浅草花やしきを楽しみ尽くそう!アクセスや営業時間・料金も徹底紹介

浅草花やしきを楽しみ尽くそう!アクセスや営業時間・料金も徹底紹介

浅草花やしきは、懐かしいレトロ感のある遊園地です。日本最古の遊園地として160年の歴史があり、浅草観光スポットの名所です。大人も子供も楽しめるアトラクションと、ユニークな独自のパフォーマンスが花やしきの自慢です。浅草で一度は訪れてみたい人気のスポットです。

    記事の目次

    1. 1.東京で人気の観光スポット「浅草」
    2. 2.浅草が誇る日本最古の遊園地「花やしき」って?
    3. 3.浅草「花やしき」の楽しみ方いろいろ!
    4. 4.浅草「花やしき」へのアクセス
    5. 5.浅草「花やしき」の営業時間
    6. 6.浅草「花やしき」の料金案内
    7. 7.浅草花やしきで浅草観光を楽しもう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    東京で人気の観光スポット「浅草」

    フリー写真素材ぱくたそ

    東京には数多くの観光スポットがあります。新しい観光スポットから、古きよき時代を現在に残す観光スポットまで様々です。このようにたくさんの観光スポットがある東京の中でも、「浅草」は国内外から観光客が訪れる人気の観光スポットです。下町の人情を残す温かい町「浅草」には発見がたくさんあります。

    都内でも下町エリアにあって、交通の便もよく、気軽に遊びに来られる手軽さが若い人にも受けています。そのため、現在の浅草には若い人に向けたスイーツのお店や、和物を中心にした雑貨屋、大型商業施設などが増えています。ここ数年の再開発で町全体が、明るく美しく整備されてきました。

    フリー写真素材ぱくたそ

    また、周辺にはお寺や神社など歴史ある建造物が数多く建ち並び、御朱印巡りで訪れる人もいます。また、一方で昔からの小さな居酒屋や、流行りの屋台村、おしゃれなカフェ、人気のスイーツ店など、今と昔が混在していて意外な発見のある町、これが「浅草」の魅力であり、人気の理由と言えます。

    江戸の空気感がただよう街

    Photo by densetsunopanda

    浅草といえば、まず思い浮かぶのは浅草寺ではないでしょうか。浅草寺の周りは、江戸の空気感がただよう古きよき街並みが続いています。浅草寺の参道は、仲見世通りと呼ばれています。土産物屋や古くからの呉服店、老舗の飲食店が軒を連ねて、訪れた大勢の観光客でとても賑わっています。

    仲見世通りに抜ける横道は伝法院通りと呼ばれ、飲食店や雑貨屋、呉服店などが並んでいます。今では珍しくなった舞台衣装や、カツラなどを専門に取り扱う店もあります。老舗の飲食店も多く、店舗の内部には畳の上り席や囲炉裏などが残り、まるで時代劇のセットような雰囲気が味わえます。

    Photo by Kentaro Ohno

    浅草寺の周囲を巡ると、まるで江戸にタイムスリップしたかのような雰囲気です。最近では、レンタル着物で、さらにレトロな雰囲気を楽しむ国内外の観光客をよく見かけます。下町浅草は、長い歴史のある観光スポットであり、訪れる人の年齢は関係しない楽しみ方で、浅草には無限大の可能性があります。

    浅草が誇る日本最古の遊園地「花やしき」って?

    フリー写真素材ぱくたそ

    浅草が誇る観光スポットには、アクセスが便利な「花やしき」があります。花やしきは日本最古の遊園地でも知られています。開園から160年を超える長い歴史のある遊園地です。敷地面積こそ広くありませんが、アトラクションの数は20を超えています。また、ユニークな発想のイベントは現代にマッチしています。

    幅広い年齢層が楽しめるようなアトラクションが多いのも花やしきの特徴です。昭和28年から稼働している、国内では現存最古のコースターは特に有名です。時速42kmのほのぼのしたローラーコースターは、花やしきの看板アトラクションと言ってもいいでしょう。

    Photo by yoppy

    次のページ

    浅草「花やしき」の楽しみ方いろいろ!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング