぱくたそ

茨城県の道の駅は、一つひとつの駅にそれぞれの個性を持っています。ご当地グルメや特産品を加工したお土産品など、地域の特産品をアピールしながら販売しています。茨城県でしか買えないおすすめのお土産品を見つけてみてはいかがでしょうか。

茨城の特産物がめじろ押しの道の駅グルメ

Photo byK2-Kaji

茨城県の道の駅には多くの特産品が並びます。そのため、道の駅で購入できるイチ押し品は一つだけではありません。魅力的なお土産品の他にも、他県には負けない個性豊かなグルメがたくさんあります。道の駅ドライブの立ち寄りスポットで美味しいグルメを満喫しましょう。

グルメが自慢!茨城でおすすめの道の駅!

Photo byEngin_Akyurt

茨城県の名産といえば、干し芋やあんこう鍋、納豆、蓮根などを連想する方が多いですが、グルメ自慢の道の駅では、どんなグルメを楽しめるのか具体的に見ていきましょう。

焼き立てパンと納豆が人気の「しもつま」

Photo byDomAlberts

グルメが自慢・茨城でおすすめの道の駅1か所目は、焼き立てパンと納豆が人気の「しもつま」です。道の駅・しもつまは、茨城県で6番目にできた道の駅です。2018年には「食のテーマパーク」へとリニューアルしました。

リニューアルした道の駅にはパン工房が新設され、50~60種類もの美味しいパンを販売しています。連日多くの人が訪れる人気のパン工房です。

農産直売所では、下妻市の新鮮で安全な野菜・果物を販売しています。特産品では、「お米」と「梨」が人気です。何よりも珍しいのは、道の駅・しもつまは、納豆工場を併設しているという点です。

Photo bywhui1818

地元大豆を100%使用したこだわりのしもつま納豆「福よ来い」は、贈り物としても家庭用のお土産としても人気です。しもつま納豆工場は、月曜日・水曜日・金曜日の9:00~12:00の間で製造見学ができます。

特産品を販売しているお土産品とコンビニコーナー(営業時間8:00~19:00)も人気で「おもて梨大福」などを販売しています。大人気のベーカリーのしもぱんは9:00~17:00の営業です。

道の駅・しもつまのおすすめグルメは、お食事処しもん亭で楽しめるハーブ豚を使用した「炙り豚丼」です。料理長こだわりの丼ぶりを堪能してみてはいかがでしょうか。お食事処しもん亭の営業時間は10:30~18:00となっています。

住所 茨城県下妻市数須140
電話番号 0296-30-5294

茨城の郷土料理が自慢の「ごか」

Photo by bryan...

グルメが自慢・茨城でおすすめの道の駅2か所目は、郷土料理が自慢の「ごか」です。道の駅・ごかは、茨城県の9番目の道の駅として、2004年にオープンしました。道の駅・ごかの自慢は、茨城のブランド豚「ローズポーク」料理や手打ちそば、天然ナマズなどの郷土料理です。

道の駅・ごかでは、茨城県が誇る銘柄豚「ローズポーク」を100%使用・旨みがぎっしり詰まった道の駅オリジナルの「ジューシー肉まん」が人気です。レストランの華こぶしでは、ローズポークの豚カツなどを楽しめる他、常陸秋そば粉を使用した手打ちそばを堪能できます。

Photo byRitaE

また、農産直売所「わだい万菜」では、五霞町産の果物や野菜、加工品、ローズポーク等の販売を行っています。茨城物産販売所では、茨城県のゆかりのお土産品を取り扱っています。農産物・物産品の直売所は、9:00~19:00で営業しています。

レストランは11:00~18:00の営業で、ラストオーダーは17:45です。休憩にぴったりのジェラートコーナーやおまんじゅうコーナーも人気です。こちらは9:00~17:00で営業しています。館内施設の定休日は、第1・第3月曜日です。祝日の場合は、翌日が定休日となります。

住所 茨城県猿島群五霞町大字幸主18-1
電話番号 0280-84-1000

海鮮グルメが人気の「日立おさかなセンター」

フリー写真素材ぱくたそ

グルメが自慢・茨城でおすすめの道の駅3か所目は、海鮮グルメが人気の「日立おさかなセンター」です。日立おさかなセンターは、茨城県で11番目にできた道の駅で、2014年にオープンしました。暖流と寒流が交わる日立沖の美味しい海鮮グルメを堪能できる人気スポットです。

魚の宝庫であるおさかなセンターでは、地元で水揚げされた旬の魚介類が並びます。ミネラル豊富で身の引き締まった魚を探してみてはいかがでしょうか。

国道245号線沿いにある人気のおさかなセンターは、第1・第2・第3おさかなセンターの他に、レストランや24時間営業のコンビニエンスストア(デイリーヤマザキ)などがあります。毎月第4日曜日には、「日立みなとマルシェ」が開催されます。

Photo by ume-y

ショッピングを楽しみたい方におすすめなのは、毎日久慈浜港に水揚げされる新鮮な魚です。所狭しと並ぶ魚介類の中には、高級なアワビや伊勢海老なども揃います。また、JA日立直売所や青果店では、新鮮な野菜が並び、お魚屋さんに負けない威勢のいい声が飛び交います。

道の駅のイチ押しグルメは、あかつ水産の「味勝手丼(みがってどん)」です。味勝手丼は、お好みの素材を選べます。オリジナルの海鮮丼を楽しんでみてはいかがでしょうか。新鮮な魚介を産地価格で販売しています。浜焼きコーナーもあり9:00~18:00で営業しています。

フリー写真素材ぱくたそ

レストランには、久慈浜みなと寿司の他、ボリューム満点のとんかつ屋、軽食専門店、ラーメン屋などが入っており、シーンに合わせて様々な食事を楽しめます。営業時間は各店舗により異なりますので、お出かけ前にホームページを確認すると安心です。

住所 茨城県日立市みなと町5779-24
電話番号 0294-54-0833

ご当地バーガーがおいしい「たまつくり」

Photo byFree-Photos

グルメが自慢・茨城でおすすめの道の駅4か所目は、ご当地バーガーがおいしい「たまつくり」です。道の駅・たまつくりは茨城県で7番目にできた道の駅で、目の前には霞ケ浦が広がります。行方大地で育った野菜や花などの販売を行っています。

周辺施設には、隣接する「霞ケ浦ふれあいランド」や広大な芝生広場を有する「高須崎公園」があり、紫峰筑波山と霞ケ浦の風景を楽しめます。

水と緑のロケーションにある道の駅・たまつくりでは、霞ケ浦の恵みを調理した水産物加工品や自然を楽しめます。道の駅おすすめのイチ押しグルメは、ここでしか味わうことのできない「行方バーガー」です。

Photo byRitaE

行方バーガーの「なめパックン」は、霞ケ浦で獲れたナマズをベースにしたハンバーガーです。白身魚のような味わいを楽しめます。「鯉パックン」は、霞ケ浦で獲れた鯉がベースのハンバーガーで、鯉独特の生臭さがない風味豊かなバーガーです。

その他の行方バーガーでは、「豚パックン」や「鴨パックン」も販売しています。道の駅・たまつくりならではのグルメを満喫してみてはいかがでしょうか。

道の駅・たまつくりの施設内にある展望台からは、霞ケ浦の絶景を楽しめます。ドライブ休憩の立ち寄りスポットにおすすめです。ショッピングは、行方市の観光物産館「こいこい」を巡ってみましょう。新鮮な季節の野菜・果物を販売しています。

Photo byCounselling

ご当地バーガーがおいしい道の駅・たまつくりの営業時間は、9:00~18:00です。自然派の方におすすめの無添加アイス「なめがたあいす」も販売していますので、優しい農産物の味を堪能してみてください。

住所 茨城県行方市玉造甲1963-5
電話番号 0299-36-2781

ビュッフェレストランもある「ひたちおおた」

Photo byallybally4b

グルメが自慢・茨城でおすすめの道の駅5か所目は、ビュッフェレストランもある「ひたちおおた」です。道の駅・ひたちおおたは、茨城県で13番目にオープンした道の駅です。地元の新鮮野菜を使った野菜中心のビュッフェレストラン「shunsai」を設置しています。

1品オーダーとビュッフェスタイルのレストランで、メイン料理のパスタ・魚料理・肉料理の中から1品を選び、地元の食材を中心としたビュッフェコーナーでは、みずみずしい野菜や石窯で焼き上げたピッツァ・カレー・お飲み物・デザートなどを楽しめます。

Photo byjoshuemd

レストランのランチタイムは、11:00~15:30で、ラストオーダーは14:00です。土日祝日の場合は16:30までの営業で、ラストオーダーは15:00となります。ディナーは、土曜日のみ17:30~21:00まで営業しています。ラストオーダーは20:00です。

新鮮野菜を発売する農産物直売所は9:00~18:00、フードコートは10:00~17:00の時間帯で営業しています。道の駅に併設されているコンビニエンスストア(デイリーヤマザキ)は5:00~23:00で営業していますので、車中泊のお買い物にも便利です。

住所 茨城県常陸太田市下河合町1016-1
電話番号 0294-85-6888

茨城の名物おすすめグルメをご紹介!ご当地ならではの人気メニューとは? | jouer[ジュエ]
茨城県には、山の幸や海の幸など、どちらの絶品名物グルメも楽しむことができます。他にはない名物グルメやB級グルメが盛だくさんです。ご当地グルメもあるので、観光にピッタリです。今回は、茨城の名物おすすめ人気グルメをご紹介していきましょう。

ドライブ中に休憩できる!茨城でおすすめの道の駅

Photo by acme

続いては、ドライブ中に休憩できる茨城のおすすめの道の駅をご紹介します。長時間のドライブで疲れた体を癒してくれる温泉や、目の休憩にもなる自然スポットが登場します。早速どんな休憩スポットがあるのか見ていきましょう。

温泉に入れる「奥久慈だいご」

フリー写真素材ぱくたそ

ドライブ中に休憩できる茨城でおすすめの道の駅1か所目は、温泉に入ることができる「奥久慈だいご」です。奥久慈(おくくじ)だいごは、久慈川のほとりにあります。奥久慈の自然に恵まれた道の駅は、茨城県で5番目にできた道の駅で、美しい四季を感じられるスポットです。

日帰りドライブで茨城県を訪れた際は、休憩施設を備え温泉浴場がある道の駅・奥久慈だいごに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。リフレッシュ休憩をして旅の疲れを癒しましょう。温泉の料金は大人500円です。温泉の後は、道の駅のお土産品巡りがおすすめです。

Photo by IbaGeo

道の駅から車でおよそ5kmのところには、日本三大名瀑の一つで日本の滝百選にも選定されている「袋田の滝」があります。道の駅・奥久慈だいごには、大子町の魅力がたくさん詰まっているのです。

お土産品のおすすめは「刺身こんにゃく」です。奥久慈地方は、古くからこんにゃく栽培が盛んに行われています。奥久慈の綺麗な水と、優れた食材で作られたぷるぷるのこんにゃくをぜひ堪能してみてください。

Photo by Tranpan23

道の駅の「だいご味レストラン」では、大子名産の「ゆば塩ラーメン」をはじめ、冷しゆば入りうどん・そば、生ゆばつけ麺ラーメンなどのグルメを堪能できます。レストランの営業時間は11:00~18:00で、17:30がラストオーダーとなっています。

様々なこんにゃく商品が並ぶ物産販売所は、9:00~18:00、温泉は11:00~20:00で営業しています。温泉の最終受付時間は19:30です。道の駅・奥久慈だいごの休館日は、第1・第3水曜日です。年末年始12/31・1/1も休館日となります。

住所 茨城県久慈郡大子町大字池田2830-1
電話番号 0295-72-6111

豊かな自然に囲まれた「常陸大宮~かわプラザ~」

フリー写真素材ぱくたそ

ドライブ中に休憩できる茨城でおすすめの道の駅2か所目は、豊かな自然に囲まれた「常陸大宮~かわプラザ~」です。道の駅・常陸大宮は、2015年に茨城県で12番目にオープンした道の駅です。

関東屈指の清流で、鮎が舞う久慈川のほとりに位置します。豊かな自然を感じられる人気の道の駅です。

見どころ満載の道の駅には、常陸大宮産の農産物を豊富に取り扱う直売所をはじめ、フードコートや自然の景観を楽しみながら食事できるレストラン、遊具を備えた公園、収穫体験ができる農園、事前予約制のBBQ施設などがあります。

Photo by stu_spivack

道の駅・常陸大宮のイチ押しグルメは、久慈川沿いの豊かな大地で育ったえごまで作った「えごまジェラート」です。えごまは、血圧安定などの様々な効果が期待できるといわれているシソ科の一年草です。

地元のえごまをふんだんに使用したえごまジェラートをぜひ味わってみてください。ジェラートを販売している「Gelato&Smoothie」は、10:00~18:00で営業しています。

直売所「ひたマルシェ」は9:00~18:00、レストランは11:00~18:00、BBQ施設は10:00~17:00で営業しています。道の駅・常陸大宮の営業時間は、年中無休で9:00~18:00です。

Photo byFree-Photos

また、道の駅・常陸大宮には、授乳やおむつ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」が設置されています。赤ちゃんの駅には、ミルク用のお湯が用意され、お母さんと赤ちゃんが安心して過ごせる部屋が設けられています。赤ちゃんの休憩スポットがあるのは嬉しいポイントです。

住所 茨城県常陸大宮市岩崎717-1
電話番号 0295-58-5038

茨城の人気ドライブスポット!日帰り観光コースもご紹介 | jouer[ジュエ]
茨城県にはたくさんの観光スポットが存在します。縦長の県のため、ドライブでまわるには最適です。都会から離れて茨城県の人気のスポットに日帰りでドライブに出かけてみませんか?もちろん、デートにもおすすめの人気スポットもご紹介します!

自然の恵みを満喫できる!茨城でおすすめの道の駅

Photo byJillWellington

続いては、自然の恵みを満喫できる茨城でおすすめの道の駅をご紹介します。長距離ドライブでリフレッシュしたい時は、茨城県の自然を感じられる道の駅でゆったり休憩する時間を取り入れてみましょう。

田舎の良さを120%体験できる「かつら」

Photo by12019

自然の恵みを満喫できる茨城でおすすめの道の駅1か所目は、田舎の良さを120%体験できる「かつら」です。道の駅・かつらは、1993年に登録された茨城県第1号の道の駅です。「関東の嵐山」と呼ばれる御前山(ごぜんやま)エリアに位置します。

豊かな自然に囲まれている道の駅・かつらは、周辺観光スポットに「県立御前山自然公園」や「ふれあいの里、うぐいすの里、山びこの郷」の3つの大自然を満喫できる公営キャンプ場「城里町総合野外活動センター ふれあいの里」があります。

Photo byJESHOOTS-com

首都圏から2時間の距離にある道の駅・かつらは、アウトドアライフの起点として利用されています。豊かな自然を楽しみながら、ジェラートを味わうひと時も格別です。道の駅では、バニラやラムレーズン、かぼちゃなど、約20種類のジェラートを販売しています。

かつらの名産といえば「レッドポアロー」が有名です。レッドポアロー(赤ねぎ)は、生産量が限定される希少な在来品種です。畑の風景は通常のねぎですが、土から掘り起こすと鮮やかな赤い姿をしています。

「食の世界遺産」に選定されているレッドポアローを味わってみてはいかがでしょうか。レッドポアローの収穫時期は、10月下旬~翌年3月頃までです。

Photo byHans

素晴らしい景勝の地にある道の駅・かつらの食堂では、蕎麦通が絶賛するブランド蕎麦「常陸秋そば」を堪能できます。茨城県は、常陸秋そばの産地としても知られています。ドライブ休憩で道の駅に立ち寄った際は、ぜひ絶品の蕎麦を味わってみてください。

道の駅・かつらの特産品直売センターの営業時間は9:00~18:00です。10月~3月は、17:00までの営業となります。休暇日は、年始(1/1~1/5)です。手打ちそばを楽しめる食堂は、11:00~14:00の営業で、土日祝日は15:00まで営業しています。

住所 茨城県東茨城郡城里町大字御前山37
電話番号 029-289-2334

山間で放牧場の恵みを満喫「さとみ」

フリー写真素材ぱくたそ

自然の恵みを満喫できる茨城でおすすめの道の駅2か所目は、山間で放牧場の恵みを満喫できる「さとみ」です。道の駅・さとみは、茨城県で3番目にオープンした道の駅です。

常陸太田市から福島県へ抜ける国道349号線沿いにある道の駅は、山裾に広がる田園風景が見事です。常陸太田市の里見地区には涼し気な清流が流れ、緑の絨毯が広がる清々しい牧場風景を楽しめます。自然の宝庫ともいえる風景です。

牧場が近い道の駅・さとみの特産品販売所では、地物の味噌や溜まり漬け、ヨーグルト、ジェラートなどを販売しています。道の駅のイチ押しは、「里美珈琲」です。里見地区の美味しい水で淹れたアイスコーヒーをぜひ味わってみてください。

Photo byFree-Photos

特産品販売所の営業時間は、9:00~17:00です。自家製麺うどんやそばを堪能できる食堂は、11:00~15:00で営業しています。土日祝日は16:00まで時間を延長して営業しています。道の駅・さとみの営業時間は9:00~17:00で、元旦は休館日となります。

敷地520ヘクタールの関東最大級の牧場「里美牧場」は、標高700~800mの場所にあります。里見牧場内に位置する「プラトーさとみ」は、宿泊施設やBBQハウス、レストラン、食堂、温泉などの設備があるリゾート総合施設となっています。

道の駅・さとみから、天体観測もできる「プラトーさとみ」は、車で約16km、約30分の場所にあります。BBQや天体観測を楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 茨城県常陸太田市小菅町694-3
電話番号 0294-82-2100

茨城のおすすめ観光スポット31選!人気グルメから穴場までご紹介♡ | jouer[ジュエ]
茨城県は海と山に囲まれた地で、観光にもぴったりなエリアです。筑波山や袋田の滝、大洗サンビーチなど自然豊かな観光スポットはもちろん、あんこう料理や常磐牛、メロンなどの美味しいグルメも豊富です。今回は茨城県のおすすめ観光スポットをご紹介します。

お土産や野菜が買える!茨城でおすすめの道の駅

Photo byJillWellington

続いては、お土産や野菜が買える・茨城でおすすめの道の駅をご紹介します。都心からアクセス抜群の道の駅や、通年で人気の鮎やシイタケ等を購入できる道の駅が登場します。

野菜といえば、茨城県のレタス生産量は全国第2位を誇ります。フレッシュな野菜を茨城の道の駅で購入してみてはいかがでしょうか。それでは、日帰りドライブで楽しめる茨城県の道の駅を見ていきましょう。

オリジナル限定グッズやお米が買える「いたこ」

Photo byRitaE

お土産や野菜が買える・茨城でおすすめの道の駅1か所目は、オリジナル限定グッズやお米が買える「いたこ」です。道の駅・いたこは、茨城県で8番目にできた道の駅です。都心からのアクセスがしやすく、鹿島神宮や鹿島スタジアムの観光拠点となっています。

東関東自動車道・潮来ICから1分の場所にある道の駅は、水郷潮来の朝採り野菜やお米などの農産物、地元の食材を使ったお土産品などの販売をしています。虹工房特製の米粉のどらやき「虹どら」や地元の生乳で作ったジェラート、手作りヨーグルトが人気です。

Photo byPexels

おすすめメニューは、毎日ランチタイムに限定販売される手作り総菜です。地元の母ちゃんの味を堪能してみてはいかがでしょうか。物産販売所「伊太郎」の営業時間は9:00~19:00、レストラン「おふくろ亭」は、9:00~17:00で営業しています。

また、手ぶらでも利用できる併設の「グランドゴルフ場」は、9:00~17:00で営業しています。正会員になるには、年間登録料として3000円が必要になります。

住所 茨城県潮来市前川1326-1
電話番号 0299-67-1161

茨城産フレッシュ野菜が人気の「みわ」

Photo byPexels

お土産や野菜が買える・茨城のおすすめの道の駅2か所目は、茨城産フレッシュ野菜が人気の「みわ」です。1995年にオープンした道の駅・みわは、茨城県で2番目にできた道の駅です。

八溝(やみぞ)の山々に囲まれた緑あふれる道の駅・みわは、「おいしい・たのしい・あたたかい」をテーマとして、採れたて野菜の販売を中心に運営しています。星が綺麗に見える地域としても知られています。

フリー写真素材ぱくたそ

施設内のトイレの天井には、星が描かれた「満てんトイレ」があり、訪れる人の目を楽しませてくれます。野菜直売施設では、名産で知られる生シイタケの販売をしています。肉厚でジューシーなシイタケは、売り切り必至の人気商品です。

道の駅・みわのおすすめメニューは「ふるさと館 北斗星」の鮎の塩焼きです。通年で人気の鮎は、那珂川(なかがわ)の鮎を炭火で焼いています。脂がのった香ばしい鮎を堪能してみてはいかがでしょうか。

Photo by noe**

野菜直売施設は、8:30~17:30、レストランは、平日11:00~15:00で営業しています。土日祝日は16:00までの営業です。フードコートは、9:30~16:00までとなっています。道の駅・みわの定休日は毎週月曜日で、9:00~18:00で営業しています。

住所 茨城県常陸大宮市鷲子272
電話番号 0295-58-3939

観光拠点の核となりそうな茨城の道の駅はココ!

Photo byfancycrave1

最後にご紹介するのは、観光拠点の核となりそうな茨城の道の駅です。茨城県で4番目にオープンした道の駅が登場します。

BBQもできる「さかい」

Photo byLuckyLife11

観光拠点の核となりそうな茨城県の道の駅は、BBQもできる「さかい」です。道の駅・さかいは、白い壁の蔵造り風の建物です。境町観光物産館では、お茶や小麦まんじゅうなどの特産品を販売しています。

道の駅のイチ押しは「境町のおいしいものを丸ごとサンド」をコンセプトにした、「さかいサンド」です。野菜や卵がたっぷりサンドされている人気商品です。イートインスペースもあり大変賑わっています。

道の駅・さかいの営業時間は、9:00~18:00で、定休日は12/30~1/1及び2月・9月の第2月曜日です。軽食喫茶コーナーの営業時間は、10:00~17:30となっています。

Photo bymaxmann

道の駅・さかいでは、さかい河岸レストラン茶蔵(ちゃぐら)がオープンし、話題を集めています。設計は有名な隈研吾(くまけんご)さんで、1階は地産地消型のビュッフェ、2階には「さしま茶」サロンと鉄板焼き専門店があります。

境町は、その昔江戸時代には水運の拠点として栄えていました。河岸にある道の駅・さかいは、情報発信や観光拠点の核となっている場所です。リニューアルした道の駅は、利根川の河川敷で楽しめるセグウェイをはじめとしたアクティビティの受付も行っています。

Photo byFree-Photos

道の駅・さかいの近隣では、利根川河川敷で楽しむ本格アメリカンスタイルのBBQが楽しめます。まずイベント会社の「THE THIRD PARK SAKAIMACHI」のホームページで予約します。その後、道の駅・さかいで受付・精算を行います。

バーベキューエリアは道の駅・さかいから車で2分の場所に位置し、無料駐車場に駐車することができます。野外施設でアメリカンスタイルBBQを楽しみたい方におすすめです。

住所 茨城県猿島群境町1341-1
電話番号 0280-87-5011

茨城の道の駅へ遊びに行こう!

Photo byPexels

今回は、茨城でおすすめの道の駅をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。日帰りドライブで気軽に立ち寄ることができる茨城県の道の駅には、個性あふれる絶品グルメや特産品が数多くありました。

首都圏から約2時間で行ける茨城県は、人気のドライブスポットです。茨城県の自然を感じながら美味しいグルメを求めて、道の駅ドライブを楽しみましょう。

erisa88
ライター

erisa88

千葉県生まれ東京在住のerisa88です。国内や海外のリゾート地を巡る旅と世界中の人々が集まる空港が大好きです。ワクワクするような魅力スポットや美味しいグルメなどを紹介していきたいと思います。宜しくお願いします。

関連記事

人気記事ランキング