戸隠キャンプ場の人気の秘密を徹底解剖!温泉や売店など周辺施設も充実?

戸隠キャンプ場の人気の秘密を徹底解剖!温泉や売店など周辺施設も充実?

戸隠キャンプ場は、パワースポットとして有名な戸隠神社の近くにあるキャンプ場です。ベテランキャンパーも初心者も、訪れた経験のある人はほとんどが、また訪れたい、と言います。ベテランも初心者も魅了する、人気の戸隠キャンプ場についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.絶景に囲まれた戸隠キャンプ場!周辺施設も魅力的
  2. 2.戸隠キャンプ場とは?
  3. 3.戸隠キャンプ場の宿泊施設
  4. 4.戸隠キャンプ場の施設
  5. 5.戸隠キャンプ場の魅力って?
  6. 6.戸隠キャンプ場の周辺の温泉施設
  7. 7.戸隠キャンプ場の基本情報
  8. 8.戸隠キャンプ場で大自然を満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

絶景に囲まれた戸隠キャンプ場!周辺施設も魅力的

Photo by 極地狐

長野県の北、新潟県との県境に近い自然豊かな山の中に、戸隠キャンプ場はあります。広大な敷地面積があり、フリーサイトでも区画サイトでも開放感のあるキャンプを楽しめます。

戸隠キャンプ場から、戸隠山、高妻山などの登山コースにアクセスが可能です。テントサイトから山々の絶景にも心洗われます。周辺には、パワースポットとして有名な戸隠神社もあり、戸隠そばも味わえます。周辺にある温泉や、自然を楽しむ散策路もおすすめです。

戸隠キャンプ場で最も人気の施設は、大きなフリーサイトです。予約のできる区画サイトも充実しています。牧場で動物たちとのふれあいも楽しめます。売店などの施設も充実してます。シャワーやトイレもきれいで、便利なコテージやバンガローもあり、初心者も安心です。

住所 長野市戸隠3694
電話番号 026-254-3581

戸隠キャンプ場とは?

戸隠キャンプ場は、ベテランキャンパーにも人気のキャンプ場です。周辺には、パワースポットの戸隠神社奥社があり、大きな杉並木の参道などの名所があります。神社の他、森林植物園や鏡池など周辺の名所散策もおすすめです。

戸隠キャンプ場から、戸隠山や高妻山などの登山道にも通じていて、本格的な登山にも挑戦できます。戸隠キャンプ場の設備がとても充実しているので、ベースキャンプにも適しています。

戸隠キャンプ場は、リピーターの絶えない人気のキャンプ場です。営業期間の週末や夏休み期間にはたいへんな賑わいになります。木の雰囲気が良いコテージやバンガローも人気があります。繰り返し訪れたくなる魅力にあふれたキャンプ場です。

長野県・妙高戸隠連山国立公園にあるキャンプ場

Photo by Big Ben in Japan

戸隠キャンプ場は、妙高戸隠連山国立公園内にある自然豊かな施設です。標高1200mの高原で真夏でも涼しく、虫も少ないため、快適なキャンプを楽しめます。

戸隠キャンプ場に隣接して戸隠牧場があります。小動物と触れあえる施設があり、小さなお子様のいる家族にもおすすめです。牧場の開放的な緑の中で牛や馬がのんびり過ごす姿には、大人も心癒やされます。

戸隠キャンプ場には敷地内に、飲食店もあります。キャンプの食事といえばバーベキューですが、到着直後や帰宅前のランチには、名物の戸隠そばもおすすめです。かわいらしいカフェもあり、地元の食材で作ったケーキやピザを味わえます。

日本屈指の広さを誇る敷地

Photo by AdrianMorris97

日本屈指の敷地面積を誇る戸隠キャンプ場は、総面積が22haあります。予約不要で利用できるフリーのオートキャンプサイトは、川沿いや、林間、広々とした芝生など、バラエティに富んだ環境でキャンパーを魅了します。

戸隠キャンプ場のオートフリーサイトは予約不要ですが、バンガロー、コテージ、ログキャビンなどの建物と、区画サイト、電源水道付サイトは予約が可能です。連休や夏休みに、雨の予報でも戸隠キャンプ場で過ごしたい場合は、コテージやバンガローを予約すると安心です。

戸隠キャンプ場の区画サイトも、10m×10mでとても広く快適です。場内には、トイレや水道も設置場所が多く、キャンプ場が混み合っていても、あまり待たずに利用できます。

不便を楽しむのもキャンプの醍醐味ですが、特にお子様と一緒の場合には、安全で清潔な設備があったほうが何かと安心です。

戸隠キャンプ場の設備はとても充実していて、お子様や初心者でも安心して利用できます。トイレや水道、シャワー棟も、清掃が行き届いています。

戸隠キャンプ場はとても広いので、トイレや水道から遠くにテントを張る場合もあります。山の中にあり、大きな木も多い戸隠キャンプ場は、夕方以降は暗くなるのが早く、足下が見えづらくなります。懐中電灯やヘッドライトなど、持ち歩ける灯りは必須です。

車の乗り入れが可能なオートキャンプ場

Photo byStockSnap

戸隠キャンプ場は、フリーサイトを含むほとんどのエリアで車の乗り入れが可能です。テントやバンガローなどの宿泊施設のすぐ近くに車を止められます。設営にも便利です。

戸隠キャンプ場のフリーサイトは、環境も豊富です。山並みが見える芝生エリアや、清流近くのエリアなど、好みの場所でキャンプができます。真夏なら、川沿いにテントを張れば、しびれるほど冷たい清流に入って涼感を楽しめます。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

戸隠キャンプ場では、区画サイトも車の乗り入れができます。通常の区画サイトで10m×10mで、車1台分の駐車が可能です。電源水道付の区画サイトは、面積が通常の区画サイトの2倍ほどあり、キャンピングカーも駐車できます。グループでの利用もおすすめです。

戸隠キャンプ場の区画サイトは、キャンプ場の奥まった場所にあります。牧場や親水公園、ドッグランの近くです。

区画サイトは、フリーサイトより少し高台になり、また木も少ないので、視界が開けています。広々とした空の下で、戸隠連山の絶景を眺めるキャンプがしたい場合は、区画サイトが最適です。

日帰りのデイキャンプもOK

Photo bybuffetcrush

戸隠キャンプ場では、日帰りのデイキャンプも可能です。フリーサイトの好きな場所にタープやテントを張り、バーベキューを楽しめます。キャンプセンターの売店で道具をレンタルする場合、食材さえ用意すれば、少ない荷物でバーベキューを楽しめます。

デイキャンプは、8:30~17:00の利用になります。入場料は1人200円~、タープやテントは1張1000円です。駐車料は、通常500円、ハイシーズンは1000円になります。

デイキャンプの料金には戸隠牧場の入場料も含まれます。カフェでスイーツを味わったり、小動物との触れあい、乗馬体験も楽しめます。キャンプ場内には戸隠そばを食べられる飲食店もあり、売店でも簡単な食料を入手できます。食事も心配不要です。

長野のパワースポットを巡ろう!金運や恋愛運にご利益のある場所は?のイメージ
長野のパワースポットを巡ろう!金運や恋愛運にご利益のある場所は?
長野県は自然豊かでパワースポットが多く、健康に暮らしている住民は多くいます。今回は長野県でも有名なパワースポットを数多くご紹介します。金運や恋愛運など様々なご利益のある神社やお寺もご紹介しています!長野のパワースポットを観光しませんか?

戸隠キャンプ場の宿泊施設

Photo by tetue

戸隠キャンプ場には、さまざまな宿泊施設があります。キャンプなら、予約不要のオートフリーサイトが人気です。予約可能な区画サイト、電源水道付サイトもあります。

テントでのキャンプの他、最低限の建物のみのバンガローや、照明とAC電源のあるログキャビン、住居設備のある貸別荘タイプのコテージもあります。キャンプ初心者や、地面の上でのテント泊が不安な場合には、バンガローやコテージの利用もおすすめです。

区画・電源水道付サイト、コテージやバンガローの予約受付は、3日前まではウェブサイトで、それ以降は電話になります。フリーサイトは予約不要です。

コテージ

Photo by alberth2

戸隠キャンプ場のコテージは、6人用が6棟あります。貸別荘タイプの1戸建てです。コテージの場合、チェックインが14:00、チェックアウトは10:00になります。

戸隠キャンプ場のコテージは、木のぬくもりのある空間に、和室洋室が1部屋ずつあります。タオル・シャンプーなどのアメニティはありません。家庭のようなお布団と、キッチンとお風呂も付いていて、トイレは温水洗浄機付きです。

自然に触れたいけれど、テントや寝袋では眠れないという方には、コテージが快適です。年配の方と一緒の場合もコテージが安心です。戸隠キャンプ場のコテージなら、戸隠の自然を満喫しつつ、別荘気分でゆったり宿泊できます。

バンガロー

戸隠キャンプ場のバンガローは28棟あり、1棟あたり5人まで宿泊可能です。チェックインは14:00、チェックアウトは10:00となります。

戸隠キャンプ場のバンガローはレトロな雰囲気で、高原らしい白樺林の中に点在しています。板の間1.5畳、畳の2段ベッドが2組あります。照明や電源、水道などは付いていません。

バンガローは、テント泊よりは安心して眠りたいけれど、アウトドアの不便さは楽しみたい方におすすめです。キャンプ当日の天候が不安なときにも、バンガローならテントの設営や撤収の心配がありません。登山メインの方にも、バンガローはおすすめです。

ログキャビン

Photo bykirkandmimi

戸隠キャンプ場のログキャビンは、5人用が31棟、バリアフリー対応の5人用が2棟あります。照明とAC電源が付いていて、バンガローより便利です。チェックインは14:00、チェックアウトは10:00です。

戸隠キャンプ場のログキャビンは、木の香り漂うログハウス仕立てです。フローリング7畳に、1.5畳のデッキが付いています。

シーズンの始めや終わりの時期は、夜は気温が0度近くになることもあります。テントよりしっかりした壁や床があり電源もあるログキャビンなら、ヒーターや電気毛布を使えて、暖かくて安心です。

戸隠キャンプ場の施設

Photo by Big Ben in Japan

リピーターの多い戸隠キャンプ場ですが、その理由は、ロケーションはもちろん、施設の充実ぶりにもあります。

戸隠キャンプ場の敷地には、本格的な戸隠そばを食べられるそば店と食堂があり、隣接の戸隠牧場にはカフェがあります。売店も品揃えが充実しています。お子様のおもちゃや、ビールなどの酒類、簡単な食料も入手できて便利です。

戸隠キャンプ場では、大きなゴミステーションがあり、分別すればほとんどのゴミを捨てられます。バーベキューや焚き火の灰は、場内に9カ所ある野外炉で処理が可能です。

Photo by Go Imai

戸隠キャンプ場の施設は、設置数や設置場所も適切で使いやすいと好評です。特に温水洗浄機付きのトイレやシャワー、水道など、水回りが清潔で、女性ファンの心をとらえています。

戸隠キャンプ場のシャワー室は24時間利用できます。周辺には、車で10分か20分ほどでアクセスできる日帰り温泉もありますが、場内にシャワーがあるのは何かと安心です。シャワーの料金は8分300円となっています。コインランドリーも備えています。

戸隠キャンプ場は、キャンパーが望む便利さとワイルド感を、バランス良く備えた施設として人気があります。

白樺食堂・手打ちそば岳

Photo by shibainu

戸隠キャンプ場の入口の「戸隠高原ウェルカムハウス」を通り、最初の分岐を右に曲がって進むと、右に「白樺食堂」、左に「手打ちそば岳」があります。キャンプ場内にありますが、お食事のみの場合はキャンプ場の受付をせずに利用できます。

キャンプでは自炊が基本で、キャンプ料理は楽しみでもあります。連泊の場合は、中日のランチくらいは外食を、と考える人もいます。戸隠キャンプ場では、徒歩で行ける場内で名物の戸隠そばが味わえます。

Photo byK2-Kaji

「白樺食堂」は昭和レトロな雰囲気がとてもすてきです。そばを注文すると、地物の野菜の天ぷらや漬け物などが付いてきて、お腹いっぱいになります。

「手打ちそば岳」は、山小屋風のおしゃれな外観です。戸隠産のものと、固有種「戸隠産在来種」のそば粉を使い、戸隠山の伏流水でそばを打ち上げています。天ぷらなど一品料理は土地の旬の食材です。そばを盛る器も、戸隠の根曲がり竹を編んだザルで、戸隠産にこだわったお店です。

「白樺食堂」は、10:30~16:00、不定休で営業しています。「手打ちそば岳」は、10:30~16:30、水曜定休となっています。

カフェ・フルーリー

Photo byfancycrave1

戸隠キャンプ場には、カフェも隣接しています。戸隠牧場のゲートから少し入った右側の、「カフェ・フルーリー」です。大きなハルニレの木が目印の、カントリー調の可愛らしいカフェになります。お子様のいるご家族や、女性キャンプグループにもおすすめです。

地元産の素材にこだわった手作りの味は、キャンパーにも人気です。そば粉のケーキ、ルバーブのタルト、オリジナルピザなどが、特におすすめのメニューです。

「カフェ・フルーリー」の営業時間は、10:00~16:30です。営業期間は、5月1日~11月3日となっています。

レンタル&売店「キャンプセンター」

Photo by ajari

戸隠キャンプ場の「キャンプセンター」は、とても便利な売店です。レンタル品も扱っています。売店の販売品には、レトルト食品やお米、ウインナーなど、簡単な食料もあり、酒類もビールの他、ワインや日本酒など品揃えが豊富です。ゴムボールなど簡単なおもちゃも買えます。

戸隠キャンプ場の売店では、テントやタープなどのキャンプ用品と、毛布、寝袋などの寝具のレンタルもできます。忘れがちなライトや包丁も借りられます。湯たんぽもあります。

戸隠キャンプ場の売店では、丸太でできた「スウェディッシュトーチ」も扱っています。焚き火台やダッチオーブンのレンタルもあります。使ってみたい道具を買う前に試したい場合にも、売店やレンタル品の利用がおすすめです。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

戸隠キャンプ場の売店「キャンプセンター」の営業時間は、通常8:30~17:00となります。ハイシーズンやお盆など混雑する時期には、30分~1時間ほど前後します。

レンタル品も売店も品揃えは豊富ですが、扱っている物の数に限りがあります。規模の大きい戸隠キャンプ場の売店ですので、当てにしていた物がないことも想定しましょう。

戸隠キャンプ場は標高が1200mほどの場所にあります。夏場でも朝夕はかなり冷え込むので、毛布や敷きマットなどのレンタル品は、数が不足することも考えて、事前の対策をおすすめします。

戸隠キャンプ場の魅力って?

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

リピーターも多く、連休や夏休み期間には大混雑の戸隠キャンプ場の魅力は、広さ、涼しさ、などたくさんあります。山の中のキャンプ場ですが、周辺のアクセスしやすい距離に温泉や戸隠神社などの名所があるのも魅力の1つです。

戸隠キャンプ場から、大きな杉並木で有名なパワースポットの戸隠神社奥社にも、散策路を通って歩いて行けます。片道1時間ほどです。周辺がクマ出没地なので、鈴などの用意をおすすめします。

戸隠キャンプ場の、広大なフリーサイト、管理が行き届いた設備なども魅力です。数多い戸隠キャンプ場の魅力から、特に注目のポイントをご紹介します。

広大なフリーサイト

Photo byJACLOU-DL

戸隠キャンプ場のフリーサイトは、とても広く、ロケーションもバラエティ豊富です。区画されていないので、開放感のある芝生や、林間、川沿いなど、好きな場所でサイト設営できます。

戸隠キャンプ場のフリーサイトでは、350サイトほどの受け入れが可能で、予約が不要です。連休や夏休みなどの時期には、キャンプ場の予約が取れないこともよくあります。戸隠キャンプ場の広大なフリーサイトなら、その日に訪れても、キャンプができる場所が見つかります。

テントの大型化やタープの流行もあり、利用客1組あたりの面積も大きくなっていますが、それでもほどよい距離を保ってキャンプが楽しめます。戸隠キャンプ場の大きな魅力です。

戸隠キャンプ場のフリーサイトは予約不要で、チェックイン8:30、チェックアウト10:00となっています。チェックイン時間が早いので、初日の朝にテントを設営してから、昼間には周辺の温泉や神社などに遊びに行けます。

区画サイト

Photo byFree-Photos

戸隠キャンプ場の区画サイトは、50区画あり、1区画あたり10m×10mの面積があります。予約しておけば、場所を取られる心配も不要です。周辺の観光地を巡ってから、安心してゆっくりキャンプ場に向かえます。

戸隠キャンプ場の区画サイトは、広々とした区画で車1台分の駐車スペースが含まれます。区画サイトは木が少なく、開放感にあふれています。その分日陰が少ないので、暑い時期はタープの利用がおすすめです。

戸隠キャンプ場の区画サイトは、チェックイン11:00、チェックアウト10:00となります。牧場やふれあい動物広場、ドッグランパークなども近く、お子様やペットと一緒のキャンプに最適です。

電源水道付サイト

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

戸隠キャンプ場の電源水道付サイトは、8区画あり、広さは区画サイトの2倍になります。駐車スペースも広く、キャンピングカーでの利用も可能です。区画内であれば、テントやタープを複数設置してもOKです。グループキャンプにも最適です。

戸隠キャンプ場の電源水道付サイトからは、戸隠牧場とカフェ・フルーリーが近く、散策も楽しめます。

戸隠キャンプ場の電源水道付サイトは、チェックイン11:00、チェックアウト10:00です。AC電源は1500W、給水用水道が付いていて便利です。洗い場はないので、共用の設備の利用となります。

標高1200mの最高のロケーション

Photo by monoooki

戸隠キャンプ場があるのは、標高1200mの高原です。広々としたキャンプ場から、戸隠連山も眺められます。車で10分ほどで温泉もあり、周辺の環境にも恵まれています。

長野県と新潟県の県境に近く、標高も高いことから、真夏でも平地よりずっと涼しく、空気も澄んでいます。夜に見られる満天の星は、都会では見られない素晴らしさです。

戸隠キャンプ場内には「さかさ川」が流れ、川遊びや釣りも楽しめます。売店も充実しているので、簡単な食品も手に入ります。山の中なので、スーパーなどは近くにありません。本格的なバーベキューの食材などは、キャンプ場に来る前に用意しましょう。

ふれあい動物広場

Photo byPexels

戸隠キャンプ場に隣接する戸隠牧場には、ふれあい動物広場があります。モルモットやウサギ、ヤギなどと触れあえます。可愛い動物たちと触れあうと、小さなお子様はもちろん大人も楽しい気分になります。

戸隠牧場は、牧場のみの利用の場合は入場料(200円)がかかります。戸隠キャンプ場利用者は、キャンプ場の領収証を見せると、無料で入場できます。

戸隠牧場

Photo by "KIUKO"

戸隠牧場は、明治42年に開場しました。伝統ある牧場です。ふれあい動物広場や、カフェ・フルーリーは、牧場内の施設になります。

高原の開放感あふれる景色の中で、牛や馬がのんびり過ごす姿は、癒やしの光景です。季節によっては、子馬が母馬に甘える姿も見られます。

戸隠牧場では、夏期シーズンには乗馬体験も楽しめます。お子様連れの家族におすすめです。カフェのソフトクリームや牛乳も、濃厚で美味しく、人気の逸品になります。

川遊びできる清流

Photo by y_katsuuu

戸隠キャンプ場の受付「戸隠高原ウェルカムハウス」からキャンプ場に入ると、すぐにさかさ川の清流があります。浅いので、お子様でも安心して水遊びができます。

さかさ川の他にも、キャンプ場内には細い清流が何本かあります。川に近い場所にテントを設営したら、水遊びもおすすめです。夏でも川の水は非常に冷たいため、清流でビールやスイカを冷やすのも趣があります。

戸隠キャンプ場では、釣りも楽しめます。入漁券はキャンプセンターの売店で販売しています。釣り竿のレンタルは600円です。売店でエサの販売はありません。夏場には、浅瀬で魚のつかみ取り体験などのイベントも開催されます。

戸隠キャンプ場の周辺の温泉施設

Photo by Big Ben in Japan

戸隠キャンプ場には、シャワー室はありますが、お風呂施設はありません。お風呂に入りたい場合は、キャンプ場から車で10分、20分ほどの周辺に、温泉など日帰り入浴施設あるのでそちらの利用がおすすめです。

長野県には名湯が多数あります。戸隠キャンプ場の周辺の、神告げ温泉もその1つです。テント泊でこわばった身体をほぐしたり、設営の疲労回復にも、温泉入浴はおすすめです。

戸隠神告げ温泉 湯行館

フリー写真素材ぱくたそ

戸隠温泉から車で10分ほどのところに、「戸隠神告げ温泉 湯行館(ゆに~くかん)」があります。周辺には戸隠神社中社もあり、ちびっ子忍者村にも近く、レジャーのついでに汗を流してさっぱりするのにおすすめです。

「戸隠神告げ温泉 湯行館」の泉質は、弱アルカリ性低張性低温泉です。露天風呂はなく、男湯、女湯の内湯があります。ボディソープとリンスインシャンプーとドライヤーが備え付けです。タオルやバスタオルの販売もあるので、手ぶらでもOKです。

営業時間は10:00~20:00、料金は中学生以上600円、子供300円となっています。併設の食事処安兵衛は、10:00~17:30の営業です。

住所 長野県長野市戸隠3182
電話番号 026-254-1126

長野の温泉は日帰りも宿泊も楽しめる!おすすめの温泉ランキング!のイメージ
長野の温泉は日帰りも宿泊も楽しめる!おすすめの温泉ランキング!
長野は温泉の多いところで、宿泊はもとより日帰り温泉も楽しめます。圧巻の景色に癒されたり、一か所でいくつものお湯が楽しめたりと、日帰りでも楽しみ方はいろいろです。長野の温泉地、日帰りもできるおすすめの温泉をランキング形式でご紹介します。

戸隠キャンプ場の基本情報

Photo by ColdSleeper

戸隠キャンプ場は、4月末~11月上旬のシーズン営業です。宿泊施設によってチェックインの時間が異なります。フリーサイトは8:30、区画サイト・電源水道付サイトは11:00、コテージなどの建物は14:00になります。チェックアウトは10:00です。

戸隠キャンプ場の宿泊施設の利用料金です。コテージ泊・駐車1台・タープ1張で1棟あたり18000円~、ログキャビン泊・駐車1台・タープ1張で1棟あたり9000円~、バンガロー泊・駐車1台・タープ1張で1棟あたり5000円~、となっています。

電源水道付サイトの利用料金は、1区画・駐車2台分で8000円~、区画サイトの利用料金は、1区画・駐車1台分で4000円~、になります。

戸隠キャンプ場のフリーサイトの料金は、テント料、タープ料、駐車料を合算した額になります。2人以下用の登山テントなど小型のテントが1張1000円~、5人以下用のドーム型など中型のテントは1張2000円~、ツールームや大型のティピーテントなどは1張3000円~、となっています。

テント以外のタープやスクリーンテントなど補助テントは1張1000円~、の料金です。駐車料は、普通車や普通車サイズのキャンピングカーは1台1000円~、車長5m以上の中型車は1台3000円~、です。バイクの駐車料はシーズン通して1台500円になります。

戸隠キャンプ場へのアクセスをご紹介します。高速道路の最寄りは、上信越道の信濃町ICになります。信濃町ICからは車で30分ほどです。長野ICからも1時間10分ほどでアクセスできます。食材の調達や、戸隠神社中社、温泉への立ち寄りには、長野ICからのルートをおすすめします。

首都圏から戸隠キャンプ場へは、関越道・上信越道を通って、3時間10分ほどになります。名古屋方面からは、中央道・長野道・上信越道を通って、4時間10分ほどです。

公共交通機関を使って、戸隠キャンプ場にアクセスする場合、長野駅からバスを利用します。長野駅から戸隠キャンプ場までの所要時間は1時間5分ほど、料金は片道1450円になります。戸隠キャンプ場の受付前にバス停があり、便利です。

戸隠キャンプ場で大自然を満喫しよう!

Photo by tsuruta yosuke

戸隠キャンプ場は、大自然に抱かれていながら設備は快適で、キャンプに初めて挑戦する方にもおすすめの施設です。戸隠連山を望む広大なキャンプ場の開放感は、多くのキャンパーを魅了します。

戸隠キャンプ場は自然を生かした施設です。泊まる場所によって表情が変わります。川に触れたり、星を眺めたり、次に来たら自然の中で何をしようか、そんな楽しみに満ちた戸隠キャンプ場に、ぜひ泊まってみましょう。

yuki-ya
ライター

yuki-ya

キャンプと歴史と旅行が大好きです。

関連記事

人気記事ランキング