【必読】スタバのサイズの読み方や容量を完全ガイド!一番お得なメニューは?

【必読】スタバのサイズの読み方や容量を完全ガイド!一番お得なメニューは?

お洒落で手軽なコーヒーチェーン店と言えば、スタバことスターバックスコーヒーです。しかしスタバのサイズ表記が馴染みのある表記と違い、読めないという経験があるという方をよく見かけます。本記事では今更聞けないスタバのサイズ表記の読み方と大体の量を徹底解説します。

記事の目次

  1. 1.スタバのサイズはわかりにくい!
  2. 2.必読・スタバのサイズの読み方と容量
  3. 3.スタバのサイズ別にドリップコーヒーの値段を比較
  4. 4.スタバのサイズ別・ドリップコーヒーのカロリーを比較
  5. 5.スタバのサイズ・1番お得なのはどのサイズなのか
  6. 6.スタバのサイズ・1番お得ドリンクメニューは?
  7. 7.スタバのサイズを学んでドリンクメニューを楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

スタバのサイズはわかりにくい!

Photo byEngin_Akyurt

たまには少しお洒落なお店でコーヒーを飲んで一休みしようか、と気まぐれにスタバに足を運んだスタバ初心者の方は、大体メニューを見て躓きます。何故なら、日本で多くのお店が使っているサイズを表記するときの単位、S、M、Lをスタバでは使っていないからです。

S、M、Lと書いてあればドリンクの内容量は容易にイメージできます。ですが、スタバで使われている表示はスタバ独自のスタイルと言えるでしょう。

そのため、どのサイズがS、M、Lのどのサイズと大体同じ量なのかイメージしにくく、思ったより小さかった、もしくは思ったよりも大きかったといったスタバでの注文ミスの話をよく耳にします。

Photo byblickpixel

また、スタバではShort、Tall、Grande、Ventiとサイズ表記がされています。そのため、そもそも読めないという方や、読み方に自信がなく、読み間違えたら恥ずかしいと注文がしどろもどろになってしまう方や指差しで難を逃れたという方の話も良く聞きます。

読み方を誰かに聞こうにも今更恥ずかしくて聞けない、でも指差し注文の現状から脱却したいと思われている方や、次こそサイズの注文ミスをなくしたいとお考えの方のために、本記事ではスタバのサイズ表記の読み方とドリンクの内容量をわかりやすく解説していきます。

人気のカフェ【スタバ】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載のイメージ
人気のカフェ【スタバ】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載
ビバレッジやフードメニュー、グッズのおすすめから意外と知られていないサービスまで、スタバの魅力がつまった情報をお届けします。スタバにはポットサービスやセミナーがあることをご存知でしょうか。スタバの魅力を徹底調査しました。

必読・スタバのサイズの読み方と容量

Photo byhenlfern

早速読み方とドリンクの容量を解説していきます。読み方と容量の目安が分ればスタバ攻略の第一歩は完了です。サイズをしっかり把握して、快適なスタバライフへの一歩を踏み出しましょう。

ショート・240ml

Photo byEngin_Akyurt

スタバのメニュー上の表記は「Short」で、読み方は「ショート」となります。容量は240mlで、おおよそ背の高い缶コーヒーの容量と同じくらいです。S、M、Lサイズに置き換えるなら、Sサイズと同等のサイズとなります。

例えるならば、前述した缶コーヒーや、手軽に飲める量の小柄なマグカップと同じくらいとなりますので、ちょっとしたコーヒーブレイクや熱々のうちに飲み切ってしまいたい時などにはぴったりのサイズと言えるでしょう。

Photo byNikiko

ただ、スタバのメニューの中にはショートサイズがないドリンクも一部存在します。期間限定のドリンクやフラペチーノ類が該当する場合が多いです。

しかし、メニューに記載していないだけでショートサイズに対応してくれる場合もありますので、時間の都合や飲み切る自身が無い方などは一度店員さんに相談してみると良いでしょう。

トール・350ml

Photo byPexels

メニュー上の表記は「Tall」読み方はトールです。タールと読み間違えてしまう方も多く、本記事を読んでくれている方は、読み間違いで恥ずかしい思いをした方もいるかもしれません。

トールはポジション的にMサイズと同じような感じで、最も当たり障りのない所謂「普通」のサイズと言えます。スタバのメニュー表でもトールは太字で表記されており、おすすめのサイズというような雰囲気を醸し出しております。

容量は350mlで、例えるならば一般的なサイズの缶ジュースと同等です。缶ジュースに採用されている量なだけあり、多くの方々にとって多すぎず少なすぎずの丁度いい容量となっております。迷ったらトールを注文しておけば、大方の場合間違いないでしょう。

グランデ・470ml

スタバのLサイズポジションが、メニュー表記「Grande」です。読み方はグランデと読みます。内容量は470mlで、大きさはおよそ500mlのペットボトルと同等のサイズです。

かなり大きなサイズで、ちょっと長居するから大きなサイズのものにしよう、くらいの軽い気持ちで頼んでしまい泣きを見てしまう方々が続出しています。しかしたっぷり入っていることは確かなので、勉強や仕事のお供にはぴったりです。

グランデサイズは、どちらかと言うとスタバの店内で飲むと言うより、テイクアウトして仕事や勉強をしながら一日かけて飲む、という楽しみ方をした方がよいでしょう。

グランデの意味

Photo by kagawa_ymg

あまりグランデという単語を聞いたことがないという方もいることでしょう。何故なら、グランデはイタリア語であり、英語ではないからです。意味はと言うと、イタリア語で「大きい」という意味となっております。意味が分かると非常にわかりやすい単語です。

ベンティ・590ml

「Venti」サイズは、日本のスタバが販売しているドリンクの最大サイズです。Ventiも英語ではなくイタリア語ですので、読み方がぱっと思いつかない方も多いでしょう。読み方はベンティで、容量はなんと驚きの590mlとなっております。500mlのペットボトルよりも背が高いサイズとなっております。

自分が頼む機会はもちろん、頼んでいる人を見たということも少ない事でしょう。ペットボトルやタンブラーを追い越すサイズのカップはまさに圧巻です。1人で、お店滞在中に飲み切ろうとは考えない方が良いでしょう。誰かとシェアしたり、持ち帰ってゆっくり楽しむ方がお得です。

日本のスタバで販売されているドリンクの最大サイズはベンティとなりますが、実はアメリカを始めとする諸外国のスタバでは、もう1つ上のサイズが存在するのをご存知でしょうか。

何という名称のサイズかといいますと、記載されている名称は「Trenta」で、読み方はというと、トレンタと読みます。容量はなんと916mlで、ほとんど1Lと同等の容量です。お茶や水と違い、コーヒーを1Lともなれば、1日を費やさなければ日本人で飲み切れる方は少ないでしょう。

ベンティの意味

Photo byDariuszSankowski

ベンティは1つ前にご紹介したグランデと同じ様に英語ではなくイタリア語です。意味は数字の20を指す言葉となっております。短い、高い、大きいときてなぜいきなり20なのか、と思う方もいるでしょうが、しっかりとした理由があります。

アメリカでは、ドリンクなどの液体の容量を表すときオンスという単位を使います。1オンスはmlで表すとおよそ29mlです。ベンティは590mlという内容量なので、29mlで割ってオンスに置き換えると、およそ20オンスになります。ベンティは内容量をそのままイタリア語に置き換えているのです。

ちなみに、日本での取り扱いが無いサイズであるトレンタの意味は、イタリア語で30です。トレンタの方も、ベンティと同じ様な意味合いで使われていると言えるでしょう。

スタバのサイズ別にドリップコーヒーの値段を比較

Photo byShutterbug75

大体のスタバで使われている読み方や容量がバッチリ分かったところで、次に紹介していく内容はスタバのお得な利用の仕方です。スタバには、知らなきゃ損なお得な小技がたくさんあります。

是非、本記事で小技をマスターし、よきスタバライフに活かしてください。では、初めのお得情報の前に、取り上げていくメニュー、ドリップコーヒーの値段を解説していきます。メニューと値段を把握しておくと、お得が目に見えてわかりやすくなります。

Photo bynots12311

ドリップコーヒーはスタバで最もスタンダードなメニューです。日常的にスタバを愛飲している方にとってはなくてはならないメニューであると同時に、スタバをお得に使おうと思ったら必ず押さえておかなければいけない鍵となるメニューです。

ショート

Photo bypixel2013

スタバで取り扱いがある中で1番小さいサイズがショートサイズです。前述した通り、少量で手軽に飲みやすい点が魅力です。肝心のお値段はと言うと、ドリップコーヒーのショートサイズであれば、1杯290円です。

サイズごとにお値段の差異が可視化しやすいよう、100mlあたりのお値段を記載しておくと、ショートであれば約120円です。どんなものでもですが、やはり小さいサイズのものは少々割高の傾向があります。

トール

Photo byAlexas_Fotos

最も売れ筋のサイズで、スタバがおすすめしているサイズとも言えます。1杯当たりのお値段は330円で、お値段と容量のバランスがとても良いのが特徴です。

同じように100mlあたりのお値段に変換すると、100mlあたり約94円です。ショートサイズほどではありませんが、やはり小さいサイズは幾分お値段が高い傾向があるようです。

しかし、残さずに飲み切れる一般的なサイズがトールですので、その場で飲み切ることを考慮するならばトールサイズがやはり無難と言えます。

グランデ

フリー写真素材ぱくたそ

どんな商品でも共通ですが、サイズが大きくなっていくほどお得になっていく傾向があります。100mlあたりの値段に変換してしているととても値段の変化が分かりやすいことでしょう。

そこそこ大きめのサイズ、グランデの場合を見てみると、1杯あたりのお値段は370円、100mlあたりは79円となります。

グッとグランデサイズになるとお値段が下がっているのがわかるでしょう。トールに比べ、15円もお得になっております。スモールサイズを2つ頼む場面であれば、グランデサイズのドリップコーヒーを1つ注文してシェアした方が断然お得と言えます。

ベンティ

フリー写真素材ぱくたそ

お得さで言えばナンバーワンなサイズがベンティサイズです。590mlという大容量で、100mlあたりに変換すると約69円という驚きの金額となります。かなりお得感が高かったグランデと比べても10円、トールと比べた場合に至っては25円もお得になります。

容量的にも、若干少なくはなってしまいますがトールおよそ2杯分となっておりますので、シェアすればかなりお得にスタバのドリップコーヒーを楽しむことが出来ます。

スタバのサイズ別・ドリップコーヒーのカロリーを比較

フリー写真素材ぱくたそ

コーヒーを愛飲されている方の中には、ダイエット目的で飲まれている方もいらっしゃることでしょう。ダイエットをしている方々にとって気になることと言えば、やはりカロリーです。ドリップコーヒーの1杯あたりのカロリーはどのくらいなのでしょうか。

結論から言うと、ドリップコーヒーはとても低カロリーです。サイズが大きくなればなった分だけ容量が大きくなりますので、大きくなった分のカロリー増加はありますが、サイズの変化分と考えれば妥当です。

一番小さいショートサイズは10キロカロリー、トールサイズで15キロカロリー、グランデサイズだと19キロカロリー、一番大きなサイズのベンティサイズになってもたったの25キロカロリーです。

しかし、ドリップコーヒーで気を付けていただきたい点があります。それは、ドリップコーヒーの魅力の1つである自由なカスタマイズです。スタバでは、料金を追加することでシロップやホイップを追加し、自分好みのドリンクを作ることが出来ます。

料金を追加せずとも、ミルク追加やはちみつを入れるなどのドリンクカスタマイズは、スタバの店内にある「コンディメントバー」で自由に行うことが出来ます。

上記のカロリーは、カスタムなし、ブラックのカロリーとなっております。当然ですが、いくら低カロリーなドリップコーヒーとはいえ、ミルクやはちみつを追加すれば追加した分だけカロリーは増えます。ダイエットのためにコーヒーを飲んでいる方は、カスタマイズには十分に気を付けましょう。

ドリップコーヒーのみですと、ドリップコーヒーの低カロリーさがわかりずらいので、比較としてスタバの代名詞的人気ドリンク、フラペチーノやラテのカロリーも取り上げさせていただきます。

先ずフラペチーノですが、もっとも自分好みにカスタマイズしやすいシンプルなフラペチーノである「バニラクリームフラペチーノ」を見てみましょう。材料はバニラシロップ、ミルク、氷、そしてホイップクリームとなっており、フラペチーノの中でもカロリーは低めな逸品です。

Photo byPublicDomainPictures

サイズはトール、カスタマイズは無しという条件下でのバニラクリームフラペチーノは274キロカロリーとなっております。

ちなみにフラペチーノ内で最もカロリーが低いものは「マンゴーパッションティーフラペチーノ」で120キロカロリー、最も高カロリーなのは「ダークモカチップフラペチーノ」で348キロカロリーです。

スタバのドリンクメニューの中でかなりの人気上位にいる「ラテ」のカロリーも見ていきましょう。ふわふわに泡立てられたフォームミルクが乗せられた見た目も可愛らしいラテは、コーヒーとミルクというとてもシンプルな組み合わせです。

シロップなどの甘味は、基本的にコンディメントバーで各自必要に応じて追加する形となっておりますので、何も入れなければミルクのほのかな自然な甘みが美味しいラテです。

カロリーは、サイズがトール、カスタマイズ(コンディメントバーでのカスタム含む)無しで219キロカロリーとなっております。フラペチーノとラテを見比べると、どれほどドリップコーヒーが低カロリーかがわかりやすいでしょう。

スタバのサイズ・1番お得なのはどのサイズなのか

Photo bykschneider2991

今までに説明させていただいた内容を考慮して、最もお得にスタバを楽しめるサイズはいったいどのサイズなのでしょうか。容量と値段に視点を絞って考察していきます。

ベンティが一番お得!

値段と容量だけ見れば、ダントツでベンティサイズがお得です。上の方で紹介させていただいたドリップコーヒーの100mlあたりのお値段を見てもわかる通り、一般的なトールサイズや1つ下のグランデサイズと比べても値段の差は歴然です。

しかし、お得だからといってわざわざ飲み切れない、持て余すと分かっている量のベンティサイズを頼む必要はありません。食べ物や飲み物を購入する際に最も重要なことは、「無駄にしないこと」です。

「お得だから」という言葉に縛られてベンティサイズに拘らず、美味しく最後まで楽しめる容量のコーヒーをオーダーするようにしましょう。

スタバのサイズ・1番お得ドリンクメニューは?

Photo by yto

スタバには、代名詞とも言える人気メニュー「フラペチーノ」を始め、定番の「ドリップコーヒー」、「カフェアメリカーノ」、「キャラメルマキアート」等たくさんのメニューが揃っています。

たまにスタバを利用する、という方であれば、スタバには期間限定の魅力的なメニューも多いので最も気になる好きなメニューを楽しんでいただきたいのですが、毎日利用したい、という方であれば当然、「お得なメニューは何なのか」が気になってくることでしょう。

本項では、スタバを毎日飽きずにお得に楽しめるメニューをご紹介します。知っているだけで圧倒的にお得なシステムも併せてご紹介しますので、是非どんどん利用して。お得なスタバライフを楽しんでください。

おかわり100円でできるドリップコーヒーが1番お得!

Photo bySeunghoKR

毎日お得に楽しむのであれば、最もおすすめなメニューは「ドリップコーヒー」です。おすすめな理由は複数ありますが、最も注目すべき点は、ドリップコーヒーのみで使えるスタバのお得なシステム、「One More Coffee」システムの存在です。

どんなシステムなのかと聞かれたら、名前の通り、コーヒーを一杯おかわり出来るシステムです。タダではありませんが、おかわりをする際はどんなサイズのコーヒーでも、ドリップコーヒーであれば100円でもう1杯購入出来てしまいます。

Photo byAlexas_Fotos

One More Coffeeシステムを利用する際に注意してほしい点は、最初にドリップコーヒーを購入した時のレシートが必要という点です。ドリップコーヒーを購入したレシートには、One More Coffeeの字が印字されていて、One More Coffeeシステムの対象者ということが分かりやすくなっています。

ですので、最近はレシートを受け取らない方や直ぐに破棄してしまう方がとても多いですが、スタバの、特にドリップコーヒーを購入した時には捨てずにとっておくようにしましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

さらに、One More Coffeeシステムには知って得する驚きの嬉しい要素がたくさんあります。把握していれば、全国チェーン店であるスタバの恩恵を存分に受けられるほか、美味しいスタバのコーヒーをいつでもお得に堪能することが出来ます。

先ずご紹介するお得ポイントは「One More Coffeeシステムは全国で使える」という点です。スタバであれば1度目にコーヒーを購入したスタバ以外のスタバでもコーヒーのおかわりが出来てしまいます。

例えば、仕事前に地元のスタバでドリップコーヒーを買い、飲み終わったのでおかわりを仕事場近くのスタバで受け取る、という使い方が出来てしまうのです。全国チェーン店であるスタバだからこそ出来るサービスです。当然この時もレシートは必須ですのでなくさないようにしましょう。

Photo by sekido

次のお得ポイントは、おかわりのサイズです。おかわりの時に選べるドリンクのサイズは、1回目に注文したものと同じサイズか、注文したサイズ以下のサイズを選べるようになっています。

ですので、トールサイズを購入していればトールかスモールサイズでおかわりが出来、グランデサイズを選んでいればグランデ、トール、スモールの中からサイズを選ぶことが出来ます。元々お得度の高いグランデサイズであれば、さらにお得感を味わうことが出来ます。

スタバをお得に利用するために知っておきたい最後のお得ポイントは、タンブラー割引です。ドリップコーヒーに限らず、全てのスタバのドリンクに適応される割引なので、たまにしかスタバを利用しないという方でも知っておいて損はないでしょう。

スタバでは、タンブラーを持参し、ドリンクを入れてもらうことで、全てのドリンクが20円引きになります。タンブラーでしたら、一回では飲み切れないグランデサイズも持ち運び楽々で好きな場所で楽しむことが出来ますし、保温保冷性能も紙コップより優れていますので美味しさも長持ちします。

さらに紙コップを使わないので資源の節約になり、環境にも優しいので、自分は得してさらにエコにもなる一挙両得なシステムです。スタバを毎日利用する際には持っていて損はありません。

もし、タンブラーを持っていないというのであれば、スタバで購入することをおすすめします。スタバでは、タンブラーの利用を推奨しているだけあり、様々なサイズ、種類、柄のタンブラーを販売しています。

季節に応じて限定のタンブラーが数多く出ますので、中にはコレクターもいるほど豊富なデザインが揃っています。そして何より、お洒落で可愛いタンブラーが多いので、持っていない場合はスタバにコーヒーを飲みながら、お気に入りのタンブラーを見つけに行っても良いでしょう。

スタバのサイズを学んでドリンクメニューを楽しもう!

メニューの読み方やサイズ感など、スタバは外国のチェーン店特有の独特な文化がありますが、ドリンクはとても美味しいものがほとんどですし、コーヒーのクオリティもチェーン店の中ではかなりハイレベルなお店と言っても過言ではありません。

美味しいドリンクが傍らにあるだけで、仕事も趣味もはかどります。本記事でスタバについての理解を深めていただき、お得でより良いスタバライフを送ってください。

ose0506
ライター

ose0506

食べること、家でゆったり過ごすことが大好きな、しがないライターです。ちょっとした工夫や知恵で、日々をもっと楽しく、より良く、よりお得に過ごせるような、アイデア情報やおすすめ情報をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング