札幌のビアガーデンおすすめのスポットを厳選!定番の「さっぽろ大通り」もご紹介

札幌のビアガーデンおすすめのスポットを厳選!定番の「さっぽろ大通り」もご紹介

ジンギスカンや魚介等、札幌の定番グルメを100%楽しむため欠かせないのはやはりビールでしょう。札幌にはビアガーデンがたくさんあり、札幌グルメを惹き立てる良き相棒として機能しています。ここでは定番のさっぽろ大通りを含む様々なビアガーデンをご紹介していきます。

    記事の目次

    1. 1.札幌のおすすめスポット「ビアガーデン」が魅力的!
    2. 2.札幌の「夏の定番ビアガーデン」と言えばココ!
    3. 3.札幌で「おすすめ」のビアガーデンスポット2選
    4. 4.札幌で「絶品グルメとお酒が楽しめる」ビアガーデン2選
    5. 5.札幌で「音楽とお酒が楽しめる」ビアガーデン2選
    6. 6.札幌で「カップルやデートにおすすめ」のビアガーデン2選
    7. 7.札幌で「ホテル開催のおすすめ」ビアガーデン7選
    8. 8.札幌で「穴場のおすすめ」ビアガーデン5選
    9. 9.札幌の「ビアガーデン」で夏をめいっぱい感じよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    札幌のおすすめスポット「ビアガーデン」が魅力的!

    Photo byAlexas_Fotos

    札幌においてビールとは、1876年の開拓使の時代から始まった非常に歴史の深い飲み物です。今でこそビールの定番銘柄と呼ばれているサッポロビールもこの時代に生まれ、北海道開拓の象徴である赤い星をエンブレムに使うほど札幌とビールは歴史ある密接な関係にあります。

    湿気が少なく水が美味しい札幌の気候はビール作りにぴったりの気候であり、ビール生産が非常に盛んです。現在は生ビールだけでなく様々なクラフトビールも開発されており老若男女問わずたくさんの人に愛され、そして注目されています。

    Photo by y_katsuuu

    ビール文化の他に、札幌はグルメ文化も非常に発達しています。ジンギスカンや魚介類等、どれもビールとの相性は抜群です。

    そんな経緯もあり、札幌には沢山のビアガーデンがあります。件のサッポロビールのビアガーデンの他、アサヒビール、小樽ビール等々有名メーカーも目白押しです。

    そしてそんな有力ビールメーカーが一挙に集まる日本最大級のビアガーデンさっぽろ大通りビアガーデンが開かれるなどとにかく札幌と言えばビール、ビールと言えば札幌と言っても良いほどのビールの聖地なのです。

    北海道札幌市へのアクセス

    フリー写真素材ぱくたそ

    札幌へのアクセス手段は陸路、海路、空路どれも揃っていますが、やはり道外からのアクセスは空路、飛行機がおすすめです。新千歳空港は30都市と空路が繋がっていますので新幹線やフェリーのように乗り込む場所が限定されないのが強みです。

    更に東京からはおよそ1時間半、関西からは2時間とかなりの短時間で来ることが出来ますし現在は格安航空も非常に多いのでかなりお手軽なお値段で行くことが出来るようになりました。

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    新千歳空港に着いてから札幌までの道中も非常に豊富なので空路はおすすめです。定期バスやJR線も走っていますしレンタカーも空港内で借りれますので旅行のプランによって選択できるという点でも非常に便利です。

    道内での移動であればバスや鉄道が旭川や函館といった主要都市のほとんどから通っています。特にバスは長距離バスなので時間はかかってしまいますがどの交通機関よりも安価に札幌に行くことが出来ますので時間が確保出来る方にはおすすめです。

    札幌の「夏の定番ビアガーデン」と言えばココ!

    Photo by yto

    ビアガーデンが最も盛り上がりを見せる時期はやはり夏です。そんな夏の時期に札幌ではビール好きならば是非一度は行きたい日本最大級のビアガーデンがさっぽろ大通りで開かれます。

    ここではそんな魅力的なビールの祭典をご紹介していきます。この部分を読んでおけばさっぽろ大通りに行きたくなること間違いなしですし、さっぽろ大通りを大いに楽しめることでしょう。

    「さっぽろ大通りビアガーデン」

    Photo byHans

    さっぽろ大通りビアガーデンは札幌にある多くのビアガーデンがさっぽろ大通りに一挙に集まり、ひと月ほどの期間行われる日本国内最大級のビールの祭典です。

    さっぽろ大通りビアガーデンは1954年から行われている札幌の風物詩で2019年時点で66回目を迎える歴史ある祭典です。毎年200万人近い人数がさっぽろ大通りを訪れます。

    札幌有数の6つのビアガーデン自慢のビールが一か所で楽しめてしまうさっぽろ大通りビアガーデンは正に夏の定番であり、その時期になったら絶対に足を運びたいおすすめスポットと言えます。

    Photo byNickyPe

    しかしこれほどまでに有名なスポットだと「席に座れず思うように楽しめなかった」という体験談が散見されます。しかし、さっぽろ大通りビアガーデンはその点もバッチリ対策されており、観光でさっぽろ大通りビアガーデンを訪れる予定の方は知っていて損はありません。

    さっぽろ大通りビアガーデンでは、各スポット毎に「おもてなシート」と呼ばれる観光客用の予約席が確保されています。宿泊するホテルが提供ホテルであればフロントでその席を予約することが出来るので席の心配をする必要はなくなります。

    大変盛り上がる時期だからこそ、この様なプランをめいっぱい利用してお得に賢く過ごすことをおすすめします。

    ビアガーデンの開催時期はいつ?

    Photo bytigerlily713

    肝心のさっぽろ大通りビアガーデンの開催時期ですが、おおよそ7月中旬から8月中旬にかけての1か月間行われています。

    札幌のこの時期の夜は湿気が少なく気持ちの良い暑さですので外のビアガーデンでも気持ちよくビールを楽しめる時期となっておりますので非常におすすめです。

    札幌で「おすすめ」のビアガーデンスポット2選

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    さっぽろ大通りビアガーデンの他にも、札幌には沢山のビアガーデンがあります。どこもそれぞれ違う特色を持っており、希望や好みに合わせて選べばさっぽろ大通りビアガーデンよりも楽しめること間違いなしのおすすめスポットです。

    北海道大学 緑のビアガーデン

    Photo by ume-y

    敷地内にクラーク像があることで有名な北海道の定番観光地ともなっている北海道大学では、なんと地域交流の目的で夏の時期にはビアガーデンを行っています。

    テーブル席もありますが自然の多い敷地内にレジャーシートを敷いてのんびりビールを楽しむのが乙と言われている場所です。1人でも楽しむことが苦にならないゆったりとした雰囲気が特徴です。

    学校側がレジャーシートの無料貸出や虫除けスプレーの提供を行っておりますので手ぶらで行っても、ゆったりとしま雰囲気が味わえるというのが魅力です。

    大学生が主催しているということもあり、ソフトドリンクメニューが充実しており未成年の方も楽しめる配慮が満載なのがまた嬉しいところです。

    住所 北海道札幌市北区北8条西5丁目
    電話番号 011-706-2012

    札幌開拓使 ジンギスカンビアガーデン

    Photo by ttanabe

    札幌市内の大型商業施設であるサッポロファクトリーのレンガ館前、西広場で開催されるビアガーデンが「札幌開拓使 ジンギスカンビアガーデン」です。

    札幌開拓使のビアガーデンは他のビアガーデンのほとんどが夏時期に開催される中、最も早い時期から開催されるビアガーデンです。具体的には5月の中旬から開催し、9月の上旬までというかなり長い期間楽しめるビアガーデンです。

    Photo by yto

    ジンギスカンビアガーデンの名の通り、生ラムジンギスカン食べ放題が定番のおすすめメニューです。さらにビールもここでしか飲めない限定クラフトビールがあります。

    その名も「開拓使麦酒」です。ビールを作り出したばかりのころに作られていたビールを現代に再現したレシピで重厚感のあるしっかりした味わいが特徴のビールです。札幌開拓使ジンギスカンビアガーデンかサッポロビール博物館でしか飲めないビールなので必見です。

    住所 北海道札幌市中央区北二条東4
    電話番号 011-207-5555

    札幌で「絶品グルメとお酒が楽しめる」ビアガーデン2選

    Photo byPublicDomainPictures

    ビールのお供として外せないのはやっぱり美味しいおつまみ、グルメでしょう。美味しいグルメがあるだけでビールの美味しさは何杯にも跳ね上がります。

    ここでは、ビアガーデンの中でもグルメメニューが特に豊富でビールと一緒に絶品グルメも味わえるおすすめビアガーデンをご紹介していきます。

    小樽ビール 狸二条ビアガーデン

    Photo by kawanet

    「小樽ビール 狸二条ビアガーデン」では札幌グルメの定番、魚介類とビール好きな国というイメージが強いドイツのグルメが味わえます。

    ほっけやホタテのバター焼きといった日本の居酒屋定番メニューの他、ソーセージの盛り合わせやローストチキン、ジャーマンポテト等のドイツで親しまれているメニュー両方が味わえるので肉と魚、どちらも味わいたい欲張りさんにぴったりのビアガーデンです。

    Photo by yto

    さらに狸二条ビアガーデン特有の注目のシステムがあります。それは、毎日50名先着順で利用できるフリードリンクプランです。2200円ですべてのドリンクが17:00~21:00の間飲み放題という夢のようなプランです。

    ビールは大好きな人であればかなりの量を飲む方もいらっしゃいます。そんな方でも気兼ねなく飲めるおすすめスポットですので行く際は狙ってみてはいかがでしょうか。

    住所 札幌市中央区南2条西1丁目 創成川公園
    電話番号 090-9519-0106

    サッポロビール園 SAPPOROBEER TERRACE

    Photo by takuki

    ビールが好きでもそうでない人も、誰もが一度は聞いたことのあるビールと言っても過言ではないのがサッポロビールではないでしょうか。サッポロビールも、ビアガーデンを開いています。

    開催時期は割と早い時期で6月の下旬辺りからとなっております。飲食スペースが全席テントの下になっているため、雨が降っても中止にならないビアガーデンです。旅行など限られた時間の中で足を運んでいる方々にとっては嬉しい場所と言えます。

    Photo by ayustety

    最もおすすめである生ラムキングバイキングプランは4104円というお手頃価格でジンギスカンの食べ放題と、サッポロ生ビールやプレミアムブラック、さらにフリードリンクまで入った飲み放題が楽しめます。

    会場であるサッポロビール園にはビール博物館などもあり、定番観光スポットとしても非常におすすめな場所です。足を運んだ際には博物館でビールの歴史を学ぶとその後に飲むビールが何倍にも美味しく感じること間違いなしです。

    住所 北海道札幌市東区北7条東9丁目2番10号
    電話番号 0120-150-550

    札幌で「音楽とお酒が楽しめる」ビアガーデン2選

    Photo bySkitterphoto

    美味しいお酒と良い音楽の組み合わせはいつの時代でも最高の娯楽と言えるでしょう。ここでは、そんな最高の組み合わせを楽しめるビアガーデンを紹介します。

    サツエキ 夏酒場 SUMMER FESTA

    Photo byFree-Photos

    「サツエキ 夏酒場」では、日本国内で作られた4種の香り豊かなフレーバービールや屋台形式で豊富なメニューを取り揃えているほかにも、見逃せない大きな特徴があります。それは、日本最大級の野外オールナイトロックフェス、RISING SUN ROCK FESTIVALとコラボしているという点です。

    ビアガーデン内にはRISING SUN ROCK FESTIVAL(通称RSR)の特設会場があり、そこではオフィシャル映像や最新情報のPVなどが配信されており、行ったことがある方は勿論、行ったことのない方でも十分に楽しめる空間となっています。

    住所 札幌市中央区北5条西4丁目
    電話番号 080-7699-5308

    札幌ノルベサ 屋上ビアガーデン THE TERRACE BEER GARDEN HAWAIIAN GRILL ALOHA AMIGO

    Photo byBKD

    札幌にいるのに南国ハワイにいるような気分を味わえるビアガーデンが「札幌ノルベサ 屋上ビアガーデン」です。札幌ノルベサの屋上ビアガーデンではハワイの定番である人気メーカーのビール「コナビール」が味わえます。

    また、特設ステージではハワイアンアロハショーが楽しめ、本場さながらのフラダンスを見ることが出来ます。

    食事のメニューもハワイ風味満点で、ガーリックシュリンプやハワイアンBBQが楽しめます。北海道のグルメとハワイのグルメ文化が融合した非常に珍しいスポットです。

    住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1
    電話番号 011-261-5588

    札幌で「カップルやデートにおすすめ」のビアガーデン2選

    フリー写真素材ぱくたそ

    ビアガーデンはビールや料理が美味しいスポットということは皆さん周知の事実でしょう。しかし、それにプラスしてビアガーデンは雰囲気も良くデートにもぴったりなスポットだということはご存知でしたでしょうか。

    夜景やビアガーデン特有の賑やかで楽しい雰囲気は気取ったバーやレストランとはまた違った雰囲気で良いものです。ここではデートスポットとしても申し分ないお洒落なビアガーデンをご紹介いたします。

    さっぽろテレビ塔 サッポロクラシックビヤガーデン

    Photo by iyoupapa

    札幌観光の定番、札幌テレビ塔の真下で開催されているビアガーデンが「さっぽろテレビ塔 サッポロクラシックビヤガーデン」です。ライトアップされた札幌テレビ塔を真下から見ながら食事を楽しめる珍しいスポットです。

    食事はジンギスカンメインですが、なんと定番のラム肉だけでなく鶏肉や豚肉のジンギスカンも用意されているので、少々クセのあるラム肉が苦手、という方でも思う存分楽しむことが出来ます。

    ビールも、ここでしか飲めない限定ビール「サッポロクラシック夏の爽快」が味わえるほか、ハスカップや夕張メロンといった北海道の特産品を使ったサワーやリボンシトリンなどのソフトドリンクも数多く扱っていますのでどちらかがあまりお酒が得意でないカップルでも楽しめます。

    住所 北海道札幌市中央区大通西1丁目
    電話番号 011-252-1800

    PIVOT ROOFTOP BEER GARDEN THE RESORT(ピヴォビアガーデン ザ リゾート)

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    さっぽろ大通りや札幌テレビ塔を含む札幌の夜景を一望出来るちょっとリッチでムーディーな大人のリゾート気分を味わいたいのであれば「PIVOT ROOFTOP BEER GARDEN THE RESORT」がおすすめです。

    札幌のおすすめスポットをビルの屋上から真横に見ることが出来るスポットはビアガーデン多しと言えどPIVOT ROOFTOP BEER GARDEN THE RESORTのみです。

    テーブル席の他、座りごこちの良いソファー席や満点の札幌の夜空を堪能できるテラス席もあり、雰囲気を楽しみたいデートにも最適なスポットです。

    V.I.P.ソファーシートもあり!

    Photo byigorovsyannykov

    少し奮発して特別な夜を過ごしたい、というときは1人当たり+1000円のお席料を追加することでVIPソファー席を利用することが出来ます。

    ゆったり感はもちろんのこと、ビアガーデンが開催され始める6月はまだ北海道ではほんの少し肌寒さも感じる時期です。そんな時期に嬉しいヒーターや雨天でも問題ないようテントも完備しているので野外飲食の大敵、雨や寒さの対策もばっちりとなっています。

    住所 札幌市中央区南2条西4丁目
    電話番号 011-272-0055

    札幌で「ホテル開催のおすすめ」ビアガーデン7選

    Photo byN3otr3x

    札幌内では数々のビアガーデンが開かれています。その中にはホテルが主催したビアガーデンも数多くあります。その利点はやはり宿泊とセットであること、ホテルお抱えのシェフが作る料理のため料理の幅が広くクオリティも高い場合が多い事です。

    ここでは札幌有数の有名ホテルが主催するおすすめビアガーデンをご紹介していきます。ビアガーデンを基準に宿泊施設を決めるのも良いでしょう。

    納涼ビアガーデン2019 札幌パークホテル

    Photo by cotaro70s

    「札幌パークホテル」が主催しているビアガーデンはフードメニューが力作ぞろいなことで有名なビアガーデンです。

    札幌パークホテルでは毎年ホテル内にあるレストランに勤める洋食中華スイーツのシェフ達がアイデアを出し合い新メニューを決める「ビアガーデンメニューコンテスト」が開かれています。

    入賞したメニューは実際にビアガーデンのメニューとして期間中のビアガーデンのメニューを彩ります。このように毎年同じようなメニューで飽きないための工夫がされており、毎年訪れるリピーターの方にとっても嬉しい取り組みを行っています。

    住所 北海道札幌市中央区南10条西3丁目
    電話番号 011-511-3136

    札幌エクセルホテル東急 ビアガーデン

    Photo by ume-y

    緑豊かなホテル内レストランの中庭でビアガーデンを開いているのが「札幌エクセルホテル東急」です。地下鉄札幌駅やすすきの駅に近いため非常にアクセスが良く、また施設も良いということで評判の良いホテルです。

    中庭のビアガーデンスペースは全席にパーゴラテントが備わっており、雨天でも問題なく営業しているのでいつでも楽しむことが出来ます。また、お子様連れでも利用が出来るので家族で来ても楽しめるビアガーデンです。もちろんソフトドリンクメニューも豊富です。

    住所 北海道札幌市中央区南8条西5丁目420番地
    電話番号 011-530-3304

    札幌エスタ ビアガーデン

    フリー写真素材ぱくたそ

    札幌駅から最も近いビアガーデンがこの「札幌エスタビアガーデン」です。駅ビル内のホテルが経営しているビアガーデンで、気軽に入れることを魅力としています。

    また、ビアガーデンでは珍しくビールやサワー以外のお酒も楽しめるビアガーデンです。ワイン、焼酎、日本酒といったほぼ全ての種類のお酒を飲むことが出来るので、ビール以外のお酒が好きな方がグループ内にいても安心して全員が楽しめるビアガーデンとなっております。

    住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目
    電話番号 011-209-5031

    ジャスマックプラザホテル 星降る真夏のビアホール

    フリー写真素材ぱくたそ

    ビアガーデンが開かれている「ジャスマックプラザ」はホテルや温泉施設、サロンといった様々な施設が入っている複合施設です。ジャスマックプラザは毎年夏時期、7月頭から8月の終わりまでの2か月間ほどの長さでビアガーデンを開催しています。

    魅力は何といってもジャスマックプラザのホテルレストランのシェフが腕を振るうビュッフェ形式の食べ放題ビアガーデンです。ビールによく合う定番おつまみ、ローストビーフやフィッシュアンドチップスをはじめ30種以上の料理が楽しめます。

    またドリンクメニューも120種以上とかなり豊富です。ビールはもちろん、食事もしっかり楽しみたいという方にはとくにおすすめのビアガーデンです。

    住所 北海道札幌市中央区南7条西3‐425
    電話番号 011-513-1077

    クロスホテル札幌 meetlounge_TERRACE

    Photo byfreestocks-photos

    とてもスタイリッシュでおしゃれなホテル「クロスホテル札幌 meetlounge_TERRACE」の2階にあるバーラウンジでもビアガーデンが開かれています。おしゃれな屋外バーラウンジはルーフ付きですので雨天でも気にせずにビールを楽しむことが出来ます。

    また、クロスホテル札幌のバーラウンジにはステージがあり、そこではジャズライブなども頻繁に行われておりエンターテインメント性もバツグンです。

    グルメメニューは、お酒のお供の定番肉類が非常に豊富で、特に豪快に骨を持ってかぶりつけるような骨付き肉「トマホークステーキ」は見た目は勿論食べ応えもある満足度の高い一品です。

    住所 札幌市中央区北2条西2-23
    電話番号 011-272-0010

    SAPPORO TOBU HOTEL 東武ホテル 中庭のビアガーデン

    Photo byvika-imperia550

    「SAPPORO TOBU HOTEL 東武ホテル 中庭のビアガーデン」もさっぽろ大通りなどがある札幌の中心部に近い位置にあります。東武ホテルのビアガーデンは東武ホテル1階にある中庭で開かれておりクラシカルな雰囲気が魅力のビアガーデンです。

    ビールはサッポロクラシックやハイネケンを含む6種類を味わえるほか、ワインやカクテルも充実しているためビールがあまり得意で無い方も楽しめます。120分2000円の飲み放題コースもあるためコスパも良い部類のビアガーデンといえるでしょう。

    そして注目なのは食事メニューですが、ここはお酒と言ったらお肉!と考えるお肉好きの方には是非行っていただきたいスポットです。アンガス牛のステーキ等沢山のお肉料理が味わえます。

    住所 北海道札幌市 中央区南4条東1丁目
    電話番号 011-242-0111

    HOTEL POTMUM(ホテル ポットマム)ビアガーデン

    Photo byPublicDomainPictures

    まるでおしゃれなカフェのような雰囲気のビアガーデンが「HOTEL POTMUM(ホテル ポットマム)」のビアガーデンです。全体的にシンプルでありながらもおしゃれな雰囲気漂うポットマムでは、お子様連れにも嬉しいシステムが取り入れられています。

    ビアガーデンはお酒を飲むところということもあり、お子様連れではどうしても行きにくいイメージがあったことでしょう。しかし、ポットマムの2階、芝生で覆われた緑豊かなテラスにはキッズスペースが用意されておりお子様を遊ばせられるようになっています。

    お子様と一緒にビアガーデンを楽しめる、育児中のご家庭にも優しいスポットです。たまには一息ついて、お父さんお母さんもお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    住所 北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3−17
    電話番号 011-826-4500

    札幌で「穴場のおすすめ」ビアガーデン5選

    Photo by iyoupapa

    札幌にも当然誰もが知っているような定番のスポットから、知る人ぞ知る穴場スポットまで様々です。ここでは、そんな知名度こそ低いけれど定番スポットに負けずとも劣らないようなクオリティのビアガーデンをご紹介します。

    ラフィラ 屋上ビアガーデン

    Photo byjarmoluk

    地下鉄すすきの駅から直通で行くことが出来るショッピングモール、ラフィラの屋上で開催されているビアガーデンが「ラフィラ 屋上ビアガーデン」です。

    ラフィラでは札幌のビアガーデンの定番であるジンギスカンの他、カニやホタテ、ホッケといった北海道の海の幸も一緒に炭火焼きで楽しむことが出来るビアガーデンです。開催時期は7月末から9月頭までと時期は少し短めですが昼間から営業しているためランチからビールを楽しむことも出来ます。

    札幌の夏は短いですが関東圏に比べるとかなり夏と言えど過ごしやすい時期です。テントも用意されていますので、札幌の夏の陽気の元、昼間からBBQパーティーも盛り上がること間違いなしです。

    住所 北海道札幌市中央区南4条西4
    電話番号 011-551-7757

    PecheGrand(ペシェ・グラン)ビアテラスのビアガーデン

    Photo by _temaki_

    まるでパリの街中に迷い込んでしまったかと思うほどに異国情緒あふれる店構えのビアガーデンが「PecheGrand(ペシェ・グラン)」が夏の時期に開くビアガーデンです。もともとがイタリアンスタイルのカフェレストランなこともあり手軽なイタリアンと共にビールを楽しめるお店です。

    ビアガーデンの定番メニューであるジンギスカンや網焼きのような豪快なメニューとは違い、カルパッチョやマリネといったお洒落で繊細な料理を味わうことが出来るビアガーデンです。

    また、ペシェ・グランは北海道の特産品をたっぷり使ったパフェやプリンといったスイーツメニューも人気で、ビアガーデンでも自慢のパフェを楽しむことが出来ます。札幌で今話題のシメパフェも味わえるビアガーデンです。

    住所 北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地
    電話番号 011-206-0690

    札幌天空ビアガーデン ラム王 別邸

    Photo byReinhardThrainer

    ジンギスカンに限らず北海道の名産品であるラム肉をめいっぱい楽しみたいとお考えの方には札幌のジンギスカン専門店「ラム王 別邸」が主催している「札幌天空ビアガーデン」がおすすめです。

    札幌天空ビアガーデンでは2種類のコースが用意されており、どちらにも120分の飲み放題が付いています。それぞれのコースの違いはというと、味わえるラム肉の部位の種類です。4000円のコースはショルダーのみですが、5200円のコースですとロースも楽しめます。

    冷凍肉を使わない、鮮度が売りのこだわりのラム肉は臭みの少ない逸品です。ビアガーデン期間外でも、すすきの駅近かつ朝の5時まで営業しているラム王は2次会はもちろん〆に来てもゆっくり楽しめるお店となっていますので飲み歩きが好きな方にはおすすめのお店です。

    住所 北海道札幌市中央区南五条西5
    電話番号 -

    LEIBSPEISE(ライブシュパイゼ)テラス・ビアガーデン

    Photo byTheAngryTeddy

    ビールの本場、ドイツの本格クラフトビールとビールに良く合うドイツ料理を楽しめるビアガーデンが「LEIBSPEISE(ライブシュパイゼ)テラス・ビアガーデン」です。ライブシュパイゼはビアガーデンとしては珍しい期間限定ではなく通年で営業するスタイルのビアガーデンです。

    野外席はもちろん屋内にも席がありますので札幌の寒い冬でも安心して楽しむことが出来ます。夏と冬、時期によって様々な景色を楽しみながらビールを味わえるのもライブシュパイゼの魅力の1つといえるでしょう。

    Photo by tyoro

    ピルスナーやドンケルといったドイツビールはもちろんのこと、ビールの苦みが少し苦手という方にも嬉しいビールベースのカクテルも多数取り揃えられています。

    また、冬季に訪れれば非常に珍しい冬季限定ビールが味わえます。アルコール度数8.5%、エキス分は普通のビールの1.5倍という通称「飲むパン」と呼ばれる濃厚なビール「ドンケルボック」を出すお店はLEIBSPEISEだけといっても過言ではないほど珍しいビールです。

    また、冬にはアイスバインという豚肉をたっぷりの香草で煮るドイツの家庭料理をたっぷり使った「アイスバイン鍋」が楽しめます。すね肉をじっくり煮込んで作るためコラーゲンたっぷりで女性にも嬉しい鍋となっております。

    住所 北海道札幌市中央区南2条西3
    電話番号 -

    ニュー桂和ビル すすきのビアガーデン

    Photo byPexels

    気取らないカジュアルさ、下町感が魅力のビアガーデンが「ニュー桂和ビル すすきのビアガーデン」です。夏時期になるとビルの屋上で開かれ、18時から明朝6時までわいわいと過ごすことが出来ます。

    すすきのビアガーデンの魅力は何と言ってもそのゆるめでカジュアルな雰囲気です。ビール瓶のケースを重ねて作った椅子や机が並び、色とりどりの提灯や白いシンプルなテントは一昔前のお祭り会場を想起させ懐かしさすら感じられます。

    また、会場の中央には大型スクリーンがあり、野球の試合観戦を楽しむことが出来ます。美味しいビールとジンギスカンに舌鼓を打ちながら、同じ野球チームのサポーターと共に試合模様に一喜一憂出来るその環境は野球、ビール、ジンギスカンのどれか1つでも好きならば至福の時間となるでしょう。

    住所 北海道札幌市中央区南5条西6丁目
    電話番号 -

    札幌の「ビアガーデン」で夏をめいっぱい感じよう!

    Photo byTama66

    夏にはとにかくたくさんの種類のビアガーデンがオープンしますが、ご紹介した通り、ビールや食事のラインナップ、雰囲気等全てが異なるそれぞれ違う特色を持っています。この記事を参考に、自分の好みにぴったりのビアガーデンを見つけて最高の一夏の思い出を作ってみてください。

    ose0506
    ライター

    ose0506

    食べること、家でゆったり過ごすことが大好きな、しがないライターです。ちょっとした工夫や知恵で、日々をもっと楽しく、より良く、よりお得に過ごせるような、アイデア情報やおすすめ情報をお届けしていきます。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング