三重の温泉おすすめランキング!日帰りも宿泊もできる通好みの秘湯はどこ?

三重の温泉おすすめランキング!日帰りも宿泊もできる通好みの秘湯はどこ?

日本人なら誰もが知る「伊勢神宮」を始めとして、個性豊かな観光スポットが揃う三重県ですが、実は温泉も数多く存在します。今回はそんな三重県の温泉からおすすめスポットをランキング形式で紹介します。有名な宿から知られざる秘湯まで、ぜひ好みの温泉を見つけてみてください。

記事の目次

  1. 1.自然豊かな三重の温泉で疲れをいやそう!
  2. 2.三重に温泉通から人気の秘湯がある
  3. 3.三重の温泉おすすめランキング11位~8位
  4. 4.三重の温泉おすすめランキング7位~5位
  5. 5.三重の温泉おすすめランキング4位~2位
  6. 6.三重の温泉おすすめランキング1位
  7. 7.三重で自分好みの温泉を探そう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

自然豊かな三重の温泉で疲れをいやそう!

Photo by hiroooooki

三重県は海、山のどちらも楽しむことができる自然豊かな土地です。風光明媚な景色を各所で楽しむことができます。普段都会で生活している人が癒しの空間を求めに来るのはもちろん、地元の人からも愛されるスポットがさまざまな場所に存在しています。

そんな多彩な観光スポットを堪能したあとは、自然に囲まれた温泉でゆったりとした時間を過ごしてみましょう。非日常的な空間が、せわしない日常をほんのひと時忘れさせてくれます。

どの宿も自然を堪能できる

Photo by xo_kuo

三重県ではどのスポットに行っても自然が溢れており、緑豊かな環境で宿泊できます。最新設備のホテルや昔ながらの有名な宿など、選択肢が多いのも特徴です。

自分の好みや目的に合わせて宿泊先を選択できるのも嬉しいポイントになっています。美しい自然に囲まれながら、素敵な宿で思い出に残る旅を彩りましょう。

三重に温泉通から人気の秘湯がある

フリー写真素材ぱくたそ

秘湯といえば全国各地に点在するものの、三重県ではあまり有名でないイメージがあります。しかし三重県にもいくつかの秘湯が存在し、人知れず人気を博しています。有名な温泉だけでなく、あまり知られていない三重県の秘湯を見つけてみるのもおすすめです。

いつもは有名な温泉にしか行かないという人はもちろん、初めて三重県の温泉宿を訪れる人まで幅広く楽しめるため、観光の際にはぜひ秘湯もチェックしておきましょう。秘湯ならではの良さを新しく発見してみてください。

熊野の湯ノ口温泉

Photo by kawanet

それでは実際にどんな秘湯があるのでしょうか。熊野市にある湯ノ口温泉は、およそ700年前に開湯したといわれる由緒ある秘湯です。

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉であり、神経痛、筋肉痛、関節痛から痔疾、冷え性、疲労回復などさまざまな効能があります。加水・加温を一切加えず、源泉かけ流しの温泉を楽しめます。

湯ノ口温泉に行くためには、入鹿温泉ホテル瀞流荘との間を結ぶ鉱山トロッコ列車に乗って向かいます。2015年に全面リニューアルされ、建物が新しくなりました。源泉かけ流しの秘湯としての良さはそのままに、より開放的に、過ごしやすくなった湯ノ口温泉はおすすめです。

アクセス

最寄り駅はJR熊野市駅です。駅からはバスが随時発着しており、熊野古道 瀞流荘線(瀞流荘方面)にて「瀞流荘」で下車します。そこから鉱山トロッコに乗ると、10分ほどで湯ノ口温泉まで往復できます。車の場合は駅からおよそ40分ほどで到着します。

住所 三重県熊野市紀和町湯ノ口10
電話番号 0597-97-1126

三重の温泉おすすめランキング11位~8位

Photo byKanenori

まずは三重県のおすすめ温泉ランキング11位から8位を紹介します。地元民に愛される温泉から、観光客必見のおすすめ施設やホテルまで、バリエーション豊かなラインナップを集めました。好みの施設を見つけてチェックしてみてください。

第11位:日帰りでも楽しめる「しらさぎ苑」

Photo by fujitariuji

しらさぎ苑は日帰りでも楽しめる入浴施設です。青山高原のふもとにある開放感いっぱいの露天風呂では、自然の絶景を眺めながらゆったりと温泉を楽しめます。

夜になると満天の星を満喫できるのもポイントです。入浴後は畳の小部屋で心ゆくまで休息のひと時を味わいましょう。

Photo bySanta3

しらさぎ苑の温泉は猪の倉温泉です。泉質はpH(水素イオン濃度)9.4~9.7のアルカリ性単純泉であり、美肌効果が期待できるといわれています。なめらかな肌触りが特徴で、アトピーや冷え性から睡眠障害や自律神経不安定症にも効能があります。

なお、宿泊の際は「ふよう荘」を訪れましょう。ふよう荘には天然温泉の「美肌の湯」があり、しらさぎ苑とはまた違った温泉を堪能できます。

住所 三重県津市白山町佐田2643
電話番号 059-262-4126

第10位:温泉野菜蒸しが人気「湯元榊原舘」

フリー写真素材ぱくたそ

湯元榊原館の温泉では、早朝6:00から23:00まで入浴可能であり、好きな時間に温泉に浸ることができます。泉質は美肌効果が高いと言われるアルカリ性単純泉です。その源泉を使って蒸しあげた「温泉野菜蒸し」は、女性におすすめのメニューです。

使われる野菜は抗酸化力の高い素材を使用しており、体の中から美しさを引き出す効果が期待できます。付け合わせとして提供される地元の特選調味料「真珠塩」や「醤(ひしお)」にも注目しつつ、素材の味を楽しみましょう。

第9位:鈴鹿山麗の山々を一望できる「鹿の湯ホテル」

フリー写真素材ぱくたそ

鹿の湯ホテルは、鈴鹿連山と渓谷に囲まれた景色が有名なホテルです。1300年前から続く「湯の山温泉露天風呂」は、傷ついた鹿がその傷を癒しにやってきたと言い伝えられており、古来から続く由緒正しい温泉といえるでしょう。

泉質はアルカリ性単純泉です。ラジウム、エマナチオンの含有量が多く、関節リウマチや婦人病への効能が期待できます。

露天風呂のほかにも大浴場、2種類の貸切風呂、森林浴を楽しめる月見台があり、好みに合わせてゆったりとした時間を楽しめます。日常の喧騒を忘れられるひと時を堪能できるので、ぜひ訪れてみましょう。

第8位:リゾート気分を味わえる「伊勢志摩賢島温泉」

Photo by inunami

伊勢志摩賢島温泉は、伊勢志摩サミットでも一躍有名となった賢島で楽しめる温泉です。なかでも「賢島 宝生苑」は、賢島で初めて源泉を引き込んだ温泉があり、おすすめです。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉であり、保温効果が高いところが特徴です。神経痛や運動麻痺など幅広い効能が得られます。

「朝なぎの湯」「夕なぎの湯」という男性・女性それぞれ専用の庭園露天風呂が設けられており、英虞湾の真珠を3万個もあしらった独自の造りは必見です。5:00~9:00、12:00~24:00と長時間にわたり温泉が開放されているのも嬉しいポイントです。

三重の温泉おすすめランキング7位~5位

Photo by inunami

次に第7位から第5位までを紹介します。観光都市としても有名な鳥羽から、2ヵ所がランクインしていますが、先ほども登場した湯の山温泉からも、さらに1ヶ所が登場しています。

海・山どちらも有名な三重ならではのランキングとなっているため、行き先や好みに合わせて、好きな温泉を選びましょう。

第7位:3つの温泉施設がある「鳥羽シーサイドホテル」

フリー写真素材ぱくたそ

鳥羽シーサイドホテルには、鳥羽湾を一望できる3つの温泉施設があります。自由に行き来することができるため、好きな温泉でくつろぎましょう。

趣向の異なる数種類の露天風呂で、開放的な入浴を楽しめる「風見の湯」、内湯と露天風呂のどちらも堪能できる「岬の湯」、ジャグジーや寝湯、サウナといったリフレッシュ施設を備えた「汀の湯」から好みの温泉を選びましょう。

温泉は全て榊原温泉「七栗の湯」を使用しており、泉質はアルカリ性単純泉です。冷え性や疲労回復などの効能があります。3つの温泉施設以外にも、貸し切りで楽しめる家族風呂や、足湯といった施設があるため、好みに応じて利用してみてください。

第6位:旬の素材料理が評判「グリーンホテル」

Photo by 360photo.tw

グリーンホテルは、地下1300mから湧き上がる源泉4つのうち、異なる2つの泉質を使っているホテルです。

大浴場では「第3源泉」が、庭園露天風呂を始めとした3種類の風呂では「第4源泉」が使用されており、お好みで楽しめます。泉質はアルカリ性単純泉であり、冷え性や神経痛への効能、また美肌効果が期待できるといわれています。

さらに旬の素材をふんだんに使った豪華な会席料理も好評です。2名以上から予約できる日帰り会席料理プランも用意されているため、宿泊しなくともその魅力をたっぷり味わうことができます。

第5位:絶景を堪能できる「鳥羽 安楽島温泉」

Photo bynikoslefkas

安楽島温泉は、海に面した伊勢志摩・鳥羽にある温泉です。安楽島温泉に入浴する際は、「湯元 海女の島」を訪れましょう。宿泊のみでなく、15時以降は入浴のみの利用も可能です。大浴場や露天風呂はもちろん、ロビーにある足湯からでも、鳥羽湾の絶景を眺望できます。

源泉は安楽島温泉であり、その泉質はアルカリ性単純泉です。神経痛や筋肉痛、冷え性から病後回復まで幅広い効能が期待できます。

三重の温泉おすすめランキング4位~2位

Photo by Kentaro Ohno

いよいよランキング上位の紹介になります。ここまでホテルから宿まで、幅広く温泉を紹介してきましたが、第4位からはどのようなラインナップになっているでしょうか。好みの施設や気になる温泉がすでに見つかったという人も、最後までしっかりとチェックしてみてください。

第4位:老舗の旅館「寿亭」

フリー写真素材ぱくたそ

寿亭は、湯の山温泉にある老舗旅館です。御在所岳に面した広大な自然の中に、隠れ家として佇む寿亭は、自分だけが知る特別な場所としてゆったりとくつろぐことができます。

特徴的なのは6つの貸し切り風呂です。昭和初期に建設された「日の出」「寿楽」「鶴亀」の3つに加え、2017年にオープンした「望城」「松仙」「芳山」の3つがあり、それぞれ趣向の異なるプライベート空間が展開されています。

Photo by 水上温泉水上館

日帰りでも宿泊でも利用できますが、事前予約ができないため、当日は必ずフロントで予約しておきましょう。

源泉は「湯の山温泉」、泉質は低張性弱アルカリ性低温泉であり、痛風や高血圧にも効能があります。有名ながらも秘湯のような雰囲気を味わえるためおすすめです。

第3位:隠れ家的な宿「隠れの湯 対泉閣」

フリー写真素材ぱくたそ

自然豊かな場所にある対泉閣は、その名の通り、隠れ家のような雰囲気があります。伊賀流忍者修行の地としても有名な赤目四十八滝まで、徒歩5分で到着します。大自然に囲まれながら、ゆったりとした時間が味わえる旅館です。

対泉閣にある赤目温泉は、日本療養温泉規定にも認められた高品質の温泉です。泉質はアルカリ性単純泉、神経痛や関節痛、冷え性などの効能があります。

大浴場や露天風呂から、有料の貸し切り風呂があるので、好みや気分に合わせて選びましょう。なかでも秘湯のような雰囲気が味わえる露天風呂は、特におすすめです。

第2位:有名な温泉施設「アクアイグニス 片岡温泉」

フリー写真素材ぱくたそ

アクアイグニスは「癒し」と「食」にこだわりぬいた複合温泉施設リゾートです。和食からイタリアン、スイーツなど多彩な「食」の提供に加え、SPAやミネラルミスト浴、温泉カフェなど「癒し」の空間も豊富に提供しています。

シーズン時にはいちご狩りも楽しめるなど、訪れるだけで笑顔になる施設がたくさん用意されています。
 

Photo bytremaestro

そんな施設の中でも、片岡温泉は、加水・加温・循環が一切無い天然温泉です。泉質はアルカリ性単純泉なので、美肌効果が高く、「美人の湯」ともいわれます。神経痛や関節痛などにも効能があり、老若男女問わずおすすめです。

中学生以上の大人であれば平日600円、土日祝800円で利用できます。3歳から小学生までの子どもであればその半額となり、3歳未満は無料で入浴可能です。

おむつの取れていない3歳未満の乳幼児であっても、ベビーバスが用意されているため、安心して入浴できるのも嬉しい点です。家族全員で温泉を楽しむことができます。

三重の温泉おすすめランキング1位

Photo by BONGURI

いよいよ最後の1位を残すのみとなりました。ここまで三重県にあるバリエーション豊かな温泉や施設が並んできましたが、栄えある1位はどの温泉でしょうか。1位の施設にはおすすめのポイントもあわせて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

第1位:一度は行ってみたい!「里創人 熊野倶楽部」

フリー写真素材ぱくたそ

1位に輝いたのは「里創人 熊野俱楽部」です。伊勢神宮から熊野古道へ繋がる道にある、隠れ家のようなリゾートは、「世界遺産リゾート」と名付けられています。

広大な敷地を自由に散策しながら、海や山といった自然に囲まれつつ、贅沢なくつろぎの時間を過ごすことができます。

フリー写真素材ぱくたそ

熊野俱楽部の温泉施設は、新湯ノ口温泉を源泉とする「ゆ浴みぼっこ」です。開放感あふれる露天風呂に加え、熊野の名産品であるみかんを贅沢に使用した「みかん湯」もあり、宿泊客は無料で利用できます。

日帰りの場合でも大人750円、3歳から小学生以下の子どもが450円と、比較的安価で利用できるのも嬉しいポイントです。

泉質は低張性弱アルカリ性高温泉、神経痛や関節痛、うちみから慢性消化器病などさまざまな効能があります。また5日前までの事前予約でアロマサロンも利用できるため、日頃の疲れをしっかりと癒したい人におすすめです。

おすすめポイント

Photo bymarkusspiske

宿泊施設の全室がスイートルームであるところが大きなポイントです。露天風呂付のロイヤルスイートにはキッチンもついており、自由に過ごすことができます。

各部屋には三重の名産品である大内山牛乳やコーヒー牛乳などと交換できる「牛乳札」が用意されており、宿泊客は揃って湯上りの1杯を堪能できます。

また、リゾート内には温泉や宿泊施設だけでなく、料亭やBAR、バーベキューができるテラスなど、あらゆる角度から楽しめる施設が点在しています。何日でも滞在したくなる魅力がたっぷりと詰まっているため、ぜひ1度訪れてみてください。

住所 三重県熊野市久生屋町1430
電話番号 0597-88-2045

三重で自分好みの温泉を探そう!

フリー写真素材ぱくたそ

今回は三重県の温泉施設を1位から11位まで紹介してきました。観光都市として、度々さまざまなスポットに焦点が当たる三重県ですが、温泉に関しても魅力的な施設や入浴場所がたくさんあります。

三重県に訪れる際は、ぜひ温泉施設にも注目して自分なりのツアーを考えてみてください。

singer11031220
ライター

singer11031220

温泉好きライターです。温泉地に引っ越したいくらい好き。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング