河口湖へ行ったら日帰り温泉へ寄ろう!貸切風呂などおすすめの施設は?

河口湖へ行ったら日帰り温泉へ寄ろう!貸切風呂などおすすめの施設は?

富士五湖の中でも最も北に位置していて、富士山を望める河口湖は、東岸に温泉街があります。日帰り温泉を楽しめ、貸切風呂のある施設もあります。河口湖の湖畔には、オルゴールの森や遊覧船など観光の最後に立ち寄りたい、おすすめの日帰り温泉や貸切風呂をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.富士山と河口湖の絶景を満喫できる河口湖温泉!
  2. 2.貸切温泉でゆったり河口湖の日帰り温泉を楽しむ!
  3. 3.富士河口湖の宿泊施設で人気の日帰り温泉
  4. 4.おすすめ入浴プランがある日帰り温泉ならここ!
  5. 5.日帰り温泉を利用するときのマナーや注意点は?
  6. 6.日帰り温泉であると便利なもの!
  7. 7.河口湖散策の後は日帰り温泉で癒されよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

富士山と河口湖の絶景を満喫できる河口湖温泉!

フリー写真素材ぱくたそ

富士五湖の中でも、最も北に位置している河口湖は、四季折々の表情が豊かな湖です。春は桜、秋には紅葉が河口湖に映り込み、富士山とのコントラストが絶景でおすすめです。

河口湖温泉では、富士山と周りの風景を楽しみながら、湯船に浸かり、日頃の疲れを癒すことができます。東京都心から2時間で到着でき、気軽に日帰り温泉や富士山の絶景を楽しめる、河口湖温泉は人気の観光地です。

河口湖周辺は観光名所も多く日帰り温泉も多数!

フリー写真素材ぱくたそ

河口湖周辺には、観光名所が沢山あります。富士山パノラマロープウェイは、富士山と河口湖の雄大な自然を一望できます。河口湖遊覧船は、湖上からゆったりと富士山を楽しむのにおすすめです。

河口湖オルゴールの森は、異国情緒あふれる雰囲気の中、貴重なオルゴールの音色を楽しめます。敷地内は、中世ヨーロッパの街並みが再現されています。20種類1200株のローズガーデンは必見です。富士山と河口湖の美しい風景を堪能できる人気のスポットです。

Photo byJillWellington

河口湖の北側にある大石公園は、河口湖と富士山の絶景ポイントとして人気です。また、350メートルに渡って四季折々の花が楽しめます。特にラベンダーが綺麗で、毎年開催される「河口湖ハーブフェスティバル」のサブ会場になります。

Photo byIT-STUDIO

河口湖には、富士山を望む雄大な自然の景色や貴重な文化財や天然記念物があり、富士五湖の中でも、古くから観光スポットして栄えてきました。

河口湖周辺には、5つの源泉があり、旅館やホテルなどが50軒以上あります。日帰りで温泉を楽しめる施設も多数あります。河口湖観光の最後に、ゆったりと貸切温泉や天然温泉を日帰り温泉として楽しむのはいかがでしょうか。

貸切温泉でゆったり河口湖の日帰り温泉を楽しむ!

Photo by mah_japan

貸切温泉の魅力は、家族水入らずでゆったりくつろげたり、小さい子供がいても、気を使うことなく温泉を楽しめるところです。富士山と河口湖の大パノラマを眺めながらゆっくりと温泉に浸かり、疲れを癒すことができます。

日帰り温泉の貸切利用は、事前に予約が必要な施設が多いので、出かける前に予約できるか確認しておくことをおすすめします。中に当日現地で予約しなければならない場合もありますので事前に問い合わせしておくとよいでしょう。

若草の宿 丸栄

Photo bysayama

若草の宿丸栄は、日帰りプランが、用意されています。夕食付のプランは、14:00チェックインして21:00のチェックアウトで、最大7時間ゆっくり滞在できます。貸切風呂は1組30分1500円で定員は4名です。当日に到着した順に予約できます。

客室は禁煙室はないので、予約をする際、タバコを吸わない方は連絡しておきましょう。念入りな換気と消臭を行ってくれます。食事なしのプランでも、貸切風呂は借りられます。バスタオル・タオル・浴衣も準備されています。

Photo by kennejima

貸切風呂は、総檜造りの湯船から、富士山の眺めを独り占めできる「芙蓉の湯」は人気があります。他にも、富士山を目の前に望む「富士の湯」と、河口湖が見渡せる「湖(うみ)の湯」など、多彩なお風呂で心も体も癒すことが、できるのでおすすめです。

ホテル湖龍

Photo bylz315680408

ホテル湖龍は、約1000坪のハーブ・ローズガーデンが自慢です。100種類のバラとラベンダーやローズマリーなどのハーブが楽しめます。自家製ハーブを使ったスチームサウナ付き露天風呂は、夕日が綺麗でおすすめです。

展望露天風呂は、河口湖を一望でき眺望の良い時は、南アルプスの山々が遠くに見えます。庭園露天風呂は、天然温泉の岩風呂です。大浴場は、打たせ湯やバイブラバス、歩行浴など数種類の温泉を楽しめ、日頃の疲れを癒せます。

フリー写真素材ぱくたそ

貸切風呂は、予約制で50分3150円です。人目を気にすることなく、ゆっくりと温泉に入ることができ、おすすめです。アメニティは、石鹸(液体)・ボディソープ・リンスインシャンプー・ドライヤーがあり、日帰り入浴は1150円です。

富士河口湖の宿泊施設で人気の日帰り温泉

フリー写真素材ぱくたそ

富士河口湖畔にある温泉街は、1992年に開湯された新しい温泉地です。色々な宿泊施設が整備され、50以上の施設や観光スポットがある温泉街になりました。多くの宿泊施設には、富士山と河口湖を一望できる露天風呂が設けられているのが、人気のポイントです。

富士河口湖畔の宿泊施設の中でも、カップルや家族連れに、人気がありおすすめの日帰り温泉が楽しめる宿泊施設をご紹介します。

ホテルレジーナ河口湖

Photo byGaddict

ホテルレジーナ河口湖は、都心から80分で到着でき、富士急ハイランドまで5分で行ける好立地で、遊びの拠点として非常に便利と人気です。富士山の麓にあり、絶景が広がっています。日帰り温泉として利用もできます。

室内温水プールや、河口湖の源泉を引いた温泉を楽しめます。河口湖の源泉は、カルシウムやナトリウムを含んだ「傷の湯」「中風の湯」で、動脈硬化を予防する温泉として知られています。

日帰り温泉は、入浴料大人2000円小人(小学生まで)1000円です。利用時間は14:00から24:00までと朝は、6:00から11:00までです。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津5239‐1
電話番号 0555‐72‐2561

レイクランドホテル みづのさと

Photo byLittleMouse

レイクランドホテルみづのさとは、霊峰富士山を望む河口湖に佇む「水」をテーマにしたホテルです。360度の大パノラマで、河口湖や富士山を見渡すことができる展望露天風呂「天の川」があり、夜には満天の星空を、楽しむことができます。

大浴場が2つあり、富士山側は、「動」「楽しさ」をテーマにしていて、ジャグジーや、打たせ湯、多機能シャワーなどのお風呂が楽しめます。河口湖側は、「静」「のんびり」がテーマで、サウナの設備があり、ゆっくりくつろげます。

Photo by Edsel L

河口湖の湖面に面したレストラン「花みずき」では、地元の新鮮な食材を使った料理を楽しむことができます。名物の「ほうとう」など多彩な料理が楽しめるハーフバイキングスタイルもあります。河口湖を眺めながらゆっくりと堪能できると人気です。

おすすめ入浴プランがある日帰り温泉ならここ!

Photo by neverbutterfly

河口湖周辺の観光を満喫したあと、日帰りで温泉を楽しめる、おすすめの入浴プランがある宿泊施設をご紹介します。

露天風呂の宿 開運の湯 ロイヤルホテル河口湖

Photo by y_katsuuu

河口湖では今後温泉を増やせない事になっているため、温泉のある宿泊施設は、河口湖の穴場になります。露天風呂はゆっくり入れるようぬるめの温度設定になっています。富士が作り出す温泉は、美肌効果が抜群と人気です。

日帰り入浴は、入浴のみ(2時間)で大人1000円、子供800円です。個室休憩室と入浴(3時間)は、大人3000円、子供1000円となります。食事と個室休憩室と入浴(3時間)は、5400円からあります。有料で個室を借りることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

シャンプー・ボディソープ・ドライヤーは備え付けがあります。バスタオルは300円でレンタルでき、タオルは250円で販売となります。

住所 山梨県富士河口湖町船津6713‐22
電話番号 0555‐73‐2228

富士ビューホテル

Photo bysayama

富士ビューホテルは、正面には富士山が望む事ができ、庭続きで河口湖も眺めることができる最高のロケーションにあるホテルです。庭園は3万坪あり、四季折々の移り変わりを楽しむことができます。

富士ビューホテルは、富士山の5つの源泉の一つである「秀麗の湯」をひいています。男湯は、力強さと重厚感のある古民家のイメージで作られており、女湯は、繊細さや温かみのある京の町屋のイメージした空間です。

Photo bypilostic

日帰り入浴は、大人1800円、小学生1000円、幼児(3歳から)500円です。日帰り温泉には、バスタオル・フェイスタオルが用意されています。時間は14:00から20:00までです。アメニティは、シャンプー・リンス・ボディソープ・シャワーキャップ・スキンケア用品があります。

おすすめはエステ付きプラン!

Photo bytremaestro

ホテル自慢の3万坪の庭園を眺めながら、ラウンジでランチをして、食後には、ゆっくりと河口湖温泉で体を温めます。その後、6つのコースから、その日の疲れにあったエステメニューで癒されるというコースです。

エステコースは、トリートメント時間40分で、パーソナルプログラミングトリートメント(フェイス)、漢方アロマオリエンタルボディトリートメント(ボディ)などの他にも、メンズ向けのエステメニューもあり、2名同時に施術できるので,カップルや友人同士に人気です。

ランチ・エステ・休憩用のお部屋がセットになっていて、タオル・バスタオルはホテルから貸し出してもらえます。お部屋は、和室又は、洋室が選べます。

日帰り温泉を利用するときのマナーや注意点は?

フリー写真素材ぱくたそ

日帰り温泉を利用する時に、注意するべき事や、マナーは大切です。施設によっても変わってきますが、基本的なマナーや注意しなくてはならない事を、守って気持ちよく過ごしたいものです。基本的なマナーをご紹介します。

体を洗ってから湯船に入ろう

Photo byjussiak

浴室に入ったら、まずはかけ湯をしましょう。足などには、雑菌がついています。しっかりとかけ湯をして落としてから、浴室に入ると良いでしょう。

次に、体を洗ってから湯船に入りましょう。例え、出かける前にシャワーを浴びて来たとしても、汗をかいたり、外の汚れが体に付着しています。湯船に入る前には、しっかりと身体を洗って、綺麗な状態で入るのが、マナーです。

タオルはお湯につけない

Photo byAlexas_Fotos

タオルを湯船につけてはいけません。一見綺麗に洗ってあるタオルであっても、空気中の見えない雑菌や、ウィルスが必ず付着しています。特にレジオネラ菌という重度の肺炎を起こす菌が湯船に入ってしまう危険があります。絶対にタオルは湯船に入れてはいけません。

また、タオルを湯船に入れてはいけない理由として、体を洗ったタオルだからという事が挙げられています。せっかく体を綺麗に洗ったのに、洗ったタオルを湯船につけてしまっては、湯船のお湯が汚れてしまいます。

体をしっかり拭いてから脱衣所へ

Photo byPublicDomainPictures

体を濡らしたまま、脱衣所に入っていき、バスタオルで体を拭くのはマナー違反です。自宅などで、すぐ手の届くところにバスタオルなどがあるならばよいのですが、日帰り温泉などの脱衣所は広いです。

浴室から脱衣所へ上がる際は、しっかりと身体についた水分を、ふき取ってから脱衣所へ行きましょう。脱衣所の床が濡れてしまわないようにして、他の利用者が快適に利用するためのマナーです。また、床が濡れて滑って転ぶ事故が、起きないようにするためです。

日帰り温泉であると便利なもの!

Photo byDanaTentis

シャンプーやボディーソープなど備え付けの物がある施設が多いですが、やはり自分のお気に入りの物を使う方がすっきりします。中には、備え付けの物がない施設もあります。日帰り温泉で用意しておくと便利な物をご紹介します。

タオル(バスタオル・フェイスタオル)

Photo byPexels

タオルは、施設によってレンタルできる場合や、最初から貸し出される事もありますが、貸出などがない場合があるので、持っていくとよいでしょう。何度も温泉に入りたい場合は、バスタオルよりも、フェイスタオルを何枚か持っていくとよいでしょう。

フェイスタオルは、髪の毛をまとめることもできるし、体を拭くのにも使えます。多めに持って行っても、あまり荷物になりません。

ビニール袋(濡れたものを入れても平気なバッグ)

Photo bycocoparisienne

ビニール袋は、濡れたものを持ち歩く時に便利です。濡れたタオルや浴場で使ったものを、入れておくと他の物を濡らしません。着替えた下着を持ち帰るのに水に強く、中身が透けないバックなどがあると便利です。

髪ゴムやブラシ・スキンケア用品

フリー写真素材ぱくたそ

髪ゴムは、湯船に髪の毛が入らないように、まとめる時に使います。湯船に髪の毛が浸かっているのは不衛生ですし、マナーが悪いと言われてしまいます。ブラシは、髪の毛を乾かすときに使います。

スキンケア用品は、備え付けの物がない場合や、あった場合でも肌に合わない事があるので持っていくとよいでしょう。せっかく温泉で美肌になってもスキンケアができなかったら、勿体ないです。

石鹸・シャンプー・リンス

フリー写真素材ぱくたそ

石鹸・シャンプー・リンスは、備え付けの物がない場合や、肌に合わない場合があるので、いつも使っている物を持っていくとよいでしょう。小さなボトルなどに詰め替えていくと、便利です。自分のお気に入りの物の方が、安心して使うことができ、気持ち良いです。

小銭

フリー写真素材ぱくたそ

小銭は、貴重品を入れるロッカーなどが、小銭を入れないと使用できない場合があります。他にも、湯上がりに飲み物が飲みたい時など、さっと出せるので便利です。中には、ドライヤーが有料で小銭が必要になることもあるので、用意しておきましょう。

河口湖散策の後は日帰り温泉で癒されよう!

Photo by bocagrandelasvegas

河口湖の周辺には、色々な観光スポットがあり、人気の絶景ポイントで写真を撮ったり、遊園地でで遊ぶのもよいでしょう。散策を楽しんだ後は、日帰り温泉をゆっくり楽しいんで散策の疲れを癒すことができます。

貸切で温泉を楽しんだり、大浴場で、ゆっくりと河口湖や富士山を眺めて心も体も癒して帰りましょう。

アオキアキコ
ライター

アオキアキコ

北海道で子育て中のライターです。料理が大好きなのでグルメ情報も発信していきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング