尾道のロープウェイで千光寺まで行きたい!乗り場や駐車場から割引情報まで

尾道のロープウェイで千光寺まで行きたい!乗り場や駐車場から割引情報まで

尾道の観光名所である千光寺に行くためには千光寺山ロープウェイがおすすめです。尾道の千光寺山ロープウェイの乗り場や駐車場、そして割引料金の情報まで紹介するので、千光寺に行く時にぜひ利用してください。千光寺周辺の見どころも紹介します。

    記事の目次

    1. 1.尾道観光に便利な尾道のロープウェイを詳しくご紹介
    2. 2.尾道・千光寺山ロープウェイを利用するには
    3. 3.尾道・千光寺山ロープウェイの乗り場
    4. 4.尾道・千光寺山ロープウェイの「おのみちフリーパス」
    5. 5.尾道・千光寺山ロープウェイ周辺の見どころ
    6. 6.尾道のロープェイを使ってお得に観光しよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    尾道観光に便利な尾道のロープウェイを詳しくご紹介

    Photo by kaidouminato

    尾道の人気観光スポットである千光寺には、いろいろな行き方があります。その中で人気の行き方として千光寺山ロープウェイがあります。千光寺山ロープウェイを利用すれば、じっくりと景色を楽しみながら千光寺まで行けます。

    ここでは、尾道の千光寺山ロープウェイについて紹介するので、千光寺に行く時の参考にしてください。千光寺山ロープウェイを利用して、尾道の人気観光名所をしっかりと満喫してください。

    「千光寺山ロープウェイ」

    Photo by kanegen

    千光寺山ロープウェイは、山麓駅と山頂駅とを結んでいます。山麓と山頂を結ぶだけのロープウェイなので、非常にシンプルです。ロープウェイを利用する場合には、ロープウェイから見られる風景にも注目してください。高くなっていくにつれて、風景が変わってきます。

    ロープウェイの風景を楽しんでいると、すぐに山頂に着いてしまうでしょう。山麓駅と山頂駅までのわずかな時間ですが、空の旅を楽しんでください。

    「千光寺公園」まで3分間で結ぶロープウェイ

    Photo by Toomore

    千光寺山ロープウェイは、山麓駅から千光寺公園までを3分で結んでいます。わずか3分で山頂まで行けるので、非常に便利です。

    これから千光寺山ロープウェイの仕組みなどについて紹介していくので、基本的な情報を知っておきましょう。そうすれば、安心してロープウェイが利用できます。

    千光寺山ロープウェイは、尾道を訪れた観光客はもちろんのこと、地元の人もよく利用しています。千光寺が地元の人にも愛されていることがよくわかります。

    尾道・千光寺山ロープウェイを利用するには

    Photo by mrhayata

    まずは、尾道の千光寺山ロープウェイを利用するための基本的な情報を紹介します。この情報を尾道を訪れる前に知っておくのと、知っておかないのとでは随分違ってきます。

    尾道の旅行を計画するためには、利用する乗り物の基本的な情報を知っておくことが大切です。尾道旅行で使う予算の概算を立てるうえで重要です。予算内で旅行を楽しむためには、概算を立てておかなければいけません。

    基本的に9:00~17:15の間営業

    Photo by kaidouminato

    尾道・千光寺山ロープウェイの営業時間は基本的に9時から17時15分となっています。この営業時間については必ず頭に入れておきましょう。乗り場に着くのが早すぎても、9時より早い時間には基本的には運行していません。

    9時から17時15分の時間ならば、多くの人が利用しやすいと思ってもらえるはずです。尾道旅行の計画で、どのタイミングに千光寺山ロープウェイを利用するか考える場合に役立ててください。

    通常は15分間隔で運行

    Photo by alberth2

    尾道・千光寺山ロープウェイは通常15分間隔で運行しています。9時から17時15分の間で、毎時00分・15分・30分・45分に運行しています。わかりやすい運行時間なので、すぐに覚えてもらえるはずです。

    乗り場に到着してすぐに乗車できなくても、最大15分待てば、次のロープウェイが来るので安心してください。

    イベントの時などは延長することも

    Photo byGaddict

    尾道・千光寺山ロープウェイでは、花見の時期やイベントが開催される時は、運行時間が延長されることがあります。運行時間が延長される時には、千光寺山ロープウェイの公式ホームページの新着情報で案内されます。

    花見や各種イベントが開催される時には、大変多くの人で賑わいます。一度ではロープウェイに乗ることができない場合もあるので注意してください。

    乗車料金

    Photo by Japanexperterna.se

    尾道・千光寺山ロープウェイの乗車料金を紹介します。ロープウェイの乗車料金には、普通乗車券・団体乗車券があります。また、運賃の減免があるので、該当する人は参考にしてください。料金は事前に知っておくことが重要です。

    ロープウェイを利用する場合は、高い料金がかかってしまうと思われる人もいるでしょう。どれくらい料金がかかるのか知っておきましょう。

    普通乗車券

    フリー写真素材ぱくたそ

    普通乗車券の料金を紹介します。中学生以上の大人料金が片道320円・往復500円で、小学生以下の小児料金が片道160円・往復250円です。なお、小学校就学前の小児に関しては、保護者同伴であれば1名が無料となります。

    片道だけの利用をすることもできますが、往復だと料金が少しお得になるので、往復での利用をおすすめします。

    団体乗車券

    Photo byrawpixel

    団体乗車券は30名以上の団体での利用で適用になります。学生団体もしくは小児団体ではない普通団体の料金は片道280円・往復450円です。中学生以上の生徒・学生の団体である学生団体の料金は片道250円・往復400円です。

    小学生以下の団体である小児団体の料金は片道140円・往復220円です。団体乗車券は普通乗車券と比べて割引料金で利用することができます。

    運賃の減免

    Photo by alberth2

    尾道・千光寺山ロープウェイでは、運賃の減免制度があります。障害者手帳・療育手帳を持っている人は50%の割引料金で利用できます。尾道市内の保育園・認定こども園・幼稚園・小学校・中学校など責任者に引率された児童、生徒は無料で乗車できます。

    無料で乗車するためには、事前に減免申請書を提出しなければいけません。提出してから数日後に減免決定通知書が送られてきます。

    尾道・千光寺山ロープウェイの乗り場

    Photo byPralay

    尾道・千光寺山ロープウェイの乗り場について紹介します。千光寺山ロープウェイには、山麓駅と山頂駅の2つがあります。この2つの乗り場へのアクセス・駐車場を知っておきましょう。特に入口となる山麓駅へのアクセス方法は重要です。

    尾道・千光寺山ロープウェイの各乗り場には車でアクセスすることもできます。車でアクセスして、ロープウェイを利用する方法もあります。いろいろ楽しめることが千光寺山ロープウェイの素晴らしいところです。

    「山麓駅」

    Photo by jazonz

    尾道・千光寺山ロープウェイの行きの乗り場である山麓駅は、国道2号線から少し山側に入ったところにあります。ここでは、山麓駅への公共交通機関でのアクセスと車でのアクセス方法と駐車場の情報を紹介します。

    アクセス

    Photo by Toomore

    山麓駅への公共交通機関でのアクセス方法です。JR尾道駅から徒歩15分で行くことができます。JR尾道駅からはバスも出ており、東行きのバスに乗車して、長江口バス停で降りたらすぐ到着です。JR新尾道駅から尾道行きのバスに乗り、長江口バス停で降りる方法もあります。

    車でアクセスする方法です。尾道大橋インターを降りてから、国道317号線を走り、尾道大橋入口交差点を右折して国道2号線に入ります。長江口交差点を右折すると山麓駅に到着します。

    駐車場

    Photo by iwazer

    山麓駅を利用するならば、乗り場から最も近くにある市営ベルポール駐車場を利用すると便利です。市営ベルポール駐車場の収容台数は199台となっており、24時間いつでも利用することができます。

    駐車場の料金は最初の1時間210円で、それ以降は20分ごとに70円です。24時間利用すると2510円となります。

    「山頂駅」

    Photo by Kasadera

    尾道・千光寺山ロープウェイの帰りの乗り場である山頂駅へのアクセス・駐車場の情報を紹介します。山麓駅からロープウェイで上がってくるのが基本パターンですが、いきなり山頂駅からロープウェイを利用することもできます。

    アクセス

    Photo byMatanVizel

    山頂駅へのアクセスはロープウェイで行く他には、車でアクセスしなければいけません。尾道バイパスの長江インターから10分くらいで行くことができます。千光寺山頂に行く道が整備されているため、車でもお手軽に山頂に行くことができます。

    駐車場

    Photo by ketou-daisuki

    山頂駅を利用する場合の駐車場は、千光寺公園駐車場を利用してください。千光寺公園駐車場の収容台数は70台となっています。利用時間は8時30分から17時30分で、料金は1日600円で、夜通し駐車した場合の料金も600円です。

    「山麓駅」周辺の駐車場

    Photo byharutmovsisyan

    山麓駅周辺の市営ベルポール駐車場以外の駐車場の情報も紹介します。尾道・千光寺山ロープウェイが混雑している場合、市営ベルポール駐車場が満車になる可能性があります。その時に違う駐車場を知っておけば便利です。

    ここでは、パリゴパーキングとなかはま東パーキングの2つの駐車場を紹介します。尾道・千光寺山ロープウェイ観光の際に役立ててください。

    「パリゴパーキング」

    Photo by ume-y

    パリゴパーキングは、山麓駅まで徒歩3分くらいのところにあります。収容台数は30台となっており、24時間利用することができます。料金は月曜日から金曜日までは30分ごとに100円、24時までの最大料金は1000円となっています。

    土日祝は20分ごとに100円で、24時までの最大料金は1500円となっています。この駐車場も山麓駅から近いところにあって便利です。

    「なかはま東パーキング」

    Photo byPexels

    なかはま東パーキングは、山麓駅まで徒歩5分くらいのところにあります。収容台数は12台で、24時間利用可能です。料金は30分ごとに100円となっており、20時から翌8時までの最大料金は800円となっています。

    尾道・千光寺山ロープウェイの「おのみちフリーパス」

    Photo by inunami

    尾道・千光寺山ロープウェイを割引料金で利用できる「おのみちフリーパス」を紹介します。おのみちフリーパスとは、ロープウェイとバスがセットになった商品です。おのみちフリーパスがあれば、尾道観光をしっかりと楽しんでもらえるはずです。

    各所で割引料金が使えてお得!

    Photo by inunami

    おのみちフリーパスは、尾道市内の観光施設が割引料金で利用できます。尾道市立美術館の入館料が50円割引料金になり、おのみち文学の館が大人300円が240円の割引料金になるなど、全部で7カ所の観光施設が割引料金で利用できます。

    尾道市内の観光施設が少しでも割引料金で利用できれば、より多くの人に足を運んでもらえるようになるでしょう。割引料金になることを利用して、尾道市内の観光施設を楽しんでください。

    料金

    フリー写真素材ぱくたそ

    おのみちフリーパスの料金は大人600円、子供300円です。この料金で千光寺山ロープウェイの往復、おのみちバス1日乗車し放題、観光施設の割引料金で利用できます。利用者のことをしっかりと考えられた素晴らしい商品と言えます。

    千光寺山ロープウェイの往復だけで500円するため、おのみちフリーパスを利用すれば圧倒的にお得ということがわかってもらえるでしょう。電車で尾道を訪れた人には、ぜひおすすめしたい商品です。

    販売場所

    Photo by tsuda

    おのみちフリーパスを販売している場所を紹介します。尾道駅前バスセンター・新尾道駅バスセンター・おのみちバス本社営業窓口・尾道駅観光案内所・グリーンヒルホテル尾道・尾道国際ホテル・尾道ロイヤルホテルです。

    千光寺山ロープウェイ乗り場では販売されていないので注意してください。おのみちフリーパスを販売している場所を知っておきましょう。

    尾道・千光寺山ロープウェイ周辺の見どころ

    Photo by cyesuta

    尾道・千光寺山ロープウェイ周辺の見どころを紹介します。千光寺山ロープウェイに関する基本情報を知ったら、周辺の観光情報を知っておきましょう。尾道の有名な観光名所である猫の細道をはじめとして、全部で3ヶ所の観光名所を紹介します。

    尾道・千光寺山ロープウェイ周辺には、楽しい見どころがあるので、しっかりと楽しんでください。素晴らしい旅行にするには、事前に観光情報をいかに調べておくことがポイントとなります。

    「猫の細道」

    Photo by wongwt

    猫の細道は千光寺本堂下にある石段を5分ほど下ったところにある細い路地です。猫の細道は尾道出身の画家の園山春二氏が海で拾った丸い石に猫のイラストを描いて、それを福石猫と呼びました。福石猫を路地に置いたことから、猫の細道と名づけられました。

    猫の細道沿いには、招き猫美術館や猫のグッズを扱うお店があります。福石猫の他にも、猫の細道沿いには、猫のイラストが描かれていることをよく見られます。猫が好きな人にはおすすめの観光スポットです。

    「石槌山鎖修行」

    Photo by x768

    千光寺の本堂の裏には、石鎚山があります。石鎚山とはかつて修行場として使用されていた場所です。現在でも奉納料100円を支払えば、鎖修行を体験することができます。鎖修行とは、鎖をたどりながら、山登りをする修行のことです。

    鎖修行には悪天候時には利用できないこと、一方通行であること、子供だけでは利用できないことが注意事項としてあります。本格的な修行体験ができるため、スニーカーや軍手を持参することをおすすめします。

    「茶房 こもん」

    Photo by norio_nomura

    茶房こもんは、ワッフルの専門店です。地元尾道の人が訪れることはもちろんのこと、尾道以外に住んでいる人もたくさん訪れる人気店です。1977年創業で、レトロな雰囲気を残しているお店です。店内ではワッフルとコーヒーなどが楽しめます。

    専門店が作るワッフルの味は、一度食べた人を虜にするでしょう。いろいろな味のワッフルメニューがあるので、しっかりと厳選して決めてください。尾道駅から徒歩10分から15分のところにあります。

    住所 広島県尾道市長江1-2-2
    電話番号 0848-37-2905

    尾道は猫好きにはたまらないスポット!大人気「猫の細道」やかわいいグッズまでのイメージ
    尾道は猫好きにはたまらないスポット!大人気「猫の細道」やかわいいグッズまで
    広島にある猫好きの聖地「尾道」をご存知でしょうか?数々の猫が暮らす町全体で猫を愛する尾道には、猫好きにはたまらない観光スポットやお店、可愛いグッズが販売されています。今回は、そんな猫好きの聖地尾道のおすすめスポットからカフェまで幅広くご紹介します!

    尾道のロープェイを使ってお得に観光しよう!

    Photo by inunami

    尾道の千光寺山ロープウェイについて紹介しましたが、基本情報を知ってもらい、千光寺をしっかりと楽しんでください。わずか3分の空中散歩ですが、充実の時間を過ごしてもらえるはずです。おのみちフリーパスを利用してお得に尾道観光をしてください。

    suzuka29
    ライター

    suzuka29

    旅行関係の情報を知ってもらい、今後の参考にしてもらえればありがたいです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング