山口旅行・必見のおすすめスポット21選!定番の名所やご当地グルメも満載

山口旅行・必見のおすすめスポット21選!定番の名所やご当地グルメも満載

山口県は日本海、玄界灘、瀬戸内と三方を海に囲まれた県です。旅行の楽しみである食事は海の幸で決まりです。また山口県は明治維新時に中心となった人物を輩出し歴史で重要な役割を担っておりました。武蔵と小次郎が戦った巌流島もあり歴史情緒が楽しめる観光旅行ができます。

記事の目次

  1. 1.山口旅行は絶対にしないと損しちゃう!
  2. 2.山口旅行で外せない絶景観光スポット6選
  3. 3.山口旅行でおすすめの人気観光スポット3選
  4. 4.山口旅行で子供も喜ぶ人気観光スポット2選
  5. 5.山口旅行で雰囲気が素敵な観光スポット2選
  6. 6.山口旅行でゆっくりできるおすすめの温泉2選
  7. 7.山口旅行で味わいたい!絶品おすすめグルメ3選
  8. 8.山口旅行で人気!ご当地グルメやお土産のスポット3選
  9. 9.山口旅行で絶景もグルメもとことん満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

山口旅行は絶対にしないと損しちゃう!

Photo by PYONKO

山口県は荒々しい日本海、九州と挟まれた玄界灘、穏やかな小島多い瀬戸内と三方を海に囲まれた県です。海の幸の宝庫でおすすめのグルメスポットは沢山あります。山口県ならではのご当地グルメもあります。

また2003年(平成15年)NHKの大河ドラマ「武蔵」で全国に知れ渡った宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島など、歴史の地を回る観光もできます。あと山口県は特別天然記念物である秋吉台などのおすすめスポットがあり必見の観光地のある県です。ぜひ一度は観光に来てください。

山口旅行で外せない絶景観光スポット6選

フリー写真素材ぱくたそ

冒頭触れましたように山口県は三方を海に囲まれていますので海などの自然が織りなす絶景観光スポットが豊富です。それでは山口県へ観光旅行に来たら外せないおすすめの絶景スポットを厳選してご案内します。

角島大橋(つのしまおおはし)

Photo by inazakira

「角島大橋」は車のCMなどに採用され山口県の新たな絶景観光スポットになってきております。当初、山口県下関市豊北町の本土と角島間に橋を架ける計画を立てる際に、途中に浮かぶ小島「鳩島」へ橋脚を建設する案もありましたが下関市は景観を選択し鳩島迂回する案で建設を進めました。

完成した橋は橋脚の高さを押さえて周囲に圧迫感を与えず、エメラルドグリーンの海を通り周囲の景色と融合した景観は「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞受賞も頷けます。海の観光名所が豊富にある中の山口県を象徴する観光スポットです。

住所  山口県下関市豊北町大字神田~角島
電話番号 083-786-0234

秋吉台

Photo by にほ

「秋吉台」は日本最大のカルスト台地です。カルスト台地は石灰岩が、長い間雨水などで浸食され奇妙な地形を形成している地形のことを言います。秋吉台は各所に白い石灰石が点在し地下には450以上の鍾乳洞を持ち1964年に特別天然記念物に指定されました。

鍾乳洞は数年でできるものではなく、秋吉台の持つ鍾乳洞は原始時代より前の3億5000万年前から形成が開始されております。秋吉台は、さながらタイムマシンのように3億5000万年前の世界に連れて行ってくれる絶景のおすすめスポットです。山口の旅行では外せない観光地です。

住所 山口県美祢市秋芳町秋吉台山
電話番号 0837-62-0115 (秋吉台観光交流センター総合案内所)

元乃隅神社

Photo by alberth2

「元乃隅神社」は山口県長門市にある神社です。元乃隅神社の建設には山口県では随所に出てくる白狐が関わっております。昭和30年に地元漁業の網元の枕元に白狐が現れお告げを言われて建設されました。昭和62年から10年間かけて奉納された123基の深紅の鳥居が壮観です。

青い海と深紅の鳥居が融合する景色は絶景です。アメリカテレビ局で「日本で最も美しい場所31」に選出されております。また観光だけでなく元乃隅神社は商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除などご利益が盛沢山な神社ですので絶景とご利益で是非訪れたい観光スポットです。

住所 山口県長門市油谷津黄498
電話番号 0837-26-0708(長門市観光案内所YUKUTE)

Photo by alberth2

青海島 自然研究路(海上アルプス)

「青海島」から簡単に紹介します。青海島は太古からの火山活動や地殻変動、それと海の波による浸食で自然が作った芸術品です。絶妙な場所に岩の洞窟があり、小島があちらこちらに飛び出ています。また青海島の岩肌は自然の創り出した形状で人工では再現できない形です。

海の青のキャンパスの上に創られた自然の芸術品です。いくら写真で撮っても100%伝えることはできません。青海島のすばらしさ、偉大さは訪れて自分の目と肌で感じるしか方法はありません。

Photo by12019

今回紹介する「青海島 自然研究路(海上アルプス)」は青海島の素晴らしを訪れてくれた人に感じてもらうために作られた遊歩道です。全長1900mです。初めて訪れた人でも分かるように植物群落や奇岩の名勝についての解説板が設置されております。

また展望台が設置されていて自然が作った芸術をゆっくりと楽しむことができます。もし夏に行くならビーチもあって泳げます。またキャンプ場もあります。朝早く起きて遊歩道を散歩し朝日を見るのは最高の観光になります。青海島の自然研究路は山口県のおすすめ観光スポットです。

住所 山口県長門市仙崎紫津浦
電話番号

須佐ホルンフェルス

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

「須佐ホルンフェルス」のホルンフェルスは変成岩地形を意味します。須佐ホルンフェルスは萩市の須佐高山にある変成岩地形です。変成岩とは一度形成されていた鉱物に、山が形成されるときの強い圧縮力が加わり縞状に再結晶された鉱物のことです。

須佐ホルンフェルスは調査の結果1400万年前に海底に堆積した砂泥へ斑れい岩と呼ばれる火山岩のマグマ貫入の熱によって形成されました。須佐ホルンフェルスの縞模様の灰色は石英の多い砂岩で黒色の部分は粘土鉱物を含む泥岩です。

Photo byJESHOOTS-com

須佐ホルンフェルスも前章で紹介した青海島と同じく長い時間をかけて自然が作り出した芸術品です。白と黒が織りなす景色は遠くから見ると白と黒のクッキーが重なっているようにも見えます。須佐ホルンフェルスを含む須佐湾は1928年に国の名勝及び天然記念物に指定されております。

須佐ホルンフェルスも山口へ旅行に来たなら外せないおすすめの観光スポットです。ぜひ立ち寄ってください。

住所 山口県萩市須佐高山北海岸
電話番号 08387-6-2219(萩市須佐総合事務所産業振興部門)

巌流島

Photo by Tomoharu Mogami

「巌流島」と言えば二刀流の剣術家である宮本武蔵と秘剣の燕返しを身につけた佐々木小次郎が決闘した島で有名です。巌流島は本来の島の名前を「船島」といいます。今も正式名称は船島です。巌流島の名前の由来は敗れた佐々木小次郎から来ています。

江戸時代当時の地元の人たちが破れた佐々木小次郎を偲んで佐々木小次郎の流派「巌流」にちなんで巌流島とつけられました。今は巌流島も整備されております。下関(唐戸)と門司港から観光船も出て接岸できるようになっております。

Photo bykentoshima1984

巌流島の決闘を想いながら佐々木小次郎が敗れた海岸沿いを散策する観光も悪くありません。大きさは周囲約1.6kmですので散策にはぴったりです。島は無人島ですがバーベキュー施設はあります。巌流島は山口へ旅行に来たなら外せないおすすめの観光スポットです

武蔵像と小次郎像

Photo by niconico0

巌流島には「武蔵像と小次郎像」が建てられております。二つは同時に建てられたのではなく別々に建てられ、かつ別々の芸術家により建てられました。銅像は飛び上がって船の櫓を削った長い木剣で小次郎の額を狙った宮本武蔵に対して秘剣の燕返しで反撃を狙っている佐々木小次郎の姿です。

人工の浜辺に二人の姿が似合っており、本当に戦いが始まるような躍動感があります。武蔵像と小次郎像も山口旅行のおすすめ観光スポットです。ぜひ立ち寄ってください。

住所 山口県下関市大字彦島字船島648
電話番号 083-231- 1350(下関市観光政策課)

山口旅行でおすすめの人気観光スポット3選

Photo by 上島町

山口県は平安時代から明治時代に渡って歴史の変革の役割を担っており歴史の面影が色濃く残っている場所が随所にあります。山口旅行では、ぜひ歴史情緒を感じさせる観光地を訪れてください。おすすめの観光スポット三つを厳選して紹介します。

菊屋家住宅

Photo by haru__q

国の指定重要文化財である「菊屋家住宅」は江戸初期の建徳物で400年の歴史があります。商家としては最も古いと言われております。約2000坪の敷地の三分の一が公開されております。屋敷は土蔵などに用いられる日本独特の黒地に漆喰の白が映える「なまこ壁」で囲まれております。

中に入ると手入れの行き届いた庭の美しさに日本庭園のすばらしさを感じます。また屋敷内には美術品や鎧などの歴史資料も展示されております。また江戸時代から昭和にかけて使われた道具なども展示されているので身近に江戸の暮らしを感じることもできます。

Photo by sayo-ts

当時の豪商の生活ぶりや江戸の建築物などを見ることができ歴史情緒を感じることができます。山口旅行で歴史を感じることができる観光地ではおすすめのスポットです。

住所 山口県萩市呉服町一丁目1番地
電話番号 0838-22-0005

松下村塾(しょうかそんじゅく)

Photo by alberth2

「松下村塾」は吉田松陰で有名ですが叔父が始めた私塾でした。29歳で刑死した吉田松陰は松下村塾で2年半しか後輩の育成指導をおこなっておりません。しかし短期間の間で高杉晋作をはじめ幕末から明治初期にわたり日本を変えてきた優秀な若者が松下村塾から巣立っていきました。

また吉田松陰は日本の未来を考えて、国を率いる志ある若者を育てるために、人材身分は関係なく入塾を認めました。松下村塾は萩市にある松陰神社の中にあります。神社の境内に吉田松陰の実家である杉家旧宅と並んで松下村塾が当時のまま残されております。

Photo by ume-y

建物は古めかしいですが清潔に掃除されており、「松下村塾」と書かれた木札を見ると気が引き締まります。建物内部には吉田松陰の絵も掛けられております。歴史情緒を感じるおすすめのスポットです。山口旅行の際はぜひ立ち寄ってください。

住所 萩市椿東1537(松陰神社敷地内) 
電話番号 0838-25-1750(一般社団法人萩市観光協会)

狐の足あと

Photo by june29

「狐の足あと」は歴史ある湯田温泉を楽しんでもらうための情報発信の施設です。湯田温泉はこじんまりとした区域内に温泉宿、飲食店などが詰まっております。狐の足あとで知りたい情報を得て街歩きを楽しんでください。地元のご当地グルメも楽しめます。

また狐の足あとはただ情報を発信するだけの施設ではなりません。館内にはカフェもあって休憩することもできます。また湯田温泉らしく足湯もありますので観光で疲れた足を是非癒してください。ギャラリースペースには山口市出身の詩人である「中原中也」に関する本などが置かれております。

狐の足あとは山口へ旅行に来ていただいた観光客に喜んで頂けるように、旅がより一層楽しくなるプランを作ることができます。まず湯田温泉に来たらな狐の足あとに立ち寄ることをおすすめします。

住所 山口市湯田温泉2‐1‐3 
電話番号 083‐921‐8818 

山口旅行で子供も喜ぶ人気観光スポット2選

Photo bygeralt

山口県は歴史の観光地だけではありません。海が自慢の山口県ですので家族連れも楽しめる場所が数多くあります。ぜひご家族で山口に訪れてください。子供も楽しめること受け合いのおすすめ観光スポットを厳選して二ヶ所ご案内します。

秋吉台自然動物公園サファリランド

Photo byrustymillsFC

「秋吉台自然動物公園サファリランド」は車で移動しますので全天候型の娯楽施設です。サファリランドは開放型動物園と遊園地が一体となった娯楽施設です。動物園と違って車で野生動物に近づいて観察できます。目の前でライオンを見ることができますので、子供たちは大興奮です。

車で動物を見た後に時間があれば併設されている遊園地で遊んでください。大人も一緒に遊べます。また売店には秋吉台自然動物公園サファリランドの特製ご当地のお土産もあります。家族で一日楽しんで下さい。山口旅行の際はぜひいらしてください。

住所 山口県美祢市美東町赤1212秋吉台サファリランド内
電話番号 08396-2-1000

海響館

Photo by niconico0

「海響館」は下関市立しものせき水族館のことです。唐戸市場の近くにありますので海響館で遊んだ帰りには唐戸市場に寄って食事を楽しむことができます。海響館は唐戸市場とカモンワーフとともに下関を代表する観光地です。山口旅行の際はぜひいらしてください。

海響館では世界最大級の全長約25メートルぼシロナガスクジラの骨格標本が訪問客を迎えます。また定番のイルカショーも家族で楽しめます。ご当地の下関ならではふぐコーナーもあります。また海峡潮流を再現した水量900㎥の海響館最大の水槽もあり見どころ満載です。家族で一日楽しめます。

夜の水族館やイベントも

Photo by Kentaro Ohno

海響館では夏休み期間に夜の水族館を開催しております。色とりどりのライトでライトアップされます。2階の魚の水槽では海響館から貸し出される懐中電灯で生き物を観察できます。関門海峡の夜景をバックにしてイルカとアシカによるショーが開催されます。夏休みのおすすめスポットです。

住所 山口県下関市あるかぽーと6-1
電話番号 083-228-1100

山口旅行で雰囲気が素敵な観光スポット2選

フリー写真素材ぱくたそ

次は夫婦やカップル、家族連れ、など誰でも楽しめる場所の紹介です。山口県は自然が多く、自然が織りなす光景を鑑賞できる観光地が随所にあります。自然が作る造形物は素晴らしくて感動的な光景を作り出します。

自然の美しさの鑑賞には年代性別は関係ありません。それでは素敵な雰囲気を味わうことができる観光スポットを厳選して二つ紹介します。

秋芳洞(あきよしどう)

Photo by alberth2

「秋芳洞」は「山口旅行で外せない絶景観光スポット6選」で紹介した秋吉台の地下にある鍾乳洞です。秋吉台へ観光にいくなら秋芳洞も観光してください。1952年に特別天然記念物に指定されております。鍾乳洞として日本最大規模で総延長は8850mです。観光には約1.5kmが公開されております。

鍾乳石が雨水などで数ミリ進むのに20年程度要します。鍾乳洞の中は長年に渡る自然の力で作られた鍾乳石を見ることができます。雨水の当たり方や鍾乳石の成長状況により様々な形の鍾乳石があり「黄金柱」「百枚皿」「巌窟王」など名前が付けられてライトアップされております。

住所 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
電話番号 0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)

竜宮の潮吹き

Photo byHans

「竜宮の潮吹き」の竜宮とは津黄漁港西北端の海蝕地形の総称を指します。一帯は約258万年前から約1万年前の玄武岩で形成されております。長い間の海流と波の作用で玄武岩が削り取られ洞穴が空きました。打ち寄せる波が穴に入り込むと空気が圧縮され、圧縮を開放する力で海水を噴き上げます。

この現象を竜宮の潮吹きと呼んでおります。冬の季節風で海が荒れるほど潮が高く上がります。冬の日本海を感じることができます。竜宮の潮吹きは穴場の観スポットでおすすめです。山口旅行の際はぜひ立ち寄ってください。

住所 山口県長門市油谷津黄498
電話番号

山口旅行でゆっくりできるおすすめの温泉2選

Photo by amika_san

山口県にきたら日帰り観光ではなくゆっくり泊まって観光して下さい。山口は三方が海に囲まれているため海や海産物の観光地、または歴史の観光地のイメージがあるかもしれませが山口にも湯田温泉など名湯があります。

温泉でゆっくりくつろいで英気養って翌日の観光をまた楽しんでください。それではおすすめの山口の温泉を二ヶ所案内します。

俵山温泉

Photo by GoToVan

「俵山温泉」の歴史は古く開湯は延喜16(916)年で千余年の歴史があります。温泉街には約40軒の宿があり、小さな日本家屋の宿です。中に温泉風呂はありません。湯治による長期治療の客が相手で外の温泉に出かける形をとっております。ただし内湯もある宿もありますので確認して下さい。

食事は地鶏料理や自然薯を使った料理がご当地グルメとして喜ばれております。地元産の長州鳥は張りがあって美味しい鳥です。俵山名物「猿まんじゅう」もご当地グルメの一つです。お猿の形をしたお饅頭で白餡と黒餡があります。山口旅行の際はぜひいらしてください。

住所 山口県長門市俵山湯町
電話番号 0837-22-2111

温泉の森

フリー写真素材ぱくたそ

「温泉の森」は湯田温泉にある日帰り入浴施設です。2つの露天風呂にスーパー岩盤浴もあります。日帰り入浴ができますので他の宿からも遊びに行くことができます。また韓国式アカスリエステや通常のエステ、マッサージもできます。温泉につかったとゆったり全身リラックスすることができます。

温泉で疲れをとったあとは食事です。温泉の森には食事施設があります。「温泉の森定食(1530円(税別)」を始め食事メニューは豊富にあります。ぜひ家族でゆっくりとくつろいで下さい。山口を家族旅行で訪れた際はゆっくりしてください。

住所 山口県山口市湯田温泉 4-7-17 
電話番号 083-920-1126 

山口旅行で味わいたい!絶品おすすめグルメ3選

Photo bynaturalogy

やはり山口県に観光へ来たなら食事は厳選して選びたいものです。海に囲まれた山口ですから海鮮物には自信があります。特にふぐは質量とも日本一の漁獲量です。またふぐ以外にも美味しい食材の宝庫です。それでは厳選しておすすめの食材を三つ紹介します。

ふぐ

Photo by next-one

山口の食材で最初に頭に浮かぶのはふぐです。まず山口とふぐの歴史から簡単に説明します。ふぐの歴史は古く安土桃山時代の豊臣秀吉がふぐを食べることを禁止しました。しかしふぐを解禁したのは当時総理大臣であった伊藤博文です。

伊藤博文が下関を訪問しふぐを食したところ、美味しくて国民にも食べさせたくなりました。そこで、山口県知事へふぐ解禁を申し入れ解禁になった歴史があります。山口県が最初のふぐ解禁の場所となっため全国からふぐや料理人も集まってきてふぐの聖地となりました。

Photo by kagawa_ymg

料理人が集まれば下関にはふぐを扱う店もできはじめ、ふぐ目当ての観光客も増えてきました。ふぐは山口県のご当地グルメです。それではふぐの代表的な料理を紹介します。まずはふぐ刺しで大皿に並べられます。ふぐは脂肪分がすくなくポン酢と相性がよく、柔らかいネギを巻いて食べます。

次はふぐ鍋です。ふぐ以外は白菜、しらたき、春菊、白ネギ、椎茸、えのきなど葉物やキノコ類などが一般的です。ポン酢にもみじおろしをつけて頂きます。ふぐ鍋は具を食べたあとに楽しみがあります。ふぐから出た旨味を雑炊にして食べ尽くすのが最高です。

Photo by atgw

最後にから揚げを紹介します。ご飯にも、ビールやお酒にもぴったりです。歯ごたえもあるふぐのから揚げは塩を一振りして食べると美味しいです。ふぐ刺し、ふぐ鍋、ふぐのから揚げと紹介しましたが、ふぐの煮こごり、湯引き、茶わん蒸しなどふぐを使った料理はたくさんあります。

瓦そば

Photo by veroyama

「瓦そば」は山口のご当地グルメです。山口県下関市豊浦町川棚の郷土料理です。瓦そばの歴史は古く1877年(明治10年)の西南戦争時代に遡ります。薩摩軍の兵士たちが瓦を使って野草や肉などを焼いて食べたという話を聞いた川棚温泉の旅館の主人が宿泊者向けの料理出したのが始まりです。

作り方は熱した瓦の上で茶そばを焼き暖かいめんつゆで食べる料理です。山口県内には瓦そばを扱うお店があります。各店舗で特徴がありますので紹介します。茶そばを使いますので京都の宇治茶をそばに練り込んでお茶の香りを際立させるお店や地元の長州地鶏と一緒に提供している店もあります。    

Photo by duck75

瓦そばは山口県内では一般に食べられておりますので、スーパーでも販売しております。家庭では瓦で焼くことはできませんのでホットプレートで焼いて食べております。山口に旅行へきた際はぜひご当地グルメの瓦そばを食べてみてください。

須佐男命いか

Photo byAnestiev

山口はふぐだけでなく烏賊も見のがせません。「須佐男命(すさみこと)いか」は山口県萩市須佐漁港で水揚げされるブランド烏賊です。「一本釣船団」のより丁寧に一匹一匹丁寧に釣り上げられています。一本釣船団で一本釣りされる活きケンサキイカだけが須佐男命いか名乗ることができます。

2000年に水産庁の「意欲と能力のある担い手育成計画モデル事業」で漁獲量重視から収益性重視への経営を図るために須佐漁港のケンサキイカが選ばれました。試験的に漁協による夏季限定の「直売市」を開催し、また「イカ祭り」等の催しで沿岸漁業の活性化を図り現在の発展に至りました。

Photo byumiyuki

須佐男命いかは山口県漁業協同組合須佐支店によって認定された店だけで食べることができます。料理は生イカの刺身は外せません。捌かれたイカは透明で、イカの美しさにお客から驚きの声が聞こえることもあります。コリコリした触感と噛むほどに旨味が出てきます。

次はゲソ天です。新鮮なゲソの弾力、甘味が美味しく天ぷら単品で頼みたくなります。最後はコンロで火を通します。程よく柔らかくなり何もつけずに食べてもイカの甘味で食べることができます。他にもイカ天丼やイカ肉味噌丼もあります。

7月から10月に山口へ旅行に行くなら期間限定の須佐男命いかをぜひ味わってみてください。おすすめのご当地グルメ料理です。

山口旅行で人気!ご当地グルメやお土産のスポット3選

Photo byGellinger

山口県は「岩国寿司」など山口のご当地グルメがかなりあります。下関のふぐは全国に発送されてどこでも食べられます。しかしご当地グルメは地元でしか味わうことができません。また、お土産も見逃せません。海産物やみかんなど買って帰りたいお土産がたくさんあります。

次は山口のご当地グルメが食べられる観光スポットやお土産が買える場所を厳選して三ヶ所ご案内します。山口旅行の際はぜひ立ち寄ってください。

唐戸市場(からといちば)

Photo by rail02000

山口と言えばふぐ、ふぐと言えば「唐戸市場」と言うぐらい下関のランドマークになっていると言えます。まず唐戸市場の歴史を簡単に振り返ります。1924年(大正13)に「唐戸魚市場」が発足しました。1979年(昭和54)に唐戸朝市が始まより一層市場に活気が出てきました。

さらに経済活動が活発になってきたのと施設の老朽化のため2001年(平成13)4月に今の場所へ移転し、2009年(平成21)には発祥100周年を迎え下関の観光地として多くの観光客が訪れております。

唐戸市場の特徴は、地元の漁師さんたちが獲得した魚や育てた魚を直接消費者に販売している形態をとっていることです。消費者は目の前にあるピンピンしている魚介類を購入することができます。また農産物の直売所もあります。唐戸市場は消費者に最も近い場所にいる市場と言えます。
 

Photo by avlxyz

観光客にとってうれしいのは、毎週末と祝日に開催している「活きいき馬関街」のイベントです。このイベントは市場の各商店が握り寿司、海鮮丼やふぐ汁、あら汁を選んで食べることができます。各店舗の自信作を選んで2階の休憩場所で食べることができます。山口の海の幸を堪能できます。

また唐戸市場の2階には食堂もあります。お目当てのふぐも安心価格で食べられます。単品でも注文できますので朝からビールやお酒で楽しむことができます。唐戸市場と同じで2階の食堂も活気があふれており訪れる人に元気を与えてくれます。

1階で海産物のお土産を買って2階でご当地グルメの定食を楽しむのは下関観光の定番です。下関では唐戸市場がおすすめの観光スポットです。山口旅行の際はぜひ立ち寄ってください。

住所 下関市唐戸町5-50唐戸市場内
電話番号 083-231-1440

道の駅 ソレーネ周南

Photo by fujitariuji

「道の駅 ソレーネ周南」は山口の自慢の地元特産品の販売しております。朝仕入れていた鮮魚の寿司握りや山口県産鹿野高原牛、鹿野高原豚を使ったご当地グルメのお肉料理などを販売しております。また小腹が空いたときは山口ご当地グルメの肉うどんも食べられる複合施設です。

レストランは地元食材にこだわった地産地消のレストランです。安心して食べられます。また周南全域や近隣から新鮮野菜も販売しております。また山口周南は様々な花が咲き乱れる美しい場所です。季節の切花や花鉢そして苗物も取りそろえ販売しております。

Photo byKarinKarin

ソレーネ周南は高齢者相談コーナーや乳幼児用施設もあり全世代の訪れる人に対応するようにしております。芝生公園もありますので車での観光で少し休憩するときに便利です。山口旅行で周南市を訪れた際は、ぜひソレーネ周南に立ち寄ってみてください。

住所 山口県周南市大字戸田2713番地
電話番号 0834-83-3303

道の駅 北浦街道 ほうほく

フリー写真素材ぱくたそ

「道の駅 北浦街道 ほうほく」は最高の立地条件に恵まれております。ウッドデッキからは「山口旅行で外せない絶景観光スポット6選」ご紹介した角島大橋を水平線に臨むことができ、眼下には和久漁港を見ることができます。

ここを訪れれば口コミなどで旅行者から高い評価を受けている理由は分かります。景色だけではありません。和久漁港が近くにあるため朝水揚げされたばかりの豊富で新鮮な魚介を購入できますし、食べることもできます。また山口の朝採れ果物や野菜も直売しております。

Photo by zenjiro

北浦産の数種類のお魚が入ったいなり寿司や朝仕入れた旬の北浦地魚のにぎり寿司などが安心価格で販売されております。またご当地グルメとしては道の駅ほうほく限定販売のチョコやショコラ、饅頭などがありますのでお土産にぜひ買っていってください。

レストランも鮮魚祭りです。旬の魚を使った海鮮丼やお刺身定食が安心価格で提供されております。山口はさざえやアワビもご当地食材です。ウニ丼は地元産のウニをふんだんに使っております。ふぐ料理も各種取りそろえております。山口へ旅にに来たらならぜひ立ち寄ってください。

住所 山口県下関市豊北町大字神田上314-1
電話番号 083-786-0111

山口旅行で絶景もグルメもとことん満喫しよう!

Photo by kagawa_ymg

山口県は歴史の変革に重要な役割を果たしてきておりました。食生活でもふぐの解禁の旗頭であり食文化を切り開いてきました。また山口には貴重な自然が残されおり随所に絶景スポットがあります。ご家族、夫婦、家族ずれ、一人旅でも誰でも好きになり楽しめる観光地が随所にあります。

もちろん食材も自信があります。今回、山口の観光地や食材の魅力を紹介しました。ぜひ参考にして一度「おいでませ山口へ」来てください。ぜひ山口へ旅行にいらしてください。

御手洗わん
ライター

御手洗わん

ペンネームの「御手洗わん」は実家がある山口県光市室積にある穏やかな湾である「御手洗湾(みたらいわん)」から取りました。少しでも実家が有名になり人が集まってきて欲しいために付けてみました。画像が年一回行われる御手洗湾の花火大会です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング