群馬のおすすめキャンプ場29選!穴場スポットやコテージ付きも紹介!

群馬のおすすめキャンプ場29選!穴場スポットやコテージ付きも紹介!

自然豊かな群馬県にはたくさんのおすすめキャンプ場があります。群馬ならではの大自然を満喫できる人気のキャンプ場や、知る人ぞ知る穴場キャンプ場、コテージやバンガロー付き、川遊びのできるキャンプ場など、バラエティに富んだ群馬のキャンプ場を一挙にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.群馬のキャンプ場で自然と触れ合おう!
  2. 2.群馬県ってどんな県?
  3. 3.群馬の人気キャンプ場8選
  4. 4.群馬の手ぶらで楽しめるリゾートキャンプ場4選
  5. 5.群馬のおすすめ穴場キャンプ場5選
  6. 6.群馬の川遊びが楽しめるキャンプ場7選
  7. 7.群馬のコテージやバンガローのあるキャンプ場5選
  8. 8.群馬のキャンプ場はバラエティ豊か!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

群馬のキャンプ場で自然と触れ合おう!

群馬県 浅間山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬県は、南は埼玉県、西は長野県、北は新潟県・福島県、東は栃木県に接しています。北関東の内陸の県で、山に囲まれた海無し県です。妙義山、赤城山、榛名山の上毛三山や浅間山、谷川岳など、たくさんの個性的な山々が近くにあります。

登山やハイキング、川遊び、キャンプやバーベキューなどが人気で、大自然の中で子供から大人まで思いっきり遊ぶことができます。

山に囲まれた群馬県はキャンプ場も多い

群馬県嬬恋 キャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬県には、妙義山(最高峰・相馬岳1103.8m)、赤城山(最高峰・黒檜山1828m)、榛名山(最高峰・掃部ヶ岳1449m)の上毛三山や浅間山(2568m)、谷川岳(1977m)などをはじめ、たくさんの山があります。

武尊山(2158m)、至仏山(2228.1m)、荒船山(1423m)なども有名です。山々の麓や中腹には大自然が満喫できるキャンプ場がたくさんあります。

深い森の中にある穴場のキャンプ場や川の流れる音を聞きながらテント泊できるキャンプ場など、自然にゆったりと溶け込めるようなキャンプ場があります。

川
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

都内からアクセス良好なキャンプ場も多いです。大自然の中でキャンプがしたいと思ったら、まずは群馬のキャンプ場を検索することをおすすめします。

標高が高いので夏も涼しく快適

夏山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬のキャンプ場は山の中腹や高原、麓に位置する場合が多いので、避暑地のキャンプ場もたくさんあります。

標高が1000m前後の場所にあるキャンプ場もありますので、夏の暑い時期に暑いキャンプ場で汗をたくさんかきながらテント設営し、汗びっしょりになりながらBBQのお肉を焼くということから逃れたい方には、群馬の標高高めのキャンプ場がとてもおすすめです。

ちょうどいい気候の中で、さわやかにキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

群馬県ってどんな県?

群馬県 山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬県は北関東の内陸県でたくさんの山に囲まれている県です。県南西部の富岡市には2014年に世界遺産登録された「富岡製糸場」があります。名物はこんにゃくと焼きまんじゅうで、観光地としては何といっても温泉が有名です。

群馬県は温泉大国で、草津、四万(しま)、伊香保、水上(みなかみ)、万座などたくさんの温泉観光地があります。また、尾瀬国立公園や妙義荒船佐久高原国定公園などの自然公園もあります。

フリー写真素材ぱくたそ

東京から高崎までは関越新幹線で約1時間、練馬ICから高崎ICまで車で約1時間と、都内からのアクセスもとてもよく、日帰りもしくは一泊で十分に大自然や観光が満喫できる場所にあります。

日本列島のほぼ中央に位置する内陸県

地図
Photo by yto

群馬県は日本列島のほぼ中央に位置する内陸の県です。県中央の渋川市には、市が日本の真ん中つまり「へそ」に当たることから「へそ祭り」が毎年7月に開催されています。

日本の中央(中心)いわゆる「へそ」とされる場所は全国にいくつもありますが、渋川市がへそと言われる理由は2つあります。

1つは西暦802年に東方遠征の途中で坂上田村麻呂がこの地を訪れ、日本の中心と決め「へそ石」を置き、それを村人が大切に信仰してきたということです。

2つ目は、日本最北端の宗谷岬と最南端の鹿児島佐多岬を線で結んだときの中心点がちょうど渋川市になる、ということです。渋川市の北緯36度29分東経139度0分には、日本の臍(へそ)中心標が立てられています。

四方を山に囲まれた盆地

盆地
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

沼田市付近は沼田盆地、前橋市や高崎市一帯は前橋台地、渡良瀬川西岸から伊勢崎市付近には大間々扇状地などがあります。群馬県の北西を三国山地、東側を足尾山地、南側を関東山地に囲まれた盆地、台地があり、そこに主要な市部(前橋、高崎、伊勢崎、太田等)があります。

上州からっ風

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

群馬県の名物と言えば「かかあ天下とからっ風」です。かかあ天下は、女性が働き者であることを意味します。からっ風は「上州のからっ風」「赤城おろし」とも呼ばれます。

山を越える際に湿度も気圧も下がることで、空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降るため、山を越えてきた風はからっからに乾燥した状態になります、これがからっ風です。乾燥している上に強い風なので、他県から来た人がからっ風を体験すると強い風に驚くほどです。

日本有数の温泉大国

Photo bySanta3

群馬県は言わずと知れた温泉大国です。草津、伊香保、四万(しま)、万座(まんざ)、水上(みなかみ)、猿ヶ京(さるがきょう)、老神(おいがみ)、磯部、法師、宝川、川原湯、谷川、川場などなど、あげればきりがありません。

山に囲まれた土地なので温泉地も多いのです。しかもそれらの温泉地がそれぞれ個性的であり、県外からの観光客も癒し・楽しませてくれる、全国的にも有名な温泉観光地です。

「草津」「伊香保」「四万」「水上」

フリー写真素材ぱくたそ

草津、伊香保、四万、水上は「群馬の四大温泉地」と呼ばれ、泉質にもそれぞれの特徴があります。草津温泉は、有馬・下呂と並んで「日本三名泉」のひとつです。なんと毎分4000リットルもの温泉が湧き出ており、自噴湧出量は日本一です。

効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復などで、万病に効くと言われています。草津温泉のシンボルが温泉街の中心にある「湯畑」で常に湯けむりが舞い上がり、温泉気分を高めてくれます。

次に伊香保温泉ですが、その歴史は古く、1900年前に発見されたと言われており、万葉集にも9つの歌で登場します。黄金の湯と白銀の湯があり、茶褐色をした黄金の湯はリウマチ、神経痛、婦人病、冷え性などの効能、白金の湯は疲労回復等です。

伊香保のシンボル的存在の「石段街」は365段あり、風情ある風景が温泉客を癒してくれます。四万(しま)温泉は、「四万(よんまん)の病を癒す霊泉」と言われており、胃腸病、皮膚病、神経痛などに効果があります。

Photo by Kentaro Ohno

最後に水上温泉ですが、水上は谷川岳の麓にある温泉地です。利根川渓谷の美しさから、与謝野晶子や太宰治などの多くの文学者に愛された土地です。

温泉観光地であるとともに現在では若者や外国人観光客のウォーターアクティビティスポット(ラフティング、カヌー、釣りなど)としても人気です。ちなみに、万座、老神、藪塚、磯部、猿ヶ京を合わせて、「群馬の九大温泉地」と呼ばれることもあります。

群馬の人気キャンプ場8選

キャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬ならではの大自然が満喫できる、家族でもよし、友人同士でもよしの人気のキャンプ場8選をまとめましたのでご覧ください。

「片品ほたか牧場キャンプ場(武尊牧場キャンプ場)」

牧場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

武尊(ほたか)牧場キャンプ場は、標高1500mの高さにある高原キャンプ場です。日本百名山に選定されている「武尊山」(2158m)の三合平にあります。

31棟のログハウスと広大なフリーテントサイト、オートキャンプサイトがあり、広大な大自然の中で、思う存分自然に触れあい、ゆったりとキャンプを楽しむことができます。

トレッキングやブナ林散策、星空観望、MTBサイクリング、キャンプファイヤーなど(一部有料のものもあります)、武尊ならではの自然アクティビティもあり楽しむことができます。また、牧場ならではの施設もあります。

キャンプファイヤー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ジンギスカン&BBQハウスでは手ぶらでBBQが楽しめますし、わくわく体験棟ではほたか牧場自然学校の木工クラフトやパン・バターづくりなどのプログラムを体験することができ、子供たちに人気のメニューとなっています。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、片品ほたか牧場キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村花咲2797-2
電話番号 0278-58-3757(5月中旬~10月中旬)
0278-58-2133(10月下旬~5月上旬)

「小平の里キャンプ場」

コテージ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

小平の里キャンプ場は「小平の里」にあります。こちらは、鍾乳洞公園、湿性植物園、親水公園、ふれあいの館などがある自然体験エリア一帯に、キャンプ場もあります。

大小のバンガローやコテージ、BBQハウスなどがあり、本格的なキャンプを楽しむことができるほか、貸テントなど器具や用具のレンタルもありますので初心者でも楽しめます。

エリア内に「遊湯館」という薪を使った燃し火風呂もありますので、テント設営や川遊び・外遊びで疲れた体をスッキリ洗い流しゆっくりと浸かることができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、公共キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県みどり市大間々町小平甲495
電話番号 0277-72-2148

「湯島オートキャンプ場」

オートキャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

湯島オートキャンプ場は、特にファミリーキャンパーの方に人気のキャンプ場です。いろいろなアクティビティがあり子供たちに大人気です。キャンプ場内の釣り堀池ではニジマス釣りができます。

キャンプ場横の赤谷川という清流は、子供のひざ下くらいの水流なので、安心して川遊びに夢中になれます。また、キャンプ場そばのせせらぎ水路では、マスのつかみ取りが体験できます。

川魚
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

他にもゆるやかな流れの赤谷川ではカヤック体験ができますし、キャンプ場から車で10分のところには季節のフルーツ狩りができる「たくみの里」があります。汗をいっぱいかいた後は、エリア内の温泉がおすすめです。

猿ヶ京温泉「まんてん星の湯」がありますので、気軽にすっきりと入浴でき便利です。湯島オートキャンプ場は、大自然の中、川遊びなどの自然体験を通して家族そろって思い出作りできるおすすめのキャンプ場です。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、里山体験 まんてん星の湯公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1
電話番号 0278-66-1126

「丸沼高原キャンピングバレイ」

山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

丸沼高原と言えば冬になったらスキー・スノーボードに訪れるという方も多いと思います。ここ丸沼高原オートキャンプ場は、広大なゲレンデを利用した標高約1500mのキャンプ場です。

広大な敷地、1500mという標高ならではのさわやかな気候、広い空など、大自然をゆったりと満喫できる開放感抜群の人気のキャンプ場です。常設テントを利用し、食材以外のキャンプ用品が全て揃っている「手ぶらでキャンプ」が気軽にキャンプできるととても好評です。

キャンプ テント
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

キャンプビギナーの方もこちらの手ぶらでキャンプを利用してキャンプデビューしてみてはいかがでしょうか。

また、キャンプ場の近くには、ジップラインやレベルによってコースが選べるツリーアドベンチャーというアクティビティがありますので、自然体験としてこちらもおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、丸沼高原公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村東小川4658-58
電話番号 0278-58-2211

「榛名湖オートキャンプ場」

Photo by yoppy

榛名湖オートキャンプ場は、「小さな子供たちとファミリーに優しいキャンプ場」という視点でキャンプ場を運営しています。

おむつ替えシートの設置やキッズコーナーの設置、ネイチャークラフト体験の実施など、子供が喜ぶサービスがたくさんあり、特にファミリーキャンパ―に人気です。キャンプ場は標高1140mに位置し、夏の暑い時期でも少し爽やかな気候で過ごせると思います。

トレッキング
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

自然をなるべく自然のまま楽しんでもらいたいとの思いから、遊具などの設置は最小限にとどめています。

ハンモックを吊ったり、野鳥の声を聞いたり、空を眺めたりしながら、榛名山の豊かな自然を体験してみてください。また、トレッキングや周辺散策など「歩いて」みるのもおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、榛名湖オートキャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県高崎市榛名湖町854
電話番号 027-374-9600

「桐の木平キャンプ場」

カヌー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

桐の木平キャンプ場は標高約1000mの高原キャンプ場で、夏でもとても涼しいです。団体向けの大型ロッジや区画サイト、フリーサイト、手作りキャビン、4WD専用フリーサイトなどいろいろなサイトがあるので、目的や人数によって使い分けることができます。

日帰りBBQもできますので気軽にキャンプ場体験ができます。周辺アクティビティとして、レイクカヌーや、スノーシュー体験ができる「レイクウォーク」があり、キャンプ泊プラス「川遊びアクティビティ」を楽しみたい方におすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、桐の木平キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡川場村川場湯原2681
電話番号 0278-52-2442

「奥利根温泉ホテルサンバードキャンプガーデン(白樺サイト)」

キャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

キャンプガーデン 白樺サイトは、ホテルサンバード敷地内にある白樺林のキャンプ場です。標高850mなので、首都圏との気温差は約5度、夏の暑い時期でもさわやかにキャンプ体験ができます。

キャンプビギナーにも安心の「手ぶらでキャンプ」プランがあるので、キャンプ用品を持っていなくても安心してテント泊が体験できます。しかもほとんどの用品がコールマン社製なのでお試し使いにも便利です。

焚き火台
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

キャンプ場には広々としたゲレンデがり、遊び方は無限大です。バドミントン、キャッチボール、フリスビー、凧揚げなど無料で貸し出ししているので、子供と一緒に、友人と一緒に、楽しく思いっきり外遊びすることができます。

また、嬉しいことにホテルサンバードの温泉大浴場が利用できます。疲れた体を奥利根温泉の湯につかりゆっくりと癒し、テントでの夜を快適に過ごすことができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、群馬県水上温泉郷の秘湯 ホテルサンバード公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡みなかみ町藤原4957
電話番号 0278-75-2321

「群馬みなかみ ほうだいぎキャンプ場(旧:宝台樹キャンプ場)」

コテージ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬県内でも最大級の規模をほこる群馬みなかみ ほうだいぎキャンプ場は、1200人収容できる人気の大型キャンプ場です。コテージやオートキャンプサイトのほか、バンガロー、キャンプファイヤーベースもあり、ロッジ武尊のお風呂も利用可能です。

周辺に、サッカーグラウンドなどのスポーツ広場、パターゴルフ、自然花苑アナベルの丘などもあり、キャンプだけでなく野外活動やスポーツアクティビティが体験できます。

近くの山や川でのアウトドア体験もキャンプ場で予約を受け付けています。ラフティングやカヌー、キャニオニング、四輪バギー、マウンテンバイク、SUP(スタンドアップパドルボード)など、初心者からマニアックな方まで満足できるようなメニューが揃っています(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、群馬みなかみ ほうだいぎキャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡みなかみ町藤原915-1
電話番号 0278-75-2206

群馬の手ぶらで楽しめるリゾートキャンプ場4選

テント
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

キャンプ初心者にとっては、キャンプ用品・用具の購入や準備・片づけはハードルが高いものです。

テント、タープ、テーブル、椅子、焚き火台などの大物のほか、シュラフ、エアクッション、2口コンロ、ダッチオーブン、ランタンやヘッドライトなどなど、揃えようと思ったらきりがありません。

キャンプ用品
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

それぞれ専門的な道具なので、アウトドア用品店に行って選ぶのも一苦労で、これならキャンプはあきらめようと思う方もいると思います。そんな方々におすすめなのが、手ぶらでキャンプが楽しめるリゾートキャンプです。

プランの中に必要な道具は全て含まれているので、体ひとつで現地に集合するだけで、念願のキャンプ体験ができます。コテージやバンガローを利用するのも導入編としてはおすすめです。

キャンプ用品
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

これからキャンプを始めたばかりでキャンプ用品が揃っていない方、キャンプ用品を購入する前にキャンプとはどんなものかを一度体験してみたい方、また、最近流行りのキャンプをちょこっと体験してみたい方などにおすすめですのでご覧ください。

「outside BASE」

ランタン
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「outside BASE」は、快適生活研究科の田中ケンがプロデュースするアウトドアプロジェクトのひとつです。場所は北軽井沢で、「食・住・遊」が楽しめるアウトドア施設になっています。

キャンプ場のコテージは、デラックスコテージ、セミデラックスコテージ、スタンダードコテージとあり、キャンプサイトもあります。レンタル品も充実していますし、「手ぶらセット」を頼めば何も準備せずに体一つでキャンプ場に行くだけでOKなのでとても便利です。

BBQ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

また、こちらのキャンプ場はこだわりのキャンプ飯セットも提供しており、BBQセット、ソーセージセット、ダッチオーブン鍋セットなどあります。よくある普通のお肉と焼きそばをセットにしたBBQセットではなく、全ての材料にこだわりがあります。

地元の「浅間山麓の小さなハム工場”カタヤマ”の手作りソーセージ」や浅間山麓産のジューシーなポーク、青森県産の柔らかいチキン、そして新鮮野菜のサラダなどがBBQセットの内容です。

さらに、コールマン社製のガソリン式ツーバーナーをしており、安定した火力で最後まで楽しむことができます。なにより面倒な着火作業もなくて楽チンです。

ソーセージセットも、本場ドイツ・オランダの伝統的製法で手作りする”カタヤマ”のこだわりソーセージのセットで、ウインナー、チョリソーのほか、ニュールンベルガーやブラバンデスなどの本格ソーセージも食べられます。

ビール
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

美味しいビールが飲みたくなったら「生ビールサーバーレンタル」もありますので、お早めの予約をおすすめします。

「夏休み企画kids summer camp」や「outdoor三昧トレッキング&カヌー」、「大人気企画はじめてのキャンプ」などオリジナルツアーやイベントを実施していますので気になる方はぜひHPをチェックしてみてください。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、outside BASE公式HPの情報です。)

住所 群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢字鷹繋2032‐2457
電話番号 0279-80-5061

「北軽井沢スウィートグラス」

手づくりピザ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

北軽井沢スウィートグラスのキーワードは「躍動感」、「手作り・自分たちで考え作る」、「枠にとらわれない自由な発想と提案」、「他が簡単に真似できない物」です。この4つのキーワードからわかる通り、スウィートグラスは唯一無二のキャンプ場です。

場所は、浅間山山麓にあり、その山の厳しくも神秘的な自然環境を存分に感じられるキャンプ場になっています。

自然あふれるフィールドと志をもったスタッフ、そして躍動感あふれるイベントがスウィートグラスの特徴で、子連れファミリーにとって、とても良い環境がここにあります。

テント
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

自然の中での興奮や発見、驚きや感動などを通してとにかく楽しみ、様々なことを学ぶことができるキャンプ場です。冬のキャンプ体験として「冬コテージ」「冬キャビン」「冬テント」などもおすすめです。

”炎のある暮らしを楽しむ”「ファイヤーサイドコテージ」、”こども心に還る、秘密の庭”「コテージ トントゥの庭」、「ハンモックキャビン」やきのこが進化したかのような人気の「ツリーハウス マッシュルーム」など、個性的なネーミングとお部屋が並びます。

Photo byJamesQube

そして、雪原キャンプを楽しむことができる”星降る雪原でエクストリームキャンプ”の「星見広々サイト」などなどもありますので、夏キャンプに飽きた方はぜひ冬キャンプを楽しんでみてください。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、北軽井沢スウィートグラス公式HPの情報です。)

住所 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話番号 0279-84-2512

「グリーンパーク尾瀬戸倉」

Photo bylakewooducc

グリーンパーク尾瀬戸倉には、フリーサイトと区画サイトがあります。区画サイトは森林サイトなので、全サイトでハンモックが設置可能です。ペット同伴可なのでワンちゃん連れのファミリーの方にもおすすめです。

本格ピザ釜があり、午前中までに申し込むとトッピングと焼きを体験することができ、焼き立てを食べられます。周辺アクティビティとして、尾瀬ハイキングや至仏山登山、尾瀬キャニオニング、菅沼カヌーや菅沼SUPなどがあります。

窯焼きピザ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

秘境でのアクティビティなので水もキレイで人も少なく待ちもありませんので、大変穴場スポットです。アクティビティとキャンプの両方を満喫するために、ロングステイをおすすめします。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、スノーパーク尾瀬戸倉公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村戸倉329
電話番号 0278-58-7511

「アジアンキャンプリゾートTaPa」

キャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

みなかみ町にあるアジアンキャンプリゾートTapa(タパ)は、日本にいることを忘れてしまうかのようなリゾート風の穴場キャンプ場です。朝も夜も景色が最高で、ゆったりと大自然を満喫できます。

アウトドア好きなカップルや家族、女性同士のグループなどにおすすめです。敷地内には、バンガロー、アロマセラピーSPA、アジアン茶廊、バウムクーヘン工房があります。

Photo bymuathuvangcamera

キャンプ場とは思えない施設ばかりで、気軽にアウトドア気分が味わえますし、自然の中でリラックスしたりアクティビティをたのしんだりすることができます。BBQの食材や火おこし、朝食の準備などはキャンプ場スタッフがやってくれるので楽ちんです。

アウトドアが好きでキャンプに行きたいけど、面倒なことや大変な作業が多くて躊躇してしまうという方にはとてもおすすめのキャンプ場です。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、アジアンキャンプリゾートTapa公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡みなかみ町石倉1596-62
電話番号 0278-72-5086

群馬のおすすめ穴場キャンプ場5選

キャンプ場
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬にはたくさんのキャンプ場があり、人気の高いキャンプ場や話題に取り上げられることの多いキャンプ場などがたくさんあります。しかし、そういった大型で人気のキャンプ場ばかりではありません。

「知る人ぞ知る穴場」で素晴らしいキャンプ場もたくさんあります。まだ広くは知られていない知る人ぞ知るおすすめ穴場キャンプ場をご紹介します。

「軽井沢オートキャンプ場 クリオフィールド」※閉業

軽井沢 浅間山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

クリオフィールドは、ファミリー限定の静かなキャンプ場です。1家族での利用限定という決まりがあります。例えば2家族以上や友人同士、団体でに利用はできません。

テントサイトは、オートキャンプサイト(スタンダード、ラージ)、AC電源サイト、ログキャビン、トレーラー・キャンピングカーサイトがあります。

「手ぶらキャンププラン」もあり、キャンプをしてみたいと思っている方向けに快適なキャンプ用具一式レンタルと、テント設営・撤収はスタッフが行うというサービス付きです。

ログキャビンは、美しい木立に囲まれた白いドアと小窓がかわいい洋風ウッドハウスで、気分があがります。

Photo byNatalia_Kollegova

ここは「不自由な生活、自由な時間、Plain Camping, Finding Yourself」がテーマの穴場キャンプ場で、落ち着いた雰囲気の中、自分なりのスタイルでキャンプを楽しむことをコンセプトとしているので、家族水入らずでゆっくりとマイペースに楽しみたい方に特におすすめです。

「フィールドにある自然素材を使ってクラフトアート」や「ガソリン式ツーバーナー&ランタン使い方講座」など大人向け、子供向けのワークショップも行っているので、楽しく思い出深いキャンプ体験になること間違いなしです。

住所 群馬県吾妻郡長野原町応桑1984-160
電話番号 0279-85-2750

「県立赤城公園キャンプ場」

Photo byFree-Photos

赤城高原キャンプ場は、県立赤城公園の中にある穴場キャンプ場です。1200mから1800mの峰々が取り囲み、中央のカルデラ内にはカルデラ湖の大沼、覚満淵、火口湖の小沼があります。

最高峰黒檜山(くろびさん、1828m)の山麓に赤城神社があり、中腹には展望台があります。伸びやかな裾野が赤城山の特徴で、群馬県の象徴ともいえる名山です。多様な動植物が生息し、登山客は全国から訪れます。

湖
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

この公園内にはキャンプ場の他に、ビジターセンター、テニスコート、牧場などの施設もあります。キャンプ場は申し込み不要で無料、自由に使用できますのでファミリーキャンパ―に人気です。

キャンプをしつつ、周辺の森林散策や登山、また大沼でのワカサギ釣り、野鳥観察など自然を満喫することができます。ハイキングや山歩きのコースも時間やレベルによって様々ありますので、事前に調べていくことをおすすめします。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、群馬県公式HPの情報です。)

住所 群馬県前橋市富士見町赤城山1
電話番号 027-287-8402

「HOTAKANE BASE」

フリー写真素材ぱくたそ

「HOTAKANE BASE」は以前小学校だった場所にできたキャンプ場です。2016年に廃校になった武尊根小学校の校庭で、グランピング、テント、オートキャンプの3つのスタイルで、それぞれゆったりとキャンプができます。

元小学校だったことを生かして、校庭や教室の利用が可能なので、研修や合宿、オフサイトミーティングなどにも最適な環境です。

農業体験
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

地域の農家さんと一緒に農業体験&収穫体験、こどもを対象とした自然保育、武尊根BASEオリジナル農園のハーブ収穫・加工体験、各種スポーツプログラムなどと組み合わせて利用できるので、単なるキャンプ体験では終わらず、より深い自然体験ができます。

自然の中で子供に学んでほしい、自然の中で思い切り楽しみたいという方におすすめの、穴場キャンプ場です。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点の情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村摺渕307 武尊根小学校
電話番号 0278-25-4363

「くりの木キャンプ場」

ランタン
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

くりの木キャンプ場は、群馬県のほぼ中央の渋川市にあります。関東平野の最奥地であり、自然豊かな居心地の良い場所を提供している穴場のキャンプ場です。

関東平野を見下ろす眺めを見ることができ、東に見える赤城山からは朝日の出が見え、西に見える榛名方面には夕焼けが見えます。

周辺には伊香保温泉、水澤うどん街道、渋川スカイランドパーク、伊香保グリーン牧場などの観光スポットがあるほか、ブルーベリーやいちご狩り体験、周辺の川や湧水で川遊びを楽しむこともできます。

Photo by km058

各種オートサイトのほか、バンガローや常設テントもありますので用途や人数によって選ぶことができます。山歩きが好きな方は、水沢山、榛名富士、相馬山などおすすめの山歩きコースがあるのでキャンプ+山歩きの自然体験をすることができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、くりの木キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県渋川市中郷 2694-197
電話番号 080-6810-3144

「わらび平森林公園キャンプ場」

Photo byBrendaOl

わらび平森林公園キャンプ場は、高崎市倉渕町にある穴場スポット的キャンプ場です。標高1100mに位置するのでさわやかな気候でキャンプを楽しむことができます。

BBQやマス釣り、陶芸工房、ハイキングなどの自然・創作体験もできますので、ファミリーにも本格的なキャンパーにもおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、わらび平森林公園キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 高崎市倉渕町川浦高芝地内
電話番号 027-378-3761

「休暇村嬬恋鹿沢キャンプ場」

フリー写真素材ぱくたそ

休暇村嬬恋鹿沢(つまごいかざわ)キャンプ場は、群馬県の西端に位置する高原キャベツで有名な嬬恋村にあります。夏でも冷涼な気候なので高原野菜の栽培が盛んです。

標高1400mのキャンプサイトは、オートサイト、常設テントサイト、フリーサイトとあり、本格的なキャンパーでも、キャンプ初心者でも安心して楽しめるようになっていて、穴場のキャンプ場です。

朝食
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「手ぶらでキャンプ」を利用すると、レンタル用品、サイト利用料、管理費、夕食の食材、朝食ビュッフェが含まれていますので、キャンプ初心者でも気軽にキャンプができ便利です。スタッフの方が火の起こし方からレクチャーしてくれます。

キャンプ場内には、小川や釣り堀もあるので、川遊び・水遊びを楽しむことができます。キャンプ場から休暇村嬬恋鹿沢の本館まで歩いて3分、千年以上の歴史がある鹿沢温泉「雲井の湯」に浸かりゆっくりと疲れを癒すことができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、休暇村嬬恋鹿沢公式HPの情報です。)

住所 吾妻郡嬬恋村鹿沢温泉
電話番号 0279-98-0511

群馬の川遊びが楽しめるキャンプ場7選

フリー写真素材ぱくたそ

群馬県には山が多いことは既に記載しましたが、川も多く流れています。代表的なのは利根川、渡良瀬川で、ほかに湯檜曽川、片品川、吾妻川、烏川、碓井川などがあります。

尾瀬沼、野反湖などの湖沼もありますので、川や湖でのアクティビティ、ウォータースポーツも盛んです。

キャンプ場の近くに川が流れていることも多く、子供の川遊びスポットとして人気ですし、マス釣りやつかみ取り、ワカサギ釣りなどの体験も可能です。特に川遊びを楽しむことができるキャンプ場をまとめましたのでご覧ください。

「無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場」

Photo byfe31lopz

カンパーニャ嬬恋キャンプ場は、日本三大名泉のひとつとして有名な草津温泉にも、避暑地として人気の高い軽井沢にもほど近い湖畔のキャンプ場です。標高1300mの高原に位置し、そこから見える浅間山、四阿山、草津白根山の三山は絶景です。

周囲2kmの広大なバラギ湖では、フィッシング、ボート、カヌーなどのウォーターアクティビティが楽しめるほか、湖を巡るサイクリングやトレッキングなどもおすすめです。キャンプ場にはドッグランもありますのでワンちゃん連れキャンパーには便利です。

キャンプ場には珍しく、冬も営業していますので、スノーハイキングやそり遊び、雪遊びを楽しむことができます。

Photo byigrishkoff

アウトドア教室としてバラギ湖での「カナディアンカヌー体験」もできますし、冬になるとバラギ湖の氷は25cmを超す厚さに覆われますので、冬の風物詩「わかさぎ釣り」を楽しむことができます。全てレンタル可能ですので手ぶらでOKです。

バラギ湖でのウォーターアクティビティと冬ならではの氷上わかさぎ釣りなどこの地ならではの自然体験ができるカンパーニャ嬬恋キャンプ場はとてもおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、無印良品 キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
電話番号 03-5950-3660

「上毛高原キャンプグランド」

ドッグエラン
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

上毛高原キャンプグランドは、吾妻郡の高山村にあり、関越自動車道「渋川伊香保IC」から車で約30分と都心からもアクセス良好です。近くに県立の天文台があります。標高700mに位置し、夜になると星空がとてもきれいで穴場の星空観察キャンプ場です。

キャンプサイトは、キャビン、バンガロー、RVサイト、バイクサイト、オートサイトのほか、ツリーハウスやジャングルジムなどの遊び場、ドッグラン、露天風呂、そして水遊びができるじゃぶじゃぶ池や釣り堀があります。

手づくりピザ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

人気のビンゴ大会やニジマスのつかみどり、ピザ教室やクラフト教室、すもう大会などのイベントも開催しています。キャンプという自然体験と合わせて他のファミリーやスタッフの方とのコミュニケーションを通し、子供も大人も存分に楽しむことができるのでおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、上毛高原キャンプグランド公式HPの情報です。)

住所 群馬県吾妻郡高山村中山6766-1
電話番号 0279-63-1760(12月~3月はメールのみ)

「オートキャンパーズエリアならまた(ならまたキャンプ場)」

カヌー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ならまたキャンプ場は標高900mに位置するスケールの大きなキャンプ場です。尾瀬から最も近いキャンプ場で、関東屈指のカヌーの聖地でもあり、思いっきり川遊びをすることができます。

オートサイトは全て気持ちよい芝生サイトになっており、車の乗り入れもOKなので便利に利用できます。ならまた湖でのカヌーや尾瀬への自然体験を主目的とするようなアウトドア拠点としての利用者も多いキャンプ場です。

Photo byCock-Robin

キャンプ場内にはカヌーツアー受付場所があり、すぐにカヌー体験をすることができます。砂利道ではホタルの観察ができ、キャンプ場中央の池や水路で川遊び・水遊びも可能です。

子供が大好きな昆虫採集や釣りはもちろん、ちょっと足をのばせば、「尾瀬」でハイキング、「諏訪峡」の渓谷でラフティング、「奥利根水源の森」で吊り橋や親水公園散策なども楽しむことができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、オートキャンパーズエリアならまた公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡みなかみ町藤原字洗の沢6322-2
電話番号 0278-75-2700

「グリーンパークふきわれ」

Photo bykareni

グリーンパークふきわれは、標高650mに位置する森と川に囲まれたキャンプ場です。春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉、冬は雪遊びと四季を通じて自然の魅力がたくさんあります。夜空を見上げれば、その星空の美しさに感動するでしょう。

目の前には栗原川が流れ川遊びを楽しむことができます。尾瀬へのハイキング、武尊山や谷川岳への登山、周辺でのウォーターアクティビティなどのベースキャンプとしても便利です。

本格派のキャンパー、子連れのファミリーキャンパ―などそれぞれの用途に応じて楽しめるキャンプ場としておすすめです。テントサイトは、区画サイト、フリーサイト、バンガロー、キャビンなどあります。

フィッシング
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

場内にはピザ棟や子供に嬉しい「ハイジブランコ」などもあります。近くに「わたすげの湯」や「しゃくなげの湯」などの日帰り温泉があるので便利です。キャンプ場周辺には、自然の遊び場スポットがたくさんあります。

吹割の滝(ふきわれのたき)や老神温泉までは車で5分、川場フィッシングプラザや川場キングダムフィッシングまでは車で30分、尾瀬までは車で45分ほどです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、グリーンパークふきわれ公式HPの情報です。)

住所 群馬県沼田市利根町大楊1098
電話番号 0278-56-3215

「皇海山キャンプフォレスト」

Photo by Kentaro Ohno

皇海山(すかいさん)キャンプフォレストは、日本百名山のひとつである皇海山の麓に位置する穴場キャンプ場です。東洋のナイアガラと呼ばれる「吹割の滝」から車で15分、尾瀬へのアクセスもしやすく便利な立地です。

キャンプ+エンターテイメントをテーマにキャンプ運営していて、美味しい食材、楽しいイベントが盛りだくさんです。場内には川は流れていませんが、車で10分の距離に「利根町千鳥河川公園」があり水遊びなど楽しむことができます。

薪
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「薪割り体験」や「ビンゴ大会」、イースターイベント、竹とんぼづくり、流しそうめんなど、楽しいイベントも行っていますので、子連れファミリーにも友人同士のキャンパーにもおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、皇海山CampForest公式HPの情報です。)

住所 群馬県沼田市利根町追貝2618
電話番号 0278-56-2854

「はこだたみキャンプ場」

Photo by Kabacchi

はこだたみキャンプ場は、神流町恐竜センターのすぐ横にあります。バンガロー(6人用、8人用)、テントサイト、BBQ棟などがあり、気軽にキャンプを楽しむことができます。すぐ近くに清流「神流川」が流れているので、子供たちの川遊びに最適です。

恐竜センターで恐竜について学び、化石発掘や化石レプリカ作製を体験し、近くの神流川で思いっきり川遊びを楽しみ、夜はキャンプ場でBBQ、最後に星空を眺めゆったりと休む、そんな週末のキャンプライフはいかがでしょうか。意外と穴場のアットホームなキャンプ場です。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、はこだたみキャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県多野郡神流町大字神ヶ原63-1
電話番号 0274-58-2452

「Akari かわば田園キャンプ場」

Photo byStockSnap

Akariは川場の田園リゾート地にある手ぶらで楽しめるキャンプ場です。なんとプランによっては、設営・片づけがスタッフにお任せなので、キャンプ初心者の方でも楽しく快適にキャンプをエンジョイすることができます。

また、子育て世代の応援をテーマにしていて、直接予約した場合、「中学生以下無料」ですので、ファミリーキャンパ―にはうれしい限りです。関越自動車道「沼田IC」から車で約10分の立地も便利です。

「手ぶらでプレミアムキャンプ」、「手ぶらでキャンプ 2ルームプラン」、「手ぶらでキャンプ ロッジプラン」など様々なプランがありますのでお好みで選択できます。

ローストチキン
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

お料理にもこだわっていて、ローストチキン(ダッチオーブン料理)や燻製体験、ピザ焼き体験、朝食ホットサンドなど、作ってみたいけど調理器具が無いという方のためにご用意がありますので、ぜひお試しください。

周辺には歩いて行ける道の駅や釣り堀のほか、川遊びができる清流公園もありますので気軽に手ぶらでキャンプを楽しみ、周辺アクティビティも満喫できます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、Akariかわば田園キャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡川場村大字萩室字下御座乙9
電話番号 0278-25-3692

群馬のコテージやバンガローのあるキャンプ場5選

キャンプ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ひと言で「キャンプ」と言いますが、テントで寝ること=キャンプではないんです。キャンプのスタイル、一緒に行く人、人数や季節などによって、テント以外にもコテージやバンガロー、キャビンやトレーラーハウスなどの宿泊施設があります。

キャンプ未経験者もしくは初心者の方にとっては、「キャンプしたいけどテントに寝るのはちょっと」という思いの方も多いでしょう。そんな方へはコテージやバンガローへの宿泊がおすすめです。

テント設営・撤収の手間や時間が省けますし、暖房や冷房のついている施設なら快適にアウトドア体験をすることができます。小さなお子様やお年寄りの方などにとっても天気を気にすることなく安心して寝ることができるのでおすすめです。

そんなコテージやバンガローのあるおすすめキャンプ場についてまとめましたのでご覧ください。

「星の降る森」

Photo byFree-Photos

「星の降る森」キャンプ場は、関越自動車道「沼田IC」から約15分、都心からのアクセスが良好な立地ながら、街の灯りが届かない静かな森のキャンプリゾートです。夜になると満天の星空を見ることができます。

フィールドにはオートキャンプ、バンガロー&キャビン、コテージ、ロッジなどがあり、好みや用途・シーンに合わせて選ぶことができます。バンガローやキャビンはキャンプ初心者でも気軽に利用でき便利です。

「ファミリーバンガロー」は広めのテラスに木製のテーブルセットが設置してあるので、テラスでのBBQが可能です。はしごで上るロフトが子供たちに好評です。

バーベキュー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「サンセットバンガロー」はドッグランを見渡す高台にあるバンガローで、遠くの山々や夕日を眺めることができるテラス席が人気です。「トレーラーキャビン」は6名定員で、トイレ、シャワー、ミニキッチン、冷蔵庫付きなのでとても快適に過ごすことができます。

他にも、オーストラリアから輸入した広々リビングと開放感あふれる窓が印象的な「ログコテージ”シグナス”」は2ベッドルームなので親子3世代でも複数家族でも利用できます。

アメリカ・モンタナ州産の直径30cm以上のダグラスファーを用いてオーナー自らが造った本格大型ログハウス”ペガサス”は本格的な暖炉やヒッコリーのテーブルやいすがあり、伝統のアメリカンスタイルを堪能できます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、星の降る森公式HPの情報です。)

住所 群馬県沼田市上発知町2543
電話番号 0278-23-7213

「黒坂石バンガローテント村」

Photo bykirkandmimi

黒坂石バンガローテント村は、テントサイトの他に、コテージ、バンガロー、ログハウスなどが充実している穴場のキャンプ場です。6人用のコテージは10棟あり、ウッディ―できれいな室内です。

小バンガローは5棟あり、デッキ・ロフト付きやウッドデッキ付きなど選択できます。大バンガローは全体で60畳のタタミ敷き(15畳×4部屋)で、最大50名まで宿泊可能です。窓も大きいのでさわやかな風が通ります。

フリー写真素材ぱくたそ

ログハウスは「やまびこ」「さんきょう」「けさまる」の3棟があり、天候を気にせずキャンプの雰囲気が味わえます。施設周辺には、袈裟丸山(けさまるやま)や根本山(ねもとさん)があり、登山やハイキングを楽しむことができます。

また、星野富弘氏の作品が並ぶ「富弘美術館」などもありますので、野外での自然体験と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、黒板石バンガローテント村公式HPの情報です。)

住所 群馬県みどり市東町沢入1146
電話番号 0277-95-6611

「菅沼キャンプ村」

山
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

菅沼キャンプ村は群馬県利根郡片品村の菅沼湖畔にあるキャンプ場です。標高1730mに位置し、真夏でも25度を超えることは少なくさわやかな気候です。関東以北最高峰の日光白根山の登山口にあり登山ベースとして便利です。

ペットと泊まれるバンガローなどもあるので、大切なペットとともにゆったりと大自然のなかで過ごすことができます。バンガロー44棟、売店・炊事場、風呂、コンサート広場、そしてドッグランもある充実の施設です。

菅沼湖周辺ではカヌーやSUPなどのウォーターアクティビティ、フライフィッシング、華厳の滝などもあるので、川遊び・山遊びを通して季節ごとの自然を楽しむことができます。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、菅沼キャンプ村公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村大字東小川 4655-17
電話番号 0278-58-2958

「かたしな高原チャイルドロッヂ」

Photo by cogdogblog

まるで絵本の世界に入り込んだかのような「かたしな高原チャイルドロッヂ」は、子連れファミリーや友人同士の利用におすすめの穴場キャンプ場です。冬になると雪と森に囲まれた非日常的な風景が現れます。

21室あるぬくもりのコテージではミッフィーがお出迎えしてくれます。大自然の真ん中でありながら、それぞれのプライベートタイムを暖かく包み込んでくれる、そんなマイホームのようなロッジをぜひ利用してみてください。

フリー写真素材ぱくたそ

アクティビティも充実のラインナップです。「ミッフィー農園収穫体験」「無料で収穫!自採り体験」「清涼感抜群 水辺の探検エリア」「獲って作って食べる 山キッチン」「自由に作ろう 木工クラフト」などです。

ここでしかできない体験が親子そろって楽しめます。子供の農体験や食育、親子のコミュニケーションにも良いプログラムなのでおすすめです。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、かたしな高原公式HPの情報です。)

住所 群馬県利根郡片品村越本2990
電話番号 0278-58-2161

「ACN赤城山オートキャンプ場」

キャンプ 料理
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

赤城山オートキャンプ場は標高550mで前橋市内の気温からマイナス3、4度の夏でも少しさわやかな気候です。

テントサイトの他に、バンガロー、ロングバンガロー、キャビン、タキビキャビン、ダブルキャビン、ロングキャビン、キッチンキャビン、ワイドキャビン、ミドルキャビンがあります。

それぞれ扇風機や冷暖房エアコンが付いていたり、調理台・室内コンロ、冷蔵庫などの設備も異なりますので、事前にHPの設備比較表をご覧ください。

BBQ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

こめこめ豚のテキサス風骨付きリブや薪火肉ベーコンなどが含まれる「薪火肉プレート」や「Aha!BBQプラン」などのアウトドアクッキングプランもあります。

毎月季節のイベントをたくさん開催していて、謎解きゲーム、自家製ホットドック、竹で作る水鉄砲、ハロウィンパレードなどなど盛りだくさんです。

2015年に新設された「じゃぶじゃぶ池」や「ちびっこ基地」「ターザンロープ」など子供が喜ぶ遊び場もあるので子連れファミリーキャンパ―でも安心して利用できる穴場のキャンプ場です。(キャンプ場情報は2022年9月20日時点、赤城山オートキャンプ場公式HPの情報です。)

住所 群馬県前橋市三夜沢町425-1
電話番号 027-283-8368

群馬のキャンプ場はバラエティ豊か!

キャンプ
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

群馬のキャンプ場をたくさんご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。たくさんの山に囲まれ、川や湖などの自然も豊かな群馬県で、子供と、友人と、恋人と、それぞれのシーンでそれぞれのスタイルで楽しんでみてください。

テント、コテージ、バンガローと方法は様々、キャンプに川遊び・山遊びをプラスして、群馬なら自由自在な自然キャンプ体験ができるはずです。

nikeyama
ライター

nikeyama

国内旅行、海外旅行、グルメ、キャンプ、街散歩、料理、子育てなどに興味があるママライターです。わかりやすい記事の執筆を心がけています。ご覧いただけると嬉しいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング