岩手・八幡平温泉のおすすめ宿ランキングTOP15!人気の秘湯や日帰り湯も

岩手・八幡平温泉のおすすめ宿ランキングTOP15!人気の秘湯や日帰り湯も

東北のリゾート地として人気の八幡平では、温泉の他にも年間を通して様々なアクティビティを楽しめます。アクティビティの後の温泉は、疲れた体をゆったりと癒してくれます。そんな八幡平の楽しみ方と、おすすめの宿をランキング形式でご紹介します。

記事の目次

  1. 1.八幡平温泉で湯めぐり旅を楽しもう!
  2. 2.八幡平温泉に行くには?
  3. 3.八幡平温泉の効能
  4. 4.八幡平温泉付近の人気観光スポット
  5. 5.八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第15位~第11位
  6. 6.八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第10位~第6位
  7. 7.八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第5位~第1位
  8. 8.景観も美しい八幡平温泉で日々の疲れを癒しちゃおう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

八幡平温泉で湯めぐり旅を楽しもう!

Photo byNatalia_Kollegova

八幡平温泉は岩手山の麓に位置し、森林浴と温泉浴が同時に楽しめるリゾート地として人気です。八幡平は火山の集積地帯であることから湯量が豊富で、源泉掛け流しの天然温泉を満喫できる宿も少なくありません。

八幡平には、自然と地形が生んだ秘湯と呼ばれる温泉宿が多いのも特徴です。橋を渡って辿り着く秘湯感満載の洞窟風呂や、底に沈んだ大量の泥を体に塗ることにより効能を得る泥風呂など、秘湯ファンも唸る個性的な温泉を楽しむことができます。

Photo byPexels

日帰り入浴ができる温泉も多く、日帰りでの湯巡り旅も人気です。ただし、日帰りの場合は入浴時間が限られているので、事前に確認しておきましょう。また、タオルやシャンプー類が備え付けられていない場合もあるので、持参していくことをおすすめします。

八幡平は岩手秋田両県にまたがる一大高原地帯

Photo bydimitrisvetsikas1969

八幡平は北東北の岩手と秋田にまたがる、大自然に囲まれた一大高原地帯です。標高1000~1600mの高原には原生林や高山植物が自生し、雄大な火山地形が広がっています。また、八幡沼や松川渓谷をはじめとする池沼や渓谷があり、それらが自然の大高原を形成しています。

通年通して楽しめるリゾート地

Photo by Kentaro Ohno

八幡平では、グリーンシーズンにはトレッキングから本格的な登山、ウインターシーズンにはスキーやスノーボードなどのウインタースポーツと、年間を通して様々なアクティビティが楽しめます。

ゲレンデやテニスコートなどを併設したホテルもあり、高原リゾート地として国内はもとより海外の方にも人気があります。その他にも、サッカー場や陸上競技場もあり、スポーツイベントや合宿などでも利用されます。

Photo byrobincx

また、ドライブやツーリングがてらの日帰り旅行にもおすすめです。八幡平の大自然に囲まれた秘湯やダイナミックな景観を活かした露天風呂が多く、開放的な気分でリフレッシュできます。新緑、紅葉、雪景色と年間を通して四季の景色を楽しめるのも魅力です。

八幡平温泉に行くには?

Photo byFree-Photos

八幡平温泉へは車でのアクセスが便利です。仙台からは約2時間30分、花巻空港や盛岡駅からも1時間以内で到着するので日帰り旅行にもおすすめです。道中は雄大な自然を眺めながらのドライブを楽しめます。

しかしながら、八幡平温泉周辺は冬季は路面が凍結してしまう場合もあるので、スタッドレスタイヤの装着は必須です。また積雪などで通行止めとなる場合もありますので、十分に気を付けましょう。

八幡平温泉へはバスも運行しているので、雪道の運転に自信のない方やのんびりと景色を楽しみたい方におすすめです。旅の季節や目的に合わせて最適な交通手段を選びましょう。

アクセス

Photo by rail02000

車を利用する場合は東北自動車道を経由して、花巻空港からは1時間、盛岡駅からは40分で到着します。電車を利用する場合は、JR花輪線の大更駅または平舘駅で下車し、路線バスへの乗り換えが必要となります。

路線バスは盛岡駅からおよそ1時間に1便の間隔で運行しており、八幡平温泉への所要時間は1時間30分程度です。市街地から山々へとだんだんと移り変わる景色を、車窓からのんびりと眺めるのも八幡平旅行の楽しみ方の1つです。

Photo byTama66

路線バスの他にも、八幡平市観光協会では4月~11月の期間中、八幡平・安比の宿泊者限定で盛岡駅と宿泊施設を結ぶ無料シャトルバスを1日1便運行しています。こちらは事前予約制で、3日前までに利用する宿泊施設への申し込みが必要となります。

八幡平温泉の効能

Photo by neverbutterfly

八幡平には古くから温泉の文化が定着し、湯治などを目的に長年通い続ける方も少なくありません。火山の集積地帯であることから湯量が豊富で、泉質はリウマチや皮膚病など様々な病気に効能があるとされる単純硫黄泉です。

また、八幡平温泉のほとんどが弱アルカリ性の泉質で、美肌効果のある「美人の湯」として知られています。さらに、地形を活かした開放的な露天風呂がある宿も多く、美しい景観のなかで自然と気分をリフレッシュできます。

高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・リウマチ性疾患など

Photo byrawpixel

八幡平温泉の主な効能として、高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・リウマチ性疾患などが挙げられます。八幡平には昔ながらの湯治部の残る宿もあるので、長期滞在で体調回復に努める方もいらっしゃいます。

また、温泉と一緒に、地場で採れた山菜やキノコなどのヘルシーな食事を楽しみ、健康的な体作りを目指しましょう。

硫黄泉

Photo byiqbalnuril

硫黄泉は殺菌効果が高く、慢性皮膚病や切り傷に効果があります。また、血管を拡張させる働きがあるので、高血圧や動脈硬化などの予防にも良いとされています。さらに、解毒作用もあり、肝臓の解毒機能を助ける効果も期待されています。

硫黄イオンにはインスリンの生成を促す作用もあるので、特に飲泉した場合には糖尿病に効能があるとされています。ただし、温泉によって飲泉できるものとできないものがあるので、注意が必要です。

Photo by BONGURI

湯の色は無色透明ですが、空気に触れて酸化すると白濁色や黄色っぽく変化します。また、「湯の花」ができることでも有名で、この湯の花は含有成分が空気に触れることで生まれる結晶です。

八幡平温泉付近の人気観光スポット

Photo by rail02000

秘湯ファンにも人気の宿が多く、温泉地として有名な八幡平ですが、その付近には自然の景観を活かした観光スポットがいくつもあります。春から夏にかけての新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、どの季節に訪れても四季折々の美しく雄大な景色を楽しめるのが最大の魅力です。

旅行情報サイトの観光地ランキングなどでも度々紹介され、日帰りでも楽しめる定番の人気観光スポットをご紹介します。

全長27kmのドライブウェイ「八幡平アスピーテライン」

Photo by 雷太

「八幡平アスピーテライン」は岩手県の八幡平から秋田県のトロコ温泉までを横断する全長約27kmの道路です。八幡平に連なる山々やアオモリトドマツなどの高山植物を眺めながら、大自然を駆け抜けるダイナミックなコースは、定番のドライブコースとして人気があります。

山頂付近のレストハウスでは食事などが楽しめ、自然環境情報コーナでは高山植物や温泉の情報が提供されています。レストハウスから徒歩15分程の場所にある鏡沼では、雪解けが始まる5月中旬~6月中旬のうちの2週間程度だけ現れる神秘的なドラゴンアイを見ることができます。

Photo bykanaokd

冬期の通行止めが解除となる4月中旬には、道路の両側に数メートルの雪が残り「雪の回廊」となります。通行可能期間は4月中旬から11月上旬ですが、凍結の危険がある時は通行止めになる場合があります。冬季に訪れる際は、事前に通行状況を確認しておきましょう。

日本初の地熱発電所「松川地熱発電所 松川地熱館」

Photo bydenfran

「松川地熱発電所 松川地熱館」は1966年に運転を開始した日本初、世界でも4番目の地熱発電所です。高さ46mの巨大な冷却塔から立ち昇る蒸気には誰もが圧倒されます。地熱発電の仕組みが映像やパネルを使ってわかりやすく解説されています。

開館期間は4月下旬~11月上旬の9:00~16:00で、冬季は閉館しています。アクセスは、車の場合は東北自動車道の松尾八幡平インターチェンジから約30分です。バスの場合は盛岡駅より約2時間、松川温泉停留所で下車し徒歩5分です。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木
電話番号 022-722-6510

落差15mの迫力ある滝「不動の滝」

Photo by Travel-Picture

三段からなる名滝「不動の滝」は日本の滝百選の一つに数えられているほか、岩手の名水二十選にも選定されています。高さ15mの滝が飛沫を上げて垂直に流れ落ちる様は、まさに圧巻です。不動の滝は冬も見学可能で、雪の日には水墨画のような風景を見ることができます。

寒さの厳しい冬には、滝が凍りついて氷柱になることもあります。滝に隣接する岸壁の下には桜松神社があり、境内にある2本の木が仲良く結びついた「縁結びの木」は縁結びスポットとして人気です。また、渓流に沿った遊歩道での散策もおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

アクセスは、車の場合は東北自動車道の安代インターチェンジより約20分です。電車の場合は盛岡駅よりIGRいわて銀河鉄道線とJR花輪線を乗り継いで約1時間20分、荒屋新町駅で下車しタクシーで15分です。

紅葉の時期におすすめ「松川渓谷」

Photo bysayama

東八幡平から松川温泉周辺までの渓谷沿いは、ブナ、カエデ、モミジなどの落葉樹が多く、清流と共に春の新緑から秋の紅葉まで色鮮やかな景観を楽しめます。特に紅葉の時期がおすすめで、旅行情報サイトにおける岩手県の紅葉名所ランキングでトップを争うほどの美しさです。

まるで周辺の山々が燃えるように色付いた鮮やかな光景は一見の価値ありです。松川渓谷に架かる「森の大橋」からは、清流の青色と紅葉のコントラストが美しい神秘的な景色が臨めます。見頃は例年10月上旬~10月下旬となります。

Photo bycocoparisienne

アクセスは、車の場合は東北自動車道の松尾八幡平インターチェンジより約20分、バスの場合は盛岡より約1時間40分、下倉スキー場入口停留所で下車し徒歩5分です。

良質な雪を楽しめる「安比高原」

Photo byPhotoMIX-Company

全21コースの広大なスペースに10基のリフトと、圧倒的なスケールを誇る安比高原は良質な雪を楽しめるゲレンデとして人気があります。北向き斜面でコンディションが安定しやすく、ゴールデンウィークまでのロングシーズンで滑走が可能です。

多くのスキー場情報サイトで雪質の良いゲレンデランキングの上位に入る安比高原には、アスピリンスノーと呼ばれるサラサラのパウダースノーが降り積もります。また、2000mを超えるロングコースやコブが続くエキサイティングなコースがあり、初心者から上級者まで楽しめます。

Photo bycomposita

アクセスは、車の場合は東北自動車道の松尾八幡平インターチェンジまたは安代インターチェンジより約20分です。仙台駅、いわて花巻空港、安比高原駅からは宿泊者専用の無料シャトルバスも運行しているので、利用する方は時刻などを事前に確認しておきましょう。

八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第15位~第11位

Photo bybottlein

八幡平温泉ではホテルや旅館をはじめ、高原リゾート地ならではのペンションやコテージなど、バラエティー豊富な宿から宿泊施設を選ぶことができます。多くの宿では日帰りが可能で、秘湯巡りも楽しめます。

ここからはランキング形式で、八幡平温泉のおすすめの宿をご紹介していきます。まずは、ランキング第15位~第11位のおすすめの宿をご紹介します。

第15位:秘湯感満載の宿「松川温泉 松楓荘」

Photo byFree-Photos

看板猫のクロとモモが出迎えてくれる「松川温泉 松楓荘」は、松川渓谷の山間にひっそりと佇む松川温泉で最も古い秘湯の温泉宿です。橋を渡って辿り着く洞窟岩風呂は秘湯感満載です。露天風呂は川のせせらぎが心地良い渓流沿いにあり、大自然を満喫できます。

夜には、道案内のために灯されるろうそくがほのかに揺らぎ、幻想的な雰囲気を醸し出します。内湯は「熱め」と「ぬるめ」の2種類の温度があり、お好みに合わせて入浴できるのも嬉しいポイントです。

Photo by tablexxnx

また、料理は前沢牛など岩手県産の食材にこだわったメニューとなっており、県内の酒蔵で製造されたお酒も豊富に揃います。日帰り入浴は大人600円で利用できます。ランチの営業もしているので、入浴と一緒に食事を楽しむこともできます。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木1-41
電話番号 0195-78-2245

第14位:郷土料理のビュッフェが楽しめる「湯瀬ホテル」

Photo bydasoo

「湯瀬ホテル」は地元秋田の郷土料理を中心に、35種類以上のメニューが揃うビュッフェが好評です。きりたんぽに代表される秋田の名物料理の他に、八幡平の大自然のもとで育った八幡平ポークや日本三大地鶏の比内地鶏をはじめとした地元のブランド食材が楽しめます。

湯瀬温泉は旅行雑誌などでも「美人の湯」として紹介されており、肌に潤いとみずみずしさが甦ると評判です。貸切風呂は45分単位で1回1000円で利用でき、湯瀬渓谷の川のせせらぎを聴きながら温泉を満喫できます。

また、露天風呂付客室が4室あるので、プライベートな空間で贅沢気分を味わってみてはいかがでしょうか。日帰り入浴は平日大人1000円、休日1500円で利用できます。

住所 秋田県鹿角市八幡平字湯瀬湯端43
電話番号 0186-33-2311

第13位:自然を大満喫「ホテル安比グランド」

Photo byOlichel

ランキング第13位は、安比高原のランドマークとなっている「ホテル安比グランド」です。ファミリーやグループ、カップルなど、それぞれのシチュエーションに合わせた豊富なルームバリエーションが魅力です。

客室からの眺めも素晴らしく、四季折々に変化する安比高原の大自然を体感できます。また、温水プール、アスレチックジム、スカッシュコートなどのスポーツ施設も充実しており、安比のリゾートライフを満喫するのに最適な宿となっています。

Photo bySteppinstars

食事は和食、洋食、中華、焼肉、バイキングの5つのレストランから、その日の気分によって選べます。温泉は館内にある大浴場と貸切風呂の他に、安比温泉「白樺の湯」を利用可能です。白樺の湯へは、シャトルバスまたは送迎を利用して5分程の移動が必要となります。

住所 岩手県八幡平市安比高原
電話番号 0195-73-5011

第12位:料理が美味しい宿「ラビスタ安比高原」

Photo by islodelba

「ラビスタ安比高原」は、モルデン沸石の地層から湧く全国的にも希少な「美肌の湯」が評判です。モルデンの湯は化粧水のようなとろみのある泉質が特徴で、皮膚の脂肪分や分泌物を洗い流す優れた美肌効果があります。また、免疫機能の向上にも有効であるとされています。

新緑、紅葉、雪景色と四季折々に移り変わる露天風呂からの景色も格別です。貸切露天風呂は40分単位で1回1000円で利用でき、モルデンの湯の希少な源泉を独占できます。

夕食は岩手県産黒毛和牛の会席コースを、しゃぶしゃぶまたは炙り焼きから選べます。木々に囲まれたレストランでの食事は心も癒されるでしょう。また、夜食の夜鳴きそばや作務衣の貸出など、無料サービスも充実しています。

住所  岩手県八幡平市安比高原605-30
電話番号 0195-73-5301

第11位:スキー旅行におすすめ「安比高原温泉ホテル」

Photo byPexels

シンプルで使い勝手が良く、カジュアルな雰囲気が好評なのが「安比高原温泉ホテル」です。ゲレンデまで徒歩5分という好立地で、スキーヤーにもおすすめです。安比温泉「白樺の湯」に直結しており、東北最大級の露天風呂で高原の自然を感じることができます。

白樺の湯には男女200人ずつの合計400人が一度に入浴できる大浴場のほか、大型サウナ、岩風呂、寝湯、壺風呂があります。朝には爽やかな風な中で自然の緑を、夜には涼やかな風の中で満天の星空を眺めることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

館内には食事処やスパも併設されており、手軽にリゾートステイを味わえます。日帰り入浴は、タオル付きで大人1200円、タオル無しで大人1000円で利用できます。6:00~9:00はお得な料金で朝風呂を利用できます。

住所 岩手県八幡平市安比高原
電話番号 0195-73-6511

八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第10位~第6位

Photo by ketou-daisuki

高原リゾートホテルの他にも、貸切専用のペンション、全国屈指の強塩泉を誇る化石海水型の温泉を有する宿、標高1400mに位置しご来光を拝める秘湯の宿など、八幡平ならではの宿も人気です。そんな個性的な宿が集まる八幡平温泉の、おすすめの宿ランキング第10位~第6位をご紹介します。

第10位:アンティークな施設「ペンション&貸別荘 レンガ館」

Photo byJACLOU-DL

ランキング第10位は、「ペンション&貸別荘 レンガ館」です。その名の通り、総レンガ造りのアンティークな洋館で、最大24名までの団体向けの貸切専用宿泊施設となっております。学生サークルやゼミの合宿をはじめ、社員旅行やグループ旅行にも最適です。

食事は自炊スタイルですが、厨房設備が充実しているので、好きな食材を持ち込んで快適に調理ができます。BBQグリルやホットプレート、鍋などもあるので、野外でのBBQはもちろん、雨天時やウインターシーズンは室内で焼肉や鍋も楽しめます。

Photo bymoerschy

学生団体にも嬉しい送迎バスもあり、盛岡近郊までの無料送迎もしてくれるので、車が無くても安心です。また、源泉掛け流しの温泉は、チェックインからチェックアウトまでいつでも入浴することができます。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木1-505-54
電話番号 0195-78-3177

第9位:素朴な温泉旅館「藤七温泉 彩雲荘」

Photo by Mark thanks for 2,000,000+ views

八幡平の山頂付近1400mに位置する秘湯の温泉旅館、「藤七温泉 彩雲荘」がランキング第9位です。24時間入浴可能な内湯と露天風呂のほか、混浴の露天風呂が5種類あります。女性でも気軽に混浴を利用できるよう、体に巻いたまま入浴可能な大型バスタオルの販売もしています。

日中は青い空と周囲の緑を、夜は満天の星空を眺めながら温泉を満喫できます。また、湯床に湧き出す温泉成分を豊富に含んだ泥は、泥パックとして特に女性のお客様に好評です。宿泊者専用の露天風呂は、雄大な岩手山を臨む絶景の秘湯として知られています。

早朝には雲海を眼下に見ながら、ご来光を拝むチャンスもあります。日帰り入浴は大人600円で利用できます。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木北の又
電話番号 090-1495-0950(衛星電話)

第8位:日帰り入浴も「八幡平ライジングサンホテル」

Photo byterimakasih0

ランキング第8位の「八幡平ライジングサンホテル」は、ご夫婦やカップル、仲間とのグループ旅行に最適な温泉リゾートホテルです。大きな暖炉がある開放的なラウンジは、冬季は木の心地良い香りに包まれます。

館内には、カラオケ、ビリヤード、卓球などの様々なアクティビティもあるので、仲間と一緒に盛り上がりましょう!近隣にはサッカー場やテニスコート、陸上競技場もあるのでスポーツ合宿なども可能です。

フリー写真素材ぱくたそ

料理は、八幡平産杜仲茶ポークのしゃぶしゃぶが付いたハーフバイキングとなっています。旬の地場食材を取り入れた体に優しいメニューを楽しめます。日帰り入浴は大人600円で利用できます。登山や観光の後に立ち寄り、源泉かけ流しのお湯で疲れを癒してはいかがでしょうか?

住所 岩手県八幡平市松尾寄木第1地割590−226
電話番号 0195-78-2170

第7位:コスパ良しの宿「アクティブリゾーツ 岩手八幡平」

Photo bynanoom

「アクティブリゾーツ岩手八幡平」は、八幡平国立公園の大自然に囲まれた高原リゾートです。木々が目の前に迫り、自然と一体化した開放感溢れる露天風呂では秘湯の中での森林浴気分を味わえます。大浴場も窓が大きく開放感があり、ゆったりと温泉を満喫できます。

料理は朝食・夕食共にバイキング形式となっており、夕食ではシェフが目の前で調理するライブキッチンが人気です。最上階の12階で食べる朝食は、岩手山や八幡平の景色と共に楽しめます。

Photo byRestaurantAnticaRoma

また、岩手県県民の森でのウォーキング、八幡平でのトレッキング、ゴルフ、ウインタースポーツなど、年間を通して豊富なアクテビティを体験できます。日帰り入浴は大人1000円で利用できます。アクテビティなどで疲れた体をゆっくりと癒しましょう。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木第一地割590-5
電話番号 0195-78-3311

第6位:広めの客室でゆったり「新安比温泉 静流閣」

Photo byshell_ghostcage

ランキング第6位の「新安比温泉 静流閣」の温泉は、全国屈指の強塩泉にごり湯として知られています。温泉は太古の地殻変動などで地中に閉じ込められた古い海水が源泉で、化石海水型の温泉となっています。

海水の約2倍の塩分濃度がある強塩泉は体を芯から温め、お肌もツルツルなると評判です。また、高張泉で薬効成分が体内に吸収されやすく、発汗と同時に老廃物が排出されやすいという特徴も併せ持つので、デトックス効果も抜群です。

Photo by is_kyoto_jp

料理は地元の食材を取り入れた和食膳で、安比産舞茸を使用した炊き込みご飯が特に人気です。カニやアワビなどの贅沢食材を楽しめるグレードアップコースもあります。客室では、上質な空間で贅沢な一夜を過ごすことができる、広さ70㎡の特別室「森のスイート」が好評です。

住所 岩手県八幡平市叺田43-1
電話番号 0195-72-2110

八幡平温泉のおすすめ宿ランキング・第5位~第1位

Photo by hogeasdf

原生林に囲まれた秘湯、開湯300年の名湯、和モダンな一軒宿など、旅の目的や季節に合わせて様々な宿を選べるのが八幡平温泉の魅力でもあります。メディアなどでも度々紹介され、八幡平温泉でも特に人気のある、おすすめの宿ランキング第5位~第1位をご紹介します。

第5位:シックでレトロな宿「源泉・秘湯の宿 ふけの湯」

Photo by kawanet

「源泉・秘湯の宿 ふけの湯」は全て源泉掛流しの温泉が人気で、内湯と露天風呂の他に、混浴の野天風呂、枡風呂、樽風呂、岩風呂があります。秘湯と名高い野天風呂では地表から温泉の蒸気が立ち昇る様子を眺めながら、ダイナミックな自然を体感できます。

Photo byHermann

また、野天風呂に興味はあるけれど混浴に抵抗があるという女性のお客様には、湯浴み着のレンタルもあるので安心です。トレッキングコースとして人気の長沼へも近いので、温泉と一緒に八幡平の大自然を満喫しましょう。

料理は病気の予防や回復、健康増進を目的とした、「蒸ノ湯式薬膳」と呼ばれる無添加で体に優しい料理に仕立ててあります。食の案内人が旬の山菜をはじめ、川魚、豚肉などの地元産にこだわった食材を選び、女将自らが厨房に立ち腕を振るいます。

住所 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林内
電話番号 0186-31-2131

第4位:松川温泉の奥にある一軒宿「松川温泉 峡雲荘」

Photo byKatzenfee50

ランキング第4位の「松川温泉 峡雲荘」は、松川温泉の奥地にある、ブナやナラの原生林に囲まれた秘湯の一軒宿です。木の温もりを感じられるシックな佇まいで、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごすことができます。

温泉は少し緑がかった乳白色で、木々の緑と相まってとても綺麗です。露天風呂には所々に巨大な岩が配置され、野趣を感じさせる開放的な造りとなっています。

Photo bymanfredrichter

料理は国内で珍しいのはホロホロ鳥や幻の魚と言われるイトウなど、貴重な食材が使われています。また、短角牛や採れたての山菜やキノコなど、地場食材を活かした料理が楽しめます。日帰り入浴は大人600円、お広間での休憩も可能な日帰り休憩入浴は大人800円で利用できます。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
電話番号 0195-78-2256

第3位:泥風呂が有名「後生掛温泉」

Photo by Richard, enjoy my life!

開湯300年の歴史を持つ名湯として知られるのが「後生掛温泉」です。お風呂の種類が豊富で、名物の泥風呂をはじめとして、箱蒸し風呂、火山風呂、神経痛の湯、サウナ風呂、打たせ湯、露天風呂の7つの温泉が楽しめます。また湯治部もあるので、長期滞在の方にもおすすめです。

Photo byheyerlein

泥風呂の底には大量の泥が沈んでおり、その泥を温湿布として体に塗ることで、神経痛やリウマチに効果があるとされています。また、泥に含まれている硫黄には、肌を白く滑らかにする効果もあります。この泥で作ったフェイスパックと石鹸は、お土産としても大人気です。

料理は郷土色を大切にしながらも、旅館の枠を超えた和洋折衷のメニューが特徴です。夏季には、出荷数1500本限定の幻の日本酒「司牡丹」を味わうことができるかもしれません。日帰り入浴は大人600円、お部屋での休憩も可能な日帰り休憩入浴は大人1000円から利用できます。

住所 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内
電話番号 0186-31-2221(旅館部)
0186-31-2222(湯治部)

第2位:露天風呂が幻想的「四季館 彩冬」

Photo by daita

「四季館 彩冬」は八幡平の山麓に佇む高原の一軒宿で、民話の世界観をモチーフにした露天風呂が人気です。寝湯付き露天風呂では、信楽焼の陶器風呂と夜空を眺めながら入浴できる寝湯が楽しめます。ランプの露天風呂は、ランプの灯りが醸し出す幻想的な雰囲気に包まれます。

Photo byFree-Photos

完全予約制の貸切露天風呂は、湯上りラウンジと専用シャワールームを備え、プライベート空間をゆったりと満喫できます。露天風呂に備え付けられた「星空スイッチ」で照明を落とせば、目の前に満天の星空が広がります。露天風呂は50分単位で1回1600円で利用できます。

全19室の部屋は全て間取りやしつらえが異なり、旅の目的によって選ぶ楽しみがあります。陶器露天風呂が付いた特別室には専用の和風庭園も備え付けられ、別荘の一室のような気分で寛げます。お香の香りに包まれたキャンドルが灯る館内は、特別な雰囲気を演出します。

住所 岩手県八幡平市赤坂田254-9
電話番号 0195-72-5344

第1位:広大なリゾートホテル「八幡平ハイツ」

Photo by NakaoSodanshitsu

栄えあるランキング第1位は、八幡平の大自然のもと自由自在な旅のスタイルを楽しめる「八幡平ハイツ」です。一人旅、夫婦、カップル、女子旅、ファミリー、ペット連れと、宿泊客のニーズに合わせた豊富なルームタイプが魅力です。

料理は八幡平市内にある直営の肉店から仕入れた高品質の肉を中心に、料理長が厳選した地元の旬の食材をふんだんに使用しています。八幡平産杜仲茶ポークを使用した、名物「大更ホルモン鍋」も人気です。

Photo byskeeze

敷地内の広大な森には、テニスやゴルフなどのアクティビティが揃い、お子様も喜ぶ昆虫採集なども楽しめます。温泉は大浴場のほか、庭園風の露天岩風呂と檜の香りに癒される露天檜風呂、バリアフリー対応の貸切檜風呂があります。日帰り入浴は大人630円で利用できます。

住所 岩手県八幡平市松尾寄木1-590-4
電話番号 0195-78-2041

景観も美しい八幡平温泉で日々の疲れを癒しちゃおう

Photo bypaulleminh1959

八幡平温泉での旅の楽しみ方は自由自在です。温泉はもちろんですが、好きなアクティビティで体を動かしたり、ドライブやツーリングで雄大な景色を眺めたり、高原の大自然の中でゆっくりと過ごしたりと、自分なりの過ごし方で日々の疲れを癒しましょう。

今回ランキングにない宿の中にも、八幡平温泉にはまだまだ秘湯や名湯が隠れています。いろいろな温泉を巡り、自分に合ったお気に入りの温泉を見つけてみてはいかがでしょうか。

ono163
ライター

ono163

東北在住の30代。もともと旅好きで旅行関係の会社にも勤務経験あり。国内旅行はほぼ毎月、海外旅行にも年1~2回行っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング