ミシュラン掲載店「らぁ麺やまぐち」で絶品ラーメンを!店舗情報も

ミシュラン掲載店「らぁ麺やまぐち」で絶品ラーメンを!店舗情報も

ミシュランに連続して掲載されている有名店「らぁ麺やまぐち」の情報をご紹介します。醤油ベースの絶品中華そばやトッピングについて、さらに姉妹店舗の「らぁ麺やまぐち辣式」の情報も漏れなくチェックしていきましょう!人気店「らぁ麺やまぐち」です。

記事の目次

  1. 1.らぁ麺やまぐちとはどんなお店?
  2. 2.らぁ麺やまぐち:ラーメンと店舗を紹介
  3. 3.らぁ麺やまぐち辣式とはどんなお店?
  4. 4.らぁ麺やまぐちの混雑状況
  5. 5.らぁ麺やまぐちに一度行ってみたい!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

らぁ麺やまぐちとはどんなお店?

「らぁ麺やまぐち」という店舗は、素材のうまみや長所を活かす中華そばのラーメン屋さんです。「らぁ麺やまぐち」でいただけるメニューの中で、特に看板となるラーメンは「鶏そば」と、「鶏つけそば」の2品になります。クセの少ない中華そばは、子供から大人まで食べやすいのでおすすめです。

「らぁ麺やまぐち」の店舗は2013年1月に高田馬場でオープンしましたが、現在は西早稲田の方に移転し、外に行列を作るほどの人気の高さを維持しています。「らぁ麺やまぐち」の食べログ評価を見ると、2020年4月時点で3.88点を獲得し、どれほどたくさんの支持を得ているかわかります。

ミシュランビグブルマンに選ばれる

「らぁ麺やまぐち」は、ミシュランビブグルマンに選ばれているラーメン屋さんです。そもそもミシュランとは一体何なのでしょうか。ミシュランは有名なフランスのタイヤメーカーですが、もっと楽しくドライブしてほしいという思いを込めて、ドライバーのためのレストランガイドを作りました。

ある基準に伴い星をつけているのですが、その中でミシュランビブグルマンは「コスパに優れている」という観点から選定しているのだそうです。「らぁ麺やまぐち」のすごいところは、そのミシュランビブグルマンを2015年から2020年まで連続して獲得している点です!

のちほどご紹介しますが、「らぁ麺やまぐち」の姉妹店舗である「らぁ麺やまぐち辣式」も3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれているというのです。ラーメンの専門雑誌でも多く取り上げられ、いくつかの賞を受賞するなどラーメン好きの間では超がつく有名ラーメン屋さんになります。

「らぁ麺やまぐち」・「らぁ麺やまぐち 辣式」ともに、美味しいラーメン屋さんとして認められています。ミシュランビブグルマンを獲得すると、いずれミシュランの星を獲得するというジンクスのようなものもあり、「らぁ麺やまぐち」も星付きになるのでは?と囁かれています。

らぁ麺やまぐち:ラーメンと店舗を紹介

長い前置きはここまでにして、早速「らぁ麺やまぐち」のラーメン情報とアクセス方法などをご紹介していきます。

鳥のすべてが詰まった絶品鶏そば

西早稲田に店舗を構える人気ラーメン屋さん「らぁ麺やまぐち」、一番人気メニューが「鶏そば」になります。よく注文されるラーメン「鶏そば」には、味の付いた玉子入りの「鶏そば」や、たくさんの美味しいトッピングが乗った「特製鶏そば」があります。「ミニロースト豚丼セット」も一押しです。

「らぁ麺やまぐち」の看板ラーメン「鶏そば」には、日本各地から選び抜いた地鶏を使用しています。会津地鶏と山水地鶏、さらに吉備鶏から「らぁ麺やまぐち」の肝となる鶏の旨みエキスを抽出するのです。雑味のないクリアなスープからは、鶏の旨みが感じられます。

「らぁ麺やまぐち」のスープはコクやマイルドさがありながらも、しつこさがない絶妙なバランスに整っています。鶏のエキスを抽出しただけでなく、北海道羅臼昆布だしを加え、鶏だけでは表現できない奥深さのあるスープです。ミシュランビブグルマンに連続で選ばれるラーメンの味は必食です。

「らぁ麺やまぐち」の美味さの秘訣はスープに留まりません。麺は「らぁ麺やまぐち」店舗特製のレシピで、国産小麦だけを使用した中細ストレート麺になります。中華そばとの相性は言わずもがな、だしが効いたスープをよく絡ませ、スルスルと口に運びたくなるラーメンに仕上げています。

もっちりとした麺と醤油だしスープがいい塩梅にマッチし、「らぁ麺やまぐち」の虜になってしまう絶品「鶏そば」になります。一度食べたら離れられない、そんな魅力が詰まっています。

鶏チャーシューなどもトッピングもおいしい

ラーメンマニアをも唸らせる「らぁ麺やまぐち」ですが、「鶏そば」にトッピングを乗せても美味しくいただけます。味玉と鶏ワンタン、チャーシューを乗っけた「特製鶏そば」です。ラーメンとしてはちょっと高めではありますが、総体的なバランスで見ると納得のお値段といえるでしょう。

「らぁ麺やまぐち」の鶏チャーシューは、真空低温調理の匠の大山鶏を使用しているそうです。ラーメンスープの邪魔をしない薄味の加減に留め、食感はパサつき感がなく美味しくいただけます。チャーシューに関しては、「らぁ麺やまぐち」の店舗移転に伴い、国産肩ロースに変えて提供しています。

ワンタンは小さめですが3つ入り、生地はトロトロしながらも具に味が付いたこだわりのトッピングです。「らぁ麺やまぐち」のトッピングはどれも際立って主張するものはおらず、スープや麺も含めて、邪魔をしないとてもバランスの取れたラーメンです。

「らぁ麺やまぐち」の定番人気ラーメン「鶏そば」もいいですが、「鶏つけそば」もおすすめのメニューです。そばは昆布水に浸すというこだわりぶりを発揮し、昆布水の塩気が効いてつけ汁に付けなくても美味しいといいます。つけ汁は「鶏そば」よりも濃く、キリッとした味わいです。

ラーメンに合ったスタイリッシュな店内

「らぁ麺やまぐち」は移転前の店舗と様子を変え、スタイリッシュな趣きを演出しています。木目調の床にグレーのテーブル、カフェのような白いイスを揃え、高級感を漂わせた造りです。カウンターからは調理の様子を見渡すことができ、待ち時間も退屈せずライヴ感を楽しめる「らぁ麺やまぐち」です。

テーブルには個別にプレートを設置し、洋食レストランのように箸とレンゲを右側に並べています。グレーのテーブルに黒のプレートなので、庶民的な印象はなく、スタイリッシュなおしゃれさが感じられる「らぁ麺やまぐち」です。

営業時間・アクセス

Photo by keyaki

「らぁ麺やまぐち」のアクセスには3つの方法があります。1つめのアクセスはJR山手線の高田馬場駅からで、徒歩11分ほど要します。2つめのアクセスだと、東京メトロ副都心線の西早稲田駅の2番出口から約6分歩きます。残るは、東京メトロ東西線の早稲田駅2番出口から徒歩約10分のアクセスです。

「らぁ麺やまぐち」の営業時間は、11:30から21:00の通し営業になりますが、たまに休憩時間を設けることがあるそうです。月曜日が定休日の「らぁ麺やまぐち」をご紹介しました。

住所 東京都新宿区西早稲田3-13-4 1F
電話番号 03-3204-5120

らぁ麺やまぐち辣式とはどんなお店?

「らぁ麺やまぐち」をご紹介してきましたが、ここからは「らぁ麺やまぐち辣式」の店舗についてご案内します。どちらも人気のラーメン屋さんです。

ジャンルが全く異なる2号店

「らぁ麺やまぐち辣式」は、「らぁ麺やまぐち辣式」と異なるメニューを販売しています。「らぁ麺やまぐち」の2号店として2015年9月にオープンしました。「らぁ麺やまぐち」が醤油ベースの中華そば専門だったのに対し、「らぁ麺やまぐち辣式」では「麻婆まぜそば」や「塩ラーメン」を提供します。

絶品!麻婆まぜそばがおすすめ

「らぁ麺やまぐち辣式」は食べログサイトで、3.75点もの高評価を獲得しています。そんな「らぁ麺やまぐち辣式」の看板メニューが「麻婆まぜそば」です。花椒の痺れがかなり効くだけでなく、様々な唐辛子と香料による辛さもあり、もちもちな麺によく絡むまぜそばです。

辣式 塩らぁ麺もおいしい

まぜそばの刺激が苦手でも、「らぁ麺やまぐち辣式」で食べられるメニュー「塩らぁ麺」があります。ベースは丸鶏ですが節や広島産カキ、関アジの魚醤を加えて味わい深い塩ラーメンに仕上げました。貴重な国産の小麦粉の麺を使い、辛いまぜそばと真逆でありながら、自慢の「辣式塩らぁ麺」です。

営業時間・アクセス

「麻婆まぜそば」と「辣式塩らぁ麺」が美味しい「らぁ麺やまぐち辣式」のアクセスは、東京メトロ東西線の東陽町駅4番出口から徒歩約1分です。平日は11:30~15:00・17:30~22:00、土11:30~15:00営業の日曜が休みになります。

住所 東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F
電話番号 03-6458-6200

らぁ麺やまぐちの混雑状況

Photo by Dick Thomas Johnson

ラーメンファンもこぞって来店する「らぁ麺やまぐち」と姉妹店舗「らぁ麺やまぐち辣式」、気になる混雑状況のお話をしましょう。

毎日行列当たり前のお店

何年にもわたり連続してミシュランビブグルマンに選定されている「らぁ麺やまぐち」なので、行列の覚悟は必要だといいます。いつも店外まで行列を作っているそうですが、タイミングによっては待ちなしで入店できます。こればっかりは運なのかもしれません。

2号店も行列

クセになる「麻婆まぜそば」と絶品「塩らぁ麺」のお店「らぁ麺やまぐち辣式」、こちらも大繁盛店になるので行列に並ぶ覚悟は必要です。「らぁ麺やまぐち」よりも駅からのアクセスがいいので、こちらのほうが並ぶかもしれません。

らぁ麺やまぐちに一度行ってみたい!

ミシュランビブグルマンや雑誌などでも取り上げられる「らぁ麺やまぐち」、称賛されているラーメンを一度は味わってみたいところです。2号店の「らぁ麺やまぐち辣式」も人気が高く、行列のできるお店なので2店舗ともにぜひご賞味ください。

anemone4
ライター

anemone4

生まれも育ちも福岡のanemone4です。ホッキョクグマと犬が好き。うちのわんこチワワにいつも癒されています。あるアーティストのLIVEに行くのが生き甲斐でカラオケが大好きです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング