縁起のいい和菓子【いがまんじゅう】は埼玉の銘菓!誕生の歴史やおすすめの店は?

縁起のいい和菓子【いがまんじゅう】は埼玉の銘菓!誕生の歴史やおすすめの店は?

埼玉北部に伝わるいがまんじゅうは、まんじゅうに赤飯を組み合わせたユニークな和菓子です。甘じょっぱさが人気のいがまんじゅうは、縁起物として今でも食べられています。そんな埼玉・いがまんじゅうの魅力を、おすすめのレシピやおいしい人気店と併せてご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.【いがまんじゅう】とはどんな和菓子?
  2. 2.いがまんじゅうの作り方
  3. 3.いがまんじゅうがおいしい人気店を紹介
  4. 4.いがまんじゅうが通販で買えるお店
  5. 5.いがまんじゅうはボリューム満点♡おすすめの埼玉銘菓

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

【いがまんじゅう】とはどんな和菓子?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

日本には全国各地にさまざまな郷土料理が存在しますが、埼玉には「いがまんじゅう」という名前も非常にユニークな郷土料理があります。いがまんじゅうは縁起の良い食べ物として古くから食べられてきた和菓子ですが、埼玉全域で食べられている郷土料理ではありません。

実はいがまんじゅうは埼玉県の北部の農村地域に伝わる郷土料理で、その他の地域ではいがまんじゅうを知らない(食べたことがない)という埼玉県民の方が多いです。

いがまんじゅうはまんじゅうに赤飯がまぶされている

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

いがまんじゅうは、埼玉県の中でも穀倉地帯として有名な北部地域に伝わる郷土料理です。小麦の生産量は全国でもトップクラスで、昔から粉もの料理がよく食べられていました。その反面日本人の主食である米の生産は少なく、米は非常に貴重な食材でした。

このような特徴を持つ埼玉北部地域で、人気のいがまんじゅうは誕生しました。埼玉・いがまんじゅうは料理名にもある通り、和菓子の定番である「まんじゅう」の1種です。ただし埼玉・いがまんじゅうの見た目は、一般的なまんじゅうとはまったく違います。

まんじゅうにはいろいろな作り方がありますが、基本的に餡を皮に包んで蒸した和菓子です。もちろん埼玉・いがまんじゅうも、皮の中に餡がたっぷり詰まっています。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ところが皮の上には、一般的なまんじゅうには絶対にありえない「赤飯」がトッピングされているのです。赤飯の使い方はレシピによって違うので、まんじゅう全体を赤飯で包む作り方もあります。

ただし昔ながらの埼玉・いがまんじゅうは、メロンパンのクッキー部分のように赤飯をのせるのが定番です。しかも昔は重箱に詰めて祝いの席に持ち寄ったといわれていますから、「貴重な赤飯がたっぷり詰まった重箱料理=いがまんじゅう」が原点でしょう。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

埼玉・いがまんじゅうがなぜこのような不思議な和菓子になったのかについては、よくわかっていません。そもそも和菓子職人が作りだしたレシピではなく、埼玉北部地域の農家で代々作られていた郷土料理が「いがまんじゅう」です。

レシピ誕生の由来もよくわかっていませんし、なぜまんじゅうに赤飯を組み合わせたのかについても謎です。ただし諸説ある埼玉・いがまんじゅうの由来には、北部地域特有の事情が関係するものがあります。

フリー写真素材ぱくたそ

古くから小麦の生産が盛んだった北部地域ですが、米農家はほとんどなかったため、農家でも米はなかなか手に入りません。縁起物とされる赤飯ももち米を使うのですが、貴重なもち米をたっぷりと準備するのはとても大変です。

そこで「少量のもち米でもボリュームのある赤飯に見せたい」という想いから、小麦粉で作った大きなまんじゅうの上に赤飯をのせてかさまししたというのが、埼玉・いがまんじゅうの由来の1つにあります。

フリー写真素材ぱくたそ

ちなみに「忙しい農家の嫁が時短レシピとしてまんじゅうと赤飯を同時に蒸したところ、偶然にできあがった」という説も有名です。

いずれにしても一般的なまんじゅうに赤飯をのせて蒸し上げる埼玉・いがまんじゅうは、まんじゅうの甘さと赤飯の塩気がミックスした甘じょっぱさがおいしい和菓子といえます。

中日本にも似たような和菓子がある

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

赤飯をトッピングする独特の和菓子・いがまんじゅうは、埼玉北部地域に伝わる郷土料理です。ところが埼玉北部地域以外でも「いがまんじゅう」の名称で親しまれている郷土料理があります。

その地域というのが中日本で、いがまんじゅうのほかにも「いがもち」「いが饅頭」「毬もち」などの名称でも知られています。埼玉・いがまんじゅうは赤飯をトッピングしますが、中日本で食べられるいがまんじゅうは赤飯を使いません。

Photo by uka0310

その代わり赤飯にも使われるもち米を、飾りとして表面にまぶします。トッピングするもち米は着色することが多く、赤や緑などに着色したもち米をトッピングしたいがまんじゅうは、上品で華やかな印象になるのが特徴です。

なお埼玉・いがまんじゅうは農あがり(田植え後の農休期)・夏祭り・稲刈りの際にふるまわれていましたが、中日本のいがまんじゅうはひな祭りに食べます。

今でもその風習が残っている地域も多いです。そのためひな祭りが近くなると、街のスーパーでも色鮮やかないがまんじゅうが販売されます。

いがまんじゅうの作り方

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

埼玉・いがまんじゅうは、「まんじゅうに赤飯をトッピングする」がレシピの基本です。まんじゅうの餡も、種類にこだわらなくて構いません。埼玉・いがまんじゅうの人気店でも、店舗によって餡の種類は違います。

昔はまんじゅう作りから行ったものですが、最近はいちから手作りすることはほとんどなくなりました。そんな埼玉・いがまんじゅうは、お気に入りのまんじゅうと赤飯が準備できれば、簡単に手作りができます。

まんじゅうから作る場合は「もち米を蒸す(赤飯を作る)→まんじゅうを蒸す→赤飯をトッピングする」の手順になるので、赤飯は温かいものを準備してください。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

赤飯の準備ができたら、まんじゅうに赤飯をトッピングします。トッピングの仕方もお好みです。まんじゅう全体を赤飯で包んでもOKですし、メロンパンのクッキー部分のように赤飯をかぶせる方法でも構いません。

ただしまんじゅうが温かくなければ赤飯がうまくつかないので、トッピングをする前にまんじゅうを温めるのがポイントです。

トッピングが終われば完成ですが、赤飯に欠かせないゴマを最後にトッピングすると、お店で食べる埼玉・いがまんじゅうそっくりに仕上げることができます。

シャトレーゼは赤飯も買える!意外と美味しいおすすめ商品とはのイメージ
シャトレーゼは赤飯も買える!意外と美味しいおすすめ商品とは
シャトレーゼは多彩なお菓子をお手頃価格で提供する人気店です。そして意外と知られていませんが赤飯も販売されていて、絶品と話題を集めています。そこで、シャトレーゼの赤飯を調査しました!シャトレーゼの赤飯が美味しい理由や価格、また購入方法をご紹介します。
和菓子好き必見の絶品まんじゅうお取り寄せランキング!とっておきの一品は?のイメージ
和菓子好き必見の絶品まんじゅうお取り寄せランキング!とっておきの一品は?
優しい甘さの「まんじゅう」は、みんなが好きなおやつです。昔ながらのあんこをつかったまんじゅうはもちろん、洋風にアレンジしたまんじゅうも人気です。美味しいまんじゅうは、お取り寄せでも味わえます。お取り寄せして味わいたい、人気のまんじゅうをご紹介します。

いがまんじゅうがおいしい人気店を紹介

埼玉・いがまんじゅうは鴻巣市(旧・川里町)が発祥の地なので、おいしいと評判の店も鴻巣市に集中しています。

鴻巣市内にあるおいしい埼玉・いがまんじゅうの店は、まんじゅう全体を赤飯で包む「赤飯重視系いがまんじゅう」と、メロンパンのように赤飯をのせる「赤飯トッピング系いがまんじゅう」の2種類に分かれます。

赤飯重視系いがまんじゅうの中で超有名な店といえば、鴻巣市北根にある田嶋製菓舗でしょう。庶民的な味が特徴で、まんじゅうにはつぶあんを使用しています。赤飯が好きな人におすすめなのは、鴻巣市東にある大和屋製菓のいがまんじゅうがおすすめです。

まんじゅうよりも赤飯の割合が若干多めなのが特徴で、ボリュームもかなりあります。トッピング系いがまんじゅうでおすすめなのは、鴻巣上谷にある千明だんごです。

まんじゅうに包まれていないタイプなのでカロリー控えめになっていますし、食べやすい大きさなので女性に人気があります。

鴻巣市人形にあるだんごの三好もトッピング系いがまんじゅうの店ですが、下の部分以外はほぼすべて赤飯に包まれているのでかなりボリュームがあります。

生地がみっちりと詰まったまんじゅうにもちもち食感の赤飯がたっぷりとトッピングされているので、まんじゅうと赤飯の食感の違いが楽しめるおいしい埼玉・いがまんじゅうです。

いがまんじゅうが通販で買えるお店

埼玉北部地域のみで食べられていた和菓子・いがまんじゅうを全国的に有名にした田嶋製菓舗は、埼玉・いがまんじゅうの地方発送に対応しているところもおすすめです。

「おいしい埼玉・いがまんじゅうを食べてみたい」という場合は、食べきりサイズの「いがまんじゅう6個入りパック」がおすすめです。田嶋製菓舗の「いがまんじゅう6個入りパック」は、簡易包装タイプと箱入りタイプの2種類があります。

贈答品にするなら「いがまんじゅう6個入り箱詰め(税込み1000円)」がおすすめですし、自宅で埼玉・いがまんじゅうの味を楽しみたい時は、簡易包装の「いがまんじゅう6個入りパック(税込み900円)」がおすすめです。

大人数用の「いがまんじゅう20個入り箱詰め(税込み3200円)」も人気があります。個別包装されているので、余った場合には冷凍保存することも可能です。ちなみに田嶋製菓舗では、少量タイプもお取り寄せができます。

最小タイプとなっているのが「いがまんじゅう2個入りパック(税込み300円)」で、2個入りパックのみでもお取り寄せが可能です。また「いがまんじゅう3個入りパック(税込み450円)」や「いがまんじゅう5個入りパック(税込み750円)」もおすすめです。

なお埼玉・いがまんじゅう発祥の地といわれる鴻巣市に店舗を構える田嶋製菓舗では、平日でも行列ができるほど人気があります。そのためおいしいと評判のいがまんじゅうを待たずに食べたいなら、2個入りパックから注文ができる地方発送を利用するのがおすすめです。

ちなみに田嶋製菓舗のいがまんじゅう・お取り寄せは、店舗に直接電話またはFAX注文となっています。FAX注文の場合は専用の注文用紙が用意されているので、田嶋製菓舗公式WEBサイトからダウンロードしてください。

埼玉でおすすめのお土産19選!意外にも銘菓の宝庫だった?のイメージ
埼玉でおすすめのお土産19選!意外にも銘菓の宝庫だった?
東京を含む関東各地域から簡単に行ける埼玉は、ご当地銘菓やグルメ、おしゃれな雑貨などの魅力的なお土産が揃う土地です。今回は埼玉でおすすめのお土産を、お菓子から伝統銘菓、お酒のおつまみから雑貨まで幅広くまとめました。埼玉旅行の際にはお土産探しも楽しみましょう!

いがまんじゅうはボリューム満点♡おすすめの埼玉銘菓

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

農家に伝わる縁起の良い和菓子として食べられてきたいがまんじゅうですが、今では埼玉のご当地グルメとして全国的に人気があります。

特にいがまんじゅう発祥の地といわれる埼玉・鴻巣市にはおいしいいがまんじゅうの店が多数あり、食べ比べも楽しめます。全国発送している店もあるので、お取り寄せしてみてはいかがですか?

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング