高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山が凄い!衣食住が揃いショップも併設!

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山が凄い!衣食住が揃いショップも併設!

2019年7月に高知にオープンした「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」は、アウトドアを楽しむのにぴったりな複合施設です。周囲に広がる高知の豊かな自然を満喫するための、モンベルのアクティビティプランやキャンプ場などで、楽しい休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

記事の目次

  1. 1.モンベルとは?
  2. 2.高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山
  3. 3.高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「衣」
  4. 4.高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「食」
  5. 5.高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「住」
  6. 6.周辺のおすすめアクティビティ
  7. 7.営業時間・アクセスなどの基本情報
  8. 8.高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山で遊ぼう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

モンベルとは?

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

モンベルは、日本のアウトドアドア総合メーカーです。全国各地にあるアウトドアショップは、一度は見たことがある方も多いのではないでしょうか。登山やキャンプ場で使えるアウトドアグッズを扱っており、耐久性が高く質の良い商品はアウトドアを好む多くの人に愛されています。

ショッピングセンターなどに入っているアウトドアショップでは、キャンプ場など、外で使えるような本格的なアウトドア商品から、普段使いできるウェアやバックパックまで、品揃えの豊富さが特徴的です。

Photo by casek

また、モンベルは、アウトドアショップのみならず、社会福祉等にも貢献しています。子供たちの野外活動促進や自然災害による被災地支援、環境保全とのバランスを熟考したうえでの「エコツーリズム」など、その活動は多岐にわたります。

日本生まれのアウトドアショップ

Photo by inunami

モンベルは1975年、日本のトップクライマーである辰野勇氏によって設立されました。創業以来、「機能美」を意味する「Function is Beauty」と「軽量と迅速」という意の「Light & Fast」をコンセプトに商品開発を行っています。

設立当初から、モンベルが力を入れているのは寝袋の開発です。登山やキャンプ場で夜を明かす際に、寝袋は必需品です。モンベルの寝袋は、軽く、伸縮性があり、保温性も高いので、今でもとても評判が良い商品です。

Photo byHans

また、モンベルはセールを行わず、その点はモンベルの信頼の高さにも繋がっています。しかし、セール同等の価格でモンベルの商品を手に入れることが出来る方法があるので次にご紹介します。

アウトレット店舗ではお得なセール品も

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

前章での通り、モンベルは、それぞれの正規店舗でのセールを行いません。その代わり、全国各地にあるアウトレット店舗では、旧モデルの商品等を通常価格の20~30%というセール価格で買うことが出来ます。

セール価格といえど、モンベルの商品は高品質なものばかりで安心できます。また、どこの店舗にも、アウトドア知識や商品知識に詳しいスタッフの方がいるので、目的に最適なものを選べます。

Photo by yoppy

すぐサイズが変わってしまう成長期の子供のウェアなどはセール価格で手に入れてみてはどうでしょうか。また、一回きりかも、と思うものや季節を選ぶ商品などは、セール価格のほうが買いやすいかもしれません。

先ほど紹介した寝袋も、セール価格のものが見つかるかもしれません。セール商品を上手く使うことで、お得にアウトドアを楽しむことも出来ます。

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山

Photo byfalco

「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」は、高知の清流、吉野川に臨む自然豊かな地に、2019年7月7日オープンしました。充実した設備の整った複合施設です。周りにはキャンプ場もあり、多種多様なアクティビティを体験することができます。

一流アウトドアショップのモンベルだからこそ提供できるサービスや楽しみ方が満載です。様々なアウトドアの拠点となる複合施設をご紹介します。

宿泊施設もある複合施設!周辺にはキャンプ場も

Photo byBarbaraJackson

ヴィレッジ内には、宿泊施設としてのコテージやレストラン、ビジターセンターに温浴施設など、とても充実した設備が整っています。おしゃれでウッドベースの建物は、自然に溶け込み、ヴィレッジの落ち着いた雰囲気を作り上げています。

ヴィレッジのすぐ横には、施設を挟むように吉野川が流れ、隣にはキャンプ場を内包する帰全山公園があります。立地も設備も素敵な施設です。

新しいアウトドアの拠点

Photo by Maarten1979

ヴィレッジができたのは嶺北地域と呼ばれる場所で、四国中心部に位置します。中心部を流れる吉野川や美しい棚田の風景、四国山地の山々など、雄大な自然を四季折々楽しむことが出来る地域です。

ヴィレッジから足が伸ばせる範囲内にも、ヒノキの白骨林が魅力の白髪山や紅簾石が見どころの奥工石山、見るのも遊ぶのも楽しい吉野川、その河原にあり、キャンプ場もある帰全山公園などがあり、体験できるアクティビティは様々です。

フリー写真素材ぱくたそ

このように、嶺北地域はアクティビティには最適な地ですが、今までは宿泊施設が少なく、旅行客の数も多くはありませんでした。待望の末、嶺北に誕生した「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」は、周辺の自然や観光の拠点となることでしょう。

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「衣」

Photo bylaterjay

アウトドアをしたいけど、何を用意すればいいのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。おすすめは、先ほど挙げたモンベルのアウトレット店舗でのセール商品を利用することです。セール価格のものを上手く使えればコストも抑えられます。

現地に行ってから、必要なものが増えた場合に便利なのが「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」の中にある「モンベル」のアウトドアショップです。初心者の方でも安心してアウトドアに行く準備が整います。

モンベルストア

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

アウトドアショップでは、嶺北で楽しむことが出来るアクティビティに必要なウェアやアウトドア商品が揃っています。アウトドアに精通したスタッフがおすすめを教えてくれるので、初心者も安心して訪れることができます。

営業時間は、1月~7月、9月~12月は11:00~18:00、ゴールデンウィークと8月は11:00~19:00です。アクティビティ前に、ぜひ来店してみてください。

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「食」

フリー写真素材ぱくたそ

ここでしか味わえないメニューや地元食材を使った料理など、食事も満喫できるのが「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」の特長です。BBQは、レストランでもコテージでも楽しむことが出来るのでおすすめです。

レストラン ハーベステラス

フリー写真素材ぱくたそ

「レストラン ハーベステラス」は、ヴィレッジ内にあり、最大60人収容可能なレストランです。食材にも調理にも拘りを感じられる料理と、地酒やクラフトビールなどのアルコールも楽しめます。

中でも一番のおすすめは、ピザ窯で焼き上げられたピッツァです。地元産の薪を使用したピザ窯で焼き上げられるピッツァは絶品です。「マルゲリータ」を始め、3種類のピッツァが注文でき、焼きたてを頂くことができます。

Photo byRepublica

BBQでは、高知県産のブランド和牛である「土佐あかうし」を堪能できます。ガスグリル等はレストランで用意してあるので、手ぶらでキャンプ場気分を楽しめることもポイントです。ただ、BBQメニューは前日までの予約が必要なのでご注意ください。

また「土佐あかうし」は、レストラン特製の「土佐あかうしカレー」にも使われているので、色々なところで地元の名産を味わってみてはいかがでしょうか。営業時間は、1月~7月、9月~12月は11:00~20:00、ゴールデンウィークと8月は11:00~20:30です。

ビジターセンター

Photo byAlexas_Fotos

「ビジターセンター」は「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」の総合受付です。宿泊の方やアクティビティに参加する方、温浴施設を使用する方などの受付を行います。また、レンタルサイクルの貸し出しも行っており、「ビジターセンター」で受付ができます。

建物内には売店もあり、地酒や名産品、木工品などを販売しています。観光情報の案内もしているので、ヴィレッジを訪れる際には欠かせない場所です。営業時間は、1月~7月、9月~12月は9:00~18:00、ゴールデンウィークと8月は8:00~18:00です。

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山の「住」

Photo by vastateparksstaff

「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」内には、少人数向けのコテージと団体客向けの団体宿泊棟の、ふたつの宿泊施設があります。それぞれ目的に沿って居心地の良いつくりとなっている宿泊施設とその設備をご紹介します。

コテージ

Photo bykirkandmimi

コテージには1室6名までの宿泊となっています。ウッディでおしゃれな、落ち着く雰囲気が魅力です。2階建てで、2階部分はロフトとなっており、寝室として使用できます。

調理器具、食器なども用意されており、ミニキッチンでの料理も可能です。また、バーベキューコンロもあり、テラスでは、持ち込み食材や「ハーベステラス」で購入した食材でBBQをすることも出来ます。

Photo by hogeasdf

コテージの敷地内ではテントを張ることができ、寝袋も貸し出されるので、キャンプ場のような気分を味わうことも出来ます。家族や友達、カップルなど、自分たちの時間を楽しみたい方はコテージ宿泊がおすすめです。

コテージの予約、お問い合わせは電話からの受付となっています。受付の電話での営業時間は10:00~18:00です。また、チェックインは15:00~20:00、チェックアウトは翌朝10:00までです。自然の中のコテージで、キャンプ場のような雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

団体宿泊棟も営業中

Photo by eggrole

団体宿泊棟は学校の林間学校や修学旅行、企業の研修などに使用できる施設です。収容人数は62名、料金は1日1泊3000円です。食堂、トイレ、洗面所、寝室7部屋のほか、食堂兼研修室が使用できます。

食堂兼研修室では、プロジェクターやスクリーン、マイク、ホワイトボードなどが無料でレンタルできるので、会議や集会にも利用できます。他、スポーツイベントに使える体育館もあるので雨天時のイベントにも便利です。

Photo by Northfielder

コテージと同じく、予約、お問い合わせは電話からの受付です。受付の電話での営業時間は10:00~18:00です。また、ご利用用途は研修目的に限りますのでご注意ください。

温浴施設

フリー写真素材ぱくたそ

大浴場を備えた温浴施設「土佐れいほくの湯」は「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」の敷地内にあります。宿泊客のみならず日帰りでも利用することが出来ます。アウトドアを楽しんだ後に、汗を流していってはいかがでしょうか。

営業時間は、通常は13:00~20:00、ゴールデンウィークと8月の土・日・祝日は13:00~21:00です。受付はビジターセンターです。営業時間が温浴施設とは異なるのでご注意ください。

周辺のおすすめアクティビティ

Photo byBenediktGeyer

モンベルには、M.O.C.と呼ばれる、モンベル・アウトドア・チャレンジという野外活動部門があります。日本全国で様々なイベントやアクティビティを開催しており、「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」が主催しているイベントも多々あります。

ヴィレッジの周りには、高知の豊かな自然が広がっています。コテージに宿泊し、ヴィレッジを拠点に、様々なアクティビティを思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。一流のアウトドアショップだからこそ提供できる、素晴らしいアクティビティの数々をご紹介します。

高知・吉野川でラフティング

Photo by monikomad

ヴィレッジの近くを流れる吉野川では、ファミリー向けのラフティングコースが人気です。時折現れる急流を乗り越えたり、流れが穏やかな場所ではボートを止めて一息つくこともできます。また、場所によってはボートから川に飛び込んで泳ぐことのできる場所もあります。

自然を目一杯感じながら、ラフティングで楽しい思い出づくりはいかがでしょうか。開催日時点で4歳以上から参加可能です。また、ライフジャケットを着用し、ラフティングガイドと共に行うアクティビティなので、泳ぎが苦手な方でも安心して楽しめます。

高知・白髪山を登山

フリー写真素材ぱくたそ

白髪山は、本山町にあり、標高1469mの山です。登山の最中には、四季折々に様々な植物を楽しむことができるほか、立ち枯れしたヒノキ群など特異な風景も魅力的です。

白髪山でのモンベルのイベントはいくつかあるので、目的に合わせて選ぶことが出来ます。根の形状に特徴がある根下がりヒノキが群生する場所を巡るコースや、秋の紅葉を楽しむコースなど、自分好みのコースを選び、登山を堪能してみてはいかがでしょうか。

高知・汗見川でシャワークライミング

Photo by sequoiabrigadecamp

行川は、本山町を流れる清流で、特別天然記念物のオオサンショウウオが生息するほど透明できれいな川です。日本屈指の清流で、思いっきり川遊びをしてみてはいかがでしょうか。深い場所もあるため、飛び込んだり泳いだりすることもできます。

他にも、川魚が見ることができたり、周りの自然観察をできたりと子供連れが楽しめるポイントが沢山あります。近くのモンベルフレンドのアウトドアショップでバーベキューセットを借り、アクティビティの前後にBBQを楽しむこともできるので、ご家族でいかがでしょうか。

土佐れいほくをサイクリング

Photo byfgmsp

嶺北の風を感じることができるサイクリングもおすすめです。特に、ヴィレッジ目の前の吉野川沿いを走る道は、サイクリングにぴったりのコースです。吉野川を上った先では、河原で川遊びを楽しんだり、観光スポットの早明浦ダムの迫力を感じることもできます。

モンベルアウトドアヴィレッジ本山のレンタサイクル

Photo byPexels

ヴィレッジでは、スポーツサイクルの貸し出しを行っており、ロードタイプとクロスバイクの2種類から選ぶことが出来ます。モンベルのアウトドアショップでも実際に販売している「シャイデック」というシリーズの自転車です。

「シャイデック」は、モンベルが独自開発した自転車シリーズで、日本人の体格や日本の地形に最も合うように作られています。快適な自転車で、豊かな自然の中を走ってみてはいかがでしょうか。貸出の受付はビジターセンターです。営業時間にお気をつけください。

営業時間・アクセスなどの基本情報

Photo byshonflare

「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」内の施設は、ビジターセンター、アウトドアショップ、レストラン、イベントへのお申込みの、営業時間と電話番号がそれぞれ違います。ご予約の際はご注意ください。

宿泊施設のご予約やお問い合わせはビジターセンターです。ビジターセンターの営業時間は、1月~7月、9月~12月は9:00~18:00、ゴールデンウィークと8月は8:00~18:00ですが、電話受付の営業時間は10:00~18:00なのでご注意ください。

住所 高知県長岡郡本山町本山2133-1
電話番号 0887-72-9671

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山で遊ぼう!

Photo bysebadelval

「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」は、高知の自然を満喫するのに最高の施設です。キャンプ場気分を味わえるコテージ、ラフティングやトレッキングなどの自然満載のアクティビティ、地元ブランド牛のBBQなど、楽しいポイントが沢山あります。

一流アウトドアショップのモンベルだからこそ提供できる最高なものばかりです。高知の嶺北で、アクティブな休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

baym
ライター

baym

東京在住。国内旅行と料理が好き。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング