沖縄で雨でも旅行を楽しもう!遊びや観光おすすめの過ごし方は?

沖縄で雨でも旅行を楽しもう!遊びや観光おすすめの過ごし方は?

沖縄に旅行していて、もし雨が降ったらどのような予定を立てますか?この記事では、雨の日でも楽しめるスポットや、雨の日にこそ訪れたい特別な沖縄の観光地をご紹介しています。お子様がいるファミリーでも楽しめるスポットがありますので、ぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.せっかくの「沖縄旅行」雨の日だって遊びつくそう!
  2. 2.雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・北部
  3. 3.雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・中部
  4. 4.雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・南部
  5. 5.雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・離島
  6. 6.カップルにおすすめ!雨でも楽しめる沖縄観光スポット
  7. 7.子供が喜ぶ!雨でも楽しめる沖縄観光スポット
  8. 8.雨の日だって過ごし方次第で沖縄を満喫できる!

せっかくの「沖縄旅行」雨の日だって遊びつくそう!

Photo byEvgeniT

沖縄は、観光客にはとてもおすすめの旅行先です。青い空に穏やかな海、白いビーチが旅行者を魅了しますし、マリンスポーツなどの遊びやビーチでゆっくりした過ごし方など、楽しみ方が多様にあります。リゾートホテルも多く、おしゃれ旅行にもぴったりの行き先です。

そんな沖縄ですが、残念ながら年がら年中天気がいいというわけにもいきません。季節によって雨天の日が多くなったり、予報に反して急に雨が降ってくることもあるでしょう。自然のことですから仕方のないこととはいえ、がっかりしてしまう観光客の方もいるかもしれません。

沖縄は意外と雨の日が多い?

Photo by yto

沖縄でよく雨が降る季節はいつごろでしょうか。それは、春から夏にかけての5・6月や、台風が沖縄にやってくる8月末から9月にかけてのタイミングのようです。この時期はGWや学校の夏休みと重なるので、旅行で沖縄に来る人も多く、観光地は賑わいます。日本の様々な地域から、ファミリーや学生が訪れますが、意外と雨に降られやすいのです。

Photo byMabelAmber

そして観光客の方々も、雨天の心配をする方が多いようです。特に外での遊びやスポーツをする過ごし方を検討している方は、天気予報に注意してください。朝は晴れていても、午後になって雨になる場合も少なくありません。また亜熱帯の沖縄ならではのスコールに遭う可能性もあります。常に雨具を持って外出すると、雨が降っても安心でしょう。

準備していった方が良いもの

Photo byArtsyBee

しとしと降るような雨の場合、折り畳み傘が便利です。台風などが来ていて強い雨になってしまった場合は、レインコートを着た方が、濡れたあとの処理も簡単かもしれません。お子様がいる場合は、どちらのケースでもレインコートがいいでしょう。

また雨の日のカバンはリュックサックにし、大きめのタオルを持っていくことをおすすめします。両手が空きますし、衣類や顔が濡れてもタオルを持っていれば、風邪をひきにくいでしょう。

しかし暴風雨になっているようなときは、楽しい観光中でも外出は避けてください。現地の情報や宿泊施設のスタッフにアドバイスをもらえば、安全な過ごし方を教えてくれます。

雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・北部

フリー写真素材ぱくたそ

雨でも遊びに行かれる本島北部の旅行先を、いくつかご紹介していきましょう。雨が降っていても晴れていても行きやすい、おすすめのスポットです。沖縄本島の北部とは、那覇市から車で約1時間から2時間ほど北上した地域のことを指します。那覇市内に宿泊していても、日帰りで訪れることができてとても便利です。雨の日に楽しめる屋内観光地もたくさんあります。

Photo by Kentaro Ohno

また、北部にはこぢんまりとしたおしゃれな宿泊施設ができているそうです。沖縄の海が存分に楽しめる観光地で、ツアー客にもファミリーにも大変人気になっています。プランによっては、北部で宿泊する方も多いことでしょう。その場合は、雨になったら宿の近くの屋内観光地でゆっくりと時間の流れを楽しむのも、素敵な思い出になるかもしれません。

圧巻の海の世界を間近で見られる「沖縄美ら海水族館」

Photo by pelican

美ら海水族館は、ジンベイザメの飼育と展示で有名な観光地です。行ってみたいと思っている方も多いでしょう。一日じっくりと時間を取って鑑賞できる水族館になっていて、展示の種類も多いため飽きることがありません。

美ら海水族館には飲食店やお土産屋もあるので、館内を歩き疲れてもすぐに休憩することができます。思い出になるような人気グッズも、ぜひ買いたいものです。

ジンベイザメがいる巨大な水槽がメインにされがちですが、彩がきれいなサンゴの海を再現した展示や、神秘的な深海魚の生態を展示しているコーナーも、大変人気があります。美ら海水族館では、大人もお子様も一緒になって、沖縄の海について学ぶことができるようです。

住所 沖縄県国頭郡本部町石川424
電話番号 0980-48-3748

 

トロピカルテーマパーク「OKINAWA フルーツらんど」

Photo by coniferconifer

トロピカルなフルーツと動物たちに触れ合うことができるOKINAWA フルーツらんどは、お子様には特に人気の旅行先になっています。ここでは雨天でもいろいろなフルーツが楽しめて、果実の香りも華やかなテーマパークです。一日をフルーツらんどで過ごせるでしょう。

OKINAWA フルーツらんどの遊び方は、おいしいフルーツが頂けたり南国の鳥に触れたりするだけではありません。ゲーム感覚で、館内の植物やフルーツについて学ぶことができることをご存知でしたか?

トロピカル王国の危機を救うというゲームで、フルーツのことを勉強しながら遊べるとても楽しいアクティビティです。子供たちはもちろん、大人でもついつい夢中になってしまうことでしょう。

住所 沖縄県名護市為又1220-71
電話番号 0980-52-1568

実際の海の底が見れる「海中展望台」

フリー写真素材ぱくたそ

海底の景色を見たことがありますか?沖縄屈指のリゾート施設、ブセナホテルの隣に位置している海中展望台では、専用の乗り物を使って海の中に潜ることができます。もちろん洋服は着たままです。服も濡れず、特別な準備もいらないので、とても気軽な過ごし方でしょう。

沖縄の海の底は、色とりどりの魚たちときれいなサンゴで埋め尽くされています。乗り物にはたくさんの覗き窓が付いていて、360度どこからでも海が眺められるようです。雨天時の旅行にも最適ですし、晴れていてもとても美しい海中が体験できるでしょう。

住所 沖縄県名護市字喜瀬1744-1
電話番号 0980-52-3379

海の魅力を知り尽くせる「海洋博公園」

Photo by kamosawa

海洋博公園内では美ら海水族館が有名なスポットですが、それだけでは終わりません。様々な過ごし方ができるおすすめの観光地で、カップルにもファミリーにも人気です。いろいろなスポットが一気に楽しめて、お得感が味わえるのが海洋博公園です。

例えば、星空について学べるプラネタリウムは、一年を通してカップルに人気でしょう。そして、お子様連れのファミリーには、熱帯ドリームセンターもおすすめです。見たこともないような花や植物に、お子様も大興奮すること間違いありません。

住所 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
電話番号 0980-48-2741

世界遺産に登録された「今帰仁城跡」

Photo by nekotank

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は、世界遺産にも登録されているグスクです。城壁に囲まれており、まさに要塞そのものの雰囲気が残っています。沖縄北部の歴史が学べるため、観光地として多くの人におすすめされています。修学旅行生にも人気のグスクだそうです。

屋外の旅行先にはなりますが、しとしと降る雨で風が強くない場合には、ぜひ訪れたいスポットです。静かな雨の今帰仁城跡は何とも言えない雰囲気が出て、神聖な気分に浸ることができます。遠くには海が見えるので、晴れた日には写真スポットとしても有名だそうです。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
電話番号 0980-56-4400

雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・中部

Photo by ototadana

那覇市から車で1時間ちょっとの距離にある沖縄本島中部は、日帰り旅行の行き先としても便利な地域です。旅行者も多く、バスやレンタカーでも行きやすい観光地が集中しています。雨が降ってもすぐに予定が変更できるため、融通の利く地域でもあるでしょう。中部にある観光スポットは散らばっていますが、車があれば一日で何スポットが回ることができるはずです。

Photo byFree-Photos

中部地域には、沖縄の雨の日の楽しい過ごし方ができる施設もたくさんあります。それに、この辺りにはおしゃれなカフェやおすすめのステーキハウスなども増えてきました。観光地に向かう前に、雨天でも心地よく過ごせるレストランなどをリサーチしておくのもいいかもしれません。遊び疲れたら、すぐにグルメなスポットで一休みできるでしょう。

沖縄の伝統文化を満喫できる「琉球村」

Photo by jdnx

琉球村は、琉球時代の人々の暮らしが学びながら体験できる、有名な観光スポットです。様々な過ごし方があり、誰でも自由に楽しめます。琉球衣装を着て記念撮影ができたり、民芸品作りに挑戦出来たりと、ここでしかできない思い出になることでしょう。

琉球村は屋内にあり、写真にも映えます。外では雨が降っていて、写真がきれいに撮れなくても、ここではバッチリ沖縄の思い出を残すことができるはずです。また琉球村では、エイサー踊りの披露などもありますので、時間を合わせて見学しても楽しいかもしれません。

住所 沖縄県恩納村山田1130
電話番号 098-965-1234

琉球ガラスや陶芸づくりが体験できる「Gala青い海」

Photo byJana

沖縄の民芸品や特産品を、作ったり購入したりできる施設がGala青い海になります。ミネラルたっぷりの沖縄の海を煮詰めて作られる塩づくりの体験や、きらきら光る琉球ガラス吹きの体験が楽しめるようです。体験後は、できたものをお土産に持って帰ることもできます。

施設内にはレストランもあり、沖縄の食材をその場で楽しむことができます。沖縄料理が好きな方は、ランチに寄ってみてもいいかもしれません。レンタカー旅行のお供に、Gala青い海で沖縄の飲み物やスナックなどを買っておくのもおすすめです。

住所 沖縄県読谷村高志保915
電話番号 098-958-3940

紅いもタルトが有名な「御菓子御殿」

Photo by jonathan.leung

元祖紅いもタルトのお店として有名な御菓子御殿は、沖縄のいろいろな場所に支店が見受けられます。ただお土産を買うなら、どの支店でもおいしい沖縄の特産品が見つかりますが、中部には特別な御菓子御殿の施設があるようです。

名護市にある御菓子御殿の施設では、緑豊かなやんばるの森に恐竜が隠れているアクティビティがあります。甘いスイーツとは全く違うスリル満点の過ごし方と遊びで、ファミリーにおすすめです。

お子様が大喜びの過ごし方、恐竜探検ができるのは御菓子御殿でもここだけのようです。さらに、屋内では沖縄の歴史や民族史が学べる展示があり、子供たちの夏休み自由研究などにも役立つでしょう。

住所 沖縄県名護市字中山1024-1
電話番号 0980-54-8515

買い物や地元グルメを堪能「美浜アメリカンビレッジ」

Photo byJillWellington

美浜アメリカンビレッジは、本島中部にある地区で、アメリカ西部の雰囲気が感じられる旅行先です。おすすめのアメリカンカフェやレストラン、ショップなどが点在しているので、買い物好きや写真好きの方にはたまらないスポットでしょう。

雨の日には、いろいろなお店を巡るのも楽しい過ごし方です。お店を転々と移動することになりますが、たくさんのショップが隣接しているので、難しくはないでしょう。古着やアメリカグッズが欲しい方は、多くの店を回ってみてください。

一つのレストランやショッピング施設などで、ゆっくりと過ごしたり遊びつくすのも、ツウな過ごし方と言えるかもしれません。雨が降る美浜アメリカンビレッジは、普段と違う少し寂し気な表情を見せます。この侘しさもまた、アメリカ西部らしい雰囲気と言えるでしょう。

住所 沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69
アクセス 那覇から国道58号線を北上。美浜交差点を左折して到着。

小雨の日はハーブが一斉に香りたつ「東南植物楽園」

フリー写真素材ぱくたそ

東南植物楽園は沖縄市にある遊びスポットで、他では見られないような珍しい植物が揃っている名所です。ガイドの方に付いてゆっくりと植物の説明を聞くのも、おすすめの過ごし方になります。

体に優しい食材を使った料理が頂けますし、お子様でも楽しいハーバリウム作り体験をすれば、旅行のお土産にもぴったりです。体験には事前予約が必要なものもあるので、前日までにプランを練っておくのがいいかもしれません。

雨の日は植物の香りが引き立つため、より濃厚な時間を過ごすことができるでしょう。ハーブやエキゾチックな花の香りが強く感じられるため、視覚的にも嗅覚的にも特別な体験ができること間違いありません。

雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・南部

Photo by jdnx

最後に沖縄の南部で、雨の日にどのような遊びができるのか見ていきます。有名な観光地はもちろん、珍しい過ごし方ができる隠れた旅行地もあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ご紹介する以外にも、観光局やホテルのレセプションでいろいろ聞いてみると、思わぬアドバイスがもらえるかもしれません。雨だからこそ感じられる、沖縄の雰囲気を楽しみましょう。

Photo by katgrigg

本島の南部には、沖縄県の入り口である那覇空港や国際通りなどがあります。那覇市内と周辺の観光スポットが多く、雨でも楽しめるようなアクティビティがたくさん見つかります。大きな街なので、過ごし方も多種多様なのでしょう。カップルにもファミリーにも楽しい遊びもあるので、ぜひそれぞれに興味のあるものを探してみてください。

天然記念物に指定される鍾乳洞「玉泉洞」

Photo by fanglan

玉泉洞は、数万年の時間をかけてできた大変貴重な洞窟です。玉泉洞にはきれいな鍾乳洞や、池があり、いろいろな表情を伺うことができます。白い鍾乳洞に青い水のコントラストがとても神秘的で、気持ちを落ち着けることができるでしょう。

ひんやりとした玉泉洞は、少し暗くてシーンとしています。沖縄の賑やかな町や、遊べるおすすめ施設とは違う体験ができるはずです。お子様と一緒に玉泉洞へ入るときは、足元に注意して慎重に歩みを進めましょう。

住所 沖縄県南城市玉城字前川1336
電話番号 098-949-7421

アウトレットモール「あしびなー」

Photo byFree-Photos

那覇市内から車で約30分の距離にあるのが、ショッピングモールのあしびなーです。おしゃれなファッショングッズはもちろん、最新のアイテムまでアウトレットで見つけることができるので、人気のショッピングスポットになっています。イベントやセールもある、とてもお得な観光地です。

小さなお子様がいるときも安心な、便利な施設が完備されています。ベビーカーや車いすの貸し出しも行っているようで、モール内を不便なく移動できるでしょう。歩きっぱなしが辛いという方も楽しめる、ショッピングの過ごし方になるはずです。

住所 沖縄県豊見城市豊崎1-188
電話番号 098-891-6000

那覇を代表するメインストリート「国際通り」

Photo by Richard, enjoy my life!

雨の国際通りなんて、本当に楽しめるのかと思う方もいるかもしれません。晴れの日はもちろん、雨天時の国際通りもまた、大変趣がある観光地になります。国際通りは、おしゃれなカフェや民芸品を取り扱っているお店がたくさんあるので、ショッピングには最適です。

雨のときは、各店舗でゆっくりとお土産を吟味するのもいいでしょう。店員さんと話をすれば、沖縄のことや名産品について、もっとよく知ることができるかもしれません。大人旅行にはおすすめの、落ち着いた過ごし方ができます。

住所 ゆいレールの県庁前駅から牧志駅にかけて
アクセス 那覇空港から県庁前駅まで、ゆいレールで約12分

世界遺産に登録された「斎場御嶽」

Photo by km058

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、沖縄の聖地として有名です。斎場御嶽からパワーをもらうために、地元の方や観光客がたくさん訪れています。崇高な場所のため、参拝マナーには十分注意しましょう。

ここでは、ガイドツアーに参加するのがおすすめです。土地をよく知っている人に話を聞けば、斎場御嶽の歴史や地元の文化がより良く理解できます。

雨の斎場御嶽は神聖さが何割にも増します。自然の音が良く聞こえますし、空気も澄んで気持ちがいいです。ピュアな気持ちになれることでしょう。屋外での過ごし方になりますので、レインコートを着ていくのがおすすめです。

住所 沖縄県南城市知念字久手堅270-1
電話番号 098-949-1899

外すことのできない観光スポット「首里城」

Photo by pon@jpn

首里城は誰もが知っている沖縄の観光地で、旅行のプランに組み込まれていることも多いはずです。首里城は建物内の見学が多いので、雨の日も安心の過ごし方でしょう。駐車場から入り口まで傘を差せば、そのあとはほとんど濡れることがありません。

首里城の歴史をゆっくりと見学したい方に、おすすめのスポットになります。那覇市内からも行きやすい場所にあるので、アクセスも簡単です。首里城はファミリーの遊び場にはなりませんが、沖縄のことをよく知りたいお子様には、迫力があって興味をもたれるかもしれません。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号 098-886-2020

雨でも行きたい!おすすめの沖縄観光スポット・離島

Photo by oatsy40

沖縄本島北部・中部・南部では、雨天時にも楽しめるスポットや屋内施設をご紹介しました。ファミリーでもカップルでも、一人旅行でも、それぞれの遊び方や過ごし方が見つかったことでしょう。それでは、沖縄の離島にいるときに雨が降ってきたら何ができるでしょうか。離島は自然が多いため、大雨や台風になった場合は行動範囲が限られてしまうかもしれません。

Photo by Numinosity (Gary J Wood)

離島に行く方は、沖縄のきれいな海を満喫したい方が大半のようです。雨で海へ行かれなくても楽しめる、沖縄離島のおすすめ観光地をいくつか挙げてみましょう。雨のときの過ごし方は、宿泊施設のスタッフに聞いてみても、地元のおすすめスポットが知れて楽しいかもしれません。雨天のときこそ、離島の知られざる魅力的なスポットを探してみませんか。

日焼けを気にせず鳩間島で「星砂探し」

Photo byMyriams-Fotos

星砂と呼ばれるものは、沖縄のあらゆる場所で見つかっているようです。でも、鳩間島はビーチのどこを探しても星砂が見つけられるという、大変有名なスポットになっています。

お土産にも大人気の星砂は、ビーチで探すと首元や手元が真っ黒に日焼けしてしまいます。特にお子様が夢中になりやすい遊びですので、日焼けも心配かもしれません。少し雨が降っているくらいなら、星砂探しには影響が少ないため楽しめるでしょう。

星砂はビーチにあるので、風が強かったり台風だったりする場合にはおすすめできません。海に近づきすぎないよう、安全に楽しんでください。

住所 沖縄県八重山郡竹富町鳩間
アクセス 石垣島の石垣港離島ターミナルから約1時間。西表島の上原港から約10分

竹富島と由布島の「水牛車」は雨の日の定番

Photo by Travel-Picture

竹富島や由布島をゆったりと観光できるのが人気の水牛車は、雨の日も大活躍です。水牛車には屋根がついていますし、サイドは透明のビニールカバーで覆われています。そのため、乗客は雨に濡れる心配なく、沖縄の美しい離島の景色が楽しめるそうです。

珍しい水牛に乗れるとあって、カップルからファミリーまで様々な観光客に親しまれている水牛は、たとえ雨が降っても楽しい沖縄の思い出になることでしょう。最後には、水牛と記念撮影もできるそうです。

石垣島でマングローブ川の「SUPツアー」

Photo byCCPAPA

一人用のいかだに乗って、マングローブの間を優雅に移動するSUPツアーは、沖縄ならではの遊び方として大人たちに大人気です。晴天時には、マングローブの木々が直射日光を遮って気持ちのいい木陰を作ってくれています。

雨天時にはマングローブが自然の傘を作って、雨や風を防いでくれます。そして雨の日は、森の香りが一段と強く感じられるでしょう。SUP体験では雨具も貸し出してくれるところがあるようなので、準備も少なくて便利です。

石垣島ではいくつかの企業がツアーを開催しているようです。お問い合わせは、ツアー会社やオンラインから。事前に雨天時のことを問い合わせておくと、旅行中も安心できます。

カップルにおすすめ!雨でも楽しめる沖縄観光スポット

Photo by mrhayata

沖縄は、カップルにもとてもおすすめの観光地です。旅行先の沖縄で楽しい思い出を作れば、二人の仲もさらに深まることでしょう。もし沖縄旅行が雨天と重なっても、それをポジティブに捉えることが大切です。二人でのんびりした時間を過ごしたり、お揃いの雨具を買うのもいいかもしれません。良い雨の思い出を作ってください。

Photo byFree-Photos

そして、カップルにおすすめの過ごし方は、いろいろな雰囲気をもつ場所を訪れることです。大人な沖縄おしゃれスポットに行ったり、ファミリーに人気の遊びをしたりしましょう。そうすれば、お互いのいろいろな表情が見えるはずです。今までは知らなかったパートナーの顔が見ることができたら、さらに良い関係づくりに繋がること間違いありません。

沖縄県立博物館・美術館

Photo byIchigo121212

沖縄県立博物館・美術館では、沖縄の自然や歴史、人々の生活やアートが一度に楽しめる施設です。大きな館内にはいろいろな展示がされていて、イベントが行われていることもあります。雨の日は、館内を一日かけてゆっくりと回っても飽きないでしょう。

館内のバックヤードツアーやワークショップに参加すれば、博物館・美術館の裏の様子も知ることができます。二人で話しながら見てもいいですし、別々に行動して後で感想を言い合っても楽しい旅行になるはずです。

住所 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
電話番号 098-941-8200

琉宮城蝶々園

Photo by Kentaro Ohno

琉宮城蝶々園では、いろいろな蝶が舞う空間で楽しい時間が過ごせる、おしゃれな施設です。園内には蝶々ハウスの他にレストランや公園もあり、カップルにぴったりでしょう。いろいろな蝶を観察しながらお気に入りの種類を探すのも、いい過ごし方かもしれません。

琉宮城蝶々園は美ら海水族館の近くにあり、水族館から歩いていくことができます。雨の日も、あまり外を歩かなくていいので便利です。蝶々との触れ合いに心も癒される、特別なスポットになるでしょう。

住所 沖縄県国頭郡本部町字山川 390-1
電話番号 0980-48-3456

おきなわワールド

Photo by 楊尚潔

おきなわワールドとは、玉泉洞を始めとしたさまざまなアクティビティを体験することができる施設です。琉球ガラスなど沖縄の民芸品や、エイサー踊りの鑑賞も楽しめるので、雨でも全く心配いりません。

おきなわワールドの城下町エリアでは、いろいろな体験に遊び感覚で参加できます。二人で気軽に参加してみるのもいいでしょう。雨の日でも十分に楽しめそうなので、予定が変更になっても大丈夫です。

また、沖縄の地ビールが頂ける居酒屋や、ヘルシーなお食事を提供しているレストランもあるので、沖縄の食文化を体験することもできてしまいます。民芸品や玉泉洞で体を動かしたら、おいしい食べ物で休憩するのもいいでしょう。

子供が喜ぶ!雨でも楽しめる沖縄観光スポット

Photo byqimono

せっかくの沖縄旅行で雨天になって、残念に思う方も多いことでしょう。特にお子様連れのファミリーは、楽しみにしていた予定がキャンセルにならないか不安になるかもしれません。そんなときにも心強い、雨天でも賑やかで沖縄を存分に楽しめる観光地を探しました。雨のときは合羽を着たりカラフルな傘を差したりして、気分も盛り上げていきましょう。

Photo by abiruy

雨が降ったときのために用意しておきたい、とっておきの遊び場があれば、天気予報が悪くても焦らずに対処できます。大人も子供も楽しめる遊び場をいくつかご紹介しますので、もしもの時のためにチェックしておくといいでしょう。

どれも、とても魅力的なスポットなので、天気に関わらず楽しめるはずです。気になったところがあれば、雨天でなくても足を運んでみてください。

ナゴパイナップルパーク

Photo by Roman Lashkin

パイナップルの魅力を五感で楽しめるのは、ナゴパイナップルパークでしょう。あまーいパイナップルを食べたり、ジュースを飲んだりできます。また歴史や栽培についても学ぶことができるので、小さなお子様からティーンエイジャーまでも、飽きることがないはずです。

パイナップル畑を一周できる人気のツアーは、かわいらしいパイナップルの車を利用します。また大きな木々を上から眺められる空中遊歩道では、鳥になったような気分が味わえるでしょう。雨に濡れることなく、館内を移動したり遊べたりできます。

住所 沖縄県名護市為又1195
電話番号 0980-53-3659

体験王国むら咲むら

Photo by Allegory Malaprop (Schadenfreude)

沖縄古民家が再現されている体験王国むら咲むらでは、沖縄の民芸品に関するいろいろな体験をすることができます。お菓子作り体験や、シーサーの絵付けが人気のようです。さらには、琉球ガラス工房やサンゴの風鈴作りなど、ここでしか味わえない貴重な時間を過ごせます。

那覇市から車で約1時間ちょっとで到着しますので、雨が降って予定が無くなってしまったら日帰りで足を運んでもいいでしょう。たくさんの過ごし方と遊び方があるので、お子様の年齢や興味に合わせた楽しみ方ができます。

住所 沖縄県中頭郡読谷村字高志保 1020-1
電話番号 098-958-1111

ブセナ海中公園

Photo by imgdive

ブセナ海中公園にある海中展望台を、先ほどご紹介しました。でもこの施設の魅力は海中展望台だけではありません。ボートの底がガラスになっていて、海中を上から眺めることができるグラスボートや、亜熱帯植物が観賞できる植物園も、子供たちに大人気です。

強い雨が降っている場合は、リゾートホテルのザ・ブセナテラスを利用しましょう。屋内のプール施設やスパなどは、宿泊客以外でも入場して楽しめます。雨の日でも、豪華なリゾート気分が感じられると、気持ちもわくわくしてくることでしょう。

住所 沖縄県名護市字喜瀬 1744-1 
電話番号 0980-52-3379

雨の日だって過ごし方次第で沖縄を満喫できる!

Photo byJillWellington

カップルやファミリーなど、誰でも楽しめる沖縄の観光スポットをご紹介してきました。雨の日にやりたい過ごし方、雨の日だからこそ体験したいアクティビティがあったのではないでしょうか。雨の日も、沖縄旅行の特別な思い出にすることができます。

天候の悪い季節や暴風雨、台風などになると、なかなか外出も難しい日が続くかもしれません。でもそんな日だからこそ、いつもとはちょっと違う沖縄の表情をゆっくりと楽しみたいものです。

Natsumi
ライター

Natsumi

関連記事

人気記事ランキング