沖縄のサーフィン人気スポット!離島の穴場サーフポイントやショップ情報も

沖縄のサーフィン人気スポット!離島の穴場サーフポイントやショップ情報も

ライトブルーのきれいな海に底抜けに鮮やかな青い空、太陽の光を受けてキラキラと輝く沖縄の海、サーフィンを楽しむ方ならば誰でも、この美しい沖縄の海でサーフィンをしたいと考えたことがあるでしょう。今回は沖縄で楽しめるベストなサーフスポットをまとめてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.沖縄のサーフィン事情
  2. 2.沖縄でサーフィンをする際の注意事項
  3. 3.沖縄のおすすめサーフポイント・沖縄本島
  4. 4.沖縄のおすすめサーフポイント・沖縄離島
  5. 5.沖縄のおすすめサーフィンショップ・沖縄本島
  6. 6.沖縄のおすすめサーフィンショップ・沖縄離島
  7. 7.サーフィンの初心者にはサーフスクールがおすすめ
  8. 8.沖縄はサーフィンの穴場スポットがいっぱい!

沖縄のサーフィン事情

Photo by PYONKO

沖縄で、南国の太陽の光を受けてキラキラと輝く海でサーフィンを楽しむのは多くのサーファーの夢でしょう。まずは、沖縄の海情報、サーフィン事情をまとめてご紹介いたします。

沖縄は160の大小様々な島が広大な海域に囲まれている場所です。透明度が非常に高く、サンゴ礁「リーフ」が発達している海でもあります。美しい海に囲まれる沖縄では、沖縄に住む地元の人々や移住者、サーフィンを楽しむために訪れる観光客によって賑わいます。

サーフポイントが豊富にあり、ツアーなども開催されているため、サーフィン初心者でも気軽にサーフィンを楽しむことができるのが沖縄の海の嬉しいところです。沖縄の海について学び、しっかりと事前準備を行うことで安心してサーフィンを楽しみましょう。

沖縄のサーフポイントの特徴

Photo bymikikon

本土では海底が砂であるビーチブレイクが基本ですが、沖縄では海底がサンゴ礁「リーフ」であるため、基本的な考え方やサーフィンの方法が異なります。海底がリーフで形成される沖縄はリーフブレイクによって波が発生します。そのため、サーフポイントが一部に集中します。

また、リーフを出た外側、外洋にあたるアウトリーフで大きな波が起こることがあるため、船でサーフポイントまで出ることもあります。その他にも沖に出ないと波が来ないことがあるため、沖縄の海でサーフィンをする際にはパドリングの技術が重要になってきます。

沖縄を囲む海洋はリーフで囲まれているため、干潮時にはリーフがむき出しとなります。そのため、サーフィンを楽しめる時間帯は満潮時の前後4時間と限られています。

沖縄のサーフィンのベストシーズンは

Photo by goodsurfers2015

本土と比べると一年を通して気温が高いため、年中サーフィンを楽しめるイメージを想像しがちですが、実は沖縄でサーフィンをするベストシーズンは9月から4月となっています。

沖縄の海では、特に夏場は島の周辺のいたるところで良質な波が生まれています。冬場には、東シナ海側のサーフポイントで低気圧が停滞して北うねりを拾うため、西側のサーフポイントで良い波が発生しています。南部のスポットでは、年間を通して良い波が発生しています。

冬場のサーフィンと聞くと、本土の冷たい海が思い浮かびます。本土でする冬場のサーフィンは覚悟が必要ですが、沖縄は冬場でも海の温度が10度を切らないため、快適にサーフィンを楽しむことができます。

沖縄でサーフィンをする際の注意事項

Photo byJustasurferdude

沖縄はその地理的特徴から本土の海とは異なる特徴があります。また、季節や時期によって注意しなければならない点も変わってくるため、初心者や経験者に関わらず、常に新しい最新情報を入手していく必要があります。ここでは、主な注意点をまとめてご紹介します。

事前に潮や波の情報を得る

Photo byJESHOOTS-com

沖縄の海でサーフィンを楽しむ際には、事前に潮や波の情報を入手するようにしましょう。これはサーフィンを楽しむ際の基本的なことですが、その日の天候や季節によっては海の状況は変わります。

特に沖縄の海では潮の満ち引きがサーフィンを楽しむ最大の条件となるため、満潮の時間帯や高さを調べておくことが必須となります。潮位表は気象庁のHPで確認できますが、コンビニで情報を入手できます。忘れずにチェックするようにしましょう。

ローカル(地元の)サーファーと仲良く譲り合いで

Photo by Dick Thomas Johnson

全国各地、どこのサーフィンスポットでも共通することですが、その土地にはその土地の地元のサーファー「ローカル」がいます。沖縄では一度会ったら皆兄弟というあたたかな文化が根付いているため、一度会って会話を交わせば兄弟とみなされます。

沖縄では年々サーフィンの人気が高まっているため、ローカルのサーファーと出会うこともあります。その際は仲良く譲り合いをすることを心掛け、その土地でサーフィンを楽しむことに感謝し、ルールやマナーってサーフィンを楽しみましょう。

また、沖縄でサーフィンをする際には、地元のショップに足を運びましょう。スポットのサーフィン情報やローカルの人々とのお話を通して、沖縄でのサーフィンをより楽しめます。

サンゴや岩礁に注意!リーフブーツの着用

Photo byjoakant

リーフ(サンゴ礁)がベースとなって形成されている沖縄の海では、予想外に鋭利な先端を持つリーフに無意識に触れ、足を怪我してしまうことがあるため、リーフブーツが必要です。また、外海への強い水流「リーフカレント」に流されないように注意する必要があります。

万が一海中で足を切るなどの怪我をしてしまった場合は、すぐに海から上がり応急処置を施し、病院に行きましょう。また、鋭いリーフや岩礁でリーシュコードを切られることがあります。特にビジターの方は、土地をよく知るローカルのお話や注意事項を守りましょう。

過度な日焼けに注意!

Photo bykaboompics

沖縄の海でサーフィンを楽しむ際には日焼け対策を万全にしましょう。特に夏場の沖縄の太陽は非常に強烈です。日焼け止めの使用はもちろん、ウェットスーツやラッシュガードの着用、サーフハットを被るなどの対策を行いましょう。

過度な日焼けはヤケドに相当します。酷い日焼けをしないような対策はもちろんですが、日焼けをしてしまった場合には化粧水や日焼けローションなどで保湿し、流水や氷で冷やしましょう。酷い痛みや熱を持っている場合は、病院で適切な処置を受ける必要があります。

沖縄のおすすめサーフポイント・沖縄本島

Photo by goodsurfers2015

それではここから、思い切りサーフィンが楽しめるサーフスポットをご紹介していきます。まずは沖縄本島でおすすめのスポットからご紹介します。

コーチャン(辺戸岬近辺)

Photo byjorisamonen

沖縄本島最北端に位置する辺野古岬周辺の「コーチャン」は、中級から上級レベルの方にお勧めのサーフポイントです。ベストシーズンは9月から4月で、冬場でもコンスタントに波の発生するポイントでもあります。大きなうねりが発生することもあるベストスポットです。

沖合200mほどのところにスポットがありますが、リーフや岩礁が多いため初心者の方はリーフブーツの着用が必須です。緑の豊かな亜熱帯照葉樹林の森「やんばる」と透明度の高い海に思わず見とれてしまう、絶景のサーフスポットです。

那覇空港から車で約2時間半、高速と一般道をひた走った先に位置する最北端の辺野古岬から、沖合200mほどの場所にあるスポットです。

スーサイド(糸満市米須海岸)

Photo by goodsurfers2015

「スーサイド」は、地元ではよく知られる言わずと知れた人気のサーフポイントです。沖縄本島最南端にあるスポットで、別名を糸満市米須海岸といいます。太平洋に面するこのスポットには幅広いうねりがあるため、1年中サーフィンを楽しめるメジャースポットでもあります。

スーサイドには、東西に長く伸びた海岸性には数多くのピークが存在します。そのため沖縄の海初心者から上級者まで様々なレベルの方が、広範囲にわたって挑戦することができます。スーサイドについてもリーフが粗いため、リーフブーツを履いて怪我を防ぎましょう。

また、こちらのスポットは地元の方も多く訪れる大切なスポットです。ルールとマナーを守って気持ちよくサーフィンを楽しみましょう。スーサイドへは那覇空港から車で約1時間です。

砂辺(北谷町宮城海岸)

Photo by imgdive

「砂辺(宮城海岸)」は沖縄で最も人気のサーフポイントといっても過言ではありません。11月から4月がベストシーズンで、様々なうねりが発生するため、初心者から上級者までおすすめできるスポットです。また、上級者オンリーのうねりが入ることもあります。

非常に人気のあるポイントであるため、ローカルの上級サーファーや県外、海外からのプロサーファーも訪れます。上級者のテクニックを自分の目で見て学びたい方にもおすすめです。また、1年を通して波があるためシーズン外でもサーフィンを楽しむことができます。

那覇空港から車で1時間ほどと、アクセスの簡単な場所にあります。周辺には異国情緒溢れるお店やカフェがあるため、サーフィンの前や後にのんびりと過ごすことができます。

真栄田岬

Photo by prelude2000

「真栄田岬」は沖縄県中部、西海岸の国頭郡恩納村にあるサーフポイントで、シュノーケリングやダイビングが楽しめることでも有名なスポットです。ベストシーズンは9月から3月で、低気圧通過後のパワフルな波に乗ることができる、中級者以上向けのお勧めポイントです。

波が穏やかなときには初心者も挑戦することができるスポットです。ですが、水深が浅いことに加えて干潮時にはリーフがむき出しになることもあるため、リーフブーツなどの万全な準備と事前の波情報の確認が必須となります。

那覇空港から車で約1時間、有名な「青の洞窟」から歩いて5分ほどの所にある真栄田岬は、周囲をサトウキビ畑に囲まれている景色の豊かなサーフポイントでもあります。

天願(昆布ビーチ)

フリー写真素材ぱくたそ

「天願」は沖縄本島の中部にあるサーフポイントで、昆布ビーチとも呼ばれています。海底がリーフになっていることが基本の沖縄では珍しく、砂浜のビーチブレイクです。水深が深く通常時は波も穏やかなため、初心者から上級者の方までお勧めできる場所です。

通常時は穏やかな波でサーフィンが楽しめますが、台風の日には良い波が立つため1日中ここでサーフィンを楽しむこともできます。他のサーフポイントがクローズしてしまった際に重宝するサーフポイントでもあります。この天願は、那覇空港から車で約30の場所に位置します。

安謝(那覇市)

Photo by goodsurfers2015

「安謝(あじゃ)」は、沖縄本島の那覇市に位置する、日所にアクセスのしやすいサーフスポットです。膝から脛ほどの高さの小さな波ですが、コンスタントに発生します。また、深さがあるため干潮時でもサーフィンを楽しむことができます。

海底がゴツゴツとしたリーフとなっているため、リーフブーツの着用をお勧めします。また、台風の前後には波が高くなることがあるため、初心者の方はローカルのサーファーときましょう。安謝へは那覇空港より車で10分で到着するため、短い時間のサーフィンにもお勧めです。

安波(国頭村)

Photo by Kentaro Ohno

「安波(あは)」は、沖縄本島北部に位置するサーフポイントです。ベストシーズンは9月から4月ですが、水深が深いため満潮や干潮に関係なく1日中サーフィンを楽しむことができます。また、台風の時には良い波が立つため、地元のサーファーも集まるスポットです。

1日を通して波が立つポイントですが、風の影響を受けにくい場所にあるため、限られた時間の中でサーフィンを楽しみたい方にもおすすめです。多くの人が集まるポイントですので、ルールやマナーを守って気持ちよくサーフィンを楽しみましょう。

伊計島

Photo by 楊尚潔

「伊計島」は、沖縄本島のうるま市から車で渡って行くことのできる離島にあるサーフポイントです。伊計島のベストシーズンは6月から9月となっており、冬場にしか楽しめないスポットが多い中で夏場にもサーフィンが楽しめる場所であるため、非常に人気となっています。

サーフポイントは浜辺から沖合に300mほどの場所にあり、パドリングで向かう必要があります。また、水深が浅く海底に近いため、上級者の方向けのサーフポイントとなっています。ですが、離島であるため自然豊かで海の透明度が抜群で海水浴も楽しむことができます。

伊計島へは那覇空港から車で1時間ほどです。うるま市から海中道路を通り、次にご紹介する宮城島を通り過ぎたところにあります。生活道路には駐車しないようにしましょう。

宮城島

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

「宮城島」は先ほどご紹介した伊計島と同じく、沖縄県うるま市から車で渡って行くことのできる離島にあるサーフポイントです。伊計島は島から吹き抜ける風が綺麗な波を作り出すことで有名で、中級者から上級者の方におすすめのスポットです。

アウターリーフでは離岸流が発生することがあります。気が付けば沖に出ていたということのないように注意する必要があります。また、他のスポットと比較すると人が少ないため、初心者の方はベテランやローカルの方と一緒に行くと安心です。

宮城島へは那覇空港から車で約1時間です。先ほどの伊計島と同じく、うるま市から海中道路を通り平安座島を過ぎると到着です。島内では安全運転と駐車のマナーに気を付けましょう。

沖縄のおすすめサーフポイント・沖縄離島

Photo by USIO Design Project

続いて、沖縄の離島でサーフィンを楽しむことができるスポットをご紹介いたします。離島では手つかずの自然や透明度の高い美しい海を楽しむことができます。今回は石垣島と宮古島にあるサーフポイントをご紹介します。是非、これらの離島まで足をのばしてみてください。

Photo byFuzz

石垣島は、沖縄の離島群の一つである八重山諸島を構成する島です。離島ならではの緑に覆われた美しい島々と、美しく輝く青い海の作り出す絶景のコントラストを楽しむことができます。那覇空港からのフライトの他、主要空港からの直行便もあるため、アクセスも簡単です。

宮古島は、沖縄の離島特有の穏やかな空気が流れる島です。沖縄本島から280kmほど南東に浮かぶ離島で、美しい海が多くあります。大自然の中で気持ちのいい時間を過ごすことができます。こちらも、那覇空港や羽田空港からの直行便が便利です。

マエサトビーチ(石垣島)

Photo byPexels

「マエサトビーチ」は石垣島の南端に位置するサーフスポットです。6月から9月ごろの夏場がベストシーズンで、北西に風が吹くときには良い波が立ちます。ですが、スポットが沖合500mほどのところにあるため、約15分間パドリングをする必要があります。

また、水深が浅いためやってくる波に対してボードを沈めて潜り抜けるドルフィンスルーに挑戦したい方は、ボードを傷つけないように注意する必要があります。

石垣空港から車で20分ほどの距離に位置するため、非常にアクセスの便利なスポットです。海水浴も楽しめるので、石垣島に来られた際にはぜひ楽しんでください。

ヤラブポイント(石垣島)

Photo bywndj

「ヤラブポイント」は、沖縄県石垣島の西側にある崎枝半島にあるサーフスポットです。満潮時にはローカルのサーファーが集まる離島の名スポットで、ベストシーズンは9月から4月ごろとなっています。小さな波から、胸や肩辺りの波までくるため、上級者の方でも楽しめます。

ベストシーズン以外には波が立たないことがあるため、4月から9月の間に思いっきり楽しむには最適なポイントです。また、天候によっては全く波の立たない日もあるため、事前に波情報を確認しておく必要があります。

ヤラブポイントへは石垣空港から車で約40分で行くことができます。初めての方には分かりにくい場所にありますが、満潮時にはサーファーの車を見かけることになるため安心です。

山原ポイント(石垣島)

Photo byenriquelopezgarre

「山原ポイント」は沖縄県の離島、石垣島の中腹から北側に位置するポイントです。近くには米原ビーチと呼ばれる海水浴場もあります。9月から5月がベストシーズンとなっており、特に南風の風が来た時がサーフィンの醍醐味を楽しむチャンスです。

この山原ポイントは、初心者から上級者の方まで注意する必要があります。満潮時にも水深が浅い場所があり、ボードから落ちた際に頭を打つなどの怪我をしかねません。ヘルメットを被る、地元の方から情報を聞いておくなどの対策をしていると安心です。

山原ポイントへは石垣空港から車で25分ほどの場所にあります。米原ビーチの近くにあるため分かりやすい場所にあります。また、79号線のカフェが並ぶ辺りからも見ることができます。

吉野海岸(宮古島)

Photo by shishamo72

「吉野海岸」は、沖縄の離島宮古島の東部にあるポイントです。ベストシーズンは10月から4月頃で、南西の風が吹くと頭のサイズまでの大きな波が起こることもあります。ベストスポットは沖合から200mのところにあるため、パドリングで向かう必要があります。

吉野海岸は海底がリーフになっています。ベテランのサーファーでもボードを折ってしまうことがあるほどのリーフになっているため、初心者、上級者に関わらずスーツやブーツの着用が必須となっています。

吉野海岸は宮古島の市街地や宮古空港から車で40分ほどの所にあります。すぐ近くに無料駐車場がありますが、満車時には付近の有料駐車場を利用することになります。

ボラガービーチ(宮古島)

Photo by goodsurfers2015

「ボラガービーチ(保良川ビーチ)」は、沖縄の離島宮古島の南東部にあるサーフポイントです。付近には保良川パラダイス・ビーチ・パークがあり、ファミリーにも人気のビーチとなっています。また、シーカヤックを楽しむ場所として人気もあります。

ボラガービーチは波の起伏が大きいことが特徴的で、初心者から上級者まで楽しむことのできるポイントです。ボラガービーチについては情報を紹介するサイトが少ないため、地元の方に話を聞くなど事前の情報収集をしておくと安心です。

ボラガービーチへは宮古空港から車で30分ほどの位置にあります。タイミングが良ければ貸切状態でサーフィンを楽しむこともできます。初心者の方はベテランと一緒に行きましょう。

沖縄のおすすめサーフィンショップ・沖縄本島

Photo byFree-Photos

続いて、沖縄本島でおすすめのサーフショップをご紹介します。沖縄でサーフィンを楽しみたいけれど自分のサーフボードを持っていくのは大変という方は非常に多いです。そのような方に向けて、ボードやスーツなどの用具のレンタルを行っているショップもあります。

また、ショップのホームページにはその日の海の波情報やおすすめのサーフスポットなどの情報をまとめているショップもあります。沖縄の海で思いっきりサーフィンを楽しむ際には、地元のサーフショップのチェックは外せません。

沖縄サーフモンキー

Photo by goodsurfers2015

「沖縄サーフモンキー」は、糸満市にあるサーフショップで、2000年開業の老舗のお店です。新品や中古のサーフボード、サーフィンギヤ販売の他、サーフボードの修理やウェットスーツの販売もされています。また、沖縄の海のベテランによるサーフスクールも人気です。

現在はボードのレンタルは行われていませんが、サーフガイドとボードのレンタルがセットになって提供されています。各種ボードにリーシュコード、リーフブーツなど必要なものが含まれる上にベテランによるガイドがついているため、沖縄の海初心者の方でも安心です。

夏季は10時から19まで、冬季は10時から18時まで営業されています。お店のブログには当日の波情報が写真付きで紹介されているので、サーフィンを楽しみたい方は要チェックです!

住所 沖縄県糸満市潮平773-7
電話番号 098-992-5477 

パドパド沖縄

Photo by Swell Surf Camp

「パドパド沖縄」も糸満市にあるサーフショップで、レベル別のサーフィンスクールの他、沖縄の海を知り尽くしたサーファーによるサーフガイドも行われています。ショップではボードの他、ウェットスーツをレンタルすることができます。

パドパド沖縄のサーフガイドでは、ウェットスーツ、リーフブーツ、傷害保険が込みとなっています。沖縄の独特なサーフタイについてのレクチャーや、その日のベストサーフポイントへの案内もあるため、沖縄観光の一部としてサーフィンを楽しみたい方にもおすすめです。

こちらは11時から20時まで営業されています。ご夫婦の経営される温かな雰囲気のこのショップはリピーターも多数訪れます。糸満でのサーフィンの際には是非お立ち寄りください!

住所 ​沖縄県糸満市潮崎町3丁目15番地6号1-B
電話番号 098-996-4822

アイランドブレイク沖縄

Photo byFree-Photos

「アイランドブレイク沖縄」は、1999年開店の砂辺エリアの老舗サーフショップです。砂辺海岸から徒歩2分と立地も良く、誰でも入りやすいお店をコンセプトに営業されています。

サーフィンの他、ボディボード、スタンドアップパドルボードのスクールも開催されています。初心者から上級者まで、沖縄の海を知り尽くしたベテランに、沖縄での波の楽しみ方を教えていただける人気スクールです。

こちらのショップでは自分オリジナルのウェットスーツをオーダーすることができます。職人の手で丁寧に作られるこのウェットスーツは、形やひざパッド、素材まで選択することが可能で、自分の体にぴったりと合うように採寸もしていただけるおすすめのサービスです。

住所 沖縄県中頭郡北谷町字宮城1-541
電話番号 098-926-0717

沖縄サーフガイド

Photo byJustasurferdude

「沖縄サーフガイド(OSG)」は、沖縄中部の恩納村にあるサーフショップです。こちらのショップでは、スタンドアップパドルや青の洞窟のカヤックツアー、シュノーケリングの体験をすることができます。ぬちの浜や比謝川ジャングルでのカヤックツアーも人気です。

サーフボード、パドルボード、カヤックの販売もされています。こちらのショップのホームページには非常にたくさんの写真が詳しい情報と共に掲載されているので、実際のショップに行く前に目で見てみたいという方は、是非ホームページの方も検索してみてください。

日本語、英語、中国語、ロシア語の4か国語で案内をしてくださるのもこちらのショップの特徴です。真栄田岬でサーフィンを楽しみたい方は是非一度こちらのショップへご連絡ください。

住所 沖縄県国頭郡恩納村真栄田4番地
電話番号 080-4099-1935

シーナサーフ

Photo bydiego_torres

「シーナサーフ」は沖縄本島西岸エリアにあるサーフショップです。こちらのショップではスタンドアップパドルやシュノーケリングの他、スタンドアップパドルでのウエディングフォトや愛犬と楽しめるスタンドアップパドルなど、様々なイベントが開催されています。

また、総和柄のサーフボードも販売されています。設計からデザインまで、しっかりと考えて作られたサーフボードは、男性にも女性にも人気です。また、「「幻のちゅらダ~マ」を探せ!」という秘境でのイベントも行われています。こちらはファミリーにもお勧めです。

シーナサーフはピンクマーリンクラブの1階、向かって左側にあります。黄色い看板がお店の目印です。恩納村エリアに行かれる方は、お店の情報含め一度チェックしてみてください!

住所 沖縄県恩納村字前兼久167 1F
電話番号 098-964-1600

沖縄のおすすめサーフィンショップ・沖縄離島

Photo byMacotoSeimori

続いて、沖縄の離島でおすすめのサーフショップをご紹介します。離島ではサーフィンに関する情報が本島のサーフスポットと比較して少ないことがあります。そのため、離島でサーフィンを楽しまれる方は、地元のサーフショップで情報をチェックすることが大切です。

今回は、石垣島と宮古島のサーフショップをまとめてご紹介します。自然に溢れる美しい離島でサーフィンを楽しまれる前に、是非一度お店に訪れてサーフィン情報をチェックしてみてください!地元のスポットをもっと楽しめてしまうこと間違いありません。

ハッピーホリデー(石垣島)

フリー写真素材ぱくたそ

「ハッピーホリデー」は美しい石垣島の海で思いっきりマリンレジャーを楽しむお手伝いをしてくれるショップです。マンタに会えるダイビングや機材無料のダイビングコース、マンタスポットでのシュノーケリングなど、石垣島の観光に訪れる方々に大人気となっています。

ショップは石垣市街地の中心地にあるため、非常にアクセスが簡単です。ダイビングのプロになるためのインストラクターコースも用意されています。サーフィン以外にも様々なマリンスポーツを楽しみたい方に非常にお勧めなショップです。

住所 沖縄県石垣市登野城16番地
電話番号 0120-170-787

サーフショップ BLUE SHOCK(石垣島)

フリー写真素材ぱくたそ

「サーフショップ BLUE SHOCK」は石垣島でのサーフィンを最大限にサポートしてくれるショップです。石垣島で作られたサーフボードをレンタルして楽しむサーフガイドは、当日のベストスポットを紹介してくださるため、最大限に楽しむことができる大人気のプランです。

また、初心者の方、石垣島で初めてサーフィンをする方などを対象にサーフスクールも開催されています。サーフィンに関する前知識が全くない方でも、長年石垣島でサーフィンを楽しんできたベテラン講師が波や海などの基本から教えてくれます。

どちらも非常に人気で、要予約となっています。石垣島で最大限にサーフィンを楽しみたい方は是非こちらのショップへご連絡ください。

住所 沖縄県石垣市白保48
電話番号 080-1712-1209

SWELL(宮古島)

Photo by12019

「SWELL」は宮古島にあるサーフショップです。宮古島の豊かな自然のガイドや、スタンドアップパドルやサーフガイドが提供されています。SWELLでは、各レベルに合わせたサーフガイドが人気です。その日のベストポイントへ案内されるため宮古島の海が初めてでも安心です。

また、宮古島の輝く大海原に沈んでいく夕日を眺めながら楽しむことができるスタンドアップパドルも人気です。インストラクターによる丁寧な講習が付いているので、初心者の方や体力に自信のない方でも安心して挑戦することができます。

参加者1名から開催、送迎付き、ペットの参加可能なプランもありますので、宮古島でのマリンスポーツをお考えの方は是非一度チェックしてみてください。

住所 沖縄県宮古島市平良久貝664-1
電話番号 0980-79-9900

SEADANCER(宮古島)

Photo by koni_aiko

「SEADANCER」は、宮古島で様々なマリングッズを入手できるお店です。シュノーケリングセットや水着、ラッシュガードや一流メーカーの機材など豊富に取り揃えられています。また、宮古島限定のオリジナルシャツやピアスなど、お洒落なグッズも販売されています。

沖縄の海で使えるマリングッズやお洒落なアイテムが各種取り揃えられているので、宮古島で個性を出しながらサーフィンを楽しみたい方は、是非チェックしてみてください!

住所 沖縄県宮古島市平良下里571-8
電話番号 0980-73-5882

サーフィンの初心者にはサーフスクールがおすすめ

Photo byFoundry

沖縄でサーフィンを楽しみたいけれど、サーフィンを経験したことがない方、サーフィンの経験はあるけれど一人で海に繰り出すのは不安な方、沖縄の海に自信がない方には、サーフスクールのご利用がお勧めです。ここから沖縄にあるお勧めのサーフスクールをご紹介します。

おすすめのサーフィンスクール

Photo by cotaro70s

サーフスクールには、数々のオリジナルプランが取り揃えられています。完全な初心者の方から少しだけ経験のある方向けなど、細かくレベル分けされているコースも揃っています。沖縄で安心してサーフィンを楽しみたい方は、是非一度チェックしてみてください。

沖縄ハイビサーフィンスクール

Photo bydbchandler

「沖縄ハイビサーフィンスクール」は、沖縄で初めてサーフィンをする方、観光の一部として少しだけサーフィンを楽しみたい方にもおすすめのサーフスクールです。一人だけでの参加、大人数での参加も可能で、サーフボードのレンタルも行われている安心のスクールです。

 90分コース9000円、120分コース11000円のファンサーフィンコースは施設使用料、保険料、ボードとスーツのレンタル料も含まれています。完全初心者の方、体力に自信のない方、泳ぎの苦手な方向けに、水深の浅い場所で講師の方がしっかり、ゆっくりと教えてくださいます。

住所 沖縄県中頭郡北谷町浜川158 S276
電話番号 080-2791-3397

ノース オーシャン ブルー

Photo byFree-Photos

「ノース オーシャン ブルー」は、ボード職人の方とアマチュア大会で優勝経験のあるベテランサーファーの方がされるお店です。沖縄県全域北部から南部まで、当日の波のコンディションに合わせて幅広くポイントをお勧めしてくださいます。

スクールのコースは1名、2名以上、5名以上と別れており、時間は60分、90分、120分と細かく分かれています。1名の場合は60分7800円、90分9000円、120分12500円っとなっています。南国の海で初めてのサーフィンに挑戦したい方にお勧めのスクールです。

住所 沖縄県北谷町北前251-6
電話番号 098-989-7579

サーフサイドサービス ハイサイ

Photo byKanenori

「サーフサイドサービス ハイサイ」では、サーフスクールが毎日開催されています。サーフィンの経験レベルによって細かくコースが分かれているため、サーフィンの経験がある方や中級者の方、伸び悩んでいる上級者の方にもおすすめのスクールです。

初心者の方には「体験サーフィンコース」がお勧めです。料金は150分12000円、150分2回コースで18000円、150分3回コースで26400円です。価格には、コースの受講料、レンタルボード、レンタルブーツ、レンタルウエア、送迎、傷害保険料が含まれています。

住所 沖縄県中頭郡北谷町浜川176-S288
電話番号 098-926-1030

OSG(オーエスジー)

Photo by12019

「OSG(沖縄サーフガイド)」では、初心者を対象としたサーフィンコースの他、スタンドアップパドルとサーフィンを合わせたコースの2種類が用意されています。初心者対象のコースは2時間で8000円となっており、ショップ近くの真栄田岬のビーチで行われています。

「初めての方でもパドリングをして波に立つ」を目標に、インストラクターの方が手取り足取り丁寧に教えてくださいます。スタンドアップパドル月のコースは2時間9000円となっています。どちらもスーツ、ブーツ、ボードのレンタル料が含まれるため、気軽に挑戦できます。

住所 沖縄県国頭郡恩納村真栄田4番地
電話番号 080-4099-1935

シーナサーフ

Photo by ajari

「シーナサーフ」では初心者向けのサーフィンコースが開催されています。まだまだサーフィンのコツがつかめていない初心者向けの「ロングボードコース」、安定して波に立つことができない「ザ・入門コース」があるため、自分のレベルに合わせてコースを選択できます。

初めてのレベルからさらに上達させたい方には「複数回でお得なコース」がお勧めです。3回と5回に分けて開催されるこのコースでは、一人一人の傾向に合わせてカスタマイズされた上達のための課題が与えられます。個人でサーフィンを楽しめるようになりたい方にお勧めです。

住所 沖縄県恩納村字前兼久167 1F
電話番号 098-964-1600

沖縄はサーフィンの穴場スポットがいっぱい!

Photo by variationblogr

以上、沖縄でのサーフィンの楽しみ方をご紹介しました。沖縄の海は本土と異なる特徴があるため、本土で経験のあるサーファーの方でも注意が必要です。ですが、沖縄の美しい海でするサーフィンは感動する体験です。初心者の方も、スクールを通して是非お楽しみください!

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

関連記事

人気記事ランキング