岡山の激ウマラーメン17選!地元おすすめ有名店や老舗が勢ぞろい

岡山の激ウマラーメン17選!地元おすすめ有名店や老舗が勢ぞろい

ラーメンと言えば日本のご当地グルメとしても有名ですが、岡山ラーメンの特徴と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。特別特徴がなさそうに思えますが、歴史があり岡山を代表するB級グルメとして愛されています。今回は愛すべき岡山ラーメンについてご紹介していきましょう!

記事の目次

  1. 1.岡山にはおすすめの「ラーメン」店がたくさんある
  2. 2.岡山で「有名」なラーメンの名店3選
  3. 3.岡山でおすすめの「老舗」ラーメン3選
  4. 4.岡山の「地元で評判の」ラーメン2選
  5. 5.岡山で「ボリューム自慢」のおすすめラーメン3選
  6. 6.岡山で「駅前」にあるラーメンの名店4選
  7. 7.岡山で「変わったメニュー」のあるラーメン店2選
  8. 8.岡山でおすすめの「ラーメン」をぜひ食べよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岡山にはおすすめの「ラーメン」店がたくさんある

Photo byMasahiro_Yoshizawa

桃太郎ゆかりの地「岡山」、そこは倉敷美観地区や多くのメディアで話題の天空の城「備中松山城」などがある、たくさんの見どころがある場所です。そんな岡山ではご当地グルメも健在です。

岡山はたくさんの果物が採れることで知られていますが、岡山県民に愛されているB級グルメとして「岡山ラーメン」があります。県外の方だと岡山ラーメンと聞いて今1つピンとこないかもしれません。

Photo by pika1935

とりわけ特徴があるわけでもないラーメンに感じられますが、岡山ラーメンはいわば雑食ラーメンのようなものです。考え方として「岡山ラーメン」という流派があり、派閥として「〇×系」「△△系」というように分けられます。「〇×系岡山ラーメン」という考え方です。

岡山系岡山ラーメンは鶏がら醤油もしくは豚骨醤油で、細麺もしくは中細麺のストレートでちぢれ麺はありません。この岡山系岡山ラーメンを主軸として、多くの派閥があるのが岡山ラーメンです。

Photo by macbsd

捉えどころのない岡山ラーメンを今回はすっきりとまとめてみましょう!王道岡山ラーメンの有名店からボリューム自慢で有名な名店、一風変わったラーメンメニューのある有名店など、ラーメン好きには必見の内容です。

岡山ラーメンの特徴は?

Photo by rhosoi

なかなか掴みどころのない岡山ラーメンの特徴をピックアップしてみましょう。岡山ラーメンはコクと旨味が凝縮されたスープが特徴のラーメンです。コクがありつつ後味すっきりな醤油ベースのスープ、もしくは奥深い味わいのする豚骨ベースのスープが主流です。

岡山県岡山市を中心に広まったご当地ラーメン・B級グルメとして知られており、発祥は第2次世界大戦後の岡山市街地の屋台もしくはバラック小屋と言われています。そこから各店舗がオリジナリティあふれるラーメンを生み出し、現在の岡山ラーメンとなっています。

岡山で「有名」なラーメンの名店3選

Photo by penpenpen

ではさっそく岡山ラーメンについてご紹介していきましょう。まずは「岡山ラーメン」と言えば、岡山県民誰もが思い浮かべる名店を3軒ご覧いただきます。全国のラーメンラバーの中にはご存知の方もいるかもしれません。

「そば作」

Photo by crewords

「そば作」はネットで「金川の駅前にとても美味しいラーメン屋がある」と話題にのぼったラーメン屋として有名です。夫婦2人できりもりしているため、ラーメンは早めに品切れになる場合もよくある地元でも人気の名店です。

「そば作」のラーメン・ラインナップは「醤油」「とんこつ醤油」「塩」「チャーシュー麺」で、ランチでは白ご飯や半チャーハンがセットになるなど、よく食べる人にはお得な内容となっています。スープはお肉と魚のダブル使いでコク深く香り高い仕上がりです。

Photo by Yuya Tamai

塩ラーメンはあっさりかと思いきや、店主こだわりの「節」をじっくり効かせた魚介の旨味がたっぷりの塩ダレにショウガにんにくを加えてパンチを出し、丸鶏を煮込んだ贅沢な濃厚スープを合わせて味に広がりを出しています。麺は若干太めの中細麺です。

トッピングには香ばしさとアクセントが光る焦がしネギ、ボリューミーな肩ロースとふわとろ食感のバラ肉、2種類のチャーシューが乗せられます。さらに岡山ラーメンではあまり見ることができないナルトが中心に乗せられ、お客さんの目の前に出されます。

Photo by bethom33

自慢の醤油とんこつは、和風の魚介の旨味を損なわないよう、豚のゲンコツのみをじっくり煮だしたスープを使っています。ぱっと見る限り濃厚そうで脂も浮いているスープなのに、一口飲めばフワリと軽くまろやかな口当たりで、重たくないのが特徴です。

しかし味に特徴がないわけではなく、魚介の旨味と豚骨のパンチが効いていながら、その余韻を残しつつふんわり軽いスープは飲め干せる勢いです。「そば作」のラーメンはお客さんの意見を参考に日々改良を重ねているため、「以前来たときと味が違う」ことがあるようです。

美味しいものを常に追求し続ける店主と、多くの「そば作」ファンによって「そば作」のラーメンの味は更新し続けています。

住所 岡山県岡山市北区御津金川344-4
電話番号 086-724-9123

「らーめん 山下商店」

Photo by Yuya Tamai

岡山で本格派豚骨ラーメンを出してくれるのが「らーめん 山下商店」です。岡山で地元民は知らない人はいないとまで言われる、かなりの有名店・老舗ラーメン屋です。老舗らしく歴史は古く、屋台かららーめん 山下商店は始まったと言われています。

店内はカウンターとテーブル1つという仕様になっており、外には行列が連日できる盛況ぶりです。カウンターやテーブルの上にはにんにく、高菜やショウガ、もやしのナムルなどがあるので、自由に食べることができます。

Photo by rhosoi

メニューはシンプルにとんこつラーメンのみで、「とんこつラーメン」「唐辛子入りの赤いとんこつラーメン」「熊本ラーメン」の3種類で、ご飯や替え飯があります。トッピングはたまごやネギになります。ラーメンの替え玉は1玉と、半玉があるので女性にも嬉しいです。

らーめん 山下商店では麺の茹で上げの硬さも選ぶことができます。粉落としからはじまり、針金、バリカタ、カタメンに普通、そして柔らかめがチョイスできます。とんこつラーメンの本場福岡でもここまで細かく麺の硬さを設定しているところは少ないです。

Photo by bethom33

基本の「とんこつラーメン」のトッピングはきくらげ、ネギ、チャーシューとシンプルですが、スープが白濁色になっており、香りからしてとんこつのかぐわしい香りが湯気とともに漂ってきます。麺は極細、スープとよく絡むストレートでコシのある麺です。

とろみのあるスープを一口飲めば、強火で豚骨をじっくり煮出し、旨味凝縮したスープがダイレクトに舌に響きます。本場福岡のラーメンにも負けない力強さが感じられるスープに本場と同じ極細麺は一瞬福岡にいるような錯覚を生み出します。

Photo bysilviarita

チャーシューが口の中でまろやかにとろけ、ネギときくらげがアクセントになっているのもおすすめです。卓上にあるごまをラーメンへ入れれば風味豊かになり、一層口当たりが優しくなります。

有名な長浜ラーメンを彷彿とさせるラーメンで地元民も全国区のファンをも魅了しているらーめん 山下商会のとんこつラーメンは、とにかくスープが美味しく、最後はご飯を投入しておじや風にしてしっかりいただきたい1杯です。

住所 岡山県岡山市北区蕃山町4-12
電話番号

「天神そば」

Photo by Kossy@FINEDAYS

岡山ラーメンの中でも老舗中の老舗、そして最も人気があり行列ができると言われているのが「天神そば」というラーメン屋です。岡山ラーメンの生みの親とも言われている天神そばは、戦後屋台から始まった老舗有名店です。

天神そばのメニューはいたってシンプルで、「天神そば」のみ、この天神そばに自分好みのトッピング(肉抜き野菜のみや大盛り卵入りなど)をして食べるのがおすすめです。地元民も、全国のラーメン通も通うと言われる天神そばにはどのような秘密があるのでしょうか。

Photo byAlexas_Fotos

天神そばのスープは純鶏ガラのみを使った透き通ったスープです。丼1杯に鶏1羽を使うと言われる天神そばのスープは、鶏油で全体がコーティングされているけれど、しつこさやくどさは感じられず、コクと旨味、甘味がマイルドに引き出されています。

天神そば秘伝の醤油ダレとスープを合わせれば、瞬く間に有名になったのも頷ける極上のスープができあがります。また一味唐辛子もいい仕事をしてくれます。卓上にある一味唐辛子をひと振りすれば、コクが一層際立ちます。

Photo by tadtad

ストレートの細麺はしっかり弾力が残された茹で上がりで、小麦の香りも一緒に楽しむことができ、なおかつスープとよく絡みます。大量の親鶏のガラを追い炊きするので、時間帯によって微妙に変化するスープの味わいも名店の名に恥じない楽しさです。

住所 岡山県岡山市北区天神町1-19
電話番号 086-223-7057

岡山でおすすめの「老舗」ラーメン3選

Photo by macbsd

岡山で特に人気の有名店をご紹介しましたが、ここからは岡山で「老舗」と言われているラーメンの名店をご紹介していきましょう。戦後から始まった岡山ラーメンの歴史は古く、老舗と呼ばれるにふさわしいラーメン屋さんがたくさんあります。

老舗と言われるラーメン屋さんの中でも、特におすすめの3軒をピックアップしてお届けしましょう。

「中華そば 浅月 本店」

Photo by rhosoi

岡山ラーメンの元祖とも言われている老舗のラーメン屋さん、それが「中華そば 浅月 本店」です。昭和23年創業の、古くから地元民にも愛されてきている有名店で、店内に一歩入れば有名人のサイン色紙がずらりと飾られているのが目に入ります。

カウンターはなく、テーブルと小上がりの席がある店内でいただけるおすすめのラーメンは「中華そば」です。トッピングによって多少アレンジができるようになっています。中華そば 浅月 本店が先駆けとなったご当地ラーメン「カツそば」は食べておきたい1杯です。

Photo by yto

スープは全てのラーメン同じで、岡山ラーメンの特色でもある豚骨ベースの醤油です。しっかり豚骨を煮出した濃いめスープがこってりとマイルドで舌に残るのが心地いいです。トッピングはチャーシューにメンマ、ネギとシンプル、そこへ肉厚のトンカツが乗ります。

ラーメンの上にトンカツが1枚どーんと乗るという、そのフォルムにもラーメンラバーはテンションが上がるに違いありません。そのボリュームもさることながら、味もお墨付きということで、岡山に来たら食べておきたい1杯です。

Photo by hildgrim

チャーシューは赤味と脂身のバランスが良い豚ロースを使い、食べ応えのある食感に仕上げています。ストレートの中細麺が濃厚スープによく絡み、肝心のトンカツはすぐにふやけないようにあえて衣が厚くつけられ、ザクザクと揚げられています。

衣に染み込んだスープの味と一緒にボリューム満点のトンカツを食べすすめ、終盤になれば衣がスープを吸って柔らかくなる食感の変化も楽しめる、中華そば 浅月 本店のラーメンはまさに岡山おすすめのラーメンと言えるでしょう。

住所 岡山県岡山市北区奉還町2-5-25
電話番号 086-252-1400

「だてそば」

Photo by rhosoi

続いてご紹介する岡山ラーメンの老舗は「だてそば」です。岡山の県庁通りから少し入ったところにたたずんでいる、岡山のご当地グルメとして注目されているラーメン屋さんです。定番メニューは「志那そば」と「デミカツ丼」、この2種類です。

岡山ラーメンの老舗らしく店内はカウンターとテーブルのみの良い意味でぶっきらぼうな雰囲気です。しかし店主の愛想のよさや気配りは抜群、注目の志那そばのスープは醤油が懐かしく口の中で香る優しい口当たりです。

Photo by ume-y

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギとシンプルながらチャーシューは2種類の醤油で煮込んだ老舗ならではの深い味わいがあります。麺は細麺ストレートで比較的さらりと食べられるのが特徴です。だてそばへ来たら志那そばと一緒に頼みたいのが「デミカツ丼」です。

ご飯の上にトンカツを乗せ、デミグラスソースをかけて卵で閉じたもの、B級グルメ王国岡山の注目株となっているデミカツ丼ですが、だてそばのデミカツ丼は、卵で閉じずに生卵を落としてお客さん自ら崩して食べるスタイルです。

フリー写真素材ぱくたそ

卵で閉じておらず生卵を落としているスタイルは岡山でもあまり見かけないとのことです。トマトの酸味をあまり感じさせないデミグラスソースは、どちらかと言えばウスターソースに近い味わいを見せます。

デミグラスソースはラーメンスープで割られているので、奥行きある広がりを見せてくれます。カツは衣が薄くカリっと上がっており、生卵と混ぜることでデミグラスがまろやかになり、より豊かな味わいになるのが楽しい、だてそばおすすめの一品です。

住所 岡山県岡山市北区表町2-3-60
電話番号 086-222-6112

「味自慢 中華そば専門 あまい からい」

Photo by rhosoi

岡山ラーメンでおすすめの老舗ラーメン屋さん、最後にご紹介するのは「味自慢 中華そば専門 あまい からい」です。リピーターが非常に多い地元でも名店と言われている全国区で有名な老舗ラーメン屋さんです。

「あまいからい」も戦後の屋台が発祥という老舗ながらの古い歴史を持っています。メインメニューは「中華そば」で、プラスあまいからい名物「こま切れチャーシュー麺」や「おでん」「こまめし」などがあります。

Photo by t_kawaji2010

あまいからいでは月曜から土曜日17時から20時までの間は、替え玉が無料となり大変お得です。中華そばはあっさりしつつ深みある豚骨、鶏ガラ、野菜のスープで岡山ラーメンの特徴がよく表現されています。中太麺はつるつるっとしたのど越しでこれまた楽しくいただけます。

トッピングはチャーシューとメンマ、もやし、ネギです。先代がチャーシューの切れ端が勿体ないということでお客さんに出したのが始まりのこま切れチャーシューは、今ではあまいからいの名物グルメになっています。

Photo by rhosoi

チャーシュー麺よりリーズナブルで、しかししっかりチャーシューの旨味を味わうことができる、ご飯の上にチャーシューの乗った、名物「こまめし」も、あまいからいに行ったら味わっておきたいです。ランチタイムにはセットがあるので利用すると良いでしょう。

老舗というだけあってラーメンも本格的でありつつ、チャーシュー1つとっても絶品おすすめの料理がでてくるので、何を注文してもハズレのないラーメン屋さんであることは間違いありません。

住所 岡山県岡山市北区駅前町2-2-1
電話番号 086-225-6927

岡山の「地元で評判の」ラーメン2選

Photo by rhosoi

岡山の老舗ラーメン屋さんをご紹介してきましたが、3軒とも老舗と呼ぶにふさわしいメニューで楽しませてくれます。ではここで地元民に深く愛されている、地元民が絶賛しおすすめしている有名岡山ラーメンを2軒ご紹介しましょう。

「岡山ラーメン麺屋楽長。」

Photo by rhosoi

女性でも入りやすい、「岡山ラーメン麺屋楽長。」のスタイリッシュな店内で食べられるのは、店主のこだわりが強い1杯です。美味しいスープ、美味しい麺、美味しい具材が揃って初めてラーメンが成り立つ、それは「三味一杯」、麺屋楽長。のモットーです。

肝心のラーメンは意外にあっさりとくどくないスープでするすると飲み干せる勢いです。麺もコシがあるシコシコした中細麺、ちゅるりと喉を通っていきます。チャーシューは丁寧な仕事をされており、口の中でほわっととろけます。煮卵もしっかり味染みでおすすめです。

Photo by takamorry

トッピングはチャーシューとメンマ、煮卵という飾らないラーメンが地元のファンを増やしています。地元ラーメン通でも老舗に通いつつ、シンプルでスタイリッシュで丁寧な仕事がされた岡山ラーメンとして麺屋楽長。のラーメンを支持しています。

住所 岡山県岡山市北区表町1-3-53 YS21ビル 1F
電話番号 090-2861-8516

「元祖岡山とりそば 太田」

Photo by dreamcat115

岡山とりそばの元祖と言われているのが「元祖岡山とりそば 太田」です。女性おひとり様でも気軽に入れるように作りは白木を使い、店内はカウンターのみ、作り手とスムーズな対話ができるようになっています。

おすすめメニューの「とりそば」はその名の通り鶏ガラスープに豚肉の代わりに鶏チャーシューを使ったラーメンです。毎日5時間は煮込まれている鶏ガラはまろやかでコクがあり、優しい甘みを感じられます。表面が白っぽいツルツルの中細麺が、深いスープとよくマッチします。

フリー写真素材ぱくたそ

とりそばのメインとも言える鶏チャーシューの鶏は、岡山の隣、鳥取県のブランド鶏「大山どり」を使って、噛むほど柔らかくジューシーに仕上げています。とりそばの名店と言われるほど有名なとりそば太田のとりそばは、千切りキャベツのトッピングもポイントです。

ツルツルモッチモチの麺にキャベツの甘みがよりスープの甘さを際立たせているのがわかります。岡山で有名なとりそばのお店と言えば地元の人なら誰もが元祖岡山とりそば 太田を教えてくれることでしょう。地元民の幅広い年齢層から愛されているラーメン屋さんです。

住所 岡山県岡山市北区表町1丁目7-24
電話番号 086-236-0310

岡山で「ボリューム自慢」のおすすめラーメン3選

Photo by Tomotaka

味のクオリティは欲しい、でもラーメン1杯でお腹いっぱいになりたい、そんな方もいるでしょう。岡山ラーメンの有名店の中には、岡山ラーメンらしさをしっかり刻みつつ、ボリューム自慢で有名なラーメン屋さんも多数存在します。

ボリューミーで、かつ最後までスープも飲み干せるほど美味しい、おすすめの岡山ラーメンの名店を3軒ピックアップしてご覧いただきましょう。

「ラーメン 一喜 岡山」

Photo by rhosoi

「ラーメン 一喜 岡山」はコストパフォーマンが良くおすすめだとして地元民からも愛され、慕われている名店です。「中華そば」単品価格450円と大変リーズナブルでありつつ、醤油ベースのラーメンはほっこり懐かしい味わいを醸し出します。

麺は中細ストレートでツルツルとのど越しが良く、次々箸が進みます。ラーメン 一喜 岡山では定食が大変おすすめで、「から揚げ定食」「餃子定食」はスピード勝負で売り切れ必須です。店主曰く「初めての人は定食はおすすめしない、量が多いから」ということだそうです。

Photo by norio_nomura

中華そばに強めにカラリと揚げられたから揚げ、白米がついて700円です。餃子定食も、1つ1つ手作りで具をぎっしり詰めたのがわかるボリューミーな餃子と白米、中華そばで700円、その他定食はすべて700円というリーズナブルさで、食べ応えあります。

中華そばだけでも「大盛り」にすることができますので、ラーメンだけでもしっかりお腹が膨れます。脂身がとろとろに崩れるほど煮込まれたおすすめのチャーシュー、シナチクにネギというトッピングのシンプルさがスープの軽やかさを引き立てます。

住所 岡山県岡山市北区今7-24-31
電話番号 086-243-5520

「らーめんふぁみりー 岡山店」

Photo by rhosoi

「らーめんふぁみりー 岡山店」は店内が比較的広い、カウンターとテーブル席、禁煙・喫煙にわかれたファミリーレストランの装いを見せるラーメン屋さんです。扱っているラインナップが幅広いことがウリであり、味も確かなことが名をはせている理由でしょう。

メニューはさまざまな種類の味のラーメンに、セットもの、定食などがあります。替え玉が1玉まで無料というたくさん食べたい方にはおすすめのお店です。地元民もコスパが良いので良く通っているようです。

Photo byhoyas

あっさり仕立ての醤油ラーメンから後を引く美味しさの味噌ラーメン、豚骨ラーメンまで幅広く取り扱っており、お好みの丼やご飯ものをセットにすることができるので、組み合わせは無限大です。

赤ラーメンや天津飯などメニューが豊富

Photo by Yuya Tamai

ボリューム満点でたっぷりお得に食べたい方には、ラーメンとミニ丼の「得セット」がおすすめでしょう。らーめんふぁみりー 岡山店では天津飯やチャーハン、餃子やから揚げ、プチおにぎりなどラーメンと一緒に食べたいメニューが揃っています。

ラーメン単品でも、豚骨ラーメンでは舌先にピリリと刺激が走る「赤ラーメン」、より深い味わいがある「黒ラーメン」があり、どちらも楽しむことができます。

住所 岡山県岡山市津島京町1-2-19
電話番号 086-256-1511

「ラーメンきずな」

Photo by hm7hm7

岡山で「二郎系ラーメン」が食べられるとして、「ラーメンきずな」はオープンしてから行列が絶えません。二郎系ラーメンとは、東京の「ラーメン二郎」に影響を受けたラーメン屋さんがその根っこは守りつつ、お店独自のオリジナリティを出したラーメンです。

高くそびえたつ野菜タワー、積み重なる厚切りチャーシュー、麺が見えない背脂の浮いたスープ、極太麺が特徴で、ジャンキーな味わいが中毒性を醸し出し、たちまち食べた人を虜にしてしまうラーメンです。そのラーメンが岡山県に上陸しました。

Photo by hazuijunpei

一般的なラーメンが麺120gから150gに対し、二郎系ラーメンのラーメンきずなの普通盛りは「350g」です。このメガ盛りサイズも二郎系ラーメンならではです。普通盛りを食べても良いのですが、ラーメンきずなでは自分流にラーメンをカスタマイズすることが可能です。

購入した食券を渡した直後に麺の量を店員さんに伝え、席に着いてから「にんにくヤサイマシアブラカラメマシマシ」というような特殊なコールをします。「マシ」は増量の意味で、「にんにくと野菜増し、アブラ(背脂)カラメ(タレ)増し増し」という意味になります。

Photo by kenken5959

「マシ」をうまく使い回して自分流のラーメンきずなのおすすめトッピングアレンジをしてみましょう。ボリュームで言えば、大満足することは間違いない、多くの地元民に愛されるお店です。

住所 岡山県岡山市北区野田屋町1-2-16
電話番号

岡山で「駅前」にあるラーメンの名店4選

Photo by Kentaro Ohno

岡山が地元だという方も、岡山へ旅行へ行くという方も、駅チカに岡山ラーメンの名店が揃っていれば、遊びに行くついでに、旅先で到着してすぐに、絶品ラーメンを食べることができます。ここからは、そんな好立地条件が揃っている岡山ラーメンの名店をお届けします。

「小豆島ラーメンHISHIO 岡山駅前店」

Photo by Richard, enjoy my life!

「小豆島ラーメンHISHIO 岡山駅前店」は、岡山駅からわずか3分ほどの好立地で、地元民にも親しまれているラーメン屋さんです。小豆島醤油とカタクチイワシをじっくり煮込んだ魚介系スープはとろり濃厚そうですが、和風の風味が感じられるさっぱり味です。

太めに感じられるストレート細麺がスープによく絡み、茹で具合も硬めに仕上がっておりコシがあって美味しくいただけます。コクがあるのにあっさりと、しかも替え玉し放題というラーメン好きには嬉しいところです。魚介系が苦手という方でも食べやすいラーメンです。

住所 岡山県岡山市北区本町2-23
電話番号 086-230-0430

「博多とんこつ ばり 岡山駅前店」

Photo by rhosoi

「博多とんこつ ばり 岡山駅前店」は岡山駅から6分ほどのところにあるラーメン屋です。自慢のスープは豚の豚骨を12時間以上強火で煮込み、余分な脂をしっかり飛ばした綺麗な白濁色です。こってりしつつもすっきりした飲み口です。

地元民もおすすめするのがこちらの「バリめん」です。最もスープの特徴が際立つシンプルなラーメンになっています。チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトというシンプルなトッピングだからこそ、スープの旨味を体中に染み渡らせることができます。

住所 岡山県岡山市北区錦町6-10 久世ビル1F
電話番号 086-232-7338

「麺屋たくみ 駅前店」

Photo by rhosoi

駅前にあるイオンモール岡山の斜め向かいにオープンした「麺屋たくみ 駅前店」も駅チカ絶品ラーメンの名店です。出されたラーメンのスープはどろりと濃厚な装いを見せますが、口に含めばふわりと魚介の軽やかな風味が広がる飲みやすい口当たりです。

本来なら駅ビル内にあるはずの麺屋たくみですが、駅ビルの工事のため一時的に駅前に移動しているとのことです。ラーメンとともにいただけるデミカツ丼はカツが揚げたてザクザク熱々で、デミグラスソースのとろける後引く濃厚さがたまりません。

住所 岡山県岡山市北区錦町1-30
電話番号 086-225-5522

「博多ラーメン にこいち」

Photo by Kossy@FINEDAYS

岡山駅前、第一セントラルビルの地下の飲食店が立ち並ぶ中に「博多ラーメン にこいち」は、その存在感を放っています。本格的な博多ラーメンが食べられるとして、地元民も多く足を運ぶラーメン屋さんです。

粘度の高いスープはこってりを想像させますが、意外にあっさり、豚骨の嫌なクセや臭いがありません。麺は茹で加減を選べるので、好みの硬さでいただくことができます。概ねの方はバリカタから硬めを選ぶようです。

Photo by Kanko*

とろっとろに煮込まれたチャーシューも、シャキシャキ食感のきくらげも、しゃりっと刻みネギもいい仕事をしています。セミオーダーできる餃子も皮がパリッとしていてトータルで大満足できる名店です。

住所 岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビルB1F
電話番号 086-225-6464

岡山で「変わったメニュー」のあるラーメン店2選

Photo by TAKA@P.P.R.S

B級グルメの宝庫である岡山では、変わり種のラーメンを食すこともできます。風変わりなそのラーメンとはどのようなラーメンなのでしょうか。最後に岡山で食べることができる変わり種岡山ラーメンをご覧いただきましょう。

「ラーメン太郎」レモンラーメン

Photo by kaidouminato

岡山の国道2号バイパス沿いにある「ラーメン太郎」と言えば、岡山県民であれば「レモンラーメン」と返してくるほど有名なお店です。名前の通り、ラーメンの上にびっしりレモンの輪切りが敷き詰められている、なんとも涼しげなラーメンです。

レモンラーメンを邪道として受け付けなかった人々も、一口食べればその美味しさに「今までどうして食べなかったのか」と自問自答してしまう、クオリティの高さです。塩系の豚骨スープはコクがあり老舗ラーメン屋に負けないハイクオリティです。

Photo byMyriams-Fotos

嬉しいサプライズとしてレモンをずらせば、そこには分厚いチャーシューがお目見えします。レモンは大きめ輪切りが9枚、レモン1個分と予想されます。チャーシュー麺にも匹敵するボリュームのチャーシューが乗っているのもポイントです。

レモンを箸で押して、スープにレモン汁をなじませれば、風味豊かな味へ変化し、最初と最後でまるきし違う味わいのラーメンをいただくことも可能です。もちろん酸味が苦手な人のために小皿も用意されています。

Photo by nakashi

見た目にも涼やかでさっぱりいただけるレモンラーメン、1度体験してみてはいかがでしょうか?

住所 岡山県岡山市南区新保660-10
電話番号 086-241-9662

「華麺」カレーラーメン

Photo by macbsd

岡山ラーメン最後を飾るのは、子供から大人まで大好き「カレー」を使った、「カレーラーメン」を提供している「華麺」です。駐車場は5台ほどのスペースに、店内はカウンターとテーブル席という仕様の華麺では、「カレーラーメン」、「リッチ」「ホット」を頼むことができます。

「カレーラーメン」はスパイシーな香りが広がるやや甘口です。「リッチ」は奥行きのあるルータイプ、「ホット」はスパイシーなスープタイプになっています。セットメニューもあり、柔らかくジューシーなから揚げとのセットが人気ナンバーワンです。

Photo by macbsd

たまご色のツルツルっとした麺はよくカレースープに絡み、相性抜群です。ぶ厚めのチャーシューも柔らかく、しっかり味がついているのでカレーのパンチに負けません。本場カレーラーメンをお望みの方は華麺でいただいてみましょう。

住所 岡山県倉敷市下庄372-8
電話番号 086-462-1277

岡山でおすすめの「ラーメン」をぜひ食べよう

Photo by Zengame

岡山ラーメンは「醤油ラーメン」というような、枠に捉われないラーメンであることがわかりました。「岡山ラーメン」という軸を残しつつ、お店ごとにまったく異なる味わいのラーメンは食べ歩きにもおすすめです。岡山ラーメン旅行を計画するのも楽しいことでしょう。

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住。地元でドトール娘・姉さんと呼ばれるドトール通。食いしん坊・料理好きが活きて(?)グルメ系記事が得意。読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じるものかき。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング