レンジで簡単・手軽に温泉卵を作ろう!爆発しないレシピは?

レンジで簡単・手軽に温泉卵を作ろう!爆発しないレシピは?

鍋で作る温泉卵は、温度管理が難しいため失敗しやすい料理の一つです。しかし、レンジを使って作る温泉卵は、失敗なく簡単に作れます。今回紹介するレシピを使えば、爆発せずに温泉卵が手軽に作れるのでぜひ挑戦してみましょう。レンジを使うので、安心して温泉卵が作れます。

記事の目次

  1. 1.電子レンジに卵を入れると爆発する理由
  2. 2.電子レンジで温泉卵・爆発しない簡単レシピを紹介!
  3. 3.ダイソーには電子レンジで温泉卵を作るお手軽グッズも
  4. 4.電子レンジでは温泉卵だけでなくゆで卵も作れる
  5. 5.電子レンジで温泉卵を作ってみよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

電子レンジに卵を入れると爆発する理由

Photo byNicman

レンジでゆで卵を作ろうとして、生の卵をレンジにかけると爆発します。殻を割って目玉焼きをレンジで作っても、爆発するでしょう。なぜなら、卵は白身と黄身で固まる温度が違うからです。一般的に白身が完全に固まるのは摂氏80度ほどで、黄身は摂氏70度ほどになります。

レンジはすぐに中まで熱が届く構造です。温泉卵をレンジで温めるとすぐに固まり出し、膨張して白身や殻へ圧力をかけます。卵の黄身には薄い膜が張られているので、レンジで熱くなって膨張した黄身の熱の逃げ場がなくなるのです。結果、レンジで作った温泉卵が爆発してしまいます。

Photo bybaljeetmusiccomposer

逆に言えば、つまようじなどで黄身の膜に穴を開けておけばレンジで爆発しません。この理屈は、ラップのかけ方にも通じます。温める器にラップをぴったりかけてしまうと、水蒸気の逃げ場がなくなり「ポン」と大きな音がするでしょう。このような状態で器を持てば火傷しかねません。

レンジで温泉卵を作る時に注意したいのは、器の選択です。熱で溶けやすい発砲トレーや普通のガラス容器、ステンレス、ホーロー、アルミなどの容器は使えません。また、金や銀の柄がついた陶磁器も火花が飛び散るのでNGです。火事になるの危険のある容器に気をつけましょう。

Photo byStructuro

使っていいのは、無地に近い陶磁器、耐熱ガラス、耐熱プラスチックと覚えておきましょう。また、耐熱温度140度以上と明記されている容器も使用可能です。レンジを正しく使えば、簡単に温泉卵も作れます。レンジは、自分の空腹を満たす最強のパートナーです。

卵には2種類あり、からが赤い赤玉と、からが白い白玉です。一般的に卵は赤玉の方が価格が高いので、「おいしくて栄養面で優れている」とされています。しかし、からの色の違いによるおいしさに差はなく、栄養価にもまったく関係ありません。

レンジで作る卵焼き特集!簡単なのにふわふわな絶品レシピをご紹介のイメージ
レンジで作る卵焼き特集!簡単なのにふわふわな絶品レシピをご紹介
毎日の食事やお弁当に欠かせない卵焼きはレンジで手軽に、そして美味しく作ることができます。そこで、レンジを使った絶品卵焼きの作り方をまとめました!簡単にふわふわと仕上げるコツや、離乳食におすすめの卵焼きレシピもご紹介します。
レンジを使った半熟卵の作り方をご紹介!1分かからずにできるってホント?のイメージ
レンジを使った半熟卵の作り方をご紹介!1分かからずにできるってホント?
みなさん、電子レンジを使ってお料理の手間を省きたくありませんか。本日はそんな方のために、電子レンジを使って半熟卵を簡単に作れる作り方・レシピを伝授します!半熟卵、なかなか上手な火加減で作るのが難しいですが、時短で失敗しない簡単な作り方は必見です。

電子レンジで温泉卵・爆発しない簡単レシピを紹介!

鍋で作ると難易度が高い温泉卵ですが、レンジで作れば簡単に温泉卵が作れます。爆発しない、美味しい温泉卵をレンジで作りましょう。1個単位で作れるので、丼やパスタにも手軽に乗せられます。いつものおかずが、レンジで作った温泉卵でワンランクアップするでしょう。

レンジで温泉卵レシピ①マグカップに卵と同量の水を入れて、卵を静かに割り入れます。この時、レンジで卵が爆発しないようにつまようじで黄身に複数の穴を開けておきましょう。レンジに入れ、500wで約50秒加熱します。一気にレンジで加熱すると爆発するので、注意しましょう。

白身が透明から白色になるころが目安に、様子を見てレンジから取り出します。温泉卵の水を切ったら完成です。レンジで温泉卵レシピ②耐熱ボウルやコーヒーカップを2個用意します。それぞれにめんつゆ・大さじ1と水・大さじ2を加えましょう。卵を1個ずつ割ってラップをします。

レンジの中央に卵を入れた容器を置き、600wで1分間加熱して取り出します。残りも同様に作れば完成です。今回のレシピを使って、レンジで温泉卵を作ればダシの効いた温泉卵が手軽に作れます。温度管理が難しい温泉卵も、レンジで作れば手軽にふるふるの温泉卵が作れるでしょう。

ダイソーには電子レンジで温泉卵を作るお手軽グッズも

ダイソーで買える温泉卵調理器は、手軽にレンジで温泉卵が作れる優れ物です。ダイソーの温泉卵調理機は、数十秒で簡単にレンジで温泉卵が作れます。

ダイソーの温泉卵調理器レシピ①温泉卵調理機に冷蔵庫から出してすぐの卵を1個割り入れます。つまようじで黄身に穴を開けておきましょう。

水を少し入れ、500wのレンジで約30秒加熱します。付属の穴の開いた蓋で水を切ったら、温泉卵の完成です。卵にはヒヨコを誕生させるために必要な栄養素が豊富に含まれています。タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなど人間にとっても重要な栄養素です。

Photo by Infinity Studio

卵は「完全な栄養食」とも呼ばれています。コレステロールは人体にとって必要不可欠な栄養ですが、摂り過ぎないように悪者扱いされているでしょう。長年にわたり「卵は1日1個まで」といわれています。健康な人であれば、1日2~3個食べても問題ありません。

ダイソーの温泉卵調理機はレンジで1回に1個ずつしか出来ませんが、調理時間が短く簡単です。1個ずつ家族分を準備しても時間がかかりません。鍋を出さないので、洗い物も少なくすみます。手軽に温泉卵が作れるダイソーの温泉卵調理器は、一度使ってみる価値があるでしょう。

温泉卵を作るにはコツが必要

Photo bymusic4life

温泉卵は温度管理が重要なので、温度計を使ってきちんと温度を測るのがベストです。また、最近の卵は、同じパックの中に入っていても、実はひとつひとつサイズにバラつきがあります。レンジを使って複数の温泉卵を作る時は、なるべくサイズをそろえるのが温泉卵を作るコツです。

1つだけ温泉卵が欲しいときなどは、レンジ対応のマグカップを使うと簡単に作れます。コツは、卵が広がらないようにすることです。口狭いタイプのマグカップを使うと、キレイな温泉卵が作れます。半熟卵にならないように、レンジで数秒ずつ追加加熱して様子を見ましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

卵をレンジで温めると、「ポンと破裂して失敗する」と心配はつきものです。レンジ庫内温度が急激に上がりすぎると、破裂します。卵か固まる65~70℃になるように適切に温度×時間を設定すれば、わざわざ竹串などで穴を開けをしないでも大丈夫です。

お湯を入れるだけの温泉卵調理器もある

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

温泉卵は鍋で作れますが、タイマーをセットしたり、火のそばを離れられなかったりと、意外に面倒です。「レンジで温泉卵を作ると失敗しそう」と、感じている人は、お湯だけで作れる温泉卵調理器を使ってみましょう。セット&放置で安全に、失敗しない温泉卵ができます。

水だけで温泉が卵が作れるエッグスチーマー調理器は、ゆで時間の見極めが難しい半熟卵や、硬いゆで卵ももちろん作れます。また、温度管理が面倒な温泉卵も失敗しないです。卵を常温に戻す必要もありません。冷蔵庫から出した状態ですぐに調理できるのも嬉しいポイントです。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

温泉卵をエッグスチーマーで作る時間は約45分です。時間はかかりますが、スイッチをいれた後は放置しておきましょう。少量の水で加熱するのに、固ゆで・半熟・温玉などどの固さでも調整できます。難しい設定もなく、だれでも簡単に上手に温泉卵が作れるでしょう。

エッグスチーマーで一度に作れるのは最大3個までです。エッグスチーマーを使って作った温泉卵は、白身はプルプルで、中身はトロリとしています。絶妙な仕上がりなので、牛丼や鶏そぼろ丼などのトッピングとの相性抜群です。黄身を崩すと、しっかりからんでくれます。

電子レンジでは温泉卵だけでなくゆで卵も作れる

Photo bycongerdesign

レンジで作れるのは温泉卵だけでなく、レンジで固いゆで卵も作れます。レンジで作るゆで卵は、1個だけ作るときに便利です。レンジでゆで卵レシピ①アルミホイルで卵を包みます。マグカップにアルミホイルで包んだ卵を入れ、マグカップに7~8分目まで水を注ぎ入れましょう。

マグカップの上からふんわりとラップをかけ、600wのレンジで7分加熱させたら完成です。卵は隠れるようにしっかりとアルミホイルで包むようにしましょう。水が完全にかぶるように水を入れれば、レンジに入れたアルミホイルでも火花が出ることはありません。

Photo bycongerdesign

レンジでゆで卵レシピ②卵2個をゆで卵にする方法も紹介します。冷蔵庫から出した卵2個を、1個ずつアルミホイルでピッタリと包みましょう。耐熱ボウルに入れたら、ホイルが完全にかぶるまで水を注ぎます。ラップをふんわりかけて、600wのレンジで13分ほど加熱してください。

アルミホイルごと冷水に移して冷ましてから、殻をむきましょう。熱いままゆで卵のからをむいてしまうと、火傷の原因になります。レンジで作った熱い卵をむくときは気をつけましょう。ゆで卵が2個だけ必要なときは、鍋を出してゆでるよりもレンジで作る方が手軽です。

Photo byHans

アルミホイルが電磁波をさえぎる性質を利用し、卵にゆっくりと火を通す手法です。ホイルから火花が飛ぶのを防ぐため、水はかぶるくらいの量を厳守しましょう。ホイルはなるべく角が出ないようにし、レンジで15分以上加熱しないように気をつけてください。

レンジでゆで卵が作れると話題!爆発しない上手は作り方とはのイメージ
レンジでゆで卵が作れると話題!爆発しない上手は作り方とは
今回は電子レンジで簡単にゆで卵を作る方法をご紹介していきます。電子レンジでゆで卵を作る際には、気をつけなければならない点もあります。そこで、電子レンジを使っての調理の際の注意点も一緒に簡単にゆで卵を作る方法をご紹介していきます。
ゆで卵は今話題の【時短】で!レンジやフライパンを使った作り方をご紹介のイメージ
ゆで卵は今話題の【時短】で!レンジやフライパンを使った作り方をご紹介
忙しい主婦にとって毎日の食事作りをいかに時短で美味しく仕上げるかは重要なポイントではないでしょうか。今回はゆで卵を時短で作る話題の方法をご紹介します。ゆで卵は料理の幅を広げてくれますので大変便利な食材です。是非ゆで卵の時短テクニックを身につけましょう。

電子レンジで温泉卵を作ってみよう

Photo by ketou-daisuki

電子レンジで作る温泉卵は、手軽で安全に作れます。小さいお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。温泉卵があれば夕飯のおかずを1品増やせますし、おかずの上にトッピングしてみてください。温泉卵好きな人におすすめの失敗しない温泉卵レシピをぜひ、活用してみましょう。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

かりん
ライター

かりん

食べる事が大好きな専業主婦。日常に役立ちそうな情報を届けたいです。のんびり記事を執筆します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング