551の豚まんを東京で食べたい人必見!通信販売や催事情報をまとめました

551の豚まんを東京で食べたい人必見!通信販売や催事情報をまとめました

551蓬莱の豚まんを東京で味わえないか検証してみます。東京で551蓬莱の豚まんを味わう通信販売や、催事イベントなども紹介しています。551蓬莱の豚まんのファンの方や、東京にお住いの方、グルメな品に目の無い方におすすめの記事です。

    記事の目次

    1. 1.551蓬莱は関西定番のお土産
    2. 2.551蓬莱は東京で販売している?
    3. 3.551豚まんを通信販売を利用して東京で食べられます
    4. 4.551蓬莱は全国の催事イベントでも購入可能
    5. 5.東京の551豚まんの値段
    6. 6.豚まん以外の東京で食べられる551蓬莱おすすめ商品
    7. 7.東京で551蓬莱を味わおう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    551蓬莱は関西定番のお土産

    Photo by nakashi

    人気のある店は関東へ、そんな中関西に出店をして営業をしている人気肉まん屋があります。551蓬莱です。551蓬莱の魅力や、関東でも食べられないか催事など徹底的にチェックします。通信販売などの情報も満載です。551蓬莱の豚まんを食べたい人は必見の情報です。

    豚まんは1日15万個売れるほど大人気

    Photo by Lucy-inthesky

    551蓬莱の豚まんは、名物で、ジューシーな肉の餡を微かに甘さを感じる皮で包んでいるのが絶品だと評判です。551蓬莱の食べ方として大阪の人はこだわりがそれぞれにあり、付属しているタレや、辛子以外に自分オリジナルの551蓬莱の食べ方があると言われています。

    シンプルながらなかなか味わえない変わらない味が人気で、特にJR東海道新幹線「新大阪駅」のホームなどで売っている551蓬莱の店舗は大行列で、東京をはじめとして各地に帰る旅行客が買って帰る名店です。551蓬莱の美味しさは一言では言い表せないくらいです。

    Photo bykazokuda

    味の秘訣というのはホームページからでは分かりません。独特の癖になる肉のジューシーさと玉ねぎの甘さは感じるのですが、配合に何か工夫があるのかもしれません。551蓬莱の豚まんの原材料は豚肉と玉ねぎだけと書いてあります。豚肉をどうしたらあんなにジューシーにできるのかが秘密です。

    551蓬莱の豚まんは今や全国区になっていますが、店舗ごとに手包みを行っており、作り立てを食べることも関西の人の特権です。ただし冷えて電子レンジで温めても十分な美味しさがあり、ジューシー感が失っていない点も人気です。店舗ごとに味が違うという噂があります。

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    真偽のほどは定かではないですが、豚まんは店舗での手包みを貫いている以上、餡を包むまでに運べる地域が限られているという点がこだわりと共に関西でしか食べられない理由だと言われています。催事やイベントの際には餡を運んできて、その場で手包みするので、味が違うと言われています。

    551蓬莱の豚まんは東京では常設として食べることができませんが、関東での催事やイベントの際にはまれに出店して来るときがあります。ただ常設ではないのは、輸送の手間などを考えて、味を損なわないための工夫でしょうか。551蓬莱の豚まんは確かに大阪に根付いているグルメの1つです。

    東京駅の人気グルメ37選!構内から周辺のおすすめ店まで!のイメージ
    東京駅の人気グルメ37選!構内から周辺のおすすめ店まで!
    毎日全国、世界中からたくさんの人が集まる「東京駅」は、東京や日本各地の絶品グルメが楽しめるグルメスポットです。多種多様なグルメの名店が揃い、その時の気分によって好きな料理を楽しめます。東京駅で人気のグルメを、駅構内や周辺から厳選してご紹介します。

    551蓬莱は東京で販売している?

    フリー写真素材ぱくたそ

    551蓬莱は東京では販売しているのでしょうか?過去の実績なども調べて調査しました。東京で食べられると551蓬莱の豚まんの美味しさを求めて、大阪に行く必要もありません。

    残念ながら東京や関東には支店はありません

    フリー写真素材ぱくたそ

    551蓬莱の東京や関東の支店はありません。いろいろ言われているのですが、東京に出店しないのはコストの面が大きいと言われています。関東の玉ねぎではあの551蓬莱の豚まんの味が出ないと関西の人は言います。それが大きな理由かはわかりませんが、関東に支店が無いことは事実です。

    東京や関東に支店が無いことについては、明らかになっている理由はありません。大阪だけで商売が成り立っていることも1つの理由でしょう。551蓬莱が何を考えているのかまでは推測できません。551蓬莱が大阪を中心とした近畿圏だけで営業を行っているのは、何らかの戦略があるでしょう。

    Photo by nakashi

    551蓬莱の豚まんの味を守るために、忠実にレシピを守り、包むまでしっかりとした新鮮さを活かすために餡を運ぶ手間などを省いているためだと言われています。551蓬莱の豚まんが東京でも食べられたら逆に価値が失われそうで、その点も戦略的に意識をしている点だと推測されます。

    包むまでは意識をしていて、こだわりがあるのが551蓬莱で、チルドにして発送したりは出来る点も考えると催事やイベントなどで東京で営業できない訳ではありません。現に2020年の催事の欄を見ていると2020年の2/5~2/11は熊本で、2020年の2/19~2/24は前橋で催事を行っています。

    Photo by Dick Thomas Johnson

    したがって一概に東京に出店しないのは、輸送だけではない理由があり、ネットの声などを聴くといろいろ言われていることは確かです。東京の人は大阪に来れば551蓬莱の豚まんが食べられるという楽しみがある点は、しっかりと押さえておきたいポイントです。

    東京で出店するかもしれませんし、現に百貨店の催事やイベントなどでは声もかかっています。実際に通信販売もしているので、不可能ではないです。東京で出店する場合には、かなりの人が集まりそうです。その点は逆に551蓬莱の東京出店を阻んでいる理由かもしれません。

    551蓬莱は東京のスーパーで販売はしている?

    Photo bystevepb

    東京のスーパーで販売している551蓬莱の豚まんを見たという声がたまにあるのですが、東京のスーパーが売っているものは、正規のものではありません。正規のルートで無い場合には551蓬莱では味の保証をしかねると書いてあります。

    また関西のスーパーではまれに売っていることがありますが、一度蒸したものをチルドにしているため、551蓬莱の店舗で食べる豚まんと味がやや落ちると言われています。通信販売や、催事、イベントなどの場合においても同様のケースが存在し、店頭で買うのとは味が変わると言われています。

    Photo byhewq

    いろいろな噂が消えないのは人気店ならではですが、大事なポイントは、店頭で自家製餡を手包みでという点が美味しさの秘訣のようです。衛生上の問題などから蒸していないものは店舗だけに卸すようにしており、味に違いが出るのは仕方がないです。

    東京に551蓬莱が出店しないのはいろいろな理由がありますが、関西圏だけで営業をかたくなに行っているのは味を守るためだと理解しましょう。東京進出を言うのは多くの店が行ていますが、手を広げて失敗している例もあります。

    551豚まんを通信販売を利用して東京で食べられます

    Photo bypadrinan

    では551蓬莱の豚まんは東京では食べられないのでしょうか?551蓬莱では通信販売を行っており、チルドの商品を仕入れて美味しく食べる方法ができます。そのような点についてまとめてみました。

    通販で東京にいながら購入する方法について

    Photo byimage4you

    通信販売(通販)で東京に居ながら551蓬莱の豚まんを購入する方法があります。主に3つの方法があるので、東京での買い方や温め方を工夫すると美味しく食べられます。通販とは味が違うという噂もありますが、551蓬莱の店舗の手包みの温めたてを食べるのとは劣る可能性が高いです。

    味の感じ方についてはそれぞれ違いますので、どちらが美味しい方法とは言い切れません。551蓬莱の豚まんは、チルドでは一度蒸したものを冷やしているので、上手な温め方が必要な技術です。上手な温め方をいくつか紹介すると通信販売の豚まんでも美味しく食べられます。

    Photo by ZoAmichi

    公式ホームページでおすすめしている温め方は、蒸し器やセイロで10分~15分温めることです。実際にお店で行っている方法で、一番効率よく、蒸し上がりのジューシーさと温かさが味わえるおすすめの方法です。551蓬莱の豚まんの美味しさを活かす方法です。

    電子レンジで温める場合には、公式サイトにはキッチンペーパーで水を含ませと書いてありますが、面倒なら水で豚まんの表面を軽く濡らして温めるのが良いです。500Wの電子レンジで豚まん1個なら約1分温めるとホカホカの豚まんが味わえます。

    Photo by sqm

    551蓬莱の豚まんの美味しさは冷凍で損なわれる可能性があります。通称冷凍焼けと言われる現象で、冷凍の際に空気が入るなどをして、起こる現象です。上手に冷凍をしないとジューシーさのかけらもない普通の肉まんになってしまいます。

    冷凍焼けを解消して、ジューシーさを取り戻す奥の手として、おすすめしたいのが揚げ豚まんです。冷凍した豚まんを油で揚げて、揚げ豚まんにしてしまうことです。こうすると551蓬莱の豚まんのようなジューシーさのある餡が補えます。奥の手として使っていきましょう。

    551蓬莱ホームページで通販

    Photo by bryan...

    1つ目の通信販売の利用の方法は、551蓬莱の公式ホームページの通販で購入する方法です。正規のルートなので、正規の値段で買えることは利点で、チルドの豚まんが届きます。チルドの温め方は前述した通りで、正しい温め方をすれば、美味しく551の豚まんを食べることができます。

    公式ホームページの通信販売の欄を押して、電話かFAX、もしくはオンラインショップで購入可能です。決済方法は代引きか銀行や郵便局払い、クレジットカード決済に対応しています。一番便利なのはクレジットカード決済で、すぐに551蓬莱の豚まんが東京に居ながら食べることができます。

    Photo by SunKING1791

    配送の期間は電話とFAXの場合には入金確認後翌日発送です。つまり注文して2日後に自宅に届きます。ネットの注文の場合には午前9:00までの注文の場合には当日に発送です。したがって午前8:00に注文したら翌日には東京の自宅に551の豚まんが届きます。

    百貨店のホームページで通販

    フリー写真素材ぱくたそ

    百貨店のホームページで551蓬莱の豚まんを注文することも可能です。百貨店の場合には、セット販売になっており、公式ホームページで買うよりも安く購入できます。百貨店の通販を利用した場合には、百貨店ごとに決済方法や発送が異なります。

    最も551蓬莱の豚まんを取り扱っている近畿百貨店の場合には、東京諸島部以外の東京の地域は問題なく配送されます。クール便で届き、セイロも付いているので、蒸し器にセットすれば大丈夫です。北海道や九州の一部、沖縄、東京などの諸島部を除いて、配送を行っています。

    Photo by Dick Thomas Johnson

    近畿百貨店の通販の場合には通常1週間程度かかります。公式ホームページの方が通販の注文に対するレスポンスは早いです。いろいろな通販によって変わるので詳しくはそれぞれのホームページを確認してください。

    Amazon、楽天などのネット通販

    フリー写真素材ぱくたそ

    Amazonや楽天などでも551蓬莱の豚まんをネット通販を行っています。ネット通販では、Amazonが551蓬莱の公式サイトが存在しており、楽天よりも一歩先を行っています。Amazonの場合には注文決済完了後翌日配送も可能です。楽天の場合には出品者によって異なります。

    詳しくはそれぞれの通販サイトを覗いてみてください。ユーザーのメリットによって通信販売を選ぶと良いです。楽天の場合には楽天ユーザーは注文するとポイントが付くメリットがあります。楽天の場合には出品者に注意をして、説明書きを確認するようにしましょう。

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    ただしAmazon、楽天共に一緒に検索すると通販の別の肉まんなどがヒットするので類似品には注意しましょう。Amazonの場合には551蓬莱の公式Amazonサイトから、楽天の場合には近畿百貨店などから購入するのが最も良いでしょう。

    551蓬莱は全国の催事イベントでも購入可能

    Photo byMeridy

    通信販売以外で551蓬莱の豚まんを味わうには、催事やイベントなどでの出店を活用すると良いです。2020年2月を例に挙げると次のような催事やイベントで出店をして551蓬莱の肉まんが購入できます。終わったものも取り上げていきます。

    2020年2/5~2/11までは熊本県の熊本鶴屋で551蓬莱が催事のイベントとして出店していました。九州にも551蓬莱の店舗は無く、貴重な551蓬莱を味わえる機会として大盛況のようです。要請には全て応じていないようなのですが、催事イベント出店班が全国各地へ行き、551蓬莱を広めています。

    Photo by Kanesue

    2020年2/5~2/11は名古屋の名鉄名古屋でも催事イベントが行われていました。名古屋でも美味しい食べ物が多い中、551蓬莱を食べる機会に多くの人が集まりました。通信販売では味わえない美味しい豚まんを求めて多くの人が行列を作っています。

    2020年2/19~2/24は群馬県前橋市のスズラン前橋で551蓬莱のイベントが行われています。第4回ミタイマルシェと称して、全国の女子が好きそうな食べものを集めるイベントに551蓬莱も混ざっています。女子だけでなく、男性も551蓬莱の豚まんを求めて行列を作っています。

    Photo by mechapanda

    群馬県では551蓬莱は初出店で、これまで通信販売しか味わえなかった味が、手軽に食べられるとあり大盛況です。大きな百貨店の催事やイベントよりも小さく地域性の高い百貨店や地元に根付いているところをピックアップして、催事やイベントを盛り上げる一部として貢献しています。

    催事やイベント情報は551蓬莱の公式ホームページから随時更新されます。ひょっとしたらお近くの町で催事イベントが行われる可能性もあります。公式ホームページはまめにチェックすることをおすすめします。更新は1ヶ月毎の頻度だと推測できます。

    東京の551豚まんの値段

    Photo by nakashi

    東京で買えるのは551蓬莱の公式ホームページからなので、そちらで551蓬莱の豚まんの値段を予測します。公式ホームページだと豚まん10個で1900円プラス税に送料がかかります。2個からでも購入できますが、2個だと380円プラス税に送料がかかります。

    送料は地域によって異なりますので注文時に確認してください。通信販売を利用する場合にはまとめればまとめるほど安くなります。また近畿百貨店など若干プランが違ったセットを用意しているので、公式サイトと比べながら安い方法を探してみましょう。

    通信販売で東京で買うのなら豚まん1個190円が基本です。ただし送料などがかかるので、これより高くつくことは理解しておきましょう。

    豚まん以外の東京で食べられる551蓬莱おすすめ商品

    Photo by woinary

    通信販売で豚まん以外で東京で食べられる551蓬莱のおすすめ商品を紹介します。味のレビューと共におすすめのポイントも紹介していきます。

    1:ボリューム満点 焼売

    Photo by akira yamada

    1個当たりのボリュームが大きな焼売は551蓬莱では豚まんに次ぐヒット商品です。おすすめのポイントはあまり店舗で食べるのと変わらなく温めることができる点です。豚まんよりも冷凍しても味が損なわれにくく、多く頼んで食べる分の残りは冷凍にできる点もおすすめな商品です。

    肉肉しさは言うまでもなく、シンプルに豚まんとは包んであるか無いかの違いだけだと言われています。おでんや煮込みの鍋の具材としても美味しく、焼いてハンバーグのようにして食べる方法もおすすめです。具材の美味しさは豚まんに負けていないと言われており、お土産としても最適です。

    フリー写真素材ぱくたそ

    美味しい温め方は、豚まんと一緒でセイロで蒸すのが一番美味しく食べられます。チルドの状態でも蒸し上げるのが一番さっぱり食べられる方法です。やや油っこくなるきらいがあるので、蒸し上げて余計な脂を落とすのが一番美味しく食べられます。ホカホカの肉肉しさは豚まんに負けていません。

    時間が無い人の場合には電子レンジで温めるのがおすすめです。500Wの電子レンジの場合には3個だと1分30秒くらいを目安にしましょう。下に濡らしたキッチンペーパーや、白菜などを入れても美味しく温められます。キッチンペーパーの場合には焼売とがくっつかないことがポイントです。

    Photo by othree

    焼売は10個入りで700円プラス送料です。東京の場合には公式サイトもしくは通販のサイトを除いてみてください。お得なセットになっている場合があります。百貨店などでは豚まんとセットになってギフトのように発送してくれるサービスもあります。

    詳しくはそれぞれのサイトを確認してください。既存店舗でも売っている店舗が限られており、新大阪駅の店舗などの6店舗しか扱っていません。焼売も豚まんとセットで買っていく東京のお客さんも多いです。美味しさは他店の焼売とはひと味もふた味も違います。

    2:肉野菜バランス最高 焼餃子

    Photo by regvn

    焼餃子も551蓬莱は美味しいと大阪の人は言っています。ジューシーな餡を作る技術はもちろんいくつかの野菜をブレントしており、豚まんとはひと味もふた味も違うと人気です。551蓬莱の特定店舗での店頭販売している店では、豚まんとセットで買っていく地元の人の姿があります。

    餃子の美味しさのレベルは、餃子だけで勝負しても専門店に負けていないと言われています。いろいろな餃子の店と味比べをしても同等に張り合えるか、もしくは551蓬莱の焼餃子の方がジューシーさでは勝っているという評判です。野菜がたっぷり入っていることでヘルシーです。

    Photo by ivva

    肉の部分は豚肉を中心に使いしっかりとした食べ応えがある味で、おつまみでもご飯のおかずとしても向いています。美味しい商品は、肉と野菜のバランスの良さで勝負です。チルドの状態からでも美味しく焼餃子が作れると評判で、通信販売でも売れている商品です。

    餃子の温め方は油をしいたフライパンなどで温める方法と、レンジで温める方法があります。レンジだとやや柔らかくなるので、仕上げにフライパンで軽く焼き目をつけるとより美味しいです。チルドの商品でもお店で食べるのと同じような味を楽しめるので人気です。

    Photo by jetalone

    焼餃子は15個入りで510円、10個入りで340円です。店頭での価格にプラスで送料がかかります。豚まんとセットで買うなら、百貨店のセットか、公式ホームページから買うことをおすすめします。おやつは豚まんにして、ご飯として餃子をおかずに食べる家庭も多いです。

    焼餃子はどの店舗でも買えて、店頭で味わうのも美味しいと言われています。餃子専門店に負けていない餃子を自宅で味わってみてはいかがでしょうか。お得な豚まんとの組み合わせセットの場合には百貨店の通販を利用するほうが良いケースがあります。

    東京で551蓬莱を味わおう!

    Photo by bryan...

    551蓬莱を東京に居ながらにして味わう方法についてまとめました。東京でも551蓬莱を楽しむ方法は沢山あります。特に温め方に注意をすると店頭と変わらない味を堪能できると評判です。美味しい551蓬莱を自宅で味わって、豚まんをはじめ堪能してみましょう。

    通販の場合には公式ホームページから覗き、セットで売っている百貨店のサイトなどを覗くとお得に買える方法があります。餃子や焼売などと一緒に551蓬莱の豚まんも味わってみましょう。

    古澤 弘一
    ライター

    古澤 弘一

    フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング