松本ブルワリーのタップルームで極上のクラフトビールを!魅力をたっぷりとご紹介

松本ブルワリーのタップルームで極上のクラフトビールを!魅力をたっぷりとご紹介

長野県松本市にある松本ブルワリーは、信州の魅力が詰まったクラフトビールを生産、販売しています。この記事では、松本ブルワリーおすすめのクラフトビールを紹介。またブルワリーが経営するタップルームの定番メニューにも、スポットライトを当てます。

記事の目次

  1. 1.クラフトビールとは?
  2. 2.松本ブルワリーは地域密着型の小規模ブルワリー
  3. 3.松本ブルワリーの定番ビール!価格もチェック
  4. 4.松本ブルワリーのタップルームへ行ってみよう
  5. 5.松本ブルワリータップルーム中町店をご紹介!
  6. 6.松本ブルワリータップルーム本町店
  7. 7.松本ブルワリーのタップルームで魅惑の時間を!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

クラフトビールとは?

Photo by uka0310

クラフトビールという言葉を、聞いたことがありますか?テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられている話題なので、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。お酒、ましてやビール好きの人は、すでに詳しく知っている人もいるでしょう。

クラフトビールとは、小規模の醸造所で作られているビールのことです。市場に出回る量が少なく、醸造所のこだわりが詰まったビールなので、珍しいものが好きな人や新しいビールの味に出会いたい人に、人気があります。

クラフトビールは、ビール定番の種類にアレンジを加えたものがたくさんあります。また、価格もお手頃なものから贈り物価格まで幅広いので、シーンに合わせた楽しみ方ができるでしょう。

地ビールとは何が違うの?

Photo by Harlequin_colors

地ビールという言葉もありますが、こちらも小規模の醸造所で作られているビールのことです。意味合いはクラフトビールと同じなので、どちらを使っても良いでしょう。

実は1994年までは、ビールを販売するには年間2000kl以上の生産が必要でした。そのため、国内メーカーでは定番の大手4社しかビールを販売することができなかったのです。

1994年に酒税法が改正され、ビールの小規模醸造が可能になりました。同時に、地域に密着したビール醸造所が誕生したので、地ビールという言葉が使われ始めます。

Photo bytiburi

さらに2000年代になると、地ビールはクラフトビールとも呼ばれるようになります。「英語の方がイメージしやすい」「停滞している地ビール産業を、もう一度活性化させたい」など、様々な思惑によってクラフトビールという言葉が広められたのです。

名前は変わっても、生産者のこだわりや美味しさは変わりません。定番の味はそのまま受け継ぎながら、流行やユニークなアイデアを取り入れたクラフトビールは、多くの人に親しまれています。

松本ブルワリーは地域密着型の小規模ブルワリー

Photo by [puamelia]

松本ブルワリ―は、地域への密着度が高いことで有名です。松本ブルワリ―のクラフトビールはオンラインでも注文できるため、現地へ行かなくても、おすすめの味を堪能できます。

しかし地元愛に溢れた松本ブルワリ―の空気を実感できるのは、実際に現地に訪れた人だけです。そんな松本ブルワリ―の魅力を、ご紹介しましょう。

次のページ

松本ブルワリーの定番ビール!価格もチェック

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング