三沢空港はお土産が充実で近くで温泉にも入れる?旅の待ち時間の楽しみ方ご紹介

三沢空港はお土産が充実で近くで温泉にも入れる?旅の待ち時間の楽しみ方ご紹介

三沢空港は青森県三沢市に位置する隠れた魅力あふれる空港です。東京や大阪などの主要都市発着の飛行機を利用する際、三沢空港で充実した時間を過ごすことができます。今回は、三沢空港での楽しみ方とおすすめのお土産や温泉について紹介します。

記事の目次

  1. 1.三沢空港はただ飛行機に乗るだけじゃもったいない!
  2. 2.三沢空港のお土産店は充実の品揃え
  3. 3.レストラン三沢空港で味わえる「地元のグルメ」
  4. 4.「三沢空港温泉」は旅の前にも後にもおすすめ
  5. 5.三沢空港の「有料ラウンジ」もおすすめ
  6. 6.三沢空港の「屋外展望デッキ」での送迎
  7. 7.三沢空港はレンタルの「空チャリ」も完備
  8. 8.三沢空港で充実したひと時を過ごそう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

三沢空港はただ飛行機に乗るだけじゃもったいない!

Photo bytookapic

青森県に位置するローカルな空港、三沢空港をご存知ですか?実はこの三沢空港には、飛行機に乗ることだけではない、たくさんの魅力が詰まっているのです。三沢空港で出会える青森ならではの温泉やお土産をたっぷり紹介します。

三沢空港の基本情報

Photo byFree-Photos

三沢空港は青森南部と東京、大阪、札幌、函館を結ぶ国内線空港です。在日米軍、航空自衛隊と共用で使用する空港となっているため、他の空港とは一味違った、国際色豊かな空港となっています。三沢飛行場、三沢基地とも呼ばれ、民間航空会社以外の飛行機も多くみられます。

Photo byJESHOOTS-com

三階建ての三沢空港の一階は出発、到着ロビー、二階はレストランやラウンジ、売店など、三階は送迎デッキとなっています。ローカルな空港でありながら、充実した施設と販売が整っているので旅の玄関口としてだけでなく、観光の寄り道としても人気の空港です。

空港内にあるレストラン三沢空港は8時45分から19時まで、売店スカイマートビードルは8時40分から19時までの営業です。朝の時間帯に出発する飛行機を待つ間にも利用が可能になっていますので、飛行機の出発時間までのんびり過ごすことができます。

Photo by naitwo2

三沢空港から近隣エリアにアクセスする際には、三沢空港から路線バスや鉄道を利用します。三沢駅まではタクシーやバスなどで15分ほどで行くことができるので近隣市へのアクセスには大変便利です。その他にもレンタカーや集合タクシーを利用することも可能です。

レンタカーの窓口は空港一階にあります。4社の窓口があるので、空港に着いて手段に困ったときには便利なレンタカーを利用するのもいいでしょう。

住所 青森県三沢市大字三沢下沢
電話番号 0176-53-7500

三沢空港のお土産店は充実の品揃え

Photo byJillWellington

青森のお土産といえば何が思い浮かびますか?三沢空港では、青森といえば!という定番土産から、地元で馴染みのあるお土産まで、数々の品が充実しています。三沢空港でぜひ手に取ってほしい、おすすめのお土産を紹介します。

三沢空港では、二階のスカイマートビードルにてお土産を購入することができます。スカイマートビードルは三沢空港唯一の売店となっており、選りすぐりの商品の中からお気に入りのお土産を見つけることができるでしょう。

おすすめのお土産・みさわごぼう茶

フリー写真素材ぱくたそ

青森県はごぼうの生産量が日本一であるということをご存知ですか?ごぼうの栽培は、夏でも冷涼な気候の土地が適しています。特に青森県の三沢では、涼しい気候と恵まれた土地によって身の締まったおいしいごぼうが採れるそうです。

三沢空港にはそんなごぼうの旨みをいかしたお土産、みさわごぼう茶があります。みさわごぼう茶は青森県産のごぼうを使用し無添加、ノンカフェインの安心安全な親しみやすいお茶です。みさわごぼう茶は日常生活の中で健康や美容にも効果があるそうです。

Photo bycongerdesign

ごぼうを使ったお茶だからこそ、みさわごぼう茶は料理にも大活躍します。生のごぼうと同じように和えたり炒めたり、様々な使い方ができます。

例えば、ごぼう茶のだしとうまみを生かして、ご飯にみさわごぼう茶を混ぜこんで炊けば、まろやかな風味のいい炊き込みご飯になります。また、卵に出がらしごぼうを混ぜて焼くだし巻き卵は、卵とごぼうの触感がよく合って食卓のおいしいおかずになるそうです。

茶葉タイプの商品と、携帯に便利なティーバッグタイプの商品が販売されているので用途に合わせて選ぶことも可能です。みさわごぼう茶を購入できるのは青森県三沢市内限定です。自分用に、家族に、お友達に、お土産としてごぼうの旨みを堪能できるみさわごぼう茶はいかがですか?

おすすめのお土産・空弁(そらべん)

フリー写真素材ぱくたそ

空港ロビーや機内で楽しめる空のお弁当、空弁を、三沢空港でも購入することができます。三沢空港の空弁では、青森産の食材をたっぷり使用したとっておきのお弁当が用意されています。

はじめに紹介したいのはMISAWAメンチカツバーガー弁当です。具材のメンチカツには三沢産のブランド豚肉、やまざきポークが使用されており、ソース味、ソース&チーズ味の二種をいただくことができます。

Photo bycongerdesign

MISAWAメンチカツバーガーファーストクラスサイズ(850円)には、セットとして青森りんごのマドレーヌや地場長いものジャーマンポテトなど3種の副菜が添えられボリューム満点です。バンズから具材までこだわりぬいて作られたお弁当に大満足間違いありません。

小腹がすいたけどセットでは食べられない、という方には、エコノミークラスサイズ(600円)がおすすめです。ソース味のメンチカツバーガーと青森りんごのマドレーヌで三沢のおいしさを是非味わってみてください。

八戸前沖サバを使ったお弁当も

Photo byLekies

三沢空港では青森の海の幸も空弁として楽しむことができます。八戸前沖で水揚げされる鯖の中でもトップクラスに大きいといわれるブランド鯖、銀鯖を、八戸前沖鯖押し寿し三種のお弁当で味わえるのです。

住所 青森県三沢市大字三沢下沢83-198
電話番号 0716-51-1460

八戸前沖鯖押し寿し三種は、鯖の素材の味を感じながら酢〆、炙り、梅しその三種の味の変化を楽しみながらいただくのがおすすめです。

レストラン三沢空港で味わえる「地元のグルメ」

Photo bylukasbieri

三沢空港の二階にあるレストラン三沢空港では、三沢が誇る地元のグルメが充実しています。飛行機の出発前に、三沢の「おいしい」がつまったレストランで食事を堪能してみてください。

落ち着いた雰囲気の店内では軽いおつまみからセットメニューまで、地元で愛されるメニューが充実しています。飛行機まであと少し時間があるというときにも気軽にお食事をいただけます。席によっては飛行機が見られる席もあるようです。

一押しは三沢バラ焼きセット

Photo by inunami

レストラン三沢空港で絶対に食べるべき一押しメニューが、三沢バラ焼きセットです。名物のバラ焼きとご飯とみそ汁がセットになった大満足間違いなしのメニューになっています。

バラ焼きとは、玉ねぎとバラ肉を炒め醤油やタレで甘辛に味付けた青森のB級グルメと呼ばれる料理です。三沢市で手に入りやすい食材として古くから親しまれていた玉ねぎをふんだんに使って調理するバラ焼きは、三沢市で発祥し、青森南部地方に広まったといわれています。

三沢のグルメをまだ楽しみ切れていない!という方は、レストラン三沢空港でボリューム満点の三沢バラ焼きセットを注文してみてはいかがですか?

住所 青森県三沢市大字三沢下沢83-198
電話番号 0716-52-5568

「三沢空港温泉」は旅の前にも後にもおすすめ

Photo by neverbutterfly

青森県は優れた温泉が充実していることで有名です。銭湯タイプの比較的リーズナブルな価格で楽しめることもあり、温泉を巡る旅をするにはたまらない地域となっています。その中でも三沢には、素敵な温泉が集結しています。

旅の疲れがたまっている方、飛行機出発の前にスッキリしたい方におすすめなのが、三沢空港温泉です。三沢空港から徒歩5分の場所にあるので旅の予定が詰まっていても立ち寄れる、ありがたい温泉施設です。早朝5時半から深夜24時まで営業しているのも嬉しいポイントです。

Photo by flasksrw

アルカリ性単純温泉なので、筋肉痛や関節痛、冷え性や疲労回復などの効果があり旅の合間に立ち寄るにはぴったりの温泉です。

施設内にはスチームサウナやマッサージもあり、のんびりと体を癒す時間を過ごせます。ゲームコーナーや卓球場も利用可能ですので、温泉でゆっくりした後にわいわいと楽しむのも旅の思い出になりそうです。

フリー写真素材ぱくたそ

入浴料は大人350円、小学生150円、小学生未満50円とリーズナブルです。一日に何度でも入浴できる一日券も500円で用意されているので休憩室を利用して長い時間まったりと過ごすこともできます。

シャンプーやボディーソープなどの備え付けはないため、訪れる際には準備が必要です。タオルも250円の料金がかかりますので、忘れずに持参しましょう。

住所 青森県三沢市東岡三沢1-83-90
電話番号 0716-53-4167

三沢空港の「有料ラウンジ」もおすすめ

Photo byaajusan

三沢空港の二階にはには飛行機の出発までの待ち時間に便利な有料ラウンジがあります。利用する際には三沢空港二階にあるレストラン三沢空港のレジでラウンジを使用する旨を申し出て大人1000円、子供500円を支払う必要があります。

三沢空港のラウンジは羽田空港や青森空港にあるゴールドカードラウンジとは違い、だれでも料金を払えば利用が可能です。

利用者のラウンジでのWi-Fiの利用は無料ですので、一人で落ち着いて作業を行いたいときや飛行機の時間までスマートフォンやタブレットを使って映画などを見たいときには有料ラウンジでゆったり過ごすのがおすすめです。

Photo byfancycrave1

ラウンジ内では、ソフトドリンクと温かい飲み物をいただけます。何よりもこのラウンジの魅力は窓際の席で飛行機を間近で見られることです。

静かなラウンジで飲み物をいただきながら眺めを堪能する、普段はなかなかできない特別感を、三沢空港の有料ラウンジで味わってみてはいかかでしょうか?

三沢空港の「屋外展望デッキ」での送迎

フリー写真素材ぱくたそ

三沢空港の屋外展望デッキでは三沢空港ならではの軍用機を近くで見ることができます。民間機と在日米軍の軍用機、自衛隊機が共用で使用する空港だからこそみられる景色を楽しむにはもってこいの場所です。

飛行機に乗らない方も、珍しい飛行機を一目見ようと訪れることもあるようです。家族や知り合いの送迎の際にはもちろん、普段見られない飛行機を間近でみて三沢空港でしか目にすることのできない光景に浸ってみるのも面白いかもしれません。入場には100円がかかります。

三沢空港はレンタルの「空チャリ」も完備

フリー写真素材ぱくたそ

三沢空港で時間がある方にはレンタルサイクル、空チャリの利用がおすすめです。天気が良く風が心地良い日にはタクシーや鉄道ではなく自転車でエコに体を動かして移動するのも楽しいでしょう。

三沢空港から自転車で20分ほど走ると中央公園を訪れことができます。春の桜の時期には自転車を降りて少し歩いてみるのもおすすめの公園です。

園内にはSL機関車D51系の先頭車両が展示されています。地元の人々はこの公園でBBQをして楽しむそうです。広くて静かな中央公園で是非豊かな自然に触れてみてください。

フリー写真素材ぱくたそ

中央公園の近くにはSky Plaza Misawa(スカイプラザ三沢)という大きな商業施設があります。施設内では米軍基地がある三沢ならではの雰囲気を楽しめます。

アメリカからの輸入雑貨やハワイで有名なフリフリチキン、ファストフードまで充実しているスカイプラザ三沢で、アメリカ気分を感じてみてはいかがですか?

スカイプラザ三沢の中には様々なイベントが催される三沢市アメリカ広場があります。特にメインイベントであるアメリカンパレードでは、ステージでのロックバンドの演奏や出店されるアメリカンな食事を通してアメリカの活気ある雰囲気を存分に楽しめます。

Photo byFrankWinkler

三沢空港で見る飛行機をもっとよく見たい方や三沢の航空の歴史を知りたい方には三沢航空科学館がおすすめです。こちらへも空チャリを使えば20分から30分ほどでアクセスできます。飛行機ファンだけでなく多くの観光客が訪れ飛行機を様々な角度から見ることができます。

施設内には大迫力の飛行機のモデルが展示されています。飛行機についてもっと詳しく知ることができる説明や展示が充実しているので、旅の中で飛行機の豆知識まで覚えて帰ることができるかもしれません。

Photo byKristopherK

三沢航空科学館内にあるミュージカルショップでは、ホッチキスと輪ゴムで簡単に作れる紙飛行機のクラフトセットや、繊細に作られたプラモデルなど、ここでしか買えないグッズが充実しています。

旅のお土産として喜ばれる物も揃っていますので三沢航空科学館に立ち寄った際にはぜひ訪れてみてください。また、科学実験工房では子供から大人まで楽しめるサイエンスショーや体験型の科学実験もあります。

Photo byDarkWorkX

開館時間は9時から17時まで(入場は16時半まで)、休館日は毎週月曜日です。入場料は一般510円、高校生300円、中学生以下は無料ですが、団体料金や年間パスポートもありますので訪れる前には確認してみてください。

三沢空港で充実したひと時を過ごそう!

Photo by sendaiblog

三沢空港での楽しみ方やお土産、周辺の観光スポット、知られざる魅力をたっぷり紹介しました。三沢空港を利用する機会がある方はぜひ、いろいろな方向から三沢の魅力に触れてみてください。

飛行機の利用がなくても、旅の寄り道として訪れてみると、新しい発見があるかもしれません。旅の中で食、温泉、雰囲気、景色、五感で三沢を感じてみてはいかがですか?

牧野 七帆
ライター

牧野 七帆

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング