「らぁ麺すぎ本」の無化調ラーメンが食べたい!店舗情報やおすすめを紹介!

「らぁ麺すぎ本」の無化調ラーメンが食べたい!店舗情報やおすすめを紹介!

東京都中野区の「らぁ麺すぎ本」はミシュランに掲載された、ラーメンファンの間で有名な実力派ラーメン店です。今回は大人気店らぁ麺すぎ本のおすすめメニュー情報や営業時間をまとめました。らぁ麺すぎ本の無化調(化学調味料無添加)絶品醤油ラーメンを食べに行きましょう!

記事の目次

  1. 1.らぁ麺すぎ本ってどんなお店?
  2. 2.らぁ麺すぎ本の店舗情報
  3. 3.らぁ麺すぎ本のおすすめメニューを紹介
  4. 4.らぁ麺すぎ本の待ち時間目安
  5. 5.らぁ麺すぎ本で美味しいラーメンを食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

らぁ麺すぎ本ってどんなお店?

今、東京のラーメン好きの間で爆発的に人気を高めているラーメン屋「らぁ麺すぎ本」をご存じでしょうか?TVや雑誌、YouTubeなどで取り上げられその人気を高めつつある「らぁ麺すぎ本」は、こだわりの詰まった無化調の絶品ラーメンが味わえる、ミシュランにも掲載された超実力派ラーメン店です。

ミシュランガイド掲載実績あり

Photo byStockSnap

「ミシュラン」は素材の質や技術、料理の完成度などの高い基準を設けて飲食店を評価する、グルメならば誰もが注目している食の最高峰基準です。ミシュランの「ビブグルマン部門」とは「美味しい料理を安く食べられるおすすめ店」をまとめたものです。

無化調ラーメンで人気を集めているラーメン屋「らぁ麺すぎ本」は、ミシュランガイド東京のビブグルマン部門に何度も掲載されていることで知られています。今回は、絶品ラーメンを誰でも手の届きやすい値段で提供する「らぁ麺すぎ本」を徹底的に解説していきます。

Photo byFree-Photos

さらに「らぁ麺すぎ本」は東京のラーメン界では最高権威とも呼ばれる「TRYラーメン大賞」にも何度もノミネートしています。TRYラーメン大賞は講談社が年に一度東京で最も美味しいラーメン店を特集するもので、東京エリアで本当に美味しいラーメン店を紹介することから大きく注目されています。

店主は佐野実の弟子

Photo byRitaE

東京都中野区にある大人気ラーメン店「らぁ麺すぎ本」の店主である杉本氏は、「ラーメン界の鬼」と呼ばれるほど敬われた佐野実氏が、生前最後に認めた弟子として知られています。佐野実氏は大人気ラーメン店「支那そばや」の創業者で、数々のラーメン職人を輩出したことで有名な人物です。

「らぁ麺すぎ本」の店主である杉本康介氏はラーメン界の伝説たる人物・佐野実氏のもとで4年間修業を積み、自分の店を出しました。こだわりの自家製麺は佐野実氏の店舗で使われていた製麺機で作られています。「らぁ麺すぎ本」では、試行錯誤の末に独自の進化を遂げた絶品ラーメンを味わえます。

透き通るようなスープが特徴

ミシュランで何度も紹介される有名なラーメン店「らぁ麺すぎ本」のラーメンは、透き通った色をしたスープが一番の特徴です。あっさりとした見た目をしていますが、一口食べると様々な素材の旨味が口の中に押し寄せて鼻から気持ちよく抜け、舌の上に奥深い味わいを残す絶品のスープです。

らぁ麺すぎ本の芳醇なスープの虜になる人はとても多く、1日に何度も通いたくなると評判です。醤油がベースとなっていながらも魚介系や鶏のじんわりとした旨味を感じられる癖になるスープで、このスープにトッピングの旨味が溶けだすと、より完成された味わいのラーメンに仕上がります。

シンプルな無化調ラーメン

ミシュランガイドのビブグルマン部門やTRYラーメン大賞に何度も入賞する実力派のラーメン店「らぁ麺すぎ本」では、無化調(化学調味料無添加)のラーメンが作られています。無化調でシンプルに仕上げながらも素材の味を最大限に引き出したラーメンは、らぁ麺すぎ本だからこそ味わえる逸品です。

らぁ麺すぎ本の店舗情報

らぁ麺すぎ本で大人気のラーメンについてご紹介する前に、東京都中野区にある店舗情報をまとめていきます。事前に知っておくと便利な店舗の営業時間や店舗の定休日、店舗までのアクセス方法や店舗専用の駐車場情報などをまとめました。らぁ麺すぎ本に行く前に下調べをしておきましょう!

営業時間は?

Photo byFree-Photos

東京都中野区にある大人気店・らぁ麺すぎ本の営業時間第一部は11時30分から15時まで、営業時間第二部は18時から21時までとなっています。らぁ麺すぎ本の店舗は、毎週月曜日と火曜日が定休日ですから、ラーメンを食べに行く際は曜日に注意しましょう。日曜日は営業しています。

アクセス方法は?

Photo byDidgeman

東京都中野区にある「らぁ麺すぎ本」は常に行列ができる大人気店です。西武新宿線「鷺ノ宮駅」の北口から約200m、徒歩2分ほどの場所にあります。黒字に白で書かれた「らぁ麺すぎ本」の看板はシンプルですが、常時大きな賑わいを見せる大人気ラーメン店ですので、迷うことなく見つけられます。

専用駐車場はないので注意

Photo byPexels

鷺ノ宮駅の近くに位置するらぁ麺すぎ本には、専用の駐車場がありません。店舗の周辺にパーキングエリアがあるため、らぁ麺すぎ本に車でアクセスする方はそちらを利用しましょう。最も近いパーキングエリアかららぁ麺すぎ本までは徒歩5分ほどでアクセスできます。有効的に活用しましょう!

住所 東京都中野区鷺宮4-2-3
電話番号 03-5356-6996

らぁ麺すぎ本のおすすめメニューを紹介

それではここから、東京周辺で美味しいラーメンを食べたいならば一度は立ち寄るべき大人気店「らぁ麺すぎ本」のおすすめメニューをご紹介していきます。無化調で作られるこだわりの詰まった絶品ラーメンは、定番からアレンジされたものまで様々です。らぁ麺すぎ本の人気メニューを制覇しましょう!

特製醤油らぁ麺

らぁ麺すぎ本の定番かつメニュー「特製醤油らぁ麺」はTRYラーメン大賞を受賞した、一番人気のあるラーメンです。醤油ベースの透き通った無化調スープにはお店で打つ自家製の細麺が沈み、肉厚のチャーシューが2種類、ネギ、メンマ、味玉、ワンタンがトッピングされています。

らぁ麺すぎ本自慢の、こっくりとした醤油ベースと魚介出汁・鶏系の旨味が感じられる無化調のスープは、舌に味の余韻を残します。全粒粉入りの自家製ストレート細麺は滑らかな舌触りで、噛みしめるほど小麦の香りや味わいが伝わります。スープにもよく絡む絶品の味を生み出します。

らぁ麺すぎ本のシンプルな「特製醤油らぁ麺」の中でも大きな存在感を放つチャーシューは低温調理された豚と鶏の2種類で、程よいレア感が保たれているため、素材の食感と旨味を楽しめます。豚は旨味と甘みを合わせもつジューシーなもので、鶏は胡椒のパンチが効いた味わい深い一品になっています。

人気メニュー「特製醤油らぁ麺」のトッピングに使用されているワンタンは、らぁ麺すぎ本オリジナルのものです。つるりとした弾力のある皮の中には薬味が効いた肉がしっかりと入っており、すぎ本こだわりの無化調スープと一緒に食べると、奥深い旨味と薬味の美味しさを楽しむことができます。

フリー写真素材ぱくたそ

大人気店・らぁ麺すぎ本ではどのトッピングも手を抜かずに作られています。こだわりの無化調スープに沈む味玉は「名古屋コーチン」の玉子を使用して作られたもので、卵の黄身の甘みをじっくりと味わえます。この味玉をスープに浸すと、よりまろやかでコク深い味わいを楽しめるためおすすめです。

特製塩らぁ麺

ここでご紹介するらぁ麺すぎ本の人気メニュー「特製塩らぁ麺」もTRYラーメン大賞を受賞した、自他ともに認める絶品ラーメンです。鶏ベースのスープに魚介出汁を合わせて作られた特製塩らぁ麺は程よい塩気を持っており、揚げネギやチャーシューとの相性も抜群です。

醤油つけ麺

らぁ麺すぎ本で人気の「醤油つけ麺」は、こだわりのスープと麺をそれぞれじっくり味わいたい方におすすめのつけ麺です。全粒粉入りの中細麺は小麦の香りを感じられる絶品の味わいで、つけ汁に浮かぶ鷹の爪が良いアクセントになります。最後はスープ割りをじっくり楽しみましょう!

チャーシューご飯

らぁ麺すぎ本では、ラーメン以外にご飯ものも提供されています。ご飯もののひとつである「チャーシューご飯」は、らぁ麺すぎ本で使用されているチャーシューをダイス状にカットし、ご飯の上に盛った贅沢な丼メニューです。

チャーシューご飯は、らぁ麺すぎ本こだわりのチャーシューをじっくりと味わえるほか、九条ネギのピリッとしたアクセントも美味しい一品です。

らぁ麺すぎ本の待ち時間目安

Photo bySplitShire

東京都中野区のらぁ麺すぎ本は、開店前から行列ができるほどの有名ラーメン店です。すぎ本の営業時間は11時からですが、オープンから食べたい方は30分ほど早めに行っておきましょう。らぁ麺すぎ本店内にはカウンター以外にテーブル席も増設され、オープン当初と比べて回転率も高くなっています。

行列ができていたとしても10分ほど待てば営業時間内に入店することができるので、らぁ麺すぎ本のラーメンを楽しみに待ちましょう。

らぁ麺すぎ本で美味しいラーメンを食べよう!

以上、東京でおいしい無化調ラーメンを提供している人気店、らぁ麺すぎ本のご紹介でした。たくさんのこだわりが詰まったらぁ麺すぎ本のラーメンはミシュランガイドやTRYラーメン大賞を受賞する実力です。営業時間やメニューをチェックしてらぁ麺すぎ本のラーメンを楽しみましょう!

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング