両国「ポパイ」でビールを楽しもう!魅力や営業時間・アクセスなど徹底紹介!

両国「ポパイ」でビールを楽しもう!魅力や営業時間・アクセスなど徹底紹介!

大相撲やちゃんこ鍋のイメージが強い東京・両国ですが、両国にはビール好きなら必ず行くべきお店「ポパイ」があるのはご存知でしょうか。個性豊かなクラフトビールの数々を心ゆくまで楽しめる「ポパイ」の魅力や、営業時間・アクセス・予約方法等お役立ち情報をご紹介します!

記事の目次

  1. 1.両国「麦酒倶楽部ポパイ」とは?
  2. 2.両国「麦酒倶楽部ポパイ」のビール
  3. 3.両国「麦酒倶楽部ポパイ」は料理にもこだわりが!
  4. 4.両国「麦酒倶楽部ポパイ」の楽しみ方!
  5. 5.両国「麦酒倶楽部ポパイ」の店舗情報
  6. 6.両国「麦酒倶楽部ポパイ」で自慢のビールを堪能しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

両国「麦酒倶楽部ポパイ」とは?

Photo by Hyougushi

JR総武線両国駅から歩いてすぐの場所には、「こんなところに?」と思うようなロケーションのクラフトビール専門店「麦酒倶楽部ポパイ」があります。

ビール好きの間では有名なお店で、大衆的でレトロな雰囲気や、駅から近くとアクセスが良好であることもあり、営業開始から1時間ほどで仕事帰りなどのお客さんでいっぱいになってしまうほどです。

両国のポパイは本格パブを目指しており、ビール等の品揃えのみならず、店内の雰囲気作りにも力を入れています。木を基調とした温かみのある店内は、海外のビアバーを彷彿とさせます。また、大型スクリーンによるスポーツ観戦で盛り上がることもできます。

地ビールへの情熱を感じるお店!

Photo bydghchocolatier

ポパイは昭和60年に両国で洋風居酒屋として創業したお店です。平成6年の酒税法緩和を受けて翌年2月に誕生した日本初の地ビール・エチゴビールを、同年早速導入し、翌年にはタップ数を増やし「全国の地ビールが飲めるお店」としてスタートしました。

それ以降も順調にタップを増設し、設備を整え、世界でもまれに見るほどのラインナップを誇りつつも、それらを最高のコンディションで提供することにこだわりをもっています。

ポパイのオーナーさん曰く、ビールは上手く扱うことで美味しくなるもので、まさにビールは生き物といえるのだそうです。保存方法はもちろん、提供方法までそれぞれのビールに合わせたものになっているそうです!

Photo byPexels

国内の地ビールをはじめ世界中のクラフトビールを提供するクラフトビール専門店として人気を集めるだけでなく、未だマイナーな種類のビールの知名度の向上を目指したり、新規参入のビア・パブのコンサルティグを行うなど、地ビールそのものの発展にまで力を入れています。

地ビールを愛しているからこそ、最も美味しいビールをお客さんに提供できるよう管理を徹底し、より多くの方が美味しい地ビールを味わえることを目指しているのです。

両国「麦酒倶楽部ポパイ」のビール

Photo byAnestiev

ポパイはクラフトビール専門店ですので、全国各地の地ビールや世界のクラフトビールを楽しむことができます。ポパイならば、今まで飲んだことのないビールに出会うことも期待できます。ポパイで飲めるビールについてご紹介します。

その数なんと70種類以上!

次のページ

お店に行く時は「今日のビール」をチェック

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング