山口県の岩国城を巡る旅!「錦帯橋」の見どころや城下町のおすすめスポットも?

山口県の岩国城を巡る旅!「錦帯橋」の見どころや城下町のおすすめスポットも?

岩国城は慶長13年(1608)、毛利輝元に仕える初代岩国領主吉川広家が建てた山城です。岩国城は標高約200メートルに位置し、眼下に見える錦川が外堀の役をしていました。錦川にかかる錦帯橋からは四季折々の景観が楽しめます。絶対おすすめの季節は桜と紅葉の頃です。

記事の目次

  1. 1.岩国城は見所がたくさん!
  2. 2.岩国城の歴史
  3. 3.岩国城の詳細
  4. 4.錦帯橋とは
  5. 5.錦帯橋の見どころ
  6. 6.岩国城・城下町のおすすめスポット
  7. 7.岩国城と錦帯橋はぜひ一度見ておくべき!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岩国城は見所がたくさん!

Photo by JohnSeb

岩国城は初代藩主吉川広家により1608年(慶長13年)に横山の山頂に造られた山城で眼下に流れる錦川が天然の外堀の役割を果たしていました。当初は山陽道の敵の動きを見張るためにこの地にできた城だったのです。

しかし7年で一国一城令により江戸幕府から取り壊されるという非運の道を辿ったのです。そうした時代に翻弄された岩国城が現在山口県の一大観光スポットとして脚光を浴びています。

Photo by htomari

岩国城へのアクセスはロープウェイを利用します。山頂に到着したら「岩国城まで約300m 徒歩5分」の看板が目に入ります。岩国城には山城の特徴である急な段差や坂道もありません。錦帯橋から見る岩国城は人気のスポットでここから眺める景色は人々の心を和ませます。

岩国城は山口県のシンボル

Photo by MShades

錦帯橋の風景を楽しむなら何と言っても岩国城からの眺めに尽きます。ロープウェイで山頂まで行き、展望台から眺めると錦帯橋と、箱庭のような城下町が見渡せます。

晴れた日には瀬戸内の島々や四国もよく見渡せます。

岩国城は2013年からはケージに入れればペットも同伴可能になり、錦帯橋とともに山口県内では人気の観光スポットになりました。

岩国城の歴史

Photo by Unforgiven II

当時は山の西側を通る山陽道を見張るためのお城でここを見張ることで敵の動向も知り得たのです。その後1962年(昭和37年)に四重六階の桃山風南蛮作りとして生まれ変わりました。

錦帯橋と岩国城の見どころは、おすすめのスポットを作り出したことが今日山口県内アクセスナンバーワンの観光地になったとも言えるのです。

岩国城は「日本100名城」ですが、初代岩国藩主吉川広家が1608年(慶長13年)に蛇行した錦川が戦略上に優れた山城であるとして横山の山頂に築城しました。しかし一国一城令のもと築城わずか7年で取り崩されました。

初代岩国領主の吉川広家によって建てられる

Photo by alberth2

豊臣の家臣であった毛利輝元に仕えた吉川広家により錦川を見下ろす山の頂きに築城されました。本丸を中心に北の丸と二の丸を配して周囲に5基の櫓を設けた他に類を見ない山城でした。

しかし、岩国城は江戸幕府による一国一城令により僅か7年で廃城となった悲劇の城でもあります。

築城後7年で取り壊される

Photo by JohnSeb

1615年(慶長20年)に諸大名に対して命じた一つの藩に対しては城は一つのみを定めた法令である一国一城令、岩国城はまさにこの法令により築後7年で廃城となりました。それは江戸幕府が外様大名の反逆を恐れ戦力を削ろうとしたことが発端でした。

しかし岩国城は廃城されましたが、街は城下町としてその後も栄え続け今日のような観光スポットに至っています。

現在の天守は再建されたもの

Photo by jfeuchter

岩国城は1961年(昭和36年)に「天守構造図」という絵図を参考に復元工事が始まり、1962年に四層六階のコンクリートで天守閣が再現されました。

戦国の時代には見張りの役割もしていた岩国城ですが、近代になり錦帯橋からの眺めも考慮して天守を移動して再建築されました。

これにより美しい岩国城をどの角度からでも楽しめるようになったのです。錦帯橋から見上げる岩国城が見どころなのはこうした理由からでした。

錦川を天然の外堀にしていた

Photo by alberth2

1600年、関ヶ原の戦いで主君毛利家への忠義が認められ、初代藩主となった吉川広家は不安定な情勢から領地内に山城を築くことを決めました。そこで錦川を外堀として使い防御型の街づくりを推し進めたのです。

これにより岩国城は山陽道を見張ることができる要の城としての役割も担うことになりました。

岩国城の詳細

Photo by MShades

岩国城の桃山風南蛮造りの天守閣には見どころでもある錦帯橋の精密模型をはじめ、写真、武具や甲冑などが展示されています。

また人気スポットである天守閣からは吉香公園、城下町、錦帯橋から岩国市内が一望でき、遠くは瀬戸内海の島々や四国、宮島まで見ることができます。

岩国城は完全に東向きなので午前中の撮影が最適です。さらに錦帯橋に観光客がいない時を狙うなら、早朝が光もよく適していますから河原に降りてみましょう。復興天守からは瀬戸内海まで眺望が素晴らしいのですが、その風景は西を望むことになるので午後がおすすめです。
 

Photo by alberth2

錦帯橋と岩国城の見どころにライトアップがあります。おすすめは日没頃からで、毎日午後10時まで行われています。時期によって錦帯橋のライトアップは色が変わる趣向で、特に桜の季節は青のライトアップが幻想的な雰囲気になります。日が落ちてからの岩国城はおすすめです。

開館時間

Photo by alberth2

岩国城の開館時間は9:00~16:45(入館16:30まで)まです。おすすめは早朝と夕方です。山頂からの眺望はこの時間帯が一番美しいと言えます。岩国城ロープウェイ点検日は休館になっていますので注意して下さい。

料金

Photo by JohnSeb

岩国城の料金は、大人一人260円(中学生以上)で、団体が200円(団体は15名以上)です。小学生の料金は一人120円で、団体が90円となっています。

セット割引・障がい者手帳

Photo by ElCapitanBSC

岩国城のお得なおすすめセット割引に、錦帯橋・岩国城ロープウェイ・岩国城の3つのセットがあります。所要時間は約1時間30分~2時間です。大人一人1110円が940円(団体750円)に割引になります。

小学生一人520円が450円(団体350円)に割引されます。また、障がい者手帳をお持ちの、身体障害者手帳1種の方、療育手帳A判定の方、精神障害者保健福祉手帳1級の方は本人+介護者1名を割引対象となります。
 

Photo by alberth2

身体障害者手帳2種の方、療育手帳B判定の方、精神障害者保健福祉手帳2~3級の方は本人のみが割引対象になります。岩国城はロープウェイを使えばアクセスも大変よく、山頂もなだらかなので安心して観光ができます。

アクセス

Photo by alberth2

岩国城までのアクセスについては鉄道を利用する場合は、JR山陽本線「岩国駅」で下車するか、又はJR山陽新幹線「新岩国駅」で下車します。バスに乗車すること約15〜20分で「錦帯橋バスセンター」に到着します。

バスセンター内にコインロッカーが有りますから荷物を預けて身軽になって岩国城まで行くことができます。山頂の復興天守まで行くには、錦帯橋から徒歩10分でのところにあるロープウェイの「山麓駅」まで行きます。「山頂駅」までは約3分で大手門跡までは徒歩3分ほどの距離です。

 

Photo by alberth2

マイカーを利用する場合は、山陽自動車道「岩国IC」から2号線を利用して錦帯橋を目指します。マイカーでアクセスしても錦帯橋そばにあるロープウェイ乗り場の前には有料駐車場がありますから大変便利です。

錦帯橋とは

Photo by Tips For Travellers

日本三名橋の一つである錦帯橋は橋を支える伝統工法による木組みが一番の見どころと言えます。その歴史は古く、岩国市を流れる錦川の両岸に広がる城下町をつなぐ橋として1673(寛文13・延宝元)年に建造されました。

しかしその後、錦帯橋の下を流れる錦川からは想像もできない激しい水流による橋脚の老朽化で橋はたびたび流失することが多かったのです。錦帯橋はこれを改善するため、橋脚を水流方向にとがった角を持つ紡錘形にするなどという工夫がなされました。
 

Photo by kentamabuchi

この技術は近年の強度実験でも揺れを軽減できると実証されました。そして現在、錦帯橋の5連の木造アーチ橋が織りなす美しい光景は国の名勝にも指定され、山口県を代表する観光スポットとして高い人気を誇っています。

国指定の名勝

Photo by shikenhung

国指定の名勝に数えられる錦帯橋、その魅力は四季折々の色彩豊かな景観があげられます。春は桜、夏は鵜飼や花火大会、秋は紅葉、冬は雪化粧とその姿を変えていくところにあります。

おすすめスポットは清流を眺めながら橋の造りを見ることができるところです。市内からアクセスも良いので気軽に立ち寄れば画像で見るよりは実際に見ると威厳のある橋だと気づくでしょう。

日本三名橋の一つ

Photo by gtknj

「日本三名橋」には諸説あるようですが、広く知られているのが岩国の錦帯橋と長崎の眼鏡橋です。あと一つが日本橋とか二重橋とか言われていますが定かではありません。

見どころは、錦帯橋の下に流れる清流です。川の流れを眺めているとここはまさしく「日本三名橋」であることをしみじみと感じさせる佇まいです。きっと訪れて良かったと思うはずです。

1673年に岩国3代領主の吉川広嘉が建造

Photo by JohnSeb

錦帯橋は1673(寛文13・延宝元)年に岩国藩主吉川広嘉により建造されました。特に反り橋の構造は精巧であり現代の橋梁工学から見ても非の打ち所がないと称されています。

また最大の見どころである木造アーチの美しさと技術には先人たちのこの橋に賭けた魂を感じさせます。しかし、その後、錦帯橋は度々の洪水で橋が流されるという憂き目にあいます。

橋の全長は193.3m

Photo by shikenhung

橋の全長は193.3m、アーチ部分の最高点は川床から約13mもあります。錦帯橋は何度も洪水によって流された歴史があります。そのため流されない橋の研究が重ねられ、中国の絵図である「西湖遊覧志」を参考に造られました。

こうしたたゆまぬ努力がこの錦帯橋を今の形にしているのです。激流にもびくともしない錦帯橋は見どころがいっぱいです。

「平成の架け替え」

Photo by JohnSeb

1953年再建以来、痛みが目立ち始め平成の時代になり50年ぶりの架け替えが行われました。見どころは松、ひのき、けやきを使い昔ながらの工法で組んで行く作業方法です。そしてこれまでの錦帯橋のイメージを変えることなく無事2004年3月に完了しました。

工法は江戸時代から変わらずに伝承されている

Photo by JohnSeb

江戸時代から受け継がれてきた工法には驚くべき知恵と工夫がなされており、工芸的な美しさも細部に渡るなど力学的な根拠もあるのです。それままさに木を知り尽くし、木を生かす技術の高さを当時の職人たちが知り尽くしていた証拠と言えます。

何気なく佇む錦帯橋には古い技術と伝統を伝え続けてきた先人たちの思いが宿っているのです。

錦帯橋の見どころ

Photo by JohnSeb

錦帯橋といえば絶対に見ておきたいのが、木組みが整然と並び幾何学模様を作り出している橋の裏側です。この木組み工法のより一つのアーチで 60tの重さにも耐えうることが実験で証明されたほどです。

こうして間近で錦帯橋を見てみると、どれだけ緻密に造られた橋なのかが皆さんにも分かるのではないでしょうか。まさにこれこそが錦帯橋の魅力といっても過言ではないでしょう。

構造美

Photo by MShades

錦帯橋のアーチ形状は、創建当時から最も安定した形状であることが証明されています。力学的に合理性がある構造物には、構造美という造形美にはない独特の美しさがあるのです。

安定感と洗練された軽快な美しさは創建の天才的な棟梁であった児玉九郎右衛門によるものです。そうした構造美は海外でも広く知られ近年は外国人のアクセスも増えています。

土木建築技術の粋が集結

Photo by JohnSeb

中央にあるアーチは「カテナリーカーブ」と呼ばれ重力に逆らわない自然な形のため強度が強いとされています。経年変化による木材の反りや変化、長年の加重による沈降を考えてミリ単位で調整をしていきます。

使用する木材の性質によっても、また同じ種類の木材でもそれぞれ特徴も違います。そのくせを見抜いて細かな調整をするのが大工職人の経験と勘なのです。

風景美

Photo by Tips For Travellers

錦帯橋の風景を楽しむなら何と言っても岩国城からの眺めに尽きます。ロープウェイで山頂まで行き、展望台から眺めると錦帯橋と、箱庭のような城下町が見渡せます。

そしてもう一つのポイントは錦帯橋の光景を船上からみることです。錦川では3シーズンに渡り遊覧船が運行されます。季節の移ろいを船上から錦帯橋を通して感じることができるのです。船上から見る橋の裏は錦帯橋を語る上でぜひ見ておきたいところです。

「錦川」「錦帯橋」「岩国城」の定番構図

Photo by MShades

アクセスも便利な錦帯橋ですが、人気定番スポットは橋の東側の河原から、山頂の岩国城も写る構図になります。錦帯橋は季節によって桜が楽しめ夜桜も最高です。

秋には紅葉越しに眺める錦帯橋も素敵です。また橋の下を流れる錦川は清流らしく綺麗な透き通った水で鮎の陰を追うこともできます。川では鵜飼が鑑賞できたり、鵜飼遊覧船に乗って食事をしながら夜の帳が下りる錦帯橋を堪能できます。

春は「桜」秋は「紅葉」の名所

Photo by Tips For Travellers

錦帯橋周辺は春は桜、秋は紅葉の名所です。川の西側は約3000本の桜が春に咲き乱れます。この時期になると桜に彩られる錦帯橋を一目見ようと多くの人が訪れます。夜桜は特におすすめです。

例年だと11月に見頃を迎える紅葉は春とは趣きが全く異なる錦帯橋を楽しむことができます。駐車場も完備しているため県外からのアクセスも多く、春と秋は特に人気があります。

周辺には約3000本の桜

Photo by Ryosuke Yagi

中国地方を代表する桜の名所でもある錦帯橋や旧吉川氏居住跡を公園にした吉香公園を含め約3000本の桜が咲き誇ることでも有名です。桜は岩国市の市木でもあり、桜の季節には22時まで五連の名橋錦帯橋を中心にぼんぼりが灯され夜桜が楽しめます。

特に錦帯橋・吉川公園は山口県内一位の人気お花見スポットで県内および県外からのアクセスも毎年多いことで知られています。

橋の真下の木組み

Photo by niconico0

橋を渡る時に感じる錦帯橋の構造美とは別に、橋の下から見ると全く異なる精巧な美しさに圧倒されます。それが錦帯橋の裏にあるアーチ部分です。創建当時の高い土木技術がそのまま時代を経て受け継がれています。

アーチ部分の強度は60tもの重さにも耐えられるほどです。それは現代力学においても遜色のない高度な技術力と言えます。

岩国城・城下町のおすすめスポット

Photo by alberth2

岩国市街から錦帯橋を渡った先、城山の山頂には小さくも岩国城の天守閣が望め、かつての城下町の面影が色濃く残っています。歴史ある街並みはノスタルジックな雰囲気があります。

「旧目加田家住宅」

岩国領主吉川氏の家臣であった目加田家の住宅が残っています。見どころは「旧目加田家住宅」です。18世紀中頃の建築で入母屋造りとなっています。目加田家は中堅の武家でしたが、その暮らしを伝える貴重な遺構として重要文化財に指定されています。

特に瓦はこの地方ならではの「二平葺き」と呼ばれるもので、今ではほとんど見られなくなった貴重な風景となっています。

住所      山口県岩国市横山2丁目6
電話番号 0827-41-0452

「吉川史料館」

第7代岩国藩主吉川経倫(つねもと)の隠居所として建てられた昌明館の遺構を門としたのが「吉川資料館」です。吉川家に伝わる史料の保存を目的に開館した建物です。

吉川元春が写本したとされる「太平記」、関ヶ原での毛利家の動向を記した「吉川広家自筆覚書案」など貴重な作品が展示されています。

住所         山口県岩国市横山2丁目7-3
電話番号 0827-41-1010

「岩国美術館」

岩国城ロープウェイの山麓駅そばにある「岩国美術館」は吉川家に伝わる遺品を始め、萩焼、日本刀、歌川広重の書画など多岐に渡る貴重な作品を所蔵しています。

特に甲冑や兜の展示は群を抜いているほど多種多様なものが展示されています。中にある漆工芸や象嵌技法を用いた装飾はおすすめです。

住所       山口県岩国市横山2丁目10-27
電話番号 0827-41-0506

岩国城と錦帯橋はぜひ一度見ておくべき!

Photo by Tips For Travellers

岩国城と錦帯橋は山口県を代表する観光スポットです。特に錦帯橋は釘を一本も使わないで木材を組み合わせた重さ60tにも耐えられる強固な橋です。鉄道でも車でもアクセスが大変便利なので、ぜひ一度、岩国城と錦帯橋で移り行く四季を感じてみませんか。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング